積木 くずし。 高部知子の現在は?『積木くずし』の娘役・わらべの長女で活躍!

渡辺典子

積木 くずし

来歴 [ ] 、の病院にて誕生。 2歳の時に職員の父の転勤に伴い中流域のに転居する。 その後も9年間になど大野川流域を2回転居して大分市に戻る。 、第6回の九州地区代表に選ばれ、決勝まで進出し、の「」を歌ったが合格とはならず、審査員奨励賞を受賞。 4月、監督の映画『』のヒロインオーディションを兼ねたポストを決める「大型新人女優募集」で九州代表となり、応募総数57,480名から勝ち残った16名での本選(決勝)の中からグランプリを受賞し、芸能界デビュー。 以後、薬師丸ひろ子とと共に「」と呼ばれるようになり、の角川映画を担う存在となる。 この時、通っていた から 、へ編入。 、齋藤監督の『』にて当初はテレビドラマ版と同じ娘役としてが演じることになっていたが、によって降板したため、急遽代役として起用された。 当時のアイドルにありがちな優等生のような振る舞いの演技から脱却し、赤裸々な演技によって急速に頭角を現し 、新人俳優賞を受賞する。 には前年大ヒットした同名の角川映画を、監督によってドラマ化された『』でテレビドラマ初主演を飾る。 また、「」で歌手としてもデビュー。 その後も同じ赤川次郎原作の映画「」に連続で主演、当映画主題歌の「」も担当し好印象を残す。 、監督『』でヨコハマ映画祭の助演女優賞を受賞。 また、大林監督の「」、監督の「カムイの剣」、「火の鳥・鳳凰編」など、角川アニメの主題歌を多数担当し、透明でのびやかな美声を高らかに披露。 1986年に映画『』の主演が決定されていたが、きわどいヌードシーンがあるということで辞退。 同じ頃、デビュー以来所属していたから独立し、角川映画を離れることになる。 その後は、『』、NHK 大河ドラマ『』、TBS『』、『』、テレビ東京『』などのテレビドラマや映画で膨大な数の作品に参加している。 略年譜 [ ]• 7月22日、の病院にて誕生。 2歳の時に大分県大分市に転居。 、第6回の九州地区代表に選ばれ、決勝まで進出し、審査員奨励賞を受賞。 4月、映画『』のオーディションを兼ねた「大型新人女優募集」にてグランプリを受賞し芸能界デビュー。 (16歳)• 12月、映画『伊賀忍法帖』が公開。 (17歳)• 10月、映画『』で不良少女役のヒロインに抜擢。 (18歳)• 1月、『』でテレビドラマ初主演。 また「」で歌手デビュー。 (18歳)• 2月、『』での演技が評価され、を受賞。 (18歳)• 5月、角川映画からの初の主演映画『』が公開。 さらに当映画の主題歌「」も担当しヒット。 (18歳)• 10月、2作目の主演映画『』が公開。 前作に引き続き主題歌も自身で歌った。 (19歳)• 6月、映画『』が公開。 (19歳)• 4月、映画『』が公開。 (20歳)• 映画『』の主演が決定されていたが辞退。 1月、『彼のオートバイ、彼女の島』の演技が評価され、第8回女優賞を受賞。 (21歳)• 2月、個人事務所「渡辺のり子プロダクション」を設立し、社長就任。 、ティーアーティスト・渡辺典子プロジェクト所属。 、所属。 、プロ野球選手のと結婚し、1女を儲ける。 に離婚。 、「のんちゃんのり弁」に出演。 、所属。 、トゥフロント(てんちどう)所属• 、所属。 1月、に所属。 、NESTと業務提携する。 、と業務提携する。 出演 [ ] 太字は主演。 映画 [ ]• (1982年12月18日公開、) - 篝火 / 右京太夫 / 鬼火 役(三役)• (1983年11月3日公開、) - 穂波由布子 役• (1984年5月26日公開、) - 主演・北里加奈子 役• (1984年10月10日公開、東映) - 主演・守屋敦子 役• (1985年6月15日公開、東映セントラルフィルム) - 主演・寺沢紘子 役• (1986年4月26日公開、東宝) - 沢田冬美 役• (1986年4月26日公開、東宝) - ミドリ 役• (1987年7月4日公開、東映) - 服部さち子 役• (1987年8月1日公開、東宝) - 西里涼子 役• (1988年10月29日公開、) - 坪井志麻子 役• 人間の砂漠(1990年4月28日公開、) - 望月良子 役• 星の降る日(1993年) - 有賀典子 役• (1993年8月21日公開、東映) - 役• (1994年11月19日公開、) - 片瀬かおり 役• (2001年9月22日公開、東映) - 紗綾香の母 役• (2003年12月13日公開、東宝)• (2004年6月12日公開、東宝) - 園部美由紀 役• (2006年11月18日公開、松竹) - 椿山由紀 役• (2008年12月20日公開、松竹) - 竹宮幸子 役• (2016年7月2日公開、東映)• (2020年秋公開) - 「つる家」の客・お満 役(特別出演) テレビドラマ [ ]• (1984年1月8日 - 29日、) - 主演・新井直美 役• (1985年7月27日 - 9月28日、TBS) - 主演・守川しず子 役• 「明日を殺さないで」(1985年10月31日、) - 主演• (1986年6月6日、TBS)• 「ママ母vsママ子! 家出令嬢の課外授業 恋も別れももんじゃ焼!」(1986年8月4日、) - 主演・清原利奈 役• (が演じる予定だったが撮影開始直前に急死したため、を務めた)• 水曜ドラマスペシャル「」(1986年10月22日、TBS) - 亜紀 役• SpecialIII(1987年4月1日、TBS) - 12年後の諏訪いづみ(24歳) 役• ドラマ・女の手記「温泉仲居物語5」(1987年8月17日、) - 主演• 「原宿初恋探偵社」(1987年9月7日、フジテレビ)• '87秋の特別企画ドラマ「のスイートメモリーズ」(1987年9月30日、TBS) - 森村アキ(1960年代の章子) 役• (1987年10月21日 - 1988年1月27日、) - 黒沢翔子 役• 第1624回「毛糸の指輪」(1988年2月21日、TBS) - 清子 役• 芸能生活20周年特別番組「子連れ家政婦アッコさん」(1988年3月25日、フジテレビ)• 「万歳! 奇蹟の赤ちゃん出産 看護婦青春物語」(1988年4月19日、テレビ朝日)• (テレビ東京)• 「東海道本線殺人事件 静岡〜浜松各駅停車の女」(1988年5月30日) - 主演• 「鴬を呼ぶ少年・16年後の犯人」(1989年4月24日)• 「彼女が愛した男」(1991年12月9日) - 主演• 「恐怖のパーティー」(1992年8月31日) - 主演• (1988年9月19日、フジテレビ・)• (テレビ朝日)• 岸辺に立つ女(1988年10月29日)• 「湯けむり指宿温泉・殺意の記念碑」(1993年、) - 麻生規子 役• (2001年1月27日) - 市村麻衣子 役• 3(2002年11月2日)• (2003年9月13日) - 片倉早苗 役• 23(2003年12月20日、ABC制作) - 前田麻美 役• 6 消えた花嫁連続殺人! (2004年3月13日) - 沢村真由美 役• 湘南探偵物語 〜鎌倉逗子、葉山〜(2008年2月16日)- 楠木曜子 役• 9 雨が燃やす紫の炎!! 火の海から女マジシャンを救え!! (2009年4月25日) - 室井都 役• 2(2010年6月5日) - 永井美佐江 役• (日本テレビ)• 「殺人事件」(1988年11月15日) - 主演・浅田市子 役• 「幸福な朝食」(1988年12月27日)• 「魔の視線」(1992年5月5日) - 主演・美佐 役• 「」シリーズ(1992年 - 1995年) - 篠田里香 役• 「6」(2002年) - 三浦千佳 役• 「16」(2004年) - 石山智子 役• 「19」(2004年) - 杉瑞江 役• (1989年、制作) - 望月りえ 役• 「二子玉川、轟酒店」(1989年4月13日 - 5月4日、テレビ朝日)• 「・典子の新婚物語」(1989年4月3日 - 4月6日放送、TBS)• (1989年10月2日 - 1990年3月30日、) - 主演・恵子 役• (1989年10月11日、TBS) - 日疋美樹子 役• 「やわ肌の熱き血汐に」(1990年1月3日、日本テレビ)• 「」(1990年1月7日 - 12月9日、) - 舞妓・お縫 役• (TBS)• (1990年4月23日) - 遠山 役• 8 伊豆海岸殺人ルート (1995年3月27日) - 藤島けい子 役• 草津湯けむりツアー殺人事件(1996年9月23日) - 吉沢敦子 役• シリーズ4 清少納言殺人事件(1998年1月5日) - 嵯峨紫 役• 「赤川次郎スペシャル 忘れられた花嫁」(1990年5月8日、テレビ朝日)• (TBS)• 「」(1990年9月3日 - 11月2日)• 「」(1995年1月4日 - 2月17日) - 主演・森山まき子 役• 「」(1990年12月22日、TBS)• 第72話「お見事、上様の恋指南! 」(1992年、テレビ朝日) - 春姫 役• 第5シリーズ 第3話「狙われた女盗賊」(1993年3月、テレビ朝日) - お辰 役• の2(1991年、テレビ朝日)• (フジテレビ)• 第2シリーズ「」(1991年9月19日) - 岡本さやか 役• 冬の特別編「ロンドンは作られていない」(1992年12月30日)• 第8話(1991年、NHK)• 「虫ケラ一匹ならばこそ、最後の剣舞い」(1991年9月24日、日本テレビ) - お俊・月姫 役• 第12回「海辺にて」(1991年12月24日、TBS) - 主演• 「秘密警察の秘密」(1992年1月22日、) - 主演• 第2回「最後のドラマ」(1992年1月23日、フジテレビ)• 「夏の香り」(1992年、テレビ朝日)• 第2話(1992年4月19日、テレビ朝日)• 「水子霊の囁き」(1992年9月7日、テレビ朝日) - 主演• (1992年、テレビ東京) - 笹原いち 役• (1993年、TBS) - 三沢千秋 役• 第9話「裏切られた女弁護士・不倫の罠」(1993年、テレビ朝日)• 春のかがり火〜箕輪城・戦国の日々〜(1993年3月28日、)• (フジテレビ)• 「腕まくり看護婦物語純情編」(1993年5月14日) - 梶川美鈴 役• 「 金沢湯けむり不倫旅行殺人事件」(1994年4月8日)• 「9」(2000年12月29日) - 水戸律子 役• 「昼下がり社宅奥様捜査隊」(2001年9月14日)• 「4」(2003年) - 鶴田礼子 役• 「17 毎月の脅迫者」(2003年6月13日) - 三沢理絵 役• 「4」(2006年6月9日) - 森口玲子 役• 第8話「仇討ち悲願の旅芝居 -桑名-」(1993年7月5日) - 市川寿々女・おしず 役• 第14話「白鷺城下の恩返し -姫路-」(2003年1月27日) - 綾乃 役• (1994年1月3日、TBS) - 矢島千寿 役• (1994年、TBS) - 高井真由美 役• 第7シリーズ 第11話「死者が歩いてる! 変身願望の罠」(1994年) - 桜井直美 役• 第14シリーズ 第22話(2001年9月5日) - 岡崎直子 役• 「」(1995年、NHK) - 塩野尚子 役• (1995年、テレビ朝日)• (1996年、テレビ東京) - 馬島直治の妻 役• マスク・ド・ママ(1997年、フジテレビ、第9回佳作)• (制作・TBS)• 「」(1997年 - 1998年) - 主演・原小巻 役• のんちゃんのり弁 第1シリーズ(1997年2月3日 - 3月28日)• のんちゃんのり弁 第2シリーズ(1998年6月1日 - 7月31日)• 「」(2005年) - 坂崎悦子 役• 「」(1999年、NHK) - 常盤明子(青年期) 役• (1999年、フジテレビ) - 熊沢晴子 役• (1999年7月12日 - 9月13日、テレビ朝日) - 小山田瞳子(SHU(朝倉周也)の所属事務所のスタッフ) 役• (1999年 - 2000年、テレビ東京) - 屯田美智子 役• 「」 第7話(2000年、テレビ朝日) - 氷室将介の母親 役• 木曜ドラマミステリー「」 第6話(2000年、テレビ朝日)• (2000年7月3日 - 9月22日、東海テレビ) - 主演・倉沢大海 役• (TBS)• (2001年4月23日) - 島崎伊都子 役• 6(2003年4月28日) - 阪口直子 役• IV(2003年6月30日) - 斉藤美津子 役• (2003年) - ヒロコ・アンダーソン 役• 6(2004年) - 村岡なぎさ 役• VI(2006年2月6日) - 沢木瑞穂 役• (2001年10月10日 - 12月12日、日本テレビ) - 野本秀子 役• 第10話「秘密の恋に決着! 」(2001年、TBS) - 矢沢裕子 役• (テレビ朝日)• 「」 第5話(2001年) - 長谷川靖子 役• 「2」(2002年10月10日) - 柴山つかさ 役• 「京都地検の女 第1シリーズ」 第4話(2003年8月14日) - 横山元美 役• 「 第5シリーズ」 第4・5話(2004年5月6・13日) - 木村彩 役• 第3話「津軽の男」(2002年4月13日、フジテレビ) - おふみ 役• 第1話(2002年7月8日 - 9月16日、TBS) - 伊藤亜希子 役• (テレビ東京)• 「昆虫巡査・向坊一美の事件日誌」(2002年8月4日) - 双葉 役• 「3」(2002年12月25日) - 畑山奈美恵 役• 「2」(2003年5月7日) - 大鳥弘美• 「動物病院ドクトル花子の殺人カルテ! 」(2003年10月5日) - 真行寺房枝 役• 「48時間の恐怖」(2004年1月18日) - 杏子 役• 「刑務所の医者・若宮冴子」(2004年7月25日)• 「4」(2004年) - 鹿島篤子 役• 「弁護士晴枝・法律の落とし穴」(2004年10月31日)• 俳人 中村汀女(2002年11月2日、) - 主演・ 役• TOYD(2002年、第39回大賞、優秀賞・)• 「第7話」(2003年2月20日、フジテレビ) - 久瀬美枝子 役• PART7 第9話(2003年3月5日、テレビ朝日)• 第10話(2003年6月12日、TBS) - 治美の妹 役• (2003年10月4日、中部日本放送制作・TBS) - 大阪まゆみ 役• R15(2003年、NHK) - アンジー三元 役• (2004年1月14日 - 3月17日、TBS) - 由梨子 役• 「第二死 バロック」(2004年1月23日、テレビ朝日) - 玲香 役• 第4話(2004年、テレビ朝日) - 山科光子 役• (2004年4月6日、日本テレビ) - 天野佳代子 役• 第5話(2004年、テレビ東京) - 桑原真奈美 役• (2005年1月11日 - 3月22日、フジテレビ) - 寺泉香織 役• 「死を告げるコール」(2005年2月28日、フジテレビ)• 「」(2005年11月23日、テレビ東京) - 谷口雅代 役• 「3」(2012年5月23日) - 水沼純子 役• 「妻の秘密・夫の不貞・姑の見栄」(2006年3月14日、日本テレビ) - 羽賀恵子 役• 「コシノ家の闘う女たち」(2006年8月8日) - 木元時子 役• 第1シリーズ「第3話」(2006年4月27日、テレビ朝日) - 片岡静江 役• (2006年5月2日 - 7月1日、NHK) - 弘士の母 役• 第10話(2006年6月12日、TBS) - 佐竹羊子 役• 第9話(2006年9月8日、テレビ東京) - 青山映子 役• 「みっちゃんとコンペイトウ」(2006年9月29日、TBS)• カリスマ占い師殺人鑑定(2006年12月12日、日本テレビ、) - 美登利 役• 「」(2006年、WOWOW)• ザ・決断! スペシャル〜命を懸けたあの一瞬〜「息子は悪くない」(2007年、テレビ東京) - 片山隼君の母親 役• (2007年3月12日 - 6月1日、TBS) - 黒木楓 役• (2007年4月12日 - 6月28日、フジテレビ) - 兼良由香里 役• 「2」(2007年5月21日、TBS) - 合田友美 役• (2008年4月2日 - 2009年3月18日、テレビ東京) - 網島春美 役• (フジテレビ)• (2008年7月12日) - 工藤真美 役• (2010年3月13日) - 宇佐見康子 役• (2008年12月6日 - 2009年2月28日、フジテレビ) - 竹宮幸子 役• (2009年3月20日、テレビ朝日) - 柳川恵子 役• 「2」(2009年7月15日、テレビ東京) - 月ヶ瀬萌葱 役• (フジテレビ)• (2009年9月4日) - 菊池祥子 役• 10(2012年8月17日) - 矢代菜月 役• 5(2013年3月15日) - 田原みどり 役• (2009年10月10日 - 11月28日、) - 向井早智子 役• 第2シリーズ「第3話」(2009年11月5日、テレビ朝日) - 里吉加奈子 役• 第2話(2010年1月30日、日本テレビ) - 海藤早苗 役• (2010年5月7・14日、テレビ朝日) - 斉藤花枝 役• シリーズ3(2010年7月12日、TBS) - 染谷美津保 役• (2016年9月4日 - 10月23日、) - 堀口千秋 役 オリジナルビデオ [ ]• 銀玉命! 銀次郎(1993年)• 特攻レディース 夜露死苦! (1994年)• 金なら返せん! (1994年) - 麗子 役• クレイジー・コップ捜査はせん! (1995年)• 厄災仔寵(1996年)• ワル外伝(1997年)• (1999年) - 役• いのち輝いて(2001年) - 主演・鳴海涼子 役• 戦うパチプロ集団 梁山泊2(2003年)• 鬼魄 二代目山口登 (、2006年) 舞台 [ ]• (1988年) - 鬼太郎 役• アーバンクロウ(2000年) - 望月陽子 役• 尾張嫁入り物語(2002年) - 伊藤なつ 役• 風の砦(2002年) その他のテレビ番組 [ ]• (フジテレビ、1986年1月1・2日)• (フジテレビ)• (フジテレビ、・1986年1月28日)• (フジテレビ、1987年)• (朝日放送、1988年9月10日)• (TBS)• ダウンタウンの男ットコ前やな〜! (日本テレビ)• 美女紀行・E湯・E味(テレビ朝日)• (朝日放送)• (TBS、1991年10月4日)• (読売テレビ、1994年4月2日)• (テレビ東京、1997年8月)• クイズ! それは職業秘密です(テレビ東京)• (日本テレビ)• (読売テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ、2013年)• (日本テレビ、2015年) ラジオ [ ]• さびしぼっち(2003年)• ON THE WAY COMEDY 〜道草(2006年) CM [ ]• 日本語、いきいき。 - 「高校野球応援団編」「京都(大原女)編」(1982年)• - フォトカセットプレゼントキャンペーン(1983年、との共演)• 家族割ワイドサポート「ゆきえは見た!! (ジュニア)編」(2005年)• (2007年)• (2009年) ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• 6 85 出典は『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968 - 2010』、881頁。 ()内の数字はオリコンチャートの週間最高順位。 アルバム [ ]• あこがれ座 (1984年12月1日、)• JEWELRY (1987年12月21日、)• サラダ記念日 (1988年4月1日、CBS・ソニー)• 渡辺典子ベスト〜〜(2004年12月1日、) ビデオ [ ]• あこがれ座〜NORIKO'85〜 (1985年2月、コロムビア) その他 [ ]• 渡辺典子写真集 プリズム(1984年9月、、撮影:川人忠幸) 受賞歴 [ ]• 1982年 角川映画大型新人女優募集 グランプリ受賞• 新人俳優賞『』• 第8回(1986年度)助演女優賞『』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2016年4月21日. 2016年11月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 2016年7月13日. 2016年7月13日閲覧。 宝泉薫「くずれっぱなしの病理 高部知子、穂積由香里の積木くずし」『芸能界一発屋外伝』、、p. 125. 『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968 - 2010』、オリコン・エンタテインメント 、2012年、p881。。 『時事年鑑 1989年版』 、1988年11月10日、905頁。 『時事年鑑 1992年版』 、1991年10月20日、868頁。 『時事年鑑 1993年版』 、1992年10月、883頁。 『時事年鑑 1994年版』 、1993年10月、873頁。 、、小松克彦 『TVドラマ女優名鑑』 、1994年9月、215頁。 2005年12月3日. 2005年12月3日時点のよりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 てんちどう 2011年5月23日. 2011年5月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 キャストパワー 2012年2月25日. 2012年2月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 2013年9月21日. 2013年9月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 NEST 2016年7月15日. 2018年1月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月15日閲覧。 NEST 2016年6月15日. 2016年7月13日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年4月3日閲覧。 NHK. 2016年9月9日閲覧。 gooTV番組. 2015年2月10日. 2016年8月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月27日閲覧。 番組ID:• ValuePress!. 2009年2月2日. 2016年7月17日閲覧。 『オリコン・アルバム・チャートブック 完全版 :1970 - 2005』オリコン・エンタテインメント、2006年4月、726頁。 外部リンク [ ]• - (英語)• 2014年11月11日閲覧。

次の

積木くずし : 作品情報

積木 くずし

スポンサーリンク ドラマ「積木くずし」とは? 俳優の穂積隆信さんの実際に起った家庭の問題を赤裸々に記した作品です。 ある日、突然不良少女となった実娘・穂積由香里さんとの200日間の葛藤を描いてます。 そのドラマ化した作品です。 キャストは、以下になります。 穂高香緒里 -? 高部知子• 穂高信彦 -? 前田吟• 穂高三枝子 -? 小川真由美• 竹村 宏 -? 古谷一行 引用元: 前田吟さんがお父さん、小川真由美さんがお母さん、古谷一行さんが警視庁のカウンセラーという役です。 当時、高部知子さんは女優としてすごい期待された存在でしたね。 この作品が視聴率も驚異的で最終回は45. 3%を記録してます。 最近では考えられない数字ですね。 非行が社会問題化して、家庭内暴力も深刻な時代でした。 いわゆる不良と呼ばれる若者が跋扈してましたね。 穂積さんの実の娘さんは35歳で亡くなられてたんですね。 この主演の高部さんはどうしたんでしょうか?最近ほとんど見ません!? 高部知子さんの現在は? 現在は、全国各地の精神医療・福祉関連施設で、認知症や各種の依存症患者に対するカウンセリングやケアに取り組んでいます。 精神保健福祉士の資格を取得してます。 引用元: もう先生です。 仕事も生活も充実してるみたいですね。 スポンサーリンク 高部知子さんの現在の夫は? 22歳で幼馴染と結婚し、芸能界も引退する。 コンビニエンスストアの経営をしていたそうです。 街のコンビニの店主といったところで一般のご夫婦ですね。 娘さんの二人生まれました。 しかし、数年後に離婚。 学士(人間関係学)。 東京福祉大学精神保健福祉士養成コース、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存薬物専門課程修了。 1980年NHKのテレビドラマ『ガラスのうさぎ 』でデビューする。 1982年、テレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!? 』で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じる。 1983年、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし? 親と子の200日戦争』で主人公・不良少女役を演じた。 1983年、人気絶頂の最中にベッドで裸体に布団を掛けた状態で煙草を咥えた様子を捉えた写真が写真週刊誌「FOCUS」に掲載され、ニャンニャン事件として話題に。 1984年に1年3ヶ月ぶりにTBS系の連続テレビドラマ『転校少女Y』の主役で本格復帰する。 2000年に慶應義塾大学文学部(第1類)(通信教育課程)へ入学。 2005年に卒業。 学士(人間関係学)• 2007年に東京福祉大学精神保健福祉士養成コース 修了。 すごい勉強したんだと思います。 芸能界にきっぱり別れを告げて、突き進んだ道。 素晴らしい行動力ですね。 「積み木くずしは」はドラマにもなって話題になりました!不良少女役で主演の高部知子さんは今何をやってるんでしょうか? なので、高部知子さんの現在が気になって調べてみました。 高部さんの現在を知って、なんかホッとしました。 本当に幸せ感が伝わってきます。 すごい努力もしたんでしょうね。 今後のご活躍をお祈りしております! カテゴリー•

次の

渡辺典子

積木 くずし

実際のところ当時私はこの本もドラマもほとんど見たことはありませんでした。 (最終回の視聴率は45%ほどだったにもかかわらず)ですが俳優の娘が非行に走り、家族とぶつかり、更生するんだ・・・という話だということはなんとなく知っていました。 しかしその後といえば、「積木くずしの娘逮捕!」という芸能ニュースが流れたりしていて、「ああ結局更生できなかったんだなぁ・・・」ぐらいに思っていたものでした。 で、今回の物語はというと、更生に向かった娘と両親のその後はどうなったのか・・・というところから始まるのですが、心を入れ替えようと思った矢先に親が『積木くずし』なんていう本を書いちゃったものだからさあ大変。 せっかく真面目になろうと思っていたのに、「ほらあれば積木くずしのモデルの子よ。 」なんて後ろ指さされるは、親は本がヒットしたため、母親さえも「子育て論」みたいなことで公演に奔走するような日々になってしまい、更生させるために約束した「よけいなお金は渡さない」なんてことはすっかり忘れて、「これでおこずかい。 足りなくなったらいつでもいいなさい」なんて5万ぐらいをポンと渡しちゃうような変わりようなのです。 何をしても『積木くずしのあの子』というレッテルを貼られてしまう朋美(役名)は結局また不良の道を進んでしまうのです。 それもそうですよね、よく知らなかったのですが、非行に走ったのが13歳ぐらいで、本が出版されたのが14歳。 ドラマ化されたのが15歳ぐらいっていうんだから、当人にしてみたらたまったもんじゃなかったのでしょう。 100歩譲って最初に非行に走ったのが両親に責任がなかったとしても、いったん更生しそうになった娘を再び非行の道に走らせたのは、100%両親だったのですね。 そりゃぁ、藤木直人も怒るってもんですよ。 (注) (注:藤木直人は朋美から「積木くずし」の真実を記した手記をたくされた雑誌編集者) と、ここまで書いておいてなんですが、泣ける、泣けるとあおっていたわりには、今回私、全然泣きませんでした。 ストーリー的にも大どんでん返しがあるわけでもなく、意外と想定どおりに話が進んだので、申し訳ありませんが「へぇ~~、そうだったのか・・・。 」って感じだったのです。 唯一ちょっと感動したのが、朋美の葬儀の時に、「友人が集まってますから・・・」と別室に移動した父親(舘ひろし)の目の前にたくさんの(普通の)友人がいたってシーンですね。 感動もしたんですけど、「自分がもし死んだら・・・」と変に後ろ向きな考えも浮かんだりしましたけど・・・。 とはいえ、「元祖積木くずし」の杉田かおる、「意外と波乱万丈」安達祐実の天才子役(と呼ばれていた)対決は、やはり見ごたえがありました。 (安達祐実もかなり酷いいじめをうけていたらしいですね) 二人ともうまいなぁ・・・と思いつつ、安達祐実がもう少しちゃんと大人の顔になっていたら、もっと活躍できるだろに・・・といらぬ心配などもしていました。 でもやっぱり、舘ひろし・・・・。 演技的にも穂積 隆信に似せようという感じもなんか嫌でした。 やはり舘ひろしは生涯一「あぶ刑事」ってことですね・・・。 追記 一番最初に非行に走った真相というのが、20年前のドラマではまったく語られていなかった(らしい)のに対し、朋美の死後、実は非行に走ったきっかけというのがはっきりとあり、その真相が語られるシーンには胸が詰まる思いになりました。 私のコメント、ちょっとポイントがズレてましたね。 「臨機応変」でいいんだと思う、私も。 >ともくん そうか、あれでしたね。 良さそうだったけど、結局見なかった... ドラマ多すぎるよ~。 「広島」よかったです。 >勝手な話題ですが... 「義経」はいよいよ「壇ノ浦の合戦」でした。 「平家物語」にもなってるような名場面。 最後に女性群が海に身投げするシーンは、勝ち戦なのに、哀しい気持ちになる義経の心境も伝わり、正に悲劇の名場面でした。 でも、鶴見さんのシーンは笑えた...。 そして、平家の大将が「ドラゴン桜」、義経の家来に「電車男」、同じく源氏方に「電車男」のネット住人... と、ヒットドラマの主人公が多数いることにも...。 翼くんの「那須の与一」もよかった。 惚れ惚れ~! トモゾウさん、勝手にすみません。 >まあやんさん >トモゾウさん やっぱり染めさせますよね。 時代背景もあるかもしれないけど、外見を変えることで嫌な思いを回避できるなら その方が賢いですよね。 整形だって昔より受け入れられてるくらいだし。 トモゾウさんの「当人以外はみんな理想論をまず唱えるもんですよね」というコメントには納得! 当人は、理想論に従っていては解決しないから悩んでるのにね。 鈍い大人にむかつく子供の気持ちがわかりますf^^;。 >森の妖精さん 子育てのお話ありがとうございます。 楽しみながら子育てできるなんて素敵ですね。 子供がいる友人は「自分も子供にいろんなことを教えてもらっている」と言っていました。 そういう気持ちを忘れずにいることが大事なのかも。 >トモゾウさん いえいえ、こちらこそすみません。 どこかで語りたくてウズウズしてただけなので...。 ところで、NHKを見ないのには、何かポリシーでも?受信料の問題とか...。 >広島 まあやんさんの書かれた通りです。 以前の「さときび畑」を作ったスタッフが制作したという...。 原爆の日までの数ヶ月の出来事を淡々と表現してました。 「朝鮮人への差別」「軍部の暴発的態度」「広島は空襲に遭わなかったという事実」そのあたりが、けっこうハードに描かれてました。 原爆ドームの元の姿をセットで再現してたのが興味深かったです。 実は私、どちらかいうと、メロドラマ系より、社会派ドラマが好きだったりするので、「スローダンス」なんかを見てると「どうでもいいじゃん!」って思っちゃいますね。 でも、我が夫君は、熱心に見ている...。 ) しかしいつかはやめるだろうと思っていた暴力はいつまでも続き、またエスカレートしていき、ナイフで顔に無数の傷までつけられてしまったのです。 この時点でいつもと違ういじめに恐怖を感じていたのです。 そして恐怖に震える朋美の前に数人の男子生徒が現れ暴行されてしまうのです。 雨の中一人家に帰りますが、部屋には誰もおらず、テーブルの上にお金と「たまにはお母さんも羽を伸ばします。 」という書置きがおいてありました。 それを見た朋美は、今日の出来事は誰にも言わないでいようと心に決め、そして不良への道へ進んでしまったのでした。 顔を切り刻まれる朋美(安達祐美)はとても悲惨でした。 が今思えば当時すでにスピードワゴンと「あま~~い」関係になっていたと思うと複雑な感じです。

次の