リトル マーメイド キャラクター。 映画リトル・マーメイドの5つのトリビアと隠れキャラ

ディズニー映画「リトルマーメイド」あらすじ&ネタバレ!登場キャラクター・曲・トリビア

リトル マーメイド キャラクター

1、アースラの契約書 海の魔女アースラが人魚姫アリエルと交わした「賭け」の契約書には一体なにが書いてあったのだろうか。 実はこれ英語のようでアルファベットがランダムに並んでいて意味をなしていない架空の言語である。 しかしその中に誰もが知っている絵が描いてあるのが分かるだろうか。 そう、ミッキーマウス。 こんなところにもミッキーが登場していたのである。 2、あのキャラクターの友情出演 物語の冒頭で、 父王トリトンが登場する際、画面左隅にミッキーとグーフィーの二人が群集に混ざっている。 3、シンデレラのあのキャラが 王子様の結婚式のシーンにシンデレラに登場する国王と大公の姿がある。 ディズニー映画では別の物語の王様や女王様同士が親戚だったり、友人だったりすることがよくあるが、リトル・マーメイドも例外ではなかった。 ちなみにシンデレラのときの国王と大公の二人はこんなだった。 4、有名な絵画 アエリエルが興味深そうに眺めているこの絵画、実はフラン人画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの代表作「 Magdalene With The Smoking Flame ゆれる炎のあるマグダラのマリア」。 ディズニー映画では世界の有名絵画とのコラボも決して珍しくなく、「」でもフランスを代表する画家ジャン・オノレ・フラゴナールの代表作「ぶらんこ」が登場した。 5、カーロッタのモチーフはあのキャラクター 王子エリックの王国で働く太ったおばさんカーロッタは、シンデレラをモチーフにしたものだと考えられている。 エプロンや頭巾の感じはそのまま。 違うところといえば二人の体のサイズだろう。 >> 関連記事 「」.

次の

【セバスチャン】アリエルのお世話係は音楽家のカニ!映画『リトル・マーメイド』のキャラクター雑学!

リトル マーメイド キャラクター

1、アースラの契約書 海の魔女アースラが人魚姫アリエルと交わした「賭け」の契約書には一体なにが書いてあったのだろうか。 実はこれ英語のようでアルファベットがランダムに並んでいて意味をなしていない架空の言語である。 しかしその中に誰もが知っている絵が描いてあるのが分かるだろうか。 そう、ミッキーマウス。 こんなところにもミッキーが登場していたのである。 2、あのキャラクターの友情出演 物語の冒頭で、 父王トリトンが登場する際、画面左隅にミッキーとグーフィーの二人が群集に混ざっている。 3、シンデレラのあのキャラが 王子様の結婚式のシーンにシンデレラに登場する国王と大公の姿がある。 ディズニー映画では別の物語の王様や女王様同士が親戚だったり、友人だったりすることがよくあるが、リトル・マーメイドも例外ではなかった。 ちなみにシンデレラのときの国王と大公の二人はこんなだった。 4、有名な絵画 アエリエルが興味深そうに眺めているこの絵画、実はフラン人画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの代表作「 Magdalene With The Smoking Flame ゆれる炎のあるマグダラのマリア」。 ディズニー映画では世界の有名絵画とのコラボも決して珍しくなく、「」でもフランスを代表する画家ジャン・オノレ・フラゴナールの代表作「ぶらんこ」が登場した。 5、カーロッタのモチーフはあのキャラクター 王子エリックの王国で働く太ったおばさんカーロッタは、シンデレラをモチーフにしたものだと考えられている。 エプロンや頭巾の感じはそのまま。 違うところといえば二人の体のサイズだろう。 >> 関連記事 「」.

次の

リトル・マーメイドII Return to The Sea

リトル マーメイド キャラクター

1989年公開のディズニー映画 『リトルマーメイド』。 アンデルセン童話の『人魚姫』をアレンジした、王子様と人魚の恋を描いた物語である。 リトルマーメイドに登場する悪役は、ディズニーの悪役でも根強い人気を誇る 「アースラ」という魔女だ。 作中では主人公・アリエルの恋心を利用し、海の王の座をアリエルの父・トリトンから奪い取ろうとする。 アリエルどころか、 あらゆる海の生き物たちを貶めてしまうなかなかにヤバイヤツである。 で…このアースラと、アリエルは実のところ親戚だという。 ってことは…姪っ子に牙を剥こうってのか!? 余計にヤバイヤツじゃないか! ということで、今回は『リトルマーメイド』の悪役・アースラの雑学を紹介するぞ! 【サブカル雑学】ディズニー映画「リトルマーメイド」の悪役・アースラはアリエルの親戚 「リトルマーメイド」に出てくるアースラは、トリトン王の姉。 つまり、アリエルから見れば伯母(おば)にあたる。 【雑学解説】『リトルマーメイド』のアースラとアリエルの関係は? アースラがアリエルの伯母さんだって!? という雑学に触れる前に、まずはアースラがどんなキャラクターなのかをおさらいしておこう。 グッズやショーなどで知ってはいても、実は作品はまだ見れてないんだよね! みたいな人もいるかもしれないしね。 『リトルマーメイド』のアースラはこんなキャラクター アースラは映画『リトルマーメイド』に登場する魔女で、 タコの足に紫色のふくよかな身体、パンク風のヘアスタイルに銀色の髪の毛が特徴のおばはんである。 海の底の暗い洞窟に、フロットサム・ジェットサムという2匹のウツボを従えて暮らしている。 「人助け」と称して悩める人魚たちの願いを叶え、代わりに自分の欲しいものをなにか貰う(アリエルの場合は声)という悪業を繰り返している悪いおばはんである。 え…願い叶えてくれるの? いいおばはんやん。 …などと思ったら大間違い。 魔法をかける際には約束を設け、期限内にその約束を果たせなければ、 干からびた変な生き物に変えられる。 変な生き物はアースラが魔法を調合する際の材料に使われてしまうという、なかなかエグイ仕打ちをしてくるのだ。 しかも条件となる約束は部下に妨害させるなどして、必ず失敗するようになっている。 つまり 「約束さえ守れば大丈夫!」と思っている人魚を利用して、自分の欲しいものだけネコババするクソババである。 ちなみに魔法をかける際は 口約束ではなく契約書を交わすという入念っぷり。 悪徳セールスマンの鏡だ。 この契約書自体が魔力を持っており、それはアリエルの父・トリトンが矛で破こうとして失敗するほど強力なものである。 で、作中では主人公のアリエルが標的にされるわけだ。 ふたりがどんなやり取りをしたのかも詳しく見ていこう。 映画『リトルマーメイド』内でのアースラとアリエルのやり取り アリエルがアースラの標的になったことからわかるように、アリエルもほかの人魚たちと同じく悩める人魚ちゃんだった。 彼女は人間の船を見物に行った先で王子・エリックに恋をするのだが、人間と人魚の恋は禁じられており、父親のトリトン王から「もう会ったらあかん!」と言われてしまう。 そう、アリエルの願いは 人間の身体を手に入れてエリックと結ばれることである。 アースラはこの願いにつけこんでこんな約束をけしかけるのだ。 「3日間、人間の足を与える代わりに、持ち前の美声をもらう。 でも、もし3日以内にエリックとキスできなかったら、あんたの身体をもらう」 この契約を交わしてアリエルは人間の姿となり、エリックの元へ行くわけだ。 以下がその1シーンである。 アースラの日本語吹き替え版はタレントでオペラ歌手の森公美子さんだ。 さすがの歌唱力! この後もちろん、人間になったアリエルの恋はアースラに邪魔される。 アースラは 「ヴァネッサ」という黒髪の美女に姿を変え、アリエルから奪った美声と魔法を使ってエリックを操り、自分が結婚してしまおうとするのだ。 間違って結婚した相手がタコのおばはんってけっこうショックである…。 まあそれも結婚する前にバレちゃうんだけどね! …と、今回はそんなアースラが 「実はアリエルの親戚」という雑学なのだが、これはいったいどういうことだ? アースラはトリトン王に追放された彼の姉だった! 実はこの「アースラはアリエルの伯母さん」という設定は、 ミュージカル『リトルマーメイド』にて加えられたものである。 ブロードウェイ板のリトルマーメイドの劇中歌には、以下のような内容の歌詞が登場する。 ブロードウェイ版の劇中歌「I Want The Good Times Back(楽しかった時間を取り戻せ)」 「父親が亡くなる際、アースラは魔法の源の貝殻と海の半分をもらって、 トリトンは矛(ほこ)と海の半分をもらった。 黒魔術使ってたら王になったトリトンに追放された! 許さない! 復讐してやる!」 以下が「I Want The Good Times Back」のシーンを映した動画だ。 アースラがちょっと美人過ぎる気がするのは言いっこなしである。 なるほど! 1曲聴けばアースラが何者なのかしっかりわかる。 つまり姉弟のなかで唯一醜く生まれたアースラは姉たちを妬んで全員殺してしまった。 その罪で アリエルの父・トリトン王に追放されてしまった彼の姉なのだ。 アリエルにとっては伯母さんにあたる。 ブロードウェイ版では「黒魔術を使った罪」となっているが、とにかく追放された恨みは変わらない。 その恨みがアリエルに標的を向けさせたわけだ。 映画『リトルマーメイド』終盤で、アースラはアリエルを人質として利用し、トリトンから一時、王座を奪う。 その際トリトンからぶん取った 「王族だけが扱える矛・トライデント」を扱っているのは、彼女もまた王族の血を継いでいるからだったのだ! すげー! 繋がったー! ちなみに姉弟のなかでアースラだけが醜く生まれてしまったことには、 彼女が側室の娘だから…という設定がある。 つまりアースラやトリトンのお父ちゃん(ポセイドン)の正室は人魚で、側室はタコだってこと…? お父ちゃんは何を考えてタコを側室にしたんだよ…。 姉を殺すのはダメだけど、 よく考えたらアースラも被害者だよね。 アースラとは対照的な細身の身体をしているが、下半身は相変わらずタコ。 アースラぐらい悪人だけど、アースラほどの魔法は使えない。 そのため アリエルとエリックの娘・メロディを利用してトリトン王のトライデントを手に入れ、海を支配しようとしたちょっと残念な悪役である。 …下半身がタコってことは、 モルガナも側室の子なわけだよね。 アースラみたいに魔法の力ももらえなかったわけだし、余計に可哀想な役どころではないか…。 以下がモルガナの登場シーンだ。 日本語吹き替え版は久本雅美さん。 …ちょっと似てる気もする。 トゲトゲしたヒレをもつ、なかなかにファンキーな見た目の魚である。 そこまで毒性は強くないものの、 毒針をもっているちょっと怖い魚だ。 以下のツイートでカサゴを模したアースラの初期デザインが載せられている。 タコよりも 化け物感がすごい…。 個人的にはタコのほうが魔女っぽくてアースラらしい気がするので、このデザイン変更は正解だったのかなと思える。 ヨーロッパではタコは「デビルフィッシュ」と呼ばれているし、悪役のイメージにもぴったりじゃないか。 まあ、カサゴもおっかなくていい感じだけど。

次の