今なんでもするって言いましたよね?。 ファイナンシャルプランナー(私)が、人生初の入院・手術をして思ったこと。「保険はあんまり必要がない!」ってこと…。

人は100%いつか死ぬし、 生きるってめんどくさい事だから、 期待せずに日々なんとなく過ごしてればそれでいいんじゃない? って思うようにしてる。

今なんでもするって言いましたよね?

禁忌とは? 禁忌 漫画 とは、背筋が凍るような話ばかりを集めたオムニバスホラー作品集です。 よくある街のこわ~い噂、視線を感じたときは絶対に振り返っていけない、や、黒いマンホールを二回続けて踏んだらマンホール女が出てくる、などの怖い噂話を主軸に物語が展開していきます。 どれも短いながらもよくまとまっていて、怖い話が好きな人にはたまらない作品です。 そんな禁忌 漫画 は、暑い夏や寒い冬にはピッタリの背筋が凍るぞっとする話がたくさん詰まっていますから、何か怖い作品が読みたい人には文句なしにおすすめの作品となっております。 なんでこんな山奥にテニスコートを作ったのか、利用者が話題にするほど、謎に包まれているようです。 バブルの頃に別荘などを建てたからではないか、と噂されていますが、今は空き家ばかりでそれが不気味な雰囲気を作っているようでした。 そんな中、利用者である部活生達がテニスに汗を流しています。 今回は、テニス部の合宿で来たようでした。 この合宿は毎年恒例で、三年生をはじめとした上級生は慣れているようです。 そんな合宿所である山奥のテニスコートには奇妙な噂がありました。 それは・・・。 「合宿って毎年ここなんですか?」と後輩が言います。 「ああ。 オーナーがコーチの親戚なんだってさ。 」と先輩は言います。 「遠いけど穏やかでいいとこだよなぁ。 野球部のボールも飛んでこねぇし」と笑顔の先輩に、後輩は少し浮かない顔をしています。 「いや、でもなんか空き家とか多いし気味悪くて…」と話す後輩に「なに、お前らびびってんの?」とにやりと笑う先輩。 「別に…!」と強がるも、後輩たちは何か不気味な雰囲気を感じ、暗い表情です。 そんな後輩を見て、先輩は「そういや、ここマジでやべー場所あんだよ」と噂話をはじめます。 「え…?」と驚く後輩。 「ほら、奥のほうにでっかいログハウスが建ってただろ。 半分焦げてるやつ。 あそこ、人が死んでんだぞ。 」と言う先輩に「はあ、それで何がやばいんすか?」とちょっと震え声で話す後輩。 「OBに聞いたんだ。 あのログハウスには煙突男が住んでるって。 」と言う先輩。 「もう何年も前に合宿に来た部員が肝試しに行ったんだ。 夜中抜け出して空き家の別荘とか回ってたらしい。 そのうちの一人がログハウスに入ろうって言い出した。 」 「死人が出たってみんな知ってたし、ほかの奴らは反対した。 結局そいつ一人だけログハウスに入ったんだよ。 あそこ入って右側にでかい暖炉があるらしいんだ。 」と先輩はさらに話を続けます。 「でも、燃えてるのは玄関で、暖炉は無事なんだよ。 そいつはなんか変だと思ったんだよな。 それで、暖炉の中をのぞいたらしい。 すると…、煙突の中に、人間がいたんだ。 」と話す先輩。 後輩は冷や汗を垂らしています。 「火事って放火でさ、玄関から火が出たんだよ。 逃げられなくなった住人は煙突から外に出ようとしてそのままそこで死んだんだと。 」と先輩は言います。 「え、で、その部員はどうなったんすか…?!」と焦る後輩。 「それからすぐ部活やめたらしいわ」と先輩は冷静に言います。 「じゃあその人のフカシかもしんないっすよね!」と後輩は言います。 「ほら、うちの部活超きついし、元々辞めたかったから煙突男見た~とかいかれたふりして…」と話す後輩に「俺が話聞いたのそいつと一緒に行った人だぞ。 まじで様子おかしかったらしいし。 しんじらんねーんなら今からお前ひとりでいってみろよ。 」と先輩は言います。 いけたらコートのブラシ掛けは免除してもいい、という先輩の話に乗る後輩。 「んじゃ、ちょっといってきますよ!」と後輩が言うも、もう一人の後輩は青い顔で「や、やめとけよ!」と言っています。 「ちゃんと証拠の写メとるんで!」と携帯片手に後輩は外へ出る準備をしています。 そして部屋を出て、外へと向かう後輩。 「どこいくの?」と管理のおばちゃんに聞かれると「自販機でジュースを買いに」と言って、、まんまと外へと出ていきます。 「すぐ戻るから!」と後輩は外へ行き、引き止められなかったもう一人の後輩はそのおばちゃんに「あのちょっと聞きたいんですけど…」と何やら話しています。 後輩はどんどん先へ進んでいき、ログハウスに到着します。 「ここだな…。 さすがに夜はさらに不気味だな」とつぶやく後輩。 「さっさとすませっか!何もいるわけねーけど。 」と心の中で思う後輩。 すると、ぎいいいいいいと音がして、小さい人間のような何かが後輩の前を横切ります。 「うわ!!!」と驚く後輩。 「なんだ今の…人間?」と、心臓がバクバク言いながら後輩は思います。 「じじいみてーな顔してたけど…」と後輩はしっかりとその人間らしきものの顔も見ています。 「幽霊とかじゃねーってのはわかる…」と言う後輩。 「くそ!きっとホームレスとかが入ったんだ!ぱぱっと写メ取って帰ろ!!」と、携帯をぐっと握り、自分を奮い立たせる後輩。 一方、もう一人の後輩がおばちゃんに話を聞いてます。 「じゃあマジなんですね!!火事で人が死んだって…」と、もう一人の後輩は火事のことを聞いていたようでした。 そして・・・。 そんな時に是非利用して欲しいのが U-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。 ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね! そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると 600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。 ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。 禁忌 漫画 は一つ一つの話が短いながらも、よくまとまっていて一話が濃くて面白いですね。 話だけではなくて、絵でもその不気味さを存分に描いているので、きっと漫画を読んだら文字だけよりも怖くなるかもしれません。 そんな禁忌 漫画 という作品は、暑い夏や寒い冬にはピッタリの背筋が凍るぞっとする話がたくさん詰まっていますから、何か怖い作品が読みたい人には文句なしにおすすめの作品となっております。

次の

普通の人ってなんなの #呑みながら書きました|あらしろひなこ|note

今なんでもするって言いましたよね?

このライフレシピのもくじ 【】• 仕事をしていると、どうしても失敗することがあります。 失敗をしたことから次につなげたり、学んだりすることは非常に重要です。 失敗によって人類は進化してきたのです。 しかし、実は僕らにとってはそんなことはどうでもよくて、自分の上司とかが失敗した時に、気まずい雰囲気になるほうが困ったりします。 勝手にプロジェクトを進めておいて失敗したくらいでしょんぼりしないで欲しいし、できれば土下座くらいはしてほしいんですが、部下をやっているとなかなかそうもいきません。 そこで、上司が失敗したときに、「なんとなくよかったよね」という雰囲気にしつつ、自分の評価もあげる方法を紹介します。 「最終的によかったですよね」 別に失敗したことは誰もがわかっているわけですが、どこがどう失敗したか、というところになると、そんなの言及するのは面倒なわけです。 そこで、まるっと、「いや、まあ最終的によかったですよね」とでもいっておきましょう。 みんな面倒なので「うん、最終的にはこれでよかったんだよ」と思ってくれます。 もし上司が「何がよかったっていうんだよ!」と怒り出す場合は、殴って黙らせましょう。 「あのおかげで今がありますよね」 少したってから言うとしたらこれです。 「あのおかげで今があるんですよ」とか「あれをやったおかげで、うまくいきはじめましたよね」というのです。 失敗したときに比べれば、だいたいにおいていい状況になっているわけで、みんなも「そうかあ」と思ってくれます。 もし上司が「あんな失敗がどうして今につながるんだよ!」と怒り出す場合は、殴って黙らせましょう。 「うまくいかないということがわかりましたね」 「うまくいかないということがわかりましたよね」というのもおすすめです。 かのエジソンは「私は実験において失敗など一度たりともしていない。 これでは電球は光らないという発見をいままでに2万回してきたのだ。 」という素晴らしい名言をはいていますが、まさにこれです。 そのプロジェクトをやったからこそ、わかったことがあるのだ、という風にするのです。 もし上司が「結果がすべてなんだよ。 うまくいかないと意味ねえんだよ!」と怒り出す場合は、殴って黙らせましょう。 「タイミングのせいですよね」 アイデアは悪くなかった、タイミングですよ、というのもいいでしょう。 だいたいにおいて、アイデア自体がダメだったりするんですが、時代のせいにしてしまえば「あと100年後だったらすごいいいアイデアだったのかも…??」と思わせることができます。 もし上司が「今成功しないと意味ないんだよ!」と怒りだしたら、殴って黙らせましょう。 「僕は好きでしたけどね」 どんなに周りが批判していても、「いやあ、僕はいいと思ったんですけどねー、僕は好きですけどねー」といっていれば、なんとなく味方な感じを伝えることができます。 心の中では「こんなの成功するわけねえだろバーカバーカ」と思っていたとしても、言わないのがオトナです。 もし上司が「おまえに好かれてもしょうがないんだよ!」と怒りだしたら、殴って黙らせましょう。 「上が悪いんですよ」 上司のさらに上が悪いということにするの手もです。 「僕は会社の方針には疑問なんですよ」とさも会社が悪かったかのように言うのです。 そうすると「おお、俺のせいじゃないんだ」となります。 だいたいにおいて、会社にたいしては不満を持っているのが一般的なサラリーマンなんで、他の人たちも「そうだそうだ」と、適当にあわせてくるので、周りのサポートも得ることができます。 もし上司が「いや、俺の責任なんだよ…!」と怒りだしたら、殴って黙らせましょう。 というわけで 上司が失敗してて雰囲気が悪かったら、殴って黙らせましょう!.

次の

オンライン会議って?

今なんでもするって言いましたよね?

職場の平均年齢はとても高いです。 PCは文字を入力して、文書や試験作成に使っているだけ。 は持っていない・・・自宅にWi-Fi環境がない。 なんていう職員もいます。 今までもパソコン、で操作してプロジェクターを活用する、いろいろな専用ソフト(classiなど)を使用するなどの際は、若手や機器の扱いに得意な人が担当して仕事は回っていたので、苦手な人はすり抜けることができました。 しかし、このによる非常事態宣言による状況の中、保守的な現場も苦手だから・・・できないから・・・なんて言っている場合ではなくなりました。 個人的には、2月から会議の時に遠くから一日かけて会場に来て行うことは難しいのでオンライン会議を提案していたのですが、その時は御大たちに一蹴されました。 しかし、長引く情勢の中変化してきています。 それでもまだ、わからない、怖さしかない人たちがいるということです。 たとえば、、、 ・車はお金がかかるし、交通事故を起こしたら人を傷つけてしまう恐れが強いので免許は取らない。 ・銀行のキャッシュカードも、詐欺に使われてしまう恐れがあるから作らない。 ・パソコンも、ネットはウイルスや詐欺などたくさん怖いことがあるからつながない。 などなど・・・と同じように・・・ 分厚い説明書をみるのは面倒、何も考えず突っ走って自滅、責任をとるのは嫌というケースもありますが、メリットよりデメリットばかり気にしてしまうケースが多いです。 いろいろ調べてメリット・デメリットを理解し、自分に合ったモノを選ぶということがいかに難しいことか、めんどくさくて労力がかかることか・・・ オンライン会議を導入したいならば、今はググればたくさん情報が出てきます。 zoom、teams、ハングアウトなどなど。 それぞれ、メリット・デメリットがあります。 ただ、使用する環境によってどれが適しているのかを選択する判断が難しいです。 そもそも、教育現場には情報を専門とする職員がいたりいなかったりするので、素人たちには困難なのです。 オンライン会議を提案しても、 何をどうしていいのかわからない(ググって調べたり、わかる人に聞いてくださいと言いたい) zoomはセキュリが・・・(他にもありますよ?と言いたい) 今は他の事が手一杯で考えられない(・・・・) 会議室の窓を全開して換気に気を付け、マスクをしていればいいのでは?(在宅勤務の人は???) などなど、後ろ向きな回答ばかりでした。 そんな中、このままではいけないと、オンライン会議に賛同した人たちと学年会議をしました。 私は在宅勤務中でしたので、自宅より参加しました。 実施して問題点もありましたが・・・何も対策せず従来通りの会議より良かったのではないかな?と思いました。 自宅にはディスプレイが二つあり、パソコンも新しいし、環境もあるので個人的には問題ないのですが、職場で支給されているパソコンには予算の関係でカメラが内蔵されていない 笑 ので、新たにカメラを購入する(品薄ですよね・・・)か個人の持ち物を職場で使わないといけない状況です。 ドラマ「逃げ恥」で主人公のみくりさんが「やりがい搾取」について断固反対しているシーンがあります。 仕事で使用するのに、個人のものを使わなければいけない状況(自宅のパソコン、のパケット、自宅光熱費など)に、少し抵抗もあります。 非常事態の今そんなことを言っている場合ではないですが、今まで通りにはいかないことばかり、想定外の連続でなし崩し的にこのままずっと・・・ということは考えなければいけないのかな?と思います。 そんなことを考えながら、オンライン授業も生徒に環境を整えてもらわないと実施できないので、問題が山積で予想できない問題もこれからたくさん出てくるのだと思うと、2月までの平穏な日常生活が夢のように感じる毎日です。 早く終息して欲しいと切に願います。 canacana44.

次の