カルコン dc。 キャンプ&フィッシングの付録:20エクスセンスDCSS・20メタニウム・20カルコンDC入荷してます!

カルカッタ コンクエスト DC[CALCUTTA CONQUEST DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

カルコン dc

向かい風で大型プラグを投げるようなシュチュエーションが多いならDCは役に立つ。 今の200DCは2代目で、初代よりロープロファイル化するためにスプールの幅が広がった。 これにより若干ではあるが、ラインの放出抵抗が増える。 DCはスプールの中に電子制御装置が内蔵されているため、当然ノーマルコンクエストよりもスプールは重くなる。 ノーマルコンクエストはフレッシュウォーター専門とカタログ表記されているが、ベアリングの交換は簡単にできるので、海水対応のSA-RB(スーパーアンチラスティングボールベアリング、1個 1200円)にすれば問題なし。 どんなリール(海水対応表記でも)でも、特にベイトリールは使用後しっかり塩抜きしないと錆びる。 海水OKリールでも機構はベアリングくらいしか変わらない。 アンタレスのマグネシウムスプールでさえ、無傷なら錆びない。 DCを海で使用するなら、年に最低一回はメンテに出さないと、塩噛みでブレーキが効かなくなる。 真水のみなら頻度は少ない。 DCはデジタルコントロールです。 スプールが高回転なほ強く効き、回転が遅くなると弱くなるといったブレーキです。 それに対し、DCはスプールの回転を検出して、プログラムによって回転に対して適正なブレーキをかけるといった方式で、こちらはマグネットブレーキの部類に入ると思います。 実際、磁力での制御なので。 アナログでは高回転時に強く効きすぎたり、逆に低回転時に効かなくなりすぎたり・・・といった点を、DCでさせた改善する事で、飛距離の向上と、バックラッシュの減少を両立させました。 SVSのリールとカルコンDC使ってますが、設定さえ決まれば、DCは非常に楽なリールです。 ただ、設定が決まらなければ 風が安定しないときや、常に移動で向きが変わる場合等 、常に小さいバックラッシュが起きます。 それを防ごうとすると、ブレーキ効きすぎになったりします。 SVSでも同様なのですが、その辺の対処はSVSの方が楽です。 で、自分の経験上ですが、バックラッシュしたときは、DCの方がひどくなりやすいです。 DCで大きいバックラッシュをするときは、ほぼ、ブレーキ0の状態ですので。 シーバスに使えるかは、自分はシーバスはほとんどやらないので触れられませんが、飛距離に関してDCは良いのですが、ノーマルの方はちょっと足りないかもしれません。 DCでも足りないかも。 パワーなら十分です。 コンクエストはソルト対応です。 中古や古い在庫品を買わない限りは、ソルトでも普通に使用可能ですよ。

次の

19カルコンDC200のハイギア化 前編【19カルカッタコンクエストDC200】【ハイギア化】

カルコン dc

向かい風で大型プラグを投げるようなシュチュエーションが多いならDCは役に立つ。 今の200DCは2代目で、初代よりロープロファイル化するためにスプールの幅が広がった。 これにより若干ではあるが、ラインの放出抵抗が増える。 DCはスプールの中に電子制御装置が内蔵されているため、当然ノーマルコンクエストよりもスプールは重くなる。 ノーマルコンクエストはフレッシュウォーター専門とカタログ表記されているが、ベアリングの交換は簡単にできるので、海水対応のSA-RB(スーパーアンチラスティングボールベアリング、1個 1200円)にすれば問題なし。 どんなリール(海水対応表記でも)でも、特にベイトリールは使用後しっかり塩抜きしないと錆びる。 海水OKリールでも機構はベアリングくらいしか変わらない。 アンタレスのマグネシウムスプールでさえ、無傷なら錆びない。 DCを海で使用するなら、年に最低一回はメンテに出さないと、塩噛みでブレーキが効かなくなる。 真水のみなら頻度は少ない。 DCはデジタルコントロールです。 スプールが高回転なほ強く効き、回転が遅くなると弱くなるといったブレーキです。 それに対し、DCはスプールの回転を検出して、プログラムによって回転に対して適正なブレーキをかけるといった方式で、こちらはマグネットブレーキの部類に入ると思います。 実際、磁力での制御なので。 アナログでは高回転時に強く効きすぎたり、逆に低回転時に効かなくなりすぎたり・・・といった点を、DCでさせた改善する事で、飛距離の向上と、バックラッシュの減少を両立させました。 SVSのリールとカルコンDC使ってますが、設定さえ決まれば、DCは非常に楽なリールです。 ただ、設定が決まらなければ 風が安定しないときや、常に移動で向きが変わる場合等 、常に小さいバックラッシュが起きます。 それを防ごうとすると、ブレーキ効きすぎになったりします。 SVSでも同様なのですが、その辺の対処はSVSの方が楽です。 で、自分の経験上ですが、バックラッシュしたときは、DCの方がひどくなりやすいです。 DCで大きいバックラッシュをするときは、ほぼ、ブレーキ0の状態ですので。 シーバスに使えるかは、自分はシーバスはほとんどやらないので触れられませんが、飛距離に関してDCは良いのですが、ノーマルの方はちょっと足りないかもしれません。 DCでも足りないかも。 パワーなら十分です。 コンクエストはソルト対応です。 中古や古い在庫品を買わない限りは、ソルトでも普通に使用可能ですよ。

次の

カルコン200HG 遠投仕様 ~最終 UP DATE~

カルコン dc

技術的に特筆すべき点はない 19カルカッタコンクエストDCですが、仕様的には特に真新しいところはない。 形はカルカッタコンクエスト200とほぼ同じ。 DCブレーキはI-DC5というメタニウムDCやスコーピオンDCと同じ物が採用されている。 DCでちょっと違うのが 「W(ウインド)モード」というモードがあり、強風時にここにセットするとバックラッシュなしで投げられるようです。 まあ単にブレーキが強くかかるというだけのような気はしますが、、。 スプールはMGLスプールが搭載されている。 これは第二世代?のMGLスプールなのでこれも特に新しいものではない。 という感じで今回のカルコンDCのために新しくなったものはない。 現行のカルコン200にDCを入れて自重が260gになった。 DCの分20g重くなったリールという印象です。 その他スペックはこちら 品番 ギア比 最大ドラグ 自重 スプール寸法 ナイロン糸巻量 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング 価格 200 RIGHT 4. 8 6. 8 6. デカくて重いイメージだったのですが、 意外とコンパクトでパーミングしやすかったですね。 260gの重さもあまり気にならない感じでした。 実際にロッドに付けるとまた印象が変わるかもしれませんが、ギリギリ使いこなせる重さではないかと思いますね。 フィッシングショーでリールを触っている動画はこちら。

次の