ホリエモン ひろゆき コピペ。 今、注目の「引きこもり」問題。ホリエモン×ひろゆき「中高年引きこもり100万人時代とか、すぐなんじゃない」

ホリエモンが社労士の仕事をぶった切る!「就業規則の作成なんて、コピペでいいんじゃない?」

ホリエモン ひろゆき コピペ

ひろゆき、ホリエモンのコピペについての質問です。 しかしその続き が消えてしまってるようなのです。 なんJより一部抜粋させていただくのでどうか続きかそのURLを教えてください。 74 ID:J0gzzgJL0 ひろゆき「……」ヌポポ 嫁「なんでやめたの?」 ひろゆき「いやいや、今いくっておっしゃいましたけどそれって日本語としておかしくないですか?貴女はここから動かずにいるわけだから『いく』じゃなくて快感の方から『来る』わけでしょう? 現に海外だと『Come on』ってみーんな言ってるんですよね。 このグローバル社会において未だに『いく』って言っちゃうのはちょっと信じられないかなー、と それにいつも貴女僕の精液を飲んでくれないじゃないですか、今のニーズは世界的に飲精の流れだってことを理解してないことに驚きました。 堀江さんどう思います?」 ホリエモン「まぁ飲精は当然だよね。 言ってみればアレはタンパク質の塊なわけだから、出したならその分摂取するのが当たり前。 俺はもうずっと飲んでるね。 人によって味も変わるんだよね。 肉ばっかりだと苦くなるけど果物よく食べてる人は甘くなる。 あーそんな話してたらなんか精液飲みたくなってきたな。 ひろゆきさんちょっとしゃぶっていいですか?」 ひろゆき「いやそれはおかしいでしょ(笑)」.

次の

ホリエモン×ひろゆきが話題の翻訳ツール「DeepL」に「今後は『医療系専門』とか『市場専門』の翻訳とかで分かれていく可能性はある」(週プレNEWS)

ホリエモン ひろゆき コピペ

今回のは、時代にPCは必要ないか? 前編では、が講義を録音してで化したり、に動画をして自動で字幕をつけてもらうなどの例を紹介。 「もうPCは必要ないと思う。 ホリ そうなんだ。 それで? ひろ その店はレジがなくて、おばちゃんに欲しいパンを言うと、電卓で計算して現金で払う昔ながらのお店だったんですが、今年の3月から払いができるようになったんです。 その管理のたCが導入されて、おばちゃんがPCで金額を打ち込むようになった。 「伝統に従って、のパンを、現金で売る」という、いわゆるな方法にすることで店のもつくっていたと思うんですけどね。 で、おばちゃんは「やっぱりPCを使えないとダメだわー」って言ってたんです。 ホリ でも、そのレジだってとかで管理できるからPCも必要ないでしょ。 ひろ ま、そうですけどね。 あとは、ほかの言語を使う仕事をしている人とかだと、PCなら右で翻訳を出したりや辞書を使うことが多いですけど、だとキツいですよね。 ホリ やでも翻訳はできるけどね。 ひろ ただ、単語を選んでして、翻訳立ち上げて、トして元のに戻って...... みたいな作業って手間がかかりすぎて、現実的じゃないですよ。 やっていたら仕事にならない。 ホリ そのうち効率よくできるようになるんじゃない? ひろ 効率がよくなるようなが出るときって、そういう作業が陳腐化しているときなので、そういう仕事をしている人の給料は下がりますよね。 仕事って、多くの人が「難しい」と誤解する作業のほうが給料が高かったりしますから。 ホリ 例えば? ひろ 昔ってを描くにはPCとを買って、高いを買う必要があったので、そこそこ作業の単価も良かった。 でも、今やで描けるしも安いので、が増えて単価がめっちゃ下がっていますよね。 なので、PCを使わなくていい仕事って、そういう単価の安い仕事にならざるをえないんでないかと。 ホリ 確かにね。 ひろ んで、たいていの作業って誰でもできますよね。 音楽を作るとか、社内資料を作るとか。 でも、そういったことをPCでやるから難しく見えて、給料が高かったりするわけです。 ホリ 逆に言えば、稼ぐならPCを使ってが高そうに見えることをやればいいってこ ひろ そうですね。 だから、PCを使わなくても食っていけるがつくまでは、PCを使っていたほいと思うんです。 兼従業員。 元『』。 近著に『論破力』(朝日新書) 構成/杉原光徳 加藤純平 /西アズナブル 「PCを使わないで食っていけるスキルが身につくまでは、PCを使稼ぐならPCを使って難易度が高そうに見えることをやればいい」とホリエモン 関連ニュース•

次の

ホリエモン「もはやPCなんていらない。スマホで十分」 vs ひろゆき「PCは必要」 お前らはどっち派?

ホリエモン ひろゆき コピペ

堀江:そいつ以外は別に普通の人やもん。 西村:そいつだけ特殊なんだ? 堀江:特殊。 でもその人『ニコ生』とか見てるんすよ、その人オタクだから。 川上・西村:え!? 堀江:ゲーマーだから、ファミ通とか買ってる。 川上:刑務所の中で? 堀江:で、ファミ通を、その人なんか免許の更新があったのかな? 免許の更新って結構金かかるじゃないですか? 1万とかかかるじゃないですか。 その金を全部報奨金から出さないといけないから。 で、金無くなって、報奨金の半額までしか使えないんですよ、月々。 雑誌って結構金かかるじゃないですか。 川上:持ってても使っちゃ駄目なんですか? 堀江:そうそう。 出てから生活に役立てなさいっていうのが趣旨だから。 だから、金無いからファミ通買えなかった月とかあるんですよ。 で、俺すっごい来るじゃないですか。 露骨にムカついてるんですよ、そいつが。 西村:貸し借りは駄目なんだ。 堀江:もちろん。 共同室の人は皆で回し読みとかしてるんだけど、みんな単独室だから。 「俺のファミ通…」とか言うんですよ。 一同:笑 堀江:「俺のファミ通…」って言われてもなぁ(苦笑)。 西村:それ堀江さんに言ってどうするの? 川上:可愛いですよね、それが最高の気遣いでしょ? 堀江:そう、その人は実はたぶん、そういう割と可愛い人なんだと思うの。 だけど超強面だし、背も高いし、強盗とかやった人だし、怖ぇーなぁみたいな。 西村:確かにね、強盗ですからね。 堀江:俺、出て検索したもん。 西村:あの人何やったんだろうみたいなね。 ずっと気になってたんだ。 堀江:すっごい気になってたの。 でもね、本人には聞けないよ。 西村:まず出てやったのは、動画の検索して「この事件だったんだ!!」。 川上:これだったのかと。 堀江:これかーみたいな。 ちょっと詳しくは言えないんだけど、まぁ…。 西村:じゃあ仲良くなった人とかも、実際本当は何をやったかは知らなかったりするんですか? 堀江:いやいや、その人は怖いから聞けないのよ。 聞いてまた何かトラウマとかに引っかかったら、ブチブチ言われるから。 その人が強盗やったっていうのも、他の人に聞いたの。 他の仲良い人に、割と普通に喋れる人に聞いて。 川上:「あの人何やったの?」って? 堀江:いや、だから殺人犯とかもいるわけですよ。 もう殺人の人なんか怖くて聞けないもん。 西村:やっぱり分かるんですか? 堀江:じゃなくって刑務所って、刑務所トリビアなんだけど。 3桁の証拠番号って言って、僕は755番だったんですけど、1000番台以降は懲役8年以上なんですよ。 ロングって言ってるんですけど。 番号も4桁以上の人って何人かいたんだけど、もうなんか凶悪犯なんですよ。 まぁだいたい若くてもそんなんやってたら、懲役10年くらう刑って大体決まってるじゃないですか。 川上:もうほんと酷いことやってますね。 堀江:人一人殺してるかな…みたいな。 西村:っていうのが4桁の人達なんだ。 堀江:一回、なんか書類がぴらっと見えちゃって、殺人って書いてあるのを見たのよ。 怖っと思って、殺人は聞けない。 窃盗とか、性犯罪とかは聞けるんだけど。 西村:性犯罪は聞けるんですか? みんな隠したがらないんですか? 堀江:性犯罪の人は別に普通だもん。 西村:普通なんですか。 堀江:でも分かるもん、分かってるもん。 西村:性犯罪って、刑務所の中でいじめられるとか言うじゃないですか。 堀江:うちの工場は特殊な工場だからいじめられない。 そのトップの人だけ、めんどくさかったのは。 川上:なんでそんなトップの人嫌なんですか? 堀江:単純にトップの人は順繰りなんで。 川上:一番古いだけ? 堀江:そう、一番古いってだけ。 その衛生係っていうのは、要は階層になってて、衛生係とその他一般工になってるんですよ。 衛生係は4人なんですよ。 で、あと30人くらい普通の人が居るんですよ。 普通の人は足が不自由な人とか、障害者の方と、痴呆症の人とか、そういう人ばっかなんですよ。 立場弱いし、その人達から僕に何か言われる事はないんですよ。 だから問題は衛生係だけなんですよ。 川上:衛生係の中で、堀江さんがNo. 2まで登りつめたっていうのは。 堀江:単純に順繰りなんですよ。 川上:長かったっていう事ですか? 刑期が長いって事ですか? 堀江:ただやっぱり駄目な奴も居るんですよ。 駄目な奴は追い越すんですよ、僕が。 川上:そこでちゃんとあるんですね。 堀江:衛生係でもパシリがいるんですよ。 こいつなんかいじめられっ子だなみたいな奴が居るんですよ。 可哀そうだけど。 西村:やっぱり刑務所の中でもそういう人はそうなっちゃうんですか? 堀江:完全にスクールカースト。 西村:刑務所でもそうなんだ。 堀江:刑務所は、よりそうでしょ。 だってスクールカーストが出来るのが何故かと言うと、閉じ込められた狭い環境に居るから、カーストが出来ていくわけじゃない? 自由に行き来できる環境の中でカーストなんて出来ないですよ。 出来てもすぐ解消するでしょ。 刑務所のカーストっていうのは、もうびっちり決まっているんですよ。 西村:刑務所ってそういうのが出来ないように作ってあるんじゃないですか? 堀江:っていう建前だよね。 刑務官とか、別にそんな一番上の人がガーっと言ってても怒んない。 注意しないしね。 川上:まぁ、面倒くさいですよね。 堀江:面倒くさい。 だから、先生がスクールカースト注意しないのと一緒。 だって先生もそっちの方が楽なんだもん。 川上:まあね。 堀江:先生も楽だから、カーストを禁止しないわけじゃん。 利用してるわけでしょ? スクールカーストっていう本読んだんですけど、まさにその構造が激しくなったのが刑務所ですよ。 だからそのトップの人は、刑務官にとっては楽なんですよ。 体育会系縦社会なんで。 そいつも絶対刑務官には逆らえないわけじゃない? 楽ですよ。 あいつだって部下だったら楽だと思うもん、僕も。 西村:やっぱりそういう感じで、同じようなものができるんですね。 堀江:だから下にいる人間は面倒くさいよね。 ただ僕ちょっと身につまされる所があった。 あの、上司として、元。 川上:そんな感じの事を? 堀江:僕もやってたなみたいな。 川上:やってたね。 西村:やってたんですか? 堀江:そこまで酷くないと思うよ。 別に会社だから逃げれるし、僕そんなに怖くないし。 川上:いやーでもね、最近上司って理不尽な事言いますよね? それで自分で気付いてないよね。 堀江:だからこれは俺のなんか……。 西村:今のは客観的な話なのか、自分の自己紹介なのか、どっちなのか多少気になったんですけど。 堀江:僕はすごい身につまされるというか、これちょっと自分に…。 因果応報です。 自分に返ってきたんです、あれが。 川上:会社の中でやってた事が? 堀江:そうですそうです。 結局そういう事なんですよ。 そういう事なんだなと思って我慢してましたね。 しゃーないなっていう。 川上:それは絶対そうですよね。 堀江:自分はもうそういうの体験してきてるから、こいつも初めて、たぶん人生初上司なんだろうなって思ってた。 西村:確かに最初で最後の上司かもしれないですね。 川上:そっか、堀江さんって社長以外社会人やってないんですね。 堀江:そうそう、社会人やってないんですよ。 まぁ、それはしょうがねえな。 ある程度しょうがねぇな。 西村:そういう意味でいい経験してるじゃないですか。 堀江:まあね。 川上:人格者ですよ、ほぼさっきの挨拶は。 僕すごい感動してたのに大笑いして…。 この二人の濁った応え。 西村:長いんだもん(笑)。

次の