競艇 予想方法。 【競艇】勝つためのレース選びのコツとは?予想がしやすいレースの特徴

競艇アプリならこれがおすすめ。予想や投票など目的別に一挙紹介

競艇 予想方法

『競艇を始めたはいいがなかなか思うように勝てない』 『当たっても収支がマイナスになることが多い』 これらは競艇を始めたばかりの初心者に多い特徴であり、上級者になるまでに通る道でもあります。 ただし、単に競艇を続けているだけで予想が上手くなるわけではありません。 そうであれば皆もっと儲かるはずですよね。 「絶対に当たる」とか「回収率100%超え間違いなし!」という情報はないですが、• 初心者にありがちな無駄な舟券の買い方• 予想する上で必須な基礎ポイント これら2点を知っているだけで、 年間の収支や回収率がグッと改善されます。 しかも案外簡単なポイントなので、この記事を読むだけでサクッと習得可能。 競艇で勝てる回数が増えて、今よりもっと楽しくなってくるはずです。 基礎的な競艇予想の仕方 予想の仕方には押さえるべきポイントがあります。 そのポイントさえ押さえれば間違いなく今よりも勝てるようになります。 基本的な予想の仕方は以下の4つです。 コース(競艇場)のクセを知る• 選手の状態を知る• モーターの調子をチェック• ペラの調整 どれも購入前に簡単に調べることができるので、すぐに買うのではなく4つのポイントを確認してから購入しましょう。 それでは順番に解説していきます。 コース(競艇場)のクセを知る 競艇は水上で行われる競技です。 その為、水質が走りに影響を与えます。 競技場の水質には『海水・淡水・汽水』の3種類があります。 海水と汽水は海と繋がっている影響で潮の満ち引きの影響を受けます。 前日と比べると景色が違うということが発生します。 ほとんどの選手はスタート位置を景色で覚えているので、前日と水位に変化があると景色が変わるためスタートのタイミングが合わずにレースが荒れることがあります。 他には海水を含んでいると浮力が大きくなるので、 淡水と比べるとボートのコントロールが難しくなります。 淡水は比較的安定しているので、選手からすると走りやすいコースと言えます。 潮の満ち引きの影響を受けやすい競艇場は、 『江戸川、平和島、鳴門』の3つです。 この3つの競艇場で勝負する際には注意が必要です。 他には強い風が吹く競艇場なのかを把握することも大切です。 風が吹くということは競技場に波が立つということになります。 波の影響で水面の状態が不安定になるため選手は艇をコントロールすることが難しくなります。 3mを超える波が発生する競艇場は『江戸川、芦屋、平和島』の3つです。 このように競技場によって特徴があるのでその特徴も加味して予想を立てましょう。 選手の状態を知る 選手の状態は出走表をみることである程度把握することができます。 主に見ておくポイントは• 選手ランク• 当地勝率• 初日から現在までの成績 この3点は最低抑えておきたいところです。 選手のランクはA1、A2、B1、B2の4種類あり、A1が1番強くB2が弱いという順序になります。 当地の勝率で選手と競艇場の相性がいいかを確認します。 全国勝率が他の選手と平均的な数値をマークしていても、該当の競艇場だけは極端に悪いということがあります。 当地勝率だけで比較しても他の選手の平均と2以上低い選手がいたらその選手は間違いなく該当の競艇場と相性が悪いと言えるでしょう。 今節の成績も出走表から確認ができます。 初日から通算で何位を何回取っているか、 転覆したのか、スタートタイミングは何秒かというのが掲載されています。 これを見ることで選手の調子判断できます。 モーターの調子をチェック 競艇はモーターで決まると言っても過言ではありません。 そのため、舟券を購入する前にモーターの調子をチェックすることは必須です。 出走表にモーターの勝率がしっかりと記載されていますので、それを確認すれば調子の良し悪しを区別できます。 勝率が50%を超えていれば『超抜モーター』といい非常に調子のいいモーターです。 逆に30%を切っているモーターはハズレである可能性が高くなります。 他にはモーターの整備状況も確認しましょう。 特に注意が必要なのがクランクシャフト、シリンダーケースを交換しているかどうかです。 この部分はモーターの核となる部分の為、ほとんど交換することはないのですがもし交換している場合はモーターの状態が非常に悪かったというです。 交換したからといって急に調子があがるというわけではないので、 交換している選手がいた場合は購入しない方が賢明です。 最後に、シーズン中に転覆してしまった場合は電気系統の交換が必要になります。 電気なので、水没は致命傷です。 どんなにうまく交換したとしても水没のダメージを消すことはできません。 転覆の履歴がある選手も購入対象から外しましょう。 ペラの調整 今までは持ちペラといって選手個人が所有しプロペラを叩いたり削ったりしモーターに合うものを作成することができました。 しかし、2012年の4月から制度が変わりプロペラもモーター同様に貸し出す方法になりました。 その為、プロペラの調整は開催期間中のみと制限されるようになったので今までのような深い調整はできなくなりました。 しかしながら、プロペラは車のタイヤとギアに相当すると言われるくらい重要な部品です。 選手の戦術や体重に合わせて繊細な調整をします。 選手はプロペラゲージと呼ばれるものをもってます。 プロペラゲージはいい成績を残したプロペラのコピーのことをいいます。 そのプロペラに近づけるためにハンマーで叩き修正していきます。 どのような調整をしたかは確認できませんが、 交換履歴は出走表から確認ができます。 調子が悪いから交換したのか、勝負をかけるために交換したのか、その意図を予想することで勝率をあげることができます。 やってはいけない舟券の買い方 予想の仕方だけではなく、舟券の買い方にも注意が必要です。 注意したいポイントは、• レース展開が荒れるか堅いか予想できていない• 買い目を絞れていない• 当たる可能性が低いレースを買ってしまう 以上の3点てす。 この内容を実行することで負けにくくなります。 レース展開が荒れるか堅いか予想できていない 荒れるレース展開にはいくつか種類があります。 悪天候、風が強い• 海水や汽水の競技場• 選手の実力が拮抗している 最低でもこの3つは覚えておきたいポイントです。 競艇は水上で行われるレースなので、 その日の天候や風の影響を強く受けます。 雨や風などで水面が荒れると普段よりも繊細なコントールが必要になるため、A1選手であっても転覆することがあります。 競艇場の特徴でも書いた通り 海水や汽水の競艇場だと潮の満ち引きの関係で水面の高さが変わるのでタイミングがずれたり、浮力をうまくコントールできないなどの影響で荒れる展開となるケースが多いです。 他には選手のランクが全員B1などで拮抗している場合はどの選手が1着になるか予想が非常に難しく波乱の展開となります。 このようにレースが始まる前から荒れるかどうかの判断ができます。 荒れるレースは予想が非常に難しいので、 慣れるまでは積極的に買うのは避けましょう。 逆に快晴、淡水、選手のランクがばらけているなどの条件が整っているレースは予想がしやすいので初めはこのようなレースを選んで勝負することからはじめましょう。 買い目を絞れていない トリガミをなくすことは基本中の基本であるため、買い目を絞ることを意識しましょう。 3連単で買う場合は平均の払戻金が7,000円となる為、購 入点数を10点までに抑えることで稼ぎやすくなります。 ボックスで買ってしまうと、3艇までならいいですが4艇になるとその買い目は24点と多くなってしまいます。 そうなると当たったとしてもトリガミになる可能性が高くなります。 フォーメーションをうまく使い3連単で勝負しましょう。 当たる可能性が低いレースを買ってしまう 競艇は1日12レースあります。 その12レースすべてを買っていては収支がプラスになることは非常に難しくなります。 前述した基本的な予想方法をうまく活用し、 1号艇が1位になる可能性が高いレースのみ買うようにして、自信のないレースは買わずに見送るというルールを自分で決めておきましょう。 少し慣れてきた頃に1号艇が固いレースを軸に大穴を狙うなどチャレンジしてみるといいでしょう。 最初から大穴狙いや、 全レースを買っていては勝てるものも勝てません。 大穴を狙う場合はただ単にオッズだけ見て買うのではなく、しっかりと予想した上で根拠のある大穴を狙うようにしましょう。 初心者こそ基礎を抑えて負けを減らそう! ここまで競艇で負けないための予想の仕方について書いてきましたが、いかがだったでしょうか? 大きく勝つということが目標かもしれませんが、 負けを減らすという考え方が非常に大切です。 初心者の場合、自分が勝負したレースのうち何レース的中できたかという『的中率』に目がいきがちです。 しかし、 競艇で安定して勝つためには『回収率』を意識することが大切です。 つまり何回当てられるかではなくいかにプラス収支に持って行けるかを考えなくてはなりません。 例えば、的中率は40%でも回収率が150%であればその日の収支はプラスになっています。 1レース毎に勝った負けたではなくトータル購入金額がいくらで、今いくら回収できているのかを常に意識する必要があります。 そのために今回紹介した予想の基礎と舟券の買い方は役立つと思います。 今回紹介した内容はどれもネットから無料で調べることができるものです。 運任せで勝負するのではなく、しっかりと根拠のある買い方をして勝負しましょう。

次の

【競艇で儲ける工夫】競艇(ボートレース)の予想方法

競艇 予想方法

『競艇を始めたはいいがなかなか思うように勝てない』 『当たっても収支がマイナスになることが多い』 これらは競艇を始めたばかりの初心者に多い特徴であり、上級者になるまでに通る道でもあります。 ただし、単に競艇を続けているだけで予想が上手くなるわけではありません。 そうであれば皆もっと儲かるはずですよね。 「絶対に当たる」とか「回収率100%超え間違いなし!」という情報はないですが、• 初心者にありがちな無駄な舟券の買い方• 予想する上で必須な基礎ポイント これら2点を知っているだけで、 年間の収支や回収率がグッと改善されます。 しかも案外簡単なポイントなので、この記事を読むだけでサクッと習得可能。 競艇で勝てる回数が増えて、今よりもっと楽しくなってくるはずです。 基礎的な競艇予想の仕方 予想の仕方には押さえるべきポイントがあります。 そのポイントさえ押さえれば間違いなく今よりも勝てるようになります。 基本的な予想の仕方は以下の4つです。 コース(競艇場)のクセを知る• 選手の状態を知る• モーターの調子をチェック• ペラの調整 どれも購入前に簡単に調べることができるので、すぐに買うのではなく4つのポイントを確認してから購入しましょう。 それでは順番に解説していきます。 コース(競艇場)のクセを知る 競艇は水上で行われる競技です。 その為、水質が走りに影響を与えます。 競技場の水質には『海水・淡水・汽水』の3種類があります。 海水と汽水は海と繋がっている影響で潮の満ち引きの影響を受けます。 前日と比べると景色が違うということが発生します。 ほとんどの選手はスタート位置を景色で覚えているので、前日と水位に変化があると景色が変わるためスタートのタイミングが合わずにレースが荒れることがあります。 他には海水を含んでいると浮力が大きくなるので、 淡水と比べるとボートのコントロールが難しくなります。 淡水は比較的安定しているので、選手からすると走りやすいコースと言えます。 潮の満ち引きの影響を受けやすい競艇場は、 『江戸川、平和島、鳴門』の3つです。 この3つの競艇場で勝負する際には注意が必要です。 他には強い風が吹く競艇場なのかを把握することも大切です。 風が吹くということは競技場に波が立つということになります。 波の影響で水面の状態が不安定になるため選手は艇をコントロールすることが難しくなります。 3mを超える波が発生する競艇場は『江戸川、芦屋、平和島』の3つです。 このように競技場によって特徴があるのでその特徴も加味して予想を立てましょう。 選手の状態を知る 選手の状態は出走表をみることである程度把握することができます。 主に見ておくポイントは• 選手ランク• 当地勝率• 初日から現在までの成績 この3点は最低抑えておきたいところです。 選手のランクはA1、A2、B1、B2の4種類あり、A1が1番強くB2が弱いという順序になります。 当地の勝率で選手と競艇場の相性がいいかを確認します。 全国勝率が他の選手と平均的な数値をマークしていても、該当の競艇場だけは極端に悪いということがあります。 当地勝率だけで比較しても他の選手の平均と2以上低い選手がいたらその選手は間違いなく該当の競艇場と相性が悪いと言えるでしょう。 今節の成績も出走表から確認ができます。 初日から通算で何位を何回取っているか、 転覆したのか、スタートタイミングは何秒かというのが掲載されています。 これを見ることで選手の調子判断できます。 モーターの調子をチェック 競艇はモーターで決まると言っても過言ではありません。 そのため、舟券を購入する前にモーターの調子をチェックすることは必須です。 出走表にモーターの勝率がしっかりと記載されていますので、それを確認すれば調子の良し悪しを区別できます。 勝率が50%を超えていれば『超抜モーター』といい非常に調子のいいモーターです。 逆に30%を切っているモーターはハズレである可能性が高くなります。 他にはモーターの整備状況も確認しましょう。 特に注意が必要なのがクランクシャフト、シリンダーケースを交換しているかどうかです。 この部分はモーターの核となる部分の為、ほとんど交換することはないのですがもし交換している場合はモーターの状態が非常に悪かったというです。 交換したからといって急に調子があがるというわけではないので、 交換している選手がいた場合は購入しない方が賢明です。 最後に、シーズン中に転覆してしまった場合は電気系統の交換が必要になります。 電気なので、水没は致命傷です。 どんなにうまく交換したとしても水没のダメージを消すことはできません。 転覆の履歴がある選手も購入対象から外しましょう。 ペラの調整 今までは持ちペラといって選手個人が所有しプロペラを叩いたり削ったりしモーターに合うものを作成することができました。 しかし、2012年の4月から制度が変わりプロペラもモーター同様に貸し出す方法になりました。 その為、プロペラの調整は開催期間中のみと制限されるようになったので今までのような深い調整はできなくなりました。 しかしながら、プロペラは車のタイヤとギアに相当すると言われるくらい重要な部品です。 選手の戦術や体重に合わせて繊細な調整をします。 選手はプロペラゲージと呼ばれるものをもってます。 プロペラゲージはいい成績を残したプロペラのコピーのことをいいます。 そのプロペラに近づけるためにハンマーで叩き修正していきます。 どのような調整をしたかは確認できませんが、 交換履歴は出走表から確認ができます。 調子が悪いから交換したのか、勝負をかけるために交換したのか、その意図を予想することで勝率をあげることができます。 やってはいけない舟券の買い方 予想の仕方だけではなく、舟券の買い方にも注意が必要です。 注意したいポイントは、• レース展開が荒れるか堅いか予想できていない• 買い目を絞れていない• 当たる可能性が低いレースを買ってしまう 以上の3点てす。 この内容を実行することで負けにくくなります。 レース展開が荒れるか堅いか予想できていない 荒れるレース展開にはいくつか種類があります。 悪天候、風が強い• 海水や汽水の競技場• 選手の実力が拮抗している 最低でもこの3つは覚えておきたいポイントです。 競艇は水上で行われるレースなので、 その日の天候や風の影響を強く受けます。 雨や風などで水面が荒れると普段よりも繊細なコントールが必要になるため、A1選手であっても転覆することがあります。 競艇場の特徴でも書いた通り 海水や汽水の競艇場だと潮の満ち引きの関係で水面の高さが変わるのでタイミングがずれたり、浮力をうまくコントールできないなどの影響で荒れる展開となるケースが多いです。 他には選手のランクが全員B1などで拮抗している場合はどの選手が1着になるか予想が非常に難しく波乱の展開となります。 このようにレースが始まる前から荒れるかどうかの判断ができます。 荒れるレースは予想が非常に難しいので、 慣れるまでは積極的に買うのは避けましょう。 逆に快晴、淡水、選手のランクがばらけているなどの条件が整っているレースは予想がしやすいので初めはこのようなレースを選んで勝負することからはじめましょう。 買い目を絞れていない トリガミをなくすことは基本中の基本であるため、買い目を絞ることを意識しましょう。 3連単で買う場合は平均の払戻金が7,000円となる為、購 入点数を10点までに抑えることで稼ぎやすくなります。 ボックスで買ってしまうと、3艇までならいいですが4艇になるとその買い目は24点と多くなってしまいます。 そうなると当たったとしてもトリガミになる可能性が高くなります。 フォーメーションをうまく使い3連単で勝負しましょう。 当たる可能性が低いレースを買ってしまう 競艇は1日12レースあります。 その12レースすべてを買っていては収支がプラスになることは非常に難しくなります。 前述した基本的な予想方法をうまく活用し、 1号艇が1位になる可能性が高いレースのみ買うようにして、自信のないレースは買わずに見送るというルールを自分で決めておきましょう。 少し慣れてきた頃に1号艇が固いレースを軸に大穴を狙うなどチャレンジしてみるといいでしょう。 最初から大穴狙いや、 全レースを買っていては勝てるものも勝てません。 大穴を狙う場合はただ単にオッズだけ見て買うのではなく、しっかりと予想した上で根拠のある大穴を狙うようにしましょう。 初心者こそ基礎を抑えて負けを減らそう! ここまで競艇で負けないための予想の仕方について書いてきましたが、いかがだったでしょうか? 大きく勝つということが目標かもしれませんが、 負けを減らすという考え方が非常に大切です。 初心者の場合、自分が勝負したレースのうち何レース的中できたかという『的中率』に目がいきがちです。 しかし、 競艇で安定して勝つためには『回収率』を意識することが大切です。 つまり何回当てられるかではなくいかにプラス収支に持って行けるかを考えなくてはなりません。 例えば、的中率は40%でも回収率が150%であればその日の収支はプラスになっています。 1レース毎に勝った負けたではなくトータル購入金額がいくらで、今いくら回収できているのかを常に意識する必要があります。 そのために今回紹介した予想の基礎と舟券の買い方は役立つと思います。 今回紹介した内容はどれもネットから無料で調べることができるものです。 運任せで勝負するのではなく、しっかりと根拠のある買い方をして勝負しましょう。

次の

競艇の勝率を上げる予想方法を覚えよう

競艇 予想方法

1コースの勝率は圧倒的!有利なレース場も紹介 大前提として、競艇では インコースを取ると上位に入りやすいです。 反対に外へ行くほど不利になる傾向があります。 これは内側の方が走る距離が短くなるからです。 そのため、 1コースの選手はインコースを取りやすくなっており、上位になる可能性が最も高い特徴があります。 初心者の方は、1号艇の選手を軸とした予想をするのをおすすめします。 ちなみに、1号艇選手が1位になりやすいレース場があります。 それは 大村、徳山、芦屋、下関の4会場です。 それぞれの競艇場ごとに、1~6コースの選手が1着になる確率を下記にてまとめてみました。 競艇場 1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース 大村 61. 7% 12. 7% 9. 5% 9. 4% 6. 3% 1. 3% 徳山 62. 7% 16. 6% 9. 2% 8. 3% 2. 5% 1. 4% 芦屋 61. 7% 12. 5% 10. 2% 11. 4% 5. 0% 0. 3% 下関 61. 7% 12. 7% 9. 5% 9. 4% 6. 3% 1. 表を見てみると、どのレース場も 1位の入着率は6割を越えています。 ちなみに、桐生競艇場の1コースの1着率 53. 6%でした。 この数字からも、上記4会場の1着率が高いことが分かりますね。 競艇ビギナーは、「大村、徳山、芦屋、下関」の会場から予想を始めてみることをおすすめします。 2コースは「差し」か「まくり」で勝利を決める 2コースは1コースの次に1位になる確率が高いです。 1号艇に続いてインコースを取りやすいからですね。 2号艇の選手は 「差し」か「まくり」の戦略を取って勝つことが多いです。 コースを主軸に考えた予想方法を解説していきました。 ただ、多数のポイントをすべて把握するのはなかなか大変ですよね。 そこで、私が実際にコースに着目して予想を立てる方法を紹介していきます!着目ポイントを的確に絞っているので、競艇ビギナーも始めやすいですよ。 絶対に外したくない 「本命」を狙うときと、稼ぐことをメインとした 「穴」狙いの場合で分けてご紹介していきますね。 「本命」を狙う予想方法 必ず当てたい本命を狙う際には、有利な 1〜3号艇のインコース勢を主軸に考えます。 そのために、1コースの1着率が高い 大村、徳山、芦屋、下関の4会場で予想しましょう。 会場を絞ることができたら、風向きを確認します。 インコース勢が更に有利となるのは、 追い風の時です。 ここまで精査していくと、多数ある組み合わせから予想を絞ることが出来ます! 基本的には3連単で舟券を買いましょう。 1〜3号艇を主軸としたボックス買いがおすすめです。 ボックス買いとは、選んだ複数の艇で1着、2着、3着の組み合わせを全て買う方法。 的中率を重視したい、本命狙いにはぴったりな買い方です。 まとめてしまうと本命を狙う際には• 大村、徳山、芦屋、下関を確認• 風向きが「追い風」かどうかチェック• 1〜3号艇の3連単ボックス で予想を立て、舟券を買いましょう! 「穴」を狙う予想方法 稼ぎをメインとした穴を狙うには、オッズが高い3連単の組み合わせを見極める必要があります。 オッズとは「もし舟券が的中した場合、どのくらい稼げるのか」ということで、数値が高ければ高いほど当たった際のリターンが大きくなるのです。 オッズが低い艇ほど人気があり、反対にオッズが高い艇ほど人気がないということになります。 つまり穴を狙うには なかなか当たらなそうな艇を選ぶ必要があるということですね。 先述した通り、このコースは勝率が低いためオッズも高くなりやすいです。 ただし、予想は当てなければ稼げないので、 1・2着にはやはり有利な1・2コースを入れるのがおすすめですね。 会場を選ぶ際には、風向きをチェック! アウトコース勢が有利な「向かい風」の会場を選びましょう。 舟券の買い方は、 フォーメーションがおすすめです。 フォーメーションとは、 1着、2着に入りそうな艇を主軸として、3着を手広く買う方法。 まとめると穴を狙う際には•

次の