レイヴィニア。 イベント「とある幻想の一周記念[前編]」キャラ総評

500枚!!!!!!!!!!!!!とある魔術の禁書目録のレイヴィニ...

レイヴィニア

とある魔術の禁書目録の4期の放送日はいつ? まずは、 とある魔術の禁書目録の4期があるのか、 あるとしたらいつごろからの放送になるのか、といったことを調べてみました。 とある4期はある? 大前提、 今のところ公式からの発表はありません。 ですが、このところレールガン3期や一方通行のアニメ化など、 とあるシリーズのアニメ化が活発なので、 4期制作の可能性は十分ありそうです。 円盤の売上はまだ出ていませんが、 1期で平均5000枚、2期で10000枚超えを記録していますから、 基本的には 問題なく4期制作ラインを突破しそうです。 ストック的にも、原作ラノベ20巻分以上アニメ化されていないパートがありますし、 3期のラストは上条さんが消えて第三次世界大戦集結と、 キリはいいですけど続きが気になる終わり方になるので、3期で終わり、ということはなさそうです。 とある4期の放送日はいつ? とある4期があるとすると、放送日はいつごろになるのかもご紹介します。 今のところ発表はありませんが、 早くても2020年以降になると予想しています。 というのも、 2019年はと一方通行のアニメが放送されていることが決定していて、 制作会社のJ. STAFFの余裕がないと考えられます。 ですので、どんなに早くても2020年頃の放送となるでしょう。 続いて、 とある4期のストーリーについてご紹介します。 とある魔術の禁書目録の4期のストーリーは新約の何巻からかネタバレ! それでは、とある魔術の禁書目録の4期のストーリーについてご紹介します。 内容としては、 4期は 「新約とある魔術の禁書目録」(実質23巻~)のストーリーへと突入します。 とあるのアニメは毎回2クールで、 原作6冊分ほどをアニメ化しています。 ですので、4期の内容は 新約の1巻~6巻までのストーリーとなるでしょう。 というわけで、 新約の1巻~6巻のストーリーについてネタバレ込みでご紹介します。 学園都市で、浜面仕上は 「新生アイテム」として、 絹旗、滝壺、麦野たちとともに活動していた。 そんな彼らはあるとき、フレンダの妹である フレメア=セイヴェルンのことを知る。 彼女は過去に浜面と関わりがあったことから、 学園都市の新たな暗部組織、 「新入生」に追われているのだ。 新入生による攻勢は激しくなっていき、 フレメアが連れ去られてしまう。 新入生の一人、黒夜を倒した浜面と一方通行。 彼女は魔術結社「明け色の陽射し」を統率する、 レイヴィニア=バードウェイ。 彼女は浜面や一方通行たちに、 第三次世界大戦後に出現した新勢力や魔術サイドについて語る。 そして学園都市に戻ってきた当麻は、美琴やインデックスたちと再会する。 当麻の死に思いつめていた彼女らから制裁を受けるのだった。 その後、 ラジオゾンデ要塞という謎の空中要塞が、 大気圏外から学園都市へと墜落しようとしていた。 当麻、一方通行、浜面の3人はそれを阻止するために動き出した。 グレムリンがハワイで暗躍していると知った当麻たちは、 レイヴィニアとともにハワイへと向かう。 そして、グレムリンと協力関係にある組織、 トライデントによって、ハワイ侵攻作戦が始まる。 当麻たちは、それを防ぐために戦うのだった。 当麻はこれを阻止すべく、ナチュラルセレクターが行われる、 バゲージシティへと向かうのだった。 当麻は彼女を助けるため、トールと手を組むのだった。 とあるの原作小説を読むなら ちなみに、とあるの原作を読むなら、ebookjapanというサイトがおすすめ。 今なら半額クーポンがもらえるので、一冊とあるを半額で読むことが出来ます。 とあるのアニメを見るなら また、とあるシリーズのアニメを見るならU-NEXTがおすすめ! 1期~3期、レールガンやエンデュミオンの奇蹟が全部見れますから、 上条さんたちの戦いやヒロインのかわいいシーンが見たければぜひ。 とある原作が一冊無料で読めるので、その意味でもおすすめです。 実際3期はかなりはしょってたので、フィアンマ戦の熱さを確認したり、 それに至るまでの経緯がよくわからなかったという方はぜひ19巻だけでも読んでみてください。

次の

レッサー (れっさー)とは【ピクシブ百科事典】

レイヴィニア

10位 垣根帝督(復活前)、後方のアックア、インデックス 垣根帝督は、復活後はもう少しだけ上位になりますが、アニメ版では復活前ですので、この順位としました。 どのキャラも直接対決をしたわけではないので、順位を付けにくいですね。 9位 風斬氷華 いわゆるヒューズ風斬状態の強さです。 とはいえ、押されてはいましたので、ミーシャよりは下になるでしょう。 8位 アクセラレータ(一方通行) 白翼状態のアクセラレータの強さは、ヒューズ風斬と同じくらいだと思いますが、 半分ほど主人公補正が効くキャラなので格上としました。 最近はベクトル操作感が少ない気がしますね。 基本的に演算能力が高く、行使される力を理解さえすればベクトル操作可能という設定ですので、無限に強くなる可能性を秘めたキャラですね。 いつの日か、最強キャラの地位を取り戻してくれるのでしょうか。 大天使ガブリエルがヒューズ風斬でも倒せない強さでしたので、この順位としました。 6位 レイヴィニア=バードウェイ アニメ版では、まだ強さがわからないキャラですが登場はしているのでランキングに入れました。 魔術結社「明け色の陽射し」を束ねている魔術師で、最新科学の力も取り入れるというスタイルです。 5位 右方のフィアンマ 『とある魔術の禁書目録』3期のボスキャラです。 上条の右手を奪うことによって、神上になりますが、中条さんに速攻でやられてしまいます。 中条さんは、今のところ最強キャラなのでフィアンマが弱く感じてしまいますが、他の強キャラを同時に相手しても圧勝できるほどの強さを持っています。 4位 オッレルス オッレルスもアニメ版では強さがわからないキャラですね。 魔神のなり損ないという設定ですが、基本的に 魔術を極めている存在なのでランキングは上位にとなります。 3位 アレイスター=クロウリー 史実のアレイスター・クロウリーがモデル設定もほぼ同じという学園都市の最大権力者です。 史実同様、高位次元体のエイワスから知識を授けられました。 魔術を極めた存在であるため、魔神に近い強さを持っていることがわかります。 アニメでは、傷ついた状態のフィアンマに圧倒していました。 2位 エイワス アレイスターに「必要な知識を必要な分だけ授けた」高位次元体です。 ちなみにモデルもアレイスターに知識を授けたとされる実在のエイワスです。 イシスの時代、ホルスの時代、オシリスの時代と呼ばれる時代の中でホルスの時代を生きたという設定です。 エイワスによると、一方通行(アクセラレータ)の黒い翼の力はオシリスの時代の力らしく、ホルスの時代の力の方が強いようです。 アニメ版ではまだですが、原作で登場する魔神の一人である僧正から失敗作扱いされていますが、文脈的に強さが失敗という意味ではなく、コントロールできないという意味での失敗作発言だと思われます。 1位 上条当麻(中条さん、中の人、竜王の顎) 出ました。 やはり主人公は最強です。 もちろん、右手あり状態の上条さんはそこまで強くありません。 しかし、右手がない状態の上条さんはが負けるところが想像できませんね。 中の人の正体は、いまだに謎のままです。 いつかわかる日がくることでしょう。 不意打ちで右手を落とさずに止めを刺せば勝てそうですが、主人公補正があるのでそんな展開はないでしょう。 アニメ版では未登場だが、アレイスターより強いキャラ 魔神勢と呼ばれる「僧正」「ヌアダ」「テスカトリポカ」「プロセルピナ」「娘々」 「ネフテュス」「キメラ」や、上条と同じくチートキャラとして登場する上里翔流は、アレイスターよりも強いキャラとして登場します。 まだアニメ化していませんが、今後もしアニメシリーズが続くとすれば、登場する可能性はあるでしょう。 とあるシリーズが全話観られるサイト とあるシリーズは作品数が多いので、一気に観られるサイトが嬉しいですよね。 以下のサイトでは、とあるシリーズを一気に観られます。

次の

【とあるIF】7/16最新リセマラ当たりランキングと効率的なやり方【とある魔術の禁書目録幻想収束】

レイヴィニア

SS投稿掲示板 その他SS投稿掲示板 No. この廊下でいいか? ちょっと寝づらいだろうけど、毛布を体に巻いてくれれば」 「いや、それは全くかまわないのだが」 居住者2名の部屋に、布団が二組しか無いのは当たり前だ。 その大半を、預かり物である幼女たちのために費やしているのも、理解できる。 12月とは言え、暖房は付けっぱなしにしてあるから、毛布一枚で充分。 野営を思えば、この状況はバードウェイにとって天国だ。 だから、問題はそこではなく、 「幻想殺し。 お前は何故、浴室の中からこちらに話しかけているのだ?」 レイヴィニア・バードウェイ (3) 上条当麻は、浴室の入口から身を乗り出すようにして、レイヴィニア・バードウェイと向き合っていた。 風呂なら、子どもたちが眠る前に一応全員済ませてある。 「なんで……って。 ここが、俺の寝床だから」 「 何? 」 さすがに、バードウェイは目を剥いた。 確かにこの部屋の人口密度は異常だが、だからといって何も風呂場で寝ることはないではないか。 先ほども言ったとおり、浴室は使われたばかりだ。 特に、子どもたちがはしゃぎまくったものだから、まだ天井や壁にも、水気がたっぷり染み着いている。 雑巾などで拭うにしても、簡単に取れるものではない。 「お前…… いくらあのガキどもが預かり物だからといって、家主がそこまでするか? 場所が無いなら、風呂場で寝るのはクソガキどもの方だろうが。 なんなら、今から2・3人、襟首を摘んで放り込んでやろうか?」 「待て待てまて! ほんとに居間へ足を向けるな! ……あのなあ。 そんなこと出来るわけないだろ? 俺は一方通行や浜面たちに、煮られたくも揚げられたくもない。 第一、下手に動かしたら、あの子たちまた目を覚まして大騒ぎだぞ」 「う…… それはさすがに、勘弁してほしいな」 やる気まんまんだったバードウェイの足が止まる。 だが、それでも納得は出来ないようで、 「では、私がそこに寝よう。 宿を借りたのに、家主を劣悪な境遇に寝かせたとあっては、《明け色の陽射し》の沽券に係わる」 凛とした宣言に、今度こそ上条は溜息を漏らす。 「だから。 女の子に、そんなことさせられるわけがない、って言ってるだろ? あんたに魔術師としてのプライドがあるように、上条さんにも男としての見栄ってもんがあるんです」 「しかし……」 なおも言い募ろうとするバードウェイ。 上条は苦笑しながら、その美しい金色の頭に、ぽん と掌を置く。 「 なっ!? 」 「気を使ってくれるのは、正直言って嬉しいよ。 ありがとな。 でも別に、場所が無いからここで寝るわけじゃない。 もともとここが、俺の寝床なんだ」 「 はい? 」 突然のスキンシップに混乱した少女だったが、直後の奇天烈な発言に、さらに間抜けな声を出してしまった。 上条は大きく息を吐き、盛大に頭を掻きむしりながら、 「……はあ。 分かったよ。 ちょっと長くなるけど、説明する。 でないと、とんでもないウワサが、全世界的に広がりかねないからな」 「理由が存在するのか? この状況に?」 「あのな。 俺とインデックスが同居してるのは、知ってるよな?」 「何を今さら」 「で、長くなる話を一気に端折ると、だ。 あいつ、寝ると抱きつきグセがあるんだよ」 「 はあっ!? 」 さらに素っ頓狂な声を漏らすバードウェイ。 ……この男。 自虐趣味の上に、幼女嗜好が? 「って、だから話聴けよ! 人の性癖を、レゴブロックみたいに積み重ねてくんじゃねえ! 抱きついてくるのは、あいつからなんだってば!!」 始めは、インデックスを居間の床に寝かせていたらしい。 しかし、夜半に目を覚ますと、銀髪の幼女がワイシャツ一枚で自分に抱きついていた。 あまつさえ頬ずりまでして。 「 …… 」 「だーかーら! 犯罪者を見るような目つきはやめて! 上条さんには、一点の非もないでせう!?」 ならば、逆にすれば良いかと彼女をベッドに、自分は床に寝てみたが、結果は同じ。 廊下に寝て、仕切り戸を閉めてもダメ。 最後の手段とばかりに、(その頃は夏だったので)ベランダに寝てみたが、堂々とガラス戸を開けられ、抱きつかれたという。 「……困るのは、あいつが完全に寝ぼけてて、自覚も記憶も全然無い、ってことなんだよな。 いっぺん、恥ずかしいのを我慢して事細かに説明してみたんだけど」 『わたし、そんなことしてた? でも、とうまだったら別にいいかも』 きょとん とした無垢な顔で返され、絶句するしかなかった上条当麻である。 「で、最後の手段。 浴室ならカギもかかるし、あいつもこじ開けてまでっていうほど重症じゃないみたいだしな。 始めのうちは、扉をガチャガチャ揺さぶってたけど。 今は諦めたみたいで、おとなしく寝てる」 「……ひとつ、疑問なのだが」 想像もつかないような攻防に頭を抱えていたバードウェイだが、 「ならば、浴室に寝るのは、禁書目録の方なのではないか? 何度も言うが、家主のお前が居候に気を使ってどうする」 「だから、ダメなんだよ。 『ちゃんとカギかけて寝るんだぞ』 って教え込んでも、寝ぼけるとカギ開けて俺のベッドに潜り込んでくるんだ」 「 ………… 」 それは、本当に寝ぼけているのか? と言いたくなるのを、ぐっ とこらえる少女だった。 それでも、禁書目録に哀れの心を憶えずにはいられないぞ。 同性として」 「 ? どういう意味だよ?」 「……本気で言っているから、始末に悪い。 もういい。 お前が浴室で就寝する事情は、だいたい理解できた。 理解したくもなかったが。 「禁書目録が浴室から出てくるのが問題なのであれば、その出入り口を塞いでしまえば良いのではないか? 前に荷物を置くなり、外カギを付けるなり。 いっそ、貴様の趣味を存分に発揮して、縛りつけて浴槽に転がしておくというのはどうだ?」 「ちょっと待~~~っっっ!? だから、幼女監禁なんてディープなシュミを俺の性癖に追記するのは止~め~て~~~~~!!!」 「…………はあ。 今までの10倍くらい、疲れた。 んじゃ、俺もう寝るからな。 「なんだよ。 上条さんは、もうお寝むなんですけど?」 「私だって眠いが、疑問を解決せずには寝られない。 お前、なんだって浴室にタオルを敷いている?」 見ると上条は、ユニットバスの洗い場部分に、バスタオルを総動員して敷きつめている最中だった。 足りない箇所は普通のタオルで代用している有り様だ。 「なんで、って…… こうしないと、床が硬くて寝られないだろ? さすがに硬質プラスチックより頑丈な皮膚は、上条さんも持ち合わせていなけりのことよ?」 「疲労のせいで、語り口が某最大教主のようになっているぞ。 って、そうではなく!!」 寝具はどうした!と叫ぼうとして、ふと自分が持っている毛布が、視界に入った。 「 あ…… 」 先ほど、彼は言っていたではないか。 『もう、毛布が一枚しか無い』 と。 バードウェイの顔つきで、上条も少女が何を言いたかったのか、悟ったらしい。 「あ、いや。 ズボンは二枚重ねにするし、靴下も履いてるし。 コートを掛け布団代わりにするから、寒くはないぞ? まあ、一晩のことだしな」 別に弁明するような口調ではなく、本気でそう思っていることが丸わかりな、表情。 それを見てバードウェイは、一気に眉根を寄せる。 「……私を、馬鹿にしているのか?」 「 え? 」 上条が、目を見開く。 目の前の少女は、どう見ても本気で怒っている。 なのに、その理由がさっぱり分からない。 「何度も言うが、私は誇り高き魔術結社《明け色の陽射し》の長だ。 その私に、一宿の恩がある家主を差し置いて、ぬくぬくと惰眠をむさぼれと言うのか?」 「おい、バード…… 」 「やかましい! 本来なら、決闘ものの侮辱だぞ! 貴様はさっさと、これを体に巻いて、廊下で寝ろ!!」 持っていた毛布を、上条の顔に叩きつける。 そして少年の体を押しのけ、浴室に入ろうとしたが、 ふわり と、何かが体を包んだ。 その温かさに、収縮していた顔の筋肉がゆるむ。 「 ……え? 」 思わず振り向いて顔を上げると、正面には穏やかに微笑む少年。 自分の体にはいつの間にか、彼に叩きつけたはずの毛布が掛けられている。 「 ありがとな 」 毛布に負けないくらい暖かい眼差しで、少年は少女を見つめる。 「正直、あんたにここまで優しくしてもらえるなんて、思ってなかった。 いや、違うな。 俺に対して優しいんじゃなくて、あんたは自分に対して厳しいんだ。 誰の前でも」 「 …… 」 反論の声を出そうとして、出せない。 少女はただ、目の前の少年から、目を離せない。 「でもさ。 今日くらいは、そういうの止せよ。 さっきも言ったろう? この部屋は敵地じゃないし、俺はとりあえず、あんたの敵じゃないんだ」 「 ………… 」 「こんなときくらい、頼ってくれよ。 北極海から助けられてからこっち、俺はあんたに頼りっぱなしだった。 今日だって、そうだ。 だから、こんな小さなことの積み重ねでもしなけりゃ、俺はあんたに借りなんてとても返せそうにない」 毛布がずり落ちないようバードウェイの手に持たせ、上条は少女の体を そっ と浴室から押し出す。 「明日も早いんだろ? 寝とかないと、体が辛いぞ」 そのまま閉まろうとする浴室の扉を、少女は慌てて手で止める。 わたしが、……憎くは、ないのか?」 言うつもりはなかったのに、ぽろり と口からこぼれた。 少年は少し首を傾げ、 「どうだったかな。 いろいろありすぎて、忘れたよ。 おやすみ」 優しく少女の掌を引きはがし、ぱたん とドアを閉める。 「 ………… 」 少女は、何かに負けたような顔つきで、ぎゅっ と毛布の端を掴んでいた。

次の