左肩甲骨 違和感。 右肩の違和感、右肩に触れず痛みが取れました!驚きでした!

背中の左側の痛み、違和感

左肩甲骨 違和感

そんな中、このような悩みを持たれている方からの相談がありました。 最初は肩甲骨辺りが急に凝ってきてから、腕に痛みが出るようになりました。 整形外科で検査した結果、頚椎症と言われ、牽引と痛み止めを出されました。 昨年も痛いときには大きな病院でmri検査をしましたが、脊髄まではいってないから、様子見と言われました。 朝から鈍痛や違和感があり、仕事中も鈍痛が強くなったりします。 今回は、『左肩から腕と指の痛みの違和感』についての相談です。 といっても、あくまでも病院の検査で何も引っかからず、頚椎症という診断名がついているという限定付きでの情報となりますのでご了承願います。 診断しきれていない問題が隠されているかもしれませんので、すべてがここに書かれているわけではないことをご承知ください。 ちなみに、【頚椎症】とは、『頸椎という背骨の問題があるかもしれません』という、なんとも頼りない結果を疾患名にしてごまかされているだけだったりします。 従って、この名称にそれほど意味はありません。 重要なことは、MRI検査で首には異常がほとんどみられていないということです。 2.夏場特有の痛みを引き起こす4つの原因 そして、もう一つ問題があります。 それは、『昨年も今頃の時期に発症している』というところです。 この問い合わせは、11月に届いていますので、『2ヶ月まえから』とありますので、8月か9月ごろに発症しているというタイミングです。 この頃に影響を受けるとすると• 冷飲食• クーラー• 汗 が、一般的ですが、他にも生活サイクルでこの時期特有のパターンがあるかもしれません。 そして、先に挙げた膵臓との絡みで多いのが• アイス• かき氷• 冷たいジュース など、砂糖入りのものを取る人が増える時期でもあるのです。 膵臓とは、体内の糖分量を調節する臓器ですので、• 糖分が多ければ減らすように調整• 糖分が少なければ増やすように調整 する働きがあります。 普段はそれほど糖質に偏ることはないけれど、 『夏場には、かなり多めに摂取する』 という癖があれば、そのあたりが怪しい線になるかもしれません。 ただ、時期的には、クーラーや薄着ということも、決して外すことのできないものといえるでしょう。 使い方によっては、左側(利き手が右である場合)の筋力低下があり、そこにクーラーが当たって、血行障害が起きることによって、痛みが出始めている可能性もあります。 3.左肩から腕の痛みを改善するための2つの対策 そういうことからも二つの対策が見えてきます。 3-1左肩から腕の痛みを改善するための対策1 夏場に糖質が増えてしまう場合には、糖質を減らす工夫を行うこと。 もしくは、糖質は、運動エネルギーでもあるので、糖質量に見合った運動を行うようにすると、季節的なパターンを防ぐことができるかも知れません。 3-2 左肩から腕の痛みを改善するための対策2 左肩や腕の筋力低下により、空調の冷気による血行障害で痛みや違和感を起こしている可能性がある場合には、日常的にラジオ体操を取り入れることで、改善することができる可能性があります。 ラジオ体操で最も重要なことは、 『痛みや違和感を感じる場所を探すこと』です。 ラジオ体操が良いと聞くと、ずっとラジオ体操を淡々とこなす人が出てきます。 これでは、今ある使い勝手良い筋肉を動かしているだけで、何ら現時点での体質を変えることはできません。 そうではなく、いかに早く問題の場所を探し出すかがポイントになりますので、そういう視点でラジオ体操を行ってください。 また、痛みや違和感を感じる動きを見つけた場合には、その場所を筋トレしたりストレッチなどを行い、再度ラジオ体操することで、変化があれば、その方法が正しかったということになります。 もちろん、変化がない場合には、改善方法を変えてみたり、少しアレンジを加えて、変化するように行っていきましょう。 4.具体的な対策を欲しがる人が陥る落とし穴 多くの場合、『もっと具体的な方法を教えろよ!!』となるのですが、• 筋力がある人とない人• 運動経験のある人ない人• 筋肉痛を好む人と好まない人• 筋肉痛と炎症の痛みと血行障害の痛みの差がわかる人とわからない人• 薬を飲んでいる人と飲んでいない人• 痛みに敏感な人と鈍感な人 などなど、様々な違いがあります。 それに対して、細かいアドバイスをすべて書き出していくには、かなり無理があります。 世間一般の健康情報が、その辺の無理を一本化して、統一した方法を公開してしまっているので、それが正しい情報と勘違いしてしまうのですが、一番重要なのは、 『あなたには何が合うのか?』 であって、 『その症状はなぜ起きたのか?』 があって初めて確実な対策が決まってきますので、まずは、ご自身でチャレンジして、一つでも自力で改善できる方法を身に着けていただければと思っています。

次の

左脇、腕、背中、乳房上部の違和感としびれや軽い痛み

左肩甲骨 違和感

[管理番号:2688] 性別:女性 年齢:55歳 閉経してから3年です。 閉経後急速に太りました。 ここ1年くらい、疲労感が強かったのですが、仕事のストレスによる鬱かもしれないと思っていました。 一か月前くらいから、背中の左上周辺に違和感、凝りのような感じがあり、 そのうち、左わきの痛み、左上腕内側から背側にかけて、また背中の左上周辺にしびれ、左乳房の上部に軽い痛み、左肩甲骨背面の筋肉に軽い痛みを感じるようになりました。 場所や痛みの程度が日によって変わります。 今は一時よりも全体的に軽くなっているような気がします。 左の乳房が若干右より大きいような気がします。 たまたま検温すると、もともと体温が低いのですが、37度を超える微熱がありました。 毎年職場の検診で、触診とエコー検査を受けて問題はなく、1週間前にもエコーを受けましたが、異常はありませんでした。 しこりの無い乳がんもあると聞きました。 左肩周辺の異常は、乳がんのせいという可能性がありますか、もしあるとすれば、どのような状態が考えらえますか。 田澤先生からの回答 こんにちは。 田澤です。 「一か月前くらいから、背中の左上周辺に違和感、凝りのような感じ」 「左わきの痛み、左上腕内側から背側にかけて、また背中の左上周辺にしびれ、左乳房の上部に軽い痛み、左肩甲骨背面の筋肉に軽い痛み」 「場所や痛みの程度が日によって変わります。 そんな症状を引き起こす乳癌はないと断言できるし、「その他の部位の癌」でもありません。 閉経して3年とありますが、「閉経しても、脂肪で女性ホルモンは合成される」ので、(閉経前と)同様な症状は起こります。 「しこりの無い乳がんもあると聞きました。 たしかに「シコリの無い乳癌」は存在します。 但し重要なのは『シコリのない乳癌は、転移など絶対にしない』ということです。 今週のコラム11回目「」を是非参照してください。 質問者のように「胸とか肩とか背中が痛いのは、見えない乳癌があるのでは?」と心配している「非常に多くの方達」へのメッセージが書いてあります。 ご安心を。 質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』 という方はクリックしてください。

次の

左肩から腕の痛みに対する7つの原因と2つの対策

左肩甲骨 違和感

ご本人様の状況を実際に見ていないので、はっきりしたことは言いにくいのですが、レントゲンでは特に問題はないとおっしゃっているので、いろいろな要因を省きますと筋肉が凝りすぎて関節の可動域が悪くなっていることが原因なのではないかと考えられます。 肩甲骨の音と違和感ですが、ある文献では、筋肉の凝りと身体の歪みのせいで動かす際に体内で骨と筋肉がこすれその摩擦音が体内で響いて聞こえてくることがあるとも言われています。 違和感ですが、肩関節周囲の筋肉の凝りや関節に問題が無ければ身体全体のバランスが崩れていたりするかもしれません。 また、左右の肩甲骨周辺・胸元に厚みの違いはありませんか?もしあれば、腕を持ち上げた時に肩甲骨周辺の筋量差で、右側をうまく動かすことができず、違和感として出ているのこともまれにあります。 右手首のコキコキ音も同様に摩擦音で、痛みはPC・スマホ・文字を書くなどの長時間の同じ動作・固定した姿勢による手・腕の使いすぎの筋肉疲労により、筋肉・関節の柔軟性がなくなり、関節の動きを固めてしまい、動かす際に痛みが出ているのだと考えられます。 関節がずれるということですが、長時間動きがない状態から急に動かすのが怖かったり、無意識に痛みを避けようとして動きがぎこちないものになっていませんか?骨のずれは、筋肉不足や靭帯の損傷で起こりやすいものです。 靭帯は伸びてしまったり切れてしまったものは修復できないので、筋肉をつけて補強してあげると感じにくくなると思われます。 年齢を重ねると筋肉を動かす機会が減り、生活上、必要な筋肉もなくなってしまう時があります。 そのため、今ある筋肉で頑張って身体を支えますが頑張りすぎてしまい、筋肉がこり固まり関節の可動域を狭め骨格のバランスが悪くなりゴリゴリと音が鳴ったり、痛みや違和感・シビレなどの症状が現れます。 それに加えてご自宅での筋肉トレーニングも一緒にされるとより改善がはやいと思います。 BodySign(ボディサイン) 03-6661-0880.

次の