切り干し 大根 煮物 冷凍。 大根は「冷凍保存」で、ムダなく大量消費が正解!

赤ちゃんの離乳食で切り干し大根はいつから?冷凍はできる?レシピもご紹介

切り干し 大根 煮物 冷凍

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

切干大根の煮物 日持ちや保存期間は

切り干し 大根 煮物 冷凍

大根は「用途別冷凍」でムダなく使い切れる! 大根の主な食べ方は、味噌汁、煮物、サラダや漬物、大根おろしなど。 「とりあえず冷凍」でなく、2〜3週間(冷凍保存が可能な期間)で作るメニューをイメージして用途別に冷凍しましょう。 使い勝手がぐんとよくなって、確実に使い切れます。 生のときと食感の変化が少なく味わえます。 煮物やおでん用なら輪切りに。 冷凍すると繊維が壊れるので、下茹でしなくても短時間で味が染みるようになります。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、用途に合わせて切る。 ペーパータオルで水気を拭き取り、使いやすい量で小分けにし、ラップで包む。 (輪切りはラップに包まなくてOK)• 冷凍用保存袋に入れて口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 味噌汁なら、沸騰した湯に冷凍大根を入れて煮る。 煮物なら、鍋に冷凍大根と水、調味料を入れて煮る。 *冷凍してから煮ると、味がしみやすい! 冷凍大根は煮たときに中心まで味が染みやすく、生の大根で作った煮物よりもほろっとしたやわらかな食感になります。 冷凍前はシャキシャキですが、コリコリとした歯ざわりになるのも楽しい変化。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、千切りやいちょう切りにする。 大根を平らにし、空気を抜くように袋の口を閉じ、平らな状態のまま冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 味が薄ければ塩などで味を調える。 食感や味の変化はほぼなく、生のときと同じように使えます。 【冷凍方法】• 大根の皮をむいておろし器ですりおろし、ザルに入れて自然に水を切る。 手で水気を絞ると水分が抜けすぎて食感が悪くなるので注意。 Sサイズの冷凍用保存袋に1食分ずつ(写真は150g)入れ、空気を抜くように袋の口を閉じて冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 ザルに入れて自然に水気を切って使う。 焼き魚や卵焼きに添えたり、しらす和え、みぞれ煮、みぞれ鍋などに。 *大根おろしを少量で使いたいなら、製氷皿で冷凍を ザルで水気を切った大根おろしを製氷皿に入れて冷凍し、凍ってから冷凍用保存袋に移すという手も。 冷凍庫で3週間程度保存可能です。 解凍方法は保存袋で冷凍した場合と同様。

次の

大根は「冷凍保存」で、ムダなく大量消費が正解!

切り干し 大根 煮物 冷凍

食物繊維やビタミン類など、栄養がギュッと濃縮されている切り干し大根。 定番のメニューは、油揚げや人参、竹輪やしいたけなどと一緒に作る煮物。 煮込むと大根くささが気にならなくなるので、お弁当のおかずにも最適だ。 また、切り干し大根はあらかじめ切ってあるので、皮を剥いたり千切りにしたりする手間がかからない。 何か1品足りない時でもサッと作ることができるので、1袋常備しておくと重宝する。 煮物を作る時の下拵えのポイントは、切り干し大根をたっぷりの水に浸し、よく洗うこと。 柔らかくなったらギュッと絞り、食べやすい大きさに切る。 細切りにした油揚げや人参とともに鍋に入れ、だし汁、醤油、みりんで味を調え、弱火で煮込む。 柔らかくなったら完成だ。 かんたんに調理でき、しかも常備できる惣菜としても活躍するので、時間がある時に作っておくと便利だ。 切り干し大根はあらかじめ干してあるので、漬け物を作る時には大根を干す手間がかからず重宝する。 ただ、ハリハリ漬けのような甘辛味の漬け物の場合、漬け汁を作る時に、調味料を混ぜてからひと煮たちさせるという手間があるので、ちょっと億劫になってしまうかもしれない。 そこで、漬け汁を鍋にかけず、もっとかんたんにハリハリ漬け風の和え物を作る調理法を紹介しよう。 切り干し大根を熱湯に1分くらい浸け、冷めたらギュッと絞り、食べやすい大きさに切る。 きゅうりの斜め細切りを加え、市販のすし酢、醤油、砂糖、七味唐辛子などで味付けして和えるだけ。 醤油を多めにすると、ハリハリ漬けのような味になる。 和えてすぐに食べることができるが、一晩置くとさらに味がなじむ。 好みでたたき梅や刻み昆布を混ぜても美味しい。 きゅうり以外にも、人参や生姜の千切りを加えてもいいだろう。 ただ和えるだけで漬け物風になるのは、すでに干してある切り干し大根ならではだ。 ぜひ作ってみよう。 切り干し大根を使ったメニューというと、煮物ぐらいしか思いつかない人も多いかもしれないが、最近は、オリーブ油とケチャップで炒めるナポリタン風の切り干し大根が子供たちにも人気だ。 朝の忙しい時間にもパパッと作れ、作りおきもできるので、お弁当のおかずにも最適だ。 まず、切り干し大根を10分ほど水に浸け、しんなりしたら軽く絞って食べやすい大きさに切る。 フライパンにオリーブ油を入れ、玉ねぎとベーコンを炒める。 夕食で食べるならにおいを気にしなくてもいいので、ニンニクを加えてもいいだろう。 イタリア感がアップし、より本格的になる。 最後に塩、胡椒、ケチャップ、顆粒コンソメで味を調える。 切り干し大根を浸しておいた水を少し加えて含め煮のようにすると、歯ごたえが柔らかくなる。 好みでシメジやピーマンを加えてもよいだろう。 皿に盛ってパセリを散らせば、ナポリタン風切り干し大根の完成。 切り干し大根をケチャップで炒めるなんて、味の想像がつきにくいかもしれないが、これが絶妙のバランスでじつに美味しい。 ぜひお試しを。

次の