バッティングマシン。 ピッチングマシンとバッティングマシンはどう違うんですか?

株式会社キンキクレスコ| バッティングセンターの企画・設計・施工、ピッチングマシン・テニスマシンの製造販売

バッティングマシン

野球経験の無い初心者の場合、バッティングセンターにおいて硬いボールがすごい速さで飛んでくるというだけでも恐怖を感じることでしょう。 しかし、この恐怖心を捨て去ることがバッティングセンターで打つ打ち方には必要となります。 バッティングセンターで飛んでくるボールに恐怖心があるうちは、腰が自ずと引けてしまうため、手だけで打つ打ち方である手打ちの状態になってしまいます。 そうなると、自分のスイング軌道がブレやすくなり、バットがボールになかなか当たらない状態になってしまうのです。 バッティングセンターのピッチングマシンは、基本的にストライクゾーンに投げ込むように設定されています。 そのため、自分のほうにボールが飛んでくるということはありません。 初心者はこのようなことを理解し、まずはボールが恐いという恐怖心を取り除くということが1つのコツです。 野球初心者の場合、バッティングセンターにおいてボールを打つ瞬間に目を閉じてしまったり、その瞬間に前を向いてしまうという方がいます。 このような状態では、バットを闇雲に振っているのと同じですので、これではバットにボールが当たるはずがありません。 これは、前述のボールへの恐怖心がまだ残っているということが影響している場合もありますので、その場合は恐怖心を無くすことをまず優先させましょう。 また、初心者の場合、バッティングセンターのボールが出てくるピッチングマシンの方を向きすぎてしまっていてボールを目で追えないという場合もあるようです。 その場合は、自分の視界の左端にバッティングセンターのピッチングマシンが見えるように構えてみると良いでしょう。 この際、ボールを顔全体で追うのではなく、目で追うということがコツです。 バッティングセンターは気軽には行くことができる施設ですが、さすがにいままでに一度もバットを握ったことがないような初心者が、いきなりバットにボールを当てるのは難しいです。 そのような初心者がバッティングセンターに行っても、空振りばかりでボールにバットが当たらない、打てないことから、すぐに諦めてしまうことも多くなっています。 しかし、そのようにバットがボールに当たらない初心者でも、バッティングセンターでの打ち方のコツを掴めば打つことができるようになります。 実際、バッティングセンターで初めて野球に触れたような方でも、コツを掴んだことで、そのバッティングセンターのホームラン王になったという実例もあります。 次からは、このようにバッティングセンターで打つことがうまくなるための打ち方のコツを、1つずつ解説していきます。

次の

株式会社オーブピッチングマシン販売バッテリー.100vバッテリー, 電気工事,精密機器保守点検

バッティングマシン

みなさん ティーバッティングしていますか? ティーバッティングは、バッティング能力向上には欠かせないものです! 他の選手よりもうまくなりたければ全体練習だけではなく、自主トレが大事になります。 自主トレといえば、一番に「素振り」が思い浮かびますが「やっぱりボールを使った打撃練習がしたい!」という人が多いと思います。 やはりボールを打たなければ、打撃は上達しません。 斜め前から投げられたボールをセンター方向に打ち返すのは、よくあるティーバッティングですね。 杉村コーチは基本的なティーバッティングのほかに、それぞれ目的の違うティーバッティングをします。 バットを体の前でクロスさせてから打つ、歩いて打つ、ワンバウンドのボールを打つ、真横からの速いボールを打つなど様々な目的に合わせたティーバッティングがあります。 内外角・高低・変化球の打ち方、飛距離アップ・クイック対策・スイングスピードの強化など様々な意味や目的に合わせたティーバッティングがあります。 マシンを使ったフリーバッティングもいいですが、ティーバッティングは基本中の基本で非常に重要な練習になります! マシンを使ったフリーバッティングでは克服できない選手の弱点を、ティーバッティングで克服することもできます。 杉村コーチはティーバッティングの意味・目的をこう語っています。 「前の試合でバッティングフォームを崩される。 崩されたバッティングフォームを ティーバッティングで 正しいバッティングフォームに戻す。 だから、どうしてもバッティングフォームは崩れやすくなります。 楽天でも人気が高くレビューもたくさんあり、レビュー評価も星4,23と非常に高くなっています。 その特徴は、• ボール拾い不要、パートナー不要• 組み立てが簡単、らくらく移動、省スペース• ノンストップで打撃練習• 軟らかい穴あきボールとウレタンボールで安全に練習• 高さ調整機能付きネットでボールがネットに入れやすい• 幅1,6m、高さ2~2,6m、奥行き1,14mで高さ調整はワンタッチで2段階調整• ボールの発射角度の調整ができる• 広い部屋、ガレージ、庭で一人でも安全に練習ができます。 ネットに打球が入らないうちはノンストップでバッティング練習をすることができませんが、上手になってくるとネットに打球を打つことが可能になりノンストップで練習できるようになります。 レビューの評価も良く満足度が高いティーバッティングマシンです。 その特徴は、• 正面からトスされることで実戦に役立つ• 一台で硬式・軟式・ソフトボールの3球種が使える• 簡単に角度が調整でき、飛び出すボールの高さ・飛距離を調整可能• 付属ACアダプターが付いて、また乾電池でも使用可能• 別売りで「バッティングトレーナーネット連続」と一緒に使えば1人でも練習できる このマシンは、ロングティーもできるので本格的なバッティング練習ができます。 庭やガレージ、グラウンドや遠征先にも使えます。 レビューの評価も高く、マイナスの意見も少ないです。 山田哲人は、シャトルでのティーが「バッティングの原点」と言っています。 最大22個 付属は6個 のシャトルをセットすることができる• 従来のシャトルと違い、直線に近い軌道で投げられるスピードシャトル• 直線軌道から山なり軌道を発射できる• 簡単な発射角度調整 発射角度3段階• 高速回転するWウィールで発射軌道が安定• 振動・騒音にも考慮した設計• シャトルは強く打っても、あまり飛ばないので省スペースでできる シャトルは、投げてくれる相手がいないと練習できないという大きな弱点がありましたが、このマシンで解消!! シャトルを投げるとコントロールが難しく、コントロールよく投げられない人が多いのですが、このマシンはシャトルをコントロールよく発射してくれます。 発射の角度を変えることができるので、鋭く速い軌道・角度のある山なり軌道が可能で、速球・変化球対策ができます。 シャトルはうまくミートしないと飛ばないので、しっかりミートする力が付きます。 三脚にも取り付けることができ、ピッチャーがマウンドから投げるような軌道で、より実戦に近い練習もできます。 シャトルは消耗品で、羽根の形状が変形すると、シャトルが詰まる原因になるので、シャトルを新しいものに変える必要があります。 バドミントンのシャトルは使えず、専用のスピードシャトルが必要になります。 メディアも注目していて「東京中日スポーツ」でシャトル打ち革命という題名で搭載されました。 「風の影響を受けやすく、外で風が強いとコントロールが悪くなる」というマイナスの意見もありますが、全体的にはレビューの満足度が高いマシンです。 4,変化球も投げる高性能バッティングマシン 小さいマシンですが、このマシンは高性能で左右のローラースピードとローラー角度を変えることで縦・横の変化球を自由自在に発射することができます。 左右のスイッチと角度調整で簡単に変化を調整• ストレート・カーブ・スライダー・シュート・シンカーなどの多彩な変化球で本格的なバッティング練習ができる• ボール発射飛距離が4~13m• ウレタンハードボールが付属。 従来のウレタンより硬く、安全かつ爽快な打感 打球の飛距離が出ますので、広い場所ですることをオススメします。 多彩な変化球でより本格的なバッティング練習が可能です。 こちらも三脚に取り付け可能で、シャトル専用バッティングマシンと同じように、マウンドから投げられている感覚でバッティング練習ができます。 従来のウレタンボールよりも飛距離が出るので、打ったボールを集めるのがしんどいという方もいるので、そのような方には爽快な打感はそのままで飛びにくいウレタンハードボールが別売であります。 マシンを使った効果的な練習 マシンで普通にティーバッティングなどの練習をするのもいいですが、工夫次第で非常に効果的な練習もできます。 杉村コーチが考案した11種類のティーバッティングは、投げてくれる相手が必要でしたが、 マシンでも何種類か同じようなティーバッティングができます。 たとえば インコースやアウトコースの対策で「真横から投げられた速いボールを腕だけで打つティーバッティング」がありますが、上記のシャトル専用バッティングマシンなどでも 同じような練習ができます。 またティーバッティングマシンで高めや低め、内外角に来たボールを打つことで、 コースの打ち分けの練習もできます。 大きなバッティングネットがあれば、 色んな方向に打ち分ける練習が可能になり、大幅なバッティング能力向上が期待できます。 一番効果的な練習は、ボールを打つ練習です。 だから同じコース・スピードのボールを繰り返し繰り返し練習することができますので、非常に効率的なバッティング 練習が可能です。

次の

トスバッティングマシンのおすすめ10選!本格的に打撃練習しよう

バッティングマシン

野球の試合の際、打撃のタイミングがとれない理由として全部で3つの原因が挙げられます。 まずひとつめはトップ(ステップした時の手の位置)がピッチャーによって崩されてしまうから。 打とうとすればするほど、ぶれてしまいがちです。 そして、ふたつめは軸足の使い方がうまくいかずにフォームを崩してしまうから。 ボールに集中すると足にまで注意がいかなくなってしまいます。 そして最後はステップした時の体勢が維持できずに崩されてしまうから。 こうしたそれぞれの打撃の悩みを解消し、バッティングフォームを崩さないようにしながらボールに合わせることができるようになるために、トスバッティングの練習が非常に役立ちます。 特に、軸足キープトス、バウンドトス、2段トスといった練習が有効的です。 一見地味な練習ですが、一人でコツコツ練習を続けるためにトスバッティングマシンを使いましょう。 基本はピッチャーにワンバウンドで打ち返す打撃練習をしますが、時にはトスバッティングマシンから飛んできたボールをノーバウンドのライナーや大きく打ち上げるフライで打ち返してみましょう。 飛んでくる角度を変えられるマシンも多く販売されているので、こうした機能を利用して角度の違うボールも試しながら打つ練習をすると効果的。 いろいろ試してみることで、コースやバットを出す位置、ボールを捉える場所によって変わる打球が飛ぶ方向の違いなどをじっくり観察することができます。 また、1球ごとに観察をしながら打ち返すことで、自分のスイングやボールの当たる位置を確認することもできるのです。 広く場所がとれるなら、打球方向も確認するようにしましょう。

次の