平成31年 硬貨 価値。 【50円硬貨買取】全年代の50円玉の買取相場を一覧でご紹介

入手難易度は?令和元年と平成31年の硬貨の価値はどっちが上?

平成31年 硬貨 価値

昭和64年硬貨の価値・価格 それでは、さっそく昭和64年硬貨の価値・価格について見ていきたいと思います。 一週間しかなかった昭和64年・・・果たしてその短い期間に作られた硬貨はいくらの価格がつくのでしょうか? 各硬貨の発行枚数 まずは、昭和64年に発行された硬貨の枚数についてみていきます。 1円玉・・・1億1610万枚(昭和63年の約10分の1)• 5円玉・・・6733万枚(昭和63年の約6分の1弱)• 10円玉・・・7469万枚(昭和63年の約8分の1)• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 500円玉・・・1604万枚(昭和63年の約9分の1) とそれぞれなっています。 一番よく使うイメージの100円玉と、その一つ下の額である50円玉は実は1枚たりとも発行されていないんです。 ですので、昭和64年硬貨は1円玉・5円玉・10円玉・そして500円玉のみとなります。 これは、1・5・10円玉の発行枚数との兼ね合いから、偶然にも50円玉と100円玉の発行が3月を予定していたためだそうです。 とはいえ、 一週間しかなかった事を考えると劇的にその枚数が少ないというわけではありません。 さて、この微妙な枚数を刻んでいる昭和64年硬貨、その価格はいったいどれくらいとなっているのでしょうか。 次はいよいよ気になる価値・価格についてみていきます。 各硬貨の価値・価格 さて、気になる昭和64年硬貨の価値ですが、以下のようになっています。 1円玉・・・3円~• 5円玉・・・7円~• 10円玉・・・12円~• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 500円玉・・・600円~ となっています。 ・・・微妙ですね 笑 しかも気づいた方もいるでしょうが、 今書いたのは各硬貨の価値です。 これまで、なんとなく昭和64年硬貨は高いと思っていた方、残念ながら価格は変わりません・・・ プレミア価格がつく硬貨 とはいえ、ここまで書いておいて結論が 昭和64年硬貨は価格は一緒です!! 改めて調べてみましたところ、やはり未使用の場合にその価格が跳ね上がるようです。 それぞれの未使用価格を並べてみました。 1円玉・・・50円• 5円玉・・・100円• 10円玉・・150円• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• ちなみに、 使用済み昭和64年硬貨の中でも500円玉だけは若干価格が上がる場合も。 上では600円と書きましたが、保存状態が良ければ使用済みの硬貨でも800円ほどの値がつくこともあるそうです。 更に、皆さんの手持ちのお金が思わぬ価格の硬貨となる場合も・・・ それが、 変形した硬貨 です。 実は、極まれにではあるものの、 硬貨の形が通常のものと異なる場合があるんです。 今まで報告があったのは• 穴がない5円玉・50円玉• 穴が真ん中以外の位置にある5円玉・50円玉• 模様の印刷ずれがある硬貨• くぼみ・へこみがある硬貨• 形が変形している硬貨 です。 これらの硬貨は昭和64年に限らず、すべての年代に存在している可能性のあるものです。 そのどれもが当然お金としての価値はないのですが、 ヤフーオークションなどで数千円から数万円、中には数十万円で取引されているものもあります。 凄すぎです・・・ どこにでも希少価値の高いものを求める方は多いもの。 もし変わった硬貨を見かけたら、一度ヤフオクに出品してみてはいかがでしょうか? 希少価値のある硬貨も一挙紹介!! 折角ですので、 昭和64年に限らず他の年代の硬貨についても希少価値の高いものを紹介していきます。 1円玉• 平成23年~平成25年 400円~• 平成13年 20円~• 平成22年 18円~• 平成14年 10円~• 平成12年 6円~ 1円がまさかの400円に化けました!! そのため、この3年間に作られた1円玉は非常に貴重なものとして取引されているそうです。 保存状態によっては1000円以上の価値を手に入れることもあるようです。 5円玉• 平成22年~25年 800円~• 平成21年 500円~• 平成12年 25円~• 昭和42年 24円~• 昭和32年 22円~ こちらは驚きの160倍にまで跳ね上がりました! 1円玉と同様、平成22~25年度は特に発行枚数が少なかった5円玉。 そのせいもあって、この4年間の5円玉は信じられないほどの価値を持つようになったのです。 もし125枚持っていれば、625円が10000円に・・・夢が膨らみます。 10円玉• 昭和33年 60円~• 昭和32年 25円~• 昭和34年 22円~• 昭和30年 20円~• 昭和61年 18円~ あれ? と思った方もいるかと思います。 そう、 10円玉はあまり希少価値の高い硬貨が存在しないんです。 これは、一番よく使われる10円玉だけにその発行枚数も多く、結果として希少価値が生まれにくいのが原因のようです。 50円玉• 昭和62年 3000円~• 平成22年~25年 1400円~• 平成21年 100円~ どちらかと言えば使用頻度の少ない50円玉が、1枚でまさかの3000円の価値を持っています。 100円玉• 平成13年 130円~• 平成14年 110円~ 見ての通り、こちらの希少価値はほとんど付かないものばかりです。 先ほどの10円玉と同じく市場で多く使われている硬貨なだけに、その発行枚数も多いようです。 毎年数多くつくられているため、どの年代でも価値・価格ともにほとんど変動はありません。 500円玉• 昭和62年 1400円~• 昭和64年 600円~ 500円も毎年ほとんど枚数に変動がないため、あまり各年代で価格に差がつかなかったようです。 唯一昭和62年のみその発行枚数をわずかに減らしたため、1400円と言う高値が付いたようです。 ちなみに、今回の主題でもあった昭和64年硬貨は第2位の価格につけています。 終わりに~硬貨の値上がり見つけ方~ いかがだったでしょうか? 今回は 一週間しかなかった昭和64年の硬貨の価格・価値について紹介し、 そのほかの年代の希少価格の高い硬貨についてもあわせて見ていただきました。 それは、 その年の硬貨の発行枚数を見ることです。 ほかの年と比べて明らかに発行枚数が少ない場合、近い将来価格が跳ね上がります。

次の

入手難易度は?令和元年と平成31年の硬貨の価値はどっちが上?

平成31年 硬貨 価値

平成31年硬貨の価値はプレミアが付く? 平成も今年平成31年の4月30日までとなりましたよね。 なんとも残念な感じですが、新しい年号になっていろいろ楽しいことも起こる予感もします。 しかしここで不思議に思うのが、 硬貨の【年号】について。 この現象、以前にもあった気がしませんか? そう、それは 【昭和64年】と【平成元年】でした!! 今回平成31年の硬貨が価値がでるのか、昭和64年の硬貨がどんなプレミアが付いたかを参考に、調べてみました! 昭和64年の硬貨について 昭和64年は1月17日までだったので、造幣された数は少ないです。 1円玉ー1億1610万枚• 5円玉ー6733万枚• 10円玉ー7469万枚• 50円玉ー発行されていない• 100円玉ー発行されていない• 500円玉ー1604万枚 50円玉と100円玉は発行されなかったにしても、ちょっと数が莫大すぎて、ピンときませんよね。 参考までに前年の昭和63年と比較してみると、その発行の数は 【6~9分の1】と言われています。 と、いうことは かなりその数は少ない! と、いうことですよね。 これはプレミアがつく気配がかなり感じられます。 昭和64年の硬貨の価値は上昇中! 数少ない昭和64年の硬貨の価値を調べてみました。 実際昭和64年の硬貨を買い取りに持って行ったとします。 その時の金額は・・・。 なんと、 同じだそうです。 まあ、お金自体は金銭価値が変わっていないわけですし、当然といえば当然ですが・・・ しかしあきらめてはいけません! この金額は、使用されていた昭和64年硬貨の場合なんです。 では 未使用の場合はどうなるのか、というと・・・。 実はこのような結果になっています。 1円玉・・・50円• 5円玉・・・100円• 10円玉・・150円• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 」 と、疑問に思いますよね。 ただ単に銀行に両替に行っても、それが平成31年の硬貨にしてもらえるとは限りません。 しかも 「平成31年の硬貨に両替してください!! 」 なんて、口が裂けても恥ずかしくて言えませんよね。 では、 どうやったら平成31年の硬貨が入手できるのでしょうか? しかも価値があるのは【未使用の硬貨】となります。 これはさらに狭き門になりそうですよね・・・。 平成31年の硬貨、しかも未使用の硬貨を入手する・・・今回はそんな方法も調べてみました。 その一つは、 購入する方法です。 日本造幣局からは、ジャパンコインセットなるものが販売されています。 「日本の伝統美」をテーマにしていて美しい仕上がりなんです。 しかも毎年販売されているので、 平成31年も販売される予定です。 タイトルは「平成31年銘ジャパンコインセット」。 この貨幣セットは平成31年銘の未使用の1円玉から500円玉の6種類の硬貨が収納されています。 デザインも日本の美しさをテーマにしているので、 飾っておくだけでもインテリアとしての価値がありそうですよね。 しかも何年か後に金額を査定してみると、とっても驚く結果になるかもしれません。 そしてもう一つは・・・。 調べてみると、それは【意外な方法】でした。 昭和64年の硬貨を入手した方法を調べてみると 【買い物した時のつり銭に、昭和64年の硬貨が混じっていた】 と、いう意見が多かったんです! では今回の平成31年の硬貨もその現象が多くみられるはずですよね。 買い物でお釣りをもらったら、平成31年かをチェックしてみてください。 そして平成31年の硬貨が混じっていたら、 ビンなどに保管しておくと無くすことはないですよね。 「でもそれって面倒くさいなぁ」 と、思われる方も正直少なくないと思います。 しかしこれから 【硬貨によっては、さらに価値が上がる硬貨がある・・・】 と、聞いたらどうでしょうか? 「え?それってどうゆうこと?」 と、不思議に思われるかもしれませんが、平成31年の硬貨はその種類によって、価値がガラッと変わってくるものがあるんです! 最も高いと予想される平成31年硬貨は・・・ 平成31年の硬貨は、それだけでも価値が上がると予想されます。 しかも、これから 【1円玉の価値がさらに上がる可能性がある・・・】と、予想されているんです。 そうなんです。 1円玉は、平成31年に消費税が10%になると、生産枚数自体が減少する可能性が非常に高いんです! それでなくても、調べてみると 1円玉の発行率は年々下がってきています。 ということは・・・平成31年の1円玉の発行数がかなり少なくなるのは明らかですよね。 もしお買い物の際に、平成31年の1円玉がお釣りに交じっていたら・・・。 宝くじに当選したような【ラッキー】になるかもしれません! そしてさらに、 価値が上がる硬貨の基準があることがわかりました。 それは・・・ 年号に関係なく、【変形している硬貨】も価値が上がる! ということなんです。 これまでに価値が高くついたプレミアの硬貨は• 穴がない5円玉や50円玉• 穴が真ん中から一がズレてあいている5円玉・50円玉• くぼみや凹みがあって、硬貨の形が変形している硬貨• 模様の印刷がズレている硬貨 などがありました。 平成31年の1円玉で、その形が変形していたりしたら・・・それはとってもプレミアが付く硬貨になることは間違いないですね! しかも年号に関係なく、変形1円玉で、【280万円】になった1円玉もあるんです。 (ちなみに、ヤフー・オークションで落札されました) そのうえ最近ではよく耳にする【仮想通貨】や【電子マネー】で、硬貨の流通が減ってきています。 そのことも考えると、 今後どんどん珍しい硬貨の価値が上がってくることは間違いないのではないでしょうか? 平成31年硬貨の価値は上がり続ける! 今回は 平成31年の硬貨の価値が上がるのか、という疑問についての解答を調べてみました。 昭和64年の硬貨の価値が上がったことを、参考にして考えると 【平成31年の硬貨の価値は上がる!! 】 と、考えられますよね。 そして一番希少価値が付いて、プレミアになるのは 【平成31年の1円玉】 の可能性が高いです。 今後生産量が減っていく中で、数少ない1円玉、それも平成31年の1円玉となると、 数十年後には信じられないような価格まで上昇している可能性すらあります。 記念硬貨や古銭が家の片隅で眠っている方も 「古いから捨てようか」 と、捨てる前に、一度見積もりをもらってみたほうがいいかもしれませんね。 そして【変形した硬貨】は、 「どうせ使えないし・・・」 と、おもわずに、保管しておくことをオススメします!

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

平成31年 硬貨 価値

現行硬貨(1円玉〜500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年〜令和2年】 現行硬貨(1円玉〜500円玉)のそれぞれについて、年別の発行枚数を全て収録しています。 (昭和24年〜令和2年:令和2年は未確定) 造幣局のオフィシャルデータ(年銘別貨幣製造枚数)には、現実的には流通していないもの(穴無し50円玉とか)も含まれており、しかもPDFだったので、必要な部分のみ抜粋した表を作ってみました。 表でオレンジ色に着色したところは、特に発行枚数・流通量が少ないレアな年です(「特年」と言うそうです) 硬貨の状態(未使用・美品)によっては額面以上の価値(プレミア)のつくものもあります。 また、 灰色で着色したところは、発行枚数の全てが貨幣セット(ミントセット・プルーフセット・イベント用貨幣セット)用のため、バラで流通することは通常考えられず、財布の中を探してもほぼ100%見つかることはありません。 近年は、現金以外の決済手段が発達してきたためか、景気の低迷の影響か、硬貨発行枚数が非常に少ない状況が続いていましたが、平成26年に数年ぶりに市場流通向けの1円玉・5円玉・50円玉が発行されました。 消費税が5%から8%になったためかと思います。 消費税が8%から10%になったら1円玉・5円玉の発行枚数は再び非常に少なくなるものと思われます。 1円玉は平成28年から再びほとんど発行されなくなっています。 ・ ・1989年の1円玉・5円玉・10円玉、500円玉は「昭和64年」銘のものと「平成元年」銘のものとがあります。 ・ 「平成」の元号は平成31年で終わり、2019. 1以降は「令和元年」となりましたが、2019年分について、50円玉は「平成31年」銘がレアで、100円玉・500円玉は「令和元年」銘が比較的少ないです。 現行硬貨(1円玉〜500円玉)の発行枚数一覧 【昭和24年〜令和2年】 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 昭和24年 1949 - 111,896,000 - - - - 25年 1950 - 181,824,000 - - - - 26年 1951 - 197,980,000 101,068,000 - 27年 1952 - 55,000,000 486,632,000 - 28年 1953 - 45,000,000 466,300,000 - 29年 1954 - 0 520,900,000 - 30年 1955 381,700,000 0 123,100,000 - 31年 1956 500,900,000 0 0 - 32年 1957 492,000,000 10,000,000 50,000,000 - 33年 1958 374,900,000 50,000,000 25,000,000 - 34年 1959 208,600,000 33,000,000 62,400,000 - 35年 1960 300,000,000 34,800,000 225,900,000 - 36年 1961 432,400,000 61,000,000 229,900,000 - 37年 1962 572,000,000 126,700,000 284,200,000 - 38年 1963 788,700,000 171,800,000 411,300,000 - 39年 1964 1,665,100,000 379,700,000 479,200,000 - 40年 1965 1,743,256,000 384,200,000 387,600,000 - - - 41年 1966 807,344,000 163,100,000 395,900,000 - - - 42年 1967 220,600,000 26,000,000 158,900,000 238,400,000 432,200,000 - 43年 1968 0 114,000,000 363,600,000 200,000,000 471,000,000 - 44年 1969 184,700,000 240,000,000 414,800,000 210,900,000 323,700,000 - 45年 1970 556,400,000 340,000,000 382,700,000 269,800,000 237,100,000 - 46年 1971 904,950,000 362,050,000 610,050,000 80,950,000 481,050,000 - 47年 1972 1,274,950,000 562,950,000 634,950,000 138,980,000 468,950,000 - 48年 1973 1,470,000,000 745,000,000 1,345,000,000 200,970,000 680,000,000 - 49年 1974 1,750,000,000 950,000,000 1,780,000,000 470,000,000 660,000,000 - 50年 1975 1,656,150,000 970,000,000 1,280,260,000 238,120,000 437,160,000 - 51年 1976 928,850,000 200,000,000 1,369,740,000 241,880,000 322,840,000 - 52年 1977 895,000,000 340,000,000 1,467,000,000 176,000,000 440,000,000 - 53年 1978 864,000,000 318,000,000 1,435,000,000 234,000,000 292,000,000 - 54年 1979 1,015,000,000 317,000,000 1,207,000,000 110,000,000 382,000,000 - 55年 1980 1,145,000,000 385,000,000 1,127,000,000 51,000,000 588,000,000 - 56年 1981 1,206,000,000 95,000,000 1,369,000,000 179,000,000 348,000,000 - 57年 1982 1,017,000,000 455,000,000 890,000,000 30,000,000 110,000,000 300,000,000 58年 1983 1,086,000,000 410,000,000 870,000,000 30,000,000 50,000,000 240,000,000 59年 1984 981,850,000 202,850,000 533,850,000 29,850,000 41,850,000 342,850,000 60年 1985 837,150,000 153,150,000 335,150,000 10,150,000 58,150,000 97,150,000 61年 1986 417,960,000 113,960,000 68,960,000 9,960,000 99,960,000 49,960,000 62年 1987 955,775,000 631,775,000 165,775,000 775,000 193,775,000 2,775,000 63年 1988 1,269,042,000 396,120,000 618,112,000 109,112,000 363,112,000 148,218,000 昭和64年 1989 116,100,000 67,332,000 74,692,000 0 0 16,042,000 平成元年 1989 2,366,970,000 960,660,000 666,308,000 245,000,000 369,000,000 192,852,000 2年 1990 2,768,953,000 520,953,000 754,953,000 274,953,000 444,953,000 159,953,000 3年 1991 2,301,120,000 517,120,000 632,120,000 209,120,000 375,120,000 170,120,000 4年 1992 1,299,130,000 301,130,000 538,130,000 49,130,000 211,130,000 88,130,000 5年 1993 1,261,240,000 413,240,000 249,240,000 51,240,000 82,240,000 132,240,000 6年 1994 1,040,767,000 197,767,000 190,767,000 65,767,000 81,767,000 105,772,000 7年 1995 1,041,874,000 351,874,000 248,874,000 111,874,000 92,874,000 182,869,000 8年 1996 942,213,000 207,213,000 546,213,000 82,213,000 237,213,000 99,213,000 9年 1997 783,086,000 239,086,000 491,086,000 150,086,000 272,086,000 173,090,000 10年 1998 452,612,000 172,612,000 410,612,000 100,612,000 252,612,000 214,608,000 11年 1999 67,120,000 60,120,000 359,120,000 59,120,000 179,120,000 165,120,000 12年 2000 12,026,000 9,030,000 315,026,000 7,026,000 172,026,000 595,969,000 13年 2001 8,024,000 78,025,000 542,024,000 8,024,000 8,024,000 608,051,000 14年 2002 9,667,000 143,662,000 455,667,000 11,667,000 10,667,000 504,661,000 15年 2003 117,406,000 102,406,000 551,406,000 10,406,000 98,406,000 438,405,000 16年 2004 52,903,000 70,903,000 592,903,000 9,903,000 204,903,000 356,903,000 17年 2005 30,029,000 16,029,000 504,029,000 10,029,000 300,029,000 345,030,000 18年 2006 129,594,000 9,594,000 440,594,000 10,594,000 216,594,000 381,593,000 19年 2007 223,904,000 9,904,000 388,904,000 9,904,000 129,904,000 409,903,000 20年 2008 134,811,000 9,811,000 362,811,000 8,811,000 93,811,000 432,811,000 21年 2009 48,003,000 4,003,000 338,003,000 5,003,000 115,003,000 343,003,000 22年 2010 7,905,000 510,000 328,905,000 510,000 67,905,000 406,905,000 23年 2011 456,000 456,000 255,936,000 456,000 178,936,000 301,936,000 24年 2012 659,000 659,000 279,211,000 659,000 402,211,000 267,211,000 25年 2013 554,000 554,000 100,892,000 554,000 608,892,000 137,892,000 26年 2014 124,013,000 87,538,000 171,013,000 7,538,000 445,013,000 167,013,000 27年 2015 82,004,000 105,004,000 203,004,000 47,004,000 410,004,000 143,004,000 28年 2016 574,000 35,064,000 198,064,000 46,064,000 461,064,000 221,064,000 29年 2017 477,000 33,927,000 124,927,000 20,927,000 518,927,000 426,327,000 30年 2018 440,000 17,960,000 178,960,000 56,960,000 567,960,000 286,192,000 平成31年 2019 566,000 16,946,000 197,594,000 1,118,000 302,006,000 126,164,000 令和元年 2019 502,000 20,574,000 137,026,000 42,502,000 58,614,000 76,956,000 令和2年 2020 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 ・記念硬貨(各都道府県別デザインの 500円バイカラー・クラッド Bi-metallic 硬貨など、通常硬貨とデザインが異なるもの)は 含まれません。 ・通常硬貨と同デザインで表面仕上げが異なるもの( プルーフセット)は 含まれます。 現在使われている硬貨の中でも、年代の新旧により微妙な違いがあるものがあります。 逆に平成11年までの旧500円玉は、年代は比較的新しいものの、韓国500ウォン硬貨を悪用した偽造が相次いだため、フデ5やギザ10と異なり、銀行や郵便局で預入・両替した時点で全数が回収されてしまいます。 そのため旧500円玉は現在、市場にほとんど流通していません。

次の