おひとりさま の 寂しい 日常。 おひとり様は寂しい?おひとり様の心得や毎日を楽しむメソッド

50代独身女性は寂しい?独身女性の生き方や性格、老後など赤裸々に

おひとりさま の 寂しい 日常

椿ハコです。 ご覧いただきありがとうございます。 私は現在41歳(2019年)、アラフォー独身女子です。 結婚の予定はなく多分一生独身です。 一人っ子で内向的、友達も少なく、大体いつもひとりです。 今年の春からフリーランスとして働いています。 2年ほど前から独立を目指し、その結果ミニマリスト志向になりました。 このチャンネルでは、おひとりさま女子の日常や女ひとりでいろんなところに行った出先でのvlog、ミニマリストとしてのライフスタイルを動画、vlogにして発信しています。 もともとは物が大好きなマキシマリスト、バンドのおっかけが趣味なオタク、いわゆるバンギャル、サブカル女子といった人種... 椿ハコです。 ご覧いただきありがとうございます。 私は現在41歳(2019年)、アラフォー独身女子です。 結婚の予定はなく多分一生独身です。 一人っ子で内向的、友達も少なく、大体いつもひとりです。 今年の春からフリーランスとして働いています。 2年ほど前から独立を目指し、その結果ミニマリスト志向になりました。 このチャンネルでは、おひとりさま女子の日常や女ひとりでいろんなところに行った出先でのvlog、ミニマリストとしてのライフスタイルを動画、vlogにして発信しています。 もともとは物が大好きなマキシマリスト、バンドのおっかけが趣味なオタク、いわゆるバンギャル、サブカル女子といった人種でした。 その名残でライブ遠征や遠征先のホテル紹介といった動画もたまに登場します。 今でもサブカルチャーを好み、レトロな物、不思議な物、不気味な物も大好きです。

次の

寂しいか楽しいかは自分次第!幸せな「おひとりさま」になる5つの方法〜その2〜

おひとりさま の 寂しい 日常

<目次> ・ ・ ・ ・ ・ ひとりの夜が寂しいのはなぜ? ひとりきりで過ごす夜。 なぜ人は孤独を感じるのでしょうか。 女性394人のアンケートと心理カウンセラーの意見から、その理由を探っていきましょう。 ひとりの夜に寂しさを感じる女性の割合 ひとりの夜に寂しさを感じたことはある? まずは、働く女性にこんな質問をしてみました。 ひとりの夜が寂しいと感じることはありますか? ある(48. 7%) ない(51. 孤独だから寂しいのか、「夜」という空間に理由があるのか……。 どちらにせよ、ひとりの夜が寂しいと感じる女性は一定数いるということです。 人が孤独を感じる理由とは そもそも、人はなぜ孤独を感じる生き物なの? その理由について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。 これに基づけば、クリスマスにひとりで過ごすというリアルなひとり状態を孤独というのではありません。 大勢で過ごしていても「この中の誰とも人間的なつながりはないのだ」と本人が感じれば、それが「孤独」な状態なのです。 フロイト理論で言うと、孤独を感じたことがない人はこの世にひとりもいないことになります。 人間が孤独でない時間は、母親の胎内にいて、母とへその緒でつながっていた時間だけ。 人はこの世に産まれた瞬間からひとりで荒波に放り出されます。 その瞬間から「個人」として息をし、食べ物を摂取し、寝て、社会と交わって生きていかなければなりません。 つまり、忙しい日常生活ではあまり感じることがないけれど、実は「生きる」ということはすべてひとりなのだということをふと思いだした瞬間に感じる気持ちが孤独感情の正体。 したがって、忙しい日々から一時的に開放される夜は孤独を感じやすい瞬間なのかもしれません。 「孤独」と付き合っていくのは生きる者のさだめと言えるでしょう。 どうすればいい……。 寂しい夜の対処法って? 孤独は誰しもが抱えるもの。 だからこそ、ひとりの夜に寂しさを感じるのはめずらしいことではないはず。 では、寂しい夜は何をして過ごせば気持ちが紛れるのでしょうか? 心理カウンセラーが教える! 寂しい夜の過ごし方 心理カウンセラーの小日向さんが教える寂しい夜の過ごし方とは? 孤独を感じないためのポイントを教えてもらいました。 孤独をとにかく紛らわす 孤独であることを深く考えてしまうほど、ますます孤独感情は深まります。 孤独に浸りたくない! と思う夜は、とにかく紛らわしましょう。 「友人と遊ぶ」「会いたい人に連絡をしてみる」「趣味に没頭する」など、手段はなんでもOK。 孤独から逃げるのはよくないことだという罪悪感も必要ありません。 孤独感が深まりがちな人ほど「ポジティブ思考」を自分に義務づけているタイプが多いですが、前述したように孤独を感じない人間はひとりもいないのです。 寂しい夜は誰にでもあるし、それは朝がくれば消えていく一時の刹那的な気持ちです。 なんでもよいので、あなたの気持ちを紛らわす行動をしましょう。 自己愛を高める 孤独感情は自己愛(自分を愛してあげる気持ち)が低くなると強まってしまいます。 したがって、寂しい夜は自己愛を高めていきましょう。 たとえば、ひとりの夜に楽しそうな友人のSNSを見ることは絶対にNG。 「一方の自分はひとりだ……」と自己否定感情が強まり、自己愛が弱くなってしまいます。 では、何をすれば自己愛が高まるのか。 具体的には、 自分より不幸、もしくは同じように孤独なストーリーを観ればよいのです。 読書でもいいでしょう。 太宰治の作品は孤独な心に親和性があるのでおすすめです。 寂しくて眠れない! 眠りにつくにはどうしたらいい? 孤独な感情が高ぶって寝られなくなってしまった……。 そんなときにはどうしたらいいの? こちらも小日向さんのアドバイスを聞いてみました。 寂しくて眠れない夜。 わけもわからず、涙が出てきた経験はありませんか? そんなときの感情は、交感神経が優位。 つまり興奮した状態になっており、体の筋肉が固くなっています。 したがって、そのような心と体を解きほぐしてあげると眠りやすくなります。 まずは体を温めること。 シャワーだけでなく、 ぬるめのお湯につかって体を芯から温めましょう。 そのときにお気に入りの入浴剤を入れれば、嗅覚からもリラックス効果が得られます。 なお、飲み物についてですが、お酒の入眠効果に頼ることはやめましょう。 アルコールには入眠効果がありますが、眠り自体は浅くなってしまいます。 あとは無理に寝ようとしないこと。 体は横になっているだけでも休息効果は得られますよ。 楽な姿勢で横になることを心がけてください。 寂しい夜に聴きたい曲4選 寂しい夜は音楽を聴いて過ごすのもいいですよね。 最後に20〜30代女性に聞いた「夜に聴きたい曲」をピックアップしました。 『この夜を止めてよ』/JUJU ・「JUJU『この夜を止めてよ』。 歌詞と曲が好きだから」(28歳/食品・飲料/その他) ・「JUJUの『この夜を止めてよ』を聴きたい」(31歳/医療・福祉/専門職) 『ヒトリノ夜』/ポルノグラフィティ ・「ポルノグラフィティの『ヒトリノ夜』。 寂しい気持ちをノリ良く変えたいから」(28歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職) ・「『ヒトリノ夜』って歌。 ノリノリなので聞いていて楽しい」(29歳/金融・証券/営業職) 『三日月』/絢香 ・「『三日月』。 きれいな月を見ながらしっとりと聞きたい」(34歳/小売店/販売職・サービス系) ・「『三日月』。 歌詞がとっても素敵ですから」(34歳/建設・土木/秘書・アシスタント職) 『エイリアンズ』/キリンジ ・「キリンジの『エイリアンズ』。 夜が似合うメロディーだから」(23歳/小売店/事務系専門職) ・「キリンジの『エイリアンズ』。 しっくりくる」(33歳/建設・土木/事務系専門職) 20〜30代の女性なら懐かしいと感じるであろう曲が勢揃い。 共通点は、どれも「夜」をテーマにした曲だということ。 しっとりとした曲に感情移入するのもよし、ノリの良い曲に気持ちを変えてもらうのもよし。 孤独を感じる夜に聴いてみてはいかがでしょうか? 結論:孤独を感じない人はいない! まずは行動で紛らわせて 「孤独を感じたことがない人はいない」というアドバイスに安心した女性も多いのではないでしょうか? 誰もが自身の孤独と向き合っているということ。 孤独を感じた寂しい夜は、小日向さんがおすすめする過ごし方をぜひ試してみてくださいね。

次の

50代おひとりさま 人気ブログランキングとブログ検索

おひとりさま の 寂しい 日常

1:50代独身女性無職は大変? 50代独身で無職となると、生活が大変なのではないか……と感じる人もいるかもしれません。 独身であろうがなかろうが、「仕事がないから、お金もない!」となれば、生きていくのは大変です。 そこに加えて、50代という年代的な体力の限界や、独身という立場が加われば、不安が増幅してしまっても、無理はないことなのかもしれません。 しかし、一概に「大変である」とは言えません。 それまでの豊富な経験をもとに自由に生きていく術を身につけている50代独身女性は、他のどんな世代の人よりも自由に、そしてパワフルに生きている、と言える部分もあるのです。 2:50代独身女性の生き方がわかる独身女性ブログ3選 50代の独身女性の中には、日々の生活を謳歌している人がたくさんいます。 ここからは、「50代おひとりさま」で暮らす女性のブログで、人気のあるものを3選紹介しましょう。 (1)ナチュラルライフを謳歌する「素顔のままで」 日々の食卓の様子がメインで綴られている「素顔のままで」は、バツイチ独身の女性が運営するブログ。 「こんな独身生活ならば憧れる……」という女性も多いのではないでしょうか。 (2)雑記帳風でリアルな日常がわかる「 すべてがユルい春子の日記」 日常のちょっとした出来事を綴っている 「 すべてがユルい春子の日記」は、50代独身女性のリアルがわかるブログです。 プロフィールによると、ブログ主の春子さんは、恋愛や結婚に縁のないまま50代を迎えたそう。 そんな春子さんの日常や、それぞれのテーマへの思いなどが赤裸々に公開されています。 (3)犬と暮らす日々を綴った「すっきり暮らしたい〜犬好きおひとりさまの生活〜」 50代独身女性のわんこ2匹との生活を紹介している心温まるブログが「すっきり暮らしたい〜犬好きおひとりさまの生活〜」です。 多くの記事には、写真付きで愛犬が登場し、わんこ好きなら悶絶級のかわいさです!「わんこと暮らす生活って、いいな〜」と思わせてくれる記事があふれています。 3:50代独身女性が寂しさを感じる瞬間5選 さて、そんなパワフルにおひとりさまライフを送っている50代独身女性でも、やっぱり「寂しさ」を感じることだってあります。 そこで、どんなときに「寂しい」と感じるかについて、うかがいました。 (1)友人に子どもや孫が生まれたとき 「男友達が若いお嫁さんと結婚したり、再婚相手との子どもができたり、さらには旧友に孫が生まれたとかって聞くと、言いようのない孤独感があります。 私は独身だから仕方ないのですが、家族が増えるっていう喜びを経験できないんだなぁって、改めて現実を突きつけられたようで、妙に落ち込みます」(Hさん・55歳女性/未婚) (2)年末年始 「毎年、年末年始になってみんなが帰省する話を聞いていると、寂しい気持ちになります。 うちは両親が他界しているので、帰る田舎も実家もなく、年末年始もひとりで自宅で過ごします。 夫がいたころには、夫の実家に帰っていましたけど、離婚してからは大晦日の年越しそばもひとり。 同じ長期休暇でも、お盆はなんとなく平気なんですけどね。 お正月はなんだか寂しいです」(Rさん・56歳女性/離婚) (3)クリスマスや誕生日などのイベント 「クリスマスや誕生日など、家族がいれば一緒に過ごすようなイベントの日には、さすがに寂しさを感じます。 私はこの歳まで結局、結婚せずにきちゃいましたが、若いころはそれなりに恋人もいて、寂しさを感じることはなかったですね。 そういうイベントをひとりで過ごすことが増えたのが、ちょうど50歳を過ぎてから。 自分で決めた人生ですが、イベントをひとりでやり過ごすのは、やっぱりセンチメンタルになりやすいです」(Tさん・52歳女性/未婚) (4)元夫が幸せそうなとき 「30代のころに、数年間だけ結婚していたんですが、ろくに家のこともせず自由気ままでいた私に対して、当時の夫からウンザリされてしまった結果、浮気をされて離婚となりました。 元夫は40代のうちに再婚をしたみたいで、風の噂で彼が幸せそうにしている様子を耳にするたび、なんとも言えない寂しさがあります。 もちろん、元夫に対して、未練があるわけではありません。 でも、自分の生活態度が原因で結婚をダメにしてしまった後悔はあるので、やっぱり寂しくなってしまうのです」(Aさん・54歳女性/離婚) (5)街で仲のいい家族が目に入ったとき 「街中で、見ず知らずの家族でも、やたら仲のいい人たちが目に入ったときは、なんとも言えない孤独感があります。 私がもっていないものを、あの人たちはもっているのだなぁ……みたいな孤独感ですね。 若いころは、婚活にも精を出していましたが、結局はご縁に恵まれず、この歳になってしまったので……」(Cさん・51歳女性/未婚) 4:性格悪い?50代独身女性のありがちな性格5つ さて、50代で独身だと周りからは「本人の性格のせいでは?」なんて、心ない陰口をたたかれることもあるのが現実です。 そこで、周囲にいる50代の独身女性にありがちな性格について、5名に語っていただきます。 (1)妙に自意識過剰 「私の周りにいる50代の独身女性って、妙に自意識過剰な人が多いです。 そういうところがかえって痛々しいと思って、冷ややかな目で見てしまうんですが」(Uさん・39歳女性) (2)自分本位 「勤務先にいる50代で独身の女性を見回してみると、自分本位で、協調性に欠けるタイプが多いですね。 これは結婚していて今は離婚した独身女性でも、結婚歴のない独身女性でも、どちらのタイプでも当てはまります。 職場にいる人や知り合いを見返してみても、みんな根暗っていうか、どこか影があるタイプが多いかな。 頭でっかちっていうか、一般論みたいなのをもっともらしく語るタイプの人ってウンザリします。 やっぱ経験値って、会話の深みに差が出ますよね」(Rさん・30歳女性) (5)自分ルールが強い 「50代で独身生活をしている女性って、私が知っている人だと、自分ルールが強い人が多いですね。 よく言えば、自立しているっていうことですが、悪く言うと柔軟性に欠けて、頑固みたいな感じ。 自分の価値観や考えをゴリゴリ押し出してくるのが目立っていて、ぶっちゃけ癒しとか安心とかとは、ほど遠いところにいるイメージの女性が多いですね」(Iさん・34歳女性) 5:50代独身女性の貯金・貧困・老後問題5選 ところで、50代で独身となると、生活に密接にかかわるさまざまな課題にも、直面しがち。 そこで、テーマ別にありがちな課題を5選見ていきます。 (1)貯金 「働けるのは、長くともあと15年ほど」と思うと、リタイア後の生活を考えてため息が止まらなくなる人も増えてくるのが50代ですよね。 ダブルインカムによる預金があったり、夫の退職金を見込める既婚者と異なり、独身女性は「すべて自分で備えなくてはならない」の危機感をもちます。 よって、不安も大きくなりがちです。 (2)貧困 現在はバリバリ働いてそれなりの生活水準で暮らしている50代でも「もしも、なんらかの事情で定年まで働けなくなったら」「病気などで大きな出費が必要になったら」など、「マイルド貧困」の恐怖に怯えつつ暮らしている人も少なくありません。 貯金や資産が少ない場合には、何事もなければ平穏な生活が送れるだけの収入があっても、病気や怪我などアクシデントに見舞われたときに、貧困への恐怖が隣りあわせだと感じるのです。 (3)保険 「生命保険に入ったところで、死亡後の受取人がいない……」と感じ、医療保険を手厚くしている人も多いのが、50代独身女性の傾向でもあります。 保険は「いざ」というときに頼りになるけれど、ライフステージによって必要な保障も変わるだけに、50代になってから加入していた保険を見直す人も少なくありません。 (4)結婚 「今さらだけど、結婚すべき?」ということが頭をよぎったり、「いやいや、もはや他人となんて暮らせないでしょ」と思ったり……。 結婚を諦めたり避けたりしている人ばかりでなく、いいご縁があれば、年齢に関係なく結婚したいと考えている人も少なくありません。 実際、50歳を過ぎた結婚だって、珍しくなくなっています。 (5)老後 「老後まで、このままの収入だったらどうしたらいいの!? 」「老後をきちんと暮らしていけるだけの自信がない……」など、リタイア後の生活を考えると、気分が沈む50代も少なくない傾向です。 お金の話だけでなく、住まいや終活についても、現実的に計画を練り始める人も増えてくる年代。 「現役ではなくなった将来、どんなふうに暮らしていくのか」をひとりで模索する人も多い実態にあります。 6:50代独身女性は、まだまだ現役! 「50代独身女性」と聞くと、ひと昔前には、随分とシニアなイメージもありました。 しかし「人生80年」と考えると、50代なんて、まだまだ現役を謳歌できる年代でもあります。 実際、若いころにはできなかったことや、経験を積んだからこそ楽しめる趣味などに時間を費やし、優雅かつ充実した日々を謳歌している人も多いです。 実年齢がいくつになったとしても、自分に自信があって毎日を楽しんでいる人ほど魅力的。 Namiki 28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。 議員時代から「多忙でもデキる」を研究する時短美容ジャーナリストとして活躍している。

次の