皇族 殺人。 もし、天皇が一般国民に殺されたら・・・

華族令嬢の生活とは?大正・昭和のスキャンダルや殺人事件エピソード

皇族 殺人

川崎市に住んでいた光菅(こうすげ)和希君(8)の願いは、東京に引っ越すことでかなえられた。 12日、都内で開かれた支…• 弁護人の控訴を、控訴期限の30日に…• 控訴期限は30日で、…• 立命館大学大学院の立岩真也教授(59)は、このよ…• 小柄な体をくの字に折り曲げて頭を下げると、緊張した様子ながら、はっきりとした声で言った。 「このたびは申し訳ありませんでした」 相模原…• 被害者の遺族の男性(59)が、殺人などの罪で起訴されて裁判が始まるのを待つ…• 「ともに生きる」とは、どういうことなのか。 事件が突きつけた問いを、被告の裁判が始まるのを機に改めて考えます。 5回で報告します。 意図せず起こる筋肉の収縮だ。 介助者が2人がかりで体をさする。 「賢治君、眠そうだね」。 その一人、大関望さん(49)が声をかけ…• GHの建設を計画した運営会社…• 別府湾をのぞむ大分県別府市のアパートが揺れ始めると、重度知的障害のある潮月ゆみさん(32)は、大声で泣き始めた。 2016年4月の熊本地震で、大分県では震度6弱の地震が起き、別府市内の…• 「やまゆり園事件」をきっかけに、何を思い、どう行動したのか。 話を聞きました…• 目覚ましアラームじゃない。 いま何時? ベッドから跳ね起きた。 2016年4月に入社し、横浜総局に配属されて3カ月。 事件や裁判の取材をしてきた。 急な呼び出しにも慣れたが、午前5時過ぎは初め…• しかし、神奈川県警は消防局と同様、年齢と性別しか公表しなかった。 「障害者施設で起きた事件でプライバシー保護の必要性が高く、遺族が匿名を強く希望している」という理由だった…• 初めての遺族取材だった。 女性は生後間もなく脳性小児まひと診断され、30年以上前に園に入所。 父親は毎月園を訪れ、面…• 中には亡くなった方を知る人もいた。 犠牲者の情報を得ようと、同僚と交代で取材に当たった。 夏場の日差しで汗だくになりながら、献花した人に…• 同僚の取材によるものだった。 公表したのは、事件から約1週間後、私の取材を匿名で受けてくれた家族だった。 当時、「報道されるたび…• 26日、相模原市の「津久井やまゆり園」であった事件。 入所者が次々に襲われ、園内は騒然となった。 突然の惨劇に言葉を失う家族ら。 対応に追われる病院。 かつて園に勤めていたと…• 捜査関係者によると、手紙では、今回の事件現場となった障害者施設を含む複数の施設名が挙げられ、入所者を殺…• 植松聖容疑者のものとみられる「聖」名のツイッターアカウントのトップページの背景には「マリファナは危険ではない」と書かれた画像がある。 植松容疑者が津…• 逮捕された元職員の男は採用直後から障害者を軽んじ、今年に入ってから言動が急に攻撃的になった…• 言動が異常さを増した背景には何があったのか。 以前は障害者へ…• 相模原市が明らかにした…• 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、元職員の植松聖(さとし)容疑者(27)が起訴された。 逮捕後の神奈川県警の調べに、「暴力団から狙われている。 殺される前…• 事件後、重度障害者が大規模施設に集まって暮らすことが議論を呼んだ。 やまゆり園ではいま、施設か地域か、入…• 現地では21年…• 社会福祉法人かながわ共同会が指定管理運営するこの施設で、入所者と職員計46人が殺傷された2016年7月の事件から約2年4カ月が過ぎた…• 障害者の生活…• 無事だった入所…• 宮本真太朗さん(24)は、介助してもらいながら生後8カ月の長女涼香(すずか)ちゃんにミルクを飲ませ、話しかけた。 その横…• 女性(33)は体が硬直し、夫の前で涙をこぼした。 そんなふうに思った自分自身に愕然(がくぜん)と…• 脳性まひで車いす生活を送る小児科医で東京大学准教授の熊谷晋一郎さん(42)に聞きました。 「障害者は不幸を作ることしかできません」と被告は記した。 事件から3年。 出産を選んだ障害のある人を通し、命の重さについて改めて考えたい。 実践学園の野球部長、脇野浩平さん(29)はベンチ前で試合を見守った。 ベスト8進出はかなわなかったが、選手たちに「今まで苦…• そのために私も周囲から差別を受け、結婚できるのか、子どもを持てるのかと、ずっと悩んできました」 仙台市内で6月に開かれた旧優生保護法を巡る裁判の集会。 埼玉県から駆け…• 「障害者は不幸を作ることしかできない」。 命を選別する植松聖(さとし)被告の言葉は、社会に暗い衝撃を与えた。 命の価値とはなに….

次の

ネパール王族殺害事件

皇族 殺人

藤原氏による殺人天国、脅迫天国。 それが天皇制。 皇族を蔑んで暗殺してきた藤原氏が、日本人を騙して支配するためにやっているのが天皇制。 天皇制とは一言で言って、藤原氏が人を殺すことを許す制度だ。 天皇制がある限り、藤原氏は皇族や一般人などをどれだけ殺しても、天皇制既得権益者から隠蔽してもらえるし、許されるのである。 天皇制は、皇族殺しで悪名高い藤原氏と天皇制既得権益者がグルになってやっている、今すぐ廃止すべき、世界で最も忌まわしい制度の一つである。 日本でも、北朝鮮の独裁政権に問題があると指摘する人は多いが、それらの人達の中で、肝心の自国の天皇制に問題があると指摘できる人は一体どれだけいるのだろうか。 他国のことも大事は大事だが、それよりも、まず第一に、自国のことをしっかりとしなければならないのに。。。 もし宮内庁が天皇を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇后を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇太子を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇太子妃雅子さんを暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が愛子さんを暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 藤原氏は、孝明天皇、睦仁親王、井上皇后、他戸皇太子を暗殺した。 暗殺の事実はなかったことにされた。 藤原氏は昭和天皇の暗殺を考えていた。 それも全然、大問題にされたことなどない。 藤原が皇族の暗殺を考えることなど、日常茶飯事なのである。 別に珍しくもないことなのである。 それが天皇制の実体だ。 だから、ここ2~3年のことだが、「愛子さんが宮内庁に命を狙われた事件が起きたが、未遂に終わり、宮内庁はお咎めなしで、なかったことにされた」という噂があったことが気になる。 藤原氏こと宮内庁は皇族を暗殺する特権を持っている。 天皇制は、藤原が皇族を暗殺する特権を持っている前提の上に成り立っている制度だ。 だから、心配だ。 藤原にとって都合の悪いことを言う一般人の命も危ないし、藤原氏に嫌われている皇族の命も危ない。 どちらも藤原氏に脅かされる。 それが天皇制だ。 天皇制は、皇族暗殺で悪名高い藤原氏が、皇族を上から目線で支配しながら、自分の特権のために日本人を騙してやっている制度なのだから。

次の

宮家・旧皇族の一覧

皇族 殺人

平成2年(1990年)に創設され、現在最も新しい宮家となっています。 常陸宮 (ひたちのみや) 昭和天皇の第二皇子、正仁親王が津軽華子と結婚して創設した宮家です。 三笠宮 (みかさのみや) 大正天皇の第4皇子三笠宮崇仁親王の成人を機に1935年に創設された宮家です。 寬仁親王家 桂宮 高円宮 (たかまどのみや) 三笠宮崇仁親王の第3皇子、憲仁親王によって1984年に創設された宮家です。 岩倉宮 (いわくらのみや) 鎌倉時代初期に存在した宮家です。 順徳天皇の皇子の忠成王が祖とされています。 なお、宮内庁は岩倉宮を正式に宮家と認めていないとされています。 四辻宮 (よつつじのみや) 鎌倉時代に存在した宮家です。 順徳天皇の皇子の善統親王が祖とされています。 3代目まで(初代・善統親王、二代・尊雅王、三代・善成王)は史料に記載されていますが、それ以降の子孫は不明となっており、断絶した宮家とされています。 常盤井宮 (ときわいのみや) 鎌倉時代から室町時代に存在した宮家です。 亀山天皇の皇子の恒明親王が祖とされています。 6代目まで(初代・恒明親王、二代・全仁親王、三代・滿仁親王、四代・直明王、五代・全明親王、六代・恒直親王)は史料に記載されていますが、それ以降の子孫は不明となっており、断絶した宮家とされています。 木寺宮 (きでらのみや) 鎌倉時代から室町時代に存在した宮家です。 後二条天皇の皇子の邦良親王が祖とされています。 花町宮 五辻宮 (いつつじのみや) 鎌倉時代後期から南北朝時代に存在した宮家です。 亀山天皇の皇子の守良親王が祖とされています。 なお、同時期に守良親王の子孫も五辻宮を名乗っていました。 小倉宮 (おぐらのみや) 室町時代に存在した宮家です。 後亀山天皇の皇子の恒敦が祖とされています。 3代目まで(初代・恒敦、二代・聖承、三代・ 教尊)は史料に記載されていますが、それ以降の子孫は不明となっており、断絶した宮家とされています。 玉川宮 (たまがわのみや) 室町時代に存在した南朝系統の宮家です。 長慶天皇の皇子が祖とされています。 聖護院宮 桂宮 (かつらのみや) 安土桃山時代から明治時代にかけてに存在した宮家です。 誠仁親王の第6皇子、智仁親王が祖とされています。 初代智仁親王から五代尚仁親王まで八条宮、六代作宮を常磐井宮、七大文仁親王から九代公仁親王まで京極宮と呼ばれ、十代盛仁親王から十二代淑子内親王までが桂宮と呼ばれています。 小松宮 (こまつのみや) 明治時代に存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第8王子、彰仁親王が祖とされています。 1903年断絶し、小松侯爵家の小松輝久が祭祀を継承しました。 東伏見宮 (ひがしふしみのみや) 明治時代に存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第17王子、依仁(よりひと)親王が祖とされています。 1922年に1代で断絶し、東伏見伯爵家の東伏見邦英が祭祀を継承しました。 有栖川宮 (ひがしふしみのみや) 明治時代に存在した宮家です。 後陽成天皇の第7皇子、好仁親王が祖とされています。 宮号は高松宮、花町宮などとなったことも有り、のちに有栖川宮となりました。 1923年断絶し、高松宮宣仁親王が祭祀を継承しました。 華頂宮 (かちょうのみや) 慶応4年から大正13年に存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第12王子、博経親王が祖とされています。 1924年断絶し、高華頂侯爵家が祭祀を継承しました。 伏見宮 (ふしみのみや) 江戸時代から昭和22年まで存在した宮家です。 北朝第 3代・崇光天皇の第 1皇子、伏見宮栄仁親王が祖とされています。 26代博明王が昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱したことにより伏見氏となりました。 閑院宮 (かんいんのみや) 江戸時代から昭和22年まで存在した宮家です。 東山天皇の第6皇子、直仁親王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱したことにより閑院氏となりました。 1988年断絶に断絶となりました。 山階宮 (やましなのみや) 江戸時代から昭和22年まで存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第1王子、晃親王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱したことにより山階氏となりました。 山階宮家の直系は断絶となりましたが、分家は存在しています。 賀陽宮 (かやのみや)明治中期から昭和22年まで存在した宮家です。 久邇宮朝彦親王の第 2王子、邦憲王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 梨本宮 (なしもとのみや) 江戸時代から昭和22年まで存在した宮家です。 伏見宮貞敬親王の第 9王子守脩親王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 北白川宮 (きたしらかわのみや) 明治時代から昭和22年まで存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第13王子智成親王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 久邇宮 (くにのみや) 明治時代から昭和22年まで存在した宮家です。 伏見宮邦家親王の第4王子朝彦親王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 朝香宮 (あさかのみや) 明治時代から昭和22年まで存在した宮家です。 久邇宮朝彦親王の第8皇子鳩彦王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 東久邇宮 (ひがしくにのみや) 明治時代から昭和22年まで存在した宮家です。 久邇宮朝彦親王の第9子である稔彦王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 竹田宮 (たけだのみや) 明治時代から昭和22年まで存在した宮家です。 北白川宮能久親王の第 1王子、恒久王が祖とされています。 昭和22年(1947年)10月14日に皇籍離脱しました。 秩父宮 (ちちぶのみや) 大正時代から昭和22年まで存在した宮家です。 大正天皇の第2皇子淳宮雍仁親王が祖とされています。 1995年断絶に断絶となりました。 高松宮 (たかまつのみや) 大正時代から昭和22年まで存在した宮家です。 大正天皇の第 3皇子宣仁親王が祖とされています。 有栖川宮家の祭祀を継承していました。 1995年断絶に喜久子妃が薨去し断絶となりました。

次の