妊娠初期 下痢。 妊娠超初期症状は風邪や下痢も? 妊娠に気づきにくい時期に注意すること|ウーマンエキサイト

妊娠初期に下痢が続くのは大丈夫?流産の危険は?原因や5つの対処法

妊娠初期 下痢

冷たいもの、脂っこいもの、生ものは摂りすぎない• よく噛んで、ゆっくりと食べる• 冷たい飲み物は少しずつ飲む• こまめに水分補給• 栄養をしっかりと摂る• あれって子宮が大きくなることが原因だったんだ! 運動不足 つわりによって眠気や吐き気が起こるため、段々と身体を動かす量が減っていきます。 さらに 腸内の水分も不足し、便が硬くなるので便秘を引き起こし、おならの原因となってしまいますよ! ストレス 実は、 ストレスとおならの量 は大きく関係しているのです!妊娠初期は、つわりなども起こり体調不良で悩む妊婦さんも多いですよね。 そのため、 妊娠初期はストレスを溜めこむ時期となります。 ストレスは自律神経の乱れの原因のひとつ!自律神経が乱れると、お腹の中の 良い菌(善玉菌)を減らし、悪い菌(悪玉菌)を増やしてしまいます。 これが胃の調子を悪くして腸内に有毒ガスを発生させることで、おならを増やしてしまうのですよ! おならに効果的なのは?• 十分な水分補給• 適度な運動• 食物繊維• 発酵食品• 乳酸菌• 豆、肉、炭酸を控える• でも 身体をあまりにも動かさないと、胃も運動をしません。 肉類は悪玉菌を増やしてしまうので、善玉菌を減らしてしまいます!また、 腸内にガスをたくさん溜めてしまうので、おならを増やす原因となってしまうのです。 赤ちゃんが大きく成長するにつれて悪化する場合もありますが、我慢は禁物! 妊娠時のおならは、 赤ちゃんが成長するために大きくなる子宮が腸を圧迫し、腸の働きを悪くします。 でも、 お腹にガスを溜めることは良くないので、我慢することは控えましょう。 今回は妊娠初期症状の下痢やおならの原因や対策を一緒にご紹介していますが、妊娠初期症状の下痢とおならのことをもっと詳しく知りたい!という方はや、の記事もぜひご覧ください! まとめ• ホルモンバランスの変化、自律神経の乱れ、食事の偏りなどが原因で下痢が起こりやすくなる!• もともと消化器官が弱い人、冷たい食べ物や飲み物を好む人が下痢になりやすい人の特徴!• 冷たいものや脂っこいものを摂りすぎない、十分な水分補給をすることで下痢を回避!• 子宮の大きさの変化、水分不足、ストレスなどがおならの原因と言われている!•

次の

妊娠初期に腹痛・下痢になった!お腹の赤ちゃんは大丈夫なの?!

妊娠初期 下痢

妊娠によって下痢や出血が起こる理由と、病気の可能性があって注意が必要な場合について知っておきましょう。 下痢や出血があった場合の対処法についてもご紹介します。 そもそも妊娠超初期って? 妊娠の成立では、妊娠週数は最終月経の開始日を「0周0日」としてカウントします。 たとえば月経周期が28日の人の場合、妊娠0週目は月経中で、1週目の終わりから2週目頃にかけて排卵・受精の時期となります。 このときうまく受精した場合は、3週目頃になると子宮内の壁(子宮内膜)に受精卵が着床して妊娠が成立します。 妊娠初期と妊娠超初期2ヶ月以降(4~5週目)になると検査で妊娠の判定ができるようになります。 本人も「生理が来ない」ムカムカする」といった症状を自覚するようになります。 この妊娠2~4ヶ月(4週~15週)までを「妊娠初期」と呼んでいます。 中には、4週より前に何らかのによって「妊娠?」と感じる人もいます。 そこで、妊娠0週から4週までを「妊娠超初期」と呼んでいます。 妊娠成立後は、妊娠を継続するためにhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というが分泌されます。 妊娠4~5週以降の時期になると、その分泌量が増えて尿にも排出されるので、市販のなどでも確認することができるようになってきます。 その意味で「妊娠超初期」は、市販薬などによって検査できるかどうかが微妙な時期ともいえるでしょう。 妊娠超初期~妊娠初期に起こる主な症状 妊娠初期になると、つわりをはじめ下腹部痛やお腹の張りなどさまざまな症状が起こってきますが、中には超初期から同様の兆候を感じ始める人もいます。 おもな初期症状は次のようなものです。 出血予定日頃に少量の出血があると、受精卵が子宮内に着床したときに起こる「着床出血」の可能性があります。 妊娠超初期に起こるので「生理が早まったのかな?」と思う人もいるようです。 ただし、出血量や出血期間には個人差があり、ごく少量でほとんど気づかない程度の人もいますし、全くない人もいます。 他の病気が隠れていて不正出血をしている場合もあるので、産婦人科医の診断を受けるのがおすすめです。 基礎体温の変化ロゲンとプロゲンという2種類の女性の働きによって、基礎体温は変化しています。 生理中はロゲンの影響で低温期に、排卵後は黄体のプロゲンによる影響で高温期になります。 通常だとこの高温期が2週間ほど続いてプロゲンの分泌が低下し、体温も低下しますが、妊娠すると高温期が続きます。 微熱・だるさ・眠気など後数ヶ月は、プロゲンが分泌し続けることで高温期が継続するので、微熱っぽい、だるい、頭痛がするといった症状が起こる場合があります。 風邪と間違えられることもあるようです。 また、それに加えて異様な眠気を感じる人も少なくありません。 腰痛後にはリラキシンというが分泌され、出産を助けるために関節などがゆるんで、が骨盤を通りやすくなります。 しかし関節がゆるんだ結果、筋肉がこれをしようと緊張するため、腰に痛みやを覚える人もいます。 おりものの変化 排卵期はロゲンの影響で比較的透明でさらっとしたおりものが出ます。 ところが妊娠すると、ロゲンとプロゲンの両方が分泌するので、白色から透明でさらっとした感じに変化したり、おりものが減ったりといった人もいます。 また着床出血の血液が混ざって茶褐色やのおりものが出る場合もあります。 ただし、おりものの量や色の変化で妊娠を判断することは難しいでしょう。 食欲不振・吐き気・胸やけ 個人差は大きいものの、食欲がなくなったり気持ち悪くなったり、吐き気に襲われたり嘔吐したりと、消化器症状を経験する人は多くいます。 このほか、下痢や便秘がちになったり、腹痛やお腹が張ったりするなど、胃腸に不調が起こる場合もあります。 においに敏感になる人も少なくありません。 妊娠16週を過ぎる頃には症状も治まってくるといわれますが、仕事や育児のや、環境の影響などもあるので、その後も症状が続く妊婦さんもいます。 症状の重いものは「妊娠悪阻(にんしんおそ)」といって治療が必要になります。 同時に腹痛が起きた場合は? 下痢と腹痛の原因初期に下痢があり、なおかつ腹痛もあった場合を考えてみると、お腹の冷えがあります。 つわりなどで口をさっぱりするために冷たいものを多く摂っていると、腹痛を伴った下痢を起こす可能性があります。 また妊娠する前には何でった、たとえば果物やなどの食品でも腹痛を伴う下痢を起こす可能性があります。 強い腹痛とともに嘔吐などがあれば、それは性胃腸炎やの可能性もあります。 すぐに受診しましょう。 出血と腹痛の原因 お腹が痛くて出血をしている場合に考えられることの一番は、切迫流産(流産の危険性がある状態)です。 以下にも述べるように、腹痛と出血が長く続く場合は、流産になる可能性があります。 速やかに産婦人科で診察を受けて、正常な妊娠かどうかを確認してもらいましょう。 下痢や出血は流産には関係ない? 下痢と流産の関係するとさまざまな原因で下痢を起こしやすくなります。 下痢をすると流産になるというわけではありませんが、下痢が続くと脱水などの心配が出てきて、それによって妊婦や胎児にも負担がかかって悪影響があり、流産につながる恐れがあります。 下痢が続く原因 『 ・の乱れするとが大きく変化しますし、自律神経も乱れるので排泄機能に悪影響を与え、下痢を招いてしまいます。 また、プロゲンが腸の運動を抑制するため、腸内の水分が不安定になって便秘や下痢を引き起こします。 ・食事の偏りや冷え 人によってはつわりで食べられるものが偏ってしまうこともあります。 身体を冷やすような食べ物しか食べられない場合は、それによって気分がよくなったりつわりの症状が改善したりする一方で、お腹が冷えて下痢が起こることもあります。 』 下痢への対処法中は体内のプロゲンの影響で、胃腸機能が低下しがちになります。 の予防の方法としては、食べ物は脂っこいものや生ものは避け、や温かい飲み物、の豊富な野菜などを摂って、胃腸に優しい食生活を意識しましょう。 冷たい飲み物はお腹が冷えますから、一気に飲まずに少しずつ飲むといった工夫が必要です。 冷えはにとっても大敵ですから、腹巻や靴下などで身体を温めることが大切です。 になってしまったときは脱水になりがちです。 対策としては、水分が不足しないようにこまめに水分補給をし、などの栄養分も摂取するようにしましょう。 なお、長時間にわたって水様性の下痢が続く場合は、による感染症を起こしている可能性もあります。 基本的に、妊娠中は処方できる薬が普段とはので、市販薬を飲む前に産婦人科医に相談してみると安心でしょう。 出血の場合 初期に出血するとまず流産を心配しますね。 流産の可能性があるのは、鮮血が3日以上続いている、妊娠12週を過ぎているのに出血しているなどの場合です。 出血の原因 『 ・絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)5週頃から起こる切迫流産の症状の一つです。 出血や下腹部の痛みや張りがあったら、動き回ったりして無理をしないようにし、安静にしましょう。 血腫(血液の塊)が大きくなるようなら、運動はもちろん日常生活にも制限がかかり、入院となる場合があります。 でも、症状が悪化せずにそのまま治まればへの影響はありませんし、胎盤が完成する妊娠5か月頃までには治まると言われます。 血腫があったとしても妊婦健診時に胎児の心拍が確認できていれば、ほとんどの場合、胎児は問題なく順調に成長していきます。 ・月経様出血(着床出血)4週頃に月経のような出血が起こります。 月経時と比べて出血量は少なく3日ほどで治まるのが特徴です。 ・子宮膣部びらんの入口がただれている状態。 ・子宮頚管ポ頚部にできる良性のポ。 』 以上はあまり心配しなくてもな出血ですが、以下のような場合には一刻を争う状態になる場合もありますから要注意です。 『 ・胞状奇胎(ほうじょうきたい) 胎盤の元となる絨毛が病的に増殖してを吸収してしまう病気で、人に1人程度の割合で発症する異常妊娠です。 不正出血とともに、妊娠悪祖症状が強く出ます。 病院でなるべく早く子宮内膜除去術を行って治療しますが、2回行う必要のある場合もあります。 ・異所性妊娠(子宮外妊娠) 受精卵が子宮外に着床してしまうことを意味します。 そのまま放置しておくと卵管が破裂する可能性があり、大量出血や激痛などの症状に陥り、命にかかわるような危険な状態になることもあります。 とくに、出血が多量で腹部に痛みを伴う場合には、自分で判断せず、すぐに産婦人科に連絡をして受診したほうがよいでしょう。 』 出血したときの対処法 出血したらまずは横になって安静にしましょう。 安静にしても出血が止まらないという場合は、産婦人科を受診しましょう。 ただし、妊娠初期の出血に効く薬はありません。 また、出血が全くなくても流産することもあります。 稽留流産(けいざん)といって、妊娠6~7週に起こりやすく、一度は確認された胎児が子宮の中で死亡したまま留まっている状態です。 自覚症状がないのが特徴で、原因の多くは染色体異常や先天性異常によるものです。 週数によりますが、自然に排出されるのを待つか、子宮内除去術を行う場合もあります。

次の

妊娠初期症状☆いつから腹痛と下痢の症状があらわれるのか??

妊娠初期 下痢

妊娠初期の身体の変化 妊娠中の妊婦の身体には、たくさんの変化が訪れます。 特に妊娠初期の頃は、赤ちゃんを育てるための身体になろうとする働きた強く、変化も急スピードなので、戸惑う症状も多いでしょう。 妊娠初期だけに限らず、妊娠中の妊婦さんを悩ますものに下痢の症状があります。 妊婦といえば便秘になりやすいというイメージがあるかと思いますが、実は下痢に悩んでいる妊婦さんも多いのです。 消化器官の弱い方は下痢になりやすい 一般的に、便秘になりやすかった方は妊娠すれば便秘に悩まされるようになり、お腹を下しやすかった方は妊娠すると下痢になりやすいと言われています。 そういう方は元々消化器官が弱く、腸で吸収されるはずの水分が吸収されずに残ってしまい、下痢となって一緒に排出されます。 また、その他に果物や飲み物を好んで多く食べるようなタイプの人は、水溶性植物繊維を過剰に摂取している事になり、排泄物が水分を含みすぎて水様物となって排出してしまいます。 それから以前よりストレスによる胃腸の慢性不調に悩まされている方は、妊娠時には顕著に現れる事が多いです。 妊娠初期の下痢の原因 妊娠中の下痢には、さまざまな要因が隠されています。 まず、妊娠中の妊婦の身体は、ホルモンバランスが変化し、不安定になりやすいのが特徴です。 ホルモンの影響として、プロゲステロンという物質が分泌されますが、これは妊娠を継続するために必要な作用を促します。 しかし同時に腸の運動を抑制する働きも生じてしまうため、下痢症状が引き起こされてしまうのです。 プロゲステロンの影響 プロゲステロンは、妊娠を継続するために必要なホルモンですが、腸の運動を抑制する働きも生じます。 このため、腸に溜まった便の水分コントロールが難しくなります。 便の水分がどんどん抜けていってしまうと便秘になり、水分が多すぎると下痢になります。 このため、妊娠中の妊婦さんは便秘や下痢など腸の症状に悩まされるのです。 便秘が原因の下痢 ひとくちに下痢症状といっても、その原因はさまざまです。 慢性的に便秘を繰り返すことが原因で下痢になることもあります。 一定期間腸内に便が溜まると、強制的に排出しようとする働きた強まるため、下痢になってしまいます。 つわりによる食生活の変化 妊娠中の妊婦にとって、つわりは妊娠初期症状として頻繁に発生します。 このことから、食生活のリズムが狂い、定時に食事を取りにくくなってしまいます。 固形物を一切受け付けず、流動食ばかり食べているという方は、水分がどうしても多めになってしまうため下痢症状を引き起こしてしまうのです。 また、便通に良いとされているヨーグルトや果物も、強く反応して下痢になることもあります。 食べ過ぎによる下痢 妊娠初期症状として、つわりがありますが、食べ続けていなければならないつわりも存在します。 いわゆる「食べづわり」と呼ばれる症状で、口に食べ物を常に入れておかないと、気持ち悪くなってしまうのです。 また、妊娠中の妊婦の体は、強く栄養を欲します。 このことから、いつもの食事量の2~3倍も多い量を食べてしまうようになるのです。 身体が栄養を欲しているとはいえ、食べ過ぎるとうまく消化することはできません。 結果、食べ過ぎにより下痢が引き起こされてしまうのです。 これ以上食べてはいけないとわかっていても、やめられないのが食べづわりの辛いところでもあります。 食べ物による影響(特に生もの) 今まで同じ食べ物を食べても平気だったのに、妊婦になってから食べると下痢をするようになった。 このようなケースもあります。 ヨーグルトのような乳酸菌が多い食品や、果物に多く見受けられます。 また、お寿司(生魚)や生野菜といった生ものも下痢しやすくなる食材です。 、加熱処理した物を食べるようにしましょう。 鉄剤を服用している場合 受精卵が着床した頃から、妊娠維持と赤ちゃんの成長のためにお母さんの血液が子宮へ優先的に回されるようになります。 日本の成人女性は貧血が多いですので、妊娠前から貧血治療として鉄剤を服用されている方も多いです。 しかし、鉄剤には副作用があって、服用すると胃腸を刺激するため下痢を引き起こすのです。 また女性ホルモンの影響で体質が敏感になっているので、今までは問題なかった薬もお腹を下す原因となる確率が高くなります。 鉄剤を日ごろから服用している方は、お腹の調子が悪くなった時には合わなくなった可能性もありますので、医師に相談してください。 免疫力低下による下痢 下痢は、妊娠初期症状として現れることもありますが、感染したことにより引き起こされることもあります。 妊娠中は、免疫力が低下することから食あたりも置きやすいのです。 妊娠中の妊婦が生ものを避けるようアドバイスされているのはこのためです。 また母体にとっては危険ではないものの、赤ちゃんにとって良くない影響を及ぼす可能性のある食べ物は、身体が自然と下痢で排除しようと働きかけます。 妊娠中は、とにかく赤ちゃんを守ろうとする作用が強まりますので、下痢は防衛反応の一つでもあると言えるでしょう。 自律神経の乱れによる下痢 身体の冷えやストレスが溜まって生理不順になってしまった経験を持つ方も多いですが、これは自律神経の乱れが原因です。 自律神経は身体の機能をコントロールする為の非常に大事な神経系統で、脳の視床下部でコントロールをしているのですが、実は女性ホルモンも同じ視床下部で分泌のコントロールを行っています。 この2つは非常に密接しているので、妊娠時のように急激に女性ホルモン分泌量が増加した場合は、腸のぜん動運動をコントロールしている自律神経も乱れてしまい、下痢や便秘が起きやすくなるのです。 妊娠初期の下痢対策 まず上記の原因の対策を行うことが大切です。 また妊娠中なので手軽な対策をご紹介いたします。 身体を温める事が一番 妊娠初期の下痢は女性ホルモンや自律神経の乱れから来るので、根本から治すことは出来ませんが症状を軽くする事なら可能です。 つわりが始まると湯気や温めた料理の匂いがダメ、と冷たい物ばかりを飲んだり食べたりしてしまいがちです。 冷たいものはムカつきも抑えられるので、アイスやゼリー・冷たいお茶などが食事代わりになっている方もいるかもしれません。 お腹が冷えれば下痢になってしまうのは明白です。 しかし温かいものが無理ならばお腹をタオルで巻いたりカイロを乗せたりして、これ以上お腹を冷やすのを避けましょう。 水分補給はスポーツドリンク? あまりにも下痢が酷いようだと、体内の塩分までも排出されてしまい、ただの水では吸収しづらくなります。 そんな時に便利なのがスポーツドリンクですが、甘すぎて余計に気持ち悪くなるパターンも考えられるので、そんな時はスポーツドリンクを倍の水で薄めて飲むようにすれば、甘さも適度に感じ吸収効率も上がります。 ただ種類によっては、下痢を更に悪化させる甘味料が含まれているものもあるのでよく確認して下さい。 気になる場合は手作りしても美味しく飲めます。 下痢用の薬は勝手に飲まない 妊娠中に下痢が続くと、このままでは流産すると思い込み、急いで下痢をストップさせようと薬を飲もうとする妊婦の方がいらっしゃいます。 下痢が続いているとは言え、自己判断で薬を服用するのは絶対に避けてください。 効き目が優しいタイプの薬であっても、妊娠中の妊婦の身体に悪影響を及ぼす危険性があるからです。 下痢を薬で緩和させたい場合は、婦人科の先生に相談し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。 妊娠初期の長引く下痢に注意を! 下痢症状は、妊娠中の妊婦にとってよくあることです。 しかし、何日も続いてしまうような、ひどい下痢の場合は注意が必要です。 妊娠初期症状としての正常な下痢であっても、長く続くことで身体が脱水症状を引き起こす可能性があります。 下痢では身体の水分が多く体外へと排出されてしまうため、水分不足に陥ってしまうのです。 また、妊娠中の妊婦の身体は、赤ちゃんのために子宮に水分を優先して集中させます。 このことからも、水分不足は体調にも影響してくるのです。 また、下痢による脱水症状が続くと慢性的な栄養不足に陥る危険性もあります。 赤ちゃんが成長するための栄養が欠如すると、発育が遅れる原因にもなりますので、早めに病院を訪問し点滴などで対処してもらうようにしましょう。 つわりと重なり深刻な場合は入院する事も 通常はあまり心配する事のない下痢ですが、あまりにも長期に渡りそれが原因で体重が減ってしまうような場合は、入院を勧められる事があります。 妊娠初期はちょうどつわりの時期なので、つわりの重い方が下痢になってしまうと何も食べられずに水分は体から出て行くばかりで、脱水状態になりかねません。 また体内の水分不足は、血液の流れを鈍らせて子宮の環境を悪くしてしまい、赤ちゃんの発育にトラブルが起きてしまう可能性も考えられます。 下痢が続いて肌がカサカサになったり、だるくて腕を動かすのも億劫なほどになってしまう前に医師に相談しましょう。 入院するほどではないとしても、医師の状況にあった処置が必要になります。 併せて発熱した場合は注意 女性ホルモンの増加や受精卵が着床した後に絨毛繊維から分泌されるhCGホルモンなど、身体が今までにない状態へと進むので、それに伴う下痢などの諸症状は妊娠初期にはよくあります。 お腹の不快感や下痢のみならば良くある事と何も心配ないのですが、発熱や嘔吐などの症状がある場合は受診した方がよいでしょう。 これらを伴う下痢は、ノロ・ロタといったウイルス、または大腸菌・サルモネラ菌などの細菌に感染した可能性が高いです。 周りに感染させて自身も再発する可能性が高くなってしまうので、もしかしたらと思ったらなるべく早く治療を行いましょう。 下痢と流産の関係性は? よく、妊娠中の妊婦が下痢を長引かせると流産すると言われていますが、 流産の原因は下痢ではありません。 下痢は、体内のものを排出しようとする作用を強く感じるものですので、どうしても流産のイメージを抱きやすいのでしょう。 外出できないほどの下痢なら、一度受診する必要がありますが、通常のトイレの回数で済むようなら、そこまで強く心配する必要はありません。 下痢で子宮収縮はよくある事 下痢になるとお腹がぎゅーっと縮むような感じがしますね。 これが何回も続くともしかしたら流産してしまうのではないか、と不安になる方も多いでしょう。 下痢になると腹圧がかかり、それにつられて子宮も収縮するのですが、だからといって子宮内にまで影響を与える事はありません。 妊娠後期のお腹が大きな状態で下痢になっても、子宮収縮を強く感じる以外お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありませんので安心してください。 それよりもお母さんが不安に思って精神的にダウンしてしまう方が、お腹の赤ちゃんへの影響は大きいので、あまり思い悩まずに自分が出来る対策を始めてみてはいかがでしょうか。 痛みを伴う場合は注意が必要な場合も 妊娠中の妊婦の下痢症状は、妊娠初期に多く見受けられるものです。 しかし、強い痛みを伴う下痢には注意が必要な場合があります。 何かに感染している場合もありますし、流産の兆候として現れる時もあるからです。 ポイントは痛みの程度で、我慢が必要なほど痛む場合はすぐに婦人科の医師に診断してもらいましょう。 切迫流産の場合、早めに処置を受けて安静にすることで流産を免れることができます。 不安は早めに払拭、病院で診察を 妊娠中の下痢は、続いてしまうと不安がどうしても募るものです。 妊娠初期症状だと診断されても、不安が残る場合はもう一度病院で診察してもらうのも良いでしょう。 下痢により妊娠中の不安が増えてしまうことのほうが、悪影響だからです。 妊娠中の妊婦は、たくさんの変化が訪れる中でどうしても不安が募りやすくなります。 特に妊娠初期の頃は、慣れない身体に戸惑うことも多いでしょう。 だからこそ、少しでも不安を減らすためにも、下痢の悩みは相談して解消するべきなのです。 下痢は、多くの妊婦が体験しているものですので、話すのをためらい恥ずかしがる必要は全くありません。 ここまでのまとめ 妊娠中の妊婦の身体に起きる下痢についてご紹介しました。 妊娠初期症状のひとつとはいえ、下痢が長引くとさまざまな不安がついてくるものです。 そんな時には医師に相談し、適切な処置を受けてください。 妊娠中はたくさんの変化が起こりますが、ひとつひとつの不安を払拭し、生まれてくる赤ちゃんとの出会いを楽しみに毎日を過ごしていけるようにしましょう。

次の