キャッシング 障害 者。 参考資料 障害者の状況|令和元年版障害者白書(全体版)

精神障害2級年金受給者です。カードのキャッシングローンが300万円位あります。...

キャッシング 障害 者

「生活保護者でお金がなく、キャッシングしたいけどできますか?」と、生活保護を受けている方はキャッシングの審査に対して疑問や不安を持たれるようですが、答えは単純で「キャッシングは可能」です。 但し、あまり意味はないと付け加えないといけません。 生活保護を受けている人は、もともとお金がありません。 毎月9~15万円(受給額は住んでいる地域や家庭環境で変動します)ほどなので、生活が厳しいと感じるのも分かります。 故にキャッシングで少しでも余裕を持ちたいのだと思います。 そこで生活保護を受けている人とキャッシングの関連について、注意点を踏まえお話していきたいと思います。 生活保護の全容!キャッシングを検討する人が知るべき知識 生活保護とは、最低限度の生活を送るための支援制度です。 ただ、審査は厳しめで、たとえ審査が通り受給できるようになっても様々な義務や制限が課されています。 働きたくても働けない人、働いていても生活を賄えるレベルの収入が得られない人の為の自活サポート支援制度が生活保護です。 まずは生活保護とは何かについて、確認していきます。 無駄遣いせず節約!生活保護費で生活を賄うのが原則です 「生活が苦しいからキャッシングしたい」という考えは分からなくもないですが、残念ながら生活保護を受けている方が、「キャッシング=借金」をする事はお勧めしません。 生活保護者は、「受給された金銭を無駄遣いせず計画的に活用して、生活を維持するよう節約に努める義務(生活保護法60条)」があります。 <生活保護法第60条> 生活保護者は、能力に応じた仕事を行い、健康に努め、収入や支出を適切に把握して支出の節約を行い、最低限の生活の維持をしなければいけません。 キャッシングは借金です。 その為、返済の義務もあり、ある程度の高額な金銭を自由にすることが出来るため、ついつい使い過ぎてしまう恐れがあります。 それは節約とはかけ離れた生活になる可能性がある訳です。 例えば、生活保護者は下記のようなことは原則禁じられています。 生活保護費をキャッシングの返済に充てる事はできない! 「生活保護費をキャッシングの返済に充てればいいんじゃないかな」と考える人がいるようですが、ダメです。 そもそもですが、「生活保護費を借金(キャッシング)の返済に利用する事は原則認められていません。 確かに、生活保護法を確認すると明確に借金について記載はされていないのでOKなのではと思う方もいるようですが、原則借金の返済(キャッシングやの返済など)に利用する事を厚生労働省は認めていません。 故に、返済をするためには生活保護費以外の収入を確保しておく必要がある訳です。 ですが、基本的に生活保護を受ける方は「収入に難アリ」の方なので、生活保護費を充てられないとなると完済する事はほぼ不可能となります。 キャッシングを行うと、返済の義務が発生します。 しかし、生活保護者は収入がない、もしくは収入に難がある訳ですから、基本的にしない方が良いとい結論付けられる訳です。 【関連記事】 キャッシング審査のクリア条件とキャッシングが必要か考える! 生活保護者はキャッシングをしない方が良いです。 ですが、キャッシング出来ない訳ではないです。 そこで、キャッシングの審査のクリア条件について見ていきましょう。 では、「生活保護者がキャッシング可能な事」と「生活保護者がキャッシングする無意味さ」についてお話していきたいと思います。 キャッシング審査をクリアする条件!生活保護の収入に注意 まずキャッシングを利用するには、下記の3つの条件をクリアする必要があります。 生活保護を受けていると「ブラックリストに載る」といった心配の声がありますが、そのような心配は必要ありません。 とは、金融商品(キャッシングやなど)のトラブルで載る為、生活保護(生活の困窮)との関連性はない訳です。 キャッシング会社は、そもそも生活保護を受給しているかどうかを知る事が出来ません。 故に、生活保護を受けているから審査に落ちるという事はありません。 但し、一般的に生活保護を受けていると言う事は安定収入がない筈なので、収入面を理由に審査に落ちる可能性は十分ありえます。 余談ですが、生活保護者は差し押さえをされる事がありません。 これは、生活保護法第58条に記載されています。 生活保護を受けていても法的にキャッシングを受けられないという事はありませんが、こういった面でも生活保護者はキャッシング会社に敬遠されてしまいます。 収入は生活保護費から天引き!キャッシングする意味を考える 生活保護者の方が、生活保護費のみしか受け取っていない場合、キャッシングの審査は確実に落ちます。 なぜなら、「安定した収入がない」と判断されるからです。 ですが、生活保護者であっても働くことは可能です。 むしろ、生活保護の受給を脱出する為にも、「働くことは推奨」されています。 つまり、生活保護者であっても、安定した収入を得ている状態にできる訳です。 こうなると、キャッシング会社の審査も収入を得ているという判断になります。 ですから、生活保護者であってもキャッシングする事は可能です。 しかし、キャッシングをたとえ行ったとしても、実際はあまり意味がないのです。 生活保護を受けている方が収入を得た場合、まずは生活保護の相談窓口である福祉事務所に届け出る必要があります。 なぜなら、生活保護法61条において「生計に変化があった場合直ぐに届けなくてはいけない」と定められているからです。 そして、収入分を生活保護の受給費から天引きされる事になっています。 例えば、毎月15万円の生活保護費を受け取っていて、で月に6万円を稼いだ場合、まず6万円を申告しなければいけません。 すると、生活保護費から全額ではなく控除分ですが2万円ほど引かれて受給する事になります。 また、月6万円の収入があればキャッシング審査に通る事も可能なのでカードローンを持てますが、キャッシング(借金)した金額も収入とみなす傾向が強いので、その分も申告すると更に受給額が減るといったスパイラルに入ります。 生活保護を受ける際は一人ひとりに担当者が付き、毎月の収入の動向を確認されていますので、アルバイトの収入やキャッシングの有無などは直ぐに把握されます。 故に、アルバイトに関しては生活保護を脱出する為に必要な対応だと思いますが、キャッシングについては生活保護費をただ減らす結果になるだけなのであまり意味がない行為という訳です。 それでも、キャッシングをしたい・しなくては苦しいという場合は、キャッシングの検討について担当者へ相談(受給額の変動など)してから行うようにして下さい。 罰則と生活福祉資金貸付制度!しっかりした知識を把握する 「キャッシングを利用すると生活保護費が減るなら、黙ってればいいんじゃないか?」と思う事もあるかもしれませんが、これは生活保護の不正受給となり「罰則」を受ける事になります。 本来、差し引かれるべき金額(控除額)を不正に受給する行為はかなり悪質です。 だからこそ、どのような罰則を受けるのか確認していきましょう。 不正受給のペナルティ!生活保護の解消と1.4倍の罰金 確かにキャッシングのサービスを受けていたとしても、厚生労働省にそれを確認する術はありません。 ただ、月1回ある担当者との面談において基本的はバレます。 すると、本来控除されるはずの金額を不正に受け取ったという事でペナルティを受ける訳です。 <生活保護法第78条> 不実の申請、その他不正な手段で生活保護費を受け取った場合、これまで受け取った生活保護費の全部又は一部が「徴収」されます。 また、徴収される額はこれまでの生活保護費に1.4を乗じた額以下と定められています。 つまり、不正受給と見なされると、今まで受け取った生活保護費(全額or一部)を最大で1.4倍にして支払う義務が発生する訳です。 更に、生活保護の解消となるので不正受給(キャッシングサービスを黙っているなど)について、十分注意しなくはいけません。 生活福祉資金でキャッシング!生活保護者の救援策 基本的な話ですが、生活保護を受けている時にキャッシングを利用する事は止めた方が無難です。 アルバイトなどを行っていれば、確かにキャッシングを利用できます。 ただ、生活保護費はキャッシングした金額を控除されて支給されるのであまり意味がありません。 では、生活保護者はキャッシングでお金を借りない方が良いのですが、もしどうしてもという方には、「生活福祉資金貸付制度」というものがあるので、そちらの検討をされると良いかもしれません。 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者、高齢者、障害者の生活を支える為に、お金を貸し付けてくれる公的な支援制度の事です。 しかし、とにかく審査が厳しい事で有名です。 用途にあわせて、総合支援資金(生活を再建するための資金)、福祉資金(生活や仕事を営む為に必要な経費)など、細かく条件が分類された支援制度があります。 キャッシングを行う事を躊躇ったり、やめようと思った方も生活福祉化資金制度を検討するのも良いと思います。 詳しくは、担当の方に相談してみると良いと思います。 不正受給の体験談から詐欺や闇金業者に気を付ける! 「」「ブラックリストでも大丈夫」など、理由があってキャッシングできない状態の方は多々います。 生活保護を受けている方も、その中に入ると思います。 これまでお話してきたい取り、生活保護を受けている方でもキャッシングは可能です。 ですが、あまり意味はないともお話ししました。 しかし、人は切羽詰まると思考が低下して、つい甘い言葉に騙されてしまいがちです。 最後に、キャッシング詐欺について確認していきます。 生活保護の不正受給!甘い言葉に騙されると打ち切られる <体験談> 「生活保護受給者でも審査に通る」、この言葉に騙されてついお金を借りてしまったのが失敗でした。 当時、生活保護を受けていたのですがアルバイトもなかなかする事が出来ず、月の支給額では常にギリギリの生活をしていました。 そこでキャッシングを考えたのですが、2社受けて2社とも落ちてしまい、生活保護者はやっぱり利用できないんだと諦めていたところに、甘い言葉だったのでコロッと騙されてしまいました。 結局、借りたところは闇金業者だったので、とにかく利息の支払いがきつかったです。 何とか支払いをしましたが、あっという間に苦しくなりました。 仕方なくアルバイトを始め、キャッシング分を早急に完済しようとしたんですが、今後は収入があるので生活保護費を減らされやっぱりギリギリの生活でした。 更に担当者さんとの面談で通帳の記載からなのか、それとも会話からなのかわかりませんが、キャッシングしていた事がバレてしまい不正受給をしているからと生活保護を打ち切るという話になり、これまで払った金額も一部罰金として返済してくれとも言われて本当に苦しかったです。 最後は、アルバイトをフルタイムで頑張ったので何とか数年掛かりでしたがキャッシングも生活保護費の罰金も払い終わりましたが、本当に甘い言葉に騙されたばかりに苦しい思いをしてしまいました。 闇金や詐欺に気を付ける!アルバイトが一番の近道 キャッシングは高額なお金を借りるサービスなので、怪しい人たちが集まってくることもあります。 それが、闇金業者であったり、詐欺集団であったりします。 このような犯罪者集団の手口は決まって、「簡単にお金が借りられます」といった基本的には単純なものです。 ただ、その手口は巧妙で多くの方が騙されてしまっています。 上記の体験談のように、お金がない状態というのは心に余裕がありません。 それ故に、ついコロッと騙されるという表現が正しいのですが、闇金業者や詐欺に引っかかってしまうようです。 そうならない為にどうするか?なのですが、一番の近道は「アルバイト」をする事です。 つまり、生活保護費以外の収入を真っ当に得る事をはじめ、それを大きくしていく事が一番の堅実なお金を作る方法だという訳です。 そして、この方法は生活保護の担当者の方も同意見だと思います。 キャッシングや生活福祉資金貸付制度の検討も良いですが、堅実にアルバイトをする時間を増やす事もお金を増やす方法だと覚えておいて下さい。

次の

障害者と税|国税庁

キャッシング 障害 者

A ベストアンサー Ano1さんの書類に加えて、カタログ・パンフレット類、自動車保管場所確認書(新規購入の場合)、(収入の証明できるものは、連帯保証人も求められることがあります。 )などが必要になる場合もあります。 また、借用書の取り交わしのときには、借受人と連帯保証人の印鑑登録証明書が必要です。 また制度の性格上、世帯に対する貸付になりますので、世帯全員の収入などを説明して、通常世帯主(収入のある人)が借受人になります。 車種や排気量などの制限もあります。 車いすを積むといっても、やたら大きい自動車を購入することはできません。 障害者のための自動車改造がされる場合には、行政からの補助などが優先されますので、行政や社会福祉協議会で確認や調整が必要です。 借受人が身体障害者で、通勤や社会参加などのために自動車が必要であることが説明できないといけません。 また、本制度による借り入れが必要であることが説明できなくてはなりません。 たとえば、収入が多いとか、同程度の借り入れが他の方法でできる場合には、却下されます。 また、申し込みからお金がおりるまでに、1か月前後かかります。 書類をそろえて徒労に終わることが無いように、あらかじめ、区市町村の社会福祉協議会で充分、相談しておく必要があります。 なお、生活福祉資金はその制度の成り立ちから、地域の民生委員の指導援助が必須となります。 単なる金銭の貸付だけの制度ではないので、場合によっては、それがわずらわしいと思う人も多いです。 今はけっこう金利が安いので、いろいろめんどうな手続きをするよりは、ディーラーの分割払いやカーローンの方が手間がかからないという判断をされる方も多いようです。 Ano1さんの書類に加えて、カタログ・パンフレット類、自動車保管場所確認書(新規購入の場合)、(収入の証明できるものは、連帯保証人も求められることがあります。 )などが必要になる場合もあります。 また、借用書の取り交わしのときには、借受人と連帯保証人の印鑑登録証明書が必要です。 また制度の性格上、世帯に対する貸付になりますので、世帯全員の収入などを説明して、通常世帯主(収入のある人)が借受人になります。 車種や排気量などの制限もあります。 車いすを積むといっても、やたら大きい自動車... Q 友達のお父さんが名古屋にすんでいて(免許はもっていません)友達は茨城にすんでいます。 お父さんは心臓にペースメーカーが入っていて、障害者1級をもっているそうです。 車の購入(ホンダ、ストリーム等)を検討しているのですが、こういう場合、お父さん名義で購入したほうがよいのでしょうか?免税があるとか?購入時に税金がかからないとかききましt。 お父さんは普通に働いていて、収入もあります。 来年頃には茨城にかえってくるのですが、その前に茨城の方で車の購入を考えています。 どういう様にしたら、いいでしょうか?一番お金がかからなくて、スムーズな方法おしえてください。 登録をだれにするか?名古屋の方で登録をした方が言いのかなど、わかる方いらしたらお願いいたします。 A ベストアンサー 無税になるのは、毎年春に払う自動車税と 購入時に払う自動車取得税が無税になります。 で、誰名義で買うのがいいかというと、1級 なら介護人名義でもたしか無税になります。 3級くらいだと、介護人名義では無税になら ず本人名義でないと無税になりません。 これは3級なら本人でも車運転できるだろう !っていう考えだと思います。 この変の線引きはとある表が県税事務所に 用意してあるのでそこに聞くのが確実です。 でも本人名義ならまず間違いないです。 一番お金がかからなくて、スムーズな方法は 本人名義で買う方がいいですよ。 typbc017さん からしてみれば本人じゃまずい!っていうこと はないでしょうから。 茨城で車購入するときにお父さんの障害者手帳 を販売店に提示すれば本人がいなくても平気だ と思います。 理由は寝たきりの障害者も世の中 にはたくさんいますから。 その介護のために 同居人が買う!っていうのは多々あるケースで す。 俺の母親も障害者3級なので母親名義の車 1台分は春の自動車税は無税になっています。 ただ自動車税は毎年納付書送られてきますので それをもって県税事務所で手続きしないと無税に なりません。 それを毎年やるわけです。 今、購入すると月割りで自動車税を払いますが 月割り分はたしか払います。 で、19年春に課税 される自動車税はその手続きを毎年すれば無税に なります。 無税になるのは、毎年春に払う自動車税と 購入時に払う自動車取得税が無税になります。 で、誰名義で買うのがいいかというと、1級 なら介護人名義でもたしか無税になります。 3級くらいだと、介護人名義では無税になら ず本人名義でないと無税になりません。 これは3級なら本人でも車運転できるだろう !っていう考えだと思います。 この変の線引きはとある表が県税事務所に 用意してあるのでそこに聞くのが確実です。 でも本人名義ならまず間違いないです。 一番お金がかからなくて、スムー... Q 私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。 主治医からはまだ働くのは無理と言われました。 そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。 主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。 因みに月約十万障害年金をもらっています しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。 ネットでは2級で働いている人もいる。 働いて問題ないとの意見もありました。 主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌から探してバイトをしてもいいのでしょうか?そうすると情報が主治医や職安や年金事務所に伝わるんでしょうか?その結果3等級に落ちるのでしょうか?例えばれなくとも法律的に2級のまま働くのはいけないんでしょうか?そして、その後の更新日 来年 に主治医に報告が必要になるんでしょうか?その場合主治医との約束違反になります。 働いていないと言ってもいいんでしょうか?しかし役場には情報が入ってるでしょうし、主治医にも情報がいくのでしょうか?因みに更新日までには治して等級が下がっても、受給停止になっても正社員で働きたいと思っています。 とにかく今は切羽つまった状態で困っています。 乱文で申し訳ありませんが教えて下さい。 私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。 主治医からはまだ働くのは無理と言われました。 そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。 主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。 因みに月約十万障害年金をもらっています しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。 ネットでは2級で働いている人もいる。 働いて問題ないとの意見もありました。 主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌... A ベストアンサー どの障害でも同じですが、障害基礎年金2級の認定基準に該当しないと再認定時の診断書によって判断された場合は3級がありませんので支給停止になります。 2級の認定基準は、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。 とされていますので、継続した労働が可能になれば障害は改善したと判断される事になります。 仕事をする(した)、しないではなく、障害の状態が改善していれば支給停止になりますが、改善したかどうかを判断するのは年金機構です。 ですので、再認定時の診断書の内容にもよりますが、支給停止になる可能性はあります。 仮に、障害の状態が改善した場合は2級の認定基準に該当しなければ、働かないでいても支給停止になります。 仮に支給停止になっても、将来万が一悪化した場合は「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて提出する事によって、支給再開を要求する事ができます。 無理し過ぎない程度に、主治医と相談しながらお仕事なさってくださいね。 A ベストアンサー 到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。 nenkin109. jpg まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。 実際の初回支給日とは無関係です。 次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。 前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。 両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。 一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。 その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。 障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。 障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。 時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。 一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。 )の翌月になっています。 遡及しての支給はありません。 ポイントは、証書発行日付です。 この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。 したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。 なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。 質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。 その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。 初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。 その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。 そちらの書類の到着をお待ち下さい。 到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。 nenkin109. jpg まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。 実際の初回支給日とは無関係です。 次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。 前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し... A ベストアンサー こんにちは。 障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。 年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。 「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。 )に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。 20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」ではないケースもありえます。 たとえば、20歳前に社会人として就職し、厚生年金保険に加入した場合などです。 上述した印字がなければ、支給制限の対象とはならない通常の障害基礎年金(国民年金保険料を支払っており、かつ、20歳以降に初診日があるとき)か、もしくは障害厚生年金です。 すなわち、支給制限に該当しない障害年金の場合には、いくら給与所得があっても、支給制限には引っかかりません。 支給制限については、過去、私自身が下記に詳述してあります。 所得に関して、給与所得のほかにどういった所得がある場合に支給制限に該当するか、そして、その所得の合計額がどういう場合に該当するか、ということを、簡単な計算式で示してあります。 goo. php3? そのとき、もしも障害の等級(手帳の等級ではなく、年金の等級のことです。 手帳と年金とは全く個別。 )が軽減してしまっていると、より受給額の少ない級に落とされてしまったり、あるいは、障害年金を受けられなくなります。 障害年金については法改正があり、平成18年4月からは、「障害基礎年金+老齢厚生年金」という形で受給できるようになりました。 いままでは、老齢厚生年金を受け取れるような年齢になると、障害基礎年金を受け取り続けるか、それとも老齢厚生年金に変えるか、どちらかを選択しなければならなかったのです。 しかし、障害基礎年金を受給している障害者は、老齢厚生年金を受け取れる年齢になっても、引き続き、障害基礎年金を受け取れます。 これは、画期的な法改正ではないでしょうか。 なお、法改正後は、上記の場合、もし「老齢厚生年金」を受け取ると、「障害厚生年金」はストップになります。 但し、どちらを受け取るかを選択できます。 「老齢厚生年金の額」>「障害厚生年金の額」となる場合に限り、選択が生きてきます。 そうでない場合には、「障害基礎年金+障害厚生年金」のままでいたほうが無難でしょう。 「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」(国民年金法第30条の4)は、受給権者の所得が『「所得税法で定められた控除対象配偶者及び扶養親族の数」に応じて定められた限度額』を超える場合には、その年の8月分から翌年の7月分までの1年間、全額または2分の1が支給停止になります。 所得には、地方税法における都道府県民税の課税対象とならない所得は含めません。 これらは以下のとおりです。 逆に言いますと、以下のもの以外の所得があれば、所得として考慮されることになります。 つまり、支給停止を考えるときの所得にあたります。 データは少し古いのですが、平成15年8月から平成16年7月までの支給停止における所得制限額は、次のとおりでした。 現在もその額はほとんど変わりませんので、参考になさって下さい。 所得=a-(b+c) a:上記非課税所得以外の所得の額(退職金等も含む) b:地方税法における雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、配偶者特別控除 c:地方税法における障害者控除、老年者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除 こんにちは。 障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。 年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。 「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。 )に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。 20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」では... A ベストアンサー 年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。 つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。 なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます。 初回振込の直前には、年金振込通知書および年金初回支払額通知書が送られてきます。 そちらに記されるのが、実際の振込額です。 言い替えると、年金証書を見ただけではわかりませんし、誤解も招きやすくなります。 時効や支給停止になる場合であっても、年金証書には金額が記されることがあるからです。 ちなみに、私が経験した例では、以下のような流れになりました。 したがって、年金初回支払額通知書と年金証書とを突き合わせて、初めて、どのように年金が計算され、どのように実際に振り込まれるのかがわかります。 年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。 つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。 なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます... A ベストアンサー 遅くなりましてもうしわけありません。 友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。 1つに、地方自治体の問題があります。 地方自治体によって多少の差があるのだそうです。 例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。 しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。 それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。 補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか? 2つ目はNO2の方と同じでした。 つまりその病気と程度によるということです。 この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。 鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。 ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。 というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。 三つ目の可能性です。 つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。 という話でした。 例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。 5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。 そうしたら年金は不正受給にあたります。 あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、 障害者自立支援法というものです 障害者の自立支援には繋がらないからです。 5年のスパンだということは例えば あくまで例えばですが 重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。 とのことでした。 この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。 治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。 騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。 私からもどうぞ宜しくお願いいたします。 それではお互い寛解状態に入ることができますように。 ご回復を祈って・・・・。 遅くなりましてもうしわけありません。 友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。 1つに、地方自治体の問題があります。 地方自治体によって多少の差があるのだそうです。 例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。 しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。 それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。 補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか? 2つ目はNO2の方と同じでした。...

次の

障害者がお金を借りる。手帳を持っている人のキャッシング

キャッシング 障害 者

このサイトでは、キャッシングを中心に障害者の方がもお金を借りる方法についてまとめました。 お急ぎの方はこちら お金が必要な時って、色々ありますよね。 障害があってもなくても、生活費にお金がかかるのは同じですから。 世間では障害者は電車や映画の割引、障害者年金など色々恵まれてると思われがちですが、そんなことないですよね。 給料が安かったり、収入が低かったりするので、生活が大変だということはあまり知られてませんから。 公的な支援はありますが、それらはお金の使用目的を制限されたりと、自由に使えないのが現実です。 そこで、このサイトでは、民間のキャッシングを中心に、障害者の人がお金に困った時に利用できるお金のサポート情報をまとめてみました。 プロミス 唯一女性専用窓口が設けられているのがプロミスです。 WEBからであれば最短即日融資も可能。 郵送物なしで契約できるほか、 カードなしでもキャッシング可能で紛失するおそれがありません。 利用限度額が50万円以下ならわずらわしい収入証明書が不要で、はじめて利用する場合は30日間の利息が無料となっています。 カードレスでキャッシングができる=スマホやタブレットからキャッシングができる、ということなので、 仕事や出先で店まで行くには時間がかかる…ということもありません。 三菱UFJ銀行カードローン 銀行ならではの低金利で、しかも1000円単位からお金を借り入れることができます。 利用限度額200万以下なら収入証明書がいりません。 提携コンビニATMで利用すれば手数料が0円。 さらに 最小返済額も1000円から設定することができますので、急な体調不良や症状の悪化に伴う休業のときも安心です。 アコム お金を借りるまでに時間をかけていられないときはアコムを利用しましょう。 ネットやATMから24時間いつでも借入・返済が可能ですので、自宅にいてもOK。 またカードを受け取らなくても、 契約完了メールが確認できた段階で振り込みによるキャッシングができます。 うっかり返済を忘れていても、メールでお知らせしてくれるサービスでサポートしてくれます。 お金を借りたいとき健常者にとってはこなせることでも、障害者にとっては大きな壁となることがあります。 例えば申込ひとつをとっても、 少し前までは店まで行く手間もかかるし、手続きも面倒で…泣く泣く諦めていた方が多いようです。 ここではそんなお金を借りるときの問題をピックアップして、現在はどのような対応が取られているのかご紹介しています。 足が不自由で外出できないとき WEB完結申込ができるカードローンを選びましょう。 一昔前までは、お金を借りるときには審査に必要な書類を持って店まで行って、難しい契約をして、…という流れが一般的でした。 いまでは 電話や郵送物もなく、即日融資も可能なカードローンが増えてきています。 またPCやスマホが使える方は、 WEBから預金口座に直接振込ができるカードローンであれば、いつでも自由にキャッシングが可能です。 目が見えないので、申込のやりとりができないとき まずは各カードローンにフリーコールに連絡してみましょう。 電話で連絡の後、すぐに借り入れができるかどうか応えてくれる貸金業者も増えました。 その後電話にて審査結果の連絡や入会手続きができ、あとは必要書類を送付するだけで手続きが完了します。 ただ、 入会申込書などの作成の際は記入欄があります。 点字の申込書を用意している貸金業者は現在までに確認できていませんので、全盲の方がきちんと契約書を読んで、納得して申込に至るまでには至りません。 また、借り入れたあとのお金の管理が自力でできなかったり、返済の際にも自分ひとりでは手が回らなくなってしまうケースが多いようです。 どうしてもお金を借り入れたいときには、 家族や介助者などの許可を得て、契約や管理のときには同席してもらうなとが必要になってきます。 耳が聞こえないので、在籍確認の電話が受けられないとき 電話連絡のない申込方法を選びましょう。 特定の銀行口座を持っていれば、WEB完結申込の場合電話や郵送などによる連絡がありません。 審査結果もメールで届きますので、会話の不自由な方でも安心して利用できます。 また本人確認書類もカメラアプリで撮影したものを送付するだけでOKのカードローンもあります。 障害者がお金を借りるとき、一番オススメできるのは このカードローンです。 SMBCモビット WEB完結申込であれば電話連絡がなく、審査結果もメールで届きます。 電話口の会話が不安な方でも、文章でのやりとりであれば安心です。 また郵便物でのやりとりがないため、お金を借り入れるまでがとてもスムーズ。 ネット上で入会の手続きが終わったら、そのまま借入ができます。 さらにスマホやPCから預金口座に直接振り込むことができますので、もう残高不足に困ることはありません。 障害者がお金を借り入れるとき、 「もしかしたら審査に落ちてしまうかも」と不安になる方は少なくありません。 確かに一昔前までは審査が厳しい、落ちる可能性が高いと言われていましたが、最近ではスマホからでも申込ができる時代です。 ここでは障害者がキャッシングする際、審査にどのような影響があるのかご紹介しています。 障害を理由にキャッシング審査に落ちることがあるのか? 結論から言えばほとんどの場合ありません。 各貸金業者は、 「安定した収入と返済能力があるかどうか」を重視して審査しています。 例えばアルバイトやパートの方であっても、積極的に融資をしているカードローンもあるくらいです。 また、 一定の限度額までであれば収入証明書が必要ない場合もあります。 身体障害者である場合でも、 収入があることとそれが安定していることさえ証明できれば、お金を借りることは十分可能です。 各カードローンを比較して、自分の状態にあったものを探すことがポイントです。 障害者の人がキャッシングできないケースは?• 障害が重く、障害者年金を受給している場合 障害者年金のみの収入ではお金を借り入れることはできません。 全盲で、自力で契約書を読んで理解できない場合 介助者の協力があったとしても審査に通らない場合があります。 その他、意思疎通が困難である場合や、収入がない場合など 借りる本人が契約を理解すること、安定した返済能力があることが大前提とされています。 以上の場合を除いて、例えば「あなたは手が不自由なのでキャッシングはできません」というような結果になることはありません。 障害者年金を受給していても、まとまったお金が必要になった場合があります。 そんなとき、障害者年金を担保に消費者金融や銀行からお金を借り入れることはできるのでしょうか。 障害者年金を受給しながらお金を借りる方法 年金を担保にお金を借り入れることは国の法律によって禁止されています。 また、銀行や消費者金融のカードローンでも、 原則的に無担保・無保証人でお金を借りれるようになっています。 障害者年金を受給しているほかに安定した収入がある場合には、健常者と同じように融資を受けられるというわけです。 このことを考えると、年金を担保にお金を借りる、というのはなんだか怪しく感じてしまいますね。 年金担保貸付事業とは? そもそも「年金を担保にお金を融資する」というのは、日本では• 「独立行政法人福祉医療機構」• 「株式会社日本政策金融金庫」 以上2つ業者が行っている 「年金担保貸付事業」でしか認められていない制度です。 これら以外で年金を担保にしていたり、 斡旋金や手続き金を求めてくる業者=悪徳業者ですので、注意して申込を行ってください。 申し込み方法 各業者に年金証書などの必要書類を提出し、手続きを行います。 メリット• 手続きや審査はそう難しくありません。 一般的な金利に比べると非常に低金利なので返済の負担が軽減されます。 借りたお金の使用用途は自由です。 デメリット• 年金受給者のみが借りられるお金です。 借入の名義は「年金の受給者本人」となるので、受給者本人の十分な理解が必要になります。 連帯保証人が必要です。 返済は年金によって優先され、返済が終わるまで年金を受給できません。 まとめ:障害者年金だけではキャッシングはできません 障害者年金を受給している場合、銀行・消費者金融からの融資を受けることはできません。 ただし、年金を担保に貸付を行っている企業が日本に2つだけあります。 手続きは簡単で、低金利なので利用しやすいのですが、あくまで借り入れの名義は「受給者本人」。 借り入れの際には十分な理解をして、さらに連帯保証人にも条件や制度を把握してもらうよう心掛けてください。 また、 返済が終わるまでは年金を受給することができないことにも留意しておきましょう。 銀行や消費者金融などにかかわらず、一般的なカードローンでは基本的に安定した収入がないとお金を借りることはできません。 無収入の障害者がお金を借りる場合には、公的制度である 「生活福祉資金貸付制度」を利用する方法があります。 生活福祉資金貸付制度とは? 生活福祉資金貸付制度とは、 低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯向けの資金貸付制度です。 低所得者の経済的な援助や、高齢者の在宅福祉、障害者の介助、また社会復帰を目的としています。 この制度の資金の種類は大きく分けて4つに分類され、各世帯状況によって利用できる制度が異なっていますので、申込の際には注意が必要です。 厚生労働省のホームページ: 生活福祉資金貸付制度のメリットは?• 連帯保証人を立てる場合、 無利子でお金を借り入れることができます。 連帯保証人を立てない場合であっても、 非常に低金利(年1. また、借金を抱えていたり、生活保護を受けている場合でも貸付を受けられます。 生活福祉資金貸付制度のデメリットは?• 借り入れまでに1か月ほど時間がかかるため、即金でお金を借りることはできません。 「世帯の生活総合支援制度」なので、 民生員やケースワーカーの指導が入ります。 多額の借金がある場合には債務整理を行うよう勧められます。 生活保護など他の福祉制度が利用できる場合、そちらを優先されます。 すでにこの制度の連帯保証人になっている場合は利用することができません。 他にも貸付を受けられる世帯の条件が厳しくなっていますので、障害者がひとりでお金を借りる方法としてはかなり負担のかかる制度となっています。 まとめ:お金だけ借りられるわけではないけど、うまく利用したい制度 貸付を受けられる世帯条件がかなり制約されていることもあり、この制度自体の知名度はまだそこまで高くありません。 受給できたとしてもお金を借りれるだけではなく、生活指導や民生委員の訪問があります。 身体障害者である場合には心強いことも多いかもしれませんが、お金だけを借りたいという場合にはハードルの高い制度となっています。 ここまで障害者がお金を借りる様々な方法についてご紹介してきました。 障害者の受けられる公的支援制度には条件・制約が多く、自由に体を動かせない方がひとりで手続きをこなすには大きな負担がかかるものも多いです。 介助人や家族の助けがない場合には、 自宅から申込ができる銀行や民間の消費者金融カードローンの利用を視野に入れてみてください。 公的制度に比べ金利が高く、返済時負担が大きくなるというデメリットは確かにあります。 しかし、審査スピードやサービスの利便性、何よりお金を借りるまでの時間がほとんどかかりません。 長期に渡って安定した収入があり、自分自身で契約内容を理解できる場合には、まずは「方法を知ること」が重要です。 もちろん助けがあったり、公的制度を利用できる場合にはそちらを優先するようにしてください。 今以上の負担を抱える必要はどこにもありません。

次の