年末 ジャンボ 宝くじ ミニ 発表。 年末ジャンボミニ宝くじ当選番号 (第819回)|2019年12月31日

【年末ジャンボ 】ミニやプチって何?当選確率はどうなの??

年末 ジャンボ 宝くじ ミニ 発表

上の抽せん券なら、 「01組」が10枚そろい、1234 50番~1234 59番までの10枚です。 「連番」を10枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番1セットください。 」と言ってください。 「連番1セット」の購入金額は、3,000円です。 そして、 「連番2セット」以上を購入することもできます。 問題は、 「連番2セット」以上を購入すると、 違う「組」、違う「番号」が渡されることです。 上の抽せん券なら、 2セット目から「10組」が10枚、1543 20番~1543 29番までの10枚です。 1セットずつ違う「組」と違う「番号」の 「連番」を20枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番2セットください。 」と言ってください。 「連番2セット」の購入金額なら6,000円、 「連番3セット」なら9,000円・・・です(以下続く)。 しかしながら、 同じ「組」で、「番号」が続く抽せん券を2セット以上購入したい場合もあります。 この場合、 「タテ連」という買い方があります。 同じ「組」が11枚以上続く! 「タテ連」 「タテ連」は、単に 「連番2セット」以上で購入すると、 1セットずつ違う「組」、違う「番号」が渡されることを嫌うあなたにオススメしたい買い方です。 同じ「組」が11枚以上、「番号」が続く買い方を、 「タテ連」と言います。 上の抽せん券は、 「タテ連20枚」です。 購入金額は、6,000円です。 「大阪駅前第4ビル特設売場」では、 「組」の指定ができるのは当たり前ですし(「10組のタテ連20枚ください。 」と指定すれば良い)、 「番号」は「千の位」までなら指定できます。 例えば、「19万3千からの番号をください。 」と言ってください。 もちろん、2セット、3セット・・・100セット以上の購入も可能ですが、 複数セットの購入の場合、「組」が重なる場合があります。 1セット目(10枚) 2セット目(10枚) 10枚セットの場合、 「十万」+「万位」は10万~19万、末尾(下1ケタ)は0~9番になっています。 「バラ」の 最大の特徴は、1枚1枚が規則性の無いバラバラな数字なので、当せん番号を照合する際にドキドキ感を思う存分に味わうことができます。 ただし、 「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」では、「前後賞」は狙えません。 しかし、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は「前後賞」がありませんので、 「バラ」で充分です。 事実、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は、 「バラ」での購入者がとても多く見受けられます。 」と言ってください。 スポンサード リンク.

次の

年末ジャンボミニの抽選日や結果発表はいつ?抽選時間は何時から?

年末 ジャンボ 宝くじ ミニ 発表

・バレンタインジャンボ ・ドリームジャンボ ・サマージャンボ ・ハロウィンジャンボ ・年末ジャンボ の5種類のジャンボ宝くじがあります。 特に季節やイベントに応じた名前を採用しており、 当選金額や当選本数については、その年や宝くじの種類によって異なるようです。 「年末ジャンボ宝くじ」とは 年末ジャンボ宝くじは、発売額や賞金の条件がユニット単位で決まります。 ユニットとは、 100,000〜199,999番の10万枚を1セット(1組)として、 01〜100組の1,000万枚が1ユニットという考え方をします。 そのため、 1ユニット購入することで、前後賞、1等賞の当選が確実という仕組みです。 宝くじをまとめて購入できる資金のある方はそれだけ当選確率がアップすると言えます。 年末ジャンボミニって何?当選確率は? 12月になりました! 年の瀬が近付くと、多くの方が宝くじ発売にソワソワし始めるときではないでしょうか。 一攫千金を夢見て必ず毎年宝くじを購入するという方も多いと思います。 そんな宝くじの中でも 「年末ジャンボミニ」の買い方や当選確率をここにご紹介します。 「年末ジャンボミニ」の買い方 年末ジャンボミニは1等が3,000万円!というスゴモノです。 どうにかこれだけでも当てたい!!と思う方ばかりでしょう。 では、どのように購入すれば当選に近づくことができるのでしょうか? 年末ジャンボミニは、「連番〇枚」または「バラ〇枚」という買い方をしてください。 宝くじは1枚から購入可能であることから、予算の範囲内で購入するようにしましょう。 また、 必ずいくらかの当選金額をGETしたいという買い方としては、10枚を1セットとして購入しましょう。 さん m. masuco がシェアした投稿 — 2017年12月月20日午前3時54分PST そうすることで、宝くじを10枚1セットで購入した方は必ず当選することになります。 それは下一桁が必ず0〜9となるため、 300円の当選金を受け取ることができます。 確実な当選を狙う方は10枚1セットを購入するようにしましょう。 さらに、10枚1セットで下一桁の番号が連番となっている宝くじを購入する方法することで、 1等前後賞の当選確率がアップします。 例えば1等が3,000万円で、前後賞を合計すると実に5,000万円もの金額となります。 そのため、年末ジャンボミニで多少なりともリターンを求める場合は、連番で購入されることをおすすめします。 当選本数 年末ジャンボミニは、 1等と1等前後賞合わせて5,000万円が216本という当選本数を持っています。 一方で、年末ジャンボは1,000万分の1の確率でしか1等を当てることはできません。 そう考えると、1等と1等前後賞が216本もあるとなると、宝くじを購入する私たちも夢を掴める可能性がグッと高くなることが分かりますね。 当選確率 順位 当選金額 確率 1等 3,000万円 250万分の1 1等前後賞 1,000万円 125万分の1 2等 100万円 10万分の1 3等 10万円 3,333分の1 4等 1万円 333分の1 5等 3,000円 100分の1 6等 300円 10分の1 年末ジャンボミニは、1等が3,000万円かつ、 1等の当選確率が250万分の1と2018年の年末ジャンボよりも低くなっているため、当選の可能性が低くなることが分かります。 年末ジャンボプチって何?当選確率は 2019年は、年末ジャンボプチの発売はありません! 年末になり、宝くじの購入を検討し始める時ではないでしょうか。 そんな中、年末ジャンボでも、 年末ジャンボプチの購入を予定されている方へ、ここでは年末ジャンボプチの買い方や当選確率をご紹介します。 [年末ジャンボプチ」の買い方 年末ジャンボプチには 前後賞がなく、1ユニットが1,000万枚であることから、当選確率が底上げされた宝くじであることが特徴と言えます。 そんな年末ジャンボプチは、どのような買い方をすれば良いしょうか? 年末ジャンボプチは、高額当選を狙う場合は連番で購入しましょう。 しかし、宝くじ購入初心者の場合は、バラ購入をおすすめします。 実際のところ、 連番もバラも当選確率が大きく異なるということもないそうです。 これだけの当選本数があれば、実際に 当選金額が年末ジャンボと比較して低額であろうと、当選確率がアップする方が格段に宝くじを購入するメリットを感じますよね。 当選確率 順位 当選金額 確率 1等 700万円 10万分の1 2等 10万円 3300万分の1 3等 1万円 500分の1 4等 300円 10分の1 年末ジャンボプチは、1等が700万円となるため、年末ジャンボと比較すると金額も低いことが分かります。 しかしながら、当選確率が高いため他の宝くじと比較しても人気の宝くじとなっています。 しかも、 当選本数の多さも魅力的です。 まとめ 毎年恒例となるこの年末ジャンボ宝くじについては、多くの方が一攫千金を夢見て希望を持って購入するものです。 まさか1等に当選すれば、人生ガラリと変わるかもしれませんよね! しかしながら、どの宝くじも高額当選を期待することはできますが、そのような方は一度に高額な宝くじを購入されていることが予想されるため、すべての方がそのような買い方をすることができるわけではありません。

次の

2019年【年末ジャンボ宝くじ10億円】第818回 当選番号速報!令和元年

年末 ジャンボ 宝くじ ミニ 発表

上の抽せん券なら、 「01組」が10枚そろい、1234 50番~1234 59番までの10枚です。 「連番」を10枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番1セットください。 」と言ってください。 「連番1セット」の購入金額は、3,000円です。 そして、 「連番2セット」以上を購入することもできます。 問題は、 「連番2セット」以上を購入すると、 違う「組」、違う「番号」が渡されることです。 上の抽せん券なら、 2セット目から「10組」が10枚、1543 20番~1543 29番までの10枚です。 1セットずつ違う「組」と違う「番号」の 「連番」を20枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番2セットください。 」と言ってください。 「連番2セット」の購入金額なら6,000円、 「連番3セット」なら9,000円・・・です(以下続く)。 しかしながら、 同じ「組」で、「番号」が続く抽せん券を2セット以上購入したい場合もあります。 この場合、 「タテ連」という買い方があります。 同じ「組」が11枚以上続く! 「タテ連」 「タテ連」は、単に 「連番2セット」以上で購入すると、 1セットずつ違う「組」、違う「番号」が渡されることを嫌うあなたにオススメしたい買い方です。 同じ「組」が11枚以上、「番号」が続く買い方を、 「タテ連」と言います。 上の抽せん券は、 「タテ連20枚」です。 購入金額は、6,000円です。 「大阪駅前第4ビル特設売場」では、 「組」の指定ができるのは当たり前ですし(「10組のタテ連20枚ください。 」と指定すれば良い)、 「番号」は「千の位」までなら指定できます。 例えば、「19万3千からの番号をください。 」と言ってください。 もちろん、2セット、3セット・・・100セット以上の購入も可能ですが、 複数セットの購入の場合、「組」が重なる場合があります。 1セット目(10枚) 2セット目(10枚) 10枚セットの場合、 「十万」+「万位」は10万~19万、末尾(下1ケタ)は0~9番になっています。 「バラ」の 最大の特徴は、1枚1枚が規則性の無いバラバラな数字なので、当せん番号を照合する際にドキドキ感を思う存分に味わうことができます。 ただし、 「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」では、「前後賞」は狙えません。 しかし、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は「前後賞」がありませんので、 「バラ」で充分です。 事実、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は、 「バラ」での購入者がとても多く見受けられます。 」と言ってください。 スポンサード リンク.

次の