ヘッド ライト コーティング 剤。 ヘッドライトコーティング剤とウレタンクリアーの比較

失敗しない!ヘッドライトに最適なコーティングを見極める5ポイント

ヘッド ライト コーティング 剤

ヘッドライトクリーナーを使うメリット 雨の日もライトの光が快適に使える ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをきれいにすれば、パーツがクリアになってライトがより明るく照射されます。 暗い時間帯や天気の悪い日には、ヘッドライトの点灯は不可欠です。 特に雨の日は運転時の視界が一層悪くなりますが、きれいなヘッドライトで照射すれば、さらに快適に安全に運転することができます。 愛車がさらにきれいになる 愛車はずっときれいな状態で乗り続けたいですよね。 車はさまざまな天候や環境野中を走行するため、洗ったり手入れをしたりしなければすぐに汚れてしまいます。 ヘッドライトクリーナーを使えば、機能面だけでなく大事な愛車の見た目もきれいに保つことができます。 車検の対策にもなる 車検に通るためにはさまざまな条件をクリアする必要があり、ヘッドライトもその1つです。 ヘッドライトは明るさや色が確認されます。 ヘッドライトが汚れたり黄ばんだ状態のまま車検に持ち込むと、明るさ不足やライトの変色などで、これらの確認項目が是正対象になる可能性もあります。 ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをきれいな状態に保っておけば、車検対策にもなります。 ヘッドライトクリーナーの選び方 タイプと特徴を確認 がっつり使える「液体タイプ」 出典: ヘッドライトクリーナーには業務用と一般用があります。 一般用はリーズナブルな価格と手頃な容量で、気軽に汚れ落としをすることができます。 なお、業者に頼んだときのような仕上がりに近づけたいと思う方には、大容量の業務用タイプもあります。 ただし、業務用は容量が多い分、価格が高めです。 自分がどの程度まで汚れ落としをするのかによって、必要なクリーナーの容量は異なります。 作業イメージを確認した上で、適切な容量の商品を選びましょう。 研磨剤を含むかどうか ヘッドライトクリーナーの中には研磨剤が入っているタイプがあります。 研磨剤が入っていると、その粒子により汚れが削り取られ落ちやすくなるため、頑固な汚れや黄ばみをきれいにしたい場合はぴったりです。 ただし、研磨剤の粒子が荒いと、汚れだけでなくヘッドライトの表面まで削られてしまい、逆にヘッドライトを傷めてしまう可能性もあります。 研磨剤が入っているタイプを選ぶ際は、粒子の大きさを確認するとともに、使用時も十分気を付けましょう。 有機溶剤が入っていないかチェック エタノールなどの有機溶剤が入っているクリーナーには注意が必要です。 有機溶剤がヘッドライトの表面を溶かして白く曇らせ、傷ませてしまう恐れがあります。 クリーナーの購入費用をできるだけ抑えたいからと、原料を確認せずに格安のクリーナーを使うと思わぬダメージを与えてしまうかもしれません。 ヘッドライトクリーナーを購入する際は、クリーナーに使用されている原料もチェックしましょう。 コーティングできるものも 出典: ヘッドライトクリーナーには汚れや黄ばみ、曇りを落とすだけでなく、ヘッドライトをコーティングできるタイプもあります。 ヘッドライトをクリーニングしたあとコーティングすれば、新たな汚れや傷、黄ばみなどがつくのを防ぎ、きれいな状態を保つことができます。 ただし、コーティングが劣化した場合、そのままずっと放置すると新たな汚れや黄ばみなどの原因になります。 コーティングをしたら、定期的に状態をチェックしたり、こまめに洗車しましょう。 持続期間も重要 コーティングが短時間ではがれ落ちた場合は、再度塗る必要があります。 しかし、コーティングが剥がれてまた黄ばみや曇りが発生し、それを磨いて落とす、というような工程を何度も繰り返すと、黄ばみ・曇り落としの研磨による細かい傷がヘッドライトに蓄積されていき、それ自体が黄ばみや曇りの原因になってしまう可能性があります。 これを防ぐには、できるだけ研磨の回数を少なくするため、1度塗ったら長い期間効果が持続するようなコーティング剤を選ぶ必要があります。 ヘッドライトクリーナーの使い方 出典: ヘッドライトクリーナーを購入したら早速実際に使ってみましょう。 順を追って丁寧にクリーニングすることで、ヘッドライトは本来のきれいな姿に戻っていきます。 それではどのように使用すれば良いのかを説明します。 STEP1:汚れを拭き取る はじめにヘッドライトについた汚れをクリーナーで拭き取ります。 クロスなどやわらかい布にクリーナーをつけて、汚れや黄ばみが気になる部分をやさしく拭きます。 なお、ほこりやゴミがついたまま作業を始めると、クリーナーの性能が十分に発揮されないので、クリーナーなしで落ちるゴミなどは落としておきましょう。 洗車後に作業するのも良いでしょう。 STEP2:研磨剤で磨く 汚れを拭き終えたら、次は研磨剤で磨きます。 クロスやスポンジなどに研磨剤をつけて、汚れや傷の気になる場所を磨いていきます。 磨くときには上下に動かすと良いでしょう。 STEP3:コーティング剤を使う 仕上げにコーティング剤を塗ります。 クロスやスポンジに適量をつけて、全体にムラなく塗ります。 コーティング剤を使うと、透明感が出て汚れがつきにくくなります。 せっかく手をかけたヘッドライトのきれいな状態を、可能な限り持続させるため、コーティングは非常に有効です。 ヘッドライトクリーナーのおすすめ10選.

次の

Linda ヘッドライトコーティングシステム HD

ヘッド ライト コーティング 剤

ヘッドライトコーティング塗装はこんな方にお勧め!• ヘッドライトがくすんでいる。 黄ばんでいる。 ヘッドライトの汚れが取れない。 夜ヘッドライトの明かりが弱くて見ずらいから、ヘッドライトのバルブを変えようか検討中!• 車検に行ったら、ヘッドライトの明るさが基準値以下で不合格になった。 事故で左ヘッドライトを新品に変えたら、右ヘッドライトのくすみ、黄ばみが気になるようになった。 市販のヘッドライトコーティングを試したが、すぐに黄ばんだりくすんだりしてしまう。 劣化し黄ばんでくすんでいるヘッドライトの表面を磨いて汚れを除去し、トップコートを塗装します。 その上でヘッドライトコーティングで保護。 ヘッドライトコーティング塗装でガラスのような透明感のある!まるで新品のヘッドライトに交換したかのような輝きを体験してみてください。 (施工の様子はでもご覧いただけます。 ) ヘッドライトの黄ばみ・白濁の原因は・・・ 主な原因は、ガラスのように透明で熱に強い性質を持つポリカーボネイト樹脂をキズや紫外線から守るために施されたトップコートが剥がれたことによって起きます。 洗車機や紫外線によってトップコートが劣化し、黄ばみや白濁で汚れたようになり、ヘットライトがくもったように見えます。 ヘッドライトコーティング塗装とは・・・ ヘッドライトは、ヘッドライト(ポリカーボネイト樹脂)を覆うトップコートが傷むと黄ばみや白濁、くもりの原因になります。 そこで、当社では、まずは傷んだトップコートを磨いて剥がし丸裸にしてから塗装し直します。 その上でヘッドライトコーティングを施行し熱を加えしっかり固め保護します。 ・( )は、片側のみ施工した場合の費用です。 ・ヘッドライトコーティング塗装は、1年間保証です。 ・施工時間は1日です。 朝9時頃入庫いただくと夕方には完成します。 作業中は無料のサービス代車がご利用いただけます。 ・ヘッドライトやテールランプの形状によっては、車体から外して施工する必要があり、この場合は脱着費用がかかることがあります。 ・1年ごとでメンテナンスを実施すると長期にわたり効果が維持します。 ヘッドライトのメンテナンス費用は13,000円(輸入車:16,200円)です。 ・その他のレンズ(フォグランプ、クリアランプ、テールレンズ等)、ヘルメット、シールド、透明な樹脂性カバーなら施工可能です。 お気軽にご相談ください。 ・ヘッドライト単体での持ち込みでも価格は変わりません。 ・ポルシェやフェラーリなどの輸入車は追加費用がかかります。 ・ヘッドライトコーティング施工の様子は、こちらのでご紹介しております。 ・上記価格には消費税が含まれておりません。 1: ヘッドライトの状態を確認 まずは、ヘッドライトの劣化の状態を確認します。 写真では分かりにくいかもしれませんが、黄ばみくすみが酷く、表面には艶がありません。 ヘッドライトがくもっているように見えます。 2: ヘッドライト廻りをマスキングで覆います ヘッドライトの汚れを軽く落した後、ヘッドライト周りに汚れが散らないようマスキング養生で全体を覆います。 3: トップコートを磨いて落します ヘッドライトについた黄ばみ白濁は、ヘッドライト樹脂をキズや紫外線から守るために施されたトップコートの劣化によるものです。 そのため、このトップコートを目の細かい耐水サンドペーパー等で剥がして落とします。 (ヘットライト表面の皮を一枚めくるようなイメージです) 4: トップコートを塗装します。 ヘッドライトにトップコートを塗装し、熱を加えしっかり乾燥させます。 5: ブツ(ゴミ)取り 塗装したことで、表面にホコリ(ゴミ)が付着しますので、一つ一つ丁寧に除去します。 6: バフがけ バフがけで表面の塗装肌を整え、ヘッドライトの透明度を高めます。 7: ヘッドライトコーティング ヘッドライトコーティングを塗布し、しばらく放置した後ふきあげて仕上げます。 8: 被膜硬化 ガラスコーティング剤の塗りにムラのないことを確認し、10分ほど強制乾燥させ、ガラスコーティングを皮膜硬化させます。 9: 仕上がり確認 ヘッドライトに本来の輝きが戻りました。 当社のヘッドライトコーティングは、黄ばみや白濁が再発しにくく、長期に渡り透明感のある輝きを維持します。 ヘッドライトが暗くて「新品に交換しようか?」と、考えている皆さん!ヘッドライトの黄ばみやくもりが気になる皆さん!ぜひ、この透明感のある衝撃的な輝きを体験して下さい。 ヘッドライトコーティング塗装は、どれぐらい時間がかかりますか?• 丸1日です。 朝9時頃ご入庫いただくと夕方18時頃には完成します。 その間は、無料のサービス代車をご利用ください。 左角をぶつけたため、左ヘッドライトだけ新品に代わっています。 左右の透明感が違うので、右側だけヘッドライトコーティングしていただくことは可能でしょうか?• 可能です。 施工費用は、• 光量が足らず、ヘッドライトを交換しないと車検に通らないと言われました。 交換には左右で10万円かかります。 ヘッドライトコーティング塗装を施工すると車検に通りますか。 光量の減少は、ほぼヘッドライト表面に付いた黄ばみやくもり白濁が原因です。 ヘッドライトコーティング塗装を実施すると新品同様の透明感が蘇りますので、光量が戻り車検に通ります。 ただし、光量減少の原因がヘッドライトレンズにない場合は、その限りではございませんのでご了承ください。 なお、これまでの実績では100%車検に通っております。 メンテナスはどのようなことを行うのですか?• ヘッドライトの汚れをふき取り、再コーティングします。 時間はおおよそ半日です。 あるところでヘッドライトの黄ばみを磨いて綺麗にしてもらいました。 しばらくすると白く濁ったようになりましたので、再度持ち込んだところ、「内側なので交換しないと直らない」と言われました。 ヘッドライトコーティング塗装を施工すると直りますか。 ヘッドライトの材質はポリカーボネイトというとてもデリケートで弱い材質です。 このポリカーボネイトの特徴を知らずに、単に磨くと一時的には綺麗になるのですが、すぐに白濁・黄ばみが発生します。 当社のヘッドライトコーティング塗装は、他社で一旦磨いて綺麗にしたものの再発してしまい、「交換しないと直らない!」と言われたヘッドライトも新品同様の輝きを取り戻します。 また再発も起りにくいのが特徴です。 まずは。 氏名(必須) 例:山田太郎) 電話番号(必須) (例:052-123-4567 半角) メールアドレス(必須) (例:car g-kawada. com) メールアドレス(必須) (確認用) お問合せ内容 お尋ねになりたいことをお気軽にお書きください。 (例:左右のヘッドライトがひどく黄ばんでいるが施工は可能か。 ) ヘッドライトコーティングの見積もり施工をご希望される方は、下記もご記載ください。 車種名 (例:平成13年式トヨタアリスト) 施工希望日 第1希望日 (例:12月14日午前9時入庫) 第2希望日 (例:12月15日昼一番で入庫) 代車 代車必要 代車不要 商品持ち込み形態 車ごとヘッドライト持ち込み ヘッドライトを郵送 上記以外の地域にも柔軟に対応させて頂きます。 お気軽に下さい。 名古屋市(北区、守山区、中区、中村区、西区、東区、千種区、名東区、熱田区、昭和区、天白区、中川区、瑞穂区、緑区、港区、南区)、北名古屋市、春日井市、西春日井群(豊山町、春日町)、小牧市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、瀬戸市、海部郡(東郷町、長久手町)、海部郡(大治町、蟹江町、七宝町、甚目寺町、美和町、飛島村)、丹羽郡(大口町、扶桑町)、日進市、尾張旭市、刈谷市、蒲郡市、清須市、江南市、知多市、知立市、津島市、東海市、豊明市、豊田市、東浦町(知多郡)、三好町(西加茂郡)、大府市、弥富市、愛西市• 、、、は、日本全国対応します。 ・車検についてはこちらのを参考にしてください。 ・修理、故障、取り換え、交換の料金はこちらのを参考にしてください。 ・キズへこみ板金塗装の料金はこちらの・を参考にしてください。 ・点検についてはこちらの・を参考にしてください。

次の

ヘッドライトコーティング|トータルカービューティIIC

ヘッド ライト コーティング 剤

愛車のヘッドライト、曇っていませんか? 車のヘッドライトは、1990年代からガラス製から ポリカーボネート製 樹脂製 へと徐々に変わってきました。 軽量化による燃費の向上や、コストダウン、事故時に破片が飛散しないようする安全性をためでした。 しかしポリカーボネードのクリアレンズは、メリットも多い反面、4・5年もすると 徐々に曇りや黄ばみが生じるというデメリットがあります。 ヘッドライトが黄ばむ原因とデメリット ヘッドライトが黄ばむ原因は熱や紫外線などがあります。 黄ばんでしまうと どんな高級車でも、どれほどボディが綺麗な車でも古ぼけた印象になってしまったり、車検が通らなくなるデメリットがあります。 これまでの黄ばみ除去の方法 ヘッドライトの交換とヘッドライトの研磨 以前はヘッドライトそのものを交換するか、黄ばんだレンズを研磨するしかありませんでした。 しかし交換になると 片側でも数万円はかかってしまい、大きな買い物になりました。 ヘッドライトの研磨は交換に比べると安価でそれほど難しくはなく、とりあえず研磨すれば一旦はクリアなレンズになります。 ところが、研磨により保護層であった ハードコートを失ってしまいます。 ヘッドライトは 大変デリケートな素材でできているので、ハードコートがなくなると外的要因でヘッドライトが すぐに傷んで、くすんでしまいます。 CARHEARTではすぐにくすまないように、ハードコートの代わりにコーティング剤を塗って保護するようになりました。 ところがこちらも 施工後短期間でレンズが元のようにくすんでしまいました。 ヘッドライトクリア塗装 長年の試行錯誤により研磨後、輝きが長期間維持できるように「ヘッドライトクリア塗装」を導入しました。 カー用品店やガソリンスタンドの類似品では 半年や3か月でまたくすんだ状態に戻ることがほとんどですが、CARHEARTでは 3年間透明を維持する専用コート剤とボディコーティング剤の GENESISガラスコーティングの二重構造でヘッドライトを保護する手法にたどり着きました。 研磨で劣化したハードコートを磨き落とし、丁寧な研磨で透明感を復元させ、 耐久性に優れたコーティング剤を2重にコーティングするヘッドライトクリア塗装は、多くのお客様にご愛顧頂きました。 ヘッドライトアクリル樹脂コーティング そして新たに、ヘッドライトクリア塗装の次世代バージョンとして ヘッドライトアクリル樹脂コーティングを導入いたしました。 何種類かテストしてきた中でも、格段に性能が良い ヘッドライト専用コーティング剤です。 施工後の画像です。 ヘッドライトアクリル樹脂コーティングには、クリア塗装にはない メリットがあります。 黄ばんだ保護層を落としたあと、その名の通り、ヘッドライトに アクリル樹脂が主成分のコーティング剤を塗ります。 このアクリル樹脂はヘッドライトのポリカーボネートよりも 耐候性 に優れ、傷にも強い特性を持ちます。 また 日光による劣化がほとんどありませんのでメーカーの話だと 使用状況や保管状況にもよりますが 少なくとも1年から3年、状況が良いと5年は持ちます。 施工時間もクリア塗装の一泊二日に対して、アクリル樹脂コーティングは 最短5時間で施工を完了できます。 このようにヘッドライトアクリル樹脂コーティングには たくさんのメリットがあります。 CARHEARTでヘッドライトアクリル樹脂コーティングを行うメリット 1. ヘッドライト専用のコーティング剤を採用 他社ではヘッドライトコーティング専用のコーティング剤ではなく、ボディ用や他用途のコーティング剤を用いている場合があります。 その場合、CARHEARTで過去に行っていたヘッドライト研磨同様、 短期間でヘッドライトが黄ばみが生じる可能性が高くなります。 実際、他社でやってもらったが また黄ばみだしたのでCARHEARTにという例があります。 CARHEARTではヘッドライト専用のコーティング剤、さらに 既存のポリカーボネートよりも耐久性の高いアクリル樹脂のコーティングを採用していますので、その心配はありません。 コーティング専門店ならではの美しさの追求 Maserati Quattroporte のヘッドライトの黄ばみを除去しているところ ヘッドライトはボディとは違いかなり固くできています。 ですから、それを研磨して黄ばみを除去するのはとても力のいる作業です。 しかし、しっかりと磨くことができなければ元のようなクリアな状態にはなりません。 コーティング専門店以外でもヘッドライトコーティングを行っているところがありますが、そのようなところでは充分に磨いていない上に、つまり しっかり綺麗になっていない上にコーティングをしている場合があります。 コーティングするので綺麗になったように見えますが、それが元のヘッドライトの輝きになっているのかはわかりません。 DIYでご自分でされた場合も同様です。 安価にコーティングキットを購入してコーティングされる方は多いですが、上手く磨けなかったり、コーティングが弱くすぐに黄ばんでしまったなどでCARHEARTに依頼してくる方もおられます。 ヘッドライトアクリル樹脂コーティングを施工したあとのMaserati Quattroporte CARHEARTが採用しているヘッドライトコーティングキットは簡単な道具が溶剤とセットになっていて、それである程度綺麗にすることができます。 しかし、それでは磨きが甘く不十分であることがわかったので、CARHEART独自の方法で丁寧にしっかりと綺麗にしてからコーティングしています。 その結果、元の 新車のような美しいヘッドライトを実現でき、多くのお客様に喜んでいただいております。 施工の流れ こちらは以前のヘッドライトクリア塗装の場合ですが、施工の過程に変わりはありません。 PEUGEOT 307 施工前 10年以上経ったPeugeot 307です。 ヘッドライトが曇っています。 アップにすると曇り具合がよくわかります。 実写ではかなり傷んでいて、透明感が無くなっていました。 バンパーの劣化からその過酷な環境がわかります。 何種類ものペーパーを使って傷んだハードコート層を落としていきます。 次にポリッシャーでさらに磨き上げていきます。 新品のように美しくなりました!! しかし、ここからが問題です。 この新品のように美しいレンズはハードコート層が削り取られているためしっかりとした保護剤が必要です。 保護剤の塗布 エアガンを用いてクリア塗装をしていきます。 しっかり乾燥させて、もう一度磨いて完成です。 ヘッドライトアクリル樹脂コーティングではエアガンではなく、手塗りで行います。 完成 完成しました!! キラキラと透明感が取り戻されかつ、しっかりとしたクリア層がレンズを保護してくれています。 施工実績 HONDA エリシオン TOYOTA エスティマ TOYOTA WISH White Before After TOYOTA IQ Mercedes-Benz CLK 最新・その他の施工実績は 料金について ヘッドライトアクリル樹脂コーティングは ヘッドライトの表面を研磨・コーティングで復元いたします。 そのため 内部が原因の曇りや結露・黄ばみは除去いたしかねますので、予めご了承ください。 当店と同程度の金額を頂いている業者は少数です。 しかし、継続的に受注を頂くことができています。 それはなぜでしょうか? 答えは 熟練の職人が1つ1つヘッドライトを丁寧に研磨をしているからです。 「ヘッドライトを磨く」というのは誰にでもできます。 しかし 「丁寧に徹底的に磨く」のは、誰にでもできることではありません。 いくつものペーパー ヤスリ を用いて磨き、ほとんど黄ばみが無くなった状態からポリッシャーでの研磨をすることで初めて新品に近い、均一で綺麗なヘッドライトに蘇ります。 ここの研磨がしっかりできていない、すなわち均一に綺麗に磨いていないと一部分だけ劣化したハードコートが残っていることになり、コーティングをしてもそこだけ劣化が早くなります。 おかしな黄ばみ方になるので、短期間で再施工しなければなりません。 こうならないためにも、徹底的で丁寧な研磨が必要になります。 この研磨の上にヘッドライト専用のコーティングを施工しますので、長期間綺麗な状態を保つことができます。 このクオリティの高さで多くのお客様に選ばれています。

次の