東松山 インプラント。 東松山でインプラントをお探しの方は│関越歯科

埼玉県東松山市の杉澤歯科医院(インプラント専門治療,一般歯科,小児歯科,口腔外科)

東松山 インプラント

インプラント 安全性の高いインプラント治療 歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで人工歯の支えとするのがインプラント(人工歯根)治療です。 入れ歯のように取り外したり、痛くて噛めないということはありません。 また、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もありません。 当院では、実績・経験豊富なドクターが、最新鋭の設備・医療機器を用いて安全性の高い、高度なインプラント治療をご提供致します。 当院のインプラントについて 生体親和性の高いインプラント 当院ではアストラテックを採用しております。 アストラテックインプラントシステムの最大の特徴は、ネック部の独特な形状から、周囲の骨の吸収が他のインプラントと比較して非常に少ない点が挙げられます。 そのため、生体親和性に優れ、丈夫で時間の経過とともに骨と強固に結合する性質があります。 POINT~骨の吸収とは?~ 骨が時間経過とともに少なくなって行くことです。 例として抜歯をした後、歯を支えている骨の吸収が始まる現象です。 (だいたい6ヶ月ほどで骨の幅や高さが30%~40%減少します) POINT~即時埋入インプラントをご存知ですか?~ 当院では、一日で可能なインプラント「オールオン4」での治療も可能です。 費用が抑えられ、骨移植が避けられ、即日すぐに歯が入るインプラント治療です。 歯科用CTの導入 歯科用CTで撮影された画像は、3次元でより多くの情報を得る事が出来ます。 歯科用CTは撮影時間も短く、放射線量も少ないのが特徴です。 顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認ができます。 一般的な歯科治療のみならず、矯正治療やインプラント、口腔外科治療など歯科治療全般に広く応用する事が可能で、治療の安全性をより高めております。 手術中の痛みの少ないインプラント 自動生体モニターを導入し、血圧の高い患者様には、持続的に血圧などのデータを測定するなど治療中の患者様の急な体調の変化が分かるようにしています。 また、長時間のオペ時に、ご希望の方には静脈内鎮静法をご提供することができます。 これは点滴により鎮静剤を注入すると、緊張を和らげ、不快感をほとんど感じなくなります。 全身麻酔と異なるもので、入院や食事の制限はありません。 インプラントのメリット 歯を抜けたままにしておくと 歯を抜けたままに放置しておきますと噛み合わせや見た目などに悪影響を及ぼします。 以下に項目別にご説明致します。 機能面(噛み合わせ)での影響• 抜けた歯にかみ合っていた歯が動いてくる。 抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。 審美面(見た目)での影響• 見た目がよくない。 歯ぐきの位置が下がってくる。 顔の輪郭が変わってくる、口元にしわが寄り、老けてみられる。 生活面での影響• しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。 うまく発音が出来なくなる。 噛めない事により、脳への刺激が減少する。 他の治療方法との比較 あごの骨が薄くインプラント諦めてしまった方へ インプラントを埋入する際に、土台となる顎の骨には一定の高さや量が必要となります。 例えば上あごの骨は生物学的に上顎洞(サイナス)という空間があり、そのため上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。 他院にて骨の量が足りない事や、上顎の骨の厚みが薄いことを理由にインプラント手術が難しいと言われた方でもご相談ください。 ソケットリフト 顎の骨が薄くても5ミリ以上ある場合に行う骨造成処置です。 具体的には、上あごの骨にドリルを使って、穴を開けて上顎洞まで貫通する直前でドリルをストップさせます。 そこからいわゆる金槌のようなもので、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。 作業で開けられた穴に、特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。 これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。 サイナスリフト 上顎洞(サイナス)までの距離が5㎜以下のような薄い上顎骨では、ソケットリフト法ではできない場合等に用いる治療法です。 ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横か上顎洞に向けて穴をあけて横から上顎洞粘膜を押し広げてその隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やす治療法です。 GBR(骨組織誘導再生) GBRとは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合に骨の薄い部分を特殊な膜(遮断膜)で覆い固定することで、骨の再生を待って、インプラントの予後を確実にする治療法です。 通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術の時に処置を行います。 治療費用 インプラント1本埋入費用 ¥300,000~ サイナスリフト ¥150,000~ ソケットリフト ¥50,000~ 人工骨 ¥50,000~ 診療内容一覧•

次の

インプラント

東松山 インプラント

1965年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士により、世界で初めてインプラントが歯科医療に臨床応用されました。 当院ではブローネマルク博士のオリジナルの方法を忠実に行っております。 この方法は、手術をすれば予後40年保てるインプラントです。 ただし、忠実に実践するには手間暇がかかり、いいかげんなことはできません。 現在は「治療費が安い」「治療が早い」ということをアピールするインプラントもありますが、結局は予後があまり良くない、長持ちしないものが多いと思います。 院長は日本のインプラントの父と言われる小宮山彌太郎先生に師事していました。 インプラントの経験は30年以上あり、真のインプラント治療を行っております。 インプラントの治療費は欠損歯1本あたり30万~40万円になります。 欠損歯1本の場合は、インプラントは1本必要ですが、欠損歯が4本連続の時には、2本のインプラントですみます。 また、全ての歯が欠損している時でも、4~6本のインプラントで大丈夫です。 インプラント1本では、歯1本分の負担能力しかありませんが、つなげると3~5本の負担能力になります。 総義歯の場合では4~6本のインプラントで大丈夫です。 お気軽にご相談ください。 総義歯のタイプは、入れ歯の併用で80万 完全に固定式で150万から240万 インプラント1本の時は、30から40万です。 インプラント2本で天然歯3から4本まで支えられるので、このようになります。

次の

東松山グリーン歯科

東松山 インプラント

1965年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士により、世界で初めてインプラントが歯科医療に臨床応用されました。 当院ではブローネマルク博士のオリジナルの方法を忠実に行っております。 この方法は、手術をすれば予後40年保てるインプラントです。 ただし、忠実に実践するには手間暇がかかり、いいかげんなことはできません。 現在は「治療費が安い」「治療が早い」ということをアピールするインプラントもありますが、結局は予後があまり良くない、長持ちしないものが多いと思います。 院長は日本のインプラントの父と言われる小宮山彌太郎先生に師事していました。 インプラントの経験は30年以上あり、真のインプラント治療を行っております。 インプラントの治療費は欠損歯1本あたり30万~40万円になります。 欠損歯1本の場合は、インプラントは1本必要ですが、欠損歯が4本連続の時には、2本のインプラントですみます。 また、全ての歯が欠損している時でも、4~6本のインプラントで大丈夫です。 インプラント1本では、歯1本分の負担能力しかありませんが、つなげると3~5本の負担能力になります。 総義歯の場合では4~6本のインプラントで大丈夫です。 お気軽にご相談ください。 総義歯のタイプは、入れ歯の併用で80万 完全に固定式で150万から240万 インプラント1本の時は、30から40万です。 インプラント2本で天然歯3から4本まで支えられるので、このようになります。

次の