給与口座 ネット銀行 デメリット。 ネット銀行は危険?メリット・デメリットを理解して賢く利用しよう

ネット銀行は給与振り込み先口座として使える? メリットと注意点 |ネット銀行関連ニュース|オリコン顧客満足度ランキング

給与口座 ネット銀行 デメリット

給与の振込先を2つの口座にする いきなりですが、毎月の給与は、会社から口座に直接振り込んでもらう形で受領する方が多いです。 多くの方は、生活用のメイン口座に振り込んでもらっているかと思います。 給与の振込先と生活用口座を意図的に分け、ご自身で資金を移動している方もいるかと思います。 働いている会社によってですが、給与の振込先を2つ設定できることはご存知でしょうか。 少なくとも、ゆきたんたんが働いている会社は2つまで設定可能です。 振込先を分けると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 今回は、第二給与口座を設定するメリットについて、ご紹介です。 第二給与口座という単語については、あまり一般的ではないようです。 本記事では、2つ目の振込先口座を第二給与口座として記載します。 第二給与口座の設定方法 第二給与口座の設定方法については、 お勤め先の会社でご確認願います。 給与システムの都合になるため、残念ながら設定できない方は、諦めて下さいますようお願いします。 設定できたとしても、どの程度手間が掛かるものかは会社によって異なるかと思います。 ゆきたんたんの会社では、毎月指定額を第二給与口座に振り込むことができます。 給与が変動しても、第二給与口座には給与の範囲内で毎月一定額が振り込まれます。 第一給与口座には、第二給与口座に振り込んだ額を差し引いた残額が振り込まれます。 本記事では、 毎月指定額を第二給与口座に振り込むケースを前提にメリットを記載します。 第二給与口座を設定するメリット 第二給与口座を設定するメリットは、以下の3点があります。 生活用口座と積立用口座を分けるなど、お金を貯めやすくなる• 給与の額面をそれぞれの口座に分散し、2つの口座に振り込める• 銀行口座の「給与受取口座に指定いただくと」といったサービスを利用できる それぞれ、以下に詳細化します。 生活用口座と積立用口座を分けるなど、お金を貯めやすくなる 銀行口座は、 複数口座を利用した方がお金を貯めやすいです。 生活用口座と貯蓄用口座を明確に分けるなど、その分類は様々です。 積立用口座からは普段引き出したりしないようにすることで、お金を貯めやすくします。 第二給与口座に貯蓄用口座を指定することで、その口座は 指定額を強制的に貯蓄することができます。 給与の振込段階で2つの口座にそれぞれ振り込まれるため、振込手数料が無料です。 自分で資金を移動する手間を省くこともできます。 ゆきたんたんは、 銀行口座を複数管理することをおすすめします。 生活用口座と貯蓄用口座は、絶対に分離した方が良いです。 具体的には、何でも利用できるメガバンクと定期預金の金利が良いネット銀行の使い分けです。 銀行口座を複数管理することは、メリットは多数ありますがデメリットは少ないです。 振込手数料が無料となる銀行口座も多いため、管理に手数料が発生することはありません。 ただ、少しだけ管理が煩雑になります。 給与の額面をそれぞれの口座に分散し、2つの口座に振り込める これは、地味に大きなメリットです。 給与振込の額面がそれぞれの口座に分かれるため、額面が減少します。 当然ですが、生活用口座に振り込まれる額は、貯蓄用口座に振り込んだ額を差し引いています。 そして、貯蓄用口座には、毎月決められた額を貯蓄することができます。 これにより、 貯蓄分を差し引いた給与でやりくりしなければいけないという意識が高まります。 一括で振り込まれて一定額を残さなきゃと思うより、最初から差し引かれている方が気持ちが楽です。 ここは考え方による部分もあるかとは思います。 また、給与そのものを少なく見せることもできます。 これが何に役立つかは悩ましいところですが、第二給与口座の存在を奥さんに伝えていない方もいます。 給与自体を少なく見せた上で、へそくりを作り出すことが可能です。 念のためですが、ゆきたんたんはきちんと第二給与口座の存在を妻に伝えています。 銀行口座の「給与受取口座に指定いただくと」といったサービスを利用できる 銀行の中には、「給与受取口座に指定いただくと」といったサービスを展開するものがあります。 低金利の住宅ローンの利用条件として、「給与受取口座に指定いただくと」となる場合もあります。 こういったサービスをフル活用する意味でも、第二給与口座は重要です。 第二給与口座では、第一給与口座同様「 給与」として振り込まれます。 「給与受取口座に指定いただくと」のサービスは通常、金額の指定がないので、1万円でも給与は給与です。 そのため、最大で2つの口座で「給与受取口座に指定いただくと」のサービスを利用することができます。 一般的に、「給与受取口座に指定いただくと」のサービスはお得度が高いです。 銀行としても給与口座に指定してもらった場合、取引が多数発生する可能性があるためです。 どのようなサービスがあるか、ご自身が利用する銀行を確認した方が良いです。 「給与振込」でお得になるネット銀行 銀行の中には、「給与振込」指定口座に設定することでお得になる銀行があります。 メガバンク、ネット銀行を問わず、各銀行でのサービスがあります。 ゆきたんたんは、住信SBIネット銀行を第二給与口座に指定しています。 給与振込でスマプロランクの判定条件を、1つ満たすことができます。 これにより、ゆきたんたんはランク3を継続しています。 総預金残高によらず、高ランクを獲得できるため重宝しています。 その他に、楽天銀行では、給与振込で楽天ポイントを獲得することができます。 直接ポイントを獲得することはできますが、非常に少額です。 ご自身がお持ちの銀行口座のサービスを確認することで、意外なお得が見つかるかもしれません。 せっかく保有しているのであれば、利用できるものは利用した方が良いです。 最後に 第二給与口座は、便利に活用するとお得度が高い仕組みです。 これも会社次第ではありますので、利用できない場合は素直に諦めるしかありません。 こういった便利なサービスは、一般的に利用できた方が良いと思いますがそうもいかないかと思います。 ゆきたんたんは第二給与口座に住信SBIネット銀行を指定しています。 スマプロポイントを獲得し、ランクを上げる条件となります。 一度住信SBIネット銀行に振り込めば、あとは振込手数料無料回数でさらに分散することもできます。 このように、第二給与口座が利用できれば、便利な使い方ができます。 設定できるのに利用されていない方は、是非利用してみて下さい。 以下、関連記事です。 銀行口座は、上手に利用するとお小遣い稼ぎができます。 少額ではありますが、やるのとやらないのでは数年後、資産が全然違います。 銀行によってですが、ATM手数料、振込手数料は無料にすることができます。 無駄な手数料を支払わないよう、利用する銀行の優遇プログラムは是非確認して下さい。 ネット銀行では、冬のボーナス時期として定期預金の特別金利を実施しています。 この機会に、新規の定期預金を作成してみるのも良いです。

次の

給与振込口座のおすすめは?メガバンクとネット銀行を比較

給与口座 ネット銀行 デメリット

スポンサーリンク インターネットが使えない時には利用できない ネット銀行の最大の問題点は、インターネットが使えなくなると利用できなくなるということです。 利用者側あるいは銀行側の問題でインターネットを利用したオンラインサービスが利用できなくなった時には使えなくなる自体になる可能性があります。 利用者側の原因でインターネットが使えなくなる場合 利用者側の問題としては、パソコン端末やスマートフォンが故障してしまった、通信の状況が悪くなってしまった、お金を支払い忘れてインターネット通信を止められてしまったなどが考えられます。 また、IDやパスワードを忘れてしまった、紛失や不正利用の疑いでインターネット取引を止めているといった場合にも、取引ができなくなる恐れがあります。 また、最近ではワンタイムパスワードを利用することによってセキュリティを高める場合がありますが、ワンタイムパスワードを生成する機械やアプリで異常が発生し、ログインは出来ても振り込みができなくなるといったこともあり得ます。 銀行側の問題でインターネットが使えなくなる場合 銀行側の問題としては、サーバーやシステムの異常、メンテナンス、サイバー攻撃、通信の集中などが考えられます。 IDとパスワード管理が煩雑 インターネットを通じた銀行取引ではIDとパスワード管理が必要になります。 IDやパスワードはネット銀行だけではなく、インターネットを利用した様々な取引で必要になりますが、多数のID・パスワードの管理が必要となるため面倒です。 IDやパスワードを忘れてしまう、IDやパスワードを記載した書類を紛失してしまう、パスワードの誤入力でログインできずにロックされてしまうなどの問題が発生する可能性があります。 不正利用による引き出しや振り込みのリスク インターネットバンキングで怖いのが不正利用による引き出し・振り込みです。 インターネット取引でログインするためのIDやパスワードがいつの間にか流出してしまって、他人に不正利用されることがあります。 IDやパスワードを不正に入手するための方法は巧妙化しているため、知らず知らずのうちに不正利用の被害に遭ってしまうことがあります。 セキュリティの対策をしていても、不正との闘いはいたちごっこになるため、完全に防ぐためにはインターネット取引を一切できないようにするということになってしまいます。 インターネットバンクの不正利用に遭ってしまったら なお、インターネットバンキングで不正利用の被害を受けた場合は、利用者側に過失がなければ通常は被害が補償されることになっています。 全国銀行協会は2008年2月19日付の「預金等の不正な払戻しへの対応について」という文章の中で、銀行が無過失でも利用者の責任がなく遭った被害は全額補償するとしています。 過失や重過失がある場合には、個別に対応するとしています。 不正利用の被害で全額の補償が受けられない可能性がある事例 補償が受けられないか、減額される可能性があるケースとしては、銀行が繰り返し注意喚起していた手口に騙されてしまった場合、警察や銀行を騙る者に安易にIDやパスワードを教えてしまった場合、不注意でIDやパスワードを記載したメモや入力した携帯端末を紛失してしまった場合、身に覚えがない残高の異動があったのに銀行に連絡せず放置した場合、パソコンなどがウイルス感染し不正利用される可能性があることを認識したのに銀行に連絡せず放置した場合、などが事例として挙げられています。 実店舗がない インターネットが取引の中心になっているネット銀行は実店舗がないか、あっても限られた数しかありません。 困ったことがあった時の相談手段は電話やメールになるため、対面の相談ではない部分で不安を感じる事があるかもしれません。 ただし、実際に対面でも、電話でも、メールでも問題が解決すれば問題ないので、大きなデメリットではないと考えられます。 ただし、インターネット取引が何らかの理由で利用できなくなった場合には実店舗がないと不便だと感じるかもしれません。 提携ATMが近くに無い場合がある ネット銀行に限ったことではありませんが、ネット銀行では利用できるATMと利用できないATMがあります。 最近では取引可能なATMが増えているため困ることは少なくなっていますが、自分の行動範囲に利用できるATMがないか、少ない場合にはネット銀行の利便性は落ちてしまいます。 通帳がない ネット銀行は基本的に通帳がありません。 取引履歴が紙の形で残っていないので、手元に証拠として残しておくのが難しいという問題があります。 銀行の取引記録はセキュリティによって守られていて、バックアップも取られているのですが、シスエムエラーなどがあった場合の取引は正しく処理されたか不安になる可能性があります。 口座引き落としに対応していないことがある ネット銀行は各種料金の支払口座として対応してもらえない場合があります。 もちろん、ネット銀行に限らず、銀行・信用金庫・信用組合でも同様に各種料金の支払口座として対応してもらえない場合があります。 給与振り込み口座として会社が渋ることも 会社によっては給与振込口座として、ネット銀行の口座を受け付けていない場合があります。 メガバンクの口座や地域で有力な地方銀行などは大丈夫な場合も多いのですが、ネット銀行の口座だと渋られてしまう場合があります。 ただし会社によります。 経営危機の時には救済されづらい可能性がある 2008年の世界金融危機の際には、「大き過ぎてつぶせない」ということが話題となりましたが、巨大な金融機関は経営危機に陥ると金融システム全体への影響が大きいため、金融当局によって経営状況が厳しく監視されているだけではなく、いざという時には何らかの救済が行われる可能性が大きくなります。 一方で、個人の小口の取引が中心の金融機関、規模が大きくない金融機関は、経営危機が発生した場合に救済されづらいと考えられます。 もちろん預金保険制度によって預金は一定の保護を受けますが、メガバンクには公的な支援が行われても、ネット銀行には公的な支援が行われないという事態が発生する可能性がないとは言えないのです。 ただし、預金保険制度の枠内で利用する限りは銀行によって保護の度合いに差が出る可能性は小さいため、日常生活でネット銀行を利用する分にはあまり気にする必要はありません。 まとめ• 自宅からいつでも気軽に取引ができるネット銀行は便利ですが、メリットばかりではありません。 インターネット環境が使えなくなると取引ができなくなる場合がある、不正利用のリスクがある、オンラインバンキングを利用するためのIDやパスワードの管理が煩雑といったデメリットがあります。

次の

【2019

給与口座 ネット銀行 デメリット

銀行預金には普通預金や定期預金のほかに、貯蓄預金というものがあることをご存じでしょうか。 貯蓄預金とは、名前のとおり貯蓄を目的にした預金です。 ここでは、貯蓄預金の特徴やメリット・デメリット、一部都市銀行のサービス概要などについて解説します。 貯蓄預金とは 貯蓄預金は貯蓄を目的にした預金で、残高が一定以上あれば、それに応じて金利が段階的に上がります。 銀行で口座を開設すると、普通用金と定期預金などがセットになった「総合口座」の通帳が発行されますが、貯蓄預金の場合は別の通帳が発行されます。 ただし、金融機関によっては総合口座と貯蓄口座がセットになった通帳もあります。 貯蓄預金は元本保証があり、預金保険の対象です。 1円以上から預け入れができて、いつでも出し入れできますが、銀行が定める基準以下の残高になると金利は普通預金と同じになってしまいます。 金利は変動金利で、満期はありません。 2% >> 貯蓄預金のメリット・デメリット 貯蓄預金のメリット 多くの銀行では、残高が10万円以上になると金利が上がる仕組みになっています。 さらに残高が増えると、金利も段階的に上がっていきます。 と言いたいところですが、低金利の現在は、ほとんどの銀行で貯蓄預金の金利は普通預金と同じで、残高が増えても金利は上がらないのが現状です。 貯蓄預金よりも定期預金のほうが金利が高いので、現在は貯蓄預金を利用するメリットはほとんどないと言ってもいいでしょう。 あえて言うなら、貯蓄預金口座にお金を預けることで、貯金するモチベーションは多少上がるかもしれません。 貯蓄預金のデメリット クレジットカード利用代金の引き落としや公共料金の引き落としに、貯蓄預金の口座は利用できません。 また、給与の振込口座として設定することもできません。 銀行の窓口やATMにおける預け入れ・引き出し・振り込みなどの不定期な取引はできますが、定期的な支払いや受け取りができない点がデメリットです。 貯蓄預金はどう活用するのがいい? あまりメリットがないように思える貯蓄預金ですが、活用方法が一つだけあります。 多くの銀行に普通預金と貯蓄預金の口座間で資金を自動的に振り替える「スイングサービス」がありますが、これを利用すれば貯蓄を増やす仕組みを作ることができます。 スイングサービスには、振替日に普通預金の残高が振替額を超過していた場合、超過した分を貯蓄預金に振替してくれるサービスがあります。 それを利用して、毎月給料日に1ヵ月分の生活費だけを残し、それ以外は貯蓄口座に振り替えれば、貯蓄預金にお金が貯まっていきます。 普通預金の残高の範囲で生活しようと心がけますから、節約にもなりますね。 とはいえ貯蓄預金は出し入れが自由にできる口座なので、貯蓄預金のキャッシュカードは作らない、あるいは暗証番号は覚えられないような番号にするなど、簡単に引き出せないようにしておくことをおすすめします。 2% >> 各都市銀行の貯蓄預金口座の特徴 みずほ銀行 ホームページには残高が10万円以上で普通預金より有利な金利になるとありますが、現在は普通預金と金利は同じです。 スイングサービスが利用できますが、手数料が108円かかります。 三菱UFJ銀行 こちらも預金残高10万円以上で段階的に有利な金利になるとありますが、現在は普通預金と金利は同じです。 スイングサービスの利用には、手数料が108円かかります。 外貨建ての貯蓄預金サービスもありますが、金利が上がる仕組みは貯蓄預金と同じです。 預金保険の対象外であることや、為替リスクがあること、預け入れから1ヵ月間は原則引き出せないことなどが貯蓄預金との違いです。 金利情報は一般公開されていないので、窓口に問い合わせる必要があります。 貯蓄預金以外で資産を増やす4つの方法 1 外貨預金 外貨預金は外貨建てであれば、外貨での元本は確保されます。 日本円の預金より金利は高めで、預入時より円安になれば為替差益も得られます。 一方で利息には約20%の税金がかかり、為替差益にも課税されることがあります。 加えて為替手数料もかかりますから、1年程度しか預けないのであれば、金利が高くても少しの為替変動で元本割れする可能性があります。 外貨預金をするなら、中長期で考えたほうがいいでしょう。 2 つみたてNISA 資産を増やしたいなら、運用も視野に入れましょう。 つみたてNISAでは運用益に税金はかからず、毎月少額から積み立て投資を始められます。 貯蓄口座のように元本が確保されているわけではありませんが、積み立てをすることで時間的リスクを分散できます。 投資初心者は、積み立て投資からはじめることをおすすめします。 金融機関によっては、100円から積み立てられるところもあります。 3 ロボアドバイザー(ロボアド) ロボアドバイザーとは、AIが人間に代わって積み立て投資をしてくれるサービスです。 ロボアド業界で最も預かり資産が多い会社はウェルスナビですが、テオ、楽天証券、マネックス証券などでもロボアドバイザーのサービスを提供しています。 投資する商品は元本保証ではありませんが、AIはリスク分散を考えながら運用してくれます。 完全に投資を任せられるので、投資初心者でも比較的手軽に始められます。 なおウェルスナビやテオは、銀行などと提携してロボアドサービスを展開しています。 現在利用している銀行にロボアドサービスがあるか、調べてみてはいかがでしょうか。 4 ポイント投資 クレジットカードなどのポイントを使って、投資をする方法です。 楽天スーパーポイントやNTTドコモのdポイント、クレディセゾンの永久不滅ポイント、Tポイントなどを使って投資ができます。 ポイント投資方法には、ポイントのまま運用して値上がり分をポイントとして受け取る方法と、ポイントを現金化して投資信託などの金融商品を購入する方法があります。 dポイントや永久不滅ポイントは前者、楽天ポイントやTポイントは後者です。 資産を増やすなら貯蓄預金以外の方法で? 超金利である昨今は、貯蓄預金にうま味はありません。 スイングサービスを利用して貯蓄をしたとしても、貯まったお金を貯蓄預金口座に寝かしておいてはもったいないです。 定期預金に預け替える、あるいは預金以外で資産を増やす方法を考えることが、今の時代に合った資産管理方法と言えるでしょう。 文・前田菜緒(1級ファイナンシャルプランナー、) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > 【ネット銀行入門編】 > > >.

次の