ラクラク メルカリ ビン ゆうゆう メルカリ 便 違い。 「らくらくメルカリ便」の送料は安いのか? 料金を比較してみた

「らくらくメルカリ便」の送料は安いのか? 料金を比較してみた

ラクラク メルカリ ビン ゆうゆう メルカリ 便 違い

フリマアプリとして有名な メルカリ メルカリには便利な匿名配送のサービスが2つあります。 らくらくメルカリ便と ゆうゆうメルカリ便 どちらも便利なサービスなのですが、発送出来るサイズや料金、発送出来る場所(お店)などが微妙に違うので、最初のうちはどちらを使おうか迷ってしまう人も多いと思います。 というか、私もその1人(^^;) …ですが、自分で両方使ってみたら、それぞれの特徴などがよくわかるようになりました。 この記事では、そんな2つの匿名配送サービスの違いについて比較。 わかったことをまとめました。 どっちで発送したら良いの?と迷っている人の参考になるようなことを書いたつもりです。 よろしければ、どうぞ~ 目次• らくらくメルカリ便とは? らくらくメルカリ便は、 ヤマト運輸の配送サービスを利用した匿名配送です。 (出展: メルカリHPより) 発送場所・発送方法 発送出来るのは、 ヤマト運輸の営業所 セブンイレブン ファミリーマート サークルK・サンクス の4か所です。 もしくは、 集荷により発送することも出来ます。 (配送料とは別に税込30円かかります。 またネコポスは利用不可です。 ) サイズ&料金 らくらくメルカリ便が利用するヤマト運輸の配送サービスは、具体的には、 ネコポス、 宅急便コンパクト、 宅急便の3つです。 サイズにより、利用出来るサービス、料金が異なります。 ネコポスの上限の方が大きいので、A4サイズぴったりの大きさのものは問題なく送ることが可能と考えて下さい。 また、上記の料金はらくらくメルカリ便の料金であり、通常のヤマト運輸の料金とは異なります。 通常のヤマト運輸の料金よりも安いケースが多いようですね。 160サイズを超える大型の品物に関しては、 大型らくらくメルカリ便というものがあります。 大型らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸に集荷に来てもらい、配送するという方法のみとなります。 詳しくは、メルカリのHPをご確認下さい。 ゆうゆうメルカリ便とは? ゆうゆうメルカリ便は、 日本郵便の配送サービスを利用した匿名配送です。 (出展: メルカリHPより) 発送場所 発送出来るのは、 郵便局 ローソン の2か所です。 サイズ&料金 ゆうゆうメルカリ便が利用する日本郵便の配送サービスは、具体的には、 ゆうパケット、 ゆうパックの2つです。 サイズにより、利用出来るサービスと料金が異なります。 このあたりはらくらくメルカリ便と同じです。 ゆうパケットの長辺は34cmまでなので、送る品物自体がA4サイズなら、梱包しても十分に入るということです。 (らくらくメルカリ便と同じ) また、上記の料金はゆうゆうメルカリ便の料金であり、通常の日本郵便の料金とは異なります。 なお、ゆうパックの説明の記述に出てくる、 はこポス受取とは、郵便局など所定の場所に設置されているロッカーを通じて受け取る方法です。 購入者がはこポス受取を指定しており、ゆうパックで送る場合は、所定のサイズ以下にする必要があります。 <スポンサーリンク> らくらくメルカリ便かゆうゆうメルカリ便か?決めるポイント。 以上のことなどを踏まえて、らくらくメルカリ便で送るか、ゆうゆうメルカリ便で送るか、決める上でのポイントをまとめました。 A4サイズ以下で厚さも重さもない小型のものを送る場合、一番安く送れるのは ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)です。 (税込175円) ですが、安いからと言って、本当にゆうゆうメルカリ便で良いのか、よく考える必要があります。 2つのメルカリ便は最大の違いは、発送出来る場所が違うことです。 らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸の営業所、セブン、ファミマ、サークルK・サンクス ゆうゆうメルカリ便は、郵便局、ローソン 郵便局やローソンが近くになく、行く機会もないのに、安さだけでゆうゆうメルカリ便にしてしまうと、いざ発送する時に面倒になったりします。 ですので、安さを選ぶのか、発送の利便性を選ぶのか、考える必要があるということです。 ちなみに、私は家の目の前にセブンイレブンがあるので、発送の手間を考えてらくらくメルカリ便を選んだりしていました。 A4サイズ以下の小型のものの場合、らくらくメルカリ便だと税込195円。 ゆうゆうメルカリ便との差額は20円ですからね。 あきらかにA4サイズよりは大きいけど、宅急便の60サイズよりは小さそう…という 中型のものを送る場合は、梱包後のサイズを測ってから発送方法を決めた方が良いです。 結構な差があることがわかります。 また、 実はA4サイズよりも若干大きくても、らくらくメルカリ便のネコポス(税込195円)やゆうゆうメルカリ便のゆうパケット(税込175円)で送れることもあります。 A4サイズなら問題なく入るサイズになっている訳ですからね。 らくらくメルカリ便にしておけば、いざ梱包してみたら最小サイズでは収まらなかった!という場合でも445円で済みますからね。 出品時に梱包してサイズを測るのは面倒でしたらかねー、売れるかどうかもわからないし。 メルカリ便を使う場合は、ヤマト運輸の営業所か、郵便局か、コンビニか、そのいずれかで発送手続きをすることになりますが… (集荷を除く) 実は、発送場所によって微妙に発送の手順が違います。 セブンイレブン以外は、それぞれのお店にある専用端末での操作が必要になります。 発送用の2次元コードを用意して、専用端末で操作して、レジや窓口へ…という流れですね。 セブンイレブンの場合は、2次元コードを用意したら、そのままレジへ持っていけばOKです。 ちょっとした違いではありますが、 専用端末での操作が面倒な人は らくらくメルカリ便を選び、セブンイレブンで発送するのが一番簡単です。 特に発送するものが複数個ある場合は、専用端末での操作があるかないかは大きいんですよね~… あとは、 自分が発送するのに利用するであろう店舗の混み具合を確認しておき、それによって決めるというのも大事だなと思います。 私の場合、郵便局は混雑している確率が非常に高いと思うので、避けるようにしています。 らくらくメルカリ便かゆうゆうメルカリ便か?ケース別まとめ。 らくらくメルカリ便にしたら良いか、ゆうゆうメルカリ便にしたら良いか、ケース別にまとめてみました。 主に、迷いそうなケースを中心にまとめてみました。 ・A4サイズ以下で厚さも重さもないものを一番安く送りたい= ゆうゆう ・集荷で送りたい= らくらく ・100サイズを超える大型の荷物を送りたい= らくらく ・A4サイズ以下で、厚さが2.5cm以上3cm以下= ゆうゆう ・A4サイズ以下で、厚さが2.5cm以下= どちらでも可 ・A4サイズより若干大きい= らくらく(ネコポスでいければ195円で済む、ダメでも宅急便コンパクトの445円で済む) ・大きさの割に重さがあるものを送る= ゆうゆう(25kgまでOKの為) 主なケースをまとめましたが、ケースバイケースなので、その都度しっかり確認する方が間違いないかとは思います。 まとめ 以上、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便について、サイズや送料などの比較でした。 メルカリのHPに書いてあることではあるのですが、わかりづらい部分もあるので、まとめてみました。 自分への覚書の意味もあったりしますが~ この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。 それにしても、メルカリってホント便利。 あまり活用していない時期もありましたが、今後も活用していけたらな~と思っています。 この記事を見て、これからメルカリを始めようという方がもしいましたら… メルカリには招待コードというものがあり、その招待コードを入力して新規会員登録すると、ポイントがもらえるくじがあります。 (入会者、紹介者ともにくじが引けます) 私の招待コードは、 SSTRBFです。 もしよろしければそちらもどうぞ^^ 読んで頂いてありがとうございました。 <スポンサーリンク> カテゴリー• 3 アーカイブ• 最近のコメント• に あやぞぅ より• に ほむ より• に あやぞぅ より• に より• に あやぞぅ より 最近の投稿• メタ情報•

次の

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違いは何?どっちがお得?比較一覧表まとめで違い&メリット・デメリットを詳しく解説:仕組み・サイズ・料金・特徴を知って便利な発送方法を選ぼう

ラクラク メルカリ ビン ゆうゆう メルカリ 便 違い

ゆうゆうメルカリ便の特徴 ゆうゆうメルカリ便はメルカリと 日本郵政が提携して提供している、 メルカリ利用者のための発送サービス になります。 主な 特徴としては 次のような事が挙げられます。 日本郵政の発送サービスを通常より安価に利用できる• スマホ一つで宛名作成可能(入力必要なし)• 郵便局、コンビニから発送可能• 匿名で発送が可能• サイズはA4と100サイズまで• 追跡機能有り、購入者発送者ともにメルカリアプリにて確認できて便利• 発送事故時、メルカリによる全額補償があり安心 ゆうゆうメルカリ便のメリット ゆうゆうメルカリ便のメリットについて お話しします。 ゆうゆうメルカリ便のメリットは 先ほどでもお話ししたように かなりたくさんあります。 その中でも特に注目すべきなのはコチラ。 A4サイズ発送が175円であること• コンビニ受け取りが可能なこと• 重量は均一30kgまで可能であること それぞれ詳しくみていきましょう。 A4サイズ発送が175円でできる まず 一つ目、A4サイズの発送 (いわゆるゆうパケット)が たったの175円で利用できる 点についてです。 ゆうパケットはA4サイズ、厚さ3cm、 重さ1kgまでの商品を全国どこにでも 発送することが可能です。 らくらくメルカリ便にも同じような サービスとして ネコポスというものが ありますが、そちらのほうがサイズも小さく、 値段が195円と割高です。 また、似たような サービスとして クリックポスト というサービスがあり、 こちらは164円で利用できるのですが、 商品破損、紛失等が発生した際の補償を 受けることができません。 ゆうパケットでは 175円ながらも補償機能が ついていますので安く安全に利用することが できます。 コンビニ受け取りが可能なこと 次のメリットは、 コンビニ受け取りが可能なこと。 らくらくメルカリ便 を始めとした多くの 発送方法では、 コンビニ受け取りを 行うことはできません。 しかし、日中外出しており受け取りが 困難である購入者も多く、そのような人中心に コンビニ受け取りをしたいというニーズが 存在します。 ゆうゆうメルカリ便はこれらの ニーズを 満たすことができるので、 非常にメリットの ある発送方法であると言えます。 重量は均一30kgまで可能であること 最後の利点は サイズに関わらず 重量が均一30kgまで 対応していることです。 らくらくメルカリ便ではサイズごとに 重量制限がかけられている他、 最大サイズの160サイズでも 預けられる重量は25kgまでです。 サイズはそれほどないけれども 重量が重いもの(書籍等)は ゆうゆうメルカリ便の方がお得に 発送できると言えます。 逆に、ゆうゆうメルカリ便のデメリットは? ゆうゆうメルカリ便のデメリットは サイズ展開があまりない点にあります。 ゆうゆうメルカリ便は• ゆうパケット(A4)• 60サイズ• 80サイズ• 100サイズ までしかなく、 それ以上のサイズの物を 出品することができません。 そのため比較的サイズがかさばりがちな 大きなバッグや衣類(アウター等)は 発送に向かないと言えそうです。 主な 特徴としては 次のような事柄が挙げられます。 ヤマト運輸の発送サービスを通常より安価に利用できる• スマホ一つで宛名作成可能(入力必要なし)• 郵便局、コンビニから発送可能• 匿名で発送が可能• サイズはA4と宅急便コンパクト、60~160サイズと幅広い• 追跡機能有り、購入者発送者ともにメルカリアプリにて確認できて便利• 発送事故時、メルカリによる全額補償があり安心 らくらくメルカリ便のメリット 次に、 らくらくメルカリ便のメリットに ついてお話しします。 らくらくメルカリ便にも、先ほど お話ししたようにたくさんのメリットが あります。 その中でも 注目すべきなのは、• サイズ展開が幅広いこと• ネコポス、宅急便コンパクトを利用可能 この2点です。 サイズ展開が幅広いこと ゆうゆうメルカリ便が 60,80,100 の3種類のサイズ展開しかなかったのに 対して、 らくらくメルカリ便では 60~160までの6つのサイズ 展開があります。 そのため、 大きな商品を発送する際にも 比較的安く発送できる点は魅力的です。 また、ここでは紹介する程度にとどめますが、 大型家電などを運送する大型らくらくメルカリ便 なども存在します。 ネコポス、宅急便コンパクトを利用可能 また、 らくらくメルカリ便ではネコポスや 宅急便コンパクトなどを利用できます。 ゆうゆうメルカリ便にはなかった、微妙な サイズ感でも らくらくメルカリ便では 上手にカバーすることが可能です。 微妙なサイズの時でも、ちょうど良いサイズの 発送方法を選ぶことで節約することができます。 逆に、らくらくメルカリ便のデメリットは? 逆に らくらくメルカリ便の デメリットは以下の通りです。 コンビニ受け取りができない• ネコポスなどが若干高い• 重量制限がある それぞれ詳しくみていきましょう。 コンビニ受け取りができない まずは コンビニ受け取りができないという 点についてです。 先ほど紹介したように コンビニ受け取りができるのであれば 購入したいというお客さんもそれなりに 存在します。 しかしらくらくメルカリ便では住所あてへの 発送しかできないためこのようなニーズ に 答えることはできません。 ネコポスなどが若干高い 次に、 値段が若干高いことが挙げられます。 ゆうパケットが 175円だったのに対し、 ネコポスは 195円になります。 さらに言えばどちらも A4サイズですが、 ゆうパケットは厚さ3cmまで、 ネコポスは 2. 5cmまでとなっており、 ゆうパケットに若干 劣ります。 重量制限がある 最後の デメリットは重量制限が あることです。 らくらくメルカリ便では、 60サイズは 2kgまで、80サイズは5kgまで といったように 重量の制限が存在します。 ゆうゆうメルカリ便がサイズに関わらず すべて均一30kgまで預けることができるのとは 対照的です。 そのためサイズがないにもかかわらず、 重量のある商品は らくらくメルカリ便で 送るのは向いていないと言えます。 ゆうゆうメルカリ便の料金表 サイズ 料金 60サイズ 600円 80サイズ 700円 100サイズ 900円 ゆうパケット 175円 ゆうゆうメルカリ便はサイズに関わらず 荷物重量の制限は 30kgです。 サイズ展開が少ないのがデメリットですが、 ゆうパケットなどはかなり安く 発送できることがわかります。 らくらくメルカリ便の料金表 サイズ(重量) 料金 60サイズ(2kgまで) 600円 80サイズ(5kgまで) 700円 100サイズ(10kgまで) 900円 120サイズ(15kgまで) 1000円 140サイズ(20kgまで) 1200円 160サイズ(25kgまで) 1500円 ネコポス 195円 宅急便コンパクト 380円 表にするとわかりやすいですが、 らくらくメルカリ便はサイズ展開が 多いことがわかります。 しかし、重量制限がかなり厳しい為、 やはりサイズが小さいにもかかわらず、 重いものを発送するのには向きませんね。 ゆうゆうVSらくらくメルカリ便、料金表的にはどっちが安い? 全体的に 料金は一緒のように 見えますが、 らくらくメルカリ便は 重量制限があることもあり、 サイズを満たしていても重ければ 一つ上のサイズ料金になることもあります。 そのため、基本的には ゆうゆうメルカリ便で 発送するほうが安上がりになることが 多いと言えます。 ゆうゆう&らくらくメルカリ便をお得に使い分けるには? メリットと デメリットのところでも 紹介しましたが、 らくらくメルカリ便は サイズ展開がきめ細かく行われて います。

次の

ゆうゆう・らくらくメルカリ便送料比較!安く送るには [メルカリの使い方] All About

ラクラク メルカリ ビン ゆうゆう メルカリ 便 違い

月間利用者数1000万人を突破したメルカリですが、スマホ一つで売買できる手軽さなど、使いやすいサービスがウケ、世の中に浸透しました。 飛躍した理由の一つに、「メルカリ便」と呼ばれる便利でお得な配送サービスがあります。 今回はこちらを詳しく見ていこうと思います。 メルカリ便ってどんな種類があるの? メルカリ便は「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」「大型らくらくメルカリ便」の3つに分けられます。 「大型らくらくメルカリ便」はあまり使うことはないかと思いますので、後程解説しますね。 まず、よくお世話になっている以下のサービスは… らくらくメルカリ便の特徴は? らくらくメルカリ便は次のような特徴があります。 宛名書き不要の簡単発送 商品が売れると、取引画面が見られるようになります。 アプリ内で発送場所・発送サイズを指定するとQRコードが表示され、このコードを営業所かコンビニで 提示または機械で読み取りするだけで宛先伝票が印刷されます。 自分で発送伝票を書かずに済み、とっても楽です。 送料が全国均一 通常の宅配便の送料はお届場所によって変わってきます。 でも らくらくメルカリ便は全国均一料金。 購入者がどこに住んでいても送料が変わらないので、「送料込み」で販売しても安心です。 取引画面で荷物の配送状況をカンタン確認 購入者に発送通知後、メルカリアプリの取引画面から発送状況を確認できます。 わざわざヤマトのHPで発送番号の入力をすることもないので便利です。 安全な匿名配送 購入時に「らくらくメルカリ便」または「ゆうゆうメルカリ便」を選択している場合、 匿名配送が利用できます。 販売者も購入者もお互い住所や名前を知られることがないので安心です。 安心の配送補償 配送時のトラブルで商品が紛失・破損してしまった場合、 メルカリが商品代金・販売利益を全額補償してくれます。 電化製品や陶器などを発送する時など、とても便利なサービスです。 幅広いサイズ対応 「ゆうゆうメルカリ便」は100サイズまでですが、 「らくらくメルカリ便」は160cmまで受け付けてくれるので、かなり大きな商品も送ることができます。 ご自宅で集荷受付 30円別途かかってしまいますが、ヤマト運輸のドライバーが自宅など指定された場所まで集荷に来てくれます。 大きい物や重い物を発送する時は便利です。 ゆうゆうメルカリ便の特徴は? ゆうゆうメルカリ便は次のような特徴があります。 ゆうゆうメルカリ便も、らくらくメルカリ便と同じ以下のサービスが受けられます。 受取場所を選択すると、右上の画面が現れます。 「ここで受け取る」をタッチし、登録完了です。 普段、家にあまりおらず、中々荷物の受け取りができない方には便利なサービスですよね。 ただ、このサービスが受けられる場所の郵便局・コンビニはわかりますが、「はこぽす」知っていますか? 「はこぽす」とは、荷物や郵便物を郵便局や駅・コンビニに設置されたロッカーで受け取り、または差出しできるサービスのこと。 メルカリではこぽすを指定し、受け取れる状態になると、問い合わせ番号とパスワードが発行され、それを使ってロッカーの扉を開けることができる仕組みになっています。 ただ、この「はこぽす」設置場所はとっても少ないんです。 近くにある方はいいですが、ほとんどの方は利用しづらいので、もっと増えるといいですよね。 ちゃんと知ってる?サイズの計測方法 意外と理解していないサイズ計測規定。 料金を見る前にここでちょっとおさらいしてみましょう。 同じようなサイズでも値段が変わる事もあるので注意が必要です。 A4サイズ らくらくメルカリ便・ネコポスの規定はA4サイズ厚さ2. 5cm以内という規定。 ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットは a+b+c=60cm以内、重さ1kg以内という規定です。 引用元:日本郵政 ゆうパケットはポスト投函も可能です。 宅配便サイズ 宅急便・ゆうパック共に、荷物のサイズとは、 縦・横・高さの合計です。 箱状のものは分かりやすいですが、下の中の図や右の図のような変形した荷物は、辺の一番大きい場所を測ります。 引用元:ヤマト運輸 サイズの目安は以下の画像のような感じです。 引用元:ヤマト運輸 ゆうゆうメルカリ便の重さ上限は25kgなので、特に重さは気にしなくて問題ないかと思います。 ただ、 らくらくメルカリ便は縦・横・高さの3辺の合計サイズと重さを比較し、大きい方のサイズ扱いになります。 らくらくメルカリ便では3辺合計が60cmに収まっても、60サイズの重さ上限の2kgを超えてしまうと、上のサイズ扱いとなります。 注意しましょう。 気になる配送料金は? なんと言っても一番気になるのは料金の差。 他にも配達場所など詳しく比較して見ましょう。 らくらくメルカリ便の配送料金 種類 サイズ 料金 配達場所 商品例 ネコポス A4サイズ 厚さ2. 5cm 195円 ポスト投函 薄手の衣類 ゲームソフト 宅急便コンパクト 薄型BOX 24. A4サイズ封筒に入る薄いものは、ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットが一番安くなっています。 厚さの上限が3cmなので、これに収まるように上手に梱包しましょう。 A4サイズ、3cm以内に収まらず、 60サイズより小さい商品は宅急便コンパクトがお得です。 宅急便・ゆうパックでは料金の差に違いはありません。 ですので、宅配便サイズは、行きやすい場所で出すのが一番だと思います。 宅配便は各サイズで重さの上限が違いますので注意が必要です。 また、1000円未満の商品には利用できないので、値段設定をする時に気を付けて下さい。 大型らくらくメルカリ便とは? ほとんどの商品はらくらくメルカリ便か、ゆうゆうメルカリ便で問題ないかと思います。 ただ、家具などの大型商品の場合、発送することができません。 らくらくメルカリ便は160サイズまででしたが、大型らくらくメルカリ便は450サイズまで対応しています。 まずは料金です。 大型らくらくメルカリ便の配送料金 サイズ 料金 大体の目安 200サイズ 4,320円 小さ目のタンス・肘掛け椅子 250サイズ 7,398円 全自動洗濯機・カーペット 300サイズ 10,746円 子供用自転車・2人掛けソファ 350サイズ 16,254円 大人用自転車・冷蔵庫 400サイズ 22,950円 ダブルベット・衣装タンス 450サイズ 29,646円 カウチソファ こちらも全国均一料金なので、遠方の購入者へも安く発送できます。 それ以外にも、大型らくらくメルカリ便も「らくらく」と銘打っているだけあって、かなりラクなサービスがあります。 出品者は梱包・持ち込みは必要なし 出品者は商品が購入されたら、日程を決めて集荷依頼をするだけです。 面倒な梱包・一人では中々できない搬出も全部おまかせで発送できます。 購入者は自分で搬入の必要なし 商品を購入し、お届け日時を決めたらあとは待っているだけ。 お届け時に、搬入・設置・資材回収までやってもらえます。 そして、配送状況確認や、配送時の補償もちゃんと付いています。 ただ、大型らくらくメルカリ便は、匿名配送は利用できません。 また、古いバージョンのアプリ・webからは利用できません。 他はない?お得で便利な配送サービス らくらくメルカリ・ゆうゆうメルカリ便以外にお得な配送サービスはないか、料金を調べてみましたが、追跡ができる、補償がある、などのサービスが付いた宅配便サイズの配送で「メルカリ便」より安い物はありませんでした。 他に考えられるものは、郵便局の「定形外」です。 定形外には「規格内」(長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内)と「規格外」で料金が変わってきます。 送る商品を梱包した状態で重さを測り、その後でどの配送方法を使うか、決めるといいと思います。 ただ、 定形外は匿名配送、追跡サービス、配送補償はありません。 ですので、壊れ物・高価な物には向きません。 他にも日本郵便には「レターパック」「レターパックプラス」と言ったサービスはありますが、ゆうパケットや宅配便コンパクトより値段が高くなりますので、メルカリでは使えないと思います。 意外に使える?ミニレター みなさん、日本郵便のミニレターのサービス、ご存知ですか?下の写真がミニレターです。 昔、少女漫画雑誌の付録に付いていたレターセットの感じです 笑 このミニレター、 重さ25gまでなら62円で出せるんですよ。 これなら定形郵便(通常の封筒を使う郵便)25g以内の料金82円より安い!中に文を書くこともできます。 小さい商品ならこれに入れて、目盛りに沿って折り畳むとこんな感じ。 端をのりやテープで止めて発送します。 もちろんポスト投函OK。 こちら、コンビニ等では取り扱っておらず、郵便局でしか売っていません。 私は以前アクセサリーを購入した時、これで送ってもらい、その時に存在を知りました。 それ以来、カードやピンバッジを発送する時に使っています。 ミニレターは匿名配送、追跡サービス、配送保証はなく、壊れ物・高価な物には向かないので、気を付けて利用して下さい。 まとめ やはり、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」はお得で便利でしたね。 サイズよって料金の差に多少違いがあり、一概にはどっちがいいのか、とは言えません。 種類を覚えるのは大変かと思いますので、始めのうちは、商品の出品時・配送前にどの配送方法が一番お得か表を見たりして確認しながら、賢く使い分けましょう。 塵も積もれば山となる、ですよー!.

次の