こっ ぺん どっと。 どうなんde’s ・ コッペん道土

関東でも大人気!木古内町「コッペん道土」に行列ができる理由

こっ ぺん どっと

明治18年から19年にかけて、旧庄内藩の藩士105戸が木古内町へ移住して以来、山形県鶴岡市と木古内町の間には永い交流が続いています。 そのつながりを意気に感じた、鶴岡市の有名レストラン『アル・ケッチァーノ』のオーナーシェフ奥田政行氏が、 「道の駅 みそぎの郷 きこない」内のレストランをOPEN当初監修してくださいました。 木古内産はもちろん、海の幸や山の幸が共に豊富な道南エリアの各地から優れた食材を集め、 食材の本来の持ち味をとことん引き出すメニューを揃えます。 レストランの名は 『どうなんde's 』。 読み:どうなんデス 奥田シェフの魂を受け継ぐ木古内イタリアンをお楽しみください。 また、どうなんde'sは別部門としてパン屋さんを運営しています。 小さな店内で製造販売するパン屋さんの店名は 『コッペん道土』。 読み:こっぺんどっと お店の場所は、どうなんde'sと同じく"道の駅"の中にあります。 人気の「ぱくぱく塩パン」を始め、道南産食材を使ったコッペパンなどを味わってみてはいかがですか。 【目次】• 日替わりランチの紹介や店休日など、最新情報はこちらのページで随時公開しています。 コッペん道土 読み:こっぺんどっと の名物メニューなどを紹介しています。 新作の紹介など、最新情報はこちらのページで随時公開しています。 営業カレンダー この営業カレンダーは、「どうなんde's」および「コッペん道土」より営業予定の情報が提供されてから作成しています。 そのため、最新の営業予定については「TEL 01392-6-7210 どうなんde's」へ直接お電話でご確認をお願いします。 注意事項 本ページ内の情報 メニュー内容、価格、営業日等 は予告無く変更となったり、貸切営業や臨時休業などでご利用できなくなる場合があります。 お手数ですが、ご利用の前にお電話等でご確認をおすすめします。 14:00 ・ディナー17:30~21:00 L. 20:45• ・年末年始•

次の

イオンモール大日パン工場内に「こっぺん堂」OPEN

こっ ぺん どっと

こんにちは、monaです! 北海道からやってきたコッペパン専門店「コッペんどっと」の元となるパン屋さん「コッペん道土」は北海道の南端にある小さな町「木古内町」にある、行列のできるパン屋さん。 最近では多くのメディアに取り上げられるようになり、2016年の世田谷パン祭りにも出店し大きな人気を得ました。 そこで今回は「コッペんどっと」の人気の秘密に迫ります! 「コッペんどっと」はどこにあるの? 「コッペんどっと」は東急田園都市線市が尾駅から徒歩3分ほどのところにあります。 市が尾駅の東口を出て右折、そのまままっすぐ歩いて突き当たりを右に曲がると、「コッペんどっと」の赤い看板が見えます。 昨年12月17日にオープンしたばかりの新しいお店です。 店内はこんな感じ。 黒板には「コッペんどっと」などについて書かれていました。 北海道のおいしい素材や食材、木古内町の土地柄や魅力を、コッペパンを通じて伝えていきたい、その思いがつづられています。 コッペパンを注文してみた! 早速コッペパンを注文してみました。 メニューにはスタンダードなものからちょっと変わったもの、北海道ならではというものまで、たくさんあります。 今回私は「カニクリームコロッケ」、「ひこま豚の焼きそば」、そして「みそぎの塩ミルククリーム」の3つを注文しました。 サクサクの衣となめらかなクリームがおいしいカニクリームコロッケとサウザンアイランドソースの酸味、キャベツのシャキシャキ食感が楽しいコッペパンです。 やさしいソースの味に、紅ショウガがアクセントになっています。 「ひこま豚」は北海道育ちの豚ということで、北海道ならではの食材を使ったコッペパンになっています。 一見ただのクリームに見えますが、このクリームには木古内町の特産品である「みそぎの塩」が使用されていて、あまじょっぱさが特徴のコッペパンです。 「コッペんどっと」の人気の秘密 私はとある平日の10:30頃に行ったのですが、それでも20人くらい並んでいて、並び始めてからコッペパンを手に入れるまでに40分ほどかかりました。 オープンから1か月が経ったからそろそろ落ち着いたかなと思っていたのですが……大人気でした。 今回取材してみて感じた「コッペんどっと」の人気の理由には2つあります。 小麦の香り、柔らかい食感、ほんのりとした甘さ、この3つの点で「優しい」という言葉がぴったりのコッペパンです。 注文を受けてからはさむことによってつぶれることなくふわふわのコッペパンを提供することができます。 これが並ぶ時間を延ばしてしまっている原因にもなってしまっているのですが、このひと手間によってパンがよりおいしくなっているように感じました。 今回私は開店30分後くらいに行ったのですが、その時点で「鶏ザンギ」、「北海道和牛コロッケ」、「十勝あんマーガリン」など、北海道らしいメニューのものは売り切れてしまっていたので、そういったものを注文したい方は開店後すぐに行くことをオススメします。 また、ほかのメニューでもコッペパンがなくなり次第販売を終了してしまうので、早めに行くことをお勧めします。

次の

コッペん道土木古内本店

こっ ぺん どっと

こんにちは、monaです! 北海道からやってきたコッペパン専門店「コッペんどっと」の元となるパン屋さん「コッペん道土」は北海道の南端にある小さな町「木古内町」にある、行列のできるパン屋さん。 最近では多くのメディアに取り上げられるようになり、2016年の世田谷パン祭りにも出店し大きな人気を得ました。 そこで今回は「コッペんどっと」の人気の秘密に迫ります! 「コッペんどっと」はどこにあるの? 「コッペんどっと」は東急田園都市線市が尾駅から徒歩3分ほどのところにあります。 市が尾駅の東口を出て右折、そのまままっすぐ歩いて突き当たりを右に曲がると、「コッペんどっと」の赤い看板が見えます。 昨年12月17日にオープンしたばかりの新しいお店です。 店内はこんな感じ。 黒板には「コッペんどっと」などについて書かれていました。 北海道のおいしい素材や食材、木古内町の土地柄や魅力を、コッペパンを通じて伝えていきたい、その思いがつづられています。 コッペパンを注文してみた! 早速コッペパンを注文してみました。 メニューにはスタンダードなものからちょっと変わったもの、北海道ならではというものまで、たくさんあります。 今回私は「カニクリームコロッケ」、「ひこま豚の焼きそば」、そして「みそぎの塩ミルククリーム」の3つを注文しました。 サクサクの衣となめらかなクリームがおいしいカニクリームコロッケとサウザンアイランドソースの酸味、キャベツのシャキシャキ食感が楽しいコッペパンです。 やさしいソースの味に、紅ショウガがアクセントになっています。 「ひこま豚」は北海道育ちの豚ということで、北海道ならではの食材を使ったコッペパンになっています。 一見ただのクリームに見えますが、このクリームには木古内町の特産品である「みそぎの塩」が使用されていて、あまじょっぱさが特徴のコッペパンです。 「コッペんどっと」の人気の秘密 私はとある平日の10:30頃に行ったのですが、それでも20人くらい並んでいて、並び始めてからコッペパンを手に入れるまでに40分ほどかかりました。 オープンから1か月が経ったからそろそろ落ち着いたかなと思っていたのですが……大人気でした。 今回取材してみて感じた「コッペんどっと」の人気の理由には2つあります。 小麦の香り、柔らかい食感、ほんのりとした甘さ、この3つの点で「優しい」という言葉がぴったりのコッペパンです。 注文を受けてからはさむことによってつぶれることなくふわふわのコッペパンを提供することができます。 これが並ぶ時間を延ばしてしまっている原因にもなってしまっているのですが、このひと手間によってパンがよりおいしくなっているように感じました。 今回私は開店30分後くらいに行ったのですが、その時点で「鶏ザンギ」、「北海道和牛コロッケ」、「十勝あんマーガリン」など、北海道らしいメニューのものは売り切れてしまっていたので、そういったものを注文したい方は開店後すぐに行くことをオススメします。 また、ほかのメニューでもコッペパンがなくなり次第販売を終了してしまうので、早めに行くことをお勧めします。

次の