デススト クリフ。 DEATH STRANDING

【デススト考察】ルーとサムの関係性について【重度のネタバレあり】

デススト クリフ

グッとくる。 作中で描かれている通り、サムはクリフ(クリフォート・アンガー)の実子で間違いない。 サムはBB実験の第一成功例であり、本来ならBBとして運用されるはずだったが、クリフの逃亡劇の結果、ポッドから出され銃撃に巻き込まれる。 その際に絶滅体であるアメリの一部となり、ビーチから戻されて帰還者となる。 臍帯を切られた事でBB運用ができなくなったので、その後ブリジットによって育てられる。 BB-28(ルー)とサムの関係 BB-28(ルー)とサムの関係については諸説あるが、血縁的な関係は無いというのが私の見解です。 BBにはスティルマザーが不可欠である事から、実の親子であった場合、サムの奥さんであるルーシーが脳死状態で安置されている事になります。 BB-28と繋がって際のフラッシュバックはサム自身の記憶 BB-28(ルー)と接続した際に見えるフラッシュバックはサム自身がBBだった頃の記憶。 能力者(ドゥームス)と本来相性の悪いBBが適応したのも、サム自身がBB-1だったことが影響していると考えられる。 サムがBB実験の成功例第一号である事を考えると、その技術や知識がその後のBB実験に転用された可能性は高い。 BB技術の謎と憶測 BB自体がカイラル通信の核となっている以上、我々が想像する以上にBBは量産化されているはず。 脳死状態の母体で育つという稀有な状況が頻発するとは思えない為、ブリッジズによって作為的に仕組まれていた可能性は非常に高い。 ブリッジズ自体が倫理観の欠落した組織なので、否応にも邪推が捗ってしまう。 BB(ルー)のポットにルーデンス人形が付いていた理由 クリフがBB-1(サム)のポッドに付けたルーデンスフィギュアと、BB-28(ルー)のポッドに付けられたルーデンスフィギュアが一致する理由について。 これは完全に推測の域を出ませんが、あの世界でルーデンスは知名度の高いキャラクターなんだと思います。 実際、し、ゲームと現実をリンクさせるアイテムとしてルーデンスフィギュアをシンボリックに登場させたというのが私の見解です。 フィギュアの元の持ち主であるイゴールさんも兄弟でフィギュアを持ち続けていましたし、子供が持つ将来への憧れ・自由・未来への懸け橋的なお守り的なアイテムなのかもしれませんね。 小島監督の子供の頃の夢は確か宇宙飛行士だったはずですし、今の50代(大阪万博を経験している)が持つ宇宙への憧れが象徴としてキャラクター化・ゲームに投影されたってのもあるかも? ラストシーンでルーは一度死んでいる。 アメリが帰してくれた ラストシーンで息を吹き返したBB-28(ルー)の右手に注目。 これは紛れもなくアメリがしていたネックレス。 一見、サムの献身的な心臓マッサージによって一命をとりとめたように見えるシーンですが、実はこの時ルーは一度死んでしまっていると考える方が自然です。 これはかつてサムを返してあげた時の様に…またアメリがルーを戻してくれたのではないでしょうか? デッドマン曰く、BBをポッドから出した場合の生命維持確率は30%との事でしたが、それは平時での数値であり、疲弊してほぼ機能停止状態にあったルーなら確率的には更に下回ると考える方が自然ですもんね…。 ラストシーンのアメリの干渉に関する追加考察 ビーチを閉じたにも関わらず最後ルーを返すという干渉を行ったアメリについて。 素直に受け取ればアメリの慈悲がルーを戻してくれたと取れますが、その気になれば再びビーチを再接続できるという証明ともいえるのではないでしょうか? ルーがサムと同じ境遇になってると考えると、もしかしたら絶滅体の一部になっている可能性も…全然ありえますよね? また何か思い当たる事があったら更新します また何か思い当たる事があったら更新すると思います。 「これ謎なんだけど?」みたいな疑問があったらコメントください。 待ってます。

次の

【デススト】クリア後(エンディング後)の追加要素【デスストランディング】|ゲームエイト

デススト クリフ

クリア後の追加要素 エピソード15 エピソード14「ルー」をクリアしエンディングを迎えた後は、エピソード15がはじまります。 エピソード15ではアメリカ大陸を自由に探索できるため、今までにやり残した「」、「」の達成や「」集めなどのやり込みをするのも良いでしょう。 クリフとのおもひで プライベイトルームにある フィギュアを調べ、悪夢を見るを選択すると「クリフとのおもひで」を見ることができます。 「クリフとのおもひで」ではこれまでのストーリー中に流れたクリフ関連のムービーを見返すことが可能です。 スーツの色の変更 プライベートルームの装備品棚からスーツの色を自由に変更することが可能です。 スーツの色は全15種類でそれぞれ「」や「」などのカラーをモチーフとした配色となっています。 今からゲームをプレイする方は、絶対に見ないでください。 関連記事 注目記事 最新情報• 掲示板• 依頼・ストーリー攻略• 依頼Noで探す• 攻略記事• 武器・装備品一覧 車両• 装備品• 配送機材• その他の情報• English(英語版)wiki•

次の

【デススト】クリア後(エンディング後)の追加要素【デスストランディング】|ゲームエイト

デススト クリフ

グッとくる。 作中で描かれている通り、サムはクリフ(クリフォート・アンガー)の実子で間違いない。 サムはBB実験の第一成功例であり、本来ならBBとして運用されるはずだったが、クリフの逃亡劇の結果、ポッドから出され銃撃に巻き込まれる。 その際に絶滅体であるアメリの一部となり、ビーチから戻されて帰還者となる。 臍帯を切られた事でBB運用ができなくなったので、その後ブリジットによって育てられる。 BB-28(ルー)とサムの関係 BB-28(ルー)とサムの関係については諸説あるが、血縁的な関係は無いというのが私の見解です。 BBにはスティルマザーが不可欠である事から、実の親子であった場合、サムの奥さんであるルーシーが脳死状態で安置されている事になります。 BB-28と繋がって際のフラッシュバックはサム自身の記憶 BB-28(ルー)と接続した際に見えるフラッシュバックはサム自身がBBだった頃の記憶。 能力者(ドゥームス)と本来相性の悪いBBが適応したのも、サム自身がBB-1だったことが影響していると考えられる。 サムがBB実験の成功例第一号である事を考えると、その技術や知識がその後のBB実験に転用された可能性は高い。 BB技術の謎と憶測 BB自体がカイラル通信の核となっている以上、我々が想像する以上にBBは量産化されているはず。 脳死状態の母体で育つという稀有な状況が頻発するとは思えない為、ブリッジズによって作為的に仕組まれていた可能性は非常に高い。 ブリッジズ自体が倫理観の欠落した組織なので、否応にも邪推が捗ってしまう。 BB(ルー)のポットにルーデンス人形が付いていた理由 クリフがBB-1(サム)のポッドに付けたルーデンスフィギュアと、BB-28(ルー)のポッドに付けられたルーデンスフィギュアが一致する理由について。 これは完全に推測の域を出ませんが、あの世界でルーデンスは知名度の高いキャラクターなんだと思います。 実際、し、ゲームと現実をリンクさせるアイテムとしてルーデンスフィギュアをシンボリックに登場させたというのが私の見解です。 フィギュアの元の持ち主であるイゴールさんも兄弟でフィギュアを持ち続けていましたし、子供が持つ将来への憧れ・自由・未来への懸け橋的なお守り的なアイテムなのかもしれませんね。 小島監督の子供の頃の夢は確か宇宙飛行士だったはずですし、今の50代(大阪万博を経験している)が持つ宇宙への憧れが象徴としてキャラクター化・ゲームに投影されたってのもあるかも? ラストシーンでルーは一度死んでいる。 アメリが帰してくれた ラストシーンで息を吹き返したBB-28(ルー)の右手に注目。 これは紛れもなくアメリがしていたネックレス。 一見、サムの献身的な心臓マッサージによって一命をとりとめたように見えるシーンですが、実はこの時ルーは一度死んでしまっていると考える方が自然です。 これはかつてサムを返してあげた時の様に…またアメリがルーを戻してくれたのではないでしょうか? デッドマン曰く、BBをポッドから出した場合の生命維持確率は30%との事でしたが、それは平時での数値であり、疲弊してほぼ機能停止状態にあったルーなら確率的には更に下回ると考える方が自然ですもんね…。 ラストシーンのアメリの干渉に関する追加考察 ビーチを閉じたにも関わらず最後ルーを返すという干渉を行ったアメリについて。 素直に受け取ればアメリの慈悲がルーを戻してくれたと取れますが、その気になれば再びビーチを再接続できるという証明ともいえるのではないでしょうか? ルーがサムと同じ境遇になってると考えると、もしかしたら絶滅体の一部になっている可能性も…全然ありえますよね? また何か思い当たる事があったら更新します また何か思い当たる事があったら更新すると思います。 「これ謎なんだけど?」みたいな疑問があったらコメントください。 待ってます。

次の