日本酒 飛露喜。 幻の日本酒【飛露喜(ひろき)】無ろ過生原酒という新しい潮流|たのしいお酒.jp

日本酒ネット定価販売55 十四代・而今・飛露喜|日本酒が好きだ!!

日本酒 飛露喜

start': new Date. getTime ,event:'gtm. googletagmanager. parentNode. q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. title ; ga 'send', 'pageview' ; 1999年の大ブレーク以来、高い人気を維持し、今なお入手が困難な人気酒のひとつである福島県・廣木酒造本店の「飛露喜」。 市販酒のナンバーワンを決める「SAKE COMPETITION」では、2012年の第一回で純米酒部門1位に輝いて以来、繰り返し10位以内に入賞している銘柄です。 しました。 常に日本酒業界のトップランナーとして走り続ける、「飛露喜」の酒造りに迫ります。 蔵の危機を救った「無濾過生原酒」 江戸中期創業で200年の歴史を誇る廣木酒造本店。 現在の蔵元杜氏である廣木健司さんが9代目を継いだのは1997年のことです。 1994年に修行先から蔵に戻ってきた廣木さんは、長年赤字続きで先細りが続く蔵の経営状況を目の当たりにしました。 蔵の内情を教わりながら、建て直しに向けて模索を始めようとした矢先の1997年に、先代が58歳の若さで急逝。 廣木さんは廃業を覚悟したそうですが、その翌年に廣木酒造本店の苦境がテレビで全国放送されます。 それを偶然見ていた都内の有力酒販店の店主が「応援するからうまい酒を造れ」と、廣木さんに連絡をくれました。 さっそく、当時人気のあった新潟のお酒を意識して造った酒を送ることに。 しかし、「この味では勝負できない。 新潟の実力蔵の真似をしても意味がない」と一刀両断されてしまいます。 翌年の1999年、いくつか造った酒の中から、廣木さんが一番納得した無濾過生原酒を酒販店に送ったところ、「これを売ってみるから送ってほしい」との返答がありました。 すると、そのお酒はあっという間に評判を呼び、追加注文が止まらない事態に。 さらに、噂を聞きつけた全国の地酒販売店からも注文が入り、用意した2,000本のお酒が完売しました。 廣木酒造本店 蔵元杜氏の廣木健司さん これが「飛露喜」の大ブレークのはじまりです。 「当時、無濾過生原酒を看板にする酒蔵はありませんでした。 だから、"生まれたばかり(搾ったばかり)の初々しい生酒"は、『飛露喜』のキャッチフレーズになったんです」と、廣木さんは振り返ります。 生酒から火入れ酒へ 翌年以降も造れば売れる状態で、うれしい悲鳴が続きます。 しかし、販売量が増え、販売期間も伸びていくにつれて、廣木さんは考え込むようになりました。 「生酒だから酒販店の冷蔵庫で管理してもらえるとはいえ、やはり時間の経過とともに変質してしまう。 香りや味が変質した生ひねの酒は私も苦手。 火入れ酒は生酒以上に造り手の実力が出るため、ハードルは高いがやるしかない」 このように考えた廣木さんは、生酒から火入れ酒にシフトすることを決めます。 そのためには、品質を大幅に引き上げなくてはなりません。 そこで、無濾過生原酒が売れて得た利益をどんどん設備投資に回すことにしたのです。 2000年半ばから数年かけて実施した設備投資は多岐に渡ります。 その中でも、力を入れたのは原料処理の工程でした。 洗米では、気泡で洗う最新機をいち早く導入。 洗った後、わずかに残った糠を除去するためのシャワーがけも自動でできるようにしました。 専用の脱水機で水を切った後は、ストップウォッチを使って限定吸水に移ります。 米は12キロごとに小分けして処理。 同じ作業を繰り返し、目標に対しての吸水率はコンマ2~3%の差しか出ない体制を整えました。 米を蒸す甑も最新のものに入れ替え、仕込みタンクはすべてサーマルタンクに。 火入れ後は冷蔵庫に入れて保管しますが、タンクの増設と冷蔵庫の増設を連動させながら生産量を増やしてきました。 醪は袋に入れて積み上げる槽で搾りますが、槽を2台そろえて、理想のタイミングで搾れるようにしています。 「1台でもできないことはないですが、搾りたい日に槽が埋まっていて、仕方なく翌日に搾ることで味が微妙に変わるのを防ぐためです」と、廣木さん。 また、設備投資と並行して、常に最高のお酒を造るために廣木さんはある決断をしました。 それは、麹米に使うお米を山田錦に統一することです。 「麹米を山田錦に絞った最初の理由は、いろいろな酒米で麹米を造って、個性あるお酒にするほどの腕がなかったから。 ところが、繰り返し造っているうちに山田錦の麹の素晴らしさに魅せられました。 弾力性のある手触りがなんとも言えず、思わずうっとりしてしまう。 そこで、このまま麹造りは山田錦だけにしようと決めたのです」 掛米は、蔵から20キロ圏内で収穫される五百万石を使用。 これにより、地酒を表現することにしています。 「常に変わらない味」にこだわる 酒質を向上させるとともに、廣木さんがこだわったのは再現性です。 「何度飲んでも『飛露喜』の味が変わらないこと」を目標にして、1回の仕込みに使う米の量は1. 25トンに統一。 甑で蒸す米の量も毎日同じにして、蒸しあがり具合も限りなく同じになるように配慮しています。 「原料処理と蒸しを完璧にすれば、後の工程で修正を加えなくても再現性がぐんと高まります」と、廣木さん。 そして、同じ品質の酒を、一年中出荷し続けるための切り札が「ブレンド」です。 廣木酒造本店は複数の酵母を使っていますが、同じ仕込みタンクで複数の酵母を使うと、酵母同士がせめぎあい、味わいが微妙に変わってしまう恐れがあります。 そこで、仕込みごとに単独の酵母を使って酒質を安定させ、搾った後にブレンドすることにしたのです。 たとえば、特別純米酒の場合は、きょうかい9号酵母のお酒を2本、きょうかい10号酵母のお酒を2本造り、その4本をブレンドしてから瓶詰めをしています。 2010年には、造りの改革はほぼ完了しました。 無濾過生原酒の出荷期間も圧縮し、火入れ酒の通年出荷へ移行。 こうした取り組みから、「『飛露喜』はいつ飲んでも変わらず上質だ」という飲み手からの評判を獲得しています。 このような改善を積み重ねた結果、「飛露喜 特別純米 生詰」が2012年の「SAKE COMPETITION」純米酒部門で1位を獲得したのです。 「市販酒が対象で、審査員のレベルも高くて最も信頼しているコンペティションで頂点に立てたので、自分たちが取り組んできた改革の方向性は間違っていなかったと確信した瞬間でした。 受賞して以来、造りの修正はほんのわずかです」 以降、10位以内の常連となり、今年は純米吟醸酒部門でも「飛露喜 純米吟醸」が1位を獲得しました。 「うちのお酒は甘さも香りも純米吟醸酒にしては抑えめなので、1位は難しいと思っていましたから、驚きの結果でした。 それでも数多ある美酒の中でトップに立てたのはうれしいですね」と、廣木さんは微笑みながら話してくれました。 "王道の酒"を目指して この10年、若手蔵元がセンスあふれるお酒を次々と商品化して、話題になることが増えてきました。 個性ある甘味や酸味、香りを駆使して人気を博すお酒もどんどん登場しています。 そのような市場動向において、「飛露喜」はなにを目指しているのでしょうか。 「数多ある日本酒の基準となる"メートル原器"のような酒です。 日本酒の味わいを表現する縦横のマトリックスであれば、ちょうど2本の線が交わるど真ん中をねらってます。 味わいとしては、モダンな要素もありつつ、クラシカルな部分を根幹に残したものですね」 甘口でも辛口でもなく、香りも酸味も抑え目で、どんな食事とも相性がよくずっと飽きずに飲める酒。 廣木さんが目指すのはわかりやすいぐらい王道の酒でした。 「飲み手が新しいお酒を飲んで味わいのポジションを確認したい時に、『飛露喜』と飲み比べると一番よくわかる、と言われるのが一番の褒め言葉です」と語る廣木さん。 酒造りを極め続ける情熱でも、トップレベルだと感じました。 取材・文/空太郎 この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます•

次の

【福島】『飛露喜』の特徴・種類・歴史・飲み方・味わい!

日本酒 飛露喜

Contents• 十四代 白雲去来・中取り大吟醸• 全て税込• 1・2セットは全て1800ml• 3・4セットは全て720ml 全て12セットずつ 1セット• 十四代 中取り大吟醸 11,795円• 喜久泉 雫絞り大吟醸 11,472円• 鳳凰美田 大吟醸原酒 11,000円 総額34,267円 2セット• 而今 純米吟醸 山田錦 火入れ 3,690円• 鳳凰美田 純米大吟醸 夢さらら 3,740円• 新きらめき燦然 純米大吟醸 雄町50 3,850円 総額11,550円 3セット• 十四代 白雲去来 11,760円• 来福 純米大吟醸 超精米8% 12,222円• 名張 11,000円 34,982円 4セット• 而今 純米吟醸 山田錦火入れ 2,090円• 田酒 山廃純米吟醸 1,951円• 飛露喜 純米大吟醸 2,987円• 雨後の月 純米吟醸 愛山 1,980円• クラシック仙禽 亀の尾 生酛 1,800円 10,808円 急に十四代がきた!! 「急にボールがきたんで・・・・」 というサッカー選手の言葉が蘇ります。 急に十四代が発売される時に必要なのは判断力・決断力・資金力です。 今回は昼の12時半という絶好の時間の発売で 白雲去来30,000円とこれも絶妙な価格でした。 今年はプレミア酒は定価単品の時だけ買うと決めていただけに 迷いに迷っている間に売り切れました。 仕事モードの時にいきなり 「十四代3万円で買う?」 と言われても普段からイメージトレーニングをしておかないと、なかなか対応できません。 而今は1時間近く残っていました。 こちらは恒例のキャッチアンドリリースが成功しました。 而今1 而今2 今後も十四代・而今は大量に市場に出てくるはずです。 チャンスを確実にものにできるようなりたいものですね。

次の

日本酒・飛露喜(ひろき)の魅力|実は十四代のおかげで廃業回避!?

日本酒 飛露喜

同梱配送も可能です。 下記本数まで、1個口の送料でお届けいたします。 8Lの場合・・・6本まで• 720ml 900ml の場合・・・12本まで• 8Lと720ml 900ml の場合・・・6本まで• ご贈答としてお使いの場合は、商品カテゴリの「」より 『ギフト箱』 有料 をお選びいただき、 カートにいれてください。 ご自宅用にお買い上げいただく場合は、 清酒用プラスチックケース、または、リサイクル箱(使用済み段ボール箱)での発送となりますのでご了承ください。 清酒用プラスチックケースは、お近くのお酒屋さん・酒類ディスカウント店さん等へご返却ください。 プラスチックケースの返却にお困りの場合で使用済み段ボール箱での発送をご希望の場合は、ご注文画面の【備考欄】に 「リサイクル箱希望」とご記入ください。 納品書について• 当店では、省資源化への寄与と個人情報保護の観点から、 お客様のご希望が無い限り納品書は発行しておりません。 ご希望のお客様に限り、納品書を商品に同梱してお送りしますのでご了承くださいませ。 納品書をご希望の方は、ご注文画面の【備考欄】に 「納品書希望」とご記入ください。 送料無料について• 配送先が1ヶ所で、送料無料商品のみを購入された場合、配送料を無料とさせていただきます。 ただし、北海道は1個口あたり1,000円(税込)、沖縄は1個口あたり2,000円(税込)とさせていただきます。 送料無料商品でクール便(冷蔵)をご希望の場合、 別途360円(税込)を加算させていただきます。 送料に変更があった場合は料金をメールにてご連絡いたします。 当店では1本〜2本ご購入の場合は、別途専用箱代金が必要となります。 商品代と別途下記の料金が加算されますのでご了承ください。 1800ml 1本のご注文: 180円(税込)• 1800ml 2本のご注文: 270円(税込)• 720ml・その他 1本のご注文: 150円(税込)• 720ml・その他 2本のご注文: 210円(税込) ご注文後に金額の修正が発生する場合がありますので、当店からのメールをご確認ください。

次の