ハイ キュー ネタバレ 379。 『ハイキュー!!』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ワンピース977話ネタバレ確定!ローの計画と鬼ヶ島の正門制圧

ハイ キュー ネタバレ 379

スポンサーリンク 及川の金言 古舘春一「ハイキュー」374話より引用 得点は14-14の同点となります。 ビーチバレーでは風や日光などの環境に左右されやすい競技のため、コートチェンジが頻繁に行われます。 やはり高いトスは風の影響を受けやすいから打ち辛いようです。 レシーブが遅かったりスパイカーの攻撃態勢ができていないと、そのしわ寄せでトスを高く上げざるを得ません そうならないためには攻撃態勢を早く取ることで、理想は砂に足を取られて倒れないことです。 その日向をチラ見しながら及川は、相変わらずイヤな存在感だと思いつつ、スキアリッとツーアタックで相手コートにボールを落とします。 ぐぬぬのガブリエルたち。 得点が決まり高笑いする及川。 逆サイドにドンピシャでツーを決めた及川は実は背中にも目があるぞと日向をからかいながらも、「相手を見る」だけでなく「相手にどう見られているか」も計算することが大事だと話します。 1プレーごとに上手になる日向&及川ペアにガブリエルたちも戸惑いを隠せません。 及川の挑戦はさらに続きます。 今度は「チャレンジャーッ!!」と叫びつつ、ライト方面からの移動攻撃を仕掛けます。 古舘春一「ハイキュー」374話より引用 ビックリした日向は慌てながらも及川の位置を確認しつつ、風の動きを踏まえて高さと距離に注意して自分もチャレンジャーだと言わんばかりにバックトスを上げるのでした。 ビーチは2人だからボールにいっぱい触れるから、色々しなければ勿体ないと笑顔で答え、日向は「及川さん強えー!!」もう叫ぶことしかできません。 そして試合は見事に日向たちが勝利をするのでした。 スポンサーリンク 日向をライバル視する 古舘春一「ハイキュー」374話より引用 試合が終了してガブリエルたちに自分はインドアのプロだと答える及川の立場もあり、最後は4人で食事をする日向たち。 そして及川もリオでの滞在が終わり日向との別れになります。 「チビちゃん」と言いそうになりますが、改めて「ショーヨー」て日向に対して言葉をかける及川。 感極まりウルっときた日向。 古舘春一「ハイキュー」374話より引用 自分も初心に戻れてリフレッシュできたと及川は礼を言いつつも、日向が2年後日本に戻ることを確認し、全員倒すから覚悟しておけ、と宣言するのでした。 倒すべき相手に自分も対象であることに無自覚な日向でしたが、またネと再会を予想しながら笑顔で及川は去って行きました。 スポンサーリンク ハイキュー!!ネタバレ374-375話のまとめ 時系列的には分かりにくい感じもありましたが、及川との再会は日向がブラジルに渡って程なくしてのようです。 この時の試合がこの後の日向のモチベーションに繋がったかと思うと、早いタイミングで出会えたのは幸運でしたね。 1プレーごとに進化する日向&及川ペアでしたが、どちらかというと及川が日向を引っ張っていくような印象でした。 インドアとジャンルは違えどやはりプロだけのことはあります。 一つのプレーごとの及川の言動に日向がはっとする場面を見ると、プロとアマの意識の違いを感じました。 古舘春一「ハイキュー」374話より引用 別れのシーンでは及川に下の名前で呼ばれるようになり、ついにライバルに昇格した感のある日向。 「全員倒す」の及川のセリフの真意が日向は読み取れなかったようですが、これは高校時代の日向と影山の関係のように「お互いに負けたくない」という気持ちの表れでしょう。 ラストでようやく出てきた「ninja」の称号。 いよいよ次回からブラジル編の本格始動になりそうです。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』388

ハイ キュー ネタバレ 379

スポンサーリンク 廊下でフル出演 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 会場の大型ポスターを見ただけで涙を流すのは烏野高校バレー部顧問の武田先生です。 その隣には髪を染めるのをやめた鵜養コーチもいます。 今日は生徒たちと一緒に試合観戦に来たようで、部員たちは生影山に生ウシワカだと興奮しています。 その影山は日向と因縁のトイレでの会話が続き、安い挑発に思わず手が出ます。 腕相撲でも負けないと強気の日向。 そこに宮侑がうちのスパイカーに喧嘩うらんといてー、と顔を出してきます。 喧嘩を買っただけですと答える影山。 しかし「買った」という言葉に今度は木兎が参戦。 矢継ぎ早な質問に宮侑はもうウンザリしています。 すると廊下の騒ぎが気になりウシジマまで現れると、日向に対して今日は負けないと戦線布告。 カオスはまだ続きます。 大きな声で日向を呼ぶ星海が登場しました。 「~~」とまた面倒なのがという表情の宮侑。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 MSBYの選手プロフィールを見ていながら日向に身長を聞く星海は、1cmだけですが高いことに「勝った!」と得意満面です。 改めて稲荷崎高校時代に的確なツッコミを入れてくれたアランの有り難みを感じる宮侑。 空の向こうで爽やかな笑顔をイメージさせるアランは、やはりVリーグのレッドファルコン所属のプロ選手になりましたが、チームメイトと今ひとつギャグの会話が噛み合わず少し寂しそうです。 そろそろ廊下が騒がしくなるころ、最後にMSBYの控え室から佐久早が覗き込むようにドアを開けてきました。 これだけ個性的なキャラが集まると収集がつかず、佐久早に今は渋滞中たがらインターバルの時間をくれとボケますがお構い無しに出てきます。 予防接種は済んだとドヤ顔のウシワカに対して、佐久早は昨年の大学時代にボコボコにされた黒鷲旗大会の借りを返すとリベンジを誓います。 佐久早の言葉は刺々しいウニかいなと宮侑のまたもボケますが、その場にいる誰からもツッコミはなくて滑りまくり。 とうとう日向の褒め言葉すら気遣い止めてと、心が折れてしまいそうです 笑。 スポンサーリンク たぁ~なぁ~か!!三国一の幸せ者(笑)! 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 烏野OBが続々集合してきました。 鉄道会社勤務の木下。 不動産会社勤務の成田はメガネをかけたようです。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 この時代のキャプテン木下は来場できませんが理学療法士として取り組んでいます。 同じくOBの時田、庄司、八乙女。 しかし驚くべきは次の光景でした・ 「!!!ぐあああっっ」 何と田中と清水が結婚をしていたのです。 田中はスポーツインストラクター。 清水ではなく田中夫人はスポーツ店の店員で働いているようです。 久しぶりの再会に盛り上がります。 そして東峰が西谷の消息を語ろうとする時、会場のライトが落ちるのでした。 スポンサーリンク いざ尋常に!待ったなし! 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 まずは選手の紹介が始まります。 ど派手な演出に大音響の中、この試合はホームであるシュヴァイデンアドラーズの最初はキャプテンである背番号2の昼神福郎からです。 鴎台高校で星海のチームメイトだった昼神の兄です。 かつて「不動の昼神」と呼ばれた弟は、現在は獣医学部の5年生で実習の真っ最中でした。 そしてウシワカに星海。 さらに影山が登場すると、菅原が感動のあまりに泣き出してしまいます。 続いてMSBYの紹介です。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 アウェイ扱いなのでヌルッと出ればいいと思っていましたが、木兎は自らの背番号を紹介しバク転で登場すると、会場を爆笑の渦に巻き込みます。 これを見て、オレもオレもと駆け出そうとした宮侑と日向ですが、ガチ切れした佐久早に止められます。 それでも遂に登場した日向に湧き上がる烏野OB、OGたち。 号泣しながら声援を送る田中の声が、日向にもどうやら届いたようです。 日向は影山の髪型のマネをしながら地元の青葉ジュニアと伊達エンジェルスの子供達と一緒にコートへと入場します。 影山がキッズの光景に菅原は保護者のようにまたもや涙。 そしてウシワカには元チームメイトの2人がヤンヤの声援を送ります。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 公務員でバンドマンの瀬見。 スポーツ店勤務ながらD3でバレーを続ける獅音がいました。 会場が拍手に包まれる中、ネットを挟んで日向と影山が握手。 これから長い戦いが始まるのでした。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ379-380話のまとめ これまた情報量が多過ぎる回となりました。 最初に登場したのは武田先生。 あの春高から月日が経ちますが異動も無かったようです。 その隣は誰かと思いましたが鵜養コーチでした。 次にプロ同士のやり取りも面白いです。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 最後に出てきた佐久早。 マスクは高校時代から変わらないようで、もはやルーティーンです。 ウシワカとの会話から昨年度まで佐久早は大学生だったようです。 プロに入り早々、レギュラーを確保している辺りは流石元「全国三大エース」です。 残る1人の桐生も恐らくプロ選手でしょう。 そして五本指のアランもやはりプロに進んでいました。 古舘春一「ハイキュー」379話より引用 最後の驚いたのは潔子さん!! まさかの「田中潔子」でした。 髪を切りコンタクトにしたため、印象がガラリと変わりました。 屈託の無い笑顔は田中の姉:冴子の影響? 田中がまだ慣れないと思っているあたり新婚さんのようです。 潔子さんの服装を見ると学生時代のコンプレックスだった黒タイツはもうありません。 割と緩めの服装を着用しているのは深読みすると、まさかの展開は無いでしょうね? 2人のエピソードといえば、田中が清水に対して初対面プロポーズで撃沈されたことと、鴎台戦の最後に田中が清水の荷物を持っただけというのに、随分と飛ばしてきました。 ところで叶歌ちゃんは? この2人だけで外伝が1冊作れそうな勢いです。 その田中夫婦を見るのが辛いのか、烏野関係者が集合する中、まだ未登場の西谷。 まさに「西谷ロス」状態ですが、東峰はどうやら行方を知っているようです。 プロであれば嬉しいのですが、実は着ぐるみのアド郎の中に入っていたりして。 どうでしょう?.

次の

ハイキュー379話ネタバレ!烏野メンバー続々集合!田中と潔子が結婚も!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイ キュー ネタバレ 379

最後の勝負に全てを賭ける 3人対3人の直接対決 隊長同士の一騎打ちは二宮に軍配が上がり、これでB級ランク戦 ROUND8、最終戦は残り2部隊、二宮隊と玉狛第2の直接対決となります。 空閑が遠くから緊急脱出(ベイルアウト)する弓場を見つめています。 二宮が打ち上げた追尾弾(ハウンド)は、じつは高度に差をつけてあり、さらに時間差で弓場に降ってくる弾が作られていたようです。 これは、ROUND7のヒュースの時間差射撃を屋外限定で発展させた技のようです。 二宮に落とされてしまい、一人ため息をつく弓場です。 バックワームで身を隠す玉狛第2に対して、二宮隊は3人揃って堂々と姿をさらしており「撃ってこいよ」、と言わんばかりです。 さらに二宮は炸裂弾(メテオラ)で建物を爆破していきます。 出水は烏丸に、玉狛第2は元々どんな作戦を立てていたか聞きます。 すると烏丸は、雨取とヒュースが組んでの火力戦、空閑とヒュースが組んでの連携だと答えます。 しかしヒュースはおらず、三雲がヒュース役をこなすことになりますが、木虎はワイヤー陣も炸裂弾(メテオラ)持ちの二宮とは相性が悪く、何より技術と経験に差がありすぎて厳しいんじゃ…、と言います。 烏丸は三雲が一番よくわかっていると言いますが…。 そもそも追尾弾(ハウンド)は常に相手を追尾しているわけではなく、追尾性能が強いところと弱いところを設定して使うようで、その強弱で山なりの弾道で攻撃が出来るようです。 強化追尾弾(ホーネット)はこの追尾性能が強化されていて、追尾弾(ハウンド)では曲がり切れないような角度でより鋭くターゲットを追うことが可能になっています。 さらに二宮は追尾性能の強弱と射出方向の調整を加えて、非常に躱されづらい攻撃にしています。 そして二宮の怖いところはその合成弾すら「見せ技」にして、相手をコントロールし本命の辻で仕留めるような使い方をしているようです。 解説席の王子はA級のころの「火力でゴリ押し」の感じより、ことチーム戦においてはB級に落ちた今の二宮の方がずっと手強い、と評価します。 それに対して烏丸は、ビルの陰になって視線誘導が切れたんじゃないすか?っとトボけた感じで答えます。 三雲の作戦は果たして、どのような作戦でしょうか。 2話掲載していて、すぐに続きが読めるので嬉しいです。 隊長同士の一騎打ちが終わった後は、一転して試合は膠着した状態になります。 二宮隊は姿をさらして待ち構えている一方、玉狛第2はバッグワームで身を隠して移動しています。 最後に雨取が位置につきましたと言っているところから、三雲は何かの作戦を立てて二宮隊に勝負を仕掛けるようです。 183話で三雲が予想した通り二宮は1対1で勝負してくるか?また、そのような1対1の状況を織り込んだ作戦になっているのか、B級ランク戦 ROUND8 最終戦、目が離せません。

次の