彼女 依存させる。 彼氏に依存されやすい女性のタイプって?彼氏を夢中にさせる方法や注意すべきこと

彼女を依存させる6つの方法!これで彼女が離れられなくなる|feely(フィーリー)

彼女 依存させる

まずは、彼氏に依存されやすい女性の特徴をご紹介します。 彼氏を夢中にさせる方法として参考にしてみるのも、ありかもしれません。 タイプ1:経済的にも精神的にも自立している彼氏に依存される女性は、彼氏への依存度が低く、経済的にも精神的にも自立しています。 極端に言えば「彼氏がいなくても生きていける」状態です。 このタイプは彼氏からの連絡がなくてもさほど気にならず、会えない日が続いても平気なことが多いようです。 タイプ2:お世話好き料理、洗濯、仕事の準備までしてしまうようなお世話好きの女性も彼氏に依存されやすいです。 そういった彼女は彼氏からすると、まるでお母さんのように感じるのです。 何をするにも彼女にお願いしているうちに、いつしか彼女がいないと何もできない男性になってしまいます。 タイプ3:しっかり者長女タイプのしっかり者も、彼氏に依存されやすいタイプ。 この手の女性は奥手な男性を上手にリードすることができるため、いつしか彼は、彼女なしではいられなくなってしまうのです。 また、女性が年上のカップルの場合も同様に、彼氏が依存しがちな傾向にあります。 彼女が年上でしっかりしていると、年下彼氏は甘えて依存してしまうんですね。 彼女に依存しやすい男性タイプ・3つ 彼氏に依存されやすい女性と同様に、もともと彼女に依存しやすい男性もいます。 そして彼らにも、ある共通点があるようです。 あなたの彼氏が以下の特徴に当てはまっていたら、依存されてしまうかもしれません。 タイプ1:インドア派1つ目の特徴は、休日は自宅から一歩も出ないようなインドア派であること。 いつも自宅にいるので彼女からの連絡を見逃すことはないですし、ひとりでいる時間が長いことで彼女のことを考える時間が多くなります。 彼氏の趣味がゲームや読書だったり、普段あまり自宅から出かけている様子がなければ、彼女に依存しやすいかもしれません。 タイプ2:男友達が少ない2つ目の特徴は、交友関係が狭く、あまり男友達と連絡をとらないこと。 こういった男性は、もともと人付き合いが苦手だったり、誰かと深く付き合うのが苦手だったりします。 そこで彼女という深い関係の人ができると、依存先が彼女に集中します。 仕事は直行直帰だったり、誰からも連絡が来ている様子がなかったり、会話をしていても友だちの話題が出てこない場合は、依存しやすいと言えるでしょう。 タイプ3:自分に自信がない3つ目の特徴は、自分に自信がないことです。 「彼女が離れてしまったらどうしよう」という不安から、彼女に依存する傾向があります。 自分を認めてほしいという承認欲求も高く、彼女が自分を好きかどうか頻繁に確認してくる場合も。 「俺のこと好き?」「絶対に結婚しようね」なんて言ってくる彼氏や、ネガティブ思考の彼氏は、彼女に依存する確率が高いでしょう。 彼氏に依存されるメリット 彼氏に依存されることでのメリット・デメリットを考えたうえで「やっぱり依存してほしい!」と考えるなら、これからご紹介する方法を実践してみましょう。 ここでは、彼氏を夢中にさせる方法を4つご紹介します。 方法1:褒めて褒めまくるとにかく彼氏を褒めましょう。 男性は、承認欲求を満たしてくれる女性に弱いのです。 褒められると「自分のことを理解してくれている」と感じて心を開くようになります。 例えば、彼氏が新しい服を着てデートに来たら、「すごく素敵だね!」と全力で褒めましょう。 自分の承認欲求を満たしてくれるとわかった彼は、あなたに認めてもらいたくてどんどん依存するはずです。 方法2:とにかく構ってあげるとにかくマメに構ってあげましょう。 彼氏を依存させるためにはLINEや電話は即レスが鉄則。 つねに「あなたのことを見ているよ」ということを行動で示すことが大切です。 「熱があってしんどい」「今日は風邪気味かも」なんて彼氏が体調不良をアピールしてきたら、あなたに構ってほしい証拠です。 「そうなんだ」とそっけなく返すのではなく「どうしたの?大丈夫?」と心配して構ってあげましょう。 方法3:彼氏を否定しない男性はプライドが高いので、自分の考えを否定されると相手のことを拒絶してしまう傾向があります。 「わかってもらえるように話し合おう」ではなく「わかってくれないならもういい」と、ひねくれてしまうことが多いのです。 そのため、どんなことがあっても彼氏を否定しないこと。 意見したいことがあれば、まずは彼氏の考えに同調し、最後に「でも〇〇はどうかな?」と提案するようにしてみましょう。 方法4:時々そっけない態度をとる彼氏を夢中にさせる方法で忘れてはいけないのが、時々そっけない態度を取って心配させることです。 男性はもともとハンター気質なので、逃げるものを追いかけるという本能があります。 どんなときでも彼氏を優先して、彼氏を安心させることも大事です。 でも、彼氏の依存度を高めるなら安心させすぎはNG。 たまにそっけない態度をとることで、彼氏は「あれ?どうしたんだろう?」「何か悪いことしたかな?」と心配するでしょう。 「もしかすると嫌われたのかもしれない」と不安に思うかもしれません。 それをきっかけに、彼はあなたに尽くし、ますます依存していくでしょう。 彼氏に依存される際の注意点・3つ 間違った方向に彼氏に依存されると、あなたが苦しい思いをすることになっていまいます。 「彼に依存されるのが苦しくて別れたい・・・・・・」なんてことにならないよう注意しましょう。 その1:調子に乗らせない彼氏に依存してほしいからと、どんな要求にも応じてしまわないようにしましょう。 褒めて認めることと、おだてて調子に乗らせるのはまったく別物です。 調子に乗らせてしまうと、どんなワガママでも受け入れてくれると勘違いし、過度な束縛をするようになります。 また、彼氏に依存される段階であなたも自分を見失ってしまうと、共依存になってお互いが苦しむことになりかねません。 その2:金銭的には依存させない彼氏を甘やかすうちに金銭的にも依存されるようになった・・・・・・というパターンがあります。 お母さんのように面倒を見ているうちに、お金を渡すことが常習化してしまったのですね。 彼女のお金を使うことに抵抗がなくなってしまうと、彼氏が仕事を辞めてしまうこともあります。 金銭的に依存されると、同棲したり結婚したりしたときも、あなたが生活費を出し続けることになるでしょう。 彼氏に甘えられても、簡単にお金を渡さないようにしましょう。 同棲を考えている女性は、はじめにお金のことを彼氏としっかり話し合っておきましょう。 その3:嫌いになってしまう可能性もある彼の気持ちの重さに耐えられなくなり、嫌いになってしまう可能性もあります。 彼氏に依存されることで頻繁に連絡が来るようになり、返事がなければ「どうして返事しないの?」「もしかして浮気してるの?」と質問攻め。 もともとあなたがマメに連絡を取るタイプでなければ、スマホの通知が来るたびに憂鬱になってしまうかも・・・・・・。 彼氏に依存してほしいなら、あなたも彼の気持ちに応える覚悟が必要です。 まとめ.

次の

彼女を依存させる4ステップであなたから離れられなくする方法

彼女 依存させる

彼女が彼氏を依存させるには?もっと好きにさせる方法やテクニック1個目は、彼氏とのデートの時間や機会をたくさん設けるということです。 特に付き合いたての場合には、デートできる時間が少しでもあれば彼氏にメールやLINEなどで連絡をしてデートするようにしましょう。 こうして彼氏とデートする時間や機会をたくさん設けると、彼氏の中で彼女であるあなたの存在感が大きくなります。 そして、デートを重ねていくごとに彼氏にとって彼女であるあなたは、側にいなければならない相手となり、依存すべき相手となるのです。 彼氏とデートする時間や機会をたくさん設けるだけだと、彼女であるあなたはデートできて当たり前、自分の側にいてくれて当たり前の存在となってしまいます。 これを回避し依存させるためには、彼氏にとってあなたが側にいて当たり前だと思い始めた頃合いを見て、デートの誘いを断ってみましょう。 こうすると彼氏の頭は、「どうしてデートの誘いを断ったのだろう?」「自分が何かしたのだろうか?」「自分のデートを断って誰と会うのだろう?」とあなたでいっぱいなるでしょう。 デートの帰り際というのは、どことなく名残惜しいものです。 その日のデートが楽しければ楽しいほど、帰り際の気持ちを寂しくさせるでしょう。 女性の多くは、名残惜しさ知られると心配させると我慢しているのではないでしょうか。 しかし、彼氏を依存させる・もっと好きにさせる方法的には、この気持ちを全面に出すべきです。 「まだ一緒にいたい」と素直に伝えれば、彼氏の気持ちを寂しくさせるとともに「自分が守らなければ」と男性本能を刺激され依存するでしょう。 基本的には、メールやLINEの返信はポジティブな内容を早めに返信するのが望ましいです。 しかし、彼氏と彼女の関係性が落ち着いてきた時には、メールやLINEの返信をわざと遅らせた上にそっけないないようにしてみましょう。 こうしたいつもと違う彼女の行動というものは、彼氏を驚かせるとともに不安にさせます。 この彼女の気持ちがわからないという彼氏の不安こそが、依存させる最大のパワーとなります。 メールやLINEに関しては、彼女よりも彼氏の方が返信が遅く不安な気持ちにさせられているのではないでしょうか。 なかには、自分から連絡をしないという彼氏も珍しくはありません。 そんな悩みをお持ちの彼女は、下記の「自分から連絡しない男性心理15選」で真理を学ぶとともに返信させる方法を身につけましょう。 こうすることで彼氏は、もっと褒めてもらいたくて頑張るとともに、彼女をは自分をキチンと見て評価してくれる大切な人だと認識するでしょう。 彼氏にとって彼女は、綺麗でいて欲しい存在です。 しかし、突然綺麗になると自分以外のところに行くのではと不安になり、気を引こうと夢中にさせるでしょう。 実は、心を依存させるより体を依存させる方が簡単で早い方法です。 彼氏とセックスしていく中で、どんなことに喜ぶかを探りつつ、体から夢中にさせるのも1つの手です。 男性は何歳になっても、母性に触れると安心する傾向にあります。 落ち込んでいる時こそ、母性をさらけ出し彼氏を癒すとともに安心させてあげましょう。 自分が依存しているから、同じように彼氏も自分に依存させて依存し合う関係を築きたいのでしょう。 しかし、依存し合うという関係は共倒れとなる可能性があり危険です。 自分の依存を断ってからにしましょう。 自分に自信がないですから、彼氏を依存させることで明らかに好きとわかる状態まで夢中にさせることを考えるのでしょう。 しかし、自分に自信がない自分に夢中になる人は少ないです。 まずは、自信をもてるようにしましょう。 自分に自信がない人の中には、ひどい場合には自分を嫌いになってしまうという人もいます。 それだけ、自分に自信を持つというのは難しいことなのでしょう。 それでも自分に自身が持ちたいという方は、下記の「自己嫌悪とは?自分が嫌いになる心理や原因5選と克服方法7選は?」の記事で、克服方法を学びましょう。 依存するくらい好きな彼女ですから、浮気どころか他の女性には目もくれません。 浮気されないという安心感は、付き合っていく上で大切ですよね。 ですから、美味しいお店を見つければ連れて行ってくれるでしょうし、面白いイベントがあれば一緒に楽しめると至れり尽くせりの生活ができるでしょう。 ちょっとした束縛であれば愛情を感じるものですが、過度な束縛となると彼氏以外と出かけることもままならないとなることも珍しくありません。 彼氏を依存させすぎたために嫉妬深くなり過度な束縛をされた場合には、下記の「嫉妬する男性心理15選」で効果的なヤキモチと逆効果な嫉妬のラインについて学び、お互いに心地よく過ごせる程度の依存関係を目指してみてはいかがでしょうか。 すねた男性というのは、すねた子供よりもタチが悪く対処に困るものです。 こうなると、寂しくさせることがないようにするしかありません。 したがって、依存させる場合には、させすぎないことを心がけましょう。 彼氏を依存させるには時々ツンデレになろう! 今回は、彼女が彼氏を依存させるには?もっと好きにさせる方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 依存させるには、絶妙なツンデレ具合が必要です。 いつも同じでは、彼氏も飽きるのでしょう。 この機会に、絶妙なツンデレ具合で依存させるまではいかなくとも、彼氏にもっと好きになってもらいましょう。

次の

心理学を利用して彼を依存させる方法!離れられない女になる16の方法

彼女 依存させる

普通の恋愛関係でも、会えなくて不安になったり、彼のことしか考えられなくなったり、特に付き合い始めの頃は、頭の中は彼でいっぱいになります。 でも心理学からみた「依存させる」というのは、もっと深い状態のことを指します。 相手と幸せになっても「いつか離れていってしまうんじゃないか」と常に不安になります。 「相手がいれば何もいらない」「彼がいなければ生きていけない」と本気で思います。 常に一緒にいて欲しい、できれば2人だけで過ごしたいと考え、付き合っている間は、友達とも疎遠になり、家に帰らない日も多くなります。 仕事はかろうじて行っていても、そのほかのことはどうでもよくなってしまいます。 彼氏のことが好きになれば、できれば自分に依存させたいと思ってしまうでしょう。 誰でも恋愛に依存する可能性はありますが、依存しやすい人、依存しにくい人というのは出てきます。 心理学からみた依存しやすい人の傾向をまとめてみました。 心理学からみた恋愛に依存する人の傾向• 他人の気持ちを思いやる優しさがある• 気づかいができて気がきく• 人に流されるやすい・寂しがりや• 自分に自信がない• 自分を認めて欲しいという欲求が強い• 好きな人に何かしてあげるのが好き。 精神的に弱い。 などがあげられます。 こういう性格の人は、依存しやすいですが、依存する人は、こういう性格の人だけか?というとそういうわけでもありません。 心理学を使って依存させるように導く事で、自分に依存させることも可能なのです。 回避依存症とは? 依存にはいくつかの種類があります。 「回避依存症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?回避依存症は他人と深くかかわるのを、極端に嫌がり拒みます。 相手のことも知ろうとしませんし、自分の本音を見せることもありません。 基本的には一人を好み、相手の束縛を嫌います。 それならば恋人を作らなければいいと思いますが、付き合う前の段階では、意外にも積極的にアプローチしてきます。 実際に付き合う段階になると。 急に興味がなくなり、深く付き合うことを避けるようになります。 回避依存の人は、相手を自分の思い通りにコントロールしようとします。 実はこの回避依存の症状、多かれ少なかれ誰でも持っている感情です。 それが強い人と弱い人がいるのです。 回避依存と恋愛依存、一見すると間逆のタイプです。 回避依存の人に依存する事になると、泥沼な関係になり、お互いが苦しい思いをしてしまいます。 共依存とは? お互いの関係が過剰に依存している状態のことをいいます。 相手に必要とされることで、自分の存在価値を見出し、安心したり、満足します。 また相手がどれだけ自分に尽くしてくれるかで、愛情を確認したり、自分の存在価値を確認したりします。 尽くされる側、尽くす側、どちらも相手に依存している関係です。 自分が犠牲になり相手に尽くすことが、当たり前の状態になり、その関係性がおかしい、異常だということに気付きません。 ひどくなると相手の考え方や行動までも全てを、コントロールし、そのことでしか愛情を確認できない状態になります。 共依存は恋人、夫婦関係だけに存在するわけではありません。 親子関係、友達関係、でも共依存になる可能性はあります。 特に親子関係の場合は、小さい頃から自然とマインドコントロールされているため、それがおかしいと気付くのが遅くなりますし、なかなかその関係を断ち切ることは難しいのです。 例えばドラマなどでDVを受けていながら、そのまま別れずにいるカップルがいるとしたら、あなたはどう思いますか?「逃げればいいのに」「友達や親に相談すればいいのに」「警察に行けばいいのに」単純にそう思い、なぜその関係を続けているのか不思議に思いますよね。 しかし依存している状態だと、その判断ができなくなってしまいます。 「彼に暴力をふるわせたのは、私が悪いからだ」「彼は私だけに素直になれるんだ」という強迫観念にとらわれやすくなります。 現実や問題について冷静な判断ができなくなり、彼を許し、彼の傍ににいてしまうのです。 DVまではいかなくても、結果的に彼、彼女の言うことをすべて聞いて許してしまう人は、依存傾向にあると言えます。 心理学からみた彼氏を依存させるマインドコントロールの方法 一緒にいる時間をできるだけ多くすることで、彼の頭の中に常にあなたがいることになります。 趣味を一緒に楽しむ事は、同時に一緒にいる時間が長くなるので、もっと好きにさせることができるでしょう。 「ずっと一緒にいたい」「できるだけ一緒に行動したい」と伝えることで彼は、「この子はそういう付き合い方を希望する子なんだな」と感じ、あなたのことが好きだったら応えてくれるでしょう。 最初は面倒くさいと考えるドライな彼でも、あなたが常に一緒にいることで、その状態が普通の状態になります。 連絡をまめにとる ライン、メール、電話などの連絡をこまめにとります。 こうすることで、いつでもあなたの存在が彼の中にあるようになります。 離れている時でも、あなたの存在を常に意識します。 彼に尽くす 自分の弱いところも見せていきます。 弱音を吐いたり、時には涙を見せたりと、弱い部分を彼に見せます。 彼はそのことで、自分が彼女にとって特別な存在であるということを、意識し始めます。 「彼女には俺がついていないと!」という気持ちになります。 ここまでが心理学を使ってもっと好きにさせるマインドコントロールの第一段階です。 ここまで上手くいって暫くこんな状態で楽しい時を過ごしたら、次の段階に進みます。 緊張と緩和感情を揺さぶる 今までと優しさは変わらず、少しずつ厳しい態度もとっていきます。 連絡をあまりとらなくなったり、ちょっと厳しいことも言うようになったり、相手は不安を感じ、時には怒り、あなたのことでいっぱいになります。 そんな不安で緊張状態をまた優しくすることで緩和します。 緊張と緩和を繰り返すことで、いつも以上に満足感や幸福感を彼にもたらします。 そのうち、今までは、あなたから必死に連絡を取っていたものが、彼から連絡をとるようになり、少しでも連絡が着かなくなると不安に思うようになります。 それが続くと、彼はあなたなしでは生きられないと、思うようになるのです。 心理学を使って依存させた彼氏との関係は? 彼が私だけを見てくれる、それはとても幸せなことに感じます。 でも果たして本当にそうなのでしょうか?心理学を使って依存させた彼氏との関係には、その後にどんな展開があるのか、考えてみました。 心理学を使って依存させた彼氏との関係• 束縛が激しくなる• お互いに友達と疎遠になる• 2人でいても不安に思う 心理学を使ってより深く依存させたことで、彼氏の束縛は、かなり激しくなります。 会えないと不安になり、返信が来ないだけでパニックになってしまいます。 どこにいても常に連絡が必須。 友達とも会わなくなるので、常に2人だけの状態です。 彼氏に依存させ、自分も彼氏に依存している状態なので、お互い一緒にいても不安が募るようになります。 お互いの未来が明るくなるものではないですね。 本当に別れることになったら、相手がどうなるか、怖く感じませんか?心理学を使って人の心をもてあそぶようなことは、やはりやってはいけないのです。 恋愛はお互いが相手を思う気持ちが大切で、好きな人には幸せになって欲しいと願いますよね。 相手の人生を壊すことにはなって欲しくないはずです。 相手を思いやることができる、恋愛関係を築いて下さい。

次の