ピンク の 電話 清水 よし子。 「ピンクの電話」の現在

ピンクの電話

ピンク の 電話 清水 よし子

来歴・人物 [ ] 共に「」の一期生。 主宰のに薦められてお笑いの道に進む。 結成当初は「大阪シスターズ」という三人組であったが、一人が脱退したため「ピンクの電話」に改名(名付け親は)。 「デブと痩せの凸凹コンビ」として人気を得る。 特に清水の非常に甲高い独特の声のインパクトは、お茶の間に広く浸透した。 その後コンビは解消していないがともに結婚し、清水が母親であることもあり現在は個別活動をメインとしている。 長らくテレビでコントを披露することは無かったが, 放送回の『』内の1コーナー「」()に出演しコントを披露。 その後しばらく間があきに『』に登場し、久しぶりに二人揃ってコントを披露した。 で芸歴を積んできたこともあり、二人共に出身であるにもかかわらず、全国ネットの放送ではで話すことが多い。 ただし、関西芸人と共演するときや関西ローカルの番組に出演するときなどには、稀にを使う。 に、コンビ揃って「」に出演. 10年ぶりの競演となった。 には、コンビ結成30周年を迎えた。 その記念の節目によりにて久々にコントを披露した。 メンバー [ ]• 元メンバー [ ]• テレビ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (系)共に声の出演• (フジテレビ) 「笑わず嫌い王決定戦」のコーナー• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 温泉芸者 役• (テレビ東京)- 不定期出演• 日本テレビ• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 中部地区ローカル• カイベールC• ビューティクリニック• 「」 1993年• だれとでも定額 2013年• 黒酢生姜 2014年 DVD [ ]• 昭和達人芸大全〜笑芸・喜芸・すっとこ芸〜三日目 () 2003年• ピンクの電話 2007年 CD [ ]• 血液ガッタガタPartII/( VDRS-1172, 1989年9月21日) 「血液ガッタガタPartII」は「」の歌詞違いのカバー。 「アタックNo. 1の歌」は・らのカバー。 同ジャケットデザイン・同内容の非売品アナログレコードが存在する(品番:SEP-55)。

次の

【衝撃】ピンクの電話(61歳と57歳)の現在がヤヴァイ

ピンク の 電話 清水 よし子

来歴・人物 [ ] 共に「」の一期生。 主宰のに薦められてお笑いの道に進む。 結成当初は「大阪シスターズ」という三人組であったが、一人が脱退したため「ピンクの電話」に改名(名付け親は)。 「デブと痩せの凸凹コンビ」として人気を得る。 特に清水の非常に甲高い独特の声のインパクトは、お茶の間に広く浸透した。 その後コンビは解消していないがともに結婚し、清水が母親であることもあり現在は個別活動をメインとしている。 長らくテレビでコントを披露することは無かったが, 放送回の『』内の1コーナー「」()に出演しコントを披露。 その後しばらく間があきに『』に登場し、久しぶりに二人揃ってコントを披露した。 で芸歴を積んできたこともあり、二人共に出身であるにもかかわらず、全国ネットの放送ではで話すことが多い。 ただし、関西芸人と共演するときや関西ローカルの番組に出演するときなどには、稀にを使う。 に、コンビ揃って「」に出演. 10年ぶりの競演となった。 には、コンビ結成30周年を迎えた。 その記念の節目によりにて久々にコントを披露した。 メンバー [ ]• 元メンバー [ ]• テレビ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (系)共に声の出演• (フジテレビ) 「笑わず嫌い王決定戦」のコーナー• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 温泉芸者 役• (テレビ東京)- 不定期出演• 日本テレビ• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 中部地区ローカル• カイベールC• ビューティクリニック• 「」 1993年• だれとでも定額 2013年• 黒酢生姜 2014年 DVD [ ]• 昭和達人芸大全〜笑芸・喜芸・すっとこ芸〜三日目 () 2003年• ピンクの電話 2007年 CD [ ]• 血液ガッタガタPartII/( VDRS-1172, 1989年9月21日) 「血液ガッタガタPartII」は「」の歌詞違いのカバー。 「アタックNo. 1の歌」は・らのカバー。 同ジャケットデザイン・同内容の非売品アナログレコードが存在する(品番:SEP-55)。

次の

ピンクの電話・清水の「高い声」に驚く世代も 「わた定」出演で反応真っ二つ: J

ピンク の 電話 清水 よし子

大阪シスターズ~ピンクの電話 竹内さんは、大阪芸術大学を中退後の1984年、 「劇団七曜日」に第1期生として入団し、劇団員として活動されるのですが、 1年ほど経った頃、主宰の石井光三さんに勧められて、お笑いの道に進むことになり、同期のさんと田中尚子さんの3人で 「大阪シスターズ」を結成。 その後、ほどなくして、田中さんが脱退され、 「ピンクの電話」に改名されると、 「デブと痩せの凸凹コンビ」として人気者となられます。 そして、1992年に相方の清水さんが結婚され、ピンでの活動がメインとなると、タレントや女優ほか、食に関しての豊富な知識を活かして、バラエティ番組でグルメリポーターを務められたり、著書 「みやちゃんの 一度は食べたい極旨お取り寄せ」を出版されています。 ドラえもんに出演 そんな竹内さんを 「ドラえもん」で、多くの方が検索されているようです。 というのも、アニメ 「ドラえもん」は、2005年から声優陣が新しく入れ替わっているのですが、竹内さんは、ジャイアンの母親の声を担当されているのです。 実は、竹内さんは、ドラえもんの声役で応募されていたのですが、残念ながらドラえもんは落選。 ただ、 原作のジャイアンの母親が持つ、厳しさ、優しさ、ユーモアなどの幅広さに向いている。 との理由から、ジャイアンの母親役に抜擢されたそうで、 竹内さんは、 豪快なbigママ!って感じ。 愛されるジャイアンの母ちゃんになるように頑張ります。 と、意気込みを語っておられます。 また、2008年には、自身のブログに、ドラえもん役の声優、水田わさびさんとのツーショットをアップし、 ジャイママは3~4ヶ月に一度位しかアフレコがないので、なんとな~くいつまでもちょっと転校生な気分ですが、わさびちゃんはいつも気さくに声を掛けてくれるんです。 ダイエットとリバウンド ところで、ふくよかな体型がトレードマークの竹内さんですが、1994年には、 「たかの友梨ビューティークリニック」のエステで、ダイエットに挑戦されています。 なんでも、当時レギュラー出演されていた、 「笑っていいとも!」で、司会者のさんから、 「痩せたらシャネルのスーツ買ってやる」 と言われ、ダイエットを始められたそうで、62キロあった体重が、なんと47キロに。 そして、その後は、 「もうデブとは呼ばせない」という、ダイエット本まで出版されたのですが・・・ すぐにリバウンドしてしまいます。 竹内さんは、その後も、ダイエットとリバウンドを何度も繰り返されているそうなので、太りやすい体質なのでしょう。 一時は、相方の清水さんとの不仲説が流れたり、「お笑いよりもお芝居がしたい」と語っておられた竹内さんでしたが、これをきっかけに、是非、また、お二人の息の合ったコントをジャンジャン見せてほしいですね。 期待しています!!.

次の