白 鵬 かち あげ。 白鵬“エルボー”で豪栄道骨折 「かち上げ」本来どんな技?|格闘技|日刊ゲンダイDIGITAL

大砂嵐のかち上げを禁止した一方で、白鵬のかち上げを容認してきた相撲協会の姿勢こそ問題だ

白 鵬 かち あげ

弟子・貴ノ岩(27)への元横綱・日馬富士(33)による暴行問題に揺れる貴乃花親方(45)の兄で、元横綱・若乃花の花田虎上氏(46)が10日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演した。 芸能ジャーナリストの井上公造氏(60)が、貴乃花親方と横綱・白鵬(32)の相撲観の違いを指摘。 白鵬の相撲について、花田氏は「張り差しとかエルボーとか、かち上げという当たり方なんですね。 でも、これは、それに勝てない人が悪い。 張り差し、エルボーをやると、脇が空くんですね。 それは普通、簡単に勝てるんですよ。 逆に、それをやってくれた方が勝つんです。 それで勝てないのは、相手の力士に力がないということなんです。 だから、みんな、それをやらないんです、強い人は。 わざわざスキをつくっているのに、そこを攻めればいいのに、攻められていないのが問題だと思います」と持論を展開した。 yahoo.

次の

花田虎上氏 白鵬の相撲に持論「かち上げには簡単に勝てる 勝てない人が悪い」→良いこと言うわ。その通り、納得。

白 鵬 かち あげ

まだまだ相撲協会の理事選挙や、白鵬関のこと、そして大砂嵐関のことと話が全く尽きませんね、正直今後どのような流れになるのか、全く掴めませんが、元々私は相撲が好きなので最近でもこのような記事を書かせていただいておりました! 日本人力士も注目はされていますが、やはりモンゴルの力士がまだまだ勢いがあるのでしょうかね、新弟子検査でも大注目でしたよね。 また、先日にもあの大砂嵐関の事故についても書かせてもらっているのですが、理事選や白鵬関のことで少し話が薄れかかっていますよね、結局引退勧告という話も出ていましたが、降格程度の処置になるのでしょうかね。 普通一般社会で社会人として働いていたら、懲戒解雇ぐらいになってもおかしくはないと思うんですよね、身内に甘い体質だと言われても仕方がないですよね。 さて、今日は 今話題の白鵬関のサポーターについて少し触れて行きたいのですが、あの右腕につけている白いサポーター、このサポーターが今とても話題になっているようですね、問題視されているサポーターについて、少し語りたいと思います! Sponsored Link 白鵬がつけるサポーターは反則?かち上げ専用サポーターのメーカーとは… 白鵬関がつけているサポーターなのですが、 このサポーターは怪我の治療などや肘の保護のためにつけているようには思えないんですよね、 何故なら明らかにサポーター側の肘をかちあげに使っているからなんですよね。 近所のおじいさんやおばあさんのサポーターを良く見ている私にとって、白鵬関がサポーターをフル活用して相手の顔めがけて振りかざしている姿は、まるでプロレスですね。 でもそもそも、サポーターをいとも簡単につけさせるのはどうかと思うのですが、 これには診断書など場所前に申請は必要ではないのでしょうかね? さて、そんなかちあげ専用とも言えるサポーターは業者が特注で作ったということなのですが、そのメーカーとはどこなのでしょうか、このサポーター自体は強圧迫サポーターともいわれており、調べて見ると 浅草にある株式会社D&Mで取扱いがあるようでしたね、 私が調べた感じでは両国の近くで強圧迫サポーターで調べても、この会社ぐらいしか該当しませんでしたね。 驚くことに金額もそんなに高くないですし、硬そうにも見えませんでしたが、特注品なら実現可能なのかもしれませんね。 白鵬がサポーターを二重に重ねる理由とは何? ふと思いましたが、かちあげとエルボーは違うのか?と思い調べると、 かちあげはあくまで顎などをしたから上にかちあげることで成立する相撲の技のようで、反則技でも何でもないようなのですが、どうも横綱になると、相撲のとりかたも横綱相撲と言いそれ相応の戦い方をしなければならず、これはスポーツの要素で考えると、制約が多すぎるような気もします。 同じ力士なのに、どんどん横綱に近づくにつれ、技のレパートリーをおさえて相撲を取らなければならないということになると思うのですが、私でもそこまで制約されると、歳も取りますし、若い力士の勢いに負けてしまうでしょうね。 要するに、まわししか掴んで相撲ができないわけですから、時代と共にそのような暗黙のルールも変えて行っても良いような気もしますが…さて、話がそれましたが、 白鵬関がつけるサポーターについては、どうも二重になっているようですね。 でも画像をみると明らかに肘から顔にむかってエルボーをしているようにしか見えず、恐らく怪我などをしたことによるサポーターの装着の可能性は少ないでしょうね。 それこそ、この画像を見る限りは、エルボーをするために、肘が壊れないようにサポートしているように見えてなりません。 Sponsored Link 白鵬は張り手もダメ?何故卑怯と言われるのか… 白鵬はかち上げだけでなく、 張り手も多いと批判を受け、卑怯とまで言われていますが、そこまで言われると一体横綱相撲とはどのようなことなのでしょうか? 勝ち続けることを宿命とされている横綱ですから、少し負けると引退勧告が待ち受けていますからね。 さて、白鵬が行う張り手は一体何故ダメなのでしょうか?色々と調べるとほとんどが横綱として美しくないと言うようなコメントを多く見つけたのですが、ただかちあげや張り手というのは、 相手の顔めがけていきますから、実は脇があくので、頭の良い人であればわかると思いますが、まわしをフリーにしているんですよね。 ということは 相手はまわしを掴みやすいので、あのかちあげや張り手さえ交わせば、実はあまり怖くないんですよね。 ですから、卑怯という見方もできるとは思いますが、ここまで隙だらけの白鵬関に勝てない力士も、稽古ばかりで頭を使った対策が打てていないという事にもなりますよね。 張り手は卑怯と言う人は、横綱相撲というスタイルにこだわり過ぎているからなのですが、今後も白鵬関は張り手を続けて行くのか来場所以降も見ものですね! ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の

白鵬のかち上げエルボーは卑怯な反則!張り手も封印!対策と休場理由もチェック!!

白 鵬 かち あげ

番付会見で「禁じ手」言及するも... 43度目の優勝を飾った11月場所では、14日目に優勝を決め最多記録を更新した。 成績は14勝1敗と、他を圧倒したが、横綱としての品格を問われる荒々しい相撲もみられた。 場所後に開かれた横綱審議委員会の席でも白鵬の「かち上げ」が話題に上がったという。 矢野弘典委員長は「横綱の振る舞いとして見苦しい、という意見がほとんど全員から出た」と述べた。 また、日本相撲協会に対して、白鵬に今後、立ち合いの「かち上げ」や「張り手」など荒々しい取り口を控えるように指導することを要請したという。 白鵬は過去にも横綱審議委員会から「かち上げ」や「張り手」について苦言を呈され、しばらく封印していた。 だが九州場所でこれらを解禁すると、なんらためらいもなく多用した。 ルール上、「かち上げ」や「張り手」は禁じ手ではなく、白鵬も「禁じ手」との意識はないようだ。 12月24日に行われた新番付の発表会見では、「禁じ手」について言及するも今後、封印するという言葉はついに出なかった。 「立ち合いに昔のようなスピード、圧力が... 」 白鵬は2020年になっても「かち上げ」、「張り手」を使い続けるのだろうか。 ここ2年、白鵬は体力的な衰えを隠せないでいる。 2018年は途中休場と全休を2度ずつ経験し、15日間土俵を全うしたのはわずか2場所だけ。 優勝は9月場所の1度にとどまった。 19年は2度の優勝を果たしたものの、途中休場2度、全休1度で満身創痍の土俵が続いた。 若いころから白鵬をよく知る元親方は白鵬の置かれる状況について次のように話した。 「年齢的なこともあり、全体的に力が衰えているのは否めない。 立ち合いに昔のようなスピード、圧力が見られなくなった。 小柄の力士に簡単に懐に入られる場面もみられるようになり、立ち合いで少しでも優位に立つためにかち上げや張り手を使わざるを得ない状態なのでしょう。 年齢的にもいつ引退してもおかしくない。 ルールで禁止されているわけではありませんし、最後までこのスタイルを貫くと思います」 角界関係者のなかには、白鵬の「かち上げ」よりも、これに対応しきれない力士の技量を問題視する向きもある。 ただ遠藤との一番で見せた「かち上げ」は、本来の相撲の技とはかけはなれた「肘打ち」のようでもある。 度重なる横綱審議委員会からの苦言に耳を貸す様子がみられない白鵬。 前人未到の50回の優勝を目標に掲げる平成の大横綱は、2020年もなりふり構わず力ずくで記録を塗り替えていくのだろうか。

次の