東京 夜行バス 格安。 高速バス・夜行バス・深夜バスの予約・格安情報|高速バスドットコム

全国の高速バス・夜行バスの予約!格安・最安値情報【バス比較なび】

東京 夜行バス 格安

乗車時間:7時間36分(名古屋駅ミッドランドスクエア前〜東京駅鍛冶橋駐車場) 乗務員数:1名• 、座席間にカーテンを設置し、飛沫、接触感染防止につとめます。 、休憩所で乗務員による客席での人数確認を行いません。 客席への出入りを減らし接触機会を減らします。 、当面の間ブランケットの貸出を中止致します。 、車内を清掃、除菌• 、車内を常時換気• 、乗車前にお客様の検温を実施• 、この便は浜松を経由します。 24:00以降に出発するバスは、到着の前日を乗車日としてご予約下さい。 例:1月1日に到着する場合は、乗車日は12月31日で予約「座席指定」は追加料金が必要となります。

次の

夜行バス・高速バスのおすすめ比較ランキング【2020年版】格安・快適・3列・クーポンが使える夜行バスを紹介!

東京 夜行バス 格安

1 低価格 最大のメリットは、何と言っても料金が安いことです。 東京 - 大阪間の片道料金を、高速バス・飛行機・鉄道の交通機関で比較してみました。 さらに、バス便数の多い路線では、最安値から最高値の料金幅も1万円以上あり、格安便から高級な個室型のバス便までニーズに合わせて幅広い選択肢があることも特徴のひとつです。 2 アクセスが良い 高速バスとは? 「高速バス」とは「新高速乗合バス」のことです。 主に、高速道路・自動車専用道路を利用して、都市間の移動をする「乗合バス」と、都市と都市または観光地間の移動をする「貸切バス」のことを指します。 バス比較なびでは、空港と都市部の主要駅を結ぶ「空港リムジンバス」も高速バスとして掲載しています。 昼行便、夜行便って? 昼行便 朝・昼・夕方に出発し、その日のうちに目的地に到着する高速バスのことを指します。 近距離路線に多く見られます。 夜行便 夕方から夜中に出発し、車中泊をして、翌朝に目的地に到着する高速バスのことを指します。 中・長距離路線に多く見られ「夜行バス」とも呼ばれています。 予約は必要? 中・長距離路線の場合は乗車券を事前に予約・購入してから乗車する便がほとんどです。 高速バスは法律によりシートベルトの着用が義務付けられており、座席数以上の乗車はできません。 予約時に座席の指定ができる予約サイトも増えていますので、あらかじめ予約・購入してから乗車されることをおすすめします。 近距離路線では、一般の路線バスのように予約が無くても交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)や現金、回数券で乗車できる路線が多くあります。 ただし、乗りたいバスが満席だった場合は次のバスを待つことになります。 クレジットカード決済 予約と同時に決済されるため、お急ぎの場合は特に便利です。 コンビニ決済 予約後にコンビニ店頭で支払えます。 銀行決済(振込・引き落とし) ゆうちょ銀行や都市銀行、ネットバンクなどから支払えます。 その他 Yahoo! ウォレット決済、auかんたん決済、予約サイトのポイント制度を使う等々、様々な支払方法が用意されています。 電話予約、窓口予約の場合 基本的には現金決済ですが、クレジットカードが利用できることもあります。 領収書について 予約・販売サイト及びバス会社と、乗車券の支払い方法によって発行される方法が異なります。 メールやFAXで領収書発行依頼をして郵送される場合には、別途手数料が必要になる場合もあります。 領収書の受け取り方法は、事前に予約・販売サイトやバス会社に確認しておくと良いでしょう。 インターネット予約の場合 クレジットカード決済、 銀行決済、キャリア決済など 会員一人ひとりの専用ページ(マイページや会員ページなどと呼ばれています)に領収書発行ボタンが設置されていて、帳票を印刷できることが多いです。 コンビニ決済 レジでの料金お支払い時に領収書が発行されます。 窓口や券売機でお支払いの場合 乗車券購入時に窓口や券売機で発行されます。 乗車券の種類 トランクに預けられる荷物の目安 総重量 30kg以内 総容積 概ね3辺の合計150cm以内 個数 基本的に1人1つ• バス会社によって異なります。 乗客全員分のスペースがある訳ではありません。 コンパクト化に協力しましょう。 基本的に車内に持ち込んだ荷物や手まわり品は、紛失・盗難、棄損があった場合でも自己責任となります。 貴重品の扱いにはご注意を!• トランクの無い車両もありますので、予約・販売サイト及びバス会社サイトで確認しましょう。 バス停・バスターミナルについて バスタ新宿のような巨大高速バスターミナル、鉄道駅のバスターミナル、一般幹線道路脇の停留所、高速道路の本線車道上やパーキングエリア・サービスエリアまたはインターチェンジに設けられているバス停等々、乗り場には様々な形態があります。 乗車日当日に慌てないよう、乗車地・降車地とも、バス乗車前に詳細を確認しておきましょう。 安全性について 多くのバス会社が、事故を未然に防ぐためにさまざまな取り組みを行ない、安全対策を強化しています。 バスを選ぶ際には、価格面だけではなく安全で信頼できるバス会社を選びましょう。 各社の安全への取り組みは、会社ウェブサイトで公開されていることが多いので、予約前にチェックしてみましょう。

次の

お知らせ

東京 夜行バス 格安

夜行バスのおすすめランキング 1位:VIPライナー 私がもっともおすすめするのは平成観光が運営する 「VIPライナー」です。 私も最も利用している夜行バスですね。 VIPライナーの最大の特徴は乗車前・降車後に 「豪華ラウンジ」が使えることです。 東京・新宿・大阪・なんば・京都・名古屋の主要な乗降場には「VIPラウンジ」とよばれる待合室が設けられています。 「VIPラウンジ」では、 フリードリンク・スマホ充電・無料マッサージ器・大型テレビ・無料の歯ブラシが完備してあり、乗客は専用のフロアで出発時間までゆっくりすごす事ができます。 また、化粧室・洗面台・フィッティングルーム・シャワールームもあり、バス乗車前に軽装に着替えたり、乗車後に化粧をしたりシャワーを浴びることも可能です。 無料のコスメも充実しています。 座席表をみながら、予約状況に応じて好きな席を選択できます。 車内には 充電設備(コンセント・USBコネクタ)・Wi-Fiがあるバスも多く、 一斉リクライニングなので前後の方を気にせずにフルでリクライニングできます。 他のバスに比べて少々料金は高めですが、クーポンや「間近割」などをうまく利用すれば格安で乗車できます。 icon-circle-o 乗車前後に豪華ラウンジ使用可• icon-circle-o 多くのバスでスマホ充電可• icon-circle-o 無料Wi-Fiが使えるバスも• icon-circle-o 公式サイトなら無料で座席指定• icon-circle-o ディズニー・USJ発着のバスも• icon-circle-o クーポン・間近割で更に安く• icon-times 路線数が少ない• icon-times 料金は少々高め 2位:ウィラーエクスプレス 続いて紹介するのは 「ウィラーエクスプレス」です。 ピンク色のバスが有名ですね。 ウィラーエクスプレスの特徴は 豪華なバスの種類が豊富なことです。 顔が隠せるフードがついた4列シートの 「リラックス」や、 「リボーン」「ラクシア」「ニュープレミアム」など3列シートのバスはもちろん、 「コクーン」「エグゼクティブ」という2列シートのバスもあります。 プライベートカーテンで隣の席と仕切る事ができるのも嬉しいですね。 さらに 全国に路線があるのもメリットです。 東京・大阪・名古屋などの大都市だけでなく、東北や中国・九州地方など全国に路線があります。 バスが豪華なだけに料金は少々高めですが、 タイムセールや当日の座席ランクアップなどの特典もあり、お得に乗車できます。 icon-circle-o 東北から九州まで全国に路線• icon-circle-o 2列・3列のバスが豊富• icon-circle-o 多くのバスにコンセントあり• icon-circle-o 足元広々で快適に眠れる• icon-circle-o 多くのバスで座席指定可• icon-circle-o ディズニー・USJ発着のバスも• icon-circle-o タイムセール・当日ランクアップ• icon-times トイレ付バスは少ない• icon-times 料金は少々高め 3位:さくら観光 続いては 「さくら観光」です。 豪華な設備がある割に料金が安いのが非常に人気です。 さくら観光はほぼ全てのバスで コンセント・無料Wi-Fiが装備しています。 また、1車両あたりの座席数が少ないので 前後の座席間が広く、足を思いっきり伸ばせます。 3列独立シートのバスもありますし、独立でないバスでも 座席間のカーテンでプライバシーを保ってすごせます。 一部のバスでは アイマスクや枕、スリッパや耳栓が常備されており、車内でも快適に過ごせます。 充実した設備・アメニティの割に、乗車料金が高くないのが特徴です。 座席指定が有料であるのが少々難点ですが、車内の快適さではトップクラスですね。 icon-circle-o 3列シートバスが豊富• icon-circle-o 無料Wi-Fi・コンセント完備• icon-circle-o 座席数少なく車内広々• icon-circle-o 座席間カーテンでプライバシー確保• icon-circle-o ディズニー・USJ発着のバスあり• icon-circle-o 公式サイトで予約なら更に割引あり• ミルキーウェイエクスプレスの路線は主に以下の3つです。 豪華なバスではありませんが、 全座席にコンセントまたはUSBジャックがついており安心です。 また、 フットレスト・レッグレストも完備なので、リクライニングしたときに足元が非常に楽ですね。 バス内の設備・アメニティは最低限ですが、その分格安料金で乗車できるのがメリットです。 料金を重視される方に非常におすすめのバスですね。 icon-circle-o 他社に比べ料金が格安• icon-circle-o 全座席でスマホ充電可能• icon-circle-o 足元ゆったりシートが人気• icon-circle-o 座席間カーテンでプライバシー確保• icon-circle-o 公式サイトなら「特割」がお得• ほとんどのバスに コンセントがついており、スマホの充電も可能です。 トイレ付のバスが多いのも安心ですね。 公式サイトで予約する場合は 「J WEB割」「J 得割」といった割引料金で予約できるのも特徴です。 比較的マイナーな場所から乗車も可能で、選択肢が多いのがJAMJAMライナーの特徴です。 icon-circle-o 全国に路線がある• icon-circle-o 他社に比べ料金が格安• icon-circle-o 多くのバスにコンセント完備• icon-circle-o トイレ付のバスが多い• icon-circle-o 公式サイトなら割引料金あり• icon-times 車内設備は最低限• icon-times 座席指定不可 詳細記事: 6位:オリオンツアー 続いて紹介するのは 「オリオンツアー」です。 交通機関と宿泊がセットになったツアーが人気ですが、東京・大阪・名古屋を中心に、九州や東北を結ぶ路線バスも運行しています。 車内設備やアメニティは平均的ですが、何より 料金が安く気軽に乗車できるのがメリットです。 また、オリオンバスの最大の特徴は、 座席が最初からフルにリクライニングされていることです。 そのため前後の方に気を使う必要がなく、トラブルなども発生しません。 このしくみは非常に珍しく、乗った方にかなり好評ですね。 バスは大きく7種類あり、好みや予算に応じて自由に選択できます。 3列シートのバスや充電ができるバスが少ないのは少々難点ですが、 どのバスも前後の間隔がかなり広いので非常にゆったりできます。 icon-circle-o 他社に比べ料金が格安• icon-circle-o 全国に路線あり• icon-circle-o 座席が最初からフルリクライニング• icon-circle-o 宿泊付ツアーが非常に充実• icon-times 車内設備は最低限• icon-times バスは4列シート中心• こちらもオリオンツアーと同じく、バスと宿泊などがセットになったツアーパッケージが人気ですが、高速バスも充実しています。 サンシャインツアーのメリットはなんといっても 料金の安さです。 バスの設備自体は最低限ですが、とにかく交通費を抑えたいという方には非常におすすめです。 バスタイプは4種類で、スタンダード以外には 充電設備やトイレがついています。 便数は多くありませんが、やはり3列シートが人気のようです。 3列シート• ゆったり4列シート• スタンダード• レディース4(女性限定シート) また、ディズニーやUSJ発着のバスもあります。 冬場にはスキー・スノボのツアーで利用される方も多いですね。 icon-circle-o 他社に比べ料金が格安• icon-circle-o バスタイプが4種類から選べる• icon-circle-o ディズニー・USJ発着のバスあり• icon-circle-o 富士登山やスキー・スノボも人気• icon-times 座席指定不可• 高速バスは新幹線や飛行機に比べ、格安の料金で都市間を移動できるのが大きなメリットです。 最近は車内設備が充実しており、ぐっすり眠れます。 高速バス・夜行バスの予約は楽天トラベルなどの比較サイトでも可能ですが、 公式サイトなら特別な割引があったり、座席指定ができたりとメリット沢山です。 私も必ず公式サイトから予約します。

次の