国家公務員 ボーナス 何ヶ月分。 公務員、夏のボーナスは何ヶ月分?1年目夏のボーナスの平均予想解説

【2019年】公務員、ボーナス(賞与)~夏と冬で徹底検証!

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

もくじ• 結論:公務員は今年の夏のボーナスをもらえます 早速結論ですが、 公務員は今年の夏のボーナスをもらえます。 なぜなら、 この夏の公務員のボーナス額は人事院の勧告を元にすでに決まっているためです。 この人事院勧告は毎年、人事院という国の機関が民間(従業員数50人以上)の給与水準を元に国家公務員の給与案を決めるというもの。 人事院勧告は例年夏に行われ、その案を元に給与だけでなく、その年の冬のボーナスと翌年の夏のボーナスの額(正確には給料の何か月分にするか)が決まります。 勧告が出た年の夏のボーナスが変わらない理由は、人事院勧告が出るのは例年8月ですが、公務員の夏のボーナス支給日は6月30日(祝休日なら直近の平日)で、夏のボーナスの支給後だからです。 そのため、今年のように2月以降コロナウイルスの影響で多くの民間企業がダメージを受けたとしても、それが公務員の給与やボーナスに反映されるのは、8月に人事院勧告が出てから。 なので、今年の夏は予定通り去年決まった額がもらえます。 公務員の夏のボーナス支給額 それでは公務員の夏のボーナス支給額を予測します。 2019年の人事院勧告で 国家公務員のボーナスは年間4. 5ヶ月分とされました。 地方公務員も基本的にボーナスについては国家公務員と同じ月分を支給するため、 地方公務員のボーナスも4. 5ヶ月分です。 ただし、年間で4. 5か月分で、ボーナスは夏と冬の年2回の支給があるため、この夏にもらえるのは 国家公務員も地方公務員も半分の2. 25か月分。 それを元に公務員の夏のボーナスを予測すると次の通りになります。 地方公務員 一般職(平均年齢42. 3歳): 759,395円 県庁職員 一般職(平均年齢43. 1歳): 780,237円 市役所職員 一般職(平均年齢41. 9歳): 727,691円 特別区(東京23区)職員 一般職(平均年齢41. 6歳): 838,370円 政令市職員 一般職(平均年齢41. 8歳): 766,869円 まとめ いかがでしたか? コロナ禍でも公務員は夏のボーナスをもらうことができます。 また、紹介したのは平均額なので国家公務員や特別区、政令市なら50代以降の平均額は 100万円を超えます。 緊急事態宣言は解除されましたが、東京都などでは感染者が増えつつあり、いつ第二波の感染拡大が起こるか分かりません。 第一波で生き残った企業も第二波では大打撃を受ける可能性も.... そんな中でも公務員は安泰ですし、たしかに給料は高くないですが、今後いつ第〇波や他の感染症が流行するかわからない中でクビになることを心配しないでいい数少ない仕事です。 もしも公務員に興味を持った方がいれば、今年の秋の試験(いわゆるC日程)や特殊な日程の試験はまだ間に合います。 勉強法や公務員試験の合否を決める面接対策を政令市面接官経験者の視点から、このブログでは紹介しているのでぜひご覧ください。 それでは最後までご覧くださりありがとうございました。 公務員を本気で目指す方にはコチラの記事がオススメです。

次の

【2020年国家公務員の夏のボーナス】職員の年齢ごとの支給額を公開します|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

公務員のボーナス支給日はいつ? 国家公務員のボーナス支給日はいつ? 国家公務員のボーナス支給日は、夏が6月30日で、冬が12月10日です。 ただし、支給予定日が土日祝の場合は、直前の金曜日にスライドして支給されます。 したがって、2020年のボーナス支給日は、夏が6月30日(火)で、冬が12月10日(木)となります。 参考: 地方公務員のボーナス支給日はいつ? 地方公務員のボーナス支給日は団体によって異なります。 基本的には国家公務員と同じですが、支給日が違う団体や、支給回数が違う団体も存在します。 例えば、長野県諏訪市のボーナス支給日は、6月15日と12月15日です。 また、特別区や広島県広島市は、6月30日と12月10日に加え、3月15日もボーナスが支給されます。 なので、厳密な支給日を知りたい場合は各団体の条例・規則により確認すべきです。 各団体の条例・規則は、ネットで「〇〇市期末手当及び勤勉手当に関する規則」と検索すれば簡単に見ることができますよ。 【参考】民間企業のボーナス支給日はいつ? 民間企業のボーナス支給日は企業によって異なります。 夏であれば6〜7月に支給する企業が多いですし、冬であれば11〜12月に支給する企業が多いです。 公務員のボーナス平均支給額はいくら? 国家公務員のボーナス平均支給額はいくら? 内閣官房内閣人事局の報道資料によると、 2018年に支給されたボーナスの平均額は136万2600円(平均年齢35. 5歳)です。 ただし、この数字は 管理職を除いた行政職員の平均値なので、全職員で平均値をとると、もう少し大きい数字になります。 地方公務員のボーナス平均支給額はいくら? 総務省が実施した調査によると、 2018年に支給されたボーナスの平均額は160万3926円(平均年齢42. 2歳)です。 なお、こちらは一般行政職全員の平均値です。 団体別の平均支給額を見ると、下記のとおりとなります。 団体名 平均支給額 平均年齢 特別区 175万9530円 41. 2歳 政令指定都市 170万0908円 41. 8歳 都道府県 164万7033円 43. 1歳 市役所 156万9701円 41. 9歳 町村役場 144万1217円 41. 3歳 【参考】民間企業のボーナス平均支給額はいくら? 規模5人以上の事業所における、2018年に支給されたボーナスの平均額は77万3805円です。 公務員のボーナスと比較すると、国家公務員の方が約59万円多く、地方公務員の方が約83万多いです。 また、大手企業(東証一部上場、従業員500人以上、主要21業種大手251社)における2018年に支給されたボーナスの平均額は188万8763円です。 公務員のボーナスと比較すると、国家公務員の方が約53万少なく、地方公務員の方が約28万少ないです。 つまり、公務員と民間企業のボーナスの関係は以下になります。 (規模5人以上の企業)<(公務員)<(大手企業) 参考: 参考: 公務員のボーナス平均支給額(年齢別)はいくら? 国家公務員の年齢別のボーナス平均支給額はいくら? 国家公務員の年齢別のボーナス平均支給額(2018年・推計値)は下記のとおりです。 年齢 ボーナス平均支給額 18歳・19歳 67万9479円 20〜23歳 81万2850円 24〜27歳 93万3004円 28〜31歳 109万6604円 32〜35歳 128万6032円 36〜39歳 142万5263円 40〜43歳 154万5427円 44〜47歳 163万8111円 48〜51歳 172万9132円 52〜55歳 176万1830円 56〜59歳 176万9582円 「平成30年国家公務員給与等実態調査報告書」の学歴別・経験年数別俸給月額をもとに年齢別の年齢別平均俸給月額を推計し、その値に4. 45を乗じて算出。 地域手当・扶養手当・管理職手当受給者はそれらの手当の4. 45ヶ月分が、上表の数字に加算される。 地方公務員の年齢別のボーナス平均支給額はいくら? 地方公務員の年齢別のボーナス平均支給額(2018年・推計値)は下記のとおり。 年齢 ボーナス平均支給額 18歳・19歳 67万2906円 20〜23歳 79万6398円 24〜27歳 90万2317円 28〜31歳 102万4763円 32〜35歳 116万1832円 36〜39歳 132万9232円 40〜43歳 149万8777円 44〜47歳 162万0694円 48〜51歳 170万5916円 52〜55歳 177万3787円 56〜59歳 182万6449円 「平成30年4月1日地方公務員給与実態調査結果」の年齢別平均給料月額に4. 45を乗じて算出。 地域手当・扶養手当・管理職手当受給者はそれらの手当の4. 45ヶ月分が上表の数字に加算される。 公務員のボーナス平均支給額の推移は? 国家公務員のボーナス平均支給額の推移は? 国家公務員のボーナス平均支給額の推移は下記のとおりです。 支給年 支給月数 平均支給額 平均年齢 2019年 4. 50ヶ月 136万6800円 35. 0歳 2018年 4. 45ヶ月 136万2600円 35. 5歳 2017年 4. 40ヶ月 132万3600円 35. 9歳 2016年 4. 30ヶ月 133万4900円 36. 3歳 2015年 4. 20ヶ月 127万8500円 36. 4歳 公務員のボーナス計算法を深掘りしたい方は今すぐ下記の記事をどうぞ。 公務員のボーナス支給額ランキング 2018年の各公務団体のボーナス平均支給額をランキング形式でまとめました。 都道府県庁のボーナス支給ランキング トップ3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 東京都 182万5100円 41. 7歳 2位 大阪府 177万7200円 42. 3歳 3位 広島県 176万5100円 44. 1歳 ワースト3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 鳥取県 139万5300円 44. 2歳 2位 高知県 144万4200円 42. 9歳 3位 青森県 144万8100円 42. 9歳 政令指定都市のボーナス支給ランキング トップ3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 横浜市 188万6400円 40. 4歳 2位 大阪市 179万8400円 43. 4歳 3位 川崎市 178万2900円 41. 5歳 ワースト3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 札幌市 148万7600円 40. 3歳 2位 新潟市 156万8200円 41. 7歳 3位 熊本市 158万9200円 42. 3歳 市区町村のボーナス支給ランキング トップ3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 東京都青梅市 187万8000円 43. 3歳 2位 大分県竹田市 186万7300円 46. 1歳 3位 東京都日野市 186万2300円 43. 8歳 ワースト3 順位 団体名 ボーナス平均支給額 平均年齢 1位 北海道中富良野町 70万6300円 39. 7歳 2位 北海道音威子府村 74万9200円 38. 5歳 3位 東京都青ヶ島村 106万2700円 42. 3歳 公務員のボーナスまとめ 今回の内容を以下にまとめます。

次の

公務員 夏のボーナスは何ヶ月分?2019年予想 地方と国家で差はあるの?

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

男性 女性 金融業・保険業 185. 2万円 85. 0万円 電気・ガス・熱供給・水道業 145. 7万円 104. 7万円 情報通信業 126. 3万円 69. 8万円 学術研究・技術サービス業 教育・学習支援業 122. 4万円 71. 9万円 製造業 118. 9万円 49. 2万円 複合サービス事業 102. 8万円 55. 6万円 卸売・小売業 79. 0万円 24. 6万円 建設業 75. 7万円 38. 3万円 医療・福祉 64. 9万円 52. 5万円 不動産業・物品賃貸業 63. 0万円 25. 6万円 運輸業・郵便業 58. 1万円 37. 9万円 サービス業 53. 1万円 21. 9万円 農林水産・鉱業 48. 3万円 32. 3万円 宿泊業・飲食サービス業 27. 6万円 7. 9万円 男性で最も平均ボーナスが多いのは 金融業・保険業、女性では 電気・ガス・熱供給・水道業になります。 また、最も賞与額が低いのは、男女共通して 宿泊業・飲食サービス業になります。 このように、業種は平均の賞与額に大きく影響することがわかります。 それでは、企業規模ではどうでしょうか。 事業所規模 男性 女性 100人以上 90. 0万円 48. 4万円 500人以上 113. 4万円 52. 3万円 1,000人以上 137. 7万円 51. 9万円 5,000人以上 156. 2万円 44. 0万円 によると、2017年度で最もボーナスが多かったのは、五大総合商社の一つである住友商事の 468. 8万円でした。 そのほかの有名企業では、日本の情報・通信を支えるソフトバンクで259. 0万円、大手化学メーカーの花王で246. 1万円と、やはり 大手有名企業ではボーナス額も高い傾向があります。 このように、平均賞与額よりも大幅にボーナス額が高い大手企業ですが、月給になおすと何ヶ月分になるのでしょうか。 大手企業では平均月給も高いため、平均賞与額は 月給の2ヶ月分~2. 5ヶ月分の計算であることが多いようです。 事業所規模 男性 女性 10人以上 51. 0万円 28. 9万円 30人以上 67. 4万円 40. 3万円 中小企業の賞与額が月給の何ヶ月分にあたるかで計算すると、 約1か月分程度になります。 企業規模が100人以上の企業では男性のボーナスの平均額が90万円、月給の2~2. 5ヶ月分だったことを考えると、 大手企業と中小企業ではボーナスに大きな違いがあると言えます。 さらに、厚生労働省の「」によると、企業規模が100人以上の94. つまり、中小企業では平均1ヶ月分のボーナスが支給されている一方で、 ボーナスが支給されない可能性もあるようです。 ボーナスは一般的に、 夏と冬の年2回支給されます。 新社会人の人やこれから働く就活生の人は、早ければ夏にボーナスをもらえる可能性があるということになります。 しかし、働き始めたばかりでは「ボーナスが何ヶ月分もらえるのか」というのは聞きにくいものです。 そこで、社会人1年目の場合のボーナスについて紹介していきます。 まず、ボーナスの支給には 査定期間という条件があります。 上半期と下半期の 査定期間内の評価によってボーナス支給額が決まります。 一般的に、夏の賞与が6月、冬の賞与が12月に支給され、それぞれ査定期間は4月~9月、10月~3月となっています。 社会人1年目の夏のボーナス 結論から言うと、 社会人1年目の夏の賞与はもらえないことが多いです。 なぜなら、上半期の査定期間が足りていないからです。 運よく支給されたとしても、 寸志程度であることが多いので、社会人1年目のボーナスはあまり期待しない方がよいでしょう。 夏季賞与の支給について最も多いのは「 一定額(寸志など)」となっており、平均支給額は大卒で 8. 8万円、高卒で 6. 9万円となっています。 社会人1年目の冬のボーナス 一方、冬のボーナスに関しては 満額支給されるようになります。 企業規模や業績にもよりますが、平均的な冬の賞与額は 月収の約2ヶ月分だと言われているので、40万円前後が平均額となります。 なかには、「 賞与を年2回支給し、決算状況に応じて決算賞与を年1回支給する」、と定めている企業もあります。 では、 決算賞与とは何を意味するのでしょうか。 決算賞与とは、 企業の業績に応じて支払われる賞与のことです。 企業は黒字になると一定額を法人税という税金として国に納めなければなりません。 この時、課税対象となる黒字から「 賞与」という形で社員に還元することで、企業側としても節税対策を行っています。 会社としては節税効果があり、社員としては自分たちの頑張りが目に見える報酬で返ってくるので双方にメリットがあると言えます。 しかし、一部の中小企業では 「決算賞与」という名目で年1回のボーナス支給を行っている場合もあります。 このような賞与に関する情報は 求人票に記載されているので、よく確認するようにしましょう。 それでは、地方公務員ではどうでしょうか。 地方公務員の場合は 条例によってボーナス支給日とその計算方法が決められていますが、多くの自治体で、国家公務員に準じた日付・数値となっています。 そのため、実際に月給何ヶ月分の賞与支給になるかは、 国家公務員のボーナス支給月数によって変わることが多いようです。 ただし、東京都や特別区については、 人事院勧告よりも支給月数が0. 1ヶ月分多くなることが多く、財政が厳しい自治体では人事院勧告よりも低くなる場合があるなど、自治体によって多少の違いあるようです。 公務員の月給やボーナスは高いイメージがありますが、これは企業規模が50人以上の企業の平均値を参考にしているからです。 平均賞与額が一番多い結果となっていたのが 金融業です。 しかし、製造業と同じように、職種や業種によっては大きな差があることも多くなります。 特に 銀行系では 年功序列の制度が根強く残っていると言われ、20代や新卒などではあまりボーナスは期待できないようですが、年齢や役職が上がるほどにボーナスの金額も上がっていくと言われています。 さらに、地方銀行と都市銀行では、都市銀行の方がボーナスが高く、一般職よりも総合職の方がボーナスが高いなど、同じ銀行系でも違いがあります。 また、 外資系や 証券会社では個人の成績が良ければボーナスも高くなる傾向にあり、若くても実力がある場合は外資系の方がボーナスを多く貰えることになります。 どのくらい貰えるかは個人の実力次第ということですね。 電気・ガス業も平均ボーナスの高い業界となります。 電気・ガス業と言われても、あまりに身近にありすぎてどのような業界なのかいまいち分からないかたも多いと思います。 電気業は火力発電や水力発電など、発電することで電力を得、それを各家庭や会社に供給する事業です。 ほとんどの方がお世話になている業種ですね。 ガス業は電気業と同じように、ガスを各家庭や会社に供給する事業です。 発電するための火力発電にはガスが使用されているため、電気業・ガス業は共にボーナスも高くなる傾向にあるようです。 現在では1、2を争う勢いでボーナスの高い電気・ガス業ですが、この業界は 国の政策に影響を受けることが多いと言われているため、ボーナス目的で就職を考えている場合は国の政策にも目を向けておくようにしましょう。 給料の何ヶ月分かを受け取れるボーナスですが、ボーナスは 額面通り全額受け取れるわけではありません。 そこから 所得税などが引かれることになるためです。 ボーナスから引かれるものは、• 所得税• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料• 雇用保険料 などになっています。 住民税は引かれません。 では、いくらくらいを受け取ることができるのでしょうか?所得税などが引かれた後の手取りは 約8割と考えておきましょう。 扶養家族の人数や、地域によっても多少違いはありますが、およそ8割となります。 また、ボーナスが100万円を超える場合など、所得税が増える場合もあり、このような場合はボーナスの約7割が手取りとなります。

次の