請求書 ご査収。 請求書をメール添付で送る場合のメール文例

「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

請求書 ご査収

公開日: 2018. 10 更新日: 2019. 21 「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説! 「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。 「ご査収ください」という言い回しは、ビジネスメールやビジネス文書で目にする機会が多いと思います。 しかし、日常会話では全くと言っていいほど使いませんよね。 ですので、メールで「ご査収ください」と来ても意味が分からないということもあるのではないでしょうか。 また、相手に意味を深く考えずにとりあえず使っている、なんていうこともあるかもしれませんね。 そこで今回は「ご査収」の意味や使い方、返事の仕方、類語について解説していきます。 「ご査収」はビジネスの場で使うことの多い敬語の一つです。 意味をしっかり理解して、正しく使えるようにしましょう。 「ご査収」の使い方と例文 「ご査収ください」「ご査収願います」は一般的に使う 社内の目上の人に対しても、状況に合っていれば「ご査収ください」を使えます。 相手によって「ご査収」だとやや堅いなと思う場合は、「添付させていただきます」「添付資料のご確認をよろしくお願いします」などと言い換えることもできます。 ただ、社外の目上の人やお客様には「ご査収ください」だと強要する印象を与えてしまうため、より丁寧な「ご査収のほどお願いいたします」「ご査収いただければ幸いです」などを使うのが良いでしょう。 例文 ・請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、ご査収ください。 ・ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」はビジネスや目上の相手に使える ビジネスシーンや目上の相手に使う場合は「ご査収の程よろしくお願いいたします」と使うと、とても丁寧です。 顧客や取引先へのビジネスメールでも使うことができます。 例文 ・下記の添付ファイルをご査収の程よろしくお願いいたします。 ・明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収の程よろしくお願いします。 「ご査収くださいますよう〜」「ご査収のうえ〜」もビジネスや目上の相手に使える かしこまった言い回しで目上の相手に使うことができます。 「ご査収のうえ〜」は、「ご査収をしたあとに」という意味になります。 調べて確認してもらったあとに、手配や検討をしてもらう場合に使います。 よく使われる言い回し ・ご査収くださいますよう、よろしく願いします。 ・ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 ・ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご査収のうえ、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、ご検討のほどお願いいたします。 ・ご査収のうえ、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 「ご査収いただければ幸いです」はより丁寧 「ご査収」はメールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときに、そのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 添付資料を確認してほしいとお願いする丁寧な言い方になるため、目上の相手にも使うことができます。 また、「ご査収のほどお願い申し上げます」もとても丁寧な言い方になります。 ・ご査収いただいてから、ご連絡お願いいたします。 ・企画案を送付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 ・当日のスケジュールを添付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます。 ・提案書を添付いたしますので、ご査収の上、ご検討のほどお願い申し上げます。 「ご査収」を使う上での注意点 「ご査収」は資料や請求書など調べるものがある場合にのみ使う 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。 契約書や請求書など、ただ受け取るだけでなく、しっかり内容を理解してもらわないと結果的に相手にも迷惑がかかってしまう場合にも使います。 ですので、 添付ファイルや同封する資料がない場合、メールの本文のみの場合は使用しません。 確認すべき資料がないのに「ご査収」といってしまうと、相手を戸惑わせてしまいます。 また、メールなどで添付・同封するものがあったとしても「ご査収」を使わない方が良いケースがあります。 それは添付・同封するものが多い、または書類自体は少なくてもチェックしてもらいたい箇所が多々あるという場合です。 このような場合に「ご査収」を使ってしまうと、大袈裟な感じが出てしまいます。 代わりに「ご確認ください」を使います。 「ご確認ください」でも十分意味は通じます。 「ご査収」は送付状・申込書でも使う 「ご査収」は送付状を送る際にもよく使われています。 主にビジネスでの資料や履歴書などを送る際、同封して確認してほしい書類に対して使います。 また、相手から申し込みを検討したいなどの要望があった際、「添付しました申込みにあたっての確認事項の書類をご査収のうえ、お申し込みください」と使われる場合もあります。 「送付状」の詳しい使い方は下記の例文を確認してみてください。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 下記の通り、書類を送付させて頂きますので、ご査収のほどよろしくお 願い申し上げます。 com 成沢 竹輪 応募書類の送付について 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 私は大学卒業後の3年間、介護の職務に従事してまいりました。 大学 でも4年間社会福祉において学び、社会福祉士の資格も取得しておりま す。 下記の通り応募書類を送付させていただきます。 ご査収ならびに選 考のほど、よろしくお願い申し上げます。 また、はっきりとたしかめること」を意味します。 「ご確認ください」とした場合は、「はっきりと確かめてください」「はっきりと認めてください」という意味になります。 受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使うことができません。 ご確認ください」といったように、具体的に確かめてほしい箇所を書き、「ご確認ください」と締めるのが良いでしょう。 「ご確認」の例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 ・資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします。 ビザ となります。 「査証を申請する」「査証を免除される」などと聞いたことがあるかもしれません。 使われる頻度としては、「ご査収」よりも低いです。 「ご査証」の例文 ・問題のあった件について、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 ・何か不具合がありました、ご査証ください。 「ご査収」のその他の類語 ご検収 「ご検収」は <ごけんしゅう>と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 また、「ご検収」はコンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。 例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。 お受け取り 「受け取る」は、 「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 「お受け取りください」はビジネスシーンでも日常会話でも一般的に使われることが多い言い回しです。 ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 例文 ・本日お見舞いの品をお送りいたしました。 心ばかりの品ではありますが、お受け取りください。 日頃お世話になっておりますお礼に、持参しました。 ささやかですがお受け取りください。 ・心ばかりのものではございますが、お詫びの品をお送りいたしますのでお受け取りいただけますと幸いです。 ご笑納 「ご笑納」は 「ごしょうのう」と読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、 「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 「ご笑納」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって 目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り使用しないのが無難です。 「ご笑納」は気軽な関係の相手に、お礼として記念品や粗品を送る際に使用するのが適切になります。 例文 ・実家で採れたりんごをお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・別便にてお礼の品をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ご一読 「ご一読」は 「ごいちどく」と読みます。 「一読」は「一度読むこと。 ひととおり読むこと」を意味しており、「ご一読ください」と言われた場合は「一度目を通してください」といった意味になります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。 大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ご高覧 「ご高覧」は <ごこうらん>と読みます。 「高覧」は 「他人が見ること」を意味する尊敬語です。 「ご高覧」の「ご」は、尊敬語の接頭語になります。 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 「ご高覧」は堅い表現なので、主に文章内で使われることが多く、口頭ではあまり使われません。 口頭では「ご覧ください」という表現を使います。 例文 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・見積書を同封いたしましたのでご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

次の

請求書に同封する送付状の書き方・記入例

請求書 ご査収

目上の人や取引先とのやりとりで、これらの言葉を使う機会は度々出てきます。 どちらも敬語にはなりますが 使い方によっては相手に強要する言い方になりかねませんので、間違った使い方ではなく、をしないよう注意が必要です。 ご査収の正しい使い方と注意 ご査収とは、 対象物に対しての確認を含めて相手に渡す時に「ご査収下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ただ、答えをどことなく要求しているようにも捉えられる言葉でもあるため、 過剰な表現になっていないか時と場合を考えるよう注意しましょう。 私が普段ビジネスシーンで感じるのは「ご査収下さい」という文言を受け取ると 「よくチェックしてからきちんと返答ください」と一方的に投げられている気がしてややプレッシャーを感じます 笑 似た意味合いの「ご確認ください」と言われるほうが 「いかがでしょうか?なにかあればお知らせください」とやや控えめな態度で相手の状況を伺っているように受け取れるため、どちらかというと好印象に感じます。 ご査収に対する答え方 ご査収下さいとは「よく調べてから答えをちょうだい!」といわれているようなものですから、ただ単に「受領しました」と受け取ったことへの返 答だけではなく、きちんと中身を確認した旨も伝えなくてはなりません! ご査収に対しては 「中身を確認し、受領した」という返事をするこのことをぜひ覚えておいてください。 ご査証の正しい使い方と注意 ご査証とは、 何かを証明する必要がある事に対して「ご査証下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ご査収と同じく「ご査証」というとなんだか丁寧な言葉に聞こえますが、相手に対して強く迫ったような表現に聞こえてしまいます。 ビジネスシーンや目上の人に対して割と厳しい状況の時に使うため、 使い方としては時によっては失礼な印象を与えてしまうものだと心に留めておきましょう。 ご査証に対する答え方 「ご査証ください」ともし言われてしまったら、なにか きちんとした答えの証明を見せて下さいと言われているようなものなので、 証明できる書類などがあれば添付する必要があります。 もしも何かの商品に対するクレームへの「ご査証」なら、相手に対して弁明するための補償を証明しなければなりません。 ビジネスシーンでの使い方 ご査証よりも ご査収のほうが圧倒的に無難だということは、この二つの言葉を検索してみれば一目瞭然! ご査証は滅多に使うことはないはずですから、メールや手紙など取引先の相手に何かを確認してもらいたかったり、添付物がある時は「ご査 収ください」と文末につけましょう。 逆に「ご査収下さいませ」と受け取った場合は、それを確認した旨をきちんと相手方に伝えることを忘れないで! 使える例文 目上の人やビジネスシーンにおいて「ご査収願います」「ご査収くださいますよう~」はよく現れます! ポイントは、• きちんと確認してもらう中身が存在するということ。 受け取りと返答が前提となる場合にだけ使えるということ。 では、例文からそのシーンを想像してみましょう! ご査収を使った例文• 明日使用する資料を送付しますので、ご査収ください。 ご注文の品をお送りしましたので、よろしくご査収くださいませ。 先日の領収書を発送いたしましたので、何卒ご査収ください。 お預かりした履歴書とご提出書類をご返却いたしますので、ご査収ください。 添付ファイルにて、プロジェクトの進捗状況をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ご査証を使った例文• 旅券の査証(ビザ)をお受けください• 査証申請が必要です• 査証が免除されました!• 問題がありました製品に対してご査証くださいませ 類似の尊敬語 丁寧語• お受け取りください• ご確認ください• お納めください• ご笑納ください などのほうが、少し砕けた言い方なので、この4つは シーンを選ばず使えそうですよ。

次の

「ご査収ください」にメールで返信する時の例文!送付内容に間違いがある場合などはどう返す?

請求書 ご査収

「ご査収ください」の意味 「ご査収」の読み方は「ごさしゅう」 「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「査収」は文語体で、ビジネスシーンで使用される堅い語です。 「ご査収」の意味は「物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」 「ご査収」は「物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」を意味します。 また、「同意する、納得する」といった意味も含まれます。 「ご査収」は「じっくり確かめてからそれに同意して受け取る」と、複数の意味合いが含まれている点に注意しましょう。 漢字の意味は 「ご」・・・尊敬語の接頭辞「御」 「査」・・・調べる、明らかにする 「収」・・・取り集める、取り込む となります。 「ご査収ください」は「 しっかり内容を確認したり理解した上で受け取ってください」という意味合いになります。 「ご査収ください」の使い方と例文 「ご査収ください」は、大切な文書を送付する時のみ使う 「ご査収ください」は「確認にして受け取ってください」という意味であることは上記で解説しました。 よって、確認作業が必要ではないことに対しては使うことができません。 メールのみ、手紙のみの場合は使用しません。 「ご査収ください」は請求書や契約書、資料、見積書、企画書、履歴書、申込書など、確認を怠るとトラブルになる可能性が高い「大切な文書」を送付する際に使う言い回しということになります。 メールで「ご査収ください」を使うことで、相手側に確認すべき資料が添付されていることを知らせる役割もあります。 確認が必要な添付しているファイルなどがある場合は、「ご査収ください」を使うのをおすすめします。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」だとより丁寧 「ご査収ください」は、尊敬語+丁寧語で正しい敬語ではありますが、「〜ください」はあくまでも命令文です。 社内の上司ならば「ご査収ください」で問題ないと思われますが、社外の取引先やお客様に対して「ご査収ください」は少し直接的すぎるでしょう。 その場合は、 ・ご査収願います ・ご査収のほどよろしくお願いいたします ・ご査収いただければ幸いです などより丁寧な依頼表現を使うとよいでしょう。 「ご査収のうえ〜」で確認した後に行動を促す 確認し受け取ってもらったあとに何か行動を取ってもらう必要がある場合は、「ご査収のうえ〜」と文章を続けることが可能です。 ・ご査収のうえ、修正点がありましたらご教示くださいませ。 ・ご査収のうえ、ご手配を賜りますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 などと文章を続けることが可能です。 「ご査収」の例文 ・請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、ご査収ください。 ・お問い合わせに関する資料を本メールにて送付させていただきます。 下記の添付ファイルをご査収の程よろしくお願いいたします。 ・明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しております。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・企画案を送付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 「ご査収ください」の類語 ご検収ください 「ご検収」は「ごけんしゅう」と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 また、「ご検収」はコンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。 例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。 お受け取りください 「受け取る」は、「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 「お受け取りください」はビジネスシーンでも日常会話でも一般的に使われることが多い言い回しです。 ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 例文 ・本日お見舞いの品をお送りいたしました。 心ばかりの品ではありますが、お受け取りください。 日頃お世話になっておりますお礼に、持参しました。 ささやかですがお受け取りください。 ・心ばかりのものではございますが、お詫びの品をお送りいたしますのでお受け取りいただけますと幸いです。 ご笑納ください 「ご笑納」は「ごしょうのう」と読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 「ご笑納」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り使用しないのが無難です。 「ご笑納」は気軽な関係の相手に、お礼として記念品や粗品を送る際に使用するのが適切になります。 例文 ・実家で採れたりんごをお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・別便にてお礼の品をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。

次の