ペット 保険 おすすめ 猫。 猫保険のおススメ人気ランキングBEST3比較&口コミ、評判【総まとめ】

猫のペット保険、おすすめは?比較のポイント、注意点は?

ペット 保険 おすすめ 猫

ペット保険。 名前は聞いたことがある人は、多いと思います。 しかし、詳しく中身にっいて知っている人は少ないのではないでしょうか。 近年、少子高齢化が進んでいるため、ペット市場は、急速に広がっています。 朝、公園に行けば、ペットの散歩をしている人はたくさんいますし、街を歩けば、ペットショップがたくさんあります。 最近はペットの服やえさもいろいろな種類のものがあるので、ペットの身なりやえさに拘る飼い主は多いと思います。 しかし、意外と動物病院での診療には、無頓着の方は多いのではないでしょうか。 今回は大切なペットの健康維持に大きく貢献するペット保険について詳しくして説明していきたいと思います。 ペット保険とは ペット保険とは、人間の医療保険のように、病院での、治療費の一部もしくは全額を負担してくれる保険のことを言います。 人間の治療費は、誰しも一回は病院に行ったことがあると思うので、何となく想像は出来ると思います。 しかし、ペットの治療費って意外と知らない人が多いのではないでしょうか。 人間の治療費は、健康保険があるので最大でも3割の負担で済みますが、動物病院での治療費は、ペットは健康保険がないので全額自己負担となります。 しかし、全額自己負担と言っても、ペットの治療費はいくらくらいかかるのでしょうか。 ペットの治療費がわからないと、ペット保険の必要性を判断出来ないと思うのでペットの治療費について説明します。 治療費の9割を占めるのが通院ですが、ペットの病状によっては、入院や手術もあり得ます。 通院 8,000円• 入院 12,000円• 手術 100,000円 が平均になっています。 ペットの治療費の9割が通院を占めており、ペットが高齢になればなるほど、動物病院の使用頻度は多くなってきます。 この治療費を見て高いと思われるか安いと思われるかは人それぞれだと思います。 しかし、高いと感じる方が多いのではないでしょうか。 人間の場合は健康保険や高額療養費制度があるので、通院などの場合は、ペットの治療費よりも、負担は低くなるのが一般的です。 最近、ペットが長生きするようになって一緒に過ごす時間が長くなっています。 でもやっぱり年を取ってくると元気がなくなって、病気やケガをすることが多くなります。 そんな時、もし大切なペットが病気やけがをしてしまったら、多くの方は迷わず、動物病院に行くと思います。 しかし上記のとおり、大切なペットの治療費は、意外と高いのです。 高齢者の方でペットを飼っている方は多いかと思いますが、高齢者の場合は特に、自分の子供のようにペットをかわいがっているケースが多いです。 ペットの治療費も出し惜しみすることをしない高齢者は多いですが、ペットの治療費のせいで生活が圧迫してしまったら元も子もありません。 そんな時、大切なペットの治療費を保障してくれる保険があったら安心して適正な治療を受けてもらうことが出来ますね。 特に最近のペットの治療には最新の医療が使われるケースが多くなってきているので、治療費は増大の傾向にあります。 次の章から、ペット保険のメリット、デメリットについてまとめていきます。 ペット保険のメリット ペット保険には、様々なメリットがあります。 では、ペット先進国の普及率はどのくらいなのでしょうか。 なぜスウェーデンの、ペット保険の普及率がここまで高いかというと、スウェーデンは法律でペットを飼うことがとても厳しい国だからです。 ペットを飼う飼い主は、念願のペットを飼えるようになったとき、大切なペットに満足した治療を受けさせてあげようという意識が強いのでペット保険の加入率が高いのです。 一方の、日本は手軽にペットを飼う環境にあるため、もちろんペットを大切にはしますが、スウェーデンほど、ペットが病気やけがをした時のことを考えていないのかもしれません。 ペットを飼うときに、ペット保険の必要性について詳しく知っている人は少ないと思います。 最近、ペットショップでペット保険の加入を積極的に進めていることや、大手都市銀行の三井住友銀行でもペット保険の取扱いが始まるなど、ペット保険の認知度は少しずつ上がっています。 インターネットで、ペット保険の情報収集や、ペット保険の申込みを出来る保険も増えました。 しかしまだまだ、人間の保険に比べると情報量や利便性において大きな差があるのが現状です。 少子高齢化に伴う核家族化が一段と進んでいるのでこの傾向は当面続いていくと思われます。 このように、超成長分野と言えるペット関連産業ですが、ペット先進国のスウェーデンなどに比べると、市場規模はこれらの国の10年ほど前の水準です。 順調にペット関連産業が成長して10年後には、ペット先進国と呼ばれるようになっているかもしれません。 日本もペット先進国であるスウェーデンのように、 ペット保険の加人は当たり前という認識に今後なっていくと思います。 現在の日本のペット市場、ペット保険について説明させて頂きました。 それではこれからペット保険のメリットについて説明していきます。 ペット保険のメリットは主に9点あります。 治療費を気にせずに治療を受けやすくなる やはりお金の心配がないと、治療が受けやすくなると思います。 ペットの調子が少し悪いだけでも動物病院にかかろうと思えます。 様子を見るではなく、病院に行くという選択肢が増えることで、ペットの病気の早期発見にもつながることが期待できます。 お金が絡むと大切なペットの治療が遅れてしまう可能性もありますが、ペット保険に入っていれば躊躇なく動物病院に行くことが出来ます! 高額な治療費に備えられる ペット保険に入っていれば数十万もの手術費や慢性疾患での通院費などにかかる高額な治療費をある程度カバーできます。 治療費を気にしなくていいので、金額を気にせずペットに十分な治療を行うことができます。 通院保障 ペット保険加入者で、実際に保険金を請求している方の9割は、通院保障を利用しています。 ベットは、高齢なればなるほど動物病院に通院する可能性は高くなるので、通院保障があれば気楽に動物病院に行くことが出来るので通院保障は非常に重要です。 入院保障 大切なペットが大きな病気をしてしまったときは、動物病院に入院する必要があります。 また、入院するほどでもなくても、家で看病をする場合でも家に誰もいない時間を作ることが難しいケースの場合は、思い切って入院させてしまったほうが安心なケースもあります。 このような状況の時に、入院保障があるのはとても心強いと思います。 手術保障 ペットが病気になってしまったときに一番お金がかかるのが、手術を受けなければいけない状況になった時です。 犬と猫の代表的な手術代ですが、• 歯周病3万円、• 誤飲4万5千円• 腫瘍6万円• 骨折13万円• 椎間板ヘルニア21万円 になっています。 これはあくまでも平均であって、動物病院によっては椎間板ヘルニアで約60万円かかるところもあるようです。 手術の時に、保険金が下りることはとても心強いと思います。 保険に入っているという安心感を得られる 家族の一員でもあるペットに万が一のことが起こったときに治療費が補償されるので安心です。 人間でもそうですが、病気をする、しないは別にして、病気になっても保険金が下りるという安心感は非常に大きいと思います。 高額な治療費が必要になっても手持ちがない! ということを避けるためにも、お守り代わりとしてペット保険に加入される方も多くいます。 賠償責任特約 ペット保険のメリットとして、賠償責任特約などを付けられる点も挙げられます。 たとえば、ペットが散歩中に、他人やペットにかみついてしまった場合、飼い主は損害賠償をしなければいけません。 このようなケースの場合、賠償責任特約付きのペット保険に加入していれば、賠償額を一部カバーすることが可能です。 セレモニー費用特約 大切なペットですが、必ずお別れはきます。 ペットの火葬代やお葬式の費用を負担してくれる特約になります。 窓口精算出来る 人間の医療保険は、病院に行ったとき、とりあえず精算をして後程、保険会社に保険金を請求するタイプの保険がほとんどだと思います。 このタイプの保険だと、治療費の支払いと保険金の入金に誤差があり一時的に手持ちのお金が苦しくなってしまいます。 しかし、一部のペット保険は病院の窓口で保険金の精算を行うことが出来ます。 なので手持ちのお金が少ない時でも思い切って動物病院で診察を受けることです。 窓口精算の方法は非常に簡単で、ペット保険会社から保険証が送られてきますので、その保険証を動物病院で提示するだけなので非常に簡単です。 人間の医療保険のように、領収書を送ったりする手間暇がないことも大きなメリットになります。 低い請求率の原因は、領収書や診断書の準備が面倒くさいということも大きいのです。 ペット保険のデメリット ペット保険は、病気やけがになった時、保険料が下りる便利な保険ですが、デメリットもあります。 この章では、ペット保険のデメリットについてまとめていきます。 ペット保険の主なデメリットは、7つあります。 保険の適用にならない病気がある。 これらは、そもそも病気ではないとみなされているためです。 この保険の適用にならない病気をしっかり理解していないと後々トラブルになります。 ペット保険の主なトラブルが保険の適用にならない病気があることを認識していないことです。 当然ですが、たくさんの治療費をカバーしてくれる保険の保険料は高額になります。 高額な保険料を支払っても一度も病気にならなければ保険料がもったいないと感じるかもしれません。 本来病気にならないのが一番良いのですが… 保険金が十分ではない可能性も 保険の種類によって、保険金が十分ではない可能性があります。 しかし、手厚い保障の保険に入ると、保険料が高くなるので保険料と保険金の兼ね合いが重要になります。 ペットの年齢によって、ペット保険に加入出来ない可能性がある。 ペット保険は、おおむね7歳から9歳が上限になっているものが多いようです。 10歳以上でも入れる保険はありますが、数は少ないです。 ペットは人間同様、高齢なればなるほど病気にかかりやすいので本当にペット保険が必要なときに入れない可能性があります。 ペットの年齢が上昇するにつれて保険料が上がる可能性がある ペット保険の中には、1年更新のものもあります。 保険料は年々高くなりますので、ペット保険が必要な年齢になった時は保険料の負担が重くて解約せざる得ないケースもあります。 ペット保険は、既往症があると加入出来ないもしくは、保証の範囲が限定されてしまう 人間の医療保険でも、病気をしたことがあると医療保険に入れないケースが一般的です。 もしくは加入できたとしても、保険の適用範囲が、既往症を原因とする病気は保障の対象外になるものが多いです。 ペット保険も一緒で、既往症があると加入出来ないもしくは保障の範囲が限定されてしまうものが多いです。 保険金が下りるのが、後日になってしまう 先ほどのメリットのところで窓口請求が出来る点を挙げましたが、窓口請求出来ないペット保険もたくさんあります。 後日請求のものだと、領収書や診断書が必要になり手続が面倒くさいのと、治療費の支払いと保険金の入金にタイムラグがあることはデメリットになります。 おすすめペット保険 この章では、おすすめのペット保険について紹介します。 ペット保険を選ぶポイントは、3つあります。 全国の動物病院で使えること• 通院、入院、手術のすべてで保険金が出ること• 保険料と保障のバランスが取れていること 以上の3つを満たしていることが前提条件になります。 いくら内容のいい保険でも全国の動物病院で使えないと意味がありません。 かかりつけの動物病院だけでなく、旅行先で病気やけがになる可能性もあるので全国の動物病院で使えることは非常に重要です。 またペット保険は通院で使うケースが圧倒的に多いですが、入院や手術は高額になることが多いので通院だけでなく入院、手術にしっかり対応していることも重要です。 またどんなに保障が充実していても、保険料とのバランスが悪ければ、保険に加入する意味がないので、保障内容と保険料のバランスをよく見ることも大切になります。 これらの条件を満たしているお勧めの保険を2つ紹介します。 FPC保険 おすすめさせていただく保険の一つ目はFPC保険です。 FPC保険の特徴は、• 保険料が安い(50%保障の場合 小型犬0歳~10歳の平均保険料、月額2,026円)• 年間補償限度額は、業界最高水準85万円• 保険料の上昇が、生涯2回のみ(大型犬、中型犬は生涯3回) 以上のように、保険料の比べて保障が手厚くなっています。 ペット保険の中でおすすめ出来る保険になっています。 口コミを見ると特に通院保障の手厚さが好評のようです。 ペットが病気やケガになった時、通院の負担が大きくなるのでこれだけ厚い保障なら安心して動物病院に通うことが出来ます。 日本ペットプラス少額短期保険 おすすめの保険の2つ目は、日本ペットプラス少額短期保険です。 日本ペットプラス少額短期保険の特徴は、• 保険料が安い(50%保障の場合 小型犬全年齢の平均保険料、月額2,112円)• 通院保障・入院保障・手術保障 無制限• 年間支払い限度額は50%保障の場合、最大50万円) 日本ペットプラス少額短期保険の最大の特徴は入院、通院、手術のどの治療を受けたとしても1日の保険金の支払い限度額が無制限という点です。 もちろん年間支払い限度額はありますが、一回の治療費が無制限というのはとても心強いと思います。 以上のようになっています。 今ご紹介させて頂いた保険は、保障がしっかりしていてかつ、保険料も安く設定されている保険なのでおすすめ出来ます. まとめ 今回は、ペット保険についてまとめていきました。 ペット保険のメリット、デメリットを中心に説明していきました。 ペット保険はまだまだなじみの薄い保険ですが補償内容はしっかりしていると思います。 私も犬を飼っていますが,ペットは年を取るほどに病気やけがをする可能性が高くなってきますペットの治療費は意外と高いのでペット保険に加入しておくことは悪くないと思います。 自身にあったプランを見つけていきましょう! 最後にペット保険を選ぶ際のポイントを再度載せておきます。 こちらを参考にご自身に合ったペット保険を選びましょう! カテゴリ• 102• 376• 182• 165• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

通院のみペット保険は猫にお得?通院特化のメリット・デメリットとは

ペット 保険 おすすめ 猫

上の図は、犬と猫がかかりやすい病気ランキングをグラフ化したものです。 1位はガンで35%、次に腎臓病、心臓病と続きます。 猫は昔から治癒力の高い動物と言われており、特に室内で飼われている猫は外から病気をもらってくる心配や事故などのケガに遭遇することも基本的にはありません。 しかし猫の場合、考慮しなければいけないのは老いによってかかりやすくなる病気のことです。 人間と同様で猫も高齢になると腎不全やガンに罹患する可能性が高まります。 そして猫の診療費は自由診療(全額自己負担)であるため、治療費が高額になる可能性もあるのです。 難しい病気が併発した場合などは、治療費が100万円を超えてしまうケースもあります。 実際に保険会社に請求があった高額診療事例を見ると、200万円を超える事例も存在します。 経済的に余裕がある人であればペット保険の加入は必ずしも必要ないかもしれません。 ペット保険の保険料は補償内容によって変わります。 また年齢が上がるにつれて保険料は上がっていくのが通常です。 そしてこの値上がりの傾向は各保険会社さまざまで、毎年ゆるやかに上昇するものもあれば、ある年齢を境に急激に上昇するものもあります。 ここで注意したいのは、保険料は当初の月額負担だけでなく、トータルの支払額で検討すべきだということです。 将来の病気に備えてペット保険に加入するなら、基本的にはそのペットが亡くなるまで保険に入り続けるのが前提でしょう。 途中で保険を解約して、その直後に病気になってしまったらショックも大きいはず。 ペット保険は終身で更新していく可能性が高いからこそ、トータルの支払額で検討すべきです。 次に見るべきポイントは保険の「補償金額」です。 保険金が支払われる対象は、大きく分けると通院・入院・手術時の3つです。 保険によって補償対象が違い、通院は補償対象外となっていたり、手術は補償対象外となっていたりすることもあるので注意が必要です。 通院代も1回あたり数千円~数万円はかかります。 通院だけ補償に入っていないという場合、通院費用の負担を嫌って、少しくらいの病気なら大丈夫だろうと動物病院に行かずに、猫にかわいそうな思いをさせてしまうケースも考えられます。 また定期的にずっと通わなければいけない病気にかかってしまった場合は、手術代や入院代よりも通院代の負担のほうが多くなってしまうこともあります。 このような点も不安に感じるなら、通院・入院・手術の全てが補償対象となっている保険を選ぶべきでしょう。 一般的に一番お金がかかるのは手術で、次に入院、通院の順番です。 各保険には手術・入院・通院それぞれに補償限度額が存在します。 入院は1日当たり約3000~5000円程度、通院は1回あたり約5000~10000円程度ですので、それくらいの金額が補償限度額でカバーできていれば問題ありません。 手術代は病気によって千差万別ですので何とも言えませんが、できれば最低でも10万円ほどはほしいところでしょう。 なお、保険商品によっては、「免責額」や「最低支払対象治療費」が設けられているケースがあります。 免責とは、かかった費用が保険の範囲内でも、決められた額の自己負担を絶対にしなければいけないというものです。 たとえば補償割合100%の保険に入っているとします。 10万円の医療費がかかった場合、保険の免責額が2万円であれば、2万円は自己負担し、残りの8万円が保険でまかなわれるということになります。 免責額が大きい金額だと、軽い病気での通院に関してはほとんど保険料が支払われないことになります。 また最低支払対象治療費とは、ある一定基準の治療費を超えた場合のみ保険が支払われるというものです。 一定基準に治療費が達しない場合は保険金が支払われません。 こちらも軽い病気での通院では保険金が支払われる可能性が低くなりますから注意が必要です。 免責や最低支払対象治療費の有無もしっかりと確認しましょう。 特約として「賠償責任保険」を付帯できるペット保険が多くあります。 「賠償責任」とは、誰かに賠償金を支払うような事故を起こした際に発生する責任の事です。 よくある例としては、飼い犬と散歩中に、飼い犬が誰かに噛みついて怪我を負わせてしまったというケースです。 しかし、猫の場合、そういったケースはほとんど考えられません。 室内猫ならなおさらです。 また、このような賠償責任は、ペット保険以外でも「個人賠償責任保険」でまかなうことができます。 すでに「個人賠償責任保険」に加入していたり、「火災保険」や「自動車保険」に特約としてついていたりする可能性もありますので、損害保険の加入状況を再確認して、無駄な出費をしないように注意しましょう。 一般的なペット保険の請求方法は、かかった治療費を一旦飼い主が全部負担をして、後日、保険会社に請求するという流れになります。 つまり飼い主には一時的でも大きな金額を立替する負担が発生しますし、後で請求書を書いて送ったりする手間が発生することになります。 実はこれがかなりの手間なのです。 申請を忘れてしまって保険金を受け取れなかったり、請求書を送って後日「補償の対象外です」という結果が返ってきたりという可能性もあります。 しかし保険によっては、「ペット保険証」というものを提携している動物病院の会計窓口で提示すると、補償される金額を差し引いた分の治療費しか請求されないという保険があります。 まさに人間でいう「健康保険証」のようなもので、大きな金額を一時的に負担したり、請求書を送ったりという手間が必要ないのです。 いざというときにはとても役立ちますし、保険の請求忘れもなくなります。 非常に魅力的な商品だけに、保険料は他の商品と比べ少し割高ですが、検討してもいいかと思います。 猫を飼い始めると将来必要になるであろう医療費に不安になることはありませんか?「日頃のちょっとした通院から一度に大きな出費となりがちな手術や入院にも備えたい」という方におすすめなのが 免責金額なしで少額な治療費も請求可能なペット保険です! はお手頃な保険料でペットが 通院・入院・手術をした場合にかかった治療費の一部を補償してくれるペット保険です。 いざという時に家計の負担を抑えられるだけでなく、免責金額の設定がないので、 少額の治療費でも保険金請求が可能です。 猫の場合、 年齢による保険料の上昇は2回だけ。 保険料が上がり続けない 年齢区分ごとのシンプルな料金設計なので、ペットが高齢になっても無理なく終身まで継続を検討できそうですね。 手術なら1回10万円、入院1回12. 5万円、通院なら1日1. 25万円までと補償内容も充実。 申し込みはパソコン・スマホで完結できるのも嬉しいポイントですね。 アイペット損害保険の「うちの子Light(ライト)」は他のアイペットの保険商品と違って、窓口精算ができないのですが、その名の通り保険料の負担が軽いのがとても魅力的な商品です。 その保険料は、なんと月々780円から!補償の対象を治療費が高額になりがちな「手術」に特化させた保険商品です。 しかも補償割合は治療費の9割で、飼い主の負担は1割となっています。 ただしこの商品は最低支払対象治療費3万円以上となっており、3万円未満の入院・手術では保険料が支払われません。 本当の緊急時のみに備えたい人にはおすすめの商品だと思います。 月払保険料(0歳) 780円 新規加入可能年齢 0歳~12歳11ヵ月まで 更新可能年齢 終身 補償割合 90% 年間最大補償額 100万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 50万円(2回まで) ガーデン少額短期保険のパールプランは通院と入院が補償対象外となっていますが、そのぶん保険料は最も安い月500円から!補償割合も70%と高く、この保険があれば手術に関しては全く怖くありません。 ただ、長い入院を伴う病気だったり、通院が必要な病気になってしまったときなどが補償されないので、その点が少し心配にはなります。 ただ瞬間的には最もお金がかかる手術代を補助するといった使い方をするのであれば、とても適した保険だと思います。 また、気を付けるべき事項として、保険の更新が満20歳までとなっています。 20歳を超えて生きる猫は珍しいですが、種類によっては長生きする猫もいますので、事前に自分の飼っている猫ちゃんが長生きしやすい品種なのかは確認したほうがよいでしょう。 月払保険料(0歳) 500円 新規加入可能年齢 生後31日から満11歳未満まで 更新可能年齢 満20歳まで 補償割合 70% 年間最大補償額 30万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 年間最大補償額の範囲内(2回まで) 安いペット保険といえばやはりFPCのフリーペットほけんは見逃せません。 保険料の安さはペット保険の中でもトップクラスで、何歳まで加入するかにもよりますが総合的にかかる費用を考えると無理なく継続を検討できそうですね。 入院補償が1日あたりではなく1入院あたりになっているというのも特徴的で、年3回という制限はあるものの、基本的に何日入院したとしても最大12万5000円を受け取ることができます。 長期入院の備えとしてはやや不安を抱くかもしれませんが、短期入院の備えとしては非常に充実した補償と言えるでしょう。 アイペット損保が提供するうちの子Lightの上位モデルが、こちら「うちの子」。 通院・入院まで対応する補償内容の充実ぶりはもちろん、こちらはペット保険証によって病院の窓口で保険金を請求することができます。 ペット保険証の使用は対応する動物病院に限られるものの、事前に建て替える必要がないというのはかなり大きな魅力です。 また小額な治療費はどうしても請求を忘れてしまいがちなので、無駄なく保険を利用できるというのも嬉しいですよね。 ただ補償が充実した分当然保険料は高め、さらにLightよりも手術補償はおさえた設定になっているので、日頃の備えとして選ぶのか万が一の備えとして選ぶのか、しっかり比較して選びましょう。 提携病院数も日本全国に6400件以上とどんどん増えています。 愛する猫ちゃんのために万全に備えたい!という人にはおすすめですが、現在の年齢と照らし合わせて、加入前に最終的な保険料がどれぐらいになるかを見積もっておいたほうが良いでしょう。 また13歳になるまでは年齢が上がっても保険料が変わらないという点も特徴的な商品です。 また年間最高補償額も147万円と高額に設定されているため、ほとんどのケースに対応できるかと思います。 PS保険と比べて補償限度額は劣りますが、もちろんそのぶん保険料は割安です。 0~15歳までの合計で、その差は10万円くらいです。 補償内容と保険料を天秤にかけて、どちらの保険が自分に合っているかを判断しましょう。 こちらも先ほど紹介した日本アニマル倶楽部の保険商品です。 先ほど紹介した商品よりも、年間最高補償金額81万円、通院5000円・入院10000円・手術30000円と補償内容は減りますが、補償割合は100%のまま。 通院で5000円以上かかることもあるため病院へ行き放題とまでは言いませんが、通常のケガ・病気などであれば、ほとんど費用面を気にすることなく、通院することができます。 ぜひ加入を検討したい保険です。 アクサダイレクトはペット保険だけでなく自動車保険の会社としても有名ですが、それだけに実績のある会社ですので、保険金請求なども含めて安心して加入する事ができますね。 補償内容を見ても必要十分!また安価な保険料にも関わらず、24時間365日獣医さんによる健康相談電話サービスも提供している点も魅力的です。 非常にお得な保険と言えるでしょう。 ペットが人に噛み付いてしまったりといった場合に備えて、ペット保険賠償責任危険補償特約(示談交渉付)をオプションで追加することができます。 今回は、猫におすすめのペット保険を紹介しました。 あなたにピッタリの保険は見つかりましたか? 最後に元保険会社社員の視点からぜひお伝えしたいことは「保険は万能ではない」ということです。 こんなことを言うと「なんのためにペット保険を紹介したんだ!」と思うでしょう。 また保険ではカバーされていない予期しないことが発生する確率もゼロではありません。 その場合の費用は、貯蓄から支払わなければいけないということが発生する可能性があるのです。 ですから、保険選びは補償内容をしっかりと把握して、必要以上の保険料を支払わないようにすることも大切です。 何事も大切なのはバランスですね。 家族の一員である大切な猫ちゃんのために、よく吟味して保険を選びましょう。

次の

元保険会社社員が教えるペット保険のメリット・デメリット!おすすめのペット保険を教えます

ペット 保険 おすすめ 猫

・一度の診察にかかる費用は約5,000円~1万円位が多い。 ・年間診療費は約4万~9万円、6歳以降から診療費が上がる傾向がある。 ・疾患ごとの診療費の範囲は1万~10万円と年齢問わず幅広い。 ・腎不全、糖尿病を発症した場合の年間診療費は12万~17万円。 ・高額な医療費がかかる病気として、 0歳未満に多い先天性疾患 5~15万円 、 1~6歳に多い誤飲 10~30万円 、 年齢と共にかかりやすくなる下部尿路疾患 10~30万円 、その他、骨折、がん、ヘルニアなどの病気にかかると30万円以上の高額な治療費が必要になることもある。 すべて自己負担をするとなった場合、それなりに負担となることが分かり不安になりますね。 保険をチェックする上で知っておくと、より保険内容を理解しやすくなるキーワードがいくつかあります。 また「 補償対象外となる病気や医療行為がある」ことを知っておくことが大切です。 50%、70%、80%、100%などの割合があり、割合が高くなるほど支払われる保険金が高くなるため保険料も上がる傾向があります。 この金額の範囲内で保険料が支払われます。 限度額、回数を超えた部分は自己負担になります。 例 免責金額3千円…3千円は自己負担。 3千円を超えた分に対して保険が適用される。 免責条項はとても幅広く、次年度の更新時、補償内容、既往歴や先天性疾患、待期期間、予防医療など様々な決まり事があるため約款や重要説明事項などを注意してよく確認しておくことが大切です。 待機期間中に病気やケガをしても保険金がもらえないため、できれば待期期間がないものや、短い方が安心です。 保険会社ごとの取り扱い内容、どの位の待機期間を設けているのか確認が必要です。 どの年齢でも一定のタイプもありますし、右肩上がりに上がっていくタイプもあります。 保険料の視点から考えるならば、総合的な費用を抑えるためにも保険料の上がり幅が少なく、月額が低めのものを選択するのが良いと思います。 どこまで保険で補ってもらいたいか、何を優先したいのかという視点から考えてみても良いですね。 生後間もない時期、病気が増えてくる時期、高齢期など加入したい時期の目安はあるかと思いますが「健康であること」が加入条件になることが多いため早めに加入することを検討した方が良いでしょう。 また複数の保険に加入することも可能ですが、保険金額はそれぞれの保険会社から満額支払われるわけではありません。 この比率は大きければ大きいほど良いとされます。 ・100%補償では保険料が最安値の割に補償が手厚い。 ・すべての補償率で保険料が安めだが限度額は高い。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・免責金額の設定がない。 ・最大補償額は高いが制限がある。 ・補償率は高い方がいいと考える方。 ・保険料を抑えつつも終身まで更新し続けられる保険を検討している方。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・50%補償の保険としてはPS保険に次いで保険料が安い。 ・1回の入院ではなく、1つの病気に対してかかった医療費を総合的にカバーしてくれる点が良い。 ・免責金額の設定がない。 ・保険が一種類のみで内容が把握しやすい、他社との比較もしやすい。 高額治療が必要になった場合1回の限度額を簡単に超えてしまいそうな点と、自己負担が高めな点が気になります。 ・手厚い補償や高額治療にも備えたいと考える方。 ・病気だけ補償するプランを選択したい方 他の保険ではケガが補償されていない場合など。 おすすめしたいペット保険BEST3比較表! おすすめしたい保険順に「ペッツベスト」、「FPCペット保険」、「PS保険」について保険内容の詳細を比較してみました。 年齢ごとまたは年齢を重ねることによって発症しやすい病気があります。 飼い猫の種類に合わせて病気にかかりやすい時期に加入するのか、万が一に備えて継続加入するのか、検討するのは飼い主次第です。 また、何を選んだらいいか迷ってしまう程に約束事が多く複雑なペット保険ですが、押さえておくべきポイントをしっかり理解することで自分の希望に合った保険が見つけやすくなるということが分かると思います。 ペット保険は比較検討するのが良いと言われているようにサービス内容や価格を並べて見比べることのできるwebサイトも豊富なため、今回の記事と併せて判断材料の一つとして役に立てていただければと思います。 飼い猫の現在、未来の状態を考え、飼い主としてどこまでペットにしてあげられることがあるのか常に考えていきたいですね。

次の