バジリスク絆2 設定2 グラフ。 【バジリスク絆2】設定6実践記!!設定6の挙動や特徴は?スランプグラフ&ユニメモあり!|スロかっつ!

バジリスク絆の設定6スランプグラフ!

バジリスク絆2 設定2 グラフ

また、全大当たりの履歴と当選フラグも全て掲載します。 アプリの結果からスランプグラフを作成し、データとして大当たり履歴やそこから見える数字や挙動を細かく分析して行きます。 歌も流れるし、設定6〜設定1まで選べる、高速オートプレイもある、真瞳術チャンスも選べる、無限回回せる等など、出来は完璧に近いので バジリスク絆の、朝一の挙動を確認したい方や、高設定の挙動、低設定の挙動を身に着けたい方、心ゆくまで設定6をぶん回したい方には必須なアプリ バジリスク絆で勝つ為には必須だとは個人的に思います。 もちろん負けてもいいなら必要は無いです。 設定6の挙動が身に沁みついている人とは勝負にすらならないかと思います。 ホール実機、2日間据え置き設定6も追加しました! グランドオープンのホールで、2日間続けて3ベルを出したバジリスク絆設定6実機のスランプグラフを、2日分紹介しています。 バジリスク絆設定2のはまりゲーム数やスルー回数、大当たり確率等の分析 高挙動は朝一挙動も良く、運も良い。 真瞳術チャンスを2回引き当てます。 はーツキ続けるなぁ。 一撃2000枚オーバーが終わった後も続けてみると、最後は勢いも失速してしまいます。 ちなみに実はもう1台回していたのですが、途中でフリーズ引きやがって流石に参考にならないなぁと泣く泣くリセットしてやり直しました。 フリーズは2000枚ちょい出てましたよ。 運の発散も意識していかないと厳しいかもしれませんね。 高挙動のバジリスク絆設定2• スルー回数:7スルー5スルー4スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• スルー回数:10スルー、8スルー、6スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• 試行回数が少ないのでなんとも言えませんが 弱チェリー、スルー回数やモード移行、や高確移行の感じ、など外からは見えにくい要素を複合して判断を下すしかやはりないのでしょうか。 バジリスク絆の設定2は右下一直線!? そんなことはないんですね。 設定4設定5設定6確定のベルを願いながら低設定の高挙動を回す、なんてこともありえそうですね。 ただこれは別にバジリスク絆に限った話ではありません。 バジリスク絆の現在と今後 大人気機種、かつ今後もホールの華形であろうバジリスク絆。 設定5や設定6も良い挙動は分かりやすく、さらには設定4設定5設定6確定演出まである。 スルー回数や、ゲーム数でのハイエナ。 さらにはテーブルを狙っての半ハイエナ。 それらがバジリスク絆を触る人たちほぼ全員に知れ渡っているような状態ですよね。 もう出尽くされていて、期待値があるバジリスク絆を後ヅモできる可能性は、 「高設定の低挙動を見極める」 くらいしか無いのではないでしょうか? そして大事なことは 「低設定の高挙動と勘違いしないこと」 両者には微妙な差しかありませんが、それでも見抜ける力があれば強いですね。 今さらバジリスク絆のデータを載せた理由は、その視点に立ってデータを紹介できたらな、という思いで載せました。 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の

バジリスク絆2 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 モード セリフ 開始画面 弦之介BC

バジリスク絆2 設定2 グラフ

また、全大当たりの履歴と当選フラグも全て掲載します。 アプリの結果からスランプグラフを作成し、データとして大当たり履歴やそこから見える数字や挙動を細かく分析して行きます。 歌も流れるし、設定6〜設定1まで選べる、高速オートプレイもある、真瞳術チャンスも選べる、無限回回せる等など、出来は完璧に近いので バジリスク絆の、朝一の挙動を確認したい方や、高設定の挙動、低設定の挙動を身に着けたい方、心ゆくまで設定6をぶん回したい方には必須なアプリ バジリスク絆で勝つ為には必須だとは個人的に思います。 もちろん負けてもいいなら必要は無いです。 設定6の挙動が身に沁みついている人とは勝負にすらならないかと思います。 ホール実機、2日間据え置き設定6も追加しました! グランドオープンのホールで、2日間続けて3ベルを出したバジリスク絆設定6実機のスランプグラフを、2日分紹介しています。 バジリスク絆設定2のはまりゲーム数やスルー回数、大当たり確率等の分析 高挙動は朝一挙動も良く、運も良い。 真瞳術チャンスを2回引き当てます。 はーツキ続けるなぁ。 一撃2000枚オーバーが終わった後も続けてみると、最後は勢いも失速してしまいます。 ちなみに実はもう1台回していたのですが、途中でフリーズ引きやがって流石に参考にならないなぁと泣く泣くリセットしてやり直しました。 フリーズは2000枚ちょい出てましたよ。 運の発散も意識していかないと厳しいかもしれませんね。 高挙動のバジリスク絆設定2• スルー回数:7スルー5スルー4スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• スルー回数:10スルー、8スルー、6スルーが1回• 最大ハマりゲーム数:天井が2回• 試行回数が少ないのでなんとも言えませんが 弱チェリー、スルー回数やモード移行、や高確移行の感じ、など外からは見えにくい要素を複合して判断を下すしかやはりないのでしょうか。 バジリスク絆の設定2は右下一直線!? そんなことはないんですね。 設定4設定5設定6確定のベルを願いながら低設定の高挙動を回す、なんてこともありえそうですね。 ただこれは別にバジリスク絆に限った話ではありません。 バジリスク絆の現在と今後 大人気機種、かつ今後もホールの華形であろうバジリスク絆。 設定5や設定6も良い挙動は分かりやすく、さらには設定4設定5設定6確定演出まである。 スルー回数や、ゲーム数でのハイエナ。 さらにはテーブルを狙っての半ハイエナ。 それらがバジリスク絆を触る人たちほぼ全員に知れ渡っているような状態ですよね。 もう出尽くされていて、期待値があるバジリスク絆を後ヅモできる可能性は、 「高設定の低挙動を見極める」 くらいしか無いのではないでしょうか? そして大事なことは 「低設定の高挙動と勘違いしないこと」 両者には微妙な差しかありませんが、それでも見抜ける力があれば強いですね。 今さらバジリスク絆のデータを載せた理由は、その視点に立ってデータを紹介できたらな、という思いで載せました。 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の

バジリスク絆2 スランプグラフから高設定が見抜けます!

バジリスク絆2 設定2 グラフ

こんばんは。 みやです。 本日(2月17日)稼働開始のパチスロ新台【バジリスク絆2】の2濃厚の台を打ってきましたので実践風に書きます。 あくまでも新台初日での自分で感じたことを書きますので、解析が出た後で見返すとそんなわけねーって部分が含まれるかもしれません。 その点はご理解の程よろしくお願いします。 実践 今日は半休を取っていましたので時差開放の店へ。 設定には期待できないお店ですが、なんと抽選負け。 でもすぐに台が空きましたので実践開始です。 データカウンター上は61Gですが、内部的には686Gからスタート! 天井が800Gなので相当おいしい状態ですね。 1回目のBCは天井から 804天井青同色BC これが痛恨のスルー。 嫌なスタートです;; 17G赤異色 9赤異色 29赤異色 20青異色 対戦人数は6VS4 ベル高確点灯 巻物を2回引くも単発終了 141枚獲得 タッチボイス出発の準備じゃ(終了画面で右のサブ液晶タッチでなんかしゃべります。 現時点で解析は出てませんがおそらく次回モードの示唆関係だと思うので集計) 19G赤同色 巻物当選 107青同色 巻物当選 27赤頭同色 超高確当選 57赤同色 巻物当選 205赤同色 超高確当選 BT ここで朧スタート 朧スタートはシナリオ4,7,9,10確定 が、伸びず。 最終ゲームに巻物を引くも終了;;絆あるある。 226枚獲得タッチボイス出発の準備じゃ 153G赤同色 強チェ 85赤同色 巻物 158赤同色 巻物 BT 次回予告がきたり、 高確点灯も伸ばせず 320枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 25赤頭異色 巻物 ここで222人撃破!とりあえず設定1はなくなりました。 111枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 101青 167赤頭 542赤同色天井;; 絆でも当たってるぞこれ! 197枚獲得 出発の準備じゃ 31G赤異色 巻物 25G赤異色 強チェ 221G青異色 巻物 42G赤異色 巻物 BT 220枚獲得タッチボイス では参りましょう 83G青異色 巻物当選 184G赤異色 巻物当選 175G赤異色 巻物当選 BT 121枚獲得 では参りましょう 1Gヤメ スポンサーリンク ユニメモ デスランプグラフ 感想、打感 この後、少しだけですが設定6濃厚台も打たせてもらったので両方を比較しながら感想を。 ちなみに低設定のイメージは花伝要素が強め、高設定は叛逆のイメージがより強めといった印象。 まだフォローしてない方はお気軽にフォローしてね。 良いところ AT中のシステムはほぼそのまま。 演出の強度、テーブルやモードの概念も前作を打っていた人ならすぐ理解できるシステム。 巻物からのゲーム数前兆による確定パターンなど細かいゲーム性も引き継いでいることを確認。 高確時に対応役を引いたとき、BT中の音楽変化などのいわゆる絆の気持ちいいポイントは健在。 というかそこに全振りしたみたいな台。 高設定域は高確関連が圧倒的に優遇されているように感じる。 だが、リゼロをはじめとする他の6号機のように スランプグラフからでも1発で設定がわかるような印象ではなかったのでユーザーがある程度掘りながら答え合わせ的に設定示唆演出を楽しめる。 (店にとっても回収の機会を与えられる) スランプグラフや他者から設定が推測しにくいが子役確率の差や設定示唆も豊富であり、かつ高確移行に大きな設定差があると感じるため打ち手には設定がある程度伝わる。 判別しやすい。 コイン持ちが良く、初代絆の感覚でコインを入れるとクレジットが溢れるなんてこともしばしば。 良くも悪くも作り、情報開示が丁寧。 初代のように手探りで自分の知識が増えていくような感覚は味わえない。 (初代の絆が流行ったキモはここだと思ってます。 ) 悪いところ 前作はAT中やBC中にナビなしでリプレイORレア役だったのでウエイト中の一瞬の時間が好きだったのだが今作は頻繁にハズレ(ベルこぼし)が来るため楽しめない。 ボタンやリールの感触がまんま叛逆。 なんというか打感が悪い。 絆っぽくない。 天井ATからは1500枚強で終了することがほとんど。 それ以外でも2400枚上限はあるのでストックが目に見えていても、ワイルドアイズが流れていてもエンディングで終了。 6号機なので仕方のないことなのだけれど。 低設定は事故が少なそう。 リーマンが仕事帰りに打つにはハイエナ以外厳しいってのは変わらなそう。 どうせ1ならリゼロとか青鬼みたいなワンチャン台の方が良いって人も多そう。 0Gから打つなら閉店2時間前がリミット。 それ以降は大きく損をする可能性が高いです。 シナリオ後半はなんとなくデキレ感有り。 良シナリオ=継続しているだけ。 という話なのかもしれないが 前作と比較すると自分で継続させてる感がやや薄い。 有利区間の仕様上、朧のモード示唆はほとんど使えないのでは?と現状予想。 となると高設定以外のヤメ時はやはり0Gか、せいぜい1回目の朧BC示唆確認後になる(?) 5号機時代に比べれば設定はわかりやすいが、それでもリゼロ、北斗をはじめとする他の6号機に比べて示唆や確定も出にくい。 =リスクが大きい エピソードBC、7スルーは恩恵有り? ここはまだ解析として出ていない部分ではありますが、自分の台と周りの台の挙動を見ていてこのあたりは恩恵があるのではないか?と感じております。 前作のモードNみたいな? また、BCスルー回数を重ねるほど低設定でも突入率が高くなる。 というのはほぼ確実だと思っています。 高設定の挙動 こちらもまだ解析は出ていませんが、高設定濃厚のデータを見ても有利区間800Gハマり(実質天井)はそれなりの確率で起こるようです。 前作の絆同様、高確とモード、チャンス目が設定差の大きなウエイトを占めているような感覚です。 そこを軸に子役確率、AT中などにも少しずつ設定差が振り分けられているので示唆待ちというよりも前作同様に総合的に判断する台でしょう。 高確状態とモードの関係でBC間ハマりはやはり少ないようです。 サンプルがまだまだ少ないですが全6濃厚のデータを集計したところ、 BTまでの平均BC回数は2. 3回でした。 現状の個人的ハイエナボーダー たぶんもっと浅くから狙えるけど、自分一人では回しきれないほど拾える回数が多かったので現状は状態不問(bc回数不問、前任者の設定判別とモード示唆不明)なら400G~ スルー回数は3回以降としています。 新台期間はかなり設定に甘えられるので2スルーでも十分かも。 他の6号機が優秀な時代ですのであくまで私はこれぐらいで立ち回ってますって話です。 0円から~で良ければもっと浅くて大丈夫かな?(平均設定が高すぎて純粋な下のデータ収集の方がやりにくいなんていう異常事態です。 ) ホールも気合入ってるということなので嬉しい限りではありますが、初代ほどのバブル(長期稼働)は起きなそうな印象です。 果たして設定が落ちてくる今後どうなるのやら。 楽しみです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 応援してくれる人はポチッとしてくれるとさらに頑張れます。 スポンサーリンク suromiya.

次の