ぷらっとこだま 空席。 「ぷらっとこだま」での往復は本当に安いのか?料金を比較!

「ぷらっとこだま」での往復は本当に安いのか?料金を比較!

ぷらっとこだま 空席

ぷらっとこだまの購入方法と注意事項 「 ぷらっとこだま」は東海道新幹線の特定の駅間を通常料金の運賃より安く利用できるサービスで、 JRの切符ではなく「JR東海ツアーズ」という旅行会社が販売しているツアー商品になります。 ぷらっとこだまで利用できる新幹線は「こだま号」のみとなっており、片道の指定席乗車券とワンドリンク引換券をセットとして購入できます。 (ちなみにこのドリンク引換券は「クーポン券引換店」のマークがあるお店のみです) 気になる購入方法ですが、以下の3つの方法があります。 ・インターネットから出発5日前までに予約を申し込む ・電話で出発2日前までに予約を申し込む(要チケット受取) ・JR東海ツアーズ支店へ来店して出発前日までに購入する また、ぷらっとこだまは、 通常の切符とは異なり、いろいろと制約があります。 ・申込方法によって、予約の期限が違うために注意が必要 ・座席は指定席のみ ・途中乗降禁止(区間内でも途中下車も乗車もできません) ・新幹線専用改札口のみしか利用できない(乗換口は利用不可) ・予約後の変更は不可 ・乗り遅れた場合にはチケットは破棄するしかない ・当日予約、当日購入はできない ・自由席も利用不可 ・こだま号のため、車内販売なし ・ツアー商品ですが添乗員は同行なし ・乗降(発着)できる駅が限定されている ・切符ではないため、改札は通れず、駅員に見せる必要がある この発着可能な駅は重要で、以下の駅しか利用できません。 東京 品川 新横浜 静岡 浜松 名古屋 京都 新大阪 つまり、こだま号が停車する以下の駅での乗降はできないということです。 (小田原、熱海、三島、新富士、掛川、豊橋、三河安城、岐阜羽鳥、米原) また、新幹線こだま号はひかり号やのぞみ号 以上の制約を分かった上で使用すれば通常より安く利用する事ができます。 ぷらっとこだまの予約方法と空席情報 1. 直接買いに行く 予約方法ですが、直前の場合にはやはり直接購入するしかありません。 JR東海ツアーズの支店の他にも、ぷらっとこだまの購入場所はJTB各店、JTB総合提携店でも取扱店があるため、問い合わせしてみると良いでしょう。 この場合は出発の前日までに購入しておく必要があります。 電話で予約する ぷらっとこだまのコールセンターは以下のフリーダイヤルから予約できます。 「0120-945-255」(営業時間10時~18時) (IP電話の場合:03-6865-5255) こちらは出発の2日前までに予約を行って、実際に店舗に取りに行く必要があります。 郵送も可能ですが、その場合には出発の6日前までに申し込む必要があります。 支払いはクレジットカードで、申し込み後の受け取り方法と受け取り店舗を変更することも出来ないため、注意が必要です。 インターネットから予約する インターネットで予約する場合には専用サイト「 e-ぷらっとネット」が用意されています。 こちらでは無料の会員登録を行う必要がありますが、頻繁に使うのに、店舗が近くに無い場合には最適です。 予約可能な時間は朝5時半から23時半までです。 クーポンは一つの申し込み毎に82円の送料がかかります。 往復でチケットを購入する場合、一度の申し込みで申し込んであれば82円ですが、申し込んだ後に、また後から注文した場合には倍かかってしまうことになります。 また、ぷらっとこだまの料金は通常期と繁忙期に分かれています。 値引き率を見ると、グリーン車が非常にお得と言えます。 例えば、名古屋から東京までの料金を見てみると、 普通車指定席プランの場合:8300円(通常料金10880円) グリーン車指定席プランの場合:9300円(通常料金14470円)と、 値引き率が約倍となっています。 料金表と時刻表はぷらっとこだまの公式サイトから確認が可能です。

次の

ぷらっとこだま 座席指定の方法と注意点。

ぷらっとこだま 空席

東海道新幹線(東京-新大阪)の「こだま」のみ利用可• 普通車指定席またはグリーン車を利用する片道チケット• 料金は安い!• 購入できるのはJR東海ツアーズ・JTBの店頭、ネット予約、電話• ネット予約なら5日前まで、店頭なら前日まで購入可• 電話予約も2日前までOK• 当日の購入は不可• 指定列車以外は利用不可• 途中降車不可• 予約後の変更は不可• 乗り遅れた場合はチケットは無効 「ぷらっとこだま」について簡単に把握するとこのような感じです。 では、早速、料金を比較しましょう! 「ぷらっとこだま」は安いのか?料金を比較 「ぷらっとこだま」の料金は本当に安いのか? 東京-名古屋、東京-新大阪、静岡-京都の3区間で、他の格安なきっぷと料金を比較! 料金の比較は、片道料金と「往復+1泊」の合計料金で比較します。 全て通常期の料金を使います。 1.東京-名古屋 東京-名古屋の片道料金は「のぞみ」11,300円、「ひかり・こだま」11,090円。 「ぷらっとこだま」の通常期料金は 8,500円です。 東京-名古屋の回数券料金は1枚10,550円。 スマートEXなら「ひかり・こだま」は10,890円、エクスプレス予約は10,310円。 学割を使っても「ひかり・こだま」の普通車指定席は9,810円。 いずれも「ぷらっとこだま」の方が安いです。 しかし、エクスプレス予約・スマートEXには「早特きっぷ」があり格安です。 この区間で使えるのは「EXのぞみファミリー早特」が9,950円、「EX早特21」が8,960円、「EXこだまファミリー早特」は 8,050円。 「EXこだまファミリー早特」だけが 「ぷらっとこだま」より安いです。 ところが、このきっぷは2名以上での購入が条件。 1人で「こだま」に乗る時には、「ぷらっとこだま」が安いです。 往復方法 片道料金 往復+1泊合計 こだま通常きっぷ 11,090円 29,080円 エクスプレス予約 10,310円 27,520円 EX早特21(のぞみ) 8,960円 24,820円 ぷらっとこだま 8,500円 23,900円 新幹線パック(のぞみ) 実質 8,100円 23,100円 EXこだまファミリー早特 8,050円 23,000円 新幹線パック(こだま) 実質 7,000円 20,900円 往復とも同じチケットを使い、1泊6,900円で宿泊した時の合計料金です。 片道料金だけを比較すると「ぷらっとこだま」を利用するのはお得です。 しかし、「往復+宿泊」で利用するなら、安いのは ! 「こだま」に乗ると格安ですが、 往復とも「のぞみ」に乗っても「ぷらっとこだま」で往復するより安いです。 2.東京-新大阪 東京-新大阪の料金も比較してみましょう。 通常きっぷの料金は「のぞみ」14,720円、「ひかり・こだま」14,400円。 「ぷらっとこだま」の通常期料金は 10,700円です。 この区間でエクスプレス予約・スマートEXの早特で使えるのは同じく3つ。 「EXのぞみファミリー早特」が12,570円、「EX早特21」が11,200円、「EXこだまファミリー早特」は10,080円。 2名以上で利用する「EXこだまファミリー早特」のみ「ぷらっとこだま」より安いです。 では、同じように、往復+1泊(6,500円)の合計で比較してみましょう! 往復方法 片道料金 往復+1泊合計 こだま通常きっぷ 14,400円 35,300円 エクスプレス予約 13,620円 33,740円 EX早特21(のぞみ) 11,200円 28,900円 ぷらっとこだま 10,700円 27,900円 EXこだまファミリー早特 10,080円 26,660円 新幹線パック(のぞみ) 実質 10,000円 26,500円 新幹線パック(こだま) 実質 8,400円 23,300円 東京-大阪の場合、「のぞみ・こだま」とも、安いのは ! 宿泊するなら「ぷらっとこだま」より「のぞみ」新幹線パックの方が安いです。 3.静岡-京都 今度は「のぞみ」が停車しない静岡から京都へ行く料金を比較しましょう。 静岡-京都の普通車指定席料金は通常10,430円です。 「ぷらっとこだま」は通常期で 7,900円と安いです。 (グリーン車10,800円) この区間で安いチケットを探してみると、エクスプレス予約は9,650円。 この区間には自由席用の回数券があり1枚9,130円。 それよりも「EXこだまグリーン早特」が安く9,040円。 これ以外に安いチケットはありません。 同じように、往復+1泊(5,900円)の合計で比較します。 往復方法 片道料金 往復+1泊合計 こだま通常きっぷ 10,430円 26,760円 エクスプレス予約 9,650円 25,200円 自由席回数券 9,130円 24,160円 EXこだまグリーン早特 9,040円 23,980円 ぷらっとこだま 7,900円 21,700円 新幹線パック(1人) 実質 7,850円 21,600円 新幹線パック(2人) 実質 6,750円 19,400円 往復「こだま」を利用するなら、「ぷらっとこだま」より が安いです。 料金比較のまとめ 新幹線料金を安くしようと思えば「ぷらっとこだま」は確かに有効です。 片道だけ利用しても料金は十分安くなります。 しかし、「のぞみ」が停車する駅の区間では、 新幹線ホテルパックで「のぞみ」に乗った方がお得感があります。 比較した通り、東京-名古屋・東京-新大阪なら「のぞみ」パックの方が安いです。 「ぷらっとこだま」の購入前には、必ず新幹線ホテルパックと料金を比較しましょう。 なお、「のぞみ」が停車しない静岡・浜松駅を利用する時、または名古屋-京都などの近距離区間はお得です。 ぷらっとこだまのメリット・デメリット 新幹線の安いチケットには、メリットもあれば必ずデメリットもあります。 次に「ぷらっとこだま」のメリット・デメリットを考えながら、併せて注意点もご紹介していきます。 メリットは? 料金が格安!グリーン車も安い 「ぷらっとこだま」のメリットと言えば、なんと言っても料金が安いこと。 宿泊する時には新幹線ホテルパックには勝てませんが、「こだま」の片道料金は間違いなく格安です。 特に「のぞみ」が停車しない静岡・浜松を利用する時にはお得です。 そして、グリーン車を利用する料金も安いです。 東京-名古屋は9,500円なので5,250円お得、東京-新大阪は12,200円なので7,070円お得です。 買い方はネット予約・電話・店頭で簡単! 「ぷらっとこだま」は誰でも簡単に購入できるのもメリットでしょう。 チケットの買い方は3通りあり、ネット予約は5日前まで、電話予約は2日前、店頭での購入は前日でもOKです。 「明日利用するチケットを買いたい」という時も、JR東海ツアーズ・JTBの店頭で購入することができます。 ネット予約と電話での直前予約は店頭でチケットを受取る必要がありますが、それ以外はチケットは郵送で届きます。 デメリットは? 安いチケットにはデメリットも多く、注意が必要です。 当日は購入不可 「ぷらっとこだま」のチケットは当日だけは購入することができません。 前日なら購入できますので、前日の店舗の受付時間内に買いに行きましょう。 区間が限定される ぷらっとこだまの 利用できる区間は全区間ではありません。 利用できるのは、東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪発着の一部区間のみ。 この駅でも設定がない区間もあります。 それ以外の駅(小田原・熱海・新富士・三島・掛川・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原)発着の区間には設定はありません。 そして、「こだま」は各駅に停車しますが、途中の駅で降車することはできません。 指定列車以外は利用不可、変更も不可 「ぷらっとこだま」はチケットの購入時に、利用する列車・座席を指定します。 この指定した列車以外の列車に乗ることはできません。 そして、一度購入したチケットは変更することができません。 自由席であっても指定列車以外の列車には乗ることができませんので、変更が必要な場合は払戻しが必要です。 なお、出発10日前からは払戻手数料がかかりますので注意が必要です。 途中降車ができません 「こだま」は全ての駅に停車しますが、購入した「ぷらっとこだま」のチケットでは途中降車することはできません。 例えば、東京-豊橋の通常きっぷ料金は9,100円です。 これよりも東京-名古屋の「ぷらっとこだま」料金の方が安く8,500円。 もし途中降車ができるなら「ぷらっとこだま」の方がお得です。 しかし、途中降車ができないので、名古屋までのチケットは購入できません。 途中降車すると、東京からの通常きっぷ料金が別途必要なので、もし「ぷらっとこだま」を使いたいのであれば、東京-浜松間の分を購入し、浜松からは在来線を利用すると安いです。 乗り遅れるとチケットは無効 「ぷらっとこだま」のチケットは指定した列車以外には乗れません。 そして、乗り遅れた場合でも、他の列車に乗ることはできません。 しかがって、乗り遅れた場合はチケットは完全に無効。 改めて乗車する区間の乗車券・特急券を別途購入しなければなりません。 子供料金が安くない 「ぷらっとこだま」には子供料金も設定されています。 しかし、この 子供料金は安くありません。 例えば、東京-静岡の通常きっぷの子供料金は3,230円です。 ところが、「ぷらっとこだま」の料金は3,300円。 正規料金より高いです。 確かに東京-静岡では大人と子どもの料金の合計は通常きっぷより安いです。 しかし、東京-名古屋など「EXこだまファミリー早特」が使える区間では、そちらの方が安いので、必ず料金を比較して購入しましょう。 「ぷらっとこだま」についてさらに詳しく 「ぷらっとこだま」と他のきっぷの料金を3つの区間で比較しました。 そして、メリット・デメリットをご紹介しました。 しかし、これで「ぷらっとこだま」の全てがわかったわけではありません。 もう少しいろいろな観点からご紹介したいと思います。 学割との併用はできる?どちらが安い? 「ぷらっとこだま」は乗車券と特急券が一体になったチケットです。 乗車券のみが割引になる学割と併用することはできません。 学生の方であれば、ぷらっとこだまと学割のどちらかを選択しなければなりません。 では、ぷらっとこだまと学割ではどちらが安いのか? 区間 学割 ぷらっとこだま 東京-静岡 5,780円 4,800円 新横浜-名古屋 9,490円 8,100円 東京-京都 12,170円 10,500円 名古屋-新大阪 5,780円 4,500円 通常期で4つの区間で比較しましたが、 安いのはぷらっとこだま。 ただし、学割の場合は、この料金で「ひかり」にも乗ることができます。 エクスプレス予約・スマートEXとはどちらが安い? 「早特」以外の 通常予約なら、ぷらっとこだまの方が安いです。 スマートEXは200円しか安くなりませんので、安いのはぷらっとこだま。 エクスプレス予約は通常予約料金は安いですが、ぷらっとこだまが安いです。 なお、エクスプレス予約・スマートEXの早特の中でも、 ぷらっとこだまより安いのは「EXこだまファミリー早特」のみ。 ただし、この「EXこだまファミリー早特」の設定区間も限られ、東京・品川・新横浜-名古屋・京都・新大阪、名古屋-京都・新大阪の「のぞみ」が停車する駅の区間にしか設定はありません。 年末年始・GW・お盆にも使える? ぷらっとこだまは年末年始・GW・お盆でも利用することができます。 しかし、料金は「 繁忙期」の料金へと変わり、通常期よりアップします。 通常期の料金は学割やエクスプレス予約と比べても安いです。 繁忙期の料金もぷらっとこだまが安いですが、それほど差はありません。 学割やエクスプレス予約は年末年始・GW・お盆でも利用できるので、もし「のぞみ・ひかり」の停車駅間で利用するなら、「のぞみ・ひかり」の方が賢明かもしれません。 ぷらっとこだまの空席状況を確認するには? 新幹線の空席状況を確認する方法は、でもご紹介していますが、いくつかの方法があります。 しかし、それとは別に、下記ページから列車ごとにぷらっとこだまの空席を確認することができます。 参考 ディズニー・USJ旅行で使うのはお得? 他の方法に比べて料金が安い区間なら、ディズニー・USJ旅行で使ってもお得でしょう。 例えば、静岡からディズニーへ、名古屋からUSJなどはお得です。 ただし、その他の区間で1泊・2泊のディズニー・USJ旅行に行くなら、 ぷらっとこだまよりも新幹線ホテルパックの方がお得です。 例えば、名古屋からディズニーへ往復「ぷらっとこだま」を利用し、1泊13,800円のホテルに泊まると、往復+1泊の合計は1人31,240円です。 (東京-舞浜片道220円加算済) これと同じホテルに泊まる新幹線パックの料金は1人30,000円。 しかも、往復で利用する列車は「 のぞみ」で、 ぷらっとこだまより安いです。 (「こだま」利用なら1人22,800円。 ) このような場合、ぷらっとこだまを利用する理由はありません。

次の

【東京・品川

ぷらっとこだま 空席

ぷらっとこだまとは 「ぷらっとこだま」は、こだま号の指定席と1ドリンク引換券をセットにした募集型企画旅行商品で、JR東海の子会社「ジェイアール東海ツアーズ」が企画販売する「パッケージツアー」です。 「パッケージツアー」といっても添乗員がついているわけではなく、「新幹線こだま号に乗車して目的地の駅に着いたら終了」という「新幹線に乗るだけ」のツアーです。 その魅力はなんといってもその料金です。 パッケージツアーの扱いなので通常よりも安く料金を抑えることができており、普通にJRの窓口で買う新幹線の普通車より「ぷらっとこだま」のグリーン車コースのほうが安かったりします。 ただ、「こだま」利用ですから、「のぞみ」や「ひかり」よりも時間がかかるのはもちろん、当日購入ができないとか、急な変更がむずかしいといったデメリットもあります。 ぷらっとこだまの時刻表 なんといっても価格が人気の「ぷらっとこだま」は、安く新幹線を利用する方法として大人気です。 その時刻表ですが、新幹線でも「こだま」限定、東京-新大阪間に限定ですから、その区間の「こだま」の時刻表をチェックすればオッケーです。 さて、その「こだま」の時刻表で計算すると、東京-新大阪間の所要時間は4時間近く。 「こだま」なので仕方ないといえますが、同じ区間で「のぞみ」なら最速2時間22分という時代に、まあのんびりしています。 それでも東海道新幹線開業当時の「ひかり」が4時間かかっていますから、それと同等と思えば遅くはありません。 こだまの時刻表をみると、「のぞみ」や「ひかり」の通過待ち・待ち合わせがあるので、停車時間が長い駅があります。 スピード第一優先でいけばマイナスポイントですが、ホームで停車しながら富士山をゆっくり眺められるのも「こだま」ならではです。 下りの「こだま」の時刻表は以下になります。 jrtours. jp スポンサーリンク ぷらっとこだまの料金 ぷらっとこだまは、新幹線版の格安チケットという位置づけです。 ぷらっとこだまの料金はワンドリンク付きのコミコミプライスで、コスパ面でごきげんなプランとなっています。 ぷらっとこだまの料金は、東京-新大阪間が10300円、名古屋-新大阪間が4300円などと、スーパープライスがメリットです。 「こだま」限定ですが、新幹線の最安値には違いありません。 jrtours. jp ぷらっとこだまの料金は安さが魅力的なのですが、制約があります。 乗車日時や座席など、いったん予約すれば変更が難しいことですが、それがわかって購入していれば実際上は不便さはそれほど感じられないようです。 ぷらっとこだま自体リーズナブルなので、追加料金を払ってグリーン車へアップグレードするのも「安い」ならではの選択肢です。 グリーン車へは、ぷらっとこだまの料金に1000〜1500円程度プラスするだけでOKで、目的地へ着くまでのひととき、エグゼクティブ体験ができます。 jrtours. jp ぷらっとこだまの予約 まず押さえておきたいポイントは、ぷらっとこだまの予約は、JR東海ツアーズかJTBの窓口を利用するということです。 JRの乗車券とは別物なので、みどりの窓口では購入できません。 ぷらっとこだまの予約は、乗車予定日の1ヶ月前から前日までが受付期間です。 座席は全席指定、当日予約ができない点は要注意です。 予約は、電話・オンラインでもできます。 公式サイトでは、「e-ぷらっとこだま」が便利です。 「こだま」限定です新幹線版公認LCCとも言えるでしょう。 ぷらっとこだまの予約の際、乗車日、列車名、座席がすべて指定されます。 高割引率がメリットですが、予約後は変更が難しいので要注意です。 希望の席が取れるかも問題ですが、予約の際には空席状況をチェックしておきましょう。 jrtours.

次の