荒野行動月パス。 「荒野行動」11月15日スマホ版最新アップデート・イベント情報をまとめて考察していく

「荒野行動」11月15日スマホ版最新アップデート・イベント情報をまとめて考察していく

荒野行動月パス

バトルパスは課金版が用意されている 既に荒野行動をプレイしている人にとっては周知の事実かもしれませんが、バトルパスでは無料版の有料版の2種類用意されています。 そして、課金方法は2タイプあります。 課金をして有料版にグレードアップすることで大きな特典があります。 グレードアップするには課金アイテムの 金券が必要となります。 課金方法は2通り バトルパスは課金方法が2通り用意されていて、エリートとロイヤルとなります。 ロイヤルのほうが高くなっています。 もちろん、ロイヤルのほうが豪華な特典となっています。 バトルパスに必要な課金額と違い バトルパスの課金に必要な金額や違いは以下のようになっています。 追加ミッションは限定のウィークリーミッションがあり、 通常よりも多くのトレーニングポイントがもらえるようになっています。 ちなみに、配信されるミッションは人によって異なるので、どんなミッションが追加されるのかはそれぞれです。 コメント欄から情報をいただけると助かります! 課金しても金券が戻ってくる バトルパスはレベルを上げていくと金券が戻ってくることがありますので、完全に損をすることはありません。 バトルパスに課金すべき? バトルパスに課金をするか迷うかもしれませんね。 結論から言うと、課金に 抵抗が無いのであれば課金しても良いと思います。 ただし、エリートにとどめておくべきです。 というのも、ロイヤルはLv30からスタートできるとはいえ、毎日効率よく荒野行動をプレイしていれば、そのうち到達できます。 普段プレイする時間があまりない人はロイヤルにしても良いかもしれませんが、ぼくてきにはそのお金があれば金券で闇ガチャを引いたほうがマシだと思います。 とはいえ、そもそも 「お金は使いたくない!」という人がいると思います。 そんなときは 無料で金券が購入できる方法を活用することをおすすめします。 誰でも簡単にできますし、こういった方法を活用したほうが、お得に荒野行動が楽しめますからね。

次の

荒野行動でバトルパスに課金したほうが良いの?

荒野行動月パス

荒野行動 バトルパスとは? まずは、荒野行動のバトルパスについて簡単に説明します。 荒野行動は、ゲームを遊べば遊ぶほど、たくさんの報酬が得られるようなシステムなっています。 その1つが、バトルパスです。 バトルパスは、1週間ごとにミッションが更新され、ミッションを達成するとバトルパスレベルが上がっていきます。 レベルごとに報酬が用意されていて、高いレベルの人ほど良い報酬が得られます。 さらに課金をすることで、特別なミッションに参加できるようになるというものです。 荒野行動 バトルパス解放に必要な値段は? バトルパスには2種類あり、それぞれ解放するのに必要な値段が異なります。 荒野行動 バトルパスのメリット・デメリット 荒野行動の2種類のバトルパスのメリットデメリットを紹介します。 バトルパスエリート• バトルパスロイヤル バトルパスエリート メリット デメリット 金券が還元される 購入時に課金が必要 金色の銃器スキン(課金専用)がもらえる 特になし 約4つの永久衣装(バトルパス購入者のみ)がもらえる 特になし 実は、バトルパスエリートは600金券を使用して購入した後に、600金券が戻ってくるという実質0円の制度なのです。 ただし、現実世界のお金には二度と戻らないということを理解しておいてください。 バトルパスエリートの解放は600金券、円に直すと約1200円です。 かなりお得なので、課金を考えている人はぜひ購入するべきかと思います。 バトルパスロイヤル メリット デメリット レベル30までスキップ 金券が完全に還元されない 金色の銃器スキンがもらえる 購入時に課金が必要 約4つの永久衣装スキンがもらえる 特になし バトルパスロイヤルは一気に30レベルスキップできるの魅力です。 しかし、金券が完全に還元されないところが、バトルパスエリートと比べて見劣りします。 さらに必要な金券が高いわりに、入手できるボーナスがバトルパスエリートと一緒であるのが残念です。 バトルパスロイヤルは30レベル一気に上げてくれるのですが、3000金券を必要としています。 ちなみに、バトルパスロイヤルを円に換算すると、およそ6000円です。 値段も高めに設定されているので、購入するときはよく考えて購入してください。 荒野行動 お得なバトルパス利用法 ここからは、バトルパスのお得な利用法をご紹介します。 バトルパスを買うなら、断然バトルパスエリートがお得です。 上に書いたように、600金券が還元されるので実質0円だからです。 この帰ってきた600金券でガチャをしてもいいのですが、もっと有効な使い道があります。 次のシーズンのバトルパスエリート解放の資金にすることで、半永久的にバトルパスを解放できるのです。 それはつまり、 半永久的に金色銃器スキンを入手することにつながり、課金車両もいつかは手に入ります!.

次の

【荒野行動】バトルパス招待コード3つの入力手順!要注意点もあるぞ! 【KNIVES OUT】

荒野行動月パス

荒野行動 バトルパスの値段について:荒野行動とは まず最初に、荒野行動がどういうゲームなのか解説します。 荒野行動とは、中国のゲーム会社「NetEase」が運営するTPSバトルロイヤルゲームであります。 ルールは、100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後のひとりになるまで戦い続けるというものです。 無人島に降り立った時点では、武器は何も持っていません。 建物の中にある武器や防具、回復薬などを拾い、戦いを有利に進めていくことが勝利へのカギといえるでしょう。 オンラインゲームという性質上、ランダムで選ばれたプレイヤーと戦うことになります。 また、協力プレイも可能となっているため、友人と一緒に戦うこともできるのです。 荒野行動 バトルパスの値段について:バトルパスとは何か? 荒野行動では、各シーズンにランクシステムが開催されており、このランクシステムのことをバトルパスと言います。 バトルパスではミッションが存在し、達成する度にレベルが上がっていきます。 そして、レベルごとに報酬が用意されており、上のレベルに上がるほど、より多くの報酬を得られるという仕組みです。 荒野行動 バトルパスの値段について:有料版の値段は? バトルパスには、無料版と有料版 エリート・ロイヤル があります。 有料版のほうが報酬も豪華であるため、荒野行動をやり込みたい方には、有料版がオススメでしょう。 値段についてですが、金券と呼ばれるゲーム内通貨を使用して解放します。 有料版の解放にかかる値段を、エリートとロイヤル、それぞれ載せておきます。 ・バトルパスエリートのメリット ・金券の還元がある ・課金専用アイテムである、金色の銃器スキンが獲得できる ・4つの永久衣装が購入可能に ・バトルパスエリートのデメリット ・購入の際に、課金が必要となる ・バトルパスロイヤルのメリット ・レベル30まで一気にスキップできる ・課金専用アイテムである、金色の銃器スキンが獲得できる ・4つの永久衣装が購入可能に ・バトルパスロイヤルのデメリット ・全ての金券が還元されるわけではない ・購入の際に、課金が必要となる このように、バトルパスでも、エリートとロイヤルではメリット・デメリットが異なる部分もあります。 バトルパスロイヤルは、レベル30までスキップできるのが魅力的ですが、全ての金券が還元されないというのがネックです。 また、購入金額も6000円と比較的高めなので、どちらが良いかじっくりと考えてから購入したほうが無難です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、荒野行動のバトルパスについて解説しました。 荒野行動にどハマりし、無課金だけでは物足りない人は、これを機にバトルパスの購入も検討してはいかがでしょうか。 きっと、さらなる荒野行動ライフを楽しむことができますよ。 それではまた、次の投稿でお会いしましょう。

次の