ダイナー ネタバレ。 映画「Dinerダイナー 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

映画『ダイナー』のあらすじ・ネタバレ・感想

ダイナー ネタバレ

さすが蜷川実花監督作品。 映像が綺麗でした! 豪華絢爛、総天然色の料理も綺麗でした! 玉城ティナさん、白くて綺麗でした! 元宝塚のお姉さま(?)たちも綺麗でした! ストーリーおよび映画の内容はともかく(失礼!) 窪田正孝さん素晴らしい狂気の演技でした! (ドラマと映画の夜神月対決でしたね!?) 本郷奏多さん、いつもながらの適役で狂気の演技でした! (映画『HINOKIO』で多部ちゃんとW主演の頃は可愛かったですね。 いつの間に怪しい役専門みたいになっちゃったんでしょう?) 蜷川幸雄さん、額縁のなかの出演?! 小栗旬さん、こんなあっさり死んじゃう役? もちろん藤原竜也さん、いつも鬼気迫る演技でさすが舞台作品みたいなセリフでしたね~ 料理かドリンクを味見して「キンキンに冷えてやがる!」って言ってほしかったです! 以上、現場からの報告でした! ほとんど人間の中身を描いてない美しいだけの薄っぺらい映画。 そうした毎度の蜷川作品なのだが、以前は気味悪いくらいの鮮やかさが目立っていたのに、今回は闇の世界を描いているため若干抑えめでした。 その点はよかったと思うし、ドヴォルザークの「新世界」が珍しいことに2楽章、3楽章、4楽章と使われていたことが印象的。 好きな曲だけについ喜んでしまいましたが、ほぼ打ち込み音楽だったことは評価が分かれるのだろう。 ほぼ笑いを取るための演出ばかりで、荒唐無稽なのは構わないが、殺し屋という裏社会の恐ろしさは全く伝わらないことも残念な点。 そうした命のやりとりと、結局は料理映画というアンバランスは面白いし、終盤の玉木ティナの夢を叶える部分は好き。 中島哲也作品なんかを意識したかどうかは知りませんけど、結構似てるな~とも思いました。 原作も知らないし、中の殺し屋という扱いもわからないのですが、その真意はどこに?仮に、人間はみな殺し屋の一面を持っているなんてことを描こうとしていたのなら、やっぱり失敗なのかもしれない。 お父様は確かに名演出家でしたよ。 でも娘がその才能を受け継いでるとは到底思えない。 写真家を名乗ってる時からそうだったけど、ただ色の濃い写真を垂れ流すだけで何も感じられない。 人間失格はまだ観てないですが、映画監督としての才能は無いと思う。 今作に限って言えば、豪華なキャスト陣、それだけです良さは。 そのキャストの良さを一つも引き出せず、無駄なカットも多い、音楽の使い方も下手くそ、カメラワークもセンスが感じられない、音が大きすぎてセリフが聞きづらい、スマホゲームのようなキャラ紹介、原作未読ですけど原作にするくらいだから面白い作品なのでしょう、でも原作の良さはほとんど生かされてないのでは。 蜷川幸雄の名前がなければここまでいいスタッフ、いいキャストは集まらないでしょう、それを踏みにじっているのは全て監督です。 群像劇にするならもっとキャラ一人一人を上手く描くべきだし、アクションシーンもスローを多用しすぎでメリハリがない、なんなんでしょう、最後の2人揃ってビョーンって飛んで、ジョン・ウーの映画を観なさい。 ジョンといえばジョン・ウィックなんて殺し屋がたくさん出てくるけどスタイリッシュでまあまあのグロさ。 今作みたいに赤い筋スパーって終わらすんじゃ興醒めです。 予算節約なのか本郷奏多の子供姿を顔のアップショットやバックショットでやり過ごす苦労が垣間見れます。 とにかくおうち時間が余ってしょうがない方はみてください、観て次の駄作のために課金しましょう。 公開された時に見れなかったので、鑑賞。 評価があまり良くないので覚悟の上で。 トッテモエガキレイダナ〜 ハナトショクノイイコラボレーションヤー 親にも捨てられ料理が得意というのが唯一の取り柄であるオオバカナコは、日給30万というダイナーにウェイトレスとして働くことになった。 そのダイナーの店主は元殺し屋の天才シェフで実はその店は殺し屋専用で...。 評価を見ても初めを見てもらっても分かるが、 あまり面白くなかったので毎度のようにまずはいい所から。 とりあえず、玉城ティナが可愛い。 フェイトレス姿はとても似合うし、藤原竜也とのタッグも抜群。 かなりこの映画は玉城ティナに救われている 藤原竜也も今回は珍しく地の底人間じゃない。 Sっ気強い役も向いとるやないか。 んで、問題点ですよ とにかくタイトルでも書いてますが、 蛇足なのにも関わらず物足りない。 余計なところに力入れてて、色々と雑になってる。 まぢで勿体ない。 始まりから下手くそ 独特な世界観に引き込む必要があるのに、 入りが適当で何も伝わってこないまま「ダイナー」と出てくる。 なんじゃこりゃ エンドロールから20分前?ぐらいになるまでが、 ホントに飽きる。 何を伝えたいんだ。 思いっきり殺し屋要素入れるならR指定にして思いっきりグロくするべきだし、 なにか伝えたいなら心情の変化を丁寧に書くべきだし、ダイナーと言うからにはもっと料理を見せるべきだし。 逆いえば、エンドロールから20分前は良かった。 これだよこれ。 今までの何だったんだと呟きながら見ていると、またもや「?」となる。 最後にあのセリフを言ってくれたのは嬉しかったが、 シーンが変わってからこれは必要なのかとなった。 映画館で見なくてよかったよ。 監督、自分出しすぎですよ。

次の

Diner ダイナーのレビュー・感想・評価

ダイナー ネタバレ

本作の主人公は、殺し屋ばかりが集まる定食屋のウェイトレス・ オオバカナコ。 その定食屋の名前は、「キャンティーン」、シェフはボンベロという人物でした。 とても冷徹であり、彼自身も人を殺した経験があります。 しかし、料理の腕は超一流。 その腕を買われて、シェフをしているのです。 この世のものとは思えないくらい絶品のハンバーガーを味わえるキャンティーンに集まる人々は、殺し屋と言われる人たち。 それを仕事として生きる、プロたちなのです。 殺しを始めた理由は、人それぞれいろんな事情がありました。 そんな彼らは、異常な精神状態の者ばかり。 そんな人たちが集まるこの店で、カナコは無事にウェイトレスを続けていくことができるのでしょうか。 彼女は超がつくほどの一般人。 なぜ殺し屋ばかりが集まる定食屋で、ウェイトレスを始めることになったのでしょうか。 仕事が長続きせず、自堕落な生活を送っていたある日、ふと、高額なアルバイト募集が目に止まります。 なんと1日、運転するだけで30万円もらえるというのです。 普通は怪しんで応募しないと思いますが、カナコはこれに応募してしまいます。 この瞬間から、彼女の悪夢は始まりました。 雇い主はやばい事件を起こし、ある組織に捕まり、カナコも同様に捕まりました。 壮絶な拷問の末に人身売買にかけられ、彼女はある人物に買い取られます。 それが、ボンベロがシェフをしているキャンティーンのオーナー・コフィでした。 カナコは働くか死ぬかを選ぶしかなく、キャンティーンで働くこととなったのです。 しかしここでの仕事は、普通のウェイトレスとは少し違います。 自分の考えや意見をいうことは許されず、あくまでボンベロの命令に従うだけ。 そして、客に殺される可能性もあるというのです。 キャンティーンの客は殺し屋ばかり。 お客さんに殺されそうになっても、ボンベロは助けない。 そういう約束なのです。 過去にも何人かウェイトレスがいましたが、客に殺されるか、ボンベロに殺されるか、そのどちらかだったのです。 そんな死体たちが、店内にはゴロゴロと転がっており……。 カナコの命がけのウェイトレス生活が始まりました。 子どもの姿をした人殺し・キッドは、フェイクで教授を連れています。 彼は望まれない子どもとして、この世に生を受けました。 キッドの母と祖母は淫売をしており、母は子どもができては堕ろし、できては堕ろしをくり返していました。 彼ができたときも堕ろそうとしたのですが、医者に「この子を堕ろすと2度と子どもはできない」と言われ、産むことにしたのです。 そして、そんな彼の産まれ方は普通ではありませんでした。 なんと祖母と母の客をたくさん集めて、客の目の前で産んだのです。 そうして産まれた彼も祖母と母によって売られ、淫売をする生活が始まりました。 この暮らしが、彼の異常を精神にした原因でしょう。 キッドは普通の殺し屋とは異なり、殺す行為を楽しんでいます。 さらには子どもばかりを相手にして、残虐な殺し方をしているのです。 カナコも殺そうとしましたが、ボンベロの逆鱗に触れ、キャンティーンには2度と来られなくなってしまいました。 登場人物4:想像と違って優しい・スキン! 炎眉は、ボンベロに惚れている女性の殺し屋です。 とても美しく容姿で、女であるカナコからみても惚れ惚れしてしまうほど。 ボンベロを想う気持ちは強く、いつも近くにいるカナコに強い嫉妬心を抱いています。 そんな炎眉も、育った環境は異常といえるものでした。 カルト宗教に入れ込んでいた両親の犠牲になっていたのです。 鶏の首を切り落として、ミルクにその血を注いで飲まされるなど、想像に耐え難いものがあります。 そんな彼女に殺しを教えたのが、ボンベロでした。 彼女の想い人であり、自身の師匠でもあったのです。 炎眉もキッド同様、カナコのことを殺そうとします。 彼女にこれといった恨みはなくても、ボンベロの近くにいるものや、大事なものを全て壊そうとしてしまう炎眉。 彼への愛情を突き詰めた結果として、彼女はそのような人生を送るようになってしまったのでした。 小説『ダイナー』は漫画でも楽しめる! キャンティーンには多くの殺し屋が訪れ、食事を楽しんだり、時には人を殺したり、思い思いの時間を過ごしています。 その中で、カナコはどのように過ごしていくのでしょうか。 ボンベロは最初、カナコのことをすぐに殺そうとしていました。 殺されることがわかった彼女は、ある手段に出ます。 キャンティーンで1番高級な酒「歌姫」を隠したのです。 これはボンベロのボスが心から楽しみにしていた酒でした。 歌姫がなくなっては、ボンベロもボスに殺されていまいます。 彼女は殺されたくない一心で、これを隠し、彼と取引したのです。 結果的にこの作戦が功を奏し、生き続けることができたのですが、この状況がいつまで続くかはわかりません。 隠した場所はとても単純な場所。 見つかれば彼女は殺されてしまいます。

次の

映画『ダイナー』はつまらない?面白い、面白くない評判評価の口コミまとめ

ダイナー ネタバレ

「俺は、ここの王だ。 砂糖の一粒まで俺に従う。 」 日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。 次々と店にやってくる殺し屋たち。 オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。 ダイナー内での勝手な振る舞いは相手が誰であろうと決して許さず、狂暴な殺し屋達からも一目置かれる絶対的な存在。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 主演は藤原竜也です。 デスゲーム系の俳優と言えばこの人ですよね。 『ダイナー』でも狂気に満ちた役どころを演じてくれています。 2019年9月13日公開映画『』、2020年1月10日公開『』、2020年公開予定『』など、今後の出演作も数多く決まっています。 玉城ティナ(オオバカナコ) 👤ダイナーに身売りされた少女 オオバカナコ / 幼い頃に母に捨てられ、祖母に育てられた孤独な少女。 ある日、日給30万円のアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に殺されそうになったところを、ボンベロが営むダイナーにウェイトレスとして売られる。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 準主演は玉城ティナです。 ファッション誌『ViVi』のモデルとして有名で、2015年公開『天の茶助』から女優業にも進出しました。 2019年公開9月27日公開『』、2019年11月15日公開『』、2020年1月31日公開『』など、今後の出演作も数多く決まっている今注目の女優です。 スキン(窪田正孝) 👤殺し屋No. 1 スキン / 全身が凄まじい傷跡で覆われている凄腕の殺し屋。 ボンベロの作るスフレに異常な執着心を持つ。 ダイナーでの振る舞いは基本紳士的、誰よりも繊細な心を持ち独特の色気を放つが、実はボンベロしか知らない大きな秘密を抱えている。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie キッド(本郷奏多) 👤殺しを楽しむサイコキラー!その姿は子供!? 殺し屋No. 子供のような可愛らしい姿をしているが、それは仕事 殺し のために全身整形やホルモン注射を施し骨格にまで手を加えた仮の姿。 実年齢は誰も知らない。 — 映画『Diner ダイナー』公式 DinerMovie 蜷川実花監督 蜷川実花監督の映画です。 父は演出家の蜷川幸雄、母は元女優でパッチワークキルト作家の蜷川宏子です。 ネオンっぽい雰囲気を演出するのを得意としている独特な美的センスの持ち主です。 2007年公開『』はベルリン国際映画祭に特別招待作品に選ばれ、2013年公開『』は沢尻エリカ主演で大きな注目を集めました。 2019年9月13日公開映画『』の監督もしており、『ダイナー』で主演の藤原竜也も同作に出演しています。 『Diner ダイナー』ネタバレあり感想 おすすめ度 3. 0 個人評価 3. 0 玉城ティナはオオバカナコではない? 最も印象的だったのは、オオバカナコ(玉城ティナ)でした。 『ダイナー』はボンベロ(藤原竜也)の物語ではなく、オオバカナコが居場所を求める映画です。 誰からも必要とされてないと思っている彼女は、ボンベロの元でウエイトレスをすることで、徐々にダイナーが居場所だと思い始めます。 しかし、ダイナーは殺し屋が集まるレストラン。 過去に8人ものウエイトレスが命を落としてきた超危険地帯です。 『大馬鹿な子』エピソード1 ダイナーの王・ボンベロはカナコをこき使いますが、そんな中でカナコはダイナーの金庫にある1億円相当のお酒を隠してボンベロに圧力をかけます。 普通、追い込まれた人間は上の言うことに大人しく従いますが、カナコは違います。 しかも相手は元人殺しで「砂糖の一粒までが俺に従う」とか言っている人間です。 なおさら凄いですね。 果敢ですが、ある意味『大馬鹿な子』です。 『大馬鹿な子』エピソード2 スフレの中に入っていた硬貨を取り除いてスキン(窪田正孝)が暴走した時、四天王の前で殺されかけた時も、カナコはボンベロを救う行動をしていました。 この頃にはダイナーが自分の居場所だと認識し始めていますが、それにしても命の危険を顧みない行動ができるのは『大馬鹿な子』だからでしょう。 オオバカナコは大馬鹿な子ですね。 ダイナー店内のネオン的な雰囲気はどことなく『ブレードランナー』を彷彿とさせてい頼も印象的でした。 アクションシーンは弱い アクションシーンは正直微妙というか、花びらが舞う演出とかが逆にノイズで、肝心のアクションをあまり楽しめませんでした。 銃撃戦にしても特徴的なシーンはなく、あまり印象に残るところはありません。 『るろうに剣心』の剣さばきはどこへ… 藤原竜也は過去に『るろうに剣心』で華麗な剣さばきを見せており、本作では包丁ですがそれなりのアクションがあるのかなと期待していました。 ただ、 残念ながら彼は料理人でありながら似合うのは包丁ではなく銃でした。 彼が包丁を弄っているシーンで一番印象的なのは、料理している時でもアクションでもなく、カナコと初めて対面した時の包丁を研いでいるような仕草のシーンでした。 『るろうに剣心』みたいなのを期待するのは流石にかわいそうでしたが、とはいえ印象に残るシーンがないのも残念でした。 [ad] 『Diner ダイナー』まとめ 面白かったですが、意外とあっさりしている映画だなと思いました。 陰と陽の掛け合わせは面白かったですが、だからと言って特筆して『すごかった!』と思えるようなものはありませんでした。 でも、蜷川実花監督の世界観が嫌いではなく、次回作の『』に期待したいと思います。 あ、玉城ティナ目当てで観るなら損はしない映画だと思いますよ。

次の