別 の 人 の 彼女 に なっ たよ 歌詞。 wacci「別の人の彼女になったよ」に共感しすぎて語彙力がなくなったので、語彙力を取り戻す旅に出た|Sae|note

『別の人の彼女になったよ』はただのラブソングではない。

別 の 人 の 彼女 に なっ たよ 歌詞

MVのコメント欄に自分のストーリーを書き綴る人が続出 wacciは2012年にメジャーデビューした日本のバンド。 バンド名には「わたしたち」という意味が込められており、聞く人全ての「暮らし」の中にそっと入り込んでいけるようなポップスを目指している。 「別の人の彼女になったよ」、通称「ベツカノ」は、そんなwacciが2018年7月から行った4カ月連続配信シングルの第2弾として、2018年8月にリリースされたもの。 真夏に配信されたこの曲だが、季節がめぐりまた夏が来ようとしている今も多くの人に聴かれ続けている。 2019年の3月には、YouTubeでMVが公開。 再生回数は350万回を突破し現在も伸び続けているが、この曲のコメント欄ではある変わった現象が起きている。 それは、曲を聴いたリスナーが、自身の過去の恋愛体験をコメント欄に書き綴るということ。 コメントは短いものから長いものまであるが、その数は6月5日時点で3300件以上。 他のwacciの動画と比べてみると、2015年にリリースされた『大丈夫』という曲は、再生回数は1000万回近いが、コメント数は2000件ほど。 このことからも、『別の人の彼女になったよ』のコメント数の多さがうかがえる。 それはwacciの曲が「わたしたち」の「暮らし」に入り込んでいる証拠といえる。 では、こうしてリスナーが自分のことを語りたくなってしまうのは何故だろうか。 その理由はこの曲の歌詞にあるだろう。 前の彼氏はフェスで大はしゃぎするし、映画を見ていると自分よりも号泣している。 一方、今の彼氏はそんなことはなく、余裕があって優しくて、色んなことに詳しくて尊敬できる。 最初に歌われるのはそんな内容だ。 しかし、曲が展開していくにつれて、どこか無理して良いところを探しているような、そんなできすぎた彼氏に息苦しさを感じているような雰囲気が漂う。 そして最後には、本当はまだ「あなた」に未練があることが明らかになるのだ。 この曲を作詞作曲した橋口洋平は、楽曲のリリース時に次のようにコメントしている。 忘れられない恋愛より自分のための恋愛を選んだ人の少しだけ後ろを振り返る歌です。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ。 最後は少し気持ちを吐露してますが、このシチュエーションの奥にある心理描写はあなたに委ねます。 wacci初の、女性目線で描いた一曲。 是非聞いてみてください。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ——。 等身大のディテールを積み重ねて人物を描きながら、ストーリーを展開していく歌詞は、多くのファンに支持された西野カナのラブソングを彷彿とさせる。 彼氏や彼女とフェスや映画に行ったことがある人は多いだろう。 西野カナはそれを熟知したラブソングの名手だったが、「別の人の彼女になったよ」もその好例と言えそうだ。 いしわたり淳治も絶賛した、コピーライティングとしての素晴らしさ また、「別の人の彼女になったよ」は作詞家、音楽プロデューサーのいしわたり淳治にも絶賛されている。 いしわたり淳治は自身が出演したテレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』で、この曲を「2018年のベストソング」として紹介。 聞き慣れない言葉なのに、誰もが瞬時に意味が分かって、登場人物たちを取り巻く環境や心情までをも勝手に想像してしまう。 コピーライティングとしても素晴らしい一言である。 たしかに、言われてみれば「別の人の彼女になったよ」とはまわりくどい表現だ。 普通であれば「新しい彼氏ができたよ」と言うかもしれない。 いしわたり淳治も記事の中で書いている通り、この言い方は「別れた彼女が元彼に言う意外にはあり得ない一言」だ。 それはロマンチックで悲しい。 もう恋人同士ではないのに、二人の間でしか通じない新たな言葉が生まれているのだから。 そして、この印象的なフレーズがタイトルに冠されたことにも触れておきたい。 タイトルに掲げられていることで、この曲は新しい彼氏の歌でも、別れた彼氏の歌でもなく、まぎれもない「別の人の彼女になった私の歌」になっている。 自分自身にフォーカスすることで、完璧な彼を愛せずにいる自分や、前の彼氏への思いを捨てきれないエゴが一番にフォーカスされているのだ。 『ベツカノ』が証明する、クリーンなだけじゃない私たちのリアル この曲はwacciのこれまでの楽曲とは異なる作風で、橋口のデモを聴いたメンバーやスタッフの間では賛否両論が巻き起こったという。 付き合っている人がいるのに、前の彼氏のことを忘れられないという恋愛観は、たしかにクリーンではない。 だけどこの曲がヒットしている事実は、私たちのリアルはクリーンなだけではないということを示している。 そしてそういう人のほうが、「別れてしまったけど出会いに感謝! 新しい彼氏は最高!」みたいに前向きなことしか言わない人よりも、ずっと人間くさくて魅力的ではないだろうか。 この曲の主人公が、完璧な今の彼氏より前の彼氏に惹かれたように。 最後に、この曲について語られる場所がTwitterなどのSNSではなく、YouTubeのコメント欄だったことも考えてみたい。 好きな音楽について自分の感想を書いたり、体験と結びつけて語ったりするならTwitterのほうがメジャーな気がするが、試しにTwitterで「別の人の彼女になったよ」と検索してみると、楽曲をオススメするツイートや「歌ってみた」の動画は見つかっても、YouTubeのように自身の体験を綴ったものはほとんど見当たらなかった。 これには文字数の関係や、一度書き込む流れができたから書き込んでみた、という人もたくさんいると思うのだけど、「SNSってそんなに匿名じゃないよね」という点もあるように思う。 Twitterは日常のことを断片的に綴っているから、その人の人となりがなんとなく見えてしまう。 友人や、それこそ今の彼氏、前の彼氏と繋がっていることもあるかもしれない。 そうすると、「別の人の彼女になったよ」を聴いて思いだした人のことを書けない場合も多いだろう。 YouTubeのコメント欄は、そんな人たちの受け皿になったのかもしれない。 YouTubeもそれぞれにアカウントはあるけれど、Twitterほど私生活は見えてこないし、必ずしも友人とも繋がっていない。 SNSよりも匿名性が高いのだ。 友人には言えないけれど、誰かに聴いてほしい未練や、自分でもしみったれていると思うぐずついた気持ち。 それを吐露する場所として、「別の人の彼女になったよ」のコメント欄は機能しているのではないだろうか。 「別の人の彼女になったよ」のコメント欄には、今もそんな顔の見えないストーリーが綴られている。 気になる人は、ぜひをチェックしてみよう。 作品情報 wacci 『別の人の彼女になったよ』 2018. 07 Release 3rdalbum「群青リフレイン」収録曲 通常盤[CD] ESCL-5129 ¥3,000(税込).

次の

wacci 別の人の彼女になったよ 歌詞&動画視聴

別 の 人 の 彼女 に なっ たよ 歌詞

皆さんは『wacci』の『別の人の彼女になったよ』を聴いたことあるだろうか?私はYouTubeで活動している「しらスタ」というチャンネルで歌い方解説動画を観た時に初めて聴いた。 その時はもうめちゃくちゃに良い曲だなぁ〜って思って、ああ〜良い曲だなぁ〜って。 歌詞の内容としては昔付き合っていた彼氏と別れて新しい彼氏と付き合い始めた女性の視点でのストーリーになっている。 今彼と元彼を比べて今の彼氏はこんなところがいいの、でもあなたのことは嫌いじゃないよ。 みたいな感じで進んでって結局最後には元彼に未練タラタラみたいな歌詞で終わっていく曲である。 私はそんな曲を聴き いや〜元カノも俺のこと思い出して未練タラタラとまでは行かなくても、良い思い出の存在となっていて欲しいモンだねぇ〜... とか感傷に浸りながらタバコを吸うなどをしていた、感傷に浸りながら吸うタバコはオナニーより気持ちいいからみんなやってみ。 まあ何はともあれ歌詞がいいから僕がそんな気分になったりしたし、彼女や彼氏が出来た事ない可哀想なオタクくん達も僕の様な感傷的な気分に浸れるんじゃないだろうか。 しらスタや歌ってみたばかりじゃなくて本家の方聴いてみるか〜さぞかしハマってしまうんだろうなぁ〜...。 それが終わりだったのである。 ホント意味わからん男がアレ作詞して自分で歌う訳?メンタル強...。 それって結局男の妄想で元カノがこんな風に思っていてくれたらいいな〜みたいな風に聴き取れちゃうじゃん?感じ取れちゃうじゃん?キモい!ホンマキモい! え?みんな私が何をキモいと騒いでいるかわかってますよね... ? まあわからん人は別にいいです、感性が違うっぽいので え? 今回のキモいの感情が同族嫌悪的なモノから来てる奴なのでどう転がってもキモいんすよね... back numberとか共感出来すぎて一生聴けなくなったモン... わかるでしょ... ? 恋愛ってさ... 人のこうなんていうか感情の1番奥から来るものでこう... アレじゃん?人によると思うけど... だから自分の1番素直なとこであって汚い部分じゃん?わかる?だからもう共感出来すぎるのはホントキモいし一生好きになれないと思う...。 これ書くために曲名ググったけど割と賛否両論みたい、みんなはどう思いますか... 是非教えてください。 ダルくなったので終わります。

次の

wacci 別の人の彼女になったよ 歌詞&動画視聴

別 の 人 の 彼女 に なっ たよ 歌詞

スポンサーリンク 失恋ソング?それとも… タイトルから想像をすると、失恋をした女性の曲なのかそれとも新しい恋に踏み出した女性の曲なのか…と気になる曲ですよね。 どのような時に女性は、こんな気持ちになるのでしょうか。 この思いは歌詞の意味を知ることにより、更に深く響いてくるのです。 この曲を聴いた多くの人が「この歌詞は自分の恋愛と似ている」「つい重ねて考えてしまう」と感じるのが「別の人の彼女になったよ」という曲なのです。 歌詞の意味について 曲の中の主人公の女性は「あなた」と呼ぶ男性と、別れてしまったのです。 今までの恋愛を振り返る歌詞が綴られています。 今の彼氏はこういう人、そう伝えたい思いがあるのです。 あなたと呼ぶ男性はおそらく前の彼氏なのでしょう。 でも「好きだ」と言葉で言ってくれたことがなかったり、怒りたくなるところが多かったりしたのかもしれません。 こういう男性でも好きだった自分。 間違いだと思いたくない、そして実際に思ってはいないのかもしれません。 自分のために別れた可能性もあるでしょう。 もう二度と会うことはない、あなたも早く別の人の彼氏になってほしい、そう伝えるのです。 本当は会いたい気持ちがある? 別の人の彼女になった主人公は、今までよりも自分らしさを出せていない、歌詞の中でそう感じます。 おとなしくしていて、自分をさらけ出すことができていないのです。 それでも新しい彼氏のことを好きでいよう、このまま付き合っていこうと考えているのでしょう。 ところが自分には狡さがある、こう主人公の女性は思うのです。 あなたが早く別の人の彼氏になってくれないと、電話をしてしまいそうになってしまう。 別の人の彼女になったけれど、会いたいという思いを消せないのが本音なのです。 そしてこの自分のずるさを、ごめんねと「あなた」に伝えるのです。 会いたくなってはいけないはず、だからこそ思いを抑えることが出来ない時も、恋愛の中にはありますよね。 この曲の主人公と自分の思いを重ねる気持ちが、実際に聴いてみるときっと分かるでしょう。 大切にしたい思いとは? この曲の中の主人公には迷いがあるのでしょう。 でも迷いながら進んでいく時も、必要なのかもしれません。 迷っている自分を分かっていながら、前に進むと決めた女性の思いもあるのでしょう。

次の