ジャスト タップ アウト。 内藤哲也、ジャストタップアウト! 関節地獄で悶絶ギブアップ!! 新日プロNJC2018

11.10(土)沖縄・ジャストタップアウト興行 全カード決定 : 千葉密着・発信型プロレス 2AW情報ブログ

ジャスト タップ アウト

名阪サーキットへ南下した新日本プロレス『NEW JAPAN CUP 2018』は愛知、兵庫と連日満員(主催者発表)の盛況。 兵庫では優勝候補最右翼の飯伏幸太がYOSHI-HASHIをカミゴェで沈め、メインで圧倒的声援を受けた内藤はザックセイバーの関節地獄でTAKAみちのくの宣言通りジャストタップアウト。 膝も未だ万全ではない棚橋だったが、タイチを優勝候補の対抗に推した本誌のスレた予想を真っ向から裏切って2回戦に進出した。 前日、石井とエルガンが危険な大技を連発するハイスポットな試合で30分弱を駆け抜けたのと対照的に、序盤、のらりくらりと場外にエスケープするタイチと、あべみほと金丸の介入もあるオーソドックスなヒールっぷりで、ベビーフェイス棚橋に声援が集まる落ち着いた試合展開。 終盤、3冠パワーボムなど全日テイストの危険な技をみせたタイチを、ドラゴンスクリュー、スリング・ブレイド連発からハイフライフローでエース棚橋が振り切った。 一時期の内藤との抗争ではすっかりヒールのポジションに追いやられた棚橋を完全にエースとして歓声を集めさせた鈴木軍のヒールっぷりも流石で、通も唸る渋みのある好勝負だったといえよう。 ここまでの結果、俄然決勝は飯伏-棚橋戦が濃厚。 4・1両国でIWGPヘビー、インターコンチ、NEVERいずれかのベルトに挑戦できるという賞品も、飯伏の「オカダに勝てると思わない」発言と絡めるとなるほどと思わされる伏線と考えると全て繋がってくる。 果たして長岡のメインに立つのは誰なのか、LA大会、4・1両国から夏への展望に興味が尽きない新日本プロレスのリング上となりそうだ。 が2回戦へ進出.

次の

プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT

ジャスト タップ アウト

スマホの操作方法には、スワイプ、ピンチイン、ピンチアウトなどスマホにはクリックだけではなく、色々な方法があります。 今回は、スマホ操作方法の用語について、紹介します。 【タップ】(tap,single-tap) 使い方 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 パソコンの操作でいうと、クリックに類似します。 スマホでも、もっとも基本的な操作です。 使用事例 アプリを起動する際、画面を切り替える際に、タップをします。 【ダブルタップ】(double-tap) 使い方 タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くことをいいます。 タップを二回する、ダブルクリックをするようなイメージです。 使用事例 文章コンテンツを読む際に、スマホ画面が大きすぎる、ないしは小さすぎて、読みづらくならないよう、枠内におさまるサイズに、縮小・拡大します。 【ロングタップ】(long-tap,long-press) 使い方 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいることをいいます。 力を入れすぎる必要はありません。 また「ロングタップ」は、「タッチ 長押し」とも呼ばれています。 使用事例 ホーム画面のアイコンを、動かせる状態にすることができます。 また、使用しているアプリの機能メニューを呼び起こすことも可能です。 【フリック】(flick) 使い方 タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)ことが、「フリック」です。 素早く動かす、弾くという意味があります。 また、弾く感覚よりも、指先を滑らして、上下左右の方向にスライドさせる操作は、「スワイプ」(swipe)といいます。 「フリック」と「スワイプ」は、よく似ていますが、パソコンの操作でいうと、それぞれに「ホイールスクロール」と「ドラッグドロップ」に近いと言えます。 使用事例 メッセージやメールなど、日本語で文章を作成する際に、「フリック」をして文字入力します。 これは「フリック入力」と呼ばれています。 通常、テンキー入力なら、複数回タップをしないと出せない文字を、一回の「フリック」のみで、キーの周囲に表示、選択させることができます。 慣れるには少し時間がかかりますが、慣れてしまえば、スピーディーな入力体験を実現します。 【引用:】 なお、株式会社ジャストシステムは、「フリック入力」の利用率が、スマートフォンユーザーの45. さらに、「フリック」は、サイトが複数のページに及ぶ場合、画面を次のページに移動させたり、コンテンツのボリュームが多いページでは、画面を早く上下左右に、読みたい箇所まで、スクロールさせたりすることが可能です。 ほかにもスマホ起動時のロック解除にも、使用されます。 【ピンチ】(pinch) 使い方 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作することを、「ピンチ」といいます。 おもに、親指と人差し指を使うことが多いですが、使い慣れている指で大丈夫です。 2本の指をつまむようにして、間隔を狭くさせる操作を「ピンチイン」(pinch-in,pinch-close)といいます。 一方で、2本の指を広げるように動かして、間隔を広げる操作が、「ピンチアウト」(pinch-out,pinch-open)です。 使用事例 画像や地図、文章、webページを、見やすいサイズに、縮小・拡大する際に、使います。 一度に「ピンチ」をして、一気に縮小・拡大させることも可能ですし、何度も「ピンチ」を繰り返すことで、最小・最大のサイズにさせることもできます。 「ピンチ」させたまま、自分に適したサイズ感を調整できるのが便利です。 【ドラッグ】(drag) 使い方 「ドラッグ」とは、タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すことです。 パソコンの操作の「ドラッグ」と同一の操作です。 使用事例 アイコンやボタンを、移動させる際に、使用します。 アイコンを動かせる状態は、「ロングタップ」をすると、作ることができます。 【マルチタップ/マルチタッチ】(pinch) 使い方 2本以上の指で、入力操作を行うことを「マルチタップ」といいます。 同時に接触できる数は、機種ごとによって異なります。 とりわけ、タッチスクリーンやトラックパッドなどの入力作業で、役立ちます。 使用事例 【引用:】 【引用:】 もっともわかりやすい使用事例は、楽器アプリです。 ピアノやキーボードの鍵盤、またはギターのコード、ドラム、打楽器など、同時に複数の指を使用するプレイスタイルに最適です。 【引用:】 またGoogle Mapでも、「マルチタップ」で、ディスプレイをスライドさせたり、回転させたりすると、3D表示で立体的な地図検索体験を実現させてくれます。 使用事例 アプリのアイコンを「タッチアンドホールド」させると、ホールドしたアイコンやWidgetを移動させたり、またホーム画面を編集モードに切り替えたりすることができます。 まとめ 名称使い方使用事例 タップ 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 ダブルタップ タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くこと。 ロングタップ 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいること。 フリック タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)こと。 ピンチ 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作すること。 ドラッグ タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すこと。 マルチタップ/マルチタッチ 2本以上の指で、入力操作を行うこと。 タッチアンドホール タッチスクリーンに指をあてて、タップしたままの状態にすること。

次の

TAPOUT/タップアウト Tシャツ VENUM

ジャスト タップ アウト

スマホの操作方法には、スワイプ、ピンチイン、ピンチアウトなどスマホにはクリックだけではなく、色々な方法があります。 今回は、スマホ操作方法の用語について、紹介します。 【タップ】(tap,single-tap) 使い方 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 パソコンの操作でいうと、クリックに類似します。 スマホでも、もっとも基本的な操作です。 使用事例 アプリを起動する際、画面を切り替える際に、タップをします。 【ダブルタップ】(double-tap) 使い方 タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くことをいいます。 タップを二回する、ダブルクリックをするようなイメージです。 使用事例 文章コンテンツを読む際に、スマホ画面が大きすぎる、ないしは小さすぎて、読みづらくならないよう、枠内におさまるサイズに、縮小・拡大します。 【ロングタップ】(long-tap,long-press) 使い方 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいることをいいます。 力を入れすぎる必要はありません。 また「ロングタップ」は、「タッチ 長押し」とも呼ばれています。 使用事例 ホーム画面のアイコンを、動かせる状態にすることができます。 また、使用しているアプリの機能メニューを呼び起こすことも可能です。 【フリック】(flick) 使い方 タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)ことが、「フリック」です。 素早く動かす、弾くという意味があります。 また、弾く感覚よりも、指先を滑らして、上下左右の方向にスライドさせる操作は、「スワイプ」(swipe)といいます。 「フリック」と「スワイプ」は、よく似ていますが、パソコンの操作でいうと、それぞれに「ホイールスクロール」と「ドラッグドロップ」に近いと言えます。 使用事例 メッセージやメールなど、日本語で文章を作成する際に、「フリック」をして文字入力します。 これは「フリック入力」と呼ばれています。 通常、テンキー入力なら、複数回タップをしないと出せない文字を、一回の「フリック」のみで、キーの周囲に表示、選択させることができます。 慣れるには少し時間がかかりますが、慣れてしまえば、スピーディーな入力体験を実現します。 【引用:】 なお、株式会社ジャストシステムは、「フリック入力」の利用率が、スマートフォンユーザーの45. さらに、「フリック」は、サイトが複数のページに及ぶ場合、画面を次のページに移動させたり、コンテンツのボリュームが多いページでは、画面を早く上下左右に、読みたい箇所まで、スクロールさせたりすることが可能です。 ほかにもスマホ起動時のロック解除にも、使用されます。 【ピンチ】(pinch) 使い方 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作することを、「ピンチ」といいます。 おもに、親指と人差し指を使うことが多いですが、使い慣れている指で大丈夫です。 2本の指をつまむようにして、間隔を狭くさせる操作を「ピンチイン」(pinch-in,pinch-close)といいます。 一方で、2本の指を広げるように動かして、間隔を広げる操作が、「ピンチアウト」(pinch-out,pinch-open)です。 使用事例 画像や地図、文章、webページを、見やすいサイズに、縮小・拡大する際に、使います。 一度に「ピンチ」をして、一気に縮小・拡大させることも可能ですし、何度も「ピンチ」を繰り返すことで、最小・最大のサイズにさせることもできます。 「ピンチ」させたまま、自分に適したサイズ感を調整できるのが便利です。 【ドラッグ】(drag) 使い方 「ドラッグ」とは、タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すことです。 パソコンの操作の「ドラッグ」と同一の操作です。 使用事例 アイコンやボタンを、移動させる際に、使用します。 アイコンを動かせる状態は、「ロングタップ」をすると、作ることができます。 【マルチタップ/マルチタッチ】(pinch) 使い方 2本以上の指で、入力操作を行うことを「マルチタップ」といいます。 同時に接触できる数は、機種ごとによって異なります。 とりわけ、タッチスクリーンやトラックパッドなどの入力作業で、役立ちます。 使用事例 【引用:】 【引用:】 もっともわかりやすい使用事例は、楽器アプリです。 ピアノやキーボードの鍵盤、またはギターのコード、ドラム、打楽器など、同時に複数の指を使用するプレイスタイルに最適です。 【引用:】 またGoogle Mapでも、「マルチタップ」で、ディスプレイをスライドさせたり、回転させたりすると、3D表示で立体的な地図検索体験を実現させてくれます。 使用事例 アプリのアイコンを「タッチアンドホールド」させると、ホールドしたアイコンやWidgetを移動させたり、またホーム画面を編集モードに切り替えたりすることができます。 まとめ 名称使い方使用事例 タップ 指で、タッチスクリーンを、指先で軽く叩くこと。 ダブルタップ タッチスクリーンを、指先で2回連続、叩くこと。 ロングタップ 指先でタッチスクリーンを、しばらく指を離さずに、抑えたままでいること。 フリック タッチスクリーンに触れて、素早く指先を、上下左右の方向に払う(スライドさせる)こと。 ピンチ 2本の指で、タッチスクリーンを、つまむように操作すること。 ドラッグ タッチスクリーンに指を触れたまま、意図する方向にスライドさせて行き、任意の位置で離すこと。 マルチタップ/マルチタッチ 2本以上の指で、入力操作を行うこと。 タッチアンドホール タッチスクリーンに指をあてて、タップしたままの状態にすること。

次の