うなこブログ。 『【ヨーロッパ周遊4日目】個人旅行ひとり旅 アンネの家を訪ねて』アムステルダム(オランダ)の旅行記・ブログ by うなこさん【フォートラベル】

大きいサイズ 人気ブログランキングとブログ検索

うなこブログ

概要 [ ] のころ、からやや離れた場所にのとれる沼地(、)が多く、旅人や釣り客に提供していたことから、うなぎの発祥の地と言われてきた。 所蔵の会田家文書には邸にうなぎを献上していたことが記されているほか、浦和宿絵図(年間)には蒲焼商の名が記載されており 、現在に至るまで浦和名物として市民や来訪者に親しまれている。 頃に浦和名物のうなぎをPRするキャラクターを、うなぎ店の中村屋の店主(大森好晴)がのに依頼し、うなこちゃんが考案された。 同時にやなせは、PRソングとして「うなぎ小唄」と「ウナギヌラヌラソング」の作詞および作曲(名義)も手掛けた。 さいたま市の伝統産業として「浦和のうなぎ」が指定されている。 浦和区を中心にした市内のうなぎ料理店約30店が加入する「浦和のうなぎを育てる会」(金子孝道会長)が、2008年5月に西口にうなこちゃんの石像を作成し、さいたま市に寄贈した。 なお、設置に掛かる工事費は市が負担した。 5月23日に前夜祭が開催され 、うなこちゃんの着ぐるみがやなどと共演した。 5月24日9時に駅西口改札前において、やなせ同席のもと石像の除幕式が開催された。 また、「浦和のうなぎを育てる会」は駅にあるものと同じデザインで小型の石像25体を製作し、そのうちの1体を翌年の2009年5月3日に別所沼公園に寄贈した。 その後浦和のキャラクターとして浸透し、(旧役所)前では2002年より毎年5月に「」が開かれ、賑わいを見せている。 創業200年近いという小島屋や山崎屋のほか、旧沿いには創業の満寿屋をはじめ、老舗のうなぎ店が軒を連ねており 、「うなぎまつり」やなどは特に混雑する。 沿革 [ ] 浦和駅西口駅前広場(2015年)• (17年) - うなこちゃんのデザインが初披露された。 (平成20年)• - 初代のの1人に任命された。 5月 - 浦和駅西口に石像が建立され、同月24日に除幕式が開催。 うなこちゃんがお披露目された。 (平成21年) - 別所沼公園の弁天島入口に浦和駅前と同じデザインの石像が建立された。 (平成25年) - デザインを担当したが死去。 94歳没。 「浦和のうなぎ」の関係者もその死を惜しんだ。 (平成27年) - 故やなせたかしのバースデーイベントが()にて開催され、当イベントにうなこちゃんが招待され、の「龍河洞リューくん」やの「なべラーマン」などのやなせキャラと共演した。 2015年 - 別所沼公園にある石像が盗難に遭い、が窃盗事件として捜査している。 (平成28年)に有志により石像近辺の水中捜索を行ったが発見に至らず 、未解決のままとなっている。 (平成28年) - にあわせて「浦和のうなぎを育てる会」から新しい石像が贈呈された。 設定 [ ]• すみか - 埼玉県さいたま市にある川や沼• 会える場所 - うなぎまつり(毎年5月下旬)• 好きな食べ物 - 、、、、など• すきなこと - 水泳とおまつり うなこちゃんの石像 [ ] 別所沼公園(2015年4月) 浦和地区の2ヶ所に、うなこちゃんの石像が設置されている。 浦和駅西口の駅前ロータリーの石像は、季節のイベントごとに持っている「うちわ」が浦和区役所の総務課により取り換えられている。 材質は製で、高さは2. 1メートルで幅は0. 8メートル、総重量は2. 6トンである。 設置されている場所は以下の通り。 西口駅前ロータリー - 待ち合わせスポットとしても定着している。 - 駅前の石像と比べると同じデザインで、小ぶりのものが弁天島入口に設置されている。 高さ約30センチ、重量約18キロ。 ほかにも市内のうなぎ店の店内に別所沼公園と同じ石像が置かれている。 脚注 [ ] []• さいたま市. 5-6,14 2008年5月19日. 2015年11月11日閲覧。 さいたま市 2008年5月19日. 2015年11月12日閲覧。 『埼玉の謎学』3頁。 やなせスタジオ(アンパンマンショップ). 2009年4月27日時点のよりアーカイブ。 2015年11月10日閲覧。 - さいたま市食育ナビ、2015年11月9日閲覧。 - やなせスタジオ(アンパンマンショップ)、2015年11月10日閲覧。 中日新聞. 2015年11月20日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2015年11月22日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 『埼玉の謎学』2頁。 - やなせスタジオ(アンパンマンショップ)、2015年11月10日閲覧。 - (株)産経デジタル()、2008年4月12日、2015年11月11日閲覧。 朝日新聞社 2013年10月16日. 2015年11月10日時点のよりアーカイブ。 2015年11月10日閲覧。 高知新聞社. 2015年2月7日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 産経新聞社. 2015年11月20日. 2015年11月21日閲覧。 埼玉新聞. 2015年11月20日. の2015年11月20日時点におけるアーカイブ。 2015年11月21日閲覧。 東京新聞. 2015年11月21日. の2015年11月21日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 読売新聞. 2016年5月25日. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 金子智彦 2016年5月25日. 朝日新聞社. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 埼玉新聞. 2016年5月25日. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 埼玉新聞 2016年7月31日. 2016年7月31日時点のよりアーカイブ。 2016年7月31日閲覧。 NHKニュース 2016年7月30日. 2016年7月30日時点のよりアーカイブ。 2016年7月30日閲覧。 - さいたま観光国際協会、2015年11月9日閲覧。 - (リビング埼玉Web)• 読売新聞. 2015年11月21日. の2015年11月21日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 博学こだわり倶楽部『埼玉の謎学』、2014年12月1日、72-74頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - やなせがデザインしたうなぎをモチーフにしたゆるキャラ。 浦和うなぎまつりで共演を果たしている。 - やなせがデザインした「よしかわ うなお君」という、うなこちゃんによく似た駅のキャラクターが制定されている。 外部リンク [ ]• - 公式フェイスブック• - さいたま観光国際協会• - 旅と歴史.

次の

浦和うなこ と申します

うなこブログ

概要 [ ] のころ、からやや離れた場所にのとれる沼地(、)が多く、旅人や釣り客に提供していたことから、うなぎの発祥の地と言われてきた。 所蔵の会田家文書には邸にうなぎを献上していたことが記されているほか、浦和宿絵図(年間)には蒲焼商の名が記載されており 、現在に至るまで浦和名物として市民や来訪者に親しまれている。 頃に浦和名物のうなぎをPRするキャラクターを、うなぎ店の中村屋の店主(大森好晴)がのに依頼し、うなこちゃんが考案された。 同時にやなせは、PRソングとして「うなぎ小唄」と「ウナギヌラヌラソング」の作詞および作曲(名義)も手掛けた。 さいたま市の伝統産業として「浦和のうなぎ」が指定されている。 浦和区を中心にした市内のうなぎ料理店約30店が加入する「浦和のうなぎを育てる会」(金子孝道会長)が、2008年5月に西口にうなこちゃんの石像を作成し、さいたま市に寄贈した。 なお、設置に掛かる工事費は市が負担した。 5月23日に前夜祭が開催され 、うなこちゃんの着ぐるみがやなどと共演した。 5月24日9時に駅西口改札前において、やなせ同席のもと石像の除幕式が開催された。 また、「浦和のうなぎを育てる会」は駅にあるものと同じデザインで小型の石像25体を製作し、そのうちの1体を翌年の2009年5月3日に別所沼公園に寄贈した。 その後浦和のキャラクターとして浸透し、(旧役所)前では2002年より毎年5月に「」が開かれ、賑わいを見せている。 創業200年近いという小島屋や山崎屋のほか、旧沿いには創業の満寿屋をはじめ、老舗のうなぎ店が軒を連ねており 、「うなぎまつり」やなどは特に混雑する。 沿革 [ ] 浦和駅西口駅前広場(2015年)• (17年) - うなこちゃんのデザインが初披露された。 (平成20年)• - 初代のの1人に任命された。 5月 - 浦和駅西口に石像が建立され、同月24日に除幕式が開催。 うなこちゃんがお披露目された。 (平成21年) - 別所沼公園の弁天島入口に浦和駅前と同じデザインの石像が建立された。 (平成25年) - デザインを担当したが死去。 94歳没。 「浦和のうなぎ」の関係者もその死を惜しんだ。 (平成27年) - 故やなせたかしのバースデーイベントが()にて開催され、当イベントにうなこちゃんが招待され、の「龍河洞リューくん」やの「なべラーマン」などのやなせキャラと共演した。 2015年 - 別所沼公園にある石像が盗難に遭い、が窃盗事件として捜査している。 (平成28年)に有志により石像近辺の水中捜索を行ったが発見に至らず 、未解決のままとなっている。 (平成28年) - にあわせて「浦和のうなぎを育てる会」から新しい石像が贈呈された。 設定 [ ]• すみか - 埼玉県さいたま市にある川や沼• 会える場所 - うなぎまつり(毎年5月下旬)• 好きな食べ物 - 、、、、など• すきなこと - 水泳とおまつり うなこちゃんの石像 [ ] 別所沼公園(2015年4月) 浦和地区の2ヶ所に、うなこちゃんの石像が設置されている。 浦和駅西口の駅前ロータリーの石像は、季節のイベントごとに持っている「うちわ」が浦和区役所の総務課により取り換えられている。 材質は製で、高さは2. 1メートルで幅は0. 8メートル、総重量は2. 6トンである。 設置されている場所は以下の通り。 西口駅前ロータリー - 待ち合わせスポットとしても定着している。 - 駅前の石像と比べると同じデザインで、小ぶりのものが弁天島入口に設置されている。 高さ約30センチ、重量約18キロ。 ほかにも市内のうなぎ店の店内に別所沼公園と同じ石像が置かれている。 脚注 [ ] []• さいたま市. 5-6,14 2008年5月19日. 2015年11月11日閲覧。 さいたま市 2008年5月19日. 2015年11月12日閲覧。 『埼玉の謎学』3頁。 やなせスタジオ(アンパンマンショップ). 2009年4月27日時点のよりアーカイブ。 2015年11月10日閲覧。 - さいたま市食育ナビ、2015年11月9日閲覧。 - やなせスタジオ(アンパンマンショップ)、2015年11月10日閲覧。 中日新聞. 2015年11月20日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2015年11月22日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 『埼玉の謎学』2頁。 - やなせスタジオ(アンパンマンショップ)、2015年11月10日閲覧。 - (株)産経デジタル()、2008年4月12日、2015年11月11日閲覧。 朝日新聞社 2013年10月16日. 2015年11月10日時点のよりアーカイブ。 2015年11月10日閲覧。 高知新聞社. 2015年2月7日. の2015年11月22日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 産経新聞社. 2015年11月20日. 2015年11月21日閲覧。 埼玉新聞. 2015年11月20日. の2015年11月20日時点におけるアーカイブ。 2015年11月21日閲覧。 東京新聞. 2015年11月21日. の2015年11月21日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 読売新聞. 2016年5月25日. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 金子智彦 2016年5月25日. 朝日新聞社. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 埼玉新聞. 2016年5月25日. の2016年5月25日時点におけるアーカイブ。 2016年5月25日閲覧。 埼玉新聞 2016年7月31日. 2016年7月31日時点のよりアーカイブ。 2016年7月31日閲覧。 NHKニュース 2016年7月30日. 2016年7月30日時点のよりアーカイブ。 2016年7月30日閲覧。 - さいたま観光国際協会、2015年11月9日閲覧。 - (リビング埼玉Web)• 読売新聞. 2015年11月21日. の2015年11月21日時点におけるアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 博学こだわり倶楽部『埼玉の謎学』、2014年12月1日、72-74頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - やなせがデザインしたうなぎをモチーフにしたゆるキャラ。 浦和うなぎまつりで共演を果たしている。 - やなせがデザインした「よしかわ うなお君」という、うなこちゃんによく似た駅のキャラクターが制定されている。 外部リンク [ ]• - 公式フェイスブック• - さいたま観光国際協会• - 旅と歴史.

次の

『【ヨーロッパ周遊4日目】個人旅行ひとり旅 アンネの家を訪ねて』アムステルダム(オランダ)の旅行記・ブログ by うなこさん【フォートラベル】

うなこブログ

到着しました。 アンネフランクの家は博物館になっています。 5ユーロ) このとき、すでに長蛇の列。 予約している人だけでもたくさんいます。 予約していましたが、中に入れるまで、しばらく待ちました。 中は撮影禁止ですが、全員にオーディオガイドを渡されます。 日本語のオーディオガイドの案内と共に アンネの人生と共に歴史をたどりながら、アンネたちが実際に生活していた部屋まで行くことができます。 数日前、フランクフルトから列車でアムステルダムまで来た私。 アンネもフランクフルトからアムステルダムに来ました。 フランクフルトの裕福なドイツ系ユダヤ人一家の末娘として生まれたアンネ。 ユダヤ人迫害を恐れ、一家とともにオランダに移住し、2年間、この場所にいました。 なぜ、ユダヤ人が迫害されたのか、そしてどうやってアンネの居場所が分かってしまったのか…自ら選んでユダヤ人に生まれたわけではないのに、なぜ、なぜ…と今の時代を生きる私には理解しがたい当時の現実を知ります。 ユダヤ人に課せられたたくさんの決まりを守るだけではなく、迫害にまでに至った時系列や状況について詳しい解説があります。 実際の隠れ家まで行くことができ、 有名な本棚の扉は実際に残されており、その扉から暗く急な階段につながっています。 キッチン、ダイニング、アンネの部屋、お手洗い… この狭い場所で8人が暮らしていたようです。 アンネの部屋はどこにでもあるような中学生の女の子とかわりありません。 きっと現代の女の子と同じ。 好きなものを飾り、好きなことを思う。 映画のスターの写真を集め、ファッションに興味も持つ。 それなのに、ユダヤ人という理由で、 アンネはインフルエンザにかかったときも、病院に行くこともできず、自由がないなか、ここで2年を過ごしますが、とうとう見つかってしまい、強制収容所へ連れていかれます。 最後の日々、お母さんとは離れ離れになりました。 離れ離れになるとき、丸刈りにされ裸で選別されていくそうです。 アンネはその先の収容所で再会した友だちとこっそり会っていたようですが、ある日、友だちがアンネに会える場所に行ったとき、もうアンネは来なかったそうです。 アンネは15歳で亡くなりました。 15歳、今の時代なら、これからもっと自分らしく自由に生きていける年齢です。 生き残ったお父さんの無念。 再会してこっそり会っていたお友だちの悲しみ。 そのエピソードはあまりにも悲しくて、これが現実に起こったことだなんて信じたくありません。 実際のアンネの日記も展示されていました。 有名な言葉があります。 「私が私として生きることを、許して欲しい。 」 アンネの言葉は、強く、心に刺さりました。 ユーモアあふれ豊かな表現力を持っていたアンネが残した日記とこの家がいつまでも残り続けてほしうと思いました。 博物館の最後は女優ナタリーポートマンの映像が流れます。 ナタリーポートマンの曽祖父母がポーランドの強制収容所で殺害されました。 ナタリーポートマンのメッセージも強く心に残ります。 しばらくの間その映像をずっと観てしまいました。 過去をやり直すことはできないけれど、これからの時代に同じことが起こらないことを願います。 自分にできることはないかもしれないけど、 旅に出て、いろいろな文化に触れること、それを受け入れること、認めること。 そして、優しさにふれること。 そういう経験も大切だと思うから。 自分で経験すれば、メディアだけの情報に惑わされることもありません。 そういう情報だけで、差別や否定に入るのは、とても悲しいことだと思うのです。 国立美術館と迷ったけど、隣のゴッホ美術館へ。 到着したら長蛇の列。 チケット、予約してから行ったほうが良いです。 1時間ほど並び購入。 18ユーロ。 オーディオガイドも借りました。 (金額忘れました) オーディオガイドが優秀で、デジタル化されているのですが、慣れるまで操作が少し難しかったです。 日本語もあります。 最初借りたのはアプリがかたまり動かなくなってしまったので、すぐ交換してもらいました。 ゴッホの人生をたどりながら、ゴッホの絵を見ていきます。 独特の色彩感覚、タッチ。 引き込まれてしまい、1つの絵を見終わるのに時間がかかります。 ゴッホの絵は好き嫌いが分かれるといいますが、私は好きです。 オーディオガイドのおかげで、それぞれの絵のエピソードをゴッホの人生と共に知ることができます。 ゴッホの人生は壮絶でしたが、精神病院で描いたという『花咲くアーモンドの木の枝』の絵がとても好きです。 パリに住んでいた弟に子どもが生まれたときに贈った絵。 優しい気持ちになります。

次の