カワイ レナード ニューバランス。 【リーク情報】New Balance The KAWHI

【海外1/30発売】New Balance OMN1S the

カワイ レナード ニューバランス

アディダス その他• アディダス アパレル• アディダス キッズ 子供用• NBAの名プレーヤー「カワイ・レナード」のファーストシグネチャーモデルが待望の登場!ソールにはニューバランス独自のクッションニングシステムである「Fuel Cell」を搭載! 彼の愛称の「クロー」をイメージさせる爪のようなデザインもシューズに取り入れられています!数も少ないのでお早めに! 当店では同カラー3タイプのワイズを販売しております。 「Dタイプ」メンズ対応サイズのスタンダードサイズ。 「Bタイプ」ボーイズ対応ですが27cmまで対応。 若干細めの作り。 「Wタイプ」ウィメンズ対応サイズで細めの作り。 お客様のタイプをお選びください。 こちらはスタンダードの「Dタイプ」の商品になります。 価格 35,800円 価格 17,930円 価格 19,900円 価格 19,999円 価格 19,999円 価格 47,999円 価格 38,900円 価格 19,999円 価格 24,998円 価格 24,090円 価格 19,690円 価格 39,999円 価格 18,888円 価格 21,890円 価格 21,890円 価格 11,900円 価格 11,900円 価格 17,999円 価格 17,999円 価格 44,990円 価格 39,999円 価格 49,900円 価格 21,780円 価格 22,880円 価格 18,150円 価格 27,940円 価格 29,999円 価格 29,999円 価格 24,090円 価格 31,790円 価格 31,790円.

次の

カワイがニューバランス OMN1S カワイ・レナード PEモデルを履いて登場!

カワイ レナード ニューバランス

試合では主にエア・ジョーダン シリーズを履いてプレイしました。 still breaking out Air Jordan 32 Low PEs. 📸: Ron Turenne — SoleCollector. そんなレナードのニックネームは日本語で「かぎ爪」を意味する「The Claw」。 レナードが着用したジョーダンシリーズのPEには、この愛称に由来するロゴが使用されていました。 このロゴの著作権に関してレナードとナイキとの間で2019年6月から裁判になり、2020年4月にナイキが勝訴。 カワイ側は「Klaw」ロゴはカワイがデザインしたスケッチが元になっており、著作権はカワイ・レナードのものであると主張。 対するナイキはカワイのスケッチを受け取っていたことは認めたものの、あくまでもロゴは共同制作であり、カワイ本人がデザインの使用に承諾したことから商標登録したと主張しました。 裁判ではナイキの主張が認められ、カワイは新たに契約したニューバランスでKlawロゴが使用できない事態となっています。 選手データ|カワイ・レナード.

次の

【海外1/30発売】New Balance OMN1S the

カワイ レナード ニューバランス

でのレナード (2019年) No. 2 ポジション 背番号 2 身長 201cm 6 ft 7 in 体重 104kg 229 lb ウィングスパン 221cm 7 ft 3 in シュート 右 シューズ ニューバランス 基本情報 本名 Kawhi Anthony Leonard 愛称 The Claw Sugar-k Leonard ラテン文字 Kawhi Leonard 誕生日 1991-06-29 (28歳) 国 出身地 出身 ドラフト 15位 DraftExpress NBADraft 選手経歴 2011-2018 2018-2019 2019- SAS TOR LAC 受賞歴 カレッジ• オールアメリカンセカンドチーム : 2011• オールディフェンシブチーム : 2011• MVP : 2010• 新人賞 : 2010 NBA• : 2015• 2ndチーム : 2019• MVP : 2020• : 2012• ハイスクール [ ] キャニオンスプリング高校に入学し、2年次に高校に転校した。 同期生であったと共に、3年次には、30勝3敗の戦績を残した。 レナードは1試合平均22. 6得点, 13. 1リバウンド,3. 9アシスト, 3. 0ブロックの成績を挙げ カリフォルニア Mr. バスケットボール賞を受賞した。 全米のハイスクールフットボール、バスケットボール選手格付けサイトであるで, 2009年、カレッジリクルートにおいてレナードはスモールフォワードでNo. 8 、全プレーヤーで No. 48に位置づけられた カレッジ [ ] 新入シーズン 2009—2010 [ ] での初年次シーズンは、平均12. 7得点 9. 9リバウンドの成績を残し 、25勝—9敗の戦績でのカンファレンストーナメントを制し、トーナメントの出場権を獲得した。 しかしながら、1stラウンドでに 62—59 で敗戦した。 レナードは 12得点10リバウンドの成績であった。 レナードはで、リバウンド王となり、新人賞と、トーナメントMVPを獲得した。 この段階でNBAドラフトにアーリーエントリーする事もできたが、ヘッドコーチのスティーブ・フィッシャーは、1巡目指名を受けられないと判断し、もう1年プレーすること事を勧め、レナードも従った。 2年次シーズン 2010—2011 [ ] 2年次シーズンは、平均15. 7得点 10. 4リバウンドの成績を残し 、 34勝3敗の戦績で、カンファレンス・トーナメントで連続優勝を果たした。 は 再びトーナメント出場を果たした。 この時はベスト16まで進んだが、に敗れた。 レナードはオールアメリカン・セカンドチームに選ばれ、にアーリーエントリーした。 受賞および名誉 [ ]• オールアメリカンセカンドチーム 2011• オールディフェンシブチーム 2011• MVP 2010• 455. 205. 726 9. 9 1. 9 1. 7 12. 7 2010—11 36 36 32. 444. 291. 759 10. 6 2. 5 1. 7 15. 5 キャリア 70 69 31. 449. 250. 744 10. 2 2. 2 1. 7 14. 1 ドラフト前測定 ドラフト年 2011 データソース NBA Draft Combine 身長シューズ無し 6ft6in 198cm 身長シューズ有り 6ft7in 201cm 体重 227lb 104kg 7ft3in 221cm スタンディングリーチ 8ft10in 269cm 体脂肪 5. 5in 65cm 最高垂直跳び 32in 81cm NBA [ ] サンアントニオ・スパーズ [ ] 高校、を経て、で1巡目15位で、に指名を受けたが、学生時代からレナードに注目していたというのGMが主導し、ペイサーズにトレードを申し入れ、HCのお気に入り選手の一人であったと交換で、、の交渉権とともに、スパーズに交渉権が譲渡された。 2011年7月1日から12月8日まで161日間続いたの終結に伴い、12月10日、スパーズと複数年契約を結び 、NBAプレーヤーとなった。 2011-12シーズン [ ] ルーキー・シーズンの は、控えのスモールフォワードとして始まったが、スターターのをに放出したことにより、レナードはスターターとなり、バックアップはトレードで加入したが務めた。 2012年ウィークエンドの にと共にチーム・ メンバーに選ばれたが、脹脛の故障により出場しなかった。 レギュラーシーズンは64試合 先発39試合 に出場し、1試合平均、7. 9得点、5. 1リバウンド、1. 1アシスト、1. 3スティールの成績を残し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で4位となり 、スパーズからは前年のに続いて、に選出された。 「彼はスター選手になるだろう。 そして時を経て、スパーズの看板選手 face になるだろう。 コートの両エンドで本当に特別なプレーヤーであると思う。 そして、彼に関してそのように確信する理由は、彼自身がそうなりたくてしかたがないと思っているからだ。 彼は良いプレーヤーになりたいと思っており、つまり、それは偉大なプレーヤーを意味している。 彼は早く現れ、遅くまで残っている。 まるでスポンジのように吸収力があり、教え甲斐のある coachableな 選手である。 彼がカレッジでの経験が2年しかなく、トレーニングキャンプにも参加していなくとも、彼がすごい選手 something els であることは判るはずだ。 」 レナードに関してヘッドコーチ談 2012-08-31 2012-13シーズン [ ] 2012年10月26日、スパーズはレナードに対しチームオプションを行使し、2013-14シーズンまで契約延長を行った。 は故障で、58試合と出場試合数を減らしたが、57試合をスターターとして出場し、成績も1試合平均11. 7得点、6リバウンド、1. 6アシスト、1. 7スティールと着実に成長した。 2年目のにもチーム・ メンバーに選ばれ 、20得点、7リバウンドを記録し、163—135でチームに勝利した。 プレーオフでは更に成績を伸ばし、 初の出場し、14. 6得点、11. 1リバウンドを記録し、大舞台での勝負強さを見せたが、とのマッチアップでは未だ力及ばず、チームも3勝4敗で敗退した。 2013-14シーズン [ ] で大統領に2014 NBAチャンピオン記念のサインボールを手渡すレナード は、2014年1月戦で、利き手の第4を骨折し 、16試合を欠場したが、65試合に先発し、スパーズのスターターとしての地位を確立し、成績も1試合平均12. 8得点、6. 2リバウンド、2アシスト、1. 7スティールと前年より伸ばしている。 スパーズは久々の に輝き、レナードは、とのマッチアップで、攻守ともに非凡さを見せ、22歳という若さで、 を獲得した。 この若さはの1980年ファイナルの20歳278日、1982年の22歳298日に次ぐ記録である。 またNBAオールスター経験のない選手では6人目で、2004年ファイナルMVPのチャウンシー・ビラップス以来である。 2014-15シーズン [ ] は、プレシーズン・ゲームの終盤6試合と開幕戦の戦を右目のウイルス性により欠場し、10月31日の戦で視力が完全に戻っていない中で復帰を果たした。 その後は好調を維持し、前シーズンを上回る成績を残していたが、12月9日の戦で利き手の靱帯を損傷した。 スパーズはレナードの欠場中、9勝10敗と不振に喘いだが、1月16日の対戦で復帰し、20得点、4リバウンド、5アシスト、3スティールと活躍し、勝利に貢献した。 そのまま好調を維持し、続く30試合を20勝10敗とチームを支えた。 3月24日時点で試合平均2. 3スティールはリーグトップの成績である。 4月5日の戦では、キャリアハイの7スティールを記録した。 レギュラーシーズン終了時点で自己最高の平均2. 31スティール、5. 9ディフェンスリバウンドの成績を残し、シーズンスティール王となり、2015年4月23日、スパーズでは1992年の以来となるを受賞。 更に5月21日には、のファーストチームに選出された。 シーズン序盤、ディフェンス、オフェンス共に安定したプレーを維持し、12月21日、自身初めてとなる、プレーヤー・オブ・ザ・ウィークを受賞した。 12月3日の戦では、キャリアハイとなる7本の3ポイントを成功させ、27得点を記録した。 1月21日、NBAより2016年のファン投票結果が発表され、ウェスタン・カンファレンスのフロントコートで、、に次ぐ3位の782,339票を獲得し 、自身初となるオールスターゲームは、スターターを務め 17得点、6リバウンド、3アシスト、2スティールの記録を残した。 4月2日、開幕からホーム39連勝となった戦でキャリアハイとなる33得点を記録。 4月18日、前年に続きを受賞した。 MVPのに次ぐ得票で 、自身初のオールNBAファーストチームに選出された。 2016-17シーズン [ ] が引退し、新生スパーズの新たな顔となったレナードは、シーズン開幕戦の戦で自己最高の35得点を記録し、129-100での開幕戦勝利をもたらした。 続く10月27日のの新アリーナでの開幕戦となったこの一戦でも、レナードは30得点に加え5スティールを決め、2002年の以来の " 2試合連続30得点5スティール" を記録した。 以降もエース級の活躍を見せ、2017年1月19日にはにファン、プレーヤー、メディによる投票で、ウェスタン・カンファレンスのフロントコートでに次ぐ2位を獲得し、2年連続先発選手としての出場が決定した。 1月21日、アウェイの戦でキャリアハイの41得点を上げ、オーバータイムの末、勝利を掴んだ。 1月28日の戦で26得点を記録し、2005年、の 試合中の負傷で途切れた 75連続試合2桁得点のスパーズフランチャイズ記録を76試合連続に書き換えた。 このシーズンから、対戦チームがレナードの鉄壁ディフェンスを崩すための戦術を練り始め、 カワイがガードするトップオフェンスプレーヤーを敢えて攻撃に参加させず逆の を行い、他のディフェンダーに対して攻撃を展開するスキームを使い、レナードがオンコートの方が、ディフェンス・スタッツが落ちるという結果も生じ、 カワイソレーション Kawhisolation と言う造語も生まれた。 チームは61勝21敗、全体第2シードでプレーオフに進み、ファーストラウンド1回戦の戦で、プレーオフ・キャリアハイに並ぶ32得点を記録し勝利すると、第2戦では更にキャリアハイを更新する37得点に加え、11リバウンドを記録し、スパーズでは2008年の以来となる35得点、10リバウンド以上を達成した。 2017年4月15日、プレーオフ1stラウンド第1戦のメンフィス・グリズリーズ戦で、プレーオフ・キャリアハイとなる32得点を記録し111-82で勝利した。 2日後の第2戦で、37得点を記録し、プレーオフ・キャリアハイ更新し、11リバウンドを加え、96-82でメンフィスを下した。 更に第4戦では、43得点を記録し、たて続けにキャリアハイを更新した。 ゲーム6で29得点を記録し、スパーズはシリーズを4-2としてウェスタンカンファレンス準決勝に進んだ。 スパーズは2ndラウンドでを4-2で下してウェスタンカンファレンスファイナルへ進出したが、レナードは第5戦で左足首を負傷し、第6戦を欠場した。 ウェスタンカンファレンスファイナルの第1戦、第3クォーターに、フィールドゴールを試みた後、の足に着地し、足首の負傷を悪化させ26得点を記録していたが、これ以降の出場はできず、スパーズはウォリアーズにされシーズンを終えた。 レナードは、レギュラーシーズン、平均25. 5得点、5. 8リバウンド、3. 5アシスト、1. 8スティール、プレーオフ、12試合出場で27. 7点、7. 8リバウンド、4. 6アシスト、1. 7スティールを記録した。 キャリアで2度目のオールNBAファーストチームに選ばれ 、3年連続で、3度目のオール・ディフェンス・ファースト・チームの栄誉を獲得した。 2017—18シーズン [ ] 右の怪我により、プレシーズンゲームを全休し 、レギュラーシーズンも開幕から27試合欠場していたが、12月12日に行われた戦で復帰した。 復帰戦ではまだ出場制限が課せられており16分の出場にとどまったが、13得点を記録した。 チームは89-95で敗れた。 その後も出場と欠場を繰り返しながら徐々に出場時間を増やしていったが、2018年1月5日に行われた戦で今度は肩を負傷、1月8日には、今後数試合に欠場すると報じられた。 1月13日に行われた戦で復帰、19得点を記録したが 、1月17日、スパーズはレナードが無期限で欠場すると発表した。 トロント・ラプターズ [ ] 2018年6月、レナードはスパーズにトレードを要求し、その理由が怪我のリハビリ方法を巡ってチームとの関係が悪化したためだと報じられた。 その後、2018年7月18日にと共に、、2019年のドラフト1巡目指名権との交換でに放出された。 2018-19シーズン [ ] 10月17日に開幕戦でラプターズがデビューした時、レナードはに116-104で勝利して24得点・12リバウンドを記録した。 2日後、に 113-101で勝利して31得点・10リバウンドを記録した。 10月24日、に 112-105で勝利して35得点を記録し、ラプターズは開幕5連勝を挙げた。 11月16日、彼はセルティックスに123-116で敗北したものの、31得点とシーズン最多の15リバウンドを記録した。 11月25日、レナードは彼のNBAのキャリアで初となるレギュラーシーズンでのテクニカルファウルを受けながら、 に125-115で勝利し、29得点・12リバウンドを記録した。 11月29日のに131-128で勝利し、シーズンハイとなる37得点を記録した。 12月21日、キャバリアーズに126-110で勝利し、37得点を挙げた。 1月1日、に122-116で勝利してキャリアハイとなる45得点を記録した。 2019年1月3日、古巣の本拠地での試合では激しいを浴びた。 1月13日、に140-138で勝利し、シーズンハイとなる出場時間45分の間に41得点・11リバウンドを記録した。 3月1日、38得点を記録し、に119-117で勝利した。 イースタン・カンファレンス準決勝での対戦の第1戦では、レナードは23本中16本のフィールド・ゴール(FG:69. 6%)を決め、プレーオフでのキャリアハイとなる45得点を記録し、108-95で勝利した。 これによってラプターズ史上、2001年に50得点を挙げた以来となる、プレーオフで40得点以上を記録した2番目のプレーヤーとなった。 76ersとの第4戦では、ラプターズは101-96で勝利し、レナードは39得点・14リバウンドを記録した。 第7戦では、レナードがコーナーからリムに4回跳ね返るブザービーターを決め、92-90で勝利し、ラプターズはイースタン・カンファレンス決勝に進出した。 この試合で39本中16本のフィールド・ゴールを決め、41得点を記録した。 これはNBA史上初の第7戦でのブザー・ビーターであり、普段は物静かで冷静沈着なレナードが感情を爆発させ、勝利の雄叫びを上げた。 レナードは最後のブザー・ビーターについて「素晴らしかった。 第7戦でのウイニング・ショットは今まで経験したことのないものだった。 あのシュートを放ち、決めることができたのは嬉しかった。 私のキャリアの中でも省みることのできる、特別な場面だった。 」と述べている。 ラプターズはイースタン・カンファレンス決勝に進み、第1シードのと対戦した。 イースタン・カンファレンス決勝の第3戦では、レナードが36点を記録し、ラプターズがバックスに118-112で勝利し、バックスとのシリーズを2-1に持ち直した。 第5戦では、彼は5つの3ポイント・シュートを含む35得点・7リバウンド・9アシストを記録し、バックスに3-2でリードした。 第6戦では、100-94でラプターズが勝利し、レナードは27得点・17リバウンドを記録し、ラプターズ史上初となるNBAファイナル進出へと導いた。 レナードは2019年NBAファイナルでの戦でも大活躍した。 第2戦では、ラプターズはウォーリアーズに109-104で敗れたものの、レナードは34得点・14リバウンドを記録した。 第4戦では、ラプターズが105—92で勝利し、レナードも36得点・12リバウンドと活躍した。 第6戦では、彼は22得点を記録し、ラプターズが114-110で勝利し、自身2回目となるNBAチャンピオン、ラプターズ史上初となるNBA優勝をもたらした。 彼はその後2度目となるを受賞し、とに続き、2つのチームでNBAファイナルMVPを受賞した3番目の選手になった。 レナードは2019年のプレーオフで計732得点を記録し、(計723得点)と(計725得点)の記録を上回り、リーグ史上NBAポストシーズンで3番目に高い合計得点を記録した。 これを超える記録を持っているのは(計748得点、2018年)と(759得点、1992年)のみ。 ロサンゼルス・クリッパーズ [ ] プレーオフ後、となり、か残留するという2択と思われていたがのをトレードで獲得したに電撃移籍した。 766 24. 493. 376. 773 5. 1 1. 1 1. 4 0. 7 7. 9 SAS 58 57 43 15. 741 31. 494. 374. 825 6. 0 1. 6 1. 6 1. 1 11. 9 SAS 66 65 54 12. 831 29. 522. 379. 802 6. 2 2. 0 1. 8 1. 2 12. 8 SAS 64 64 46 18. 719 29. 479. 349. 802 7. 2 2. 5 2. 8 1. 5 16. 5 SAS 72 72 60 12. 833 33. 506. 443. 874 6. 8 2. 6 1. 8 1. 0 1. 5 21. 2 SAS 74 74 54 20. 730 33. 485. 381. 880 5. 8 3. 5 1. 7 2. 1 25. 5 SAS 9 9 5 4. 556 23. 468. 314. 816 4. 7 2. 3 2. 0 1. 0 1. 8 16. 2 SAS Career 407 380 311 96. 764 30. 495. 386. 846 6. 2 2. 3 1. 7 1. 7 16. 3 60 60 41 21. 661 34. 496. 371. 854 7. 3 3. 3 1. 4 2. 0 26. 6 Career 467 440 352 117. 751 30. 495. 383. 848 6. 3 2. 4 1. 7 1. 5 17. 7 All-Star 3 3 19. 515. 316. 000 4. 3 2. 3 1. 7 13. 714 27. 500. 450. 813 5. 6 1. 4 0. 9 8. 6 SAS 21 21 15 6. 714 36. 545. 390. 633 9. 0 1. 0 1. 5 1. 1 13. 695 32. 510. 419. 736 6. 7 1. 7 1. 6 1. 3 14. 3 SAS 7 7 3 4. 429 35. 477. 423. 771 7. 4 2. 6 1. 6 2. 1 20. 3 SAS 10 10 6 4. 600 33. 500. 436. 824 6. 3 2. 8 2. 6 1. 4 1. 6 22. 5 SAS 12 12 7 5. 583 35. 525. 455. 931 7. 8 4. 6 1. 7 0. 8 2. 2 27. 7 SAS Career 87 87 57 30. 655 33. 514. 427. 803 7. 3 1. 9 1. 6 1. 4 16. 5 TOR 24 24 16 8. 667 39. 490. 379. 884 9. 1 3. 9 1. 7 3. 1 30. 5 Career 111 111 73 38. 658 34. 506. 421. 798 7. 5 2. 5 1. 7 1. 8 19. 4kg とほぼ同じであるが、221cmと非常に長い (両手を水平に広げた際の長さ)と手の大きさ、運動能力、判断力から、リバウンド、スティールに能力を発揮している。 スタンディングリーチは2m69cm。 オフェンスでは、新人時代はコーナーからの、の役割とトランジッションオフェンスを主に担っていたが、プレーやもでき、ショットセレクションも含めフィールドゴール成功率の良いプレーヤーであり、の精度も年々向上している。 タイトル・受賞 [ ]• NBA• : 2012• : 2014• : 2014,2019• : 2015• : 2015,2016• : 2016,2019,2020• : 2015,2016 NBAキャリアハイ [ ]• アシスト : 7 2x2015• 2008年1月18日、父のマークが自身の経営するの洗車場で射殺され 、犯人は判っていない。 では、は好まず、、、を主に採っており、水の種類にも気を使うと語っている 脚注 [ ]• NBA. com 2012年. 2018年4月19日閲覧。 Fox Sports 2014年10月28日. 2015年3月30日閲覧。 が命名• blacksportsonline. com 2014年5月. 2016年6月閲覧。 Leung, Diamond 2011年4月15日. ESPN. com. 2011年12月21日閲覧。 ESPN. com• GoAztecs. com• GoAztecs. com• hoopshype. com 2017年4月5日. 2017年4月28日閲覧。 ESPN. 2011年12月21日閲覧。 Zeigler, Mark 2011年3月12日. The San Diego Union-Tribune. の2014年6月20日時点におけるアーカイブ。 Goodman, Jeff 2011年3月7日. Fox Sports Interactive Media. 2011年6月21日閲覧。 Greg Beacham 2011年3月25日. Associated Press. 2011年12月21日閲覧。 DraftExpress. com 2011年. 2015年4月26日閲覧。 spurs. com. 2012年3月31日閲覧。 NBA. com 2011年12月10日. 2011年12月21日閲覧。 ペイサーズがレナードの権利をスパーズに譲渡した背景には、当時はがエースとして君臨していたことと、でを指名していたことが要因とされている• MySanAntonio. com 2012年2月24日. 2012年2月24日閲覧。 NBA. com 2012年5月15日. 2012年5月15日閲覧。 NBA. com 2012年5月22日. 2012年5月22日閲覧。 Deveney, Sean 2012年9月2日. SportingNews. com. 2012年9月2日閲覧。 NBA. com 2012年10月26日. 2012年10月26日閲覧。 NBA. com 2013年2月7日. 2013年2月7日閲覧。 NBA. com 2013年2月15日. 2013年2月15日閲覧。 cbssports. com 2014年1月14日. 2017年1月22日閲覧。 mysanantonio. com. 2014年5月20日閲覧。 com 2014年6月15日. 2014年6月16日閲覧。 ESPN. 2014年6月16日. の2014年6月16日時点におけるアーカイブ。 Scott, Nate 2014年6月16日. USA Today. の2014年6月16日時点におけるアーカイブ。 Martin, Brian 2014年6月16日. NBA. com. の2014年6月22日時点におけるアーカイブ。 Price, Tom 2014年6月16日. NBA. com. の2014年6月16日時点におけるアーカイブ。 Associated Press. ESPN. 2014年6月16日. の2014年6月16日時点におけるアーカイブ。 ESPN 2014年10月30日. 2014年11月28日閲覧。 com 2015年4月23日. 2015年4月23日閲覧。 Sports. yahoo. com 2015年4月23日. 2015年4月25日閲覧。 com 2015年4月23日. 2015年4月25日閲覧。 com 2015年4月23日. 2015年4月25日閲覧。 com 2015年5月21日. 2015年5月21日閲覧。 ESPN. com 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 RealGM 2015年12月21日. 2015年12月24日閲覧。 RealGM 2016年1月21日. 2016年1月22日閲覧。 NBA. com 2016年1月21日. 2016年1月22日閲覧。 NBA. com 2016年2月15日. 2016年2月16日閲覧。 TOR vs. com 2016年04月02日• NBA. com 2016年4月18日. 2016年4月19日閲覧。 basketball-reference. com 2016年5月. 2016年6月閲覧。 poundingtherock. com 2016年5月. 2016年6月閲覧。 poundingtherock. com 2017年1月28日. 2017年1月30日閲覧。 cbssports. com 2015年12月13日. 2017年2月14日閲覧。 NBA. com 2017年4月17日. 2017年4月18日閲覧。 ESPN. com 2017年4月15日. 2017年4月15日閲覧。 ESPN. com 2017年4月17日. 2017年4月18日閲覧。 ESPN. com 2017年4月22日. 2017年4月23日閲覧。 ESPN. com 2017年4月27日. 2017年4月28日閲覧。 ESPN. com 2017年5月11日. 2017年5月11日閲覧。 NBA. com 2017年5月18日. 2017年5月22日閲覧。 NBA. com 2017年6月26日. 2017年6月27日閲覧。 NBA. com 2017年11月8日. 2018年1月19日閲覧。 NBA. com 2017年12月13日. 2018年1月19日閲覧。 Basketball Referenc. com. 2018年1月19日閲覧。 NBA. com 2018年1月8日. 2018年1月19日閲覧。 NBA. com 2018年1月18日. 2018年1月19日閲覧。 NBA. com 2018年6月15日. 2018年10月23日閲覧。 NBA. com 2018年7月18日. 2018年10月23日閲覧。 2019年1月4日. 2019年1月13日閲覧。 NBA. com 2007年. 2016年1月閲覧。 spurs. com. 2012年3月28日閲覧。 draftexpress. com. 2015年3月25日閲覧。 NBA. com 2016年5月25日. 2016年5月26日閲覧。 SAS vs. com 2014年04月10日• CLE vs. com 2015年03月12日• SAS vs. com 2015年03月22日• GSW vs. com 2015年04月05日• SAS vs. com 2015年12月03日• Henne, Ricky 2015年8月3日. chargers. com. 2015年8月3日閲覧。 Eric Sondheimer 2008年3月8日. Los Angeles Times. 2011年12月21日閲覧。 , January 20, 2011• CraveOnline. com, March 11, 2011• com 2017年3月. 2017年3月11日閲覧。 外部リンク [ ]• カワイ・レナード --- ドラフト情報 --- (英語), (英語)• カワイ・レナード --- 略歴と通算成績 --- , (英語), (英語), (英語), (英語), (英語), (英語)• kawhileonard - - 長く更新されていない.

次の