コロナ クラスター 意味。 コロナウイルスの感染クラスター・患者クラスターとは?意味を簡単に説明

感染症のクラスターとはどういう意味?集団感染との違いは

コロナ クラスター 意味

編集部: クラスターとはどういう意味なのでしょう? 堀野先生: クラスター(cluster)は、和訳すると「集団」という意味ですが、今回の新型コロナウイルス感染症では「感染者の集団」を指します。 1人から何人に感染させるかを示す基本再生産数が、新型コロナウイルス感染症では状況によって大きく異なる可能性が示唆されています。 ある状況下では1人の感染者から、複数の方に感染が広がっていることが報告されており、この感染が広がった集団をクラスターと呼んでいます。 編集部: 「アウトブレイク」や「パンデミック」とは違うのですか? 堀野先生: 米国疾病予防管理センター(CDC)の記載では、ある地域において、ある疾患の患者が恒常的に発生している状況を「エンデミック」、エンデミックの範囲を超えて、その地域で、その疾患の患者数が、その地域の人口から予想される患者数以上に増加した状況を「エピデミック」、さらに国境や大陸を越えて複数の国に広がった状況を「パンデミック」とされています。 また、アウトブレイクは、エピデミックと同様の意味を持ちますが、より限定的な地域での状況に用いられるとしています。 編集部: クラスターが起こる条件・起きやすい場所について教えてください。 堀野先生: 換気の悪い密閉空間に、手の届く距離に多くの人が集まり、接近して人が会話や発声するような状況が、クラスターの発生しやすい条件と考えられています。 現在、クラスターの発生が報告された場所として、ライブハウスや屋形船、スポーツジムなどがあげられていますが、ほかにも懇親会や会合、スポーツ観戦でのクラスターの発生が懸念され、多くのイベントが中止や延期となっています。 編集部: 北海道が一番多く感染者を多く出していますが、どのようにクラスターが起きたのですか? 堀野先生: 北海道の感染者数は人口の多い札幌市が最も多いのですが、さまざまな地域にクラスターが点在しています。 スキーシーズンで海外からも、多くの方が来られたことで北海道にウイルスが入り、仕事や観光で都市部に来られて感染した方が地元に戻り、自身が感染したことに気づかないうちに地元の周囲の人に感染させていたと考えられています。 ライブバーや展示会でクラスターが発生しており、活発に活動されている若い方が感染を広げている可能性があります。 編集部: 「クラスターの8割が家庭内で起きる」とニュースで見ましたが、防ぐことはできないのですか? 堀野先生: 家庭は密閉空間に人が集まり、接近して会話するため、クラスターが発生しやすい条件を満たしますし、浴室やトイレなど共有する場所が多いため、感染が広がりやすい環境と言えます。 普段からできることとして、日中はできるだけ換気し、咳エチケットと小まめに石けんで手を洗って手指衛生を徹底することが勧められます。 編集部: クラスターを防ぐのに重要なことは何ですか? 堀野先生: 換気の悪い密閉空間に、多くの人が集まり、接近して人が会話や発声する環境には、できるだけ行かないことですが、このような環境で開催される会議などに、どうしても出席しなければならないときは、できるだけ換気し、人と人の間隔をあけ、会議終了後にアルコール消毒、あるいは手洗いでの手指衛生を遵守することが重要です。 発熱や呼吸器症状のある方は欠席していただくことはもちろんですが、出席者全員のマスク着用やお互いが近い距離で対面しないように、一方向を向いて議論するなどの工夫も挙げられます。 編集部: 家族が感染した場合どうしたらいいですか? 堀野先生: 感染対策の基本かつ重要な考え方としてゾーニングと動線があります。 まずは、家の中で感染者が生活するゾーンと感染していない方が生活するゾーンをできるだけ分け、感染者と感染していない方の移動が交わらないような動線を考えます。 具体的には、感染者からの飛沫感染、接触感染を予防するために、できるだけ感染者の部屋は別々とし、部屋からあまり出ないようにして、ほかの方、特に高齢者や免疫能が低下するような疾患をもつ人と接触しないようにします。 お子さんや高齢者など介助が必要な方が感染者となった場合は、お世話をする人を固定して、接触する人数をできるだけ減らします。 編集部: 家庭内で共有する生活用品についても注意が必要ですね。 堀野先生: そうですね。 ウイルスによって汚染された環境からの接触感染を予防するために、感染者が使用したタオルは共用しないようにし、共用するトイレや洗面所、ドアノブなどは使用した後にアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで拭くことも重要です。 咳エチケットと手指衛生の遵守、こまめな換気は感染者の有無にかかわらず必要ですが、すでに症状のない方も感染している可能性がありますので、できれば家族全員がマスクを着用することが推奨されます。 詳しい対応方法は厚生労働省のホームページに記載されておりますので、ご参照ください。 mhlw. html Medical DOC.

次の

クラスターってなに?クラスター感染やクラスター化とは

コロナ クラスター 意味

クラスターの意味とは クラスターとは、英語で「集団」を意味します。 さまざまなところで用いられていますが、「集団」という認識で間違いないです。 しかし、今回厚生労働省が言うクラスターとは、感染者の集団のことを指しているのです。 クラスターの由来 「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」には、複数地域で感染経路が明らかでない患者が全国各地にいて、一部地域には小規模患者クラスターが確認されているとのことでした。 このクラスターが別のクラスターを生み出さないために、抑制しようといった内容になっています。 全文が詳しく知りたい人は以下のリンクから調べてみましょう。 クラスターの文章・例文 例文1. クラスターによって、新たなクラスターが生じてしまう可能性がある。 例文2. ひとつのクラスターで抑え込むように気を付けなければならない。 例文3. 感染者のクラスターが確認された地域では、特に気を付けたほうが良い。 例文4. クラスターを形成している人がになる可能性もある。 例文5. クラスターが確認されたからと言って、その地域全域が感染するわけではない。 クラスターが確認されたとしても、混乱せずに冷静に対処しましょう。

次の

患者クラスターの意味とは何か?:新型コロナウイルスCOVID19

コロナ クラスター 意味

という2つの対策は、中国、韓国、欧州、アメリカのどこにも見られないものです。 これには理由があるわけで、その分析については以下のような説明ができるとしてきました。 高齢者の外出禁止より休校の方が人口が少ないので容易• 若年層は重症化事例少ないという事実は言わない方が効果大と判断• 3月一ヶ月の休校は事実上小学生630万人だけが対象、その割に社会への警告効果は大きい(但し解除の場合は逆効果が懸念されますが)• 検査数抑制は、検査精度の問題からくる誤解を防止し、検査場所での感染を防止するため• また何よりも、陽性イコール入院という運用の中での医療崩壊を防止するため ですが、この説明だけでは不十分でした。 一連の報道や政府発表を総合しますと、日本の戦略というのは、 「クラスターの発見、追跡、収束を徹底的に行う」 ことで、全体的な終息を狙うという、緻密な考え方がベースになっているようです。 検査数の抑制というのは、医療崩壊防止ということもありますが、とにかくPCR検査というのも「クラスターの発見、特定、経過観察」の徹底的な調査を主目的として使うということにしており、そのために数的には抑制しているように見えるわけです。 一方で、19日の専門家会議で尾身茂博士の言っておられた「オーバーシュート」というのは、経路不明の感染が巨大な数となってクラスター追跡が破綻するという意味のようです。 実は、やみくもに「都市封鎖をやっても不十分」であり、とにかく「クラスターを追跡して潰す」ことをしないと全体の終息もありえないというのは、他でもないWHOのテドロス博士が、今日、現地の23日に言明しているわけですが、日本はその模範となるような戦略でこれまでもやってきたわけです。

次の