艦 これ 強行 偵察 任務。 強行輸送艦隊、抜錨! 1-6クォータリー任務【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

クォータリー任務の条件・報酬・おすすめ攻略編成のまとめ

艦 これ 強行 偵察 任務

ウィークリーによるバケツ集め 「あ号」クリアが辛い提督さん用… ウィークリーによるバケツってどのくらい溜まるのか。 …と思い調べたんですがウィークリーってバケツでる任務が3つしか無いっぽい。 海上護衛戦(い号の後にでる潜水艦15隻)…バケツ2個• ろ号作戦(あ号の後にでる補給艦50隻)…バケツ3個• 敵東方中枢艦隊を撃破せよ!(面倒)…バケツ1個 ってことでウィークリーは現実的な話をすると… あんまりプレイしない提督だったら「海上護衛戦」の2個が妥当。 ちょっと頑張る提督で「ろ号作戦」まで終わらせて合計5個程度。 「敵東方中枢艦隊を撃破せよ!」に関しては、事前に4-1~4-4を12回ボス勝利のウィークリーを終わらせた後じゃないと出現しないクエストですから任務マニアな提督以外はやる価値があまりないかも。 想像以上にウィークリーで集められるバケツって少ないのね。 考慮するまでもねぇや~って感じかもしれません。 デイリーによるバケツ集め 気を取り直してデイリーによるバケツを調査してみるです。 調べた限りではどうやらデイリーで貯める方が現実的っぽい。 簡単そうな任務から羅列してみる。 出撃系を省くとバケツが集められる任務は下記の4つで合計5個ですね。 新造艦「建造」指令(艦娘を1隻建造)…バケツ1個• 軍縮条約対応!(艦娘を2隻解体)…バケツ1個• 艦の「近代化改修」を実施せよ!(近代化を2回)…バケツ1個• 艦隊大整備!(5隻をドッグ入り)…バケツ2個 でもって出撃系クエストでバケツが集められる任務は以下の4つで合計4個。 敵艦隊主力を撃滅せよ!(二回目の出撃のやつ)…バケツ1個• 敵補給艦を3隻撃沈せよ!…バケツ1個• 南西諸島海域の制海権を握れ!…バケツ1個• 敵潜水艦を制圧せよ!(南西後の潜水艦狩り)…バケツ1個 また 「敵空母を3隻撃沈せよ!(0,3,7のつく日限定のクエ)」をクリアすればバケツを2個貰うことが可能になります。 こちらは一日当たり0. ということでまとめますと以下のようなイメージ。 南西が面倒だよ~って人は一日で7個程度(一週間で約50個)• 南西まできっちりやる人は一日で10個程度(一週間で約70個) 遠征によるバケツ集め さてさて…遠征によるバケツ集めのお話をしてみましょう。 詳しい効率などについてはが便利なので使ってみるといいよ。 まずバケツを貰うことができる任務についてですが 今のところバケツが貰える遠征は全部で11個の模様。 時間順に並べると以下の通りですね。 2:長距離練習航海(0:30)• 4:対潜警戒任務(0:50)• 10:強行偵察任務(1:30)• 9:タンカー護衛任務(4:00)• 13:鼠輸送作戦(4:00)• 11:ボーキサイト輸送任務(5:00)• 18:航空機輸送作戦(5:00)• 14:包囲陸戦隊撤収作戦(6:00)• 36:水上機基地建設(9:00)• 39:遠洋潜水艦作戦(30:00)• 26:敵母港空襲作戦(80:00) 「遠洋潜水艦作戦」と「的母港空襲作戦」に関してはクエスト用遠征みたいなものですから考慮に値しない…ってことで今回は除外して考えていきたいと思います。 バケツ時間効率-TOP5 まずは効率重視の遠征について。 時間を気にせずにぐるぐる回した場合。 2:長距離練習航海(0:30…1. 4:対潜警戒任務(0:50…0. 9:タンカー護衛任務(4:00…0. 10:強行偵察任務(1:30…0. 13:鼠輸送作戦(4:00…0. 0+0. 6+0. 4個】のバケツを理論的には入手可能。 バケツだけをたっぷり集めたい場合はこちらの遠征セットをどうぞ。 資源も少し考慮に入れた場合 ちなみにバケツ以外の資源効率を考慮に入れると… 以下の順で優れた遠征だったりします。 2:長距離練習航海(0:30…1. 13:鼠輸送作戦(4:00…0. 9:タンカー護衛任務(4:00…0. こまめに遠征に出すのが面倒な人は「鼠」・「タンカー」の二つが共に4時間遠征で補給タイミングも同じなので良いかもですね。 一回の遠征で持ってくるバケツ数期待値 時間による効率とは別に… 一回の遠征出撃によって得られるバケツ個数。 9:タンカー護衛任務(4:00…1. 13:鼠輸送作戦(4:00…1. 11:ボーキサイト輸送任務(5:00…1. 36:水上機基地建設(9:00…1. 2:長距離練習航海(0:30…0. 4:対潜警戒任務(0:50…0. 10:強行偵察任務(1:30…0. 18:航空機輸送作戦(5:00…0. 14:包囲陸戦隊撤収作戦(6:00…0. 寝る前遠征で単にバケツが欲しいなら「タンカー」がオススメ。 資源効率を考慮すれば「水上機」「鼠」がオススメですね。 バケツ集めまとめ そんなこんなで今回の調査を元に…僕の艦これプレイングに照らし合わせて一週間の獲得バケツ数をざっくりと見積もって見る。 まぁ…仮に「ろ号」が終わらなくても誤差は3個だから大丈夫。 適当に。 5個程度になると予想。 それの一週間なので「合計60個」程度のバケツを入手予定。 寝る前に「鼠」と「水上機」に出すとしてバケツ2個。 合計で一日当たりバケツ「6個」を入手するとすれば一週間で「合計40個」程度のバケツを入手予定。 デイリーの南西やこまめな遠征は負担がでかいよ~って人でもボチボチやればプチ怠け提督で2ヶ月、かなりローペースな提督でも3ヶ月程程でバケツ1000個溜まると思われますね。 予想になりますが次のイベントは冬のクリスマス時期あたりかな? 前年度のクリスマス(アルペジオコラボ)イベントはドロップが美味しいボーナスイベントでしたから、今年も掘りメインのボーナスマップの可能性が高いのではないかと考えています。 艦娘のコンプリートを目標にしている提督さんはクリスマス前までにバケツをたっぷりと用意しておくことをオススメしますよ~。 2014年9月26日のアップデートにて新海域「中部海域」が実装。 新たに二つのマップが追加 探してみたところ…ブラウザ版がなかったので… 【ブラウザ版】艦これ経験値計算ツールを作成し 艦これ2015夏イベント「反撃!第二次SN作戦」 E-5「奮闘!西部方面派遣艦隊」攻略用編 2015春イベント・第三海域 「ベーグル湾通商破壊戦」攻略記事です。 で 艦これ2015夏イベント「反撃!第二次SN作戦」 E-6「反攻作戦!FS方面進出」攻略用編 艦コレの中でもトップ性能を誇る大和型戦艦。 今回は、艦娘を使って作戦行動をす.

次の

前線の航空偵察を実施せよ! 6-3クォータリー任務【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

艦 これ 強行 偵察 任務

母艦類の名に恥じず、標準型戦艦よりも巨大な艦だ。 本体の中ほどに、強襲揚陸艦16隻を開放式で収容している。 砲撃戦を目的とする艦ではないため、攻撃能力はほとんど持っていない。 正面はのっぺりしている。 後退用スラスターの開口部を除いて完全な金属の塊であり、きわめて重装甲となっている。 艦橋の位置すら分からない。 帝国の強襲揚陸艦がこの母艦を必要とするのは、揚陸艦がワープドライブ能力を持たないからである。 揚陸艦は跳躍航行エンジンのスペースをオミットしてまで、軽量化に励んでいる。 その甲斐あってか揚陸艦の強襲性能は、同盟軍の同種艦よりおそらく高い。 第6次イゼルローン攻防戦ではリューネブルク少将の揚陸艦がシェーンコップ大佐指揮の揚陸艦に、その弾幕と回避機動を潜って強制接舷し、乗り込んでしまったほどである。 後方からは居並ぶ揚陸艦の姿がよく分かる。 帝国軍は艦載艇を完全収納する傾向にあるが、93mもある揚陸艦を収容仕様とするのはさすがに難しかったようだ。 まるで手投げ弾を思わせる外観の理由となっている長大なエンジン部は、揚陸艦の離着を容易に行えるようにするための配慮と考えられる。 全長を稼ぐほどに安定度も増す。 戦場では揚陸艦を放出するや早々に後方へ退くものと見られ、作戦行動中の揚陸艦母艦を伺う機会は滅多になく、アニメでは出番もなくついに設定だけで終わってしまった。 1隻で装甲擲弾兵3個小隊を運ぶ。 ワープ航行能力は持たないため、ワルキューレや雷撃艇に準ずる大型艦載艇になると思われる。 艇といっても全長は93mに達するが、専用の母艦を必要とする運用上、艦隊を「〜隻」と表記する際に揚陸艦は員数外扱いされ、母艦の数がカウントされる可能性が高い。 対して同盟軍の揚陸艦は星間航行能力を持ち、駆逐艦並の大きさを持っている。 通常の艦艇は強制接舷用の設備を側面に隠しているが、強襲揚陸艦だけはその突入用シリンダーを艦首正面中央に露出させている。 艦首の突き出た四辺には、対象艦艇ないし施設へ打ち込むアンカーボルトがあり、瞬時にして互いを固定する。 ついで連絡通路を兼ねた強固なヒートシリンダーが迫り出て外壁を破り、進入路および橋頭堡を確保する。 文字通りの揚陸すなわち下降作戦であれば、下の写真のように地面ないし水面に屹立し、側面よりイオノクラフトに搭乗した装甲擲弾兵が躍り出る。 名場面といえるイゼルローン要塞表面での戦闘はそのようにして発生した。 前半部中央には円形に盛り上がった部分があるが、横方向の姿勢制御を目的とした大型スラスターであり、しかも12基も備えている。 模型レベルでエンジン以外のスラスター類は普通ただの点にすぎず、旗艦級戦艦ですらこれほど明瞭な姿勢制御装置は持っていない。 それを駆逐艦より小さな揚陸艦が10基以上も備えていることから、突出した回避性能が伺える。 回避力こそずば抜けてるが、揚陸艦の足はさほど速くない。 ヴァンフリート星域会戦の折、ラインハルトの機動艦隊は眼前の揚陸艦部隊に行く手を阻まれたし、ゲームでも機動力評価は最低レベルである。 いかに舞い、いかに刺すか。 それを突き詰めた答えが、帝国軍強襲揚陸艦の正体だ。 レギュラー戦闘艦は万能型に作るのと対照的に、小型の特殊艦艇はきわめて合理的に設計する傾向が帝国軍にはある。 占拠攻略の艦であるため、艦艇および施設の破壊を目的とした装備はほとんど持っていない。 殲滅したいなら戦艦を前列に出せばいいだけの話だからだ。 輸送艦は用途別に応じて多くの種類があり、代表格はこの大型正式輸送艦。 巨大コンテナに艦橋とエンジンを付けただけのシンプルな構造で、生産・運用効率を突き詰めたデザインになっている。 同盟軍の大型輸送艦ほどは積載できないが、それでも一隻で数百万トンもの物資を運んでしまう。 単純な構造ゆえ戦闘能力は貧弱で、艦橋下部の正面に自衛用低出力ビーム砲を12門装備するのみである。 各艦隊に補給部隊として数隻から数十隻が配備されているが、おもな任務はあくまで後方と前線を行き来して兵站線を維持することにある。 万能を自負する帝国軍艦艇はペイロードにも余裕を持っているので、輸送艦が最前線の補給部隊として活躍する機会は同盟ほどないと考えられる。 輸送艦といえばアイゼナッハで、第2次ラグナロック作戦までは輸送艦隊を率いて黙々と地道に仕事をこなし、ラインハルトの信頼を得た。 帝国軍では珍しく白く塗られた艦で、自立航行できる軍艦としては帝国最大の大型艦である。 全長だけで2000mと、標準型戦艦の3倍もある。 容積は比べるまでもないほどの巨艦だ。 これだけの巨体でないと、一度に万単位で発生する傷病兵の受け入れは満足にできないのだろう。 原作に応じてデザインはされたが、結局設定だけが存在するという形で終わり、アニメでその白い棍棒のような姿をお披露目する機会はついに来なかった。 もし出演していれば、戦艦とのあまりの差に誰もが驚いたことだろう。 色といい大きさといい、それだけのインパクトを有する船である。 病院船は帝国も同盟も本体が大きすぎるため、各艦との連絡は病院船搭載の小型艇が行っている。 アニメでは同盟側の小型艇が登場したが、大きさは駆逐艦を一回り小型化したくらいだろう。 帝国側も同程度だとすれば、小型艇の出入り口は、前面下部左右に見られる四角形の列だと考えられる。 ぜんぶで28個あるので、病院船ひとつで同時に28隻までの艦船を相手にできるということになる。 正面は真四角のうえ平坦で、病院船が実用本位の思想で作られていることが分かる。 辺境民を威圧する必要も、シンボルとして誇りや憧憬の対象となる必然もないので、合理化はおそらく極限まで追求されていると見られる。 正面中央にある仮面のような形状の灰色構造は、なんの構造であるかは不明だ。 艦橋かもしれないし、なにかの装置かもしれない。 帝国軍輸送艦には輸送艦同士でビーム測距しつつ一列となって輸送艦隊を組む機能が備わっており、その装置が正面中央に(ダメもうむり寝る) 帝国同盟共通のマークをペイントしてあり、これは赤十字に相当する。 双方攻撃禁止の取り決めがなされていると見て良く、いわゆる戦力外である。 病院船のみ「従軍」と冠せられている事情はここから来ていると思われ、病院船そのものは一切の攻撃能力を持たないし、持ってはいけないことになっている。 長文が予想されるため本文執筆中.

次の

【艦これ】春の新任務_攻略(2020年)

艦 これ 強行 偵察 任務

概要 [ ] 行動には、基本的に「作戦地域についての情報」と「敵についての情報」の2つが必要となり、特に後者の情報は流動的であるために逐次更新することが必要となる。 偵察は、これら情報を収集することを目的とした活動である。 主に、に置かれている偵察部隊がこの任務につく。 偵察には、 隠密偵察と 威力偵察(強行偵察)がある。 隠密偵察とは敵に察知されることなく行う偵察行動であり、威力偵察とは部隊を展開して小規模な攻撃を行うことによって敵情を知る偵察行動である。 第二次大戦後、特に冷戦下では情報収集の重要性が増すとともに火力を用いることの政治的なコストが増大したため、「敵に察知されることは前提であるが(積極的な)攻撃は行わない」という隠密偵察と威力偵察の中間的な活動も多くなった(特に航空偵察において)。 通常、ただ偵察という場合は隠密偵察のことを指すため、偵察と威力偵察が区別して使われることはあっても、隠密偵察と偵察が区別されることはあまり無い。 また、敵の有無や位置を探る「」、地形地勢について調査する「地形探査」、敵が存在する可能性が高い状態で敵の位置を探る「索敵」などと使い分ける場合もある。 要領 [ ] 偵察部隊に限らず、現代のでは、ほぼ全てのに効率的なおよび報告の技能を習得させる。 この偵察において広く用いられている方法をサルート(SALUTE:の意)と言う。 これは、規模(size)、行動(activity)、位置(location)、部隊(unit)、時間(time)、装備(equipment)の頭文字からとったものであり、偵察において重要な要素をまとめたものである。 以上が徹底している報告は次のように為される。 16名、グリッドMW123456において縦列隊形をとり、道路に沿って徒歩で移動。 発見時刻は0215時。 移動速度は約時速8キロメートル。 時折立ち止まり周囲を警戒し、現在位置を確認する。 二丁装備。 軍事上の偵察 [ ] 大日本帝国陸軍 [ ] 偵察を行うのは、主として、部隊および歩兵騎兵その他の部隊から出されるであるが、および各団隊の指揮官は、必要に応じて自ら偵察に従事する。 航空機による偵察は、と繋留による。 偵察機は、その快速力および自由な行動半径によって戦場を広く偵察し得るほかに、被偵察物の直上に到達し、精細な偵察を行い得る。 繋留気球は、一地(特に自軍陣地)に繋留されるもので、その観察可能な範囲が狭小であることは避けられない。 天候、特に風雨の障害に対する感受性は航空機よりも大きいため、天候によってその行動は制限されざるを得ない。 敵から見て大きな目標となり得るという不利があるが、その昇空には飛行機の滑走路のような広大な地域を要せず、眼鏡による連続的監視に適し、また、地上部隊との連絡は容易である。 騎兵は、悪天候および夜間においても行動の自由を有し、随時随所で偵察を続行し、地上から直接に細部の事項を確認し得、歩兵と比較すると馬足を利用し遠く進出し、迅速な行動によって広範囲の偵察が可能である。 歩兵は、時と所を選ばず、敵下にあってさえ偵察、を続行し得、隠密行動で敵に近接し、敵内部に潜入しその動静その他を直接窺うことが可能であるために、主として近接もしくは触接した場合の偵察に適する。 砲兵、工兵は、特殊な技術的専門的偵察を行うために、主として斥候(簡単な偵察は下士斥候)が派遣される。 大日本帝国海軍 [ ] その他から成るを遠く敵方に派遣して敵情を探知する。 艦隊中で編成される戦隊が主隊となり、他戦隊は補助部隊としてこれに協力する。 ではやも用いられる。 陸上自衛隊 [ ] 陸上自衛隊の全ての師団・旅団に偵察隊(は偵察中隊)が編成されているが、全て扱いとなっている(を参照)。 などの他科では「情報小隊」が偵察任務(隠密偵察)に当たる。 自衛隊の偵察では長らくなどの非装甲車両が用いていたが、の配備により装甲化され、威力偵察時の隊員の安全性・生存性は向上した。 陸上自衛隊の威力偵察は次のような手順で行われる(一例)。 まず、偵察オートバイ隊が敵陣地に接近し、敵の攻撃を受けた地点を記録・報告する。 続いて、同地点まで偵察警戒車を進ませて攻撃を行い、敵の反撃を観測する。 可能であれば、さらに前進して敵戦力を解明していく。 戦車を配備している部隊の場合は、戦車を用いて威力偵察も行われる。 また、87式偵察警戒車の退役が進む今後は、がその後継車輌として偵察任務に当てられる予定。 偵察に使われる装備 [ ]• スポーツでの偵察 [ ] 野球 [ ] において、敵軍の先発メンバーを見てから、自軍のオーダーを決めたい場合、「登板予定の無い」をとして一度出場させ、敵軍の先発メンバーを確認でき次第、一度も攻撃・守備をさせることなく、その「野手として出場した『登板予定の無い投手』」をベンチに下げる。 この「野手として出場した『登板予定の無い投手』」を「」あるいは「偵察要員」などと呼ぶ。 モータースポーツ [ ] では、競技本番前にタイムトライアル区間(スペシャルステージ)を試走することを「(recce)」と言う。 レッキとは上述のように、偵察(reconnaissance)をイギリス英語式に略したもの。 レッキではコース情報を収集し、の作成・確認を行う。 サーキットレースでは、決勝スタート前にを離れたマシンがコースを1周し、に着くまでの走行をレコノサンスラップ (偵察周回)と言う。 このラップ中にコースコンディションやマシンセッティングの最終確認を行う。 ダミーグリッドに着かずにピットレーンを素通りすれば、ピットレーン出口が閉鎖される時刻までは何周走行しても構わない。 脚注 [ ] [].

次の