埼玉 ホスト。 埼玉県で48人感染 大宮のホストクラブでクラスター [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナ感染拡大 神奈川・埼玉・千葉の感染状況は

埼玉 ホスト

出典: 関東のホストクラブ界は歌舞伎町以外でも賑わってます! 埼玉大宮で人気を浚うイケメンホスト集団『D. 夜営業だけでなく朝ホスでも活躍!今回は大宮のナイトクラブシーンを盛り上げる超人気店舗をご紹介しましょう。 ホストクラブ『D. 歌舞伎町に匹敵する豪華店内とイケメンたちに酔いしれることができる特別空間なんです。 それに続く3店舗目がイケメンホスト集団『D. 営業時間は1部と2部。 好きな時間で楽しめる! 歌舞伎町ホストクラブとは違い、大宮の『D. ホストクラブといえば夜の営業というイメージがありますよね。 実は、日の出~お昼までの「日の出営業」 2部営業 も人気なんですよ~!夜の時間帯に働く女性や病院勤務の女性、昼間に自由時間を持つ主婦が多く通っています。 グランドオープンは2015年6月17日 夜の営業と朝ホス、2つの時間帯でホストクラブを楽しめる『D. その「伝説開幕」は2015年6月。 先にグランドオープンしたのは朝ホスの2部でした。 初回料金・地図・アクセスは? 『D. 2時間2,000円のコースか、フリータイム5,000円、どちらも鏡月、お茶、ウーロン茶飲み放題が料金に含まれています。 アクセスはJR大宮駅(東口)から徒歩5分です。 住所:埼玉県さいたま市大宮区仲町2-50Taiho Square 5F 電話番号:048-783-4221 営業時間:1部19:00~25:00、2部日の出~9:00 定休日:毎週土曜、日曜 『D. しかし『D. 友達の前では取り繕ってしまうもの。 いきなりお店に会いに行くのは心の準備ができてませんって人は、ネット配信ツイキャスを見てみましょう。 も更新中です。 1993年12月31日生まれの26歳で身長168cm。 出身地は熊本です。 優し気な笑顔で、日常に疲れた乙女の心を朝から癒してくれますよ~! 、、で情報発信中です。 店舗でも毎月ランキング上位に食い込む人気ホストです。 SNSは、を発見しました! 『D. 初回料金は2時間1,000円、フリータイム5,000円。 どちらのコースも鏡月1本サービス、ウーロン茶/ミネラル飲み放題、生ビールorカクテルサービスとなっています。 7月1日にリニューアルオープン予定。 初回2時間2,000円コースと、フリータイム5,000円。 鏡月、お茶、ウーロン茶が飲み放題です。 場所は『D.

次の

埼玉県

埼玉 ホスト

2020年6月30日現在 都道府県 登録 団体名 相手国・地域 計画の特色 計画の概要 備考 北海道 札幌市 ウクライナ ウクライナは2017年、2019年に札幌市で開催されたパラノルディックスキーワールドカップに多くの選手が参加しており、札幌市では今後もワールドカップ等の国際大会の誘致を検討しているため、これらの大会が誘致された場合、同国の選手の出場が見込まれる。 このため、ウクライナ視覚障害者スポーツ連盟との間で男子ゴールボールチームの東京大会の事前合宿受入れを目指し、東京大会後も継続したウクライナとの交流・友好関係発展に取り組む。 事前合宿中に、国内ゴールボールチームとの親善試合や市内の子どもを対象とした体験会の実施を通じて、将来世代の共生社会への理解促進を促す。 ホストタウンの取組を通じて、2022北京冬季大会のウクライナ選手団の事前合宿受入れを目指す。 2020. 31登録 函館市 カナダ 1982年にカナダのハリファックス市と姉妹都市提携を締結して以来、教育分野を中心とした交流事業を行ってきたつながりから誘致活動を行い、カナダのバドミントンチームの事前合宿の受入れが内定した。 地元青少年とのスポーツ・文化交流等を通じ、カナダとの国際交流を深め、地域のスポーツ振興及び国際化を図っていく。 2019. 31登録 釧路市 ベトナム 2010年に市内にベトナム名誉領事館が開設される。 また、国内唯一の坑内掘炭鉱である市内企業がベトナムからの技術者受入れ等の交流を継続していることを活かし、オリンピックの前後を通して、スポーツを契機とした市民レベルの交流につなげる。 これまでに、住民向けベトナム文化交流イベントの開催やベトナムで開催された女子バレーボール国際大会に地元学生チームを派遣するなど交流を実施。 2017. 7登録 網走市 オーストラリア、韓国 国内ラグビーチーム合宿地のメッカ。 小学生のタグラグビーも盛ん。 ラグビートップリーグのチームも合宿に訪れており、所属するオーストラリア選手・スタッフとの縁を活かし、同国の7人制ラグビー代表の事前誘致に取り組む。 オーストラリアのパラレーサー(車いす陸上)チームと交渉できる環境にあり、事前合宿の誘致を進める。 当市において、2008年から大韓陸上連盟と日本陸上連盟の合同合宿を実施していることを縁として、東京大会における韓国の陸上長距離代表の事前合宿実施について協定書を締結。 大韓陸上連盟や韓国関係者、日本人オリンピアンの方々の協力を得て、陸上愛好者を対象とした陸上教室を開催するほか、親善を目的とした交流事業を行う。 2016. 26登録• 2018. 31韓国追加 士別市 台湾 「合宿の里」を掲げており、夏季五輪や世界陸上などで実績がある。 ウェイトリフティングでは、事前合宿や市出身のオリンピアンの存在など歴史と実績があり、強豪国の一つである台湾の事前合宿誘致を目指し、2017年に台湾ウエイトリフティング協会と士別市ホストタウン交流事業協定を締結。 高校・大学等の合宿受入れをはじめ、地元のウエイトリフティング少年団の台湾派遣交流のほか、台湾で開催される音楽会に市内の合唱団を派遣するなど交流を実施する。 2016. 26登録 名寄市 台湾 2015年には名寄日台親善協会を設立し関係強化を進めている。 また、Sport for Tomorrowの事業として、台湾とスポーツ交流を行っており、こうした縁を活かし、台湾の事前合宿誘致を進める。 台湾教育旅行の受入、中学生野球交流、高校生バドミントン選手のモニター合宿など、地元学生とのスポーツ・文化交流を実施している。 2016. 26登録 根室市 ロシア 2020年は、ロシアと根室の交流の歴史において228年目であり、当市の「スポーツ、健康都市」宣言から33年目となる。 東京大会競技終了後のロシアオリンピック選手(卓球・バドミントン)と市民とのホストタウン交流を通じて地域活性化を図るとともに、平和でより良い世界の実現に貢献するオリンピックの精神に基づき、日ロの交流拡大に繋げていく。 2019. 30登録 滝川市 アルゼンチン 当市の地域資源であるカヌー競技会場を活用した誘致活動を行い、アルゼンチン共和国のパラカヌーチームの事前合宿の受入れが内定した。 難病児キャンプの子ども達などが、アルゼンチン・パラカヌー選手との交流の中で、自分の夢を持ち、実現する気持ちを育むことができるような取組を実施する。 2019. 30登録 登別市 デンマーク デンマークのファボー・ミッドフュン市と友好都市協定を締結し、中学生の派遣事業や市民交流団の相互派遣など20年以上にわたり交流を継続。 このつながりを活かし、競技終了後にデンマークのオリンピアンを招いて交流会を実施するなど、国際理解の促進やホスピタリティの向上を図る。 駐日デンマーク大使を招聘し、市民を対象にデンマークの文化・生活・スポーツなどについての講演会を開催。 併せて地元学生と英語を介した交流会等を実施している。 2017. 11登録 東川町 ラトビア ラトビア共和国ルーイエナ町とは2008年から姉妹提携を締結後、ラトビア人国際交流員を配置し、高校生相互派遣等を通じて、音楽や文化交流を行っている。 2020年には東京パラリンピック終了後に、ラトビア選手団を迎え、市民とスポーツ文化に関する交流を行う。 これにより、国籍や身体的特性の垣根を超えた相互理解の重要性について町民の理解を深め、多文化共生社会の実現に繋げる。 2019. 28登録 青森県 青森市 タジキスタン 浪岡地区で盛んに栽培されているりんごの原産地が中央アジアであることをきっかけに、2020年東京大会を契機とした日本の自治体との交流を希望していたタジキスタン(オリンピック委員会)との間で、事前合宿実施に関する覚書を締結。 合宿を契機として交流を深める。 2018. 28登録 弘前市 台湾、ブラジル 日本代表監督をつとめた齋藤春香氏が、市の職員であることから、現役時代から交流のある台湾ソフトボールチームの事前合宿を進めた結果、2016年11月、台湾ソフトボール協会と基本協定を締結。 2017、2018年と台湾女子ソフトボールナショナルチームU19の強化合宿を受入れ、市内の小学校との交流や、市内の高校のソフトボールチームとの交流試合を実施。 2018年には台湾を相手国とする復興ありがとうホストタウンである岩手県野田村を交えた弘前市・台湾・野田村ホストタウン交流会も開催した。 弘前市出身の柔道家・前田光世(ブラジル名 コンデ・コマ)がブラジルに渡り、柔道を広めた人物である縁をきっかけとして、パラリンピック柔道の事前合宿誘致を進めた結果、ブラジル視覚障害者スポーツ連盟と覚書を締結。 2017、2018年にブラジル視覚障がい者柔道チームの強化合宿を受入れ、市内の大学柔道部や小中学生と合同稽古を実施したほか、市内の小学生との交流、来日記念シンポジウムやパラリンピック柔道をテーマにしたフォーラムを開催するなど交流を実施している。 2016. 9登録• 2017. 7ブラジル追加 三沢市 カナダ 米軍基地が所在し、外国人との交流が盛んな国際都市であり、またユニバーサルタウンを目指すという方針からカナダのウィルチェアーラグビーの事前合宿誘致を進め基本合意書を締結。 2020年を含め、最大5回、カナダチームの合宿を受入れることで合意した。 今後、選手等との交流を契機とし誰もが暮らしやすいまちづくりや共生社会の実現を図る。 合宿受入れの際は、カナダチームの選手・関係者と地元の児童・生徒による競技体験や国際理解教育などの交流事業を実施するほか、市民ボランティアの募集・育成等を行う。 2017. 11登録 今別町 モンゴル 当町はフェンシングが盛んな土地柄であり、2015年10月にモンゴルのフェンシングチームと基本合意書を取り交わし事前合宿の受入れが決定。 基本合意書に基づき2016〜2020年までモンゴルフェンシング代表の合宿を受入れるほか、小中学校生とモンゴル選手との交流機会を設け、町の伝統芸能である「荒馬」を披露するなど両国の文化交流の促進を図る。 2016. 26登録 西目屋村 イタリア 2016年に実施したロンドンオリンピック金メダリストを招聘したイベントをきっかけに、2018年11月、カヌースラロームイタリア代表チームとの事前合宿受入の協定を締結。 これを契機に、相互のスポーツ交流や、文化・経済的な交流を行い、友好関係を築いていくとともに、カヌーによる地域づくりを一層推進していく。 2018. 28登録 岩手県 盛岡市 マリ マリ共和国柔道競技の事前合宿を受け入れる。 NGO支援組織と受入れ体制を構築するとともに、市民がマリ共和国をはじめとするアフリカ全体に関心を持ち、アフリカ諸国に対する国際理解を深めるきっかけとする。 2019. 30登録 盛岡市・ 紫波町 カナダ 新渡戸稲造博士の終焉の地であるビクトリア市とは、姉妹都市を提携し、多種多様なスポーツ交流を中心に30年以上交流を継続。 2020大会の追加競技となったこと、また2016年の希望郷いわて国体での開催場所となったことから、スポーツクライミングを中心に事前合宿の誘致を実施。 2017年に水球事前合宿受入れに関する覚書を締結したほか、ラグビーの事前合宿受入が決定した。 2018年には水球のカナダと日本代表の合同合宿を男女ともに受入。 併せて日本文化体験を通じた市民交流を実施。 既にカナダの水球及びラグビーの受入が決定している盛岡市と紫波町が連携し、バレーボールの事前合宿誘致を目指すとともに、両市町を含む盛岡広域市町が連携したカナダとの各種交流事業の展開を図る。 2018年には国内で開催された女子バレーボール世界選手権に出場するバレーボールカナダ女子代表の事前合宿を受入。 併せて、町内実業団チームとの練習試合公開、町内保育園児と選手との交流を実施。 2016. 9登録• 2018. 31紫波町追加 宮古市 ナミビア ラグビーワールドカップのナミビア共和国の公認キャンプ地に決定したことをきっかけに、東京大会においても同国と大会後交流を行う。 スポーツのビックイベントを契機に、スポーツ交流、青少年等の異文化交流、国際交流の推進、震災の経験と教訓の発信を行う。 また、ナミビア共和国と共通の水産業による食の交流等にもつなげていく。 2019. 28登録 遠野市 ブラジル 市民の関心が最も高く、多くの人々に親しまれているサッカーを通じ、国際理解の促進や共生社会の実現、地域スポーツの推進を図るため、競技終了後の交流を含め、ブラジルの視覚障害者5人制サッカー代表の誘致を進め、2018年に事前合宿等に関する覚書を締結。 今後、ブラジル代表チームの合宿受入を予定しており、児童生徒始め市民との交流を計画している。 2017. 11登録 八幡平市 ルワンダ 市特産の花きであるリンドウの実証栽培をきっかけとしたルワンダとの交流が縁となり、ルワンダ国立オリンピックスポーツ組織委員会とホストタウン交流に係る覚書を締結。 今後、事前合宿の受入やルワンダとの文化・スポーツ、リンドウを通じた交流が期待される。 2018. 31登録 岩手町 アイルランド アイルランドホッケーの東京大会における事前合宿を受入れるとともに、合宿中には小中学生を対象としたホッケー指導をしてもらう。 大会期間中は、相手国の応援ツアーや、パブリックビューイング等で応援し、大会終了後もスポーツだけでなく、文化、芸術、芸能等や児童・生徒の交換留学など継続的な交流を実施する。 将来的には姉妹都市提携を目指す。 2019. 27登録 西和賀町 コートジボワール コートジボワール共和国から大会終了後の選手を招き、地域資源を活用したおもてなしにより交流親睦を図る。 これにより、従来の国際研修受入れなど受身型の国際交流から、ホストタウンを契機としてチャレンジ・双方向型へ前進し、スポーツを通じた交流促進による地域活性化、発信力の強化を図る。 また、東京大会後の交流を通じてグローバルな人材の育成や地域資源を活用した魅力ある地域づくりと国際貢献を目指す。 2019. 30登録 一戸町 パラグアイ 昭和期に一戸町からパラグアイに農業入植した縁で歴史的な繋がりがあり、現在でも入植者と一戸町民との民間交流がある。 大会終了後に代表選手や同国関係者を招待し、選手の講演や実技指導会の開催、一戸町の文化に触れる体験交流を実施することで、グローバルな人材の育成や国際的な交流人口の拡大と地域振興を図る。 2019. 30登録 宮城県 仙台市 イタリア 2002年FIFAワールドカップサッカー大会の開催時にイタリア代表の合宿を受け入れた縁や「慶長遣欧使節団出帆400周年事業」などの実績を活かし、イタリア共和国との各種交流事業を行うとともに、同国の事前合宿誘致に取り組む。 2017年にはサッカーU19選抜チームを招待し、地元学生との交流等を実施。 また学生選抜のバレーボールチームをイタリアに派遣し、青少年交流を行った。 2018年に学生選抜の野球チームをイタリアに派遣したほか、バレーボール女子世界選手権に出場するイタリア代表チームの事前合宿を受入。 同国はヨーロッパで数少ない地震のある国であることから、防災に関するシンポジウムを開催する。 2016. 26登録 仙台市・多賀城市 キューバ 慶長遣欧使節のハバナ寄港や2000年シドニーオリンピックの事前合宿受入れなどの縁を生かし、2019年8月、仙台市・多賀城市・仙台育英学園・キューバ共和国の4者で、野球・バレーボールの事前合宿の受入れに係る協定を締結。 オリンピアンとの交流を通じ、市民や学園生徒におけるスポーツ振興や国際意識の向上、多文化理解の促進を図る。 2019. 31登録 白石市・柴田町 ベラルーシ 仙台大学との連携により事前合宿招致推進協議会を組織し、ベラルーシ新体操の事前合宿誘致活動を実施。 ベラルーシ体操協会と事前合宿に関する協定書を締結。 2017、2018年と新体操代表の事前合宿を両自治体において受入。 併せて公開演技会の開催や日本文化の体験、子ども達とのふれあいを実施するなど市民を巻き込んだ交流を深めている。 2017. 7登録 登米市 ポーランド 国内屈指の優れた競技環境を有する宮城県長沼ボート場において、ポーランドボート選手団の東京大会の事前合宿を支援する。 ボート競技の振興と地域活性化に資するためオリンピアン等の交流による子供達の夢や希望が膨らむ貴重なレガシーを創出する。 2019. 28登録 蔵王町 パラオ 第2次大戦後、パラオから多くの入植者を受入れ(このことにちなみ「北原尾(きたはらお)」という地名も存在)。 このような縁を活かし、パラオ共和国の事前合宿を誘致。 2018年にはアーチェリー及び柔道の事前合宿を受入れた。 今後更に交流を深化させていく。 2016. 26登録 丸森町 ザンビア ザンビアとは、2011年よりJICAの農業振興能力向上プロジェクトで研修生を受け入れて以降、住民との草の根交流が継続されてきている。 東京大会では競技終了後、選手を招き、日本の文化や地域農業体験などを通じて住民と交流してもらう。 ザンビアの歴史文化の学習や交流事業を通して、世界に目を向けることのできる人を育てるとともに、交流の中で世界と日本の違い、世界と丸森の違いを学び、異なる文化や考えを認め合えるようにする。 2019. 28登録 秋田県 秋田県・ 大館市・ 仙北市・ 美郷町 タイ 地元実業団チームと親交のあったタイのバドミントンチームとの交流を基に、2020年に向け、相互の交流合宿を実施予定。 2017年にはタイのバドミントン協会と事前キャンプに関する基本合意書を締結。 2017年及び2018年にナショナルチームの合宿を美郷町において受入れた。 また、2018年には大館市が県内では初となるパラリンピック競技の事前キャンプ受入に関する覚書をタイ脳性麻痺スポーツ協会と締結。 2016. 26登録• 2016. 9大館市、仙北市追加 秋田市・ 秋田県 フィジー 秋田市を本拠地とする「秋田ノーザンブレッツラグビーフットボールクラブ」のフィジー人コーチとフィジー首相のラグビーを通じた親交があることをきっかけに、事前合宿を誘致。 2016年11月、同国青年スポーツ省とスポーツ交流に関する基本協定書を締結。 2017年には、市内中学生ラグビーチームおよび竿燈まつりの団体をフィジーに派遣し、現地中学生とラグビーを通じたスポーツ交流や竿燈まつりを披露するなどの文化交流を行ったほか、フィジー青年スポーツ省と体育とスポーツの発展のための協力に関する基本合意書を締結。 2018年にはフィジーの中学生ラグビーチームを招待し、地元中学生とラグビーを通じたスポーツ交流や中学校の授業に参加するなどの教育交流を行ったほか、駐日フィジー共和国大使館職員などを招いてフィジー共和国文化交流フェスタを開催するなど、市民参加型の文化イベントも開催。 2016. 9登録 能代市 ヨルダン 東京大会を契機にヨルダンとのスポーツ・ビジネス・観光分野を主とした交流を深めるべく、今後、ヨルダン関係者との交流や大会後交流に向けた取組を進める。 2019. 30登録 横手市・ 秋田県 インドネシア インドネシアとの間で、同市の伝統行事である「かまくら」を通じた交流を実施してきた。 バドミントン日本リーグ1部に所属する北都銀行バドミントンチームと深い親交があり、2010・2013年度に、日本リーグ横手大会を開催。 同チームに所属するコーチ(インドネシア出身)等を通じて事前合宿誘致を進める。 2017年にインドネシアバドミントン協会とスポーツ交流に関する基本合意書を締結。 協定に基づき、秋田県・横手市の中高生をインドネシアに派遣し、バドミントン青少年交流を実施。 今後、インドネシアのバドミントンジュニアチームを横手市に招待し、青少年交流を実施する。 2016. 14登録• 2016. 9秋田県追加 鹿角市 ハンガリー 2002年にハンガリーのショプロン市と姉妹都市協定を締結し、以降、交流を継続。 この交流を核としてバスケットボール、テニスの事前合宿誘致と事後交流の企画を進めている。 2018年には市内中学生の青少年スポーツ交流団をハンガリーに派遣し、ショプロン市の青少年スポーツチームとバスケットボールによる交流を実施。 2017. 7登録 大潟村・秋田県 デンマーク デンマークとエネルギー分野をはじめとする交流を推進し、駐日デンマーク王国大使館と大潟村の総合交流の促進に関する覚書を締結。 また、国体が開催されるなどボート競技が地域住民に親しまれていることから、デンマークのボート競技の事前合宿地に決定している。 地元高校のボート選手をデンマークに派遣し、現地のクラブチームと合同合宿を実施したほか、村民を派遣した住民同士の交流事業も行っており、今後も継続して派遣交流事業を実施予定。 2017. 7登録• 2017. 11秋田県追加 山形県 山形市 サモア、 台湾、 タイ 東日本大震災時に県内最大の避難所として避難者を受け入れた「山形市総合スポーツセンター」における事前合宿を事業の核とし、復興を後押しするシンボル事業と位置づけ。 大学時代に柔道での国際交流経験がある市職員の人脈等を生かし、誘致・交流を進めている。 2018年1月、サモアスポーツ協会・ナショナルオリンピック委員会会長・サモア特命全権大使との間で覚書を締結。 柔道を中心に個人競技での事前合宿の受入れを予定している。 2017年11月、タイ柔道連盟会長と覚書を締結。 タイ柔道代表チームの強化合宿を受け入れるとともに、山形市柔道選手団がバンコクで柔道国際親善大会に出場するなど、相互の交流を図っている。 台湾柔道チームの受入れを目指し、選手との交流を行う。 2016. 14登録 米沢市 香港 フェンシングの世界大会出場選手などを多数輩出する山形県フェンシング協会は米沢市を中核としていることから、同協会と連携し香港のフェンシング競技の事前合宿誘致を進め、2018年10月にホストタウン交流に係る覚書を締結。 フェンシングを中心に子どもたちの相互交流を進めていく。 2017. 7登録 鶴岡市 ドイツ ドイツのザールラント州にスポーツ少年団の日独同時交流事業でホームステイした際のホストファミリーの紹介により、同州ザールブリュッケン市を中心に交流を進める。 2018年3月にドイツボッチャチームが強化合宿及び日本チームとの交流試合を開催するとともに、市民との競技等の交流会も実施。 今後も継続して実施していく。 2016. 14ドイツ(鶴岡市)登録• 2016. 9モルドバ追加• 2018. 30西川町(モルドバ)追加 鶴岡市・ 西川町 モルドバ 市の民間企業によるペレットプラント等整備事業の受注をきっかけとして、モルドバ共和国日本大使館の設立に貢献した縁などもあって、駐日大使より本市で事前合宿をしたいとの申出があった。 18年7月にモルドバ共和国オリンピック・スポーツ委員会、鶴岡市、西川町の3者による合宿受入に関する合意文書を締結。 カヌーや個人競技を中心に受け入れ予定。 酒田市 ニュージーランド 市内の大学に、「ニュージーランド研究所」を併設しており、日本におけるニュージーランド研究の随一の拠点として研究に長く携わってきている副市長のネットワークや、NFの支援などを活かし、2018年6月、トライアスロンニュージーランドと交流に関する基本合意を締結。 ニュージーランド若手トライアスロン選手のトレーニングキャンプを受け入れるとともに、キャンプ期間中に高校生や市民との交流会を今後も継続して実施していく予定。 2016. 9登録 新庄市 台湾 インバウンド等の取組みを通し、交流を重ねてきた台湾を相手として、市のスポーツの歴史と深い関係にあるバドミントン競技を中心に、代表チームとの交流のほか、ジュニア世代を対象とした交流を行う。 2019. 28登録 寒河江市・ 山形県 韓国 韓国安東市と1974年に姉妹都市協定を締結し以後、40年以上にわたり交流を継続。 また市内に東北最大級のスケートパークを有していることから、これまでに韓国代表候補選手と市内小学生や地元愛好者とのスケートボード交流を開催しており、2020年東京大会時も、大会終了後に訪問し住民との交流会を行う協定を締結済み。 2017. 7登録 上山市 ポーランド 2015年世界陸上の際、蔵王坊平アスリートヴィレッジで事前合宿を行ったポーランドとの交流。 陸上の事前合宿を受入れるとともに、大会時に訪問する選手等に地元特産品を食してもらい、温泉入浴体験など地域資源のプロモーション活動を実施。 2016. 26登録 村山市 ブルガリア 市の花及びブルガリア国花である「バラ」を象徴とする交流を進めることとなった。 また、市内中学校の新体操部監督の縁で、新体操の事前キャンプ受入れが決まり、2017年度からスタート。 また、スポーツ国際交流員(SEA)との交流やブルガリア民族合唱団の招聘などにより、市民がブルガリア文化に触れる機会を増やしていく。 2016. 9登録 長井市 タンザニア、リヒテンシュタイン 県内には国内で唯一の地方友好団体である「山形・タンザニア友好協会」があり、20年以上の交流を継続。 この繋がり等を活かし、陸上や野球、水泳、柔道などの事前キャンプ受入れを進める。 長井市とリヒテンシュタインは、これまで日本リヒテンシュタイン公国友好コンサートが本市で開催されるなど、文化を通じた同国との交流に取り組んできた。 この縁をきっかけに、2020年の大会後に選手を長井市に招き、スポーツ等を通じた積極的な交流活動を行う。 大会後交流を主としつつ、今後、オリンピック(競泳、テニス、陸上等)の事前合宿の受入を目指して、受入準備を行っていく。 2016. 9登録• 2019. 28リヒテンシュタイン追加 天童市・ 山形県 トルクメニスタン 大使が視察したことをきっかけに、スポーツや農業分野などでの交流することとなった。 その後、大使館の協力を得て、トルクメニスタンオリンピック委員会と事前キャンプに関する協定書を締結。 大会前の受入れに向け、競技や日程等について調整していく。 2016. 9登録 東根市 ドイツ 1992年に開催されたべにばな国体におけるハンドボール会場を保有。 また、市内にドイツに本拠を持つ企業の日本法人が操業していることを縁として、ドイツのハンドボールを中心とした交流を進めている。 今後は、シッティングバレーボール及びゴールボールの事前合宿受け入れなどを通して、共生社会の実現に向けた市民の意識醸成と国際交流の深化を図る。 2017. 7登録 南陽市 バルバドス 在バルバドス日本大使館に山形県出身職員が勤務していることなどをきっかけに、陸上、水泳、射撃、トライアスロン、柔道の事前合宿誘致を進めている。 2017. 7登録 白鷹町 中国 当町では1992年に山形県で開催された「べにばな国体」に合わせてソフトボール専用球場を整備し、成年女子ソフトボール競技を開催した。 それ以降「ソフトボールの町しらたか」として、全国規模のソフトボール大会を開催しソフトボール競技の振興に取り組んできた。 オリンピック・パラリンピック等経済界協議会の人脈を生かし、中国ソフトボールチームの事前合宿誘致も含めて、選手や大会関係者を中心とした交流を進めていく。 2018. 31登録 福島県 福島市 スイス、ベトナム 2013年8月、復興支援のためスイスの時計メーカーによるアクロバットショーが行われたことをきっかけに交流が始まった。 その後も、市内でスカイスポーツ交流や世界的に有名な音楽イベントを開催するなど、交流を深めながら、サッカー、柔道、陸上競技、新体操などの事前合宿を誘致。 2019年度サッカー女子代表合宿、2020年度U-19 代表合宿などを実施する予定であり、オリンピック代表が2020年東京大会に出場が決まれば、事前合宿も行うとの合意を2019年5月に得た。 2019年度は、ベトナムフェスティバルin ふくしま等文化イベントを開催。 2020年東京大会時には、競技終了後も選手等を本市に招き、市民との交流を行う。 2016. 9登録• 2019. 28ベトナム追加 会津若松市 タイ 仏教徒が多く親日的なタイからの観光誘客に力を入れている。 また、タイのバンプー社関連企業との間で、太陽光発電事業の協定を締結。 この関係も生かして、事前合宿誘致を進める。 タイ王国ではほとんど雪が降らないことから、主に冬のイベントへ招待するなど人的交流をメインにつながりを強化する取組を実施。 また、タイ王国ボクシング協会と調整を進めている事前キャンプでは、国内競技団体に協力いただき、キャンプ時の練習パートナーを派遣してもらうなど、選手間同士の交流も図るとともに、学校訪問や市民との交流会など行う予定。 2016. 14登録 郡山市 オランダ、ハンガリー 国営開拓事業第1号となる安積開拓・安積疏水開さく事業に貢献したオランダ人技師が縁となり、30年近く姉妹都市交流を継続しており、そのつながりを活用して、事前合宿を誘致し、産業・経済分野での連携につなげる。 また、オランダ・フェーストやオランダプロサッカーリーグの選手を招いたサッカー教室の開催など、オランダとの文化交流を行うとともに、オランダへの教員派遣など、国際理解と見識を深める取組を推進している。 ハンガリーとは、鯉を食す文化が共通していることをきっかけに2016年から食文化を通じた交流が始まり、その縁でハンガリー水泳協会と事前キャンプ実施の覚書を締結。 JETROと連携し地域産品等の輸出入を促進しているところであり、食を中心とした多方面の交流を推進する。 2016. 26登録• 2019. 26ハンガリー追加 いわき市 サモア 第7回太平洋・島サミットを開催したことを契機に、市内に、サモアでは国内初の名誉領事館が開設された。 ホストタウン登録後、東京2020大会までに実施されるラグビー競技の事前合宿や、交流事業への取組みを確約する覚書を締結し、実施に向けた調整を進めている。 これまで、高校生を同国に派遣して文化交流を行ったり、同国元ラグビー選手によるラグビー講習会を市内で開催するなどサモアとの交流事業に取組み、大会の開催機運の醸成と相互の友好関係の構築に努めている。 2016. 14登録 二本松市 デンマーク 二本松市の地域資源である、日本カヌー連盟公認コースの阿武隈漕艇場を活用し、デンマーク王国のカヌー競技の事前合宿を受け入れる。 市内においても、カヌー競技でオリンピアンを輩出する等、当該競技が盛んであることから、合宿受け入れの際には、子ども達を対象とした交流イベントを開催することで、子どもたちの国際感覚を養う。 2020. 28登録 田村市 ネパール 当市はネパール連邦民主共和国や地域活性化に関する包括連携協定を締結しているネパール人留学生が多く在籍するFSGカレッジリーグと連携し、スポーツや文化面での交流に取り組む。 2018. 29登録 大玉村 ペルー 本村出身でマチュピチュ村初代村長を務めた故野内与吉の功績が縁で、2015年に本村とペルー共和国マチュピチュ村が友好都市協定を締結し交流を継続している。 大会の応援や事後交流を通じて、今後より一層の交流を図る。 2019. 26登録 南会津町 アルメニア 当町は、福島県レスリングの発祥の地として1995年にふくしま国体レスリング競技が開催され、翌年から全国規模のレスリング大会を開催するなど、レスリングをシンボルスポーツとして位置づけている。 レスリングという共通するスポーツ競技や人的つながりから、駐日大使館との交流が始まった。 大会後選手団を招き、スポーツや伝統・芸術文化などの交流を図りながら、相互理解を深める。 2019. 30登録 猪苗代町 ガーナ 郷土の偉人である野口英世博士は、黄熱病の研究中にガーナ共和国において、終焉を迎えた。 その後、野口英世博士の功績を顕彰し、20年以上の交流を継続している。 2018年12月、ガーナオリンピック委員会と事前キャンプに関する協定書を締結。 また、在日ガーナ共和国の大使館員等を招へいし事前キャンプ予定施設の案内や町の自然体験案内等を実施するとともに、当町の魅力を紹介する絵や作文などを小中学校で作成し、ガーナオリンピック委員会へ届けるなど、様々な文化交流を推進している。 2016. 26登録 茨城県 茨城県 ベルギー 2018年12月、ベルギーオリンピック委員会と事前キャンプの実施に係る基本合意書を締結。 事前キャンプを通じて、言語や文化をはじめとした相互の違いを互いに認め合い、相互の友好協力関係をさらに発展させていく。 相手国の関係者や選手との交流事業を実施することで、地域の魅力を相手国に発信し、地域の活性化を図ると共に、県民の国際感覚の醸成を図る。 2019. 26登録 茨城県・ 鉾田市 ベトナム 2014年のサン国家主席の来県を契機に、県と包括協定を結び幅広い交流を実施。 鉾田市では多くのベトナム人農業実習生を受け入れており,ベトナムの農業技術向上に寄与している。 オリンピック・パラリンピックの柔道を中心として事前合宿の誘致を進める。 2016. 9登録 日立市 ロシア ロシア女子バレーボールチームの東京大会に向けた事前合宿を受け入れる。 また、ロシアチームによる技術講習会や公開練習など多くの交流機会を創出し、子どもたちのスポーツへの動機づけや技術、指導者の資質向上を図る。 大会期間中はパブリックビューイング等を実施してロシア選手に声援を送る。 大会後もスポーツや文化体験を継続し、ロシアとの友好関係を構築していく。 2019. 27登録 結城市 カザフスタン 2018年10月、カザフスタン共和国オリンピック委員会と事前キャンプに関する覚書を締結。 2018年から2020年にかけて3回の事前キャンプを実施するとともに、同じくカザフスタン共和国のホストタウンである都市と連携を図りながら交流を進めていく。 2019. 28登録 龍ケ崎市 キューバ、タイ、グアム、フィジー、バヌアツ 市内の流通経済大学で、キューバ柔道チームの合宿を受け入れているといったつながりから、2020年までの毎年、事前キャンプを受入れる基本合意書を締結。 地元の流通経済大学と連携し、タイ陸上競技チームの事前キャンプに係る基本合意書を締結。 グアムとフィジーの柔道代表候補が流通経済大学の柔道部に所属していることから、同大学と連携しオセアニア地域柔道チームの事前キャンプに係る基本合意書を締結。 競技終了後のバヌアツ選手団と交流するとともに、オセアニア地域オリンピック委員会及び流通経済大学との間で締結されているオセアニア地域柔道チームの事前合宿における基本合意書をもとに、バヌアツ柔道チームの事前合宿受け入れを目指す。 今後、オセアニア地域の子供達との柔道交流大会等、交流事業を進めていく。 2016. 9登録• 2017. 7タイ追加• 2017. 11グアム、フィジー追加• 2020. 28バヌアツ追加 下妻市 ブルンジ 下妻市出身の在ルワンダ日本大使館専門調査員を通じ、オリンピック選手団及びパラリンピック選手団の陸上などの事前キャンプや交流事業の申し入れがあり、本市での受入れを目指すことを決定。 大会中は、地元高校生応援団による壮行会、パブリックビューイングを開催。 大会後も小中学校からの学習用品などの寄贈を通じ他文化に触れる機会を創出するとともに、ブルンジ共和国と本市の双方に共通のキーワードである「農業」を通じた、民間企業同士での経済交流の推進を図る。 2020. 31登録 笠間市 タイ、エチオピア、台湾 同市の特産品である「笠間焼」のつながりから、タイ王国メーファールアン財団と、陶芸分野における協力関係を構築。 オリパラを契機にスポーツ・ビジネス分野を含めた交流を深めるべく、同市に所在する「宍戸ヒルズカントリークラブ」でのゴルフの事前キャンプやパラ卓球の事前キャンプ誘致を進める。 消防車両の寄贈をきっかけとした、エチオピアとの交流を発展させ陸上競技を中心とした交流につなげる。 大会終了後に台湾のゴルフ選手を招いて交流を実施予定。 スポーツを通じて台湾との相互交流を進めるとともに、ゴルフによるスポーツツーリズムにより地域の振興・活性化を図る。 2016. 14登録• 2017. 7エチオピア追加• 2018. 28台湾追加 つくば市 スイス 2012年から筑波大学はIOC公認のオリンピック教育センターであるCORE(オリンピック教育プラットフォーム)を設置。 このほか、スポーツに関する研究を広い分野で展開。 2014年、筑波大学が設置したオリンピック教育研究機関であるTIAS(つくば国際スポーツアカデミー)は、スイス・ローザンヌにあるスポーツマネジメント大学院(AISTS)と連携協定を締結。 2018年4月、スイスオリンピック協会・筑波大学・茨城県・つくば市の4者により、事前キャンプの実施についての基本合意書を締結。 筑波研究学園都市としてこれまでに科学分野を中心に交流があったスイスと、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ誘致をきっかけに、スポーツだけでなく、教育や音楽、食など文化面でも、幅広く交流を進めていく。 2019. 28登録 潮来市 台湾・ スウェーデン・ ベルギー 市のボートセンター「あめんぼ」は、地元の実業団等に使用されており、市民にとっても、ボート競技は身近なスポーツとなっている。 坂東市、境町と2市1町で、「キャンプ誘致に関する包括連携協定」を締結し、ボート競技の事前合宿を誘致するとともに、台湾フェアや子どもたちの相互交流により台湾文化の理解を深める。 スウェーデンカヌー・パラカヌー競技の事前合宿の受入れが内定した。 文化・スポーツ交流を通じ、相互の友好協力関係の更なる発展や地域の魅力発信による地域活性化、市民の国際感覚の醸成を図る。 潮来市は,カヌースプリント競技のコースとしても利用可能な河川水域が確保できることから、ベルギーカヌーチームの事前合宿の受入れが決定。 2020年2月合意書の締結予定。 大会時にカヌースプリント選手と市民が交流することにより、カヌースプリントの普及を図る。 また、ベルギー応援団の宿泊地としての受入も図る。 大会後も国際大会での事前キャンプ地として受け入れを継続することで、同競技を通じた国際交流につなげる。 2016. 9登録• 2019. 31スウェーデン追加• 2019. 27ベルギー追加 守谷市 ニジェール 当市には、ニジェール共和国の子ども達への支援活動を行う団体があり、ニジェールのホストタウンとなることを決定。 東京オリンピックの競技終了後に選手や政府関係者を招き、文化交流を通じて市民の国際感覚の向上やスポーツ振興の醸成を図り、こども達の国際理解や国際交流の推進を図る。 市民が選手の応援を行うことで、オリンピックを身近に感じてもらい、機運醸成を図る。 2019. 31登録 常陸大宮市 パラオ 太平洋戦争で同国で亡くなった戦没者に茨城県内の出身者が多く、その慰霊訪問をきっかけに深い交流がある。 子ども達へのスポーツ用具寄贈や、同国からの研修生の受入などを通じ交流を深めており、2017年4月に事前キャンプに関する基本合意書を締結。 2018年6月に陸上、水泳、柔道の事前キャンプを実施。 2016. 14登録 坂東市 リトアニア 日本リトアニア友好協会との縁を活用してリトアニアの都市との友好都市協定締結を目指すとともに、大会終了後の選手との交流を進める。 2016. 26登録 桜川市 ブルガリア、モンゴル 市内在住の彫刻家、浅賀正治氏がブルガリアのコンクールで入賞したことにより、同国との交流が始まった。 2016年には、大使からの提案を受け、同国シリストラ市と友好交流都市協定を締結。 国内でも数少ないIF基準の射撃競技場を有しており、これらを活用しながら事前合宿を誘致。 市在住の多田尚克氏がモンゴルの射撃代表チームのコーチを務めていることから、射撃の事前合宿誘致を進め、2017年7月に覚書を締結。 2016. 9登録• 2017. 11モンゴル追加 行方市 モンゴル モンゴル国オリンピック協会がつながりを持つ日本人カメラマンを通じて、本市においてウエイトリフティング競技選手団の合宿の申し入れを受けた。 モンゴル重量挙げの事前合宿誘致及び事後交流により、モンゴルの歴史文化に触れ、一流アスリートとの交流により、市民の生涯学習(言語、歴史文化、国際感覚、スポーツなど)の意欲醸成を図る。 また、本市の農水畜産技術のモンゴル国への紹介・普及なども視野に入れ、継続的に人的・経済的・文化的な相互交流を推進する。 2019. 28登録 神栖市 チュニジア 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける事前キャンプに関する基本合意書をチュニジアオリンピック委員会と締結済。 事前キャンプ(競技未定)を通じて、スポーツの振興を図るとともに、国際交流の推進や、さらなる友好関係の構築につなげる。 2019. 28登録 城里町 モンゴル NPOモンゴル緑化日本協会の会長が町出身であり、20年以上にわたり繋がりがあることから、モンゴルの空手競技の事前キャンプ実施を進める。 さらに、これを契機として大会終了後も継続的に文化的な交流を図っていく。 2018. 28登録 境町 アルゼンチン ペリー提督と共に来航してきたアルゼンチン人艦員と来航の記録を取った武士の子孫同士の縁で、昭和10年から80年以上同国と交流を続けている。 交流人口100万人を目指す町として、今後、町内の児童を同国に派遣するなど、国際交流を強化していく。 2018年4月にアルゼンチン共和国オリンピック委員会と事前キャンプ誘致に関する覚書を締結。 大会前の受入れに向け、競技や日程等を調整していく。 2016. 14登録 栃木県 栃木県・ 足利市・ 栃木市・ 小山市・ 矢板市・ さくら市 ハンガリー 栃木県は、ハンガリー出身の著名な彫刻家ワグナー・ナンドールの移住の地であり、多くの作品の制作、展示など、文化・芸術の振興に貢献した同氏の祖国を相手国として選定。 2015年世界陸上北京大会に向けたハンガリー陸上競技選手団の事前合宿を受け入れた実績を生かし、ハンガリー各競技団体の事前合宿誘致を実施。 ハンガリー大使館協力の下、東京オリンピックに出場したハンガリー選手団が、大会後に栃木県及び足利市を含む5市を訪問し、大会報告会や慰労会を通して、人的・文化的な相互交流を深めていくことで合意している。 また、ハンガリーオリンピック委員会、ハンガリー大使館との友好関係を活かし、栃木県・栃木市・小山市・さくら市・矢板市では、陸上競技、近代五種、水球、新体操、トライアスロン、マウンテンバイク選手による事前合宿や大会期間中における人的、文化的交流を予定しており、足利市においても、ボクシング競技の事前合宿誘致を行いつつ、更なる体制の拡充を行う。 今後は、同国大使館関係者を招いたシンポジウムや同国選手団を招いたスポーツ教室等により大会に向けた機運醸成と同国への理解を促進するとともに、大会後はハンガリーとの交流を継続しながら、2022年に栃木県で開催される国体を見据えたスポーツの振興等を図る。 2016. 14登録• 2019. 28栃木市、小山市追加• 2019. 31さくら市追加• 2109. 27矢板市追加• 2020. 29足利市追加 小山市 ナイジェリア 小山市の田んぼアートイベントで、ナイジェリア政府関係者が来市して以来、同国と交流があり、ウエイトリフティングの事前合宿の受け入れを目指すとともに、大会時には「ナイジェリアハウス」が市内に開設されることから、同ハウスを中心として大会中および大会終了後に市民と交流を行う。 市内の小中学校においてホストタウン相手国への理解を深める「小山市一校一国運動」の実施や、関係者との交流を通じてナイジェリアと市の友好を深め、市の国際化の推進、スポーツの振興を図る。 2020. 28登録 那須塩原市 オーストリア 2005年からオーストリアと中学生や経済団体の交流を継続し、また、2000年より市内において関東学生トライアスロン選手権大会を開催していることをきっかけに、トライアスロンを中心に事前合宿誘致を進めるほか、音楽等の文化交流や中学生の交流を実施する。 2017. 7登録 下野市 キプロス キプロス共和国の陸上競技選手をはじめ、様々な競技の事前キャンプ受入れを契機とし、市内小中学生が、給食の際にキプロス料理を食することにより、キプロス共和国の食文化を学ぶ機会をつくる。 また、大会後もスポーツの振興、経済交流、文化交流等を背景とした、人的・経済的・文化的な相互交流を継続し、キプロス共和国と市民との様々な友好関係の構築を図っていく。 2020. 29登録 高根沢町 レソト レソト王国のオリンピック・パラリンピック選手の東京大会事前キャンプ受け入れを目指す。 事前キャンプ受け入れの際、町内小中学生を対象にスポーツ教室などの交流を実施。 大会後も本町で開催される国際交流フェスティバルにレソト王国のブースを設けるなど、スポーツ振興はもとより、民俗や文化、言語について相互理解、交流を深めることで、障害の有無に関わらず、個性を尊重しながら共生できるまちづくりの実現を目指す。 2020. 31登録 群馬県 前橋市 ハンガリー、スリランカ、コロンビア、ベラルーシ、南スーダン 1964年大会時、ハンガリーレスリングチームの競技補助員を務めた県教諭とハンガリー代表選手の親交が両国の柔道競技の交流に発展。 それ以降、不定期ながら、相互訪問、親善試合等を開催。 2017年11月にハンガリーレスリング連盟と合意書を締結するとともに、レスリング強化合宿を実施。 また、同年12月にハンガリー柔道連盟から交流依頼書が提出され柔道の交流も実施。 今後事前合宿の誘致や交流の定期化などを目指す。 スリランカとのオリンピック事前キャンプ誘致をきっかけとした末永い交流を目指し、オリンピアンの講演会や体験ツアー・食文化などを通した相互交流の仕組みづくりを行う。 スリランカに継続して絵本を贈るとともに、「まえばし祭り」においてスリランカ人が作ったお菓子の配布・パネル展示等を実施。 2018年11月、コロンビアパラリンピック委員会と事前合宿について合意。 多くの市民が本件ホストタウン事業に関連するイベントに参加できるよう、コロンビアと本市との文化交流を積極的に進めるとともに、パラリンピック及びパラリンピアンに焦点をあて、共生社会の実現に向けた取組を市民や企業を巻き込んで実施し、内外に情報発信していく。 2017年8月、ベラルーシ共和国ミンスクで開催された「2017年ワールドカップ大会」を訪問したのち、2018年12月18日の合意書締結。 ベラルーシのトランポリンチームの事前合宿を受け入れる。 また、日本屈指のトランポリン都市とした特性を活かした市民と選手の交流事業の充実を図り、2020年東京五輪大会の機運の醸成や効果の波及に繋げる。 「スポーツを通じた平和促進」を掲げるJICA南スーダン事務所を通じて南スーダンオリンピック委員会とやり取りを行い、南スーダンの陸上選手の東京オリンピックに向けたトレーニングを長期で受入れることにより、オリンピックに向けた機運向上を図る。 2016. 26登録• 2018. 28スリランカ追加• 2018. 28コロンビア追加• 2019. 28ベラルーシ、南スーダン追加 高崎市 ポーランド、ウズベキスタン 2015年にポーランドのワルシャワで開催した「高崎ものづくりフェア」等を契機に、翌年、リオ五輪バレーボール世界最終予選の事前合宿を受入れ。 2017年10月、日本及びポーランドのオリンピック委員会、高崎市による事前合宿等の覚書を締結。 以降、ポズナンマラソンへのランナー派遣、ポーランド人歌手との交流、榛名山ヒルクライムのポズナン市民参加や市民合唱団のポーランド公演等の交流を進めている。 2018年9月に高崎アリーナで開催された新体操の世界大会に参加したウズベキスタンチームと市内の新体操を学ぶ子供達との交流を大会後に行う等、新体操を通じて交流を図っている。 合わせて文化面では、市内でウズベキスタンの文化・観光に関するキャンペーンや子供の絵画交流などを行う。 また、高崎経済大学とタシケント国立経済大学との協定に基づく大学間交流を推進する。 2016. 14登録• 2018. 27ウズベキスタン追加 太田市 オーストラリア、マラウイ 2018年の国際大会におけるオーストラリア女子ソフトボール代表の事前合宿を受け入れ、同代表チームと学生を中心とした交流を行った。 本市在住者がJICA青年海外協力隊としてマラウイで活動していたことを縁に、同国の文化を市民に紹介して交流を深めていく。 両国の2020年の事前合宿誘致を進め、次世代を担う子供たちが夢や希望を持ってスポーツに取り組み、市民の誰もが生涯にわたってスポーツに親しみ楽しめるまちづくりを目標に、スポーツを通じて様々な交流を行う。 2018. 28登録 沼田市 ドイツ 1995年からフュッセン市と姉妹都市として交流を継続し、また、沼田フェンシング協会を中心にフェンシングの普及・指導に力を入れ多くの日本代表を輩出。 2017年7月、ドイツフェンシングチームの事前合宿に関する合意書を締結するとともに、2018年のフェンシング世界選手権中国大会の事前合宿を受入れ。 また、姉妹都市であるフュッセン市との交流を進めている。 2017. 7登録 渋川市 ニュージーランド、モーリタニア ニュージーランドのファカタネ市と友好都市協定を締結しており、中学生派遣事業や訪問団派遣など20年以上にわたり交流を継続している。 このつながりを活かし、競技終了後にファカタネ市にゆかりのあるパラリンピアンを招いて講演会や競技体験会を実施する。 共に水資源を貴重にしているという縁をきっかけに、モーリタニアとの交流を開始。 東京オリンピックの競技終了後に選手を招待し、市民とのスポーツや文化交流を実施し、友好関係の発展を図るとともに、市民の多文化共生に関する意識向上を図る。 大会後も定期的な交流を実施し、将来的には姉妹都市提携の可能性も検討する。 2019. 30登録• 2019. 31モーリタニア追加 富岡市 フランス、ミクロネシア 世界遺産・富岡製糸場の建設を主導したポール・ブリュナの生誕地であるフランスのブール・ド・ペアージュ市との友好都市協定による交流をきっかけとして、フランスのパラリンピック選手団との大会後交流を行う。 選手と子どもたちや地域住民とのスポーツ交流、文化交流を積極的に進める。 国際交流協会を中心とした民間レベルでの交流が20年以上継続しているミクロネシア連邦を相手として、選手と住民との大会後交流を行う。 2019年度は、学校給食や市内飲食店でのミクロネシア料理の提供などにより地域住民がミクロネシア料理に親しみ、関心を持ってもらう。 2019. 28登録 みどり市 香港 2017年度よりみどり市民スポーツフェスティバルにおいてボッチャ体験を行っており、香港のボッチャの事前合宿の誘致を行い、事前合宿の受入れが内定した。 文化体験、食文化の交流を通じ、人的、文化的な親交を深める。 2019. 31登録 上野村 ブータン 類似の風土と暮らしの背景を持つブータン王国から競技終了後の選手等を招くことで、互いの歴史や文化を学び、交流を通じて今を探究し、未来を創る。 また、国民の幸福度の追求を国是とするブータン王国国民との永続的な交流を進め、上野村村民の幸福度の追求につなげたい。 2019. 31登録 甘楽町 ニカラグア ニカラグアに海外青年協力隊で派遣されていた隊員が当町で派遣前研修を受けていたことや、ニカラグアからの研修生の受入れなどの縁をきっかけとして、ホストタウンの交流を合意。 大使館、JICA、元青年海外協力隊員などの協力を得て、事後交流を主として交流し、両国の文化を共有し、子どもたちが世界を身近に感じ、町民の心に残るオリンピック交流を進める。 2019. 28登録 片品村 ホンジュラス JICAニカラグア事務所次長の人的つながりを契機とし、ホンジュラス共和国との交流を行う。 具体的には東京大会の競技終了後に選手を本村に招き、地域に伝わる郷土料理や農業体験、自然体験ツアーなどを実施する。 さらに、異なる自然、文化を有するホンジュラス共和国との青少年教育・交流プログラムを実施し、子供たちの視野を広げる取組を行う。 2019. 28登録 川場村 米国 1981年より、世田谷区と「縁組協定」を締結。 その交流人口は190万人以上に達している。 すでに米国と覚書を締結している世田谷区と連携して、米国の選手や関係者を招き、村民との交流を実施する。 2016. 9登録 埼玉県 埼玉県・ 所沢市 イタリア 所沢市に早稲田大学のキャンパスが所在することから、同大学と連携しイタリア代表の事前合宿誘致を進め、2017年10月に覚書を締結。 今後、イタリアとの友好関係を深めていくとともに、地域の活性化を図る。 2018年10月に所沢市と早稲田大学がイタリアオリンピック委員会と事前トレーニングキャンプの正式契約を締結。 2017. 11登録 埼玉県・ 加須市 コロンビア コロンビアの柔道代表チームのコーチが埼玉県出身である縁から、同国の事前合宿誘致を進めている。 受入競技は、陸上、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、柔道などを予定している。 今後、地元の平成国際大学や花咲徳栄高校とも連携し、スポーツを通じた若者が集う地域づくりを目指す。 2017. 11登録 埼玉県・ 上尾市・ 伊奈町 オーストラリア 埼玉県はオーストラリアクイーンズランド州と、上尾市は同州ロッキャーバレー市とそれぞれ姉妹交流を現在まで継続して行っている。 2018年11月に柔道オーストラリア(同国の柔道統括団体)と事前合宿に関する覚書を締結。 大会期間中に埼玉県版ホームステイで迎え入れた選手の家族等との交流や大使館と連携した交流イベントを実施するなどして友好を深め、大会後の相互交流を継続・促進する。 2019. 28登録 埼玉県・ 新座市 ブラジル 2017年6月にブラジルオリンピック委員会と事前トレーニングキャンプのMOUを締結。 2020年に立教学院新座キャンパス等で事前キャンプを実施予定。 陸上、ボクシング、レスリングなどの競技の受け入れについてブラジルオリンピック委員会と調整中。 ブラジルに関する市民参加イベントの開催等により、地域の住民にブラジルを知ってもらうための取組を実施していく。 2016. 9登録 さいたま市 オランダ 2012年より、日蘭交流を目的とする市内空手教室とオランダ空手教室との姉妹道場としての交流や、同国空手道連盟選手の訪日指導などを実施。 スポーツや文化面での交流を推進するため、2016年12月11日、同国空手道連盟と事前合宿誘致に関する協定を締結。 オランダ空手道連盟関係者を招待して、空手教室の開催やオランダ文化紹介イベントの開催を行っており、今後も継続していく。 2016. 9登録 川越市 タイ 本市は近年国外からの観光客が増加しており、タイ王国からの来訪者も多い。 また、タイの伝統行事を介した市民との交流が継続して実施されている。 2018年12月、タイ王国空手連盟所属のジュニア選手団が来日した際、川越市内でのトレーニングを支援したことを契機に、2019年2月、タイ王国空手連盟と事前キャンプに関する協定を締結。 タイ王国とのスポーツ・文化の交流を推進する。 2019. 26登録 秩父市 コロンビア 2019年4月にコロンビアオリンピック委員会との間でBMXチームの2020年東京大会の事前合宿に関する協定を締結。 世界有数のBMX強豪国であるコロンビア代表チームを受け入れた際には、市民、子供たちとの交流やBMX体験イベントを計画。 この交流が大会後も引き続き継続されるよう、当市の小中学生からの応援メッセージを国際大会に出場する選手団に送る。 2019. 28登録 本庄市 トルコ 盲目の国学者「塙保己一」生誕の地である本庄市では、2017年1月、市民主導で「ロービジョンフットサル日本代表を応援する会 本庄支部」が発足し、視覚障害者スポーツ、特に5人制サッカー(ブラインドサッカー)を支援する契機となった。 市内に関連施設を有する早稲田大学とも連携してトルコ5人制サッカーの事前合宿を誘致し覚書を締結。 今後、更に取組を進める。 2018. 28登録 東松山市 キューバ 2019年8月、東松山市、大東文化大学、キューバ共和国の3者による事前合宿の実施に向けた基本合意書を締結。 市内の住民、子どもたちや学生とオリンピック選手・関係者等との交流を通じ、外国文化の学習やスポーツ振興を図り、東京大会のレガシーを創出する。 2019. 31登録 草加市 コロンビア 2019年3月、コロンビアパラリンピック委員会と水泳競技の事前キャンプの実施について合意。 事前キャンプを通し、スポーツ振興はもとより、人的・文化的等の相互の国際交流を深めるとともに、障がいの有無に関わらず、個性を尊重し合いながら共生できるまちづくりの実現を目指していく。 2019. 26登録 戸田市 オーストラリア オーストラリアのカヌーチームの事前キャンプの受け入れを通じて、姉妹都市であるリバプール市及びカヌー代表チームとの関係性を強める。 また、カヌー代表チームと、日本人カヌー選手や市民、子どもたちとの交流を実施するほか、リバプール市の応援団と一緒にオーストラリアカヌーチームの応援を行う。 大会後もリバプール市との青少年の派遣・交流事業を継続・発展させるほか、ボート競技を中心としたスポーツへの関心を高めていく。 2019. 27登録 北本市 アルジェリア アルジェリアのゴールボール、車いすバスケットボールなどのパラリンピック競技の事前合宿を受け入れるとともに、合宿中にはパラ競技の体験会などで、市民がパラ競技やパラアスリートに触れる機会を創出する。 障がい者と健常者が共に参加できるスポーツの体験会を通して、スポーツヘの関心を高め、生涯スポーツの実施を推進する。 2020. 28登録 富士見市 セルビア 1982年よりセルビア共和国シャバツ市と姉妹都市提携を締結し、以後、相互に訪問団を結成するなどの交流を実施しており、これを契機にセルビア共和国選手団の事前合宿(ハンドボール、レスリング)を誘致。 多様な交流事業を展開し、多くの市民との交流により友好関係を深めるとともに地域の活性化を図る。 2018. 28登録 三郷市 ギリシャ 大使をはじめ、大使館の職員が参加する「みさとシティハーフマラソン」を通じ、スポーツ交流を開始。 上位入賞者には、駐日大使からオリーブ冠が授与されている。 市内全小中学校を対象として(3年事業)、大使館職員による特別授業を実施し、各年度最終日には、大使夫人とギリシャ料理給食の食事会を開催。 陸上競技の事前キャンプ誘致を目指している。 2016. 14登録 幸手市 ベナン 駐日ベナン共和国特命全権大使が当市の桜まつりを訪問したことをきっかけに、ホストタウンとしての交流について協議し「東京2020オリ・パラ競技大会を契機とした交流事業の合意書」を締結。 文化・スポーツを通じたよりよい交流事業を展開する。 2018. 31登録 鶴ヶ島市 ミャンマー 市内にある今泉記念ビルマ奨学会が、ミャンマーからの留学生への支援や同国での寺子屋教育などの支援活動を約30年にわたり継続。 市民が文具をミャンマーに贈る活動も行っている。 このようなつながりから、2017年10月、ミャンマー選手団の事前トレーニングキャンプの実施に関する協定書をミャンマー保健スポーツ省と締結。 2019年に、地元の城西大学とも連携し、陸上、水泳、柔道の3種目で事前キャンプを実施予定。 2020年の大会終了後は、市の伝統行事「脚折雨乞」にミャンマー選手団や関係者を招待し、行事への参加とあわせて市民との交流イベントを開催する予定。 2017. 7登録 三芳町 オランダ、マレーシア 淑徳大学及び町内各団体と連携し、オランダ柔道チームを受け入れ、親交を深めるとともに住民参加型のイベントにより地域の活性化を図る。 オランダとの姉妹都市締結を行い、町内中学生や農業従事者が将来に渡って交流できる環境を作る。 2018年12月に、オランダ女子柔道チームのトレーニングキャンプ受け入れ予定。 2019年に、事前キャンプに係る協定書締結予定。 町内各団体と連携し、マレーシアパラリンピック選手団の受け入れ、親交を深めるとともに住民参加型のイベントにより地域の活性化を図る。 また、マレーシア国姉妹都市のペタリングジャヤ市との友好をより深化させ、町内中学生や教員の海外派遣事業の展開や、農業従事者が将来に渡って交流できる環境を築く。 2018. 27登録• 2020. 28マレーシア追加 寄居町 ブータン ブータンのスポーツ親善大使である為末大氏と親交があることから、同氏の仲介により、事前合宿誘致や交流事業を行うべく交渉を行ってきた。 2016年5月、ブータンオリンピック委員会のワンチュク王子殿下御一行が来町し施設の視察や町民との交流事業を実施。 2016年10月、陸上競技の事前合宿実施の協定書を締結。 交流事業や選手強化支援などの取り組みを本格化させる。 2018年4月、高校生等の有志によるクラウドファンディングを活用した資金援助とともに、為末大氏・寄居町が支援し、ブータン初の陸上全国大会を開き、寄居町の高校生も大会に参加して現地の選手と交流した。 また、同年7月、交流の輪を広げるため、交流イベントの補助等を行うサポーターの募集を開始した。 2016. 14登録 千葉県 千葉県 オランダ 2015年8月に開催された世界陸上北京大会の事前合宿を受け入れたことを縁として、東京大会についてもオランダ代表の事前合宿誘致を進め、2016年7月にオランダオリンピック委員会とオリンピック・パラリンピック計22競技の事前合宿について基本合意。 2018年にオランダのアーチェリー、ソフトボール、女子バレーボール等の各競技が県内で事前合宿を実施。 その他競技についても、事前キャンプ誘致に向けて、取組を進める。 2017. 11登録 銚子市 台湾 2016年、2017年と連続して女子ソフトボール台湾代表チームのキャンプを実施したことにより、交流の深化が図られ、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプの誘致につながった。 これまで民間レベルで進んでいた交流と合わせ、台湾とのさらなる関係構築を目指していく。 ・2018. 31登録 市川市 ブルガリア 既にブルガリア新体操チームの事前合宿受け入れが決定している山形県村山市と連携し、選手村入村後のチームの練習会場やスタッフの活動拠点として誘致を進めている。 ブルガリア新体操代表チームと市内新体操部所属の小中高生との交流やブルガリア文化をテーマとした講演・講習等を実施。 2017. 11登録 船橋市 米国 2017年8月、米国体操協会と2018年から2020年までの事前合宿について合意し、2018年6月に協定書に調印。 2018年6月に米国男子体操チームが事前合宿を実施するとともに、市内小学生との交流や書道の体験交流、体操体験会や公開練習を行った。 2018年11月に米国大使館による「外交官の出張講座」を市内小学校にて実施。 2016. 9登録 館山市 オランダ 千葉県とオランダオリンピック委員会との事前合宿に係る基本合意に基づき、オリンピック3種目・パラリンピック1種目の受け入れの調整を進める。 さらに、パラを含む自転車競技の事前合宿誘致も推進している。 2017. 11登録 木更津市 ナイジェリア 2013年に「西アフリカフェスティバルin木更津」を開催したことがきっかけとなり、2019年4月にナイジェリア連邦共和国と事前キャンプ実施に係る基本的な事項を定めた覚書を締結した。 国際交流の進展、スポーツや教育・文化の向上等に繋がるレガシー創出に向けて、事前キャンプを行う選手やナイジェリア大使館職員を招き、スポーツの交流や市民向けに同国の文化や歴史、食を紹介する交流イベントを開催する。 2019. 30登録 松戸市 ドミニカ共和国、 ルーマニア 外務省の地方視察ツアーを契機に、ドミニカとの交流を開始。 2016年、ソフトボール連盟と事前合宿の覚書を締結。 2018年、ソフトボール、バレーボール、テコンドー各連盟と事前合宿の覚書を締結するとともに、梨の交流や市内学生との交流会、「東京五輪音頭-2020-」披露などを通して友好を深めた。 リオ大会出場のマラソン選手を地元のマラソン大会に招待したことより、ルーマニア陸上連盟との交流を開始。 2016年、同連盟と事前合宿に関する同意書を締結し、市民、子ども等との交流を推進している。 2017年、陸上競技、レスリング、卓球、フェンシング、水泳各連盟と事前合宿の覚書を締結。 2016. 9登録 成田市 アイルランド 2020年東京パラリンピックにおける事前キャンプの実施に関して覚書を締結済。 2018年10〜11月にはパラ水泳チームの事前合宿を行うとともに、水泳教室や小学校・特別支援学校での交流を行った。 2019年にも事前キャンプを行う予定。 様々な競技の事前キャンプを通じて、スポーツの振興はもとより、国際交流の促進や共生社会の実現につなげる。 2018. 31登録 佐倉市・ 成田市・ 印西市 米国 2015年世界陸上北京大会での事前合宿受入をきっかけに、2020年においても、米国陸上チームの事前合宿受入を行うことで、合意済。 2018年1月及び10月に米国陸上選手とコーチによる陸上クリニックを成田市で開催するとともに、生徒等との交流を行った。 クリニックは今後も継続して開催していく。 2016. 9登録 佐倉市 ボツワナ、ペルー 2018年7月に第16回世界女子ソフトボール選手権に出場するボツワナ代表の事前キャンプを受入れ、小中学生等との交流を行ったことを縁に、ボツワナソフトボール協会と事前キャンプや大会期間中の市民との交流について合意。 ホストタウン事業を契機に、選手・関係者、大使館、青年海外協力隊員と連携し、スポーツ交流・文化交流の機会を積極的かつ継続的に創出し、相互理解の深化を図る。 在京ペルー大使が、市の花火大会や観光施設を来訪されるなど、かねてより交流を継続しているペルーを相手国として、事後交流などのホストタウン事業を契機に、選手・関係者、大使館、青年海外協力隊員と連携し、スポーツ交流・文化交流の機会を積極的かつ継続的に創出し、相互理解の深化を図る。 2019. 26登録 旭市 ドイツ、ザンビア 2009年からデュッセルドルフ市と子ども同士の卓球交流を行っていることを縁として、ドイツの卓球代表の事前合宿誘致を進めており、これを契機とした更なるスポーツ交流、文化交流、人的交流を図る。 2018年7月〜8月にドイツ卓球クラブチームを招き、子どもたちと卓球交流や書道体験、地域のお祭りへの参加など文化交流を実施した。 2020年1月、ザンビアオリンピック委員会と事前キャンプに関する覚書を締結。 オリンピアン・パラリンピアンによるザンビア選手への技術指導会(陸上競技)・交流会を行う予定。 農業が盛んな本市の特色を活かした地元食材を用いた料理体験やザンビア選手と子どもたちをはじめとする市民との交流等を通じ、市民の国際理解やスポーツの推進を図るとともにザンビアとの末永い交流を行っていく。 2017. 11登録• 2020. 28ザンビア追加 柏市 英国 2018年8月、英国テニス財団と公益財団法人吉田記念テニス研修センターが車いすテニスの事前キャンプの実施等について合意。 英国や車いすテニスに興味を持ってもらうため、文化・歴史を紹介するイベントや、車いすテニス競技者を招いた市民体験型イベントを行うほか、PR横断幕やフラッグ等広告物の掲出により、事前キャンプ・本大会に向け、市内の機運醸成に努める。 2019. 26登録 市原市・ 君津市 ニュージーランド 日本ソフトボール協会及び県のスポーツコンシェルジュの協力を得て、2018世界女子ソフトボール選手権大会の事前キャンプを受け入れ、市内小中高生、障がい者のソフトボールチームとの交流を実施した。 2020大会に向けても引き続き事前キャンプ誘致を進める。 市原市では、25年以上前から、市民レベルでニュージーランドとの交流を続けている。 東京大会において、県内最大エリアの市原市、君津市と代表的観光施設であるマザー牧場が連携協力してニュージーランドチームを受け入れる(事前キャンプあるいは事後交流)ことにより、市民がより身近に異文化を体験し、国際交流を推進するとともに、地域間の周遊性を生み、インバウンドなどの波及効果を生み出す。 2016. 9登録• 2019. 27君津市追加 流山市 オランダ 明治期に、オランダ人技師によって設計された利根運河があることから、歴史的なつながりを含め、交流を続けている。 2016年7月に知事とオランダオリンピック委員会会長との間で、市内のキッコーマンアリーナでのオリンピック・パラリンピックそれぞれ3競技のうち複数競技の事前キャンプ実施が合意された。 また、2020年大会での女子バレーボールチームの事前キャンプ誘致に向けて、2018年世界選手権での事前キャンプを受け入れた。 2016. 14登録 浦安市 英国、スロバキア、フランス、オランダ (一社)日本車いすバスケットボール連盟所属の元市職員を通じて、2016年、2017年に日本で開催された国際大会時に、車いすバスケットボール英国代表チームの事前キャンプを受入れた縁をきっかけとして、2019年、2020年においてもキャンプ誘致を進め、2018年2月に2020年東京パラリンピックに向けた事前キャンプ実施に関する合意書を締結。 2019年8月に英国車いすバスケットボール女子チームが、東京で開催される国際親善試合の事前キャンプを本市で一週間程度実施する予定。 期間中には日本代表との公開練習試合や市民交流等を予定。 事前キャンプでの交流を通して、更なる国際交流の推進や共生社会の実現につなげる。 スロバキアオリンピック委員会より、明海大学に東京2020オリンピック大会時の事前合宿の希望があり、視察を経て2019年4月に明海大学、当市及びJOCと併せて4者で覚書を締結。 大会時には、スロバキア陸上代表の合宿受入を行い、学生をはじめとした市民と選手の交流を実施する他、スロバキア代表の応援を行う予定。 大会後もスロバキア代表の大会報告会を実施するなどし、2020年以降の継続した交流につなげる。 2019年9月、フランスカヌー・カヤック協会とカヌー・パラカヌー競技の事前合宿に係る覚書を締結。 事前合宿を通じフランスと市民との交流の発展につなげる。 2018年7〜8月にアーチェリーオランダ代表の合宿を受け入れた縁をきっかけに、東京大会の事前合宿受け入れを予定している。 事前合宿を通じて、オランダと市民との交流の発展につなげる。 2018. 28登録• 2019. 28スロバキア追加• 2019. 31フランス追加• 2020. 31オランダ追加 白井市 ブルキナファソ これまで民間交流が行われてきたブルキナファソから、選手団や日本在住ブルキナファソ人を大会終了後に当市に招待し、市民との交流を実施。 この際、市民からボランティアを募集することで、事業の効果を市民の間に広げていく。 さらには、ネリカ米栽培体験学習を実施する市内小学校とブルキナファソ関係者と交流を行い、大会後も、こうした交流を継続していく。 2019. 27登録 山武市 スリランカ 里親里子交流をきっかけに、2014年12月にスリランカの事前合宿受入れが決定。 市の地方創生総合戦略にもオリパラに係る取組みを位置付けており、スリランカの青少年の招へい(ホームステイ・交流)、中高生のスリランカ派遣、市内国際交流団体によるスリランカの伝統舞踊ショー等を行うスリランカフェスティバルやスリランカ公用語のシンハラ語教室の開催等を通じ、地方創生につなげる。 2016. 26登録 いすみ市 フランス 古くからサーフィンが盛んな当市では、次回オリンピック・パラリンピック開催国であるフランス国とサーフィン文化を中心とした交流を図る。 フランスサーフィン連盟や在日大使館職員等を招き、環境保全活動や農水産物等を活かした食文化交流等を図る。 2020. 28登録 横芝光町 ベリーズ 町内在住の日本ベリーズ友好協会理事とベリーズ国名誉総領事との縁により事前合宿受入の基本合意書を締結。 ホストタウンを契機に、大使館、JICA、元青年海外協力隊員などを通じ、大会後の継続的な交流を図り、友好関係を築いていく。 2018. 28登録 長柄町 ロシア 2019年10月、ロシア連邦フェンシング連盟との間で男女フェンシングチームの2020年東京オリンピックにおける事前合宿に関する覚書を締結。 産(リソル生命の森)学(国立大学法人千葉大学)官(当町)の3者連携により、事前合宿を受け入れるとともに、フェンシング体験会等の交流を通じ、ロシア連邦との友好関係を構築する。 2019. 31登録 東京都 港区 ジンバブエ 港区とジンバブエ共和国とは、区立白金の丘学園が同国を「世界ともだちプロジェクト」学習・交流対象としており、また駐日大使館も本区に所在することから、従前よりつながりがある。 東京大会時には、ジンバブエ選手との競技終了後の交流を予定しており、ジンバブエ大使館の協力を得ながら、区民とスポーツ・文化交流をしたり、選手と一緒にジンバブエ料理の給食を食べること等を計画している。 大会後も、区内の学校において、大使館によりジンバブエ共和国に関する授業を行ってもらうなど、相互交流を継続していく方針である。 2020. 29登録 文京区 ドイツ 1988年にカイザースラウテルン市と姉妹都市提携を行い、ホームステイ交換事業や文化・芸術、スポーツを通じた区民交流事業を実施している。 こども新聞記者がドイツの文化に触れドイツ人との交流を行い、また、様々な競技体験の取材を通じて記事にした広報誌を制作・発行している。 柔道を中心としたパラリンピック競技等の選手との交流を目指し、交渉を進めていく。 2016. 9登録 品川区 コロンビア 2019年3月、コロンビア共和国と事前合宿に係る合意書を締結。 ボッチャ、パラパワーリフティング競技の選手・関係者と小学生や地域住民との交流を通じ、障害者スポーツの理解促進やコロンビア共和国との更なる友好関係の構築を図る。 2019. 31登録 目黒区 ケニア 区内に駐日ケニア大使館が所在し、目黒区国際交流協会が主催する国際交流フェスティバルに長年参加するなど、これまで積極的に地域との交流が行われてきた。 2017年11月には、交流に係る覚書を締結。 ケニアの子どもたちにシューズを集めて送るとともに、ケニアのオリンピアン・パラリンピアンと小・中学校生とのスポーツ交流などを実施し、大会終了後も継続していく。 2017. 11登録 大田区 ブラジル 2017年6月にブラジルオリンピック委員会と事前合宿に係る覚書を締結。 ハンドボール、バレーボール、ビーチバレーボールの事前合宿を受け入れることとしている。 2018年6月〜7月にブラジル男子ハンドボール代表チームが区内で合宿を行い、日本代表との国際親善試合、区内ハンドボール部生徒への競技指導、区内小中学校への訪問を実施。 2019年に男子バレーボール、女子ハンドボールの合宿を受け入れ、様々な交流プログラムを行ったほか、区民向けのブラジルの文化や歴史を紹介するイベントを実施。 2017. 11登録 世田谷区 米国 区と米国オリンピック委員会との間で、2015年11月に覚書を、2017年11月に詳細を定めた契約を締結。 これまで、米国にゆかりのあるプロ野球選手・ソフトボール選手を招いた区内中・高生との交流、米国金メダリストによる小・中学校の児童・生徒及び都立高校生を対象とした水泳教室、米国パラリンピアンを招いた区内小中学校での講演会等を実施。 大会終了後も継続して区民との交流事業を実施できるよう交渉していく。 2016. 14登録 杉並区 イタリア、ウズベキスタン イタリアオリンピック委員会から、永福体育館に整備したビーチコートを活用して、ビーチバレーボールチームの事前キャンプを実施したい旨の申出があり、受け入れを決定。 これをきっかけに、当施設を誰もが気軽にサンドスポーツに親しめる交流の拠点としていく。 ウズベキスタンボクシングチームの東京大会の事前キャンプ受入れを契機とした「ホストタウン交流宣言」を2020年2月に締結。 区民に対しウズベキスタンの文化や特色を発信していくとともに、文化・スポーツ・教育分野での交流を図り、区の発展の原動力としていく。 2019. 27登録• 2020. 30ウズベキスタン追加 豊島区 バングラデシュ、セントルシア 15年以上にわたり区内公園においてバングラデシュ人の在日コミュニティによる新年を祝うイベントが開催されている。 今後、ホストタウンとして東京大会に出場する選手も含めたバングラデシュ人の方々と、スポーツや文化を通じた区民との交流を進めることで、国際理解を推進していく。 日本に住むわずか6人のセントルシア人のうち1人が区内在住。 この貴重な縁を活かし、遠く離れたカリブ海西インド諸島に位置する同国と交流することで、世界の多様な文化を学び、相互理解を推進する。 大会期間中には、選手団を招き、小中学生や区民とのスポーツや文化芸能交流会を実施する。 2018. 31登録• 2019. 26セントルシア追加 板橋区 イタリア 区内で開催した国際絵本原画展をきっかけにイタリアと交流が続き、イタリアボローニャ市と友好都市交流協定を締結。 2018年5月、イタリアオリンピック委員会と男女バレーボールチームの「東京2020オリンピック競技大会期間前及び期間中トレーニングに係る協定」を締結。 2019. 28登録 練馬区 エクアドル、デンマーク エクアドル共和国のパラリンピック(陸上等)選手の事前キャンプ受け入れを決定。 これをきっかけに選手と区民との交流事業を実施しスポーツ振興を推進するとともに、外国文化の理解や障害のある方もない方も誰もが活動しやすいまちの実現を目指していく。 デンマーク王国のオリンピック射撃選手がテストイベントで来日する機会を捉え、区民との交流事業を行う。 東京2020大会の競技終了後に当区で射撃選手のフェアウェルパーティーを開催し、区民との交流を行う予定である。 このように選手と区民との交流事業を通じてスポーツ振興を推進するとともに、外国文化の理解や障害のある方もない方も誰もが活動しやすいまちの実現を目指していく。 2020. 28登録 足立区 オランダ 2017年10月、オランダオリンピック委員会・スポーツ連合とGame Changer Projectに関する覚書を締結。 東京パラリンピックの競技終了後にオランダの選手等を招き、区立小・中学校、都立特別支援学校の児童・生徒の交流事業を実施。 東京2020大会後もオランダと地域のスポーツ、障がい者、医療関係団体等との交流を継続し、障がい者も健常者も誰もが身近な地域で気軽にスポーツを楽しめる共生社会の実現を目指す。 2019. 31登録 江戸川区 オランダ 2017年10月、交流計画の核となるGame Changer Projectに関する覚書を、オランダオリンピック委員会・スポーツ連合とオランダ大使館で締結。 4年間にわたりパラアスリートと交流を実施予定。 本覚書に基づき、オランダからパラアスリートやコーチの派遣を受け、講演会やスポーツ教室を実施。 合わせて、オランダのパラスポーツ関係者による茶道等の日本文化体験も開催。 大使館等の協力を得て、オランダ研究者やオランダ大使館員等を講師とした講習を実施。 2017. 7登録 八王子市 米国、台湾 米国スポーツクライミングの統括団体であるUSA CLIMBINGと東京大会に向けた強化合宿及び事前キャンプの実施について合意。 相互交流に繋げられる環境も整っており、市民、市民団体、大学等と連携した幅広い分野における交流を大会後も継続し、スポーツや観光面の振興を図るとともに地域の活性化につなげる。 学園都市である本市の特色を活かし、パラ・パワーリフティングの国際大会が継続的に開催される予定である日本工学院八王子専門学校と協働してパラ・パワーリフティングの事前キャンプを受け入れる。 同大会に出場する選手との交流に加え、台湾の高雄市が本市の海外友好交流都市であることから、東京2020大会後も文化、スポーツ、教育等の幅広い分野での継続的な相互交流を行い、異文化理解や多様性の尊重など共生社会の実現につなげていく。 2019. 26登録• 2020. 29台湾追加 立川市 ベラルーシ 既にベラルーシ共和国新体操ナショナルチームの事前合宿を実施している宮城県の「白石市・柴田町・仙台大学東京オリ・パラ事前合宿招致推進協議会」と連携し、ベラルーシ共和国新体操ナショナルチームが宮城県白石市と仙台大学(柴田町)での事前合宿を終えた後、東京に移動してからの事前合宿地として受け入れを行い、選手と市民、特に子どもたちとの交流を行う。 2019. 28登録 武蔵野市 ルーマニア ルーマニア革命から間もない1992年から友好都市交流のあるブラショフ市との交流が基盤。 毎年30日間、日本文化研修のためブラショフ市民を招へい。 これまでの交流をさらに深めていくため、オリパラを契機に、文化分野に加えスポーツ分野での交流を開始。 2018年9月に、市民交流団がルーマニア訪問し、文化交流を実施。 また、2019年1月に、ルーマニア国パラリンピック委員会・パラ卓球選手およびコーチ、視覚障害者柔道選手などを招待し、強化合宿を実施予定。 2016. 26登録 青梅市 ドイツ 1965年、ボッパルト市と姉妹都市提携を締結。 同市寄贈のブドウの木から収穫された実を使った「おうめワイン ボッパルトの雫」の販売、青少年交流やマラソン交流など多様な分野における交流を続けている。 ドイツの食や文化を紹介する青梅オクトーバーフェストや青梅クリスマスマーケットなどのイベントを開催するとともに、在日ドイツ人と青梅市民とのサッカー交流戦、ドイツ人歌手による小学校における交流、ドイツ語版青梅市観光ガイドを作成している。 多数のオリンピアンを輩出しているカヌースラロームの聖地「御岳渓谷」を活用し、事前合宿誘致を進める。 2016. 14登録 府中市 オーストリア、オーストラリア 1992年にウィーン市ヘルナルス区と友好都市提携を結び、以後26年に渡りヘルナルス区とのホームステイを相互に実施するなど、市民を交えた文化交流等を継続。 これを縁として、オーストリアの卓球代表の事前合宿誘致を進めている。 野球オーストラリア代表チームが2018年、2019年、2020年に日本国内で実施する事前合宿をすべて受け入れ、滞在中には市民との交流を図る。 また事前合宿を契機として、オーストラリアの車いすバスケットボール代表による小学校での体験会・交流会やオーストラリアの高校生と市内のチームによる野球交流等、スポーツ・文化・経済といった様々な分野での交流を推進。 2017. 11登録• 2018. 28オーストラリア追加 調布市 サウジアラビア 2002年FIFAワールドカップサッカー大会の事前合宿を受け入れたことを契機に交流が開始。 サウジアラビアからの留学生等を招き市民とともにフットサルを楽しむ大会や小・中学生を対象としたサウジアラビア王国直属学校との交流を実施。 調布市花火大会に同国関係者を招待するなど調布の魅力を体験してもらうとともに、市内小中学校で交流事業を実施。 市民向けにはアラビア文化に関する展示やアラビア語教室を開催。 2016. 26登録 町田市 南アフリカ、インドネシア 2015年、同国のラグビーチームが強化合宿を実施。 これをきっかけに、ラグビー等の事前合宿誘致を進める。 「ネルソンマンデラ月間」などの同国の関連行事に合わせたイベント等により、スポーツ・文化・経済交流を深める。 東京大会におけるパラバドミントン、空手、バドミントン競技の事前キャンプ実施に関する覚書を締結し、2019年にもプレキャンプを実施予定。 2017年、2018年にはパラバドミントンインドネシア代表が合宿を開催し、市内小中学生との交流を実施。 2020年にはインドネシア人のアーティストを招聘した展覧会を開催するほか、同国の文化イベント等を開催する予定。 2016. 14登録• 2019. 26インドネシア追加 日野市 ウクライナ 空手の盛んな当市において、空手強豪のウクライナの事前合宿誘致と事後交流を進める。 2019年はテストイベントの合宿を受入、市内小中高大学生、企業空手部員と交歓稽古を行い、市民応援団がウクライナを会場で応援する。 事後交流では大使館とも連携し、音楽演奏会、文化講演会、食の体験会等の文化交流を行う。 2019. 28登録 東村山市 中国 2004年に中華人民共和国の蘇州市と友好交流都市の協定を締結し、以降、教育交流等を継続。 この交流を核として、蘇州市・東村山市の小学生選抜チームによるサッカー教室・交流試合を相互に行うとともに、中国からの留学生を市内高校で受入れ学生や市民等との交流を実施するなど、中華人民共和国とのサッカー、卓球競技を中心とした継続的な交流を推進する。 2017. 7登録 国分寺市 ベトナム JICAによる行政視察の受入れや、市内の企業・大学による医療・経済・文化・教育等の民間交流をベースとした官民連携による国際交流の促進と、事前キャンプ受入等による選手との交流を契機とし東京2020大会の機運醸成と地域活性化を図る。 2018. 31登録 武蔵村山市 モンゴル 市では小学校の授業への導入や大会の開催など相撲の取組に力を入れていることから、モンゴル相撲が盛んなモンゴルを相手国とし、競技終了後にモンゴルのオリンピアンを招いた交流会の実施や、両国の子どもたちを中心とした文化・スポーツ交流を図る。 市民まつりで行われる相撲大会にモンゴルの子どもたちを招待し、地域の小学生との交流を実施。 2017. 11登録 多摩市 アイスランド アイスランド共和国は世界男女平等ランキングで11年連続世界第1位、環境パフォーマンス指数2018では世界第11位であり、男女平等参画社会や地球と人にやさしい持続可能なまちづくりを推進する多摩市と価値観などで多くの共通点がある。 2019年8月にアイスランド国立オリンピック・スポーツ協会、多摩市、学校法人国士舘の三者によるアイスランド共和国オリンピック選手団の事前キャンプ実施に関する覚書を締結した。 大会に参加する選手と市民らの交流を促進するとともに、大会終了後も同じ価値観を共有するアイスランド共和国各種団体との人的交流を継続・発展させる。 2019. 27登録 羽村市 キルギス 「2018年度にキルギス共和国男子柔道チームによる「柔道グランドスラム大阪2018」事前キャンプの受入れを実施。 それを契機に2019年度以降は、「2019世界柔道選手権」・「東京2020オリンピック」事前キャンプの受入れや、同国の歌手・民族楽器演奏者等による「キルギス友好親善コンサート」開催を始めとした文化紹介等の交流事業により市民意識の高揚を図る。 2019. 28登録 西東京市 オランダ オランダオリンピック委員会・スポーツ連合との連携プロジェクト「GameChangerプロジェクト〜パラスポーツで社会を変える〜」の交流を契機に、パラスポーツの普及啓発や障害や障害者への理解を図るための交流を深め、共生社会の実現を目指す。 2018. 28登録 神奈川県 神奈川県・ 藤沢市 ポルトガル、 エルサルバドル、 エジプト 2019年9月、ポルトガルパラリンピック選手団の事前キャンプの受入れに係る協定を締結。 事前キャンプの受入れを通じ、市民との国際交流、スポーツ振興を図る。 また、市のボランティアを中心とした地域のサポートやパラリンピアンとの交流を通じ、共生社会の実現を図る。 藤沢市からエルサルバドルに対して消防車両2台を譲渡した等の経緯から、東京2020大会に向けた事前合宿(柔道、アーチェリー、陸上、水泳、ボクシング)の受入れと、それを契機とした交流事業の実施を予定。 事前合宿のサポートやオリンピアンとの交流を通じ、国際親善・国際理解の機会を創出するとともに、市民のボランティア意識向上を図る。 東京大会に向けた、エジプトフェンシングチームの事前キャンプの受入れを予定しており、それを契機とした交流事業を実施する。 藤沢市のボランティアを中心とした地域のサポートや、オリンピアンとの交流を通じ、国際親善、国際理解の機会創出を図る。 2019. 31登録• 2019. 27エルサルバドル追加• 2020. 31エジプト追加 神奈川県・ 小田原市・ 箱根町・ 大磯町 エリトリア、 ブータン、ミャンマー 「国は違えど空(SKY)は同じ」。 エリトリア、ブータン、ミャンマー各国関係者との交流等を通じ、地域における「(S)スポーツの振興」「(K)教育文化の向上」「(Y)友好関係の構築」を実施。 「SKYプロジェクト」による交流を実施し、地域に住む人々の心に残る価値を創造し、未病を改善し、皆が活き活きと暮らせる社会の実現を目指す。 東京マラソン等大会に参加するため来日する選手や大使館関係者を地域イベント等に招待し、交流事業を実施。 小田原提灯・寄木細工等特産品を活用し、地域の魅力を発信。 事前キャンプに関する協定を、エリトリア国については2015年9月に、ブータン王国については2017年4月に、ミャンマー連邦共和国については2018年4月に、それぞれ締結。 3か国とも実施競技については今後調整を行い、2020年3月までに決定する。 2016. 26登録• 2016. 9ブータン追加• 2018. 31ミャンマー追加 横浜市 英国、チュニジア、イスラエル、ベナン、ボツワナ、コートジボワール、モロッコ、ブルガリア、アルジェリア 英国とは、事前合宿の受入れと、それを契機とした選手等との交流を予定。 駐日英国大使館と連携した交流事業や、2019年ラグビーワールドカップ開催地でもあることから、ラグビー交流にも取り組む。 ブルガリアとは、2007年に行われた「ソフィア国立歌劇団ガラコンサート」での交流を契機に、パートナー都市協定を締結。 競技終了後の選手等との交流を通じ、更なる市民レベルでの交流や相互理解の促進を図る。 アフリカ各国と当市は、アフリカ開発会議の開催を契機につながりを深めており、2019年の第7回アフリカ開発会議の開催都市にも決定している。 チュニジア共和国とは、平成20年の第4回、25年の第5回アフリカ開発会議の横浜開催を契機に、相互理解促進や文化紹介などで交流を深めてきた。 ベナン共和国とは、過去2回のアフリカ開発会議横浜開催や、2013年に行った交流協力共同声明を契機に、若い世代の交流や港湾の技術協力などの分野で交流を深めてきた。 ボツワナ共和国とは、横浜市都筑区が個別の交流を深めており、過去の取組を礎にした更なる相互理解や相互交流につなげるべく、2016年には共同発表も行った。 コートジボワール共和国アビジャン自治区とは、2017年9月に「交流協力共同声明」を発表し、都市課題の解決や若い世代の交流、女性の活躍分野で連携していくことで合意している。 モロッコとは、横浜で開催された過去3回のアフリカ開発会議やビジネスセミナー等を契機に交流を深めている。 「アフリカに一番近い都市 横浜」として、横浜市民のアフリカへの理解や関心を更に高めるため、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の機会をとらえ、駐日各大使館と協力し、選手と市民・企業とが交流する場面を設けるなど、これまで積み重ねてきた交流を一層促進し、相互理解の促進につなげ、また、ともに成長を目指す。 横浜市は、横浜で開催された過去3回のアフリカ開発会議を契機に、アルジェリアと交流を深めている。 東京大会の機会をとらえ、駐日アルジェリア大使館と協力し、これまで積み重ねてきた交流を一層促進することで、相互理解の促進につなげ、ともに成長を目指す。 2016. 26登録• 2018. 27チュニジア、イスラエル追加• 2018. 31ベナン、ボツワナ追加• 2018. 31コートジボワール追加• 2019. 31モロッコ、ブルガリア追加• 2020. 28アルジェリア追加 川崎市 英国 2019年9月、ポルトガルパラリンピック選手団の事前キャンプの受入れに係る協定を締結。 事前キャンプの受入れを通じ、市民との国際交流、スポーツ振興を図る。 また、市のボランティアを中心とした地域のサポートやパラリンピアンとの交流を通じ、共生社会の実現を図る。 2016. 26登録 相模原市 ブラジル、カナダ 女子サッカー、女子バレーボール等の事前合宿に関し、ブラジルオリンピック委員会、JOCとの間で覚書を締結(2017年6月)。 「さがプロ2020基本方針」を踏まえ、大会後のレガシー創出を念頭に、ブラジルとの間の交流事業や、パラスポーツ・障害者スポーツの普及活動に取り組む。 2018年度においては、日本で開催される国際大会に出場するブラジル選手団のキャンプの受入れ、ブラジルへの青少年選手の派遣等を実施。 カナダボートチームの事前合宿に関し、カナダボート協会、日本ボート協会及び神奈川県との間で覚書を締結 2018年1月。 1991年からトロント市と友好都市の関係を継続しており、事前合宿で使用する相模湖漕艇場の施設所有者である神奈川県と連携しながら、事前合宿受入れを契機に交流の深化を目指す。 2017. 11登録• 2018. 27カナダ追加 横須賀市 イスラエル 2019・2020年イスラエル柔道チームの事前合宿の受入れを契機とした選手等との交流。 イスラエル大使館外交官による文化理解のための出張授業を市内各学校等で行う。 2019. 31登録 平塚市・ 神奈川県 リトアニア リトアニア共和国オリンピック委員会との間で2016年10月事前キャンプに関する協定を締結(種目を限定せず)。 リトアニア共和国パラリンピック委員会とも、2018年5月事前キャンプに関する協定を締結(種目を限定せず)。 事前キャンプを契機に同国と市内にある多様な教育機関との間で、学術交流や市民レベルの相互派遣を実施、大会後も継続。 2016. 26登録 鎌倉市 フランス 1966年にニース市と姉妹都市提携を締結し、以後50年以上にわたり市民を交えた交流が継続。 フランスセーリング連盟と事前キャンプに関する協定を2018年4月に締結。 選手等との交流を通じて、国際親善、国際理解の機会創出を図る。 2018. 28登録 小田原市 モルディブ、オーストラリア モルディブ大統領の来日計画をきっかけとした縁から、国際交流イベント「地球市民フェスタ」にモルディブ大使等に参加いただくなど交流を継続。 2017年10月26日、モルディブ共和国オリンピック委員会と、事前キャンプに関する協定を締結。 強化練習のために来日する選手の受入れ、及びモルディブオリンピック委員会関係者等を交えた交流会を実施する。 2018年8月、オーストラリアラグビー協会と事前キャンプに関する協定を締結。 オーストラリアとの交流を契機として、自然、歴史文化などの恵まれた地域資源を生かした都市セールスを行うことで交流人口の拡大を図り、経済・観光の振興に資する交流を、官民協働により継続的に進める。 また、選手たちとの交流によりスポーツの振興を図るとともに、友好都市ノーザンビーチ市との青少年交流などにより、文化や教育など多様な交流を推進する。 2017. 7登録• 2019. 26オーストラリア追加 茅ケ崎市 北マケドニア 生誕の地であるマザー・テレサのパネル展示、名産品のワインや食文化、伝統芸能の紹介などにより、北マケドニア共和国への理解を深める機会を創出するとともに、本市の文化を発信する。 あわせて、大会終了後には選手による学校等への訪問や市民との交流イベントを実施する。 2019. 26登録 逗子市 スペイン 2018年9月に逗子市とスペインセーリング連盟等との間で、事前キャンプと交流事業について定めた協定書を締結。 今後、市内で開催されるイベントを通じてスペインの歴史・文化を学ぶなど、生涯学習活動団体やスポーツ団体、商工会等と連携した交流事業を行うもの。 大会期間中には、文化や食、教育を通じたスペインをテーマにした催しを開催するなどして文化交流を深め、大会後も交流を継続する。 2019. 28登録 厚木市 ニュージーランド 女子7人制ラグビーニュージーランド代表の事前キャンプ誘致を契機に、ニュージーランド大使館や、ニュージーランド企業の協力のもと、スポーツ以外の分野でも交流事業を積極的に推進。 2018年4月には、ニュージーランドの留学や教育に係る連携促進を図る政府機関「エデュケーション・ニュージーランド」と教育に関する了解覚書を締結し、教育の交流の活性化を図っている。 また、7月には女子バスケットボールニュージーランド代表チームのキャンプを実施、9月にはニュージーランドウィルチェアラグビー協会の視察を受け入れ、2020年及び2020年以降のアジアの拠点という視野も含めて、事前キャンプ等の誘致事業を進めている。 2016. 26登録 葉山町 英国 英国セーリングチームの事前合宿を受け入れ。 「日本ヨット発祥の地」として、すべての町民がヨットに1度は乗船し、ヨットを身近に感じてもらうイベントを開催している。 2017年7月、事前キャンプに関する協定 単年 を締結、その後、2018年4月、事前キャンプに関する協定 2018年〜2020年 を締結した。 2018年8月25日 土 に葉山ヨットフェスにて英国セーリングチームと町民らの親善レースを実施。 2017. 7登録 新潟県 新潟県・ 新潟市・ 長岡市・ 燕市・ 五泉市・ 弥彦村 モンゴル モンゴル国パラアーチェリー協会と2016年4月、2020東京パラリンピック競技大会合同練習及び事前キャンプに関する覚書を締結。 モンゴル国パラアーチェリー選手団が2016年7・8月、2018年5月にそれぞれ事前合宿を実施。 モンゴル人力士や地元大学の留学生などと交流。 市民を対象に同国の伝統や文化を学ぶ交流事業を展開。 市内の小中学校生を同国に派遣。 2016. 26登録 新潟市 フランス、ロシア 1991年、市民有志による新潟・フランス協会が設立され、同協会を中心にナント市などと交流。 これまでの交流を契機に、レスリング、空手、野球の各種競技の事前合宿誘致に取り組む。 ハバロフスク、ウラジオストク、ビロビジャンの3都市と姉妹都市提携を締結しており、古くから経済、文化、スポーツ、観光、環境や教育などの分野で交流を継続。 これまでの交流や、平昌冬季オリンピック競技大会でのフィギュアスケート事前合宿の受け入れを契機に、2018年11月、全ロシア新体操連盟と事前合宿に関する協定を締結。 2016. 9登録• 2018. 28ロシア追加 長岡市・ 新潟県 オーストラリア 2020東京オリンピック・パラリンピックだけでなく、2018パンパシフィック水泳選手権、2019FINA世界水泳選手権のオーストラリア競泳チームの事前合宿を受け入れる。 トップレベルのスポーツに触れ、市民の関心を高めるとともに、国際交流の促進を図る。 東京大会に向けた、オーストラリア競泳(オリ・パラ)チームの事前キャンプ受入れについて、長岡市と新潟県が協力して選手団の出迎えや見送りなどのおもてなしを行うことにより、オール新潟で地域活性化を図る。 また、同国飛込チームの事前キャンプも受入れ、より多くの市民との交流を実施するとともに、東京大会に向けた機運醸成を図る。 2017. 7登録• 2020. 31新潟県追加 三条市 コソボ共和国 2019年2月に三条市とコソボ共和国オリンピック委員会との間で、事前キャンプを含め人的・文化的な交流を図るためのホストタウン事業に関する覚書を締結した。 国を丸ごと受け入れ、柔道や空手、陸上など多岐にわたる競技の合宿を実施するとともに、多種目の選手等と市民との交流を図る。 具体的には、まちづくりの様々な分野で活躍する方々を中心に実行委員会を形成し、応援体制の構築も含めた交流の企画等を行いながら、市民意識の醸成を図るととともに、きめ細かなおもてなしを行い、コソボ共和国との交流を深める。 2019. 28登録 柏崎市 モンテネグロ、 セルビア 地元の水球社会人チームの人脈を活用して、2019年韓国世界水泳でのセルビア水球男子チームの事前合宿及び2020年東京オリンピックでのモンテネグロ水球男子チームの事前合宿を受け入れる。 大会前から、両国チームに在籍する選手と市民との交流を進め、2020年に向けた機運を醸成。 2016. 26登録 小千谷市 米領バージン諸島 米領バージン諸島の食や文化のPRを行うとともに、本市の文化、観光の発信も行い、大会後の交流を主としたスポーツ・音楽等の事業を通して、両国の理解を深め、国際交流の推進を行う。 「おもてなし」の心と自ら事業に参画することで、市民の心に残るオリンピック交流を進める。 2019. 30登録 加茂市 ロシア 加茂市とロシアのコムソモリスク・ナ・アムーレ市とは姉妹都市として、これまで中学生派遣事業を軸とした交流を行ってきたところ。 2008年にドイツ女子北京オリンピック出場チームの合宿を受け入れた実績もあり、2017年8月にロシア体操連盟と加茂市との間で、体操競技の事前合宿を実施することで合意。 今後、事前合宿の受け入れやレセプションなど、市民との文化交流を実施するとともに、コムソモリスク・ナ・アムーレ市の子供たち訪日時には、事前合宿時に使用した体操練習施設の見学や地元の大学生などによる演技を行うなどして、両国及び体操競技への関心を深めるとともに、子供代表団派遣の交流をより一層深める。 2019. 28登録 十日町市 クロアチア 2002年FIFAワールドカップサッカー大会においてクロアチアの事前合宿を受け入れた縁で交流を継続している。 大会前から、ユースチームの受入れを行うなどして2020年に向けた機運を醸成。 毎年実施している「クロアチアウィーク」において観光、食、写真展などによる交流を実施。 3年に1度開催される芸術祭「大地の芸術祭」とも連携。 2018年は、U-17クロアチア代表チーム事前キャンプを行う際、交流試合や応援バスツアーを実施。 クロアチア大使館関係者を招いてのサッカー大会、歴史授業、同国料理や文化の講習会などを実施。 2016. 26登録 妙高市 スロベニア 「合宿の郷 妙高」をスローガンにスポーツ合宿の誘致拡大に向けた施策を展開。 オリンピアンを数多く輩出している柔道クラブが所在するスロヴェニ・グラデッツ市との姉妹都市交流を契機に、柔道などの事前合宿誘致を目指す。 2017. 7登録 上越市 ドイツ 国内で有数の体操専用練習施設 大潟体操アリーナ があることから、ドイツの体操チームの事前合宿を招致。 大会前にジュニア選手との交流を行うほか、協定を締結した大学と連携しスポーツ振興を図る。 2016年10月にドイツ体操連盟と事前合宿に関する覚書を締結。 2018年8月にはパラリンピック柔道選手を含むドイツ柔道チームの合宿を受け入れた。 2016. 26登録 富山県 高岡市 ポーランド 民間レベルでの相互交流をきっかけにポーランドとの経済、文化、スポーツ等交流を継続。 市出身の登坂絵莉選手がリオ五輪女子レスリングで金メダルを獲得するなどレスリングが盛んであることから、ポーランドのレスリングを中心に事前合宿誘致を推進。 2018年5月、ポーランド女子レスリングチーム(ポーランド代表)が、全日本女子レスリングチームとの合同強化合宿を実施。 その際、地元のジュニアレスリング選手を対象としたジュニアレスリング教室を開催。 地元寺社訪問等を行い市民との文化交流を深めた。 2017. 7登録 黒部市 インド インド政府青少年スポーツ省並びにインドアーチェリー連盟から黒部市のアーチェリー競技施設・環境を評価いただき、事前合宿を行うことが決定。 大会中は日本の文化体験や地元の郷土芸能鑑賞や祭などへ参加し、地域一体となっておもてなしを行っていく。 また地元小・中学生等とのアーチェリー競技体験会や交流イベントを実施し、一人でも多くの市民とのふれあいの機会を創出する。 大会後は、インドとの記念大会を創設し、継続して開催していくことにより、交流を継続していく。 2019. 27登録 石川県 石川県・ 小松市 ニュージーランド、ブラジル、英国、フランス、カナダ、モザンビーク、ノルウェー、スロベニア 文科省のナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設の認定を受けたカヌー競技場を保有。 ニュージーランドは2017年から2020年まで4年連続、ブラジルは2017年及び2020年、カナダは2018年から2020年まで3年連続、英国は2019年及び2020年、フランス、モザンビークは2020年の事前合宿受入について合意。 選手等の滞在中は、歓迎会や競技教室の開催等、住民との交流を行う。 ノルウェーからカヌーチームの事前合宿の依頼があり、受け入れる。 住民との交流を行う。 スロベニアからカヌーチームの事前合宿の依頼があり、受け入れる。 住民との交流を行う。 2017. 7登録• 2017. 11ブラジル追加• 2018. 29英国、フランス、カナダ、モザンビーク追加• 2019. 30ノルウェー、スロベニア追加 石川県・ 志賀町 アゼルバイジャン、ジョージア 小松空港とアゼルバイジャン共和国を結ぶ貨物定期便が運航していることをきっかけに、レスリングの強豪国である同国の誘致を開始し、同国大使館の積極的な対応もあり、事前合宿実施に向けて合意に至った。 選手等の滞在中は、歓迎会や競技教室の開催、文化交流等、住民との交流を行うほか、志賀町ジュニア選手を相手国に派遣する等、青少年交流を進める。 アゼルバイジャン共和国の誘致活動を行う中で、同国の隣国であり、レスリングの強豪国であるジョージアと、事前合宿実施に向けて合意に至った。 選手等の滞在中は、歓迎会や競技教室の開催、文化交流等、住民との交流を行う。 2019. 28登録 石川県・ 穴水町 ロシア ロシアのテコンドー及びパラテコンドーチームの事前合宿を実施する。 来日する指導者との交流会、パブリックビューイング等による交流を図り、大会終了後も交流を継続していく。 2019. 30登録 金沢市 フランス、ロシア 1973年より、ナンシー市と姉妹都市協定を締結し、スポーツ、教育、文化など様々な分野の交流を継続。 特に、交換留学生については40年以上継続しており、教員交流や、大学生のインターンの交換なども実施している。 地域として盛んなウェイトリフティングや新しく施設が完成する水泳の事前合宿について協定書を締結した。 (水泳連盟:2017年6月、ウエイトリフティング連盟:2018年5月)協定書のとおり、合宿期間中の人的・経済的・スポーツ的・文化的な相互交流を行うこと、事前合宿終了後も継続的な交流に努める。 また、地域で盛んなトランポリンについても誘致を進めている。 金沢市は、ロシア・イルクーツク市と姉妹都市交流を行っている縁から ロシア連邦飛込連盟の事前合宿の受入及び地元ジュニア選手との合同練習を実施する予定。 また、大会期間中は、パブリックビューイングや大会会場での応援等を実施して声援を送る。 大会終了後も国際大会の事前合宿の受入や地元マラソン大会へロシア人ランナーを招くなどして、引き続き地元交流やスポーツ振興、教育文化の向上を図る。 2016. 14登録• 2020. 28ロシア追加 加賀市 ポルトガル、台湾 ポルトガルとの交流を進めるなかで、「ポルトガル柔道の父」と親しまれている小林清氏のご息女である小林さち子氏の紹介を受け、2020年東京オリンピックのポルトガル柔道の事前合宿誘致を進めており、スポーツ・文化交流を行う。 台湾とは、台南市や桃園市などと友好都市協定を締結し、相互交流を行ってきている。 本市では空手が盛んであり、2019年5月には、チャイニーズタイペイ空手道協会と事前合宿に係る協力協定を締結。 スポーツ交流以外にも小学生どうしの交流、文化交流も実施。 大会終了後には参加した選手、関係者等を招き祝賀会を開催。 2018. 28登録• 2019. 28台湾追加 福井県 福井市 スロベニア 福井市で盛んなスポーツであり、2018年の福井国体の開催施設を持つバスケットボールについて、スロベニア選手の事前合宿誘致を進めており、パラリンピック選手の事前合宿も含め、覚書を調整していく。 2018年4月に、バスケットボール連盟の視察受け入れに合わせ、元NBAの選手である連盟の役員が、北陸高等学校のバスケットボール部において指導教室を開催した。 伝統的に「そば」を多く食べることや、「水仙」の栽培が盛んという共通点をきっかけとして、市民交流を進めていき、また相互の観光業の振興にもつなげていく。 2017. 11登録 敦賀市 ポーランド 1920年にロシア革命後の混乱したシベリアから救出されたポーランド孤児を受け入れてから100周年を迎えるのに合わせ、2020年東京大会終了後にポーランドの選手・関係者を招き、文化体験や市民との交流を行う。 また、国際交流イベントにおけるポーランド文化紹介、体験などを通じ、市民への理解促進と将来の更なる交流発展につなげる。 2019. 31登録 大野市 東ティモール 水への恩返しCarrying Water Projectを立ち上げ、水の確保に苦しんでいる東ティモールを支援するとともに、市民との交流を実施。 このようなつながりを活かし、東ティモールと大会後も含めた相互交流を進めていく。 2017. 7登録 鯖江市 中国 これまでに1995年世界体操競技選手権大会や1998年体操競技ワールドカップを開いた実績があり、「体操のまち さばえ」を誇りとしている。 眼鏡産業などで交流の深い中国との交流を通じて、活力とにぎわいのあるまちづくりを推進していく。 2017年10月中国体操協会との間で体操競技の事前合宿を開催する覚書を締結。 2018年度の交流事業として、中華人民共和国の体操男子ジュニア代表選手団による強化合宿、中国体操協会関係者による事前合宿関連施設視察の受入れ、中国体操界との関わり等を振り返る「体操のまち鯖江展」の開催、鯖江市ゆかりのオリンピアンによる指導者向け講演会等を実施する。 2017. 7登録 越前町 カナダ 越前町は、ホッケーが町民スポーツとして根付いており、19年にカナダ代表の強化合宿を受け入れたことを契機に事前合宿を受け入れるとともに、合宿中は小中学生を対象にしたホッケー教室や選手と児童とのゲームなどによる交流を図る。 大会期間中は、カナダ代表の応援ツアーや給食でカナダ料理を実施するなどして盛り上げ、大会後は、引き続き国際大会等の合宿地として誘致するだけでなく、友好的な交流を継続する。 2020. 28登録 山梨県 甲府市 フランス フランス卓球連盟と事前合宿について基本合意書を2017年10月に締結。 卓球を軸に幅広い層の市民交流や文化交流を行う。 甲府市はポー市と40数年にわたり姉妹都市交流を実施。 これまでの相互交流を継続・発展させていく。 フランスレスリング連盟と事前合宿について基本合意書を2018年10月に締結。 2017. 11登録 富士吉田市・ 山梨県 フランス 1978年より、シャモニモンブラン市と姉妹都市提携を締結し、フランスとの交流を推進。 パリ・オペラ座バレエ団ダンサーと連携したバレエ衣装制作の推進やパリでの展示会の実施、フランス関係者を招いた芸術食文化等の交流事業を行い、地域の活性化を推進。 過去にFIFAワールドカップサッカー大会の事前合宿など、国内外のトップアスリートの合宿を受け入れた実績をいかし2016年12月、フランスラグビー協会と2020年東京オリンピック競技大会における、7人制ラグビー男女代表チーム事前合宿に関する基本合意書を締結。 2016. 14登録 山梨市 ドイツ、キルギス 国体で30年以上入賞するなど、高校を中心に大変盛んなウェイトリフティングについて、ドイツチームの事前合宿誘致を進める。 ドイツウエイトリフティング連盟と事前合宿について契約書を2018年8月に締結。 ウエイトリフティング競技が盛んであり、ドイツ代表チームの事前合宿受入れに次いで、キルギスのパワーリフティング代表チームの事前合宿を受け入れ、市内の小中学生と競技体験交流を行う。 さらに、大会後もウエイトリフティング・パラパワーリフティング競技の普及とスポーツや文化交流を継続する。 2016. 9登録• 2020. 28キルギス追加 大月市 ネパール 10年以上前から市民団体による交流が継続。 毎年ネパールから学生の受入れを行っており、市内観光、市内幼稚園児との交流を実施。 東京大会後にパラリンピック出場選手との交流、市内小中学生とネパールの学生等との文化交流を深める。 今後も官民の連携により、交流の拡充を目指す。 2020. 31登録 北杜市 フランス 日本で唯一IF基準を満たすBMX施設が市内に所在。 初心者や家族連れからトップ選手まで、幅広い層が訪れ、BMX競技への興味や関心が急速に浸透。 事前合宿を通じたフランスとの交流を契機に、北杜市=「自転車の聖地」というブランド構築を図るとともに、食資源の世界発信を目指す。 2018年3月にフランスビーチバレーチームと事前合宿に係る基本合意書を締結。 2017. 7登録 笛吹市 タイ 市の職員に、リオ大会ウェイトリフティングに出場した中山選手や競技関係者がおり、同競技が盛んな地域であることから、定期的なスポーツ交流や事前合宿誘致等に取り組む。 2018年2月、タイウエイトリフティング協会と事前合宿実施協定書を締結。 2016. 9登録 甲州市 フランス ワイン産業を通じ、姉妹都市交流40周年を迎えたボーヌ市があるフランスを相手国として、県のスーパーバイザーと共に、市で盛んなハンドボールの事前合宿誘致に取り組む。 2017年9月、東京大会に関する事前合宿について基本合意がなされた。 2016. 9登録 都留市 フランス フランス・バドミントン協会との基本合意を踏まえ、事前合宿を行い、選手、チーム関係者と当市の子ども等とのスポーツ交流等を行う。 これを契機に、本市の名誉市民第1号である増田誠画伯が30数年制作活動を行ったフランス共和国との経済交流、教育交流を展開し、人的・経済的・文化的な相互交流を進める。 2019. 30登録 西桂町 フランス フランスフェンシングチームの事前合宿に係る基本合意を契機に、町の伝統産業である織物産業とフランスのファッション産業との経済交流、教育交流を実施し、人的・経済的・文化的な相互交流を進める。 2018年1月にフランスフェンシング連盟と事前合宿に係る基本合意書を締結。 2018. 28登録 忍野村 フランス 以前から交流のあったフランスを相手国として、県のスーパーバイザーと共に、村で盛んなバスケットボールの事前合宿誘致に取り組む。

次の

ホストタウンの取組

埼玉 ホスト

1! 全国ネットで最大手、最大規模の当グループだから出来る驚異の集客力! 登録入会手続き後 早速、各媒体に掲載!そして、当グループが貴方を 女性客様&女性会員様・女性特別会員様に斡旋します!各地域から続々と予約指名が入ります。 まぁ、 確実 に 女性にモテて 人気ホスト になる秘けつは、 入店後に詳しく教えてあげますョ! そして、 いちばん大切なのは・・・・・・・・・ 当店【雅】に入店する事 です。 詳細を説明します。 ホストの求人募集。 デリバリーホストで男子 男性登録制、即日 日払いの仕事です。 アルバイト&バイト案内。 本業と副業が選べます。 プロの現金収入 ホストの職業安定所(職安)【さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 】 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 の出張ホスト募集 埼玉県 出張ホスト募集求人案内、メンズキャバクラ求人募集&レンタル彼氏 求人サイトです。 高収入 男子 男性求人、出張ホストの募集と登録(登録制)、大手ホストグループの求人情報です。 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 のデリホス募集 女性用性感マッサージ 待ち合わせ 埼玉県 デリホス募集高収入で稼げるデリホス&レンタル彼氏を募集しています。 大手グループ男子求人 男性の為の高収入求人情報サイトです。 アルバイトから正社員まで幅広く案内。 ドライバー 派遣では、20代〜40代・50代〜60代の男性 求人募集が多数ございます。 日本全国のたくさん大金が稼げる高収入求人情報を紹介しています。 体験入店OK!当店は、大手出張ホストクラブ 最大手の集客数も全国ナンバーワン!成功するホストクラブです。 各都道府県の男性高収入情報が満載の高収入求人&アルバイト情報サイト。 男性向けの風俗求人の業種は、出張ホストの他に、WEB 事務 店長 幹部候補 ドライバー等、電話対応 接客 など数多く紹介しています。 完全日払い制、日払い 寮付き、急募アルバイト情報など高待遇の求人を選び抜いた男の高収入求人情報サイトです。 男性求人、稼げる口コミ情報と独自調査で本当に稼げる高待遇の男子アルバイト情報を探してきました。 常に20代30代の出張ホストを募集中で、デリホスは副業でも高収入を得る事が可能な職業です。 本当の高収入・真実の高収入 正社員 急募 求人しか掲載していません。 デリホス求人(デリバリーホストの求人募集と採用)高収入アルバイト情報サイトでは、 派遣ホストの高収入情報や 日払い 日雇い高収入の仕事の雇用と正社員の高収入求人 高収入風俗情報、デリヘルドライバーは多数ございますが、実際は店と業種によって収入は大きく違ってきます。 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 のレンタル彼氏募集 埼玉県 レンタル彼氏募集稼げる高収入 高額バイト 高収入のレンタル彼氏 求人募集。 夜の仕事(ナイトワーク)&深夜の仕事 40代50代の出張ホスト募集。 70代以上の男性も歓迎します。 年齢よりもヤル気を尊重します。 当店は、実力主義の結果主義で、経験の浅いホスト又は、ホスト未経者で最低月収は月給(月計算)で30万円〜50万円、験能力の有る有能者は、最低月給100万円以上 年収は1000万円以上 あります。 )トップクラスの出張ホストは月収1000万円以上 年収1億円以上あります。 日給の最低保証は8000円〜10000円レンタル彼氏は高待遇の業種です。 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 の出張ホスト求人 埼玉県 出張ホスト求人稼げて仕事が多い仕事のある出張ホスト。 外人 外国人 高齢者歓迎します。 ボーイズバー・個室出張ホスト・高収入・高額アルバイト・求人・日払い・寮完備・未経験者歓迎です!出張ホスト高収入、出張ホスト求人、メンキャバ求人 安定した高収入です。 ホストバイト最大級のホスト求人サイト。 初心者の男性大歓迎!出張ホスト-高額高収入アルバイト男性の求人募集。 個室出張ホストは高収入で高額アルバイトで、なおかつ、日払い・寮完備・未経験者歓迎・自宅待機OK等の高待遇です! 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 の出張ホスト面接 埼玉県 出張ホスト面接性感マッサージ 女性向け風俗 求人募集。 個室出張ホストのアルバイト。 高収入・高額アルバイト求人・日払い・寮完備・未経験者歓迎!お気軽にお問い合わせください。 面接で合格 内定した派遣ホストは高収入で待遇の良い将来を約束された勝組ホストの道が開かれています。 埼玉県 の出張ホスト 派遣地域 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 他 の地域も出張可能です。 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 の男子 男性 高収入バイト 埼玉県 男子 男性 高収入バイト男性向けの高収入バイト・求人募集のみを取り扱った求人情報サイトです。 出張ホスト高収入 男子 男性向けの高収入アルバイト情報。 夜の歓楽街 カンパイ系の高収入求人。 ホスト登録 求人募集と地域の高収入情報を満載しました。 埼玉県 さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 の出張ホスト登録 埼玉県 出張ホスト登録 高収入 デリバリーホスト(デリホス レンタル彼氏)は、登録され、入店した日に、即日に支給可能な高額 日払いバイトです。 求人 募集情報に掲載されている仕事は、基本的に男子 男性の高収入アルバイト バイト そして、出張ホスト登録は、副業としても本業でも空いてる時間を有効利用する事が出来て規律も自由でシフト制もOKで、茶髪 長髪 私服 整形 タトゥー 刺青(入れ墨)の可能な仕事が多いです。 金策にあたっての注意事項:近年、闇サイト(闇の職業安定所・闇の職安)等のヤバい危険なサイトで、ホスト(レンタル彼氏 デリホス)のヤバい仕事募集等のデマ広告が横行しています。 根拠の無い詐欺サイトの確立が高いので注意してください。 埼玉県 さいたまけんの豆知識 埼玉県は関東地域の真ん中の西寄りの陸に囲まれた県で海岸はありません。 県庁のある所はさいたま市です。 埼玉県は、都道府県別の人口はとても多く、全国で5位です。 年齢層も幅が広く、幼児や小学生のお子様をもつ若い親子、中高生、大学生をもつ家族、埼玉県の地域によっては、 公団住宅や市営住宅などでひっそりと暮らされる老夫婦の方も多くおられます。 埼玉県は庶民的な歓楽街に下町商店街に昔ながらの長屋や文化住宅、そして、オフィス街、 高級住宅街も多く、東京都が近いために埼玉県の高級住宅街の時価は年々上昇しています。 人口密度も全国で4位で、人口の多い大都市です。 荒川を挟んで東京都と隣接していて、家は埼玉県川口市内で、学校や仕事場は東京都内の方が多く、埼玉県川口市内の広い範囲にに住宅地が有ります。 川口市から東京駅までの距離が、東京駅から大田区と同じ位の距離で都内への通勤、通学にとても便利が良いです。 又、治安も環境も良く、津波災害の影響も受けにくいので、 最近は川口市などの郊外の人気が高まっています。 埼玉県川口の街並みの発展は、徳川幕府の体制下に日光御成街道の宿泊施設が有った川口宿がまず初めに出来て次第に 町が栄えていきました。 近年は、元々織物が盛んだった川口市に繊維工場が沢山出来て繊維の街として遠方から多くの労働者が川口市内に移住し、町は大いに栄えています。 繊維工場に加え、産業も盛んになり、大手企業の周辺には多くの街工場が終結しています。 埼玉県は全国的な失業率も低く、庶民の一人一人が経済的に豊かで財布に余裕 が有ります。 それも、埼玉県の県政、市政がしっかりしている為だと思います。 埼玉県の市町村: さいたま市 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市 春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市 上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市 ウィキペディアから抜粋.

次の