ゴルフ ハンディ キャップ 最大。 上限「54.0」、スコアは”ダボ”まで…ハンディ制度を世界統一へ|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

HDCPって

ゴルフ ハンディ キャップ 最大

ゴルフコースのホールの難易度 ゴルフコースの難易度はコースレートで表されますが、ホールの難易度はハンディキャップで表されます。 この ハンディキャップの数字が小さいほど難易度が高いホールということになります。 ハンディキャップはどこでわかるのかというとスコアカードのホール番号の近くに記載されていて、HD、HDCDなどと記載されたりします。 ほとんどのコースでは、アウト、インで難易度が偏らないようにバランスがとられており、合計すれば同じくらいのハンディキャップになるはずです。 ハンディキャップの決め方 では、このハンディキャップ、どのようにして決めるのでしょうか? これは 各ホールのスコアのデータを集計し、統計分析して決めます。 具体的には、18ホールを6つのグループに分けて、それぞれのグループの中で難易度を決めていきます。 こうしてハンディキャップを決めていきますが、問題は難易度の高いホールが偏る、つまり集中してしまう場合です。 ゴルフコースはこれを防ぐためにある程度、ハンディキャップの数字を分散させてバランスをとるように設定しています。 つまり、 必ずしもハンディキャップ=難易度と言い切ることはできません。 なので、ハンディキャップは難易度のおおよその目安と捉えておくのがよいと思われます。 スポンサーリンク ゴルフコースのホールのハンディキャップの使い方 ハンディキャップは難易度のおおよその目安ということはわかりましたが、では実際にこのゴルフコースのホールのハンディキャップはどのように使われるのでしょうか? ハンディキャップは、ストロークプレーではなくマッチプレーで使われます。 オフィシャルハンディキャップの異なるゴルファーがマッチプレーで競技をする際に、ハンディをつけるホールをこのハンディキャップで決めるのです。 例えばオフィシャルハンディ1のAさんと5のBさんがマッチプレーをするとしましょう。 Aさん(ハンディ1)とBさん(ハンディ5)のハンディ差は、5-1=4です。 このハンディ差である4ホールでハンディをつけるわけです。 この結果、ハンディキャップ1~4のホールでBさんに各1打のハンディを与えて、というように使われます。 同様に、ハンディ差が8の場合は、ハンディキャップ1~8のホールでハンディを与えてマッチプレーを行います。 このようにハンディに差があってもマッチプレーを楽しめるようにとハンディキャップがスコアカードに記載されているというわけです。 ストロークプレーのハンディキャップは? ここまでの話は、マッチプレーの場合やオフィシャルハンディを持っているゴルファーを対象にしたものでした。 しかし、現在のゴルフはご存知の通りストロークプレーが主流です。 プロの競技はスクラッチプレーなのでハンディなどありませんが、アマチュアのゴルフコンペとなると 新ぺリア方式やぺリア方式などがよく使われています。 これらはオフィシャルハンディキャップを持っていないアマチュア・ゴルファーや実力のわからないゴルファーが集まった場合でも公平にハンディを決められるように考えられたハンディキャップです。 ストロークプレーのハンディキャップ~新ぺリア方式 18ホール中12ホールを隠しホールとして、隠しホールのスコアの合計を1. 5倍してコースのパー(例えば72)を引き、その算出された数値を80%にした数字がを各ゴルファーのハンディとなる方式が、新ぺリア方式です。 ゴルファーは隠しホールがどこかは競技終了までわからないようにし、隠しホールで叩くとハンディがたくさんもらえるという方式です。 ストロークプレーのハンディキャップ~ぺリア方式 隠しホールが新ぺリア方式の半分の6ホールでハンディキャップを決める方式が、ぺリア方式です。 隠しホールが6ホールと少なく運の要素が強すぎるということで、今では新ぺリア方式を採用するケースが多くなっています。 ゴルフコースのホールの難易度は、スコアカードに記載されているハンディキャップが目安になります。 ハンディキャップは、マッチプレーで使われ、ハンディをつけるホールをこのハンディキャップで決めます。 また、ストロークプレーのハンディキャップは現在は新ぺリア方式が主流になっています。 ハンディキャップ=難易度と言い切ることはできないため、あくまで難易度の目安と考えたほうがよさそうです。 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

上限「54.0」、スコアは”ダボ”まで…ハンディ制度を世界統一へ|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフ ハンディ キャップ 最大

このページのコンテンツ 現在の JGA 公式ハンディキャップシステムは 2014年に旧システムから変更されたものだ。 その変更の最大の目的は スロープレーティング(通常は 単に スロープと言われることが多い)システムを導入することによってハンディキャップ制度をより合理的な 欧米のシステムと同等なものにすることであった。 以下は その「スロープ」及び ハンディキャップシステムの説明である。 コースレーティングは にとって そのコースがどの位難しいのかを示す尺度だが その数字が大きければ 難易度は高く、小さければ低いというもので 通常は小数点第一位までの数字で表示される。 例えば、レディースティー 71. 5、レギュラーティー 70. 5、バックティー 71. 8 などと それぞれのティーイングエリアごとに設定される。 つまり、スコアと そのスコアを出したコースのコースレートからハンデは算出されたのである。 しかし、JGA は その算定法を 2014年に改定し その計算式にスロープレーティング Slope Rating という もう一つのコース難易度の指標を導入したのである。 これは アメリカの USGA が 1990年に導入を始め 採用してきた方式で 日本の JGA も 2014年から それを導入することにしたのだ。 この算定法の変更前は スクラッチゴルファーにとって難しいコースは 初心者にも平均的なゴルファーにも難しいコースになる訳だから これをもってコースの難易度を示せば十分と言う考え方であった。 しかし、一般のアマチュアゴルファーにとって コースの難易度は 必ずしも スクラッチゴルファーと同じになる訳ではない。 例えば、100前後のスコアでラウンドする技量のゴルファーの場合は 池が沢山あるだけでコースの難易度は高くなるだろうが、スクラッチゴルファーにとっては 必ずしも そうはならない。 また、例えば、コースレーティングが 70. 0 のコースでプレーをして 100 前後のスコアでラウンドする人が コースレート 75. 0 のコースでプレーをした場合のスコアは 105 前後になるのではなく 115 とか 120 になるというのが普通なのだ。 そうした実態に鑑み、アメリカでは スロープレーティング Slope Rating という尺度が生まれ、それがコースの難易度を示す物指しとして広く普及しハンディキャップの算定にも用いられるようになった。 スロープレーティングは コースの傾斜度を表している訳ではなく、コースの難易度を示す もう一つの尺度である。 こちらは 初心者やアベレージゴルファーのハンディキャップを決める上で より合理的なシステムにしようという発想で導入されたもので 北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)では 公式ハンディキャップの計算に 1990年から用いられてきた。 従って、北米では どのゴルフコースのスコアカードにも このスロープの数値がコースレートと共に併記されている。 スロープレーティングもコースレーティング同様 数字が大きいほど難しいコースになるが 理論的には 55 ~ 155 の間の数字になるもので スロープが 113 で 計算上 ニュートラルな難易度のコースになる。 スロープが 130 以上であれば 非常に難しいコースで 稀に 150 以上のコースもある。 そして、スロープは 以下のように ハンデの計算に使われる。 ハンデ 1ホールごとの 最大ストローク 9 以下 ダブルボギー 10 - 19 7 20 - 29 8 30 - 39 9 40 - 49 10 50 以上 11 つまり、コースレート 72. 0、スロープ 126 のコースで 72 を出した人の そのラウンドのインデックスは 0 になるが、82 でラウンドした人は 10 ストロークの差であるにも拘らず インデックスの差は 9 になるという現象が起きる。 JGA の旧システムでは スロープのような概念を導入しておらず Score - Course Rating x 0. 96 という数式で インデックスを計算していたので どのコースもスロープが 117. 7 相当で計算しているのと同じだったと言える。 ただし、2013年末までの日本の Equitable Stroke Control の仕方は USGA のシステムとは異なり より多くのストロークの調整がなされるもので、例えば、ハンデ 3 の人のスコアの調整は ハンディキャップ 1 ~ 3 までの 3 ホールで最大ストロークがダブルボギーになるが それ以外のホールではボギーにまでスコアが調整されるシステムだった。 つまり、ストローク調整の面だけを見れば ハンデが低くなり易いようにも思えるが トータルで考えれば 必ずしも そうとも言えないシステムだったようだ。 加えて、ハンディキャップ ベースの競技での ハンデの計算にも利用され よりフェアーな ハンデ戦を可能にするものであることにも 注目すべきであろう。 例えば、スロープが 126 のコースでのハンデ戦では ハンデが 4. 3 以下の人は ハンデ通りだが 4. 4 ~ 13. 0 の人は 1 ストローク、13. 1 ~ 21. 7 の人は 2 ストローク多く、さらに 21. 8以上の人は 3 ストローク多くハンデをもらえることになる。 コースレーティングとスロープレーティングと言う 二つのコースの難易度を示す指標をベースに ハンデの計算をすることの合理性については 以上の説明で理解頂けたものと思うが 実は スロープシステムとは似ているが 少し異なる概念の SSS Standard Scratch Score と CSS Competition Scratch Score というシステムがイギリスとアイルランドでは採用されていて スロープシステムだけが ゴルフのハンデシステムではないのだ。 地域によって 今でも ハンデシステムには微妙な差があるのが現状である。

次の

ローハンデ・・・って

ゴルフ ハンディ キャップ 最大

ゴルフは、子どもからお年寄りまで楽しめるスポーツです。 けれども、幅広い年代の人が多いということは、それぞれのゴルフレベルもバラバラ。 レベルがバラバラだと、ゴルフが上手い人が有利な試合になってしまいますよね。 でも、そんなゴルファーの間にあるレベル差を上手く調整して、さらに、メリットまでつけてくれる制度が「ハンディキャップ」です。 今回はハンディキャップ制度と使い方、そして、計算方法を紹介します。 ハンディキャップとは? ゴルフコンペなどで、ゴルフが上手な人が上位にいつもいる場合、コンペは長く続かないものです。 そこで考えられ、与えられたのが「ハンディキャップ」制度。 ハンディキャップを設定することで、参加者全員が均等に優勝や上位の順位へ入れるチャンスが与えられます。 ゴルフの基本は18ホールをパープレー(スコア72)で回ります。 例えば、アマチュアゴルファーが「112」でラウンドをした場合に、ハンデが「30」とすると、コンペでのスコアは112-30で「82」と計算されるのです。 つまり、ハンデがあることで、上位に入るチャンスが掴めるわけです。 ハンディキャップの種類 ハンディキャップには2つの種類があります。 それは「オフィシャルハンデ」と「プライベートハンデ」です。 オフィシャルハンデ オフィシャルハンデは、JGA(日本ゴルフ協会)の規定にもとづいて査定されたハンデのことです。 日本で唯一のオフィシャルハンディキャップになります。 ハンデの数値がしっかりと決められているため、他のゴルファーと公正な比較が可能です。 オフィシャルハンデには正式な取得が必要になります。 規定の組織・団体のいずれかに所属をして、規則に従うようになります。 常に最新であるスコアカード10枚を提出し、最低2年間に10枚以上のスコアカードが必要となります。 それをもとに、ハンデの査定が行われ「JGAハンディキャップ証明書」が発行されるのです。 ハンディキャップ証明書を取得しておくと、公式戦に参加するときの基準として利用できます。 競技としてゴルフをする人にとっては、大切なアイテムになるでしょう。 プライベートハンデ プライベートハンデは略式ハンデと呼ばれ、まだ初心者やオフィシャルハンデを持っていない人が、コンペに出場するときのプレーをするときに使います。 プライベートハンデには主に3種類の算出方法があります。 ペリア方式• 新ペリア方式(ダブルペリア)方式• 新々ペリア方式 3つとも、18ホールの中からハンデ算出用に選定された「隠しホール」と呼ばれるスコア合計からハンデを算出します。 3つ、それぞれの違いとは、基準のホール数と掛け率がそれぞれ異なります。 以下が、それぞれの基準です。 スコア合計3倍。 ハンディキャップの使い方・計算方法 具体的にハンディキャップの使い方・計算方法を紹介します。 前述の3種類のハンディキャップの中で、特によく用いられるが新ペリア方式です。 今回は新ペリア方式を使った計算方法を行ってみます。 新ペリア方式の規定は、パーの合計が48となる12ホール(OUTとINが6ホールずつ)を選びます。 その後、プレーが修了したら、12ホールのスコア合計を1. 5倍して、コースのパー(通常72)を引きます。 そして、さらに、引いた数から0. 8を掛けた数字が、ハンデとなるのです。 わかりやすくすると、例えば、隠しホールの合計打数が60だった場合には。 4 というように、ハンディキャップの算出が可能になるのです。 つまり、隠しホールでよくないスコアで終わっても、それ以外のところで、少なく打てればスコアが上がりやすいのです。 まとめ 以上をまとめると、• ハンディキャップは参加者全員が均等に競えるルール• ハンディキャップには「オフィシャルハンデ」と「プライベートハンデ」の2種類がある• ハンディキャップの計算方法は新ペリア方式が多く使われている ゴルフ初心者でも上位入賞が狙えるハンディキャップ。 良い位置が狙えれば、さらにゴルフが楽しくなります。 また実力が上がれば、オフィシャルハンデも可能なので、ハンディキャップを用いてどんどんゴルフの腕を成長させてください。

次の