平成31年 十円玉 価値。 平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

1円玉が200万円に化ける!?貴方の財布の中にもあるかもしれない高価値のコイン

平成31年 十円玉 価値

「平成31年」貨幣セット販売 今年4月末に今上天皇陛下のご譲位により、平成が終わります。 ということは「平成31年度」の貨幣も4月の末日をもってなくなるということですね。 独立行政法人造幣局は、平成31年の硬貨6種類を組み合わせた貨幣セットを販売し、人気が沸騰しています。 その人気はコレクターだけにとどまらず、マニア以外の一般の人たちも「平成の記念」にと買い求める人も多く、既に品薄な状態になっています。 現在、造幣局のオンラインショップでは、「ミントセット(2,000円)」が販売されているのみという好評ぶりです。 ミントセットは、平成31年銘の未使用硬貨500円から100円、50円、10円、5円、1円までの6種類の通常硬貨と丹銅性の銘板の1枚を加え、専用の化粧箱に入れたセットです。 貨幣セットとしては、最も古いものです。 今回も、31年の干支、猪と己亥(つちのい)の文字が入っています。 こちらも一時は、入手困難でしたが、好評につき3月1日から通信販売の申し込み受付を再開しました。 造幣局では、申込者全員が受け取れるように製造するとのことです。 さて、ここで気になるのが今後、この平成硬貨にどの位のプレミアムが付くのかですが、すでにインターネットのオークションサイトやフリーマーケットでは、売り切れたセットが10倍程度の高値で取引されているケースもみられます。 昭和64年硬貨との比較 皆さんは「昭和64年」があったことをご存知でしょうか。 というのも、この昭和64年はわずか7日間しかなかったからです。 では、この時は硬貨は発行されなかったのかとういとそんなことはありません。 50円硬貨と100円硬貨は発行されませんでしたが、他の硬貨はちゃんと市場に出回っていました。 わずか一週間しか発行されなかった硬貨ですから、かなりのプレミアムがついているだろうと期待してしまいますが、現実はそうでもないようです。 貨幣の多くは、貨幣本来の価値と同じ値段で取引される場合が多いのです。 昭和64年の硬貨もこの例にもれず、高いプレミアム価格が付くことはありませんでした。 「平成31年硬貨」のセットと「昭和64年硬貨」のセット(50円、100円硬貨なし)を比較すると、今のところは「平成硬貨セット」の方が高値で取引されていると言えます。 ただし、今迄の例から考えると、ずっとプレミアム価格が続くのかは、判断が難しいところです。 平成31年硬貨の流通量予想 財務省の貨幣製造計画を見ると、平成29年度の硬貨製造量「1,150,480千枚」に対して、平成30年度が「1,122,893千枚」となっています。 このことから、硬貨の製造量は、ほぼ29年度と同じですので、31年度として、硬貨が発行されることは間違いないでしょう。 単純にこの枚数を12で割ると、「93,607千枚」となります。 4か月分(1月~4月末)ということは、「約300,000千枚」が発行されると予想されます。 最も多く発行されるのが、100円硬貨で「544,896千枚」ついで10円硬貨の「290,000千枚」、そして500円の「239,000千枚」となっています。 (50円、5円、1円は少量のため省略します。 この3つの硬貨だけでみると、希少価値が一番あるのは500円硬貨だといえるでしょう。 まとめ 今回の平成31年硬貨は、昭和天皇の時の崩御と違い、生前のご譲位ということで、ある意味おめでたい硬貨といえます。 その意味では、プレミアム価格が続く可能性もありますが、コレクターがどこに価値を見るかによっても大きく変わってくるでしょう。 光格天皇以来、200年ぶりのご譲位というおめでたい硬貨ですから、転売ではなく大切に保管しておくのもいいかもしれませんね。

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

平成31年 十円玉 価値

mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 国会議事堂、唐草/鳩、梅花 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 4. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 稲穂、歯車、水/双葉 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 3. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 稲稲穂、歯車、水/双葉 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 3. 75g 発行年 昭和34年〜 発行枚数や価格目安など一覧表 年号(西暦) 価格目安 発行枚数(枚) 完未 未使用 美品 並品 昭和34年(1959) 4,000 1,000 150 70 33,000,000 昭和35年(1960) 3,500 1,000 100 60 34,800,000 昭和36年(1961) 2,500 800 80 50 61,000,000 昭和37年(1962) 2,000 600 70 40 126,700,000 昭和38年(1963) 1,500 500 60 30 171,800,000 昭和39年(1964) 1,000 500 60 30 379,700,000 昭和40年(1965) 800 400 60 30 384,200,000 昭和41年(1966) 800 400 60 30 163,100,000 昭和42年(1967) 1,000 500 150 70 26,000,000 昭和43年(1968) 600 300 70 40 114,000,000 昭和44年(1969) 500 250 - - 240,000,000 昭和45年(1970) 500 250 - - 340,000,000 昭和46年(1971) 400 200 - - 362,050,000 昭和47年(1972) 300 150 - - 562,950,000 昭和48年(1973) 300 150 - - 745,000,000 昭和49年(1974) 200 100 - - 950,000,000 昭和50年(1975) 200 100 - - 970,000,000 昭和51年(1976) 300 150 - - 200,000,000 昭和52年(1977) 200 100 - - 340,000,000 昭和53年(1978) 200 100 - - 318,000,000 昭和54年(1979) 200 100 - - 317,000,00 昭和55年(1980) 200 100 - - 385,000,000 昭和56年(1981) 500 300 - - 95,000,000 昭和57年(1982) 200 100 - - 455,000,000 昭和58年(1983) 200 100 - - 410,000,000 昭和59年(1984) 300 100 - - 202,850,000 昭和60年(1985) 300 200 - - 153,150,000 昭和61年(1986) 500 300 - - 113,960,000 昭和62年(1987) 100 50 - - 631,775,000 昭和63年(1988) 100 50 - - 369,120,000 昭和64年(1989) 150 100 50 - 67,332,000 平成元年(1989) 100 - - - 960,660,000 平成2年(1990) 100 - - - 520,953,000 平成3年(1991) 100 - - - 517,120,000 平成4年(1992) 100 - - - 301,130,000 平成5年(1993) 100 - - - 413,240,000 平成6年(1994) 200 - - - 197,767,000 平成7年(1995) 100 - - - 351,874,000 平成8年(1996) 100 - - - 207,213,000 平成9年(1997) 100 - - - 239,086,000 平成10年(1998) 100 - - - 172,612,000 平成11年(1999) 100 - - - 60,130,000 平成12年(2000) 700 500 200 100 9,030,000 平成13年(2001) 200 100 - - 78,025,000 平成14年(2002) 100 - - - 143,662,000 平成15年(2003) 100 - - - 102,406,000 平成16年(2004) 200 100 - - 70,903,000 平成17年(2005) 600 400 200 100 16,029,000 平成18年(2006) 700 500 200 100 9,594,000 平成19年(2007) 1,000 500 200 100 9,904,000 平成20年(2008) 700 500 200 100 9,811,000 平成21年(2009) 1,500 1,000 400 200 4,003,000 平成22年(2010) 5,000 4,000 3,000 2,000 510,000 平成23年(2011) 5,000 4,000 3,000 2,000 456,000 平成24年(2012) 5,000 4,000 3,000 2,000 659,000 平成25年(2013) 5,000 4,000 3,000 2,000 554,000 平成26年(2014) 100 - - - 87,538,000 平成27年(2015) 100 - - - 105,004,000 平成28年(2016) 30,000,000 5円玉で価値の高い年代は? 昭和23年・24年に発行された「穴なしの黄銅貨」では、発行からの経過年数や、発行枚数の少なさから、並品でも 貨幣価値の10〜20倍という評価がされています。 穴のない5円玉に出会ったら、即キープですね! 昭和24年〜33年まで発行された「穴ありの黄銅貨(楷書体)」、こちらも、全ての年代で貨幣価値超えの評価がされています。 中でも昭和32年に発行された5円玉は高く評価されており、 並品で貨幣価値の50倍・250円という相場感となっています。 この年代の5円玉は、楷書体で文字が描かれているので、楷書体に出会ったらキープしておくようにしましょう。 昭和34年から発行された「現行の黄銅貨(ゴシック体)」では、年ごとの発行枚数によって価値が二分しています。 評価されている年代は、ある程度まとまっているので、覚えておくと良いかもしれません。 本来の貨幣価値より高く評価されているのは、 昭和34〜43年、平成12年、平成17〜25年の5円玉達です。 比較的最近のものでも高評価を得ていますが、発行枚数が100万枚以下という少なさなので、なかなか出会うのは難しそうです。 【関連】 古くなくても高評価な5円玉!? お気づきかもしれませんが、最近の5円玉でも、高い価格で取引されている年代があります。 それが、 平成22〜25年の5円玉で、いずれも並品で2,000円という高評価を得ています。 これは、でも同じ傾向がありました。 発行枚数を確認してみると、歴代のどの年代よりも少なく、平成23年にいたっては46万枚弱という少なさとなっています。 かなり少ない枚数なので、もしこれらの年代の5円玉に遭遇したら、是非キープしておきたいものです。 高価値な5円玉まとめ• 昭和23年,24年(並品 100円、50円)• 昭和24〜33年(並品 30〜250円)• 昭和34〜43年(並品 30〜70円)• 平成12年(並品 100円)• 平成17〜21年(並品 100〜200円)• 平成22〜25年(並品 各2,000円) 【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に 記念貨幣(硬貨)を買い取ってもらおうと決めた時、あなたはどこで買取査定をしてもらうでしょうか?すぐに思いつくのは、お住まい付近の買取ショップ、またはチラシが入ってきた地域の買取業者ではないかなと思います。 すぐに足を運べる場所なのでつい選びがちですが.... その選択、ちょっとお待ち下さい!! 当サイト独自に行なった 「古銭買取経験のある方への満足度調査」によると、多くの方が地域の買取業者・店舗を利用されていました。 しかしその中には多く不満を抱く回答も多く、次は「ネット買取業者を利用したい」という声が多数上がりました。 買取店も商売でやっていますから、少しでもお店の利益を増やそうとしたら「査定額を抑えようとする」のは当然の考えです(悪意があるいのではなく、商売を成り立たせるためにはごくごく普通の思考なのです)。 素人の我々にはわからないように、自然と話を進めますので注意しましょう。 とはいえ、注意したほうが良いと言われても難しいですよね。 そこで、「少しでも買取査定を高くする方法」を、次でお伝えしたいと思います。 ではどうすればそうならないか?もうお分かりですね。 「複数の業者に査定依頼をする」つまり、世間一般で言う「相見積り」をとることが高額査定する上でも重要ということです。 今回は、「相見積り」のとり方で2パターンご紹介しますので是非参考にしてみてください。 ネット業者による見積もりを事前に得ているので、地域の店舗に行った際にも事前情報が入っているため、また既に1社の査定を手に入れているので、不当に安く買い叩かれる心配が少なくなります。 見積もりは、当サイトでピックアップしているネット買取業者が安心です。 既に多くの実績がある他、販売網も確立しているため査定額も期待できます。

次の

【令和】新元号の硬貨はいつできる?H31の硬貨は取っとくべきか調査

平成31年 十円玉 価値

硬貨の価値について では、まず硬貨の価値について述べていこう。 付加価値のつく硬貨というのはどういうものなのかを事前に知っておくと、硬貨を売るときに役に立つだろう。 初歩的な知識をここで押さえておくといいだろう。 歴史的価値、美術品としての価値が付く場合がある この硬貨の価値として 付加価値というのを押さえておくといい。 硬貨のなかでも、ここで取り上げている1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の小銭は、市場では基本的な価値つまり、1円なら1円の価値があるわけだが、売れる硬貨や貨幣というのはそれ以上の価値があるため中古市場などで売れるのである。 とくに硬貨や貨幣でよく 高額査定になるのが 古銭などの古い硬貨や貨幣。 このような硬貨は歴史的価値や貨幣としての価値はなくとも、美術品としての価値はある。 そのような硬貨は 高値で売れる。 希少価値で大体の硬貨価値は決まる 上記で 付加価値のことについて述べてきたわけだが、その付加価値は歴史的価値や美術品としての価値は付加価値として大事だが、 売れる金額に大きく影響する価値としては、やはり 希少価値になる。 いくら、歴史的価値、美術品としての価値がある硬貨があっても大量にある硬貨であれば、さほど価値はない。 基本的に数の少ない硬貨が高額で売れる傾向にあるのだ。 そのような希少な硬貨は手間や時間をかけて製造されるものが多いため、 美術品としての価値が付くことが多いのである。 基本的には数の少ない硬貨は希少価値がつくので、 高額で売れるのである。 大体の硬貨の価値はこの希少価値で決まる。 ここで取り上げている1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の価値は希少価値によって、高額で売れているものなので押さえておこう 使用されている素材によっても硬貨の価値は決まる また、ここで取り上げる1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の硬貨には、あまり関係ないが、古銭などの場合、金や銀、また銅などの 希少な素材で製造されている硬貨がある。 このような希少な素材でできている硬貨はその素材自体にも価値があるので、 大きさや重さで査定されることも多い。 素材自体に価値があることもある。 記念硬貨の価値も高い また、ここで取り上げる1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の硬貨のなかでも、 記念硬貨というものがある。 オリンピックや国の生誕何周年を祝う硬貨など世界には多数ある。 このような記念で作られる硬貨も価値が高いようだ。 どこで売れるのか? 上記では簡単にではあるが、硬貨がどこで売れるのかという点について述べてきた。 次は、このような硬貨が どこで売れるのかについて述べておこう。 硬貨や貨幣を買い取っている業者で売る このような硬貨や貨幣がどこで売れるのかだが、簡単にいえば、そのような 硬貨や貨幣を買い取っている業者がある。 例えば、 骨董品屋、 古美術品を扱う業者、 質屋、 総合リサイクルショップ、硬貨を専門とする 業者買取などがある。 ネット検索をしてみればすぐにみつかあるのでリサーチしておくといいだろう。 また、 業者での買取では知識のあるスタッフが査定をしてくれるので、安値で売ってしまうケースも少ないので 安心して売ることができるだろう。 だが、業者によっては買い叩かれることもあるので、業者選びは 慎重しよう。 業者選びのポイントは口コミや業者のサービスをじっくりリサーチして、 なるべく多くの業者の情報を知ることが大事だ。 そのなかで、信頼のできる業者を選んで売るといいだろう。 フリマアプリやネットオークションで売ることも主流 上記で述べたような業者で売るという方法もいいが、今は フリマアプリやネットオークションなどのネットサービスを利用して売ることも主流になりつつあるので、このような売却も検討すべきだろう。 とくに ヤフオクなどのネットオークションサイトでは、古銭や貨幣などのコレクションを出品している人は多く、高額で売れているようだ。 相場も高いのでネットサービスを利用して売る人は多い。 参考: 硬貨を売るならヒカカク!で賢く一括査定申込み オークションサイトやフリマアプリなどを使うのは面倒、取引の際のトラブルも不安。 「ヒカカク!」は楽に高く売りたい時、様々な買取業者の買取価格を比較できる相場情報サイトだ。 上記では、硬貨を売る方法として、買取業者やフリマアプリ、オークションサイトなどを紹介してきたが、本当に 高価買取を実現させたいのであれば、これらの手段を複合的に組み合わせたり、買取業者を複数利用してもっとも高い値段を提示してくれた店に売ったりすることがおすすめだ。 ただ、上記のような手段は、手間も時間もかかり、多忙な人には合わない。 そこで「ヒカカク!」の 買取業者一括査定依頼サービスをおすすめしたい。 から、無料で複数の買取業者へ査定依頼ができる。 硬貨の買取を考えている人はぜひ利用してみてほしい。 高額査定が期待できる希少価値の高い硬貨とは では、ここで1円、5円、10円、50円、100円、500円玉で 高く売れる希少価値の高い硬貨を紹介していこう。 それぞれの硬貨でどのような硬貨が高く売れるのかを知っておこう。 ここでは、造幣局の年銘別貨幣製造枚数を参考にして紹介する。 造幣局URL: 年銘別貨幣製造枚数 1円の希少価値が高い年代• 昭和64年… 116,100 製造枚数• 平成12年… 12,026 製造枚数• 平成13年… 8,024 製造枚数• 平成14年… 9,667 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• 1円は比較的、最近のものがあまり製造されていなく、とくに 平成23〜25年の1円は発行されている枚数が少ないので、価値があるようだ。 昭和64年のものはわずか一週間ほどしかない年代ということもあり、希少価値は高い。 5円の希少価値が高い年代• 昭和23年~24年 無孔 穴なし• 昭和25年~28年 昭和32年~33年 楷書体 5フデ• 平成22年… 510 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• この5円は 5フデと言われる、5円玉の書体が筆で書かれたような書体のものが高い価値がある、また、 昭和23〜24年までの穴なし5円も希少価値は高いので押さえておこう。 10円の希少価値が高い年代• 昭和32年 ギザ付き… 50,000 製造枚数• 昭和33年 ギザ付き… 25,000 製造枚数• 昭和61年 ギザなし… 68,960 製造枚数• だが、このギザ10はすべてのギザ10が高価値というものではない。 そのなかでも 昭和32年〜33年のギザ10は枚数が少ないので、この年代のギザ10が人気なのである。 50円の希少価値が高い年代• 昭和33年 無孔 穴なし … 18,000 製造枚数• 昭和60年… 10,150 製造枚数• 昭和61年… 9,960 製造枚数• 昭和62年… 775 製造枚数• 平成22年… 510 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• 平成25年… 554 製造枚数• 平成26年… 7538 製造枚数• また 昭和33年の穴なしのものも高い価値がある。 100円の希少価値が高い年代• 昭和32~33年 銀紙幣 鳳凰• 昭和34~42年 銀紙幣 稲穂• 昭和36年… 15,000 製造枚数• 昭和39年… 10,000 製造枚数• 平成13年… 8,024 製造枚数• 平成14年… 10,667 製造枚数 100円は、昔の 銀紙幣時代のものがやはり価値がある。 現在、 金、銀、プラチナは価値が年々上がってきているので、今後も価値があがる可能性もあるだろう。 最近のものでは 平成13年〜14年の100円が希少なので押さえておくといい。 500円の希少価値が高い年代• 昭和62年… 2,775• そのなかでも 昭和62年と一週間で終わった 昭和64年のものは価値がある。 まとめ 本コラムでは、1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の希少価値が高い硬貨を紹介してきた。 ここで紹介したように、1円、5円、10円、50円、100円、500円玉それぞれで価値の高い 年代がある。 それはこのような硬貨に 価値を感じ収集しているコレクターという存在がいるからだ。 ただ、このコレクターも少なくなってきており、今後も価値を保っていける市場なのかはわからない。 なので、このような硬貨を売る場合には、 慎重にリサーチをして判断したほうがいい。 その上で本コラムのポイントや情報を参考にしてほしい。 参考:• 参考:.

次の