ホワイトニング 歯磨き粉 比較。 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】本音の口コミレビューと評判まとめ!人気おすすめランキング

ホワイトニンググッズのおすすめ8選!毎日のケアに使えるタイプも

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

美白用のホワイトニング歯磨き粉を選び間違えて効果が無かったこと、ありませんか? ワインやコーヒーを飲む習慣がある人、喫煙の習慣がある人、チョコレートやコーラなどが大好きな人…歯のシミ、汚れ、黄ばみを避けるにはホワイトニングが欠かせません。 でも歯の美白用歯磨き粉は効果に差があります。 またどんなステインに効果があるかもそれぞれ違います。 選び方を間違うと、効果がないだけでなく、主な美白成分である 過酸化水素やシリカ、複数種類の研磨剤などにより歯がもろくなったり、歯茎を傷めてしまいかねません。 歯にダメージを与えずあなたの歯を元の白さに輝かせる歯磨き粉を選びましょう。 ・両方の有名なホワイトニング歯磨き粉のおすすめをまとめて比較・ランキング一覧にしました。 日本製ホワイトニング用歯磨き粉 日本製のホワイトニング歯磨き粉の大きな特徴は、残念ながら、 汚れを落とすことまでしか出来ないって事です。 歯を漂白する効果が無いと言う事。 歯は、強力な汚れ・ステインをきっちり落し切ったとしても、エナメル質やその下の象牙質が黄ばんでいると、歯が白く見えませんので漂白が必要です。 日本製の歯磨き粉は法律上、歯の漂白に使われる成分(例えば過酸化水素など)を多く配合する事ができないため、 漂白効果は無いに等しいのです。 汚れを落とすのみ。 もちろん強力なステインがある人はそれをまず落とせばよいので、日本製のホワイトニング歯磨き粉でもホワイトニング効果があるでしょう。 それを分かった上で、日本のホワイトニング歯磨き粉を使ってくださいね。 ティースラボ『ボタニカルホワイト』 ブランド名:Teeth Lab. Oral 商品名:ホワイトニングパウダー こちらは、形状はよくあるペースト状ではなく、パウダー状です。 ちょっと変わった製品で面白い!ですが、れっきとした歯の汚れを浮かせて落とすホワイトニング歯磨き粉。 鼻息とかで粉が飛びがちなので注意してくださいね。 ディノベートデンタルホワイトプロ 商品名:ディノベートデンタルホワイトプロ 金額: 6,048 円 成分:グリセリン、水、BG、エタノール、キサンタンガム、メントール、クエン酸、リンゴ酸、アラントイン、o-シメン-5-オール、三リン酸5Na、ピロリン酸4Na、ホップ花エキス、ワレモコウエキス、チャ葉エキス、クマザサ葉エキス、カニナバラ果実エキス、香料 ジェルタイプのホワイトニング用歯磨き粉。 成分:精製水、濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1,3-ブチレングリコール、DL-リンゴ酸、アスコルビン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス 1 、ホップエキス、エタノール、l-メントール、無水エタノール、無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 、ステビアエキス、キシリット、香料(スペアミント)、安息香酸ナトリウム、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール、天然ビタミンE、青色1号 美歯口 びはく 美歯口は、Genkingがモデルを務めるホワイトニング歯磨き粉。 色々な賞も受賞した商品ですね。 1つは過酸化水素など歯の漂白成分を含むもの。 これは法律上日本で市販NGです なので日本では漂白成分の無い(ステインを落とすだけ)ホワイトニング歯磨き粉のみ。 日本で漂白効果のあるホワイトニング歯磨き粉を買いたければ、こうした海外製品を買うと良いです。 個人で買えば「個人輸入」扱いとなり、法律上何ら問題ありません(人に販売したらアウトなだけ)。 で、もう1つは過酸化水素などの漂白効果が特に無い、つまり日本にもよくある、ステインを落とす効果のみのホワイトニング歯磨き粉。 これはよほど好きな方はいいでしょうが、そうでなければ日本で買う意味無しです。 だって高いもん。 だから 海外製ホワイトニング歯磨き粉を買うなら間違いなく過酸化水素などの漂白成分入りのものを買うべきです。 コルゲート 『Optic White Stain-Less White Toothpaste』 ブランド名:Colgate 商品名:オプティック ホワイト ステインレス ホワイトトゥースペースト ホワイトニング用歯磨き粉で世界規模で有名なコルゲイト。 過酸化水素を使用して3日間で頑固な汚れを洗い流し、歯を傷めずエナメルを保護します。 クラプロックス 『Black Is White Toothpaste』 ブランド名:Curaprox 商品名:ブラック イズ ホワイト トゥースペースト 日本にも「スミガキ」と言う真っ黒なペーストの歯磨き粉がありますが、こちらも活性炭を使用した黒い練り歯磨きです。 ホワイトニング用歯磨き粉で黒いペーストと言うのが面白い。 クレスト 3D ホワイト『Whitening Therapy Enamel Care Toothpaste』 ブランド名:Crest 3D White 商品名:ホワイトニング セラピー エナメル ケア トゥースペースト シリカベースの処方により派の表面汚れを除去する力に優れています。 また弱まってしまったエナメル質を再構築するために再石灰化を促し、窩洞になりにくいフッ化物を配合。 いずれも世界的に広く流通しています。 パラドンタクス『Whitening Toothpaste』 ブランド名:Parodontax 商品名:ホワイトニング トゥースペースト 出血性歯茎を予防するために特別に作られた製品がより白い歯を約束できるとは信じられないかもしれませんが、より厳しい成分の欠如のおかげで、それはまさにこの歯磨き粉がしていることです。 マービス『Whitening Mint Toothpaste』 ブランド名:Marvis 商品名:ホワイトニング ミント トゥースペースト Marvisは珍しい豪華な練り歯磨きチューブで知られていますので、シックなバスルームを愛する人には最適ですが、過酸化物は好きではありません。 (ブランドは代わりに白を使用するシリカを使用しています。 ) ラスターナウ!『Instant Whitening Fluoride Toothpaste』 ブランド名:Luster Now! 「青色の微粒子を歯に付着させ、より明るい笑みを浮かべる錯覚を作り出すブルーバライト技術が含まれています。 ハローエクストラ『Whitening Fluoride Toothpaste』 ブランド名:Hello Extra 商品名:ホワイトニング フローライド トゥースペースト こんにちはの美白練り歯磨きは過酸化物フリーですが、それはフッ化物フリーではありません。 それはあなたにとってどういう意味ですか?歯を健康に保つ美白の経験。 スーパースマイルプロフェッショナル『Teeth Whitening Toothpaste』 ブランド名:Supersmile Professional 商品名:ティース ホワイトニング トゥースペースト 歯の汚れを取り除くバイオフィルムを除去する過酸化カルシウムとミネラルの適切な組み合わせで作られたこの歯磨き粉は、ローズミントミントやグリーンアップルなどの様々な味があります。 オーラルエッセンシャルズ『Whitening Toothpaste for Sensitive Teeth』 ブランド名:Oral Essentials 商品名:ホワイトニング トゥースペースト フォー センシティブ ティース このフォーミュラでは、ココナッツオイルは自然の白化剤として働き、レモンの皮やセージオイルは感受性を和らげます(もしあれば)。 オパレセンス『Whitening Toothpaste』 ブランド名:Opalescence 商品名:ホワイトニングトゥースペースト オパレセンスは日本では知名度がありませんが、ホワイトニング歯磨き粉の市場で世界ではトップクラスに有名なブランドです。 エナメル質を傷つけないホワイトニング歯磨き粉です。 自然由来の成分に加えフッ素化合物を含まないホワイトニング用歯磨き粉です。 キシリトール入り。 Amazonなどで、歯に優しいとの評判が多いです。 ちなみにブランドの愛称は「トム」。 主に象牙質知覚過敏症用の歯磨剤を扱います。 こちらのエクストラホワイトニングトゥースペーストも、配合された硝酸カリウムが知覚過敏を和らげてくれます。 過酸化水素が歯の汚れを浮かせて落としてくれます。

次の

歯磨きで美白!おすすめ歯磨き粉やセルフホワイトニングアイテムをご紹介

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

歯が黄ばんでいると清潔感に欠け、印象もダウンしてしまいますよね。 歯を白くするためには、歯医者でのホワイトニングやジェルをマウスピースに入れて行うホームホワイトニングが有名ですが、時間もお金もかかってしまいます。 そこで便利なのが、自宅で簡単に使える歯のホワイトニンググッズ。 しかし、歯磨き粉タイプやジェルタイプの他、シールタイプ・消しゴムタイプなどさまざまな商品があるので、どれが効果があるのか分かりにくいのではないでしょうか? そこで今回は、 ホワイトニンググッズの選び方のポイントを解説しながら、おすすめの人気商品をカテゴリ別にランキング形式でご紹介したいと思います。 自分にあった商品を見つけて、美しく白い歯を保ちましょう! コストパフォーマンスもホワイトニンググッズを選ぶときに配慮してほしいポイント。 ホワイトニンググッズを使用してキレイな歯になったとしても、コーヒーや紅茶、赤ワインといった色の濃い飲み物や喫煙によって、歯は再び汚れてしまいます。 白い歯を保つためには、ステインの予防と除去を継続的に行うことが大切です。 ホワイトニングケアは日常的に行うというのがポイントなので、高いものを一度だけ使うよりも、続けやすい価格のものを長期的に使用するほうが効果的でしょう。 また、市販のホワイトニンググッズは根気強く使い続けることによって効果を実感できるものが多いため、商品を選ぶ際はコストパフォーマンスのよいものを選ぶのがおすすめです。 ここまでさまざまな商品をご紹介してきましたが、気をつけたいのはその効果のほどです。 歯医者さんでは、機械を使ったり医療用の薬品を使用してホワイトニングケアをしますので、やはり市販品よりも早くしっかりと効果を実感する方が多いと思います。 しかし、歯医者さんでのホワイトニング効果をイメージして市販品を使用すると、効果がなかった、歯磨きよりも高いだけの商品だった、と後悔することになりかねません。 今回ご紹介した選び方も参考にして、自分の歯の汚れに合ったものをチョイスすれば、市販品であっても白さを実感することは出来るはずです。 ただし継続したケアが必要なことは頭に入れておいてくださいね。 また、歯そのものを白くするものではなく、汚れを取り除くことにより歯本来の色を取り戻す効果がある、というところを理解しておきましょう。 市販の歯のホワイトニンググッズには優秀なものがたくさんありますが、歯の裏側やすみずみまでホワイトニングするのは自分では難しいものです。 そんな時は一度、歯医者さんでる歯石や歯垢を取り除く「クリーニング」をしてもらうのがよいでしょう。 まずは歯医者さんのクリーニングでしっかりと歯をキレイにし、日常的に市販のホワイトニンググッズでケアすると、美しい歯を保ちやすくなりますよ。 部分的なクリーニングであれば1日で終わることもできます。 さらに白さを求める場合には本格的に歯医者さんでホワイトニングしてもらうことをおすすめします。 市販のホワイトニングケアやクリーニングとは違い、歯を漂白することで歯そのものを白くしていきます。 保険対象外になるため高額ではありますが、1~2段階の白さは期待できるようです。

次の

歯磨き粉ホワイトニングおすすめランキングTOP10!【比較表付き】 | ホワイトニングラブ

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

こんにちは、ミライです。 歯の黄ばみがすごく気になる40代です。 というのも、 数年前から気になりだした顔のシワたるみのエイジングケアを頑張れば頑張るほど、「歯の黄ばみ」が目立ってくるんですよね。 若いころは特に気になっていなかったのですが、最近は、鏡を見るたびに歯の黄ばみが気になって、気になってしょうがない。 それは、歯の着色汚れが蓄積されるものであり、老化による影響も大きいからなんですね。 子供と一緒に歯磨きをして、 「ママの歯、黄色いのなんで?」なんて言われた日にはもうショックを隠し切れません(笑) 私は、歯を白くするホワイトニングは、美容エイジングケアの一つなんではないかと思うんです。 しっかりと歯を白くしたい場合には、 歯科医院に通うのが最も良いですが、それなりに時間とお金がかかります。 どのくらいの時間をお金がかかるの?と思い調べてみたところ、クリニックによってかなり差がありましたが、回数が3回以上は必要なので 2~3ヵ月で、3~4万円はかかると思ったほうがよさそうな感じでした。 まあ、ホワイトニング歯磨き粉で自宅ケアするだけなのでほぼ一緒ですね。 自宅で自分でホワイトニングをする場合は、 手間や費用が抑えられる代わりに、結構な期間がかかります。 この「ホワイトニング歯磨き粉」がポイントですね。 歯の黄ばみは、コーヒーやワインなどの色の濃い飲食物が、歯の表面に蓄積し着色汚れとなって黄ばんで見えるようになります。 ホワイトニング歯磨き粉には、この歯の表面の歯垢や着色汚れ(ステイン)を研磨剤で磨き落とす方法と、歯垢や着色汚れ(ステイン)を溶かして(分解して)落とす方法の大きく2種類がメインです。 研磨剤入りだと丁寧にしっかりと磨かないといけないですし、汚れ(タンパク質)を溶かして落とすタイプは楽ですが、成分によって効果が違ってきます。 それでも、市販の歯磨き粉(ジェルも)であれば、 1ヵ月1,000円~5,000円くらいが平均なので(1万円くらいのものもあります)、お財布には優しいですよね(笑) どの市販の歯磨き粉が良いかというのは、配合されるホワイトニング成分によって違ってくるわけです。 強力にタンパク質汚れを溶かしてくれる成分が入っていればいいですが、よい成分が配合されているほど値段が高くなってきます。 今後も新たなホワイトニング歯磨き粉を試してよいものがあれば、順位を変えていきたいと思います! 1位の薬用パールホワイトプロEXプラスはアットコスメの口コミ評価も高く間違いなく白くしてくれる!! さて、なぜこの「薬用パールホワイトプロEXプラス」歯磨き粉を1位にしたのかというと、体験レビューを見てもらってもわかるように、 実際に歯の黄ばみがマシになったからなんです! 自宅で歯のホワイトニングケアをする場合は、何か月もかかる・・・というより、スキンケアのようにずっと継続して続けることが大切になってきますよね。 短期間の体験でも十分に効果が実感できたのもは、他のホワイトニング歯磨き粉ではなかったですね。 しかも、お値段もポイントだと思います。 1人で使うのであれば正直2ヵ月はもちますので、定期購入であれば1ヵ月2,700円ほどでホワイトニングができます。 歯磨き粉の値段と思うとちょっと高いですが・・・ エイジングケアと思えばめっちゃ安いですよね! エイジングケア美容液なんか、1ヵ月1万円くらいはザラですから・・・。 それが、1週間試して このように、 少~しだけ黄ばみがマシになったんですよね! 「真っ白」にはまだまだ程遠いですが、濃い色の黄ばみが少しずつ薄くなってきています。 ビースマイルは歯のホワイトニング・アイテムをいろいろ取り扱っている専門メーカーなんですが、その中でも一番使いやすいのがこちらの「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」だと思います。 ホワイトニング歯磨きジェル系は、効果が高い商品ほど「味がまずい」という傾向があると体験上感じたのですが、この「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」はむしろ味が美味しいです! 味に関して言うとダントツ1位かもですね(笑) というのも、7歳の娘にも試してもらったところ、歯磨きできたのがこの「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」だけだったんですよ。 どちらもオススメなんですが、値段が安かったほうを1位にしてみました!(笑) なぜお手頃価格の市販のホワイトニング歯磨き粉ではダメなの? 今回このホワイトニング歯磨き粉をいろいろ試して解ったことなんですが、やっぱり、ドラッグストアでよく見かけるようなお手頃価格の商品は(はっきり言うと1,000円以下の商品です)、 効果がほとんどなかったということです。 高価であれば効果が高いのかというと、決してそうではないですが、その中でも しっかりと考えられて配合された歯磨きジェルは、レベルが違うと思います。 ホワイトニング効果のある成分は安くないのです。 例えば、市販品で超有名な「アパガード」シリーズも、値段が高いものほど歯を白くする効果が高かったと実感しています。 私は専門家ではないので、成分のことについて詳しい事はわかりませんが、記事にまとめたので参考にしてもらえればと思います。 しかも、研磨剤が入っていないタイプだったら、「電動歯ブラシ」でも使えますのでより効果的に歯を白くすることができます。 でも歯垢や着色汚れを溶かして洗い流すタイプは、ほとんどが1,000円以上、高いものなら1万円を超えています。 これはさすがに高いと感じる方も多いでしょう。 しかし!! 私は何度もお伝えしたいのですが、 歯のホワイトニングは美容のエイジングケアの一つだと思うんです。 スキンケアにお金をかけるのに、なぜ歯を白く健康にするのにはお金をかけないのか。 それは、歯の黄ばみだけでなく、口臭もそうですし、歯周病の危険性も高まります。 歯の健康は、内臓の健康にも影響するといわれているのをご存知でしょうか? 40代50代にもなれば、 そのあたりも考えて歯磨き粉を選ぶべきだと思います。 少なくとも、ネットの口コミで評価数が多く好評価が高いものは、試してみる価値のあるものが多いです。 実際に私もそれを参考にして、市販のホワイトニング歯磨き粉を選びましたから(笑) 老化に悩んだり、エイジングケアをがんばっているなら、ぜひ歯のエイジングケアを真剣に考えてみませんか? 歯が白く健康であれば、それだけで5歳、いや10歳くらい若返って見えるんです! もちろん、肌、髪のツヤなども大切です。 でも歯だけが黄ばんでいたら・・・ 折角の努力も台無しなことは明確ですよね。 このランキングのホワイトニング歯磨き粉でなくてもいいと思います。 どのくらいの期間で歯が白くなる? 歯の汚れ具合、歯磨きの回数・量は個人によるもののため、期間について明確にはなっていないようです。 商品によっては約1ヵ月から効果を実感できるとあります。 電動ハブラシでも使用できる? 研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉は使用できるものがほとんどです。 (念のため電動歯ブラシの取り扱い説明書を確認したほうがよいです) Q. 普段の歯磨き粉の代わりに使ってもいい? 使用できます。 商品によっては、普段の歯磨き粉との併用を勧めているものもあります。 1日何回使用すればいいの? 1日1回~3回が一般的です。 歯の詰め物や差し歯があっても使える? ほとんどのホワイトニング歯磨き粉が使用できます。 子供にも使用できる? 基本的には使用できます。 ただし、アルコールを含んでいる歯磨き粉は6歳以上との指定があります。

次の