その続きを送らせて。 伝説の投資家に送られたビットコインは何処へ? バフェット氏、仮想通貨の価値で痛烈批判

幻の握手会に参加した人間の、最高に気持ち悪い握手レポ【乃木坂46】

その続きを送らせて

義両親から布団が送られてきたのですが… いつもお世話になってます。 現在妊娠4ヶ月の妊婦です。 義両親から、『夏用の布団を送ったから使ってね』と連絡がありました。 その数日後無事届いたのですが、開けてみると敷布団のみが3つ入っていました。 開けた途端からカビ?埃っぽい?臭いがムワッとして、1枚広げてみると汚い話ですがお漏らしの跡や生理の血の跡のようなシミがついていました。 残りのものも同じようなものと思い、何より広げたくなかったので直ぐに閉まって押し入れの奥へ。 洗って干して使ってね。 』と連絡がきました。 再び開けて確認すると、ベビー布団ではなく保育園で使うお昼寝用の布団 しかもフェルト生地 をハサミで真っ二つに切ったものが2枚入っていました。 正直敷布団もベビー布団もどきも使いたくありませんし、使うにしても梅雨時で干すに干せず…嫌がらせなのかとも思いました。 『ありがとうございます』と返事をしてしまうと、返すこともできないと思い、返事は旦那に相談した後にと旦那の帰宅を待ちました。 旦那帰宅時すぐに、『何の臭い?くっせー』と発言。 『お前の親が送ってきた布団だよ!』と言いたいのをぐっと堪えて、布団が送られてきたけどこーゆー有り様であることを説明して、旦那にも見てもらいました。 『あー…でもせっかく送ってきたんだから、お客さま用布団にしたら?』と旦那。 言い方が悪くなりますが、こんなおしっこと血まみれの布団をお客さまに出せと言う神経を疑いました。 私が旦那からうまくお断りをいれて返してほしいと言うと、『は?何で俺が。 捨てることができたらどんなにいいか…でも義両親が泊まりに来たときに『あら?あの布団は?』となっては困ります。 私がお断りをするほうがいいのでしょうか?その場合角が立たない断り方はありますか? 皆様知恵をお貸しください。 補足最近晴れる日が多くなってきたので、洗って干してみたのですが臭いとシミは落ちませんでした… お客さま用のお布団は既に2組あります。 もちろん購入した新しいのです。 そのことは当然旦那も知っています。 お客さま用布団だけそんなにあってもどーするのよ!?と言いたい… そもそも送られてきた敷布団が夏用とは思えないのです。 普通の厚めで重たい敷布団です。 私でしたら、その布団、夫に使わせますが… 「気にならないんでしょ?私は嫌だから使わないよ」です。 で、泊まりに来た時にしれっとだして、 「〇さん(ご主人 に、せっかく送ってもらったんだから、 客用にすれば?といわれたので、そうしました!」と満面の笑みでいいます。 ベビー布団もどきは、赤ちゃんが生まれてから 「初めての子なので、いろいろ心配でお医者さんにみせたら、 こんなのを使うのか!と怒られました」と これまたしれっという。 角が立たない断りかた、というのはないと思いますよ。 あちらはどこまで行っても「善意」なので それを断るのは、善意を無駄にすることとしか受け取りませんから.

次の

WeWork入社を決めた元Uber高橋氏に送られた創業者からのメール —— 元GE役員も参画するその魅力

その続きを送らせて

筆者は、スマホに送られてきた動画でその不思議な物体を見た。 物体は光を放ちながら、画面左から右に向かって、およそ30度の上昇角度を保ちながらかなりのスピードで飛行していた。 まるでSF映画に登場するUFOの編隊のようだ。 動画の撮影者は「え、なにこれ・・・」と言ったきり言葉を失っていた。 雲南では、多くの人が唖然として空を見上げていたという。 その5日前の4月22日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから60基の人工衛星が打ち上げられた。 中国・雲南省の上空を移動する物体群は、イーロン・マスク氏が率いるスペースX(エックス)社が打ち上げた衛星だった。 スペースXは、4万2000基の衛星を打ち上げて、地球の周りに高速インターネット通信網を張り巡らす「スターリンク(Starlink)計画」を進めている。 多数の衛星を低軌道で網目のように配置することで、死角のない高速データ送信網を実現しようという計画だ。 4万2000基という衛星の数は、英紙「オブザーバー」によれば「人類がこれまで宇宙に打ち上げた人工衛星の5倍に相当する」という。

次の

ほのか「やったー」とスマイル&どや顔。課題クリアで喜び度もUP|その他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

その続きを送らせて

5億円の会食も老練なる投資家には功を奏さず 伝説の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は、24日、米CNBCのインタビューで、仮想通貨トロン(TRON)創設者ジャスティン・サン氏との会食後も、自身の仮想通貨に対する考え方が変わることはなく、仮想通貨に価値はないとの主張を繰り返した。 先月行われたバフェット氏との会食の権利は、仮想通貨に痛烈な批判を展開してきたバフェット氏の考えを少しでも和らげようと、サン氏が457万ドル(5億円相当)で落札したもので、ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏、SNSトレードプラットフォーム「eToro」のYoni Assia氏、BINANCEチャリティー財団のHelen Hai氏、仮想通貨取引所大手フォビのクリス・リーCFOが同席した。 「友好的な意見交換 」でもお互いの考えは変わらず 「ジャスティン・サンは仮想通貨に対するあなたの考えを変えたか」との質問に、バフェット氏は、3時間半に及ぶ会食では、とても友好的な意見の交換ができたとする一方で、仮想通貨に対する考え方は全く変わっていないと、次のように述べた。 仮想通貨は基本的に価値がない上、何も生み出さない。。。 増えることもなければ、何かを実現することもないし、小切手を送ってくれることもない。 何もできない。 仮想通貨に望める事といえば、後日、他の誰かがやって来て、より多くの金額を支払ってくれることくらいだ。 でもその当人が問題を抱えることになる。 …価値の観点から言うと、ゼロだ。 サン氏と仮想通貨業界の有力者4人との会食では、バフェット氏の考えを変えることはできなかったようだが、バフェット氏にしても、サン氏の考えを変えることはなかったようだ。 なお、食事会の権利の落札による寄付によって、サンフランシスコの慈善団体が「膨大な量の夕食と寝床を購入できる」ため、サン氏には「感謝している」とバフェット氏は付け加えた。 「仮想通貨は所有していないし、一切そのつもりもない」 この会食の場で、サン氏がバフェット氏にビットコインを贈呈したことが報道されていたため、「ビットコイン保有者になった気持ちは」と尋ねられると、「ビットコインは全く持っていない」とバフェット氏は返答。 インタビュアーは、保有の事実がないかどうか再度、確認する場面もあったが、同氏はきっぱりと、「どのような仮想通貨も所有していないし、今後、一切そのつもりもない」と答えた。 バフェット氏は、誕生以来10年が経過したビットコインが、その有用性について様々な話はありながらも、未だ同氏がCEOを務めるバークシャーハサウェイ関連会社の業務には、全く使用されていないことを指摘。 また、「ビットコインは、かなりの金額を違法に移動させるのに使われてきたと思う。 」と述べ、「ビットコインの経済的貢献」は、スーツケースに現金をつめて他国へと移動する必要がなくなることで、スーツケースの需要を減らしたことだと冗談を言い、笑った。 矛盾する両者の主張 サン氏は、バフェット氏との会食で1ビットコインとバフェット氏の誕生日にちなんだ額のトロン(1930830TRX)が搭載されたサムソンのスマートフォンを贈呈したことを、ツイッターで明らかにしていた。 is officially a owner! I gifted him 1,930,830 equivalent to his bday! Buffett joked he wished he was born later so that he could have more! Buffett address: — Justin Sun justinsuntron バフェット氏はいかなる仮想通貨の保有の事実はないと、このインタビューで明言しているため、両者の主張には食い違いがある。 サン氏の主張が事実だとすると、バフェット氏がその後、贈呈された仮想通貨入りのスマートフォンにどのように対処したのかは知る由もないが、ブロックチェーン技術のおかげでビットコイン取引の記録は、誰でも閲覧が可能だ。 ちなみに、サン氏が公開した「バフェット氏用の」ビットコインアドレスには、その後も少量のビットコインが幾度かにわたって送金されており、執筆時点では総額1. 01519228 BTCとなっている。 スーツケースよりは、はるかに簡便で透明性の高い資金の移動が可能なのがビットコインなのだが、バフェット氏にそのメッセージが届く日は来ないようだ。 画像はShutterstockのライセンス許諾により使用.

次の