ネバネバ 野菜。 ゴールデンウィークはネバネバ野菜や夏野菜植え付けの適期です。 | わかさの快適シニアライフ

ネバネバ野菜の種類と効能|オクラ以外にもこんなにあった!

ネバネバ 野菜

古くから食べられている野菜で、葉の部分を食用としミネラルが豊富の人気野菜です! モロヘイヤの名前は、エジプト語で 「王家の野菜」という意味だそうです。 w  ̄o ̄ w オオー! さすが~! 最大の特徴は、茹でたり葉を細かく刻んだりするとネバネバする定番野菜です。 このネバネバのとろみの成分は「ムチン」。 胃の調子を整え、消化を助けて 夏バテ防止の効果もあります。 他にもカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。 定番の葉物野菜が暑さで元気がなくなる頃~ 次々に新芽を伸ばし続ける生命力満点のモロヘイヤ~栽培してみませんか? 日本では比較的まだ新しい野菜ですが、 エジプトや熱帯アジア地帯では、夏バテ防止にスープ料理が多く食べられています。 <種まき時期> 寒冷地:5月中旬~6月初旬 一般地:5月初旬~6月中旬 暖地:4月下旬~6月下旬 *ポットなどにタネまき用の培土を入れ、土を湿られます。 タネを2~3粒まいたら覆土をし、上から軽く土を押さえます。 定植するまでに1本に間引きを行います。 <植え付け時期> 本葉5~6枚になったら定植をします。 <摘芯> 草丈が30cm程度で摘芯を行い、側枝を出させます *ほっておくと~1メートルから2メートルほどの草丈になってしまいます。 摘芯を行い、わき芽を育ててこんもりと仕立てるのがコツ。 極端に乾燥するようならば、水やりもたっぷり行ってください。 <開花時期> 10月以降になると、気温も低くなり~日照時間も短くなってくると~ モロヘイヤにも・・お花が咲いてしまいます。 お花が咲き始めたら、収穫時期終了です!! 何故って?それは・・ 注意:モロヘイヤの「種子」には強心作用のある成分が含まれ、 めまいや嘔吐などの中毒を起こします。 <モロヘイヤのサヤ> タネに有毒物質があるので莢は食べないようにしてください。 家庭菜園などで栽培される場合には、 開花後の収穫には、十分注意し種や莢(サヤ)が混入しないようにしましょう~! (私は怖いので・・お花が咲いたら~花を摘み取り、 莢(サヤ)が着かないよう注意しながら収穫をし、 莢(サヤ)が着いてしまったら今季終了としています) 葉物野菜が少なくなる真夏の中、 食卓を鮮やかなグリーンで彩ってくれるモロヘイヤ。 今のうちに出来ることをしっかり対策しておきましょう。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

「ネバネバ」はえらい!粘り食材で暑さバテ対策!|元気通信|養命酒製造株式会社

ネバネバ 野菜

つるむらさきについて つるむらさき(蔓紫)は、東南アジアや中国南部などで広く栽培されており、2000年も前から食用として親しまれていた野菜です。 原種は茎が紫色ですが、現在では茎が緑のものが主流となっているようです。 つるむらさきは主に葉と茎が食用とされています。 葉はやや厚みがある丸みを帯びて柔らかく、茎は独特のぬめりと香りがあるのが特徴です。 つるむらさきは、とても栄養価が高いことでも知られています。 日本国内では福島、宮城、山形の東北3県で全国の約6割を栽培しています。 その他では徳島県、埼玉県、千葉県が続きます。 ハウス栽培も広く行われているために一年中流通していますが、収穫の最盛期は6月から8月。 代表的な夏野菜といえるでしょう。 つるむらさきの栄養素について つるむらさきは東南アジア原産のツルムラサキ科ツルムラサキ属の二年草で、葉と茎を食用としています。 特に茎は肉厚で、独特のぬめりがあるのが特徴。 旬は7月~10月の夏野菜です。 カロリーは100gあたり13kcal。 野菜の中ではトップクラスといわれているビタミンKの含有量で、骨にカルシウムを定着させる効果が期待できます。 不溶性の食物繊維は水溶性の食物繊維の約3倍多く含まれているので、便秘にも作用するとされています。 低カロリーな上に栄養価が高い為、ダイエットに最適な野菜と言えます。 つるむらさきを水洗いして葉と茎に分けておきましょう。 沸騰したお湯に塩とつるむらさきの茎を入れて中火で1~2分。 葉の部分を加えてさらに1分。 ザルにあげて氷水にさらし、水けを絞ります。 4cm幅にカットしてめんつゆを和えたら完成。 加熱しすぎると食感も彩りも損なわれるのでさっとゆでて冷水へ。 独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。 インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。 現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。 夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。 熊本県で最も多く栽培されています。 生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。 そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

ネバネバ野菜の種類と効能|オクラ以外にもこんなにあった!

ネバネバ 野菜

こんにちは、広報・ヨヨギのくらたです。 梅雨が明け、朝はセミが、夜はスズムシが一斉に鳴き始めました。 鮮やかなオレンジのノウゼンカズラも、歌うように楽しげに咲いています。 ノウゼンカズラの花言葉は「名声」。 かつてヨーロッパで勝者を讃えるために吹き鳴らしたトランペットに形が似ていることに由来します。 今週は、暑い日に食べたい!ネバネバ野菜をピックアップします。 つるつるの食感はそうめんや冷やしうどん、冷奴など、夏の冷たいメニューにぴったりですよね。 わたしも毎日のように食べています。 おすすめは天ぷら!オクラは収穫後も成長を続けていて、元気なオクラほど、先端の方からだんだん筋張り固くなっていきます。 お早めにお召し上がりくださいませ。 モロヘイヤ・・・アフリカ北部からインド西部が原産とされるアオイ科の野菜です。 さっとゆでておひたしや、スープなどに入れるととろっとおいしいです。 じつは茎も食べられます!今週のレシピ「 モロヘイヤと豆腐 とキュウリの 中華風サラダ」、ぜひお試しくださいね。 夏の終わりのモロヘイヤは、ごくまれにさや状の種がついていることがあります。 この種には毒があるため、食べないよう気を付けてください。 ツルムラサキ・・・東南アジア原産のツルムラサキ科の野菜です。 肉厚で、炒めても茹でても存在感があります。 別名「雲南百薬」といわれるほど栄養豊富。 最新記事•

次の