カイカイは。 www.videocon.com: カイカイナイト2: スポーツ&アウトドア

村上隆さん率いるカイカイキキの三芳スタジオ見学ツアーに行ってきたよ

カイカイは

生涯 [ ] 霊公の子として生まれ、となる。 霊公39年()秋、太子の蒯聵(かいかい)は霊公の夫人であると折り合いが悪く、南子を殺そうとした。 蒯聵は朝礼の際、仲間の戯陽遫(ぎようそく)に殺させようとしたが、戯陽遫がためらうので蒯聵はしきりに目配せした。 そうしているうちに南子に気づかれてしまい、このことが父の霊公に知らされ、蒯聵はに出奔した。 霊公42年()、蒯聵が宋についでの趙氏のもとにいたので、霊公は代わりに子の郢(えい)を太子にしようとしたが断られ、その4月にしてしまった。 霊公夫人の南子はふたたび郢に太子になるよう頼んだが、やはり断られた。 そこで郢は蒯聵の子である輒(ちょう)を勧めたため、輒が立って衛公(以降はと表記)となった。 6月、晋の(趙簡子)は蒯聵を衛に入れようとして彼を帰国させた。 これを聞きつけた衛は出兵して蒯聵を迎え撃った。 蒯聵は入国できず宿(せき)に入って立てこもった。 出公13年()秋、晋の趙鞅が軍を率いて衛を攻撃した。 (孔文子)の没後、孔氏の侍童である渾良夫と孔圉の妻である(蒯聵の姉)が密通した。 そこで伯姫は渾良夫を宿(せき)にいる蒯聵のもとへ遣わして紹介させた。 蒯聵は2人の婚約を認めるとともに、自分を衛に戻すよう頼んだ。 蒯聵と渾良夫は孔氏の邸に忍び込み、伯姫とともに蒯聵即位を迫った。 この騒ぎを聞いた孔氏の家老の欒甯はすぐさま出公を連れて脱出した。 その直前に食客のから「太子は何ゆえ(孔圉と伯姫のあいだの子で蒯聵の甥)を重用なされるのです。 仮に彼が殺害されても、その代わりはいくらでもおりますぞ」と諫言したが、激怒した蒯聵は家臣の石乞と于黶に命じて、子路を誅殺した。 こうして蒯聵は孔悝によって立てられ、衛君(以降は荘公と表記)となった。 荘公元年()、荘公は亡命時代に自分を迎えてくれなかった大夫たちを怨んでいたため、即位するなり大臣たちをことごとく誅殺しようと考えた。 しかし、群臣が乱を起こそうとしたので取りやめた。 荘公2年()、晋の趙鞅が衛に急を告げてきた。 趙鞅には亡命時代の恩があったが、荘公は国内に乱があるからと断った。 6月、晋の趙鞅が衛を包囲した。 この時、の国観と陳瓘が衛を救ったので、晋軍は引き下がった。 ある日、荘公は北宮で夢を見た。 一人の男が昆吾の観に登って髮を振り乱し、北へ向かって大声で「この昆吾の墟に登れば、綿綿として生ずる瓜があり、余は渾良夫なるぞ。 天に無実の罪を訴える者だ! 」と叫んでいる。 荘公はこの夢を自分で筮(ぜい)にかけ、胥弥赦に判断してもらったところ、「害はありません」と言われたので、荘公は彼に邑を与えてやった。 しかし、その後胥弥赦は宋へ逃亡した。 そこで荘公が改めて卜したところ、「荘公が逃げて殺される兆しである」とでた。 10月、晋はふたたび衛を攻撃し、外城を突破し、今にも内城に入ろうとしていた。 そこで晋の趙鞅は衛に勧告し、荘公を放逐させ、蒯聵の祖父のの孫である公孫を立てて帰還した。 11月、荘公は鄄から衛に戻って来たので、斑師が衛を出ていった。 以前、荘公は城に登ってあたりを一望し、戎州を見て「あれはなんだ」と質問したところ、「人の邑です」と答えが返ってきたので、荘公は「わが国は姫姓である。 戎の邑があってよいものか! 」とし、戎州を破壊したことがあった。 また、荘公は工匠たちもこき使っていたので、11月にの石圃は荘公に怨みを抱いている者たちを集めて荘公を攻撃した。 荘公は許しを乞うたが許されず、北の垣根を越えて逃げようとして股の骨を折った。 ちょうどその時、戎州人がこれを見つけ攻めてきた。 このとき太子疾と公子青が助けに来たが、2人とも戎州人に殺され、荘公は戎州の己氏の家に逃げ込んだ。 しかし、以前その己氏にも怨みを買っていたことから、荘公は己氏によって殺された。 これによって衛の国人は公孫斑師を呼び戻して復位させた。 子 [ ]• (輒)• 太子疾• 公子青 参考資料 [ ]• 『』(哀公十七年)• 『』(衛康叔世家第七) 関連項目 [ ]• 『』 -• -前867• 前866-前855• 前855-前813• 前813• 前812-前758• 前757-前735• 前734-前719• 前719• 前718-前700• 前699-前696• 前696-前688• 前688-前669• 前668-前660• 前660• 前659-前635• 前634-前600• 前599-前589• 前588-前577• 前576-前559• 前558-前547• 前546-前544• 前543-前535• 前534-前493• 前492-前480• 前479-前478• 前477• 前476-前470• 前455-前451• 前450-前432• 前431-前426• 前425-前415• 前414-前373• 前372-前362• 前361-前333• 前332-前325• 前324-前283• 前282-前253• 前252-前230• 前229-前209•

次の

村上隆さん率いるカイカイキキの三芳スタジオ見学ツアーに行ってきたよ

カイカイは

経歴 [ ] 9月にミシガン・オンタリオ州リーグのベイシティ球団からに昇格。 最初の3年間は殆ど試合に出ていなかったが、4年目のに117試合に出場し、打率. 354、165安打、32盗塁の活躍をしてパイレーツのレギュラー外野手となり、同年MVPの候補にもなった。 次の年の、カイラーは持ち前の足の速さとバッティングの上手さを発揮する。 この年の144得点はリーグ最多となったのをはじめ、41盗塁は前年に続いてリーグ2位、打率. 357、安打数220を記録、打点も100打点を超え勝負強さも発揮した。 のフィリーズ戦では、当時狭いことで有名だったで2本のランニングホームランを放っている。 同年出場したワールドシリーズでは6打点を挙げてパイレーツのシリーズ制覇に貢献、リーグのMVP投票では2位となった。 翌1926年は2年続けての最多得点に加え、自身初の盗塁王にもなったが、のシーズンオフに、パイレーツからにトレードされた。 カブス移籍後の1928年シーズンは打率3割を割ったものの、37盗塁で2度目の盗塁王となる。 1929年と1930年は「100得点、100打点、30盗塁」を2年続けて記録し、前年とあわせて3年連続の盗塁王にもなっている。 シカゴにまで在籍後、シーズン途中にレッズに移籍、にで現役を引退する。 翌年からはマイナーリーグのコーチを務めた後、1941年から3年間はコーチとしてカブスに復帰している。 最後にメジャーに関わったのは1949年のレッドソックスで、翌に51歳でミシガン州にて死去。 、ベテランズ委員会により入り選手に選出された。 カイラーはメジャーリーグでシーズン25本以上の三塁打を放った最後の打者になっている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 --. 000. 000. 000. 000 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ---- 11 46 40 4 10 1 1 0 13 2 2 3 0 -- 5 -- 1 3 --. 250. 348. 325. 673 117 515 466 94 165 27 16 9 251 85 32 11 12 -- 30 -- 7 62 --. 354. 402. 539. 940 153 701 617 144 220 43 26 18 369 102 41 13 12 -- 58 -- 13 56 --. 357. 423. 598 1. 021 157 694 614 113 197 31 15 8 282 92 35 -- 21 -- 50 -- 9 66 --. 321. 380. 459. 840 85 330 285 60 88 13 7 3 124 31 20 -- 5 -- 37 -- 3 36 --. 309. 394. 435. 829 133 581 499 92 142 25 9 17 236 79 37 -- 24 -- 51 -- 7 61 --. 285. 359. 473. 832 139 596 509 111 183 29 7 15 271 102 43 -- 16 -- 66 -- 5 56 --. 360. 438. 532. 970 156 741 642 155 228 50 17 13 351 134 37 -- 17 -- 72 -- 10 49 --. 355. 428. 547. 975 154 710 613 110 202 37 12 9 290 88 13 -- 20 -- 72 -- 5 54 --. 330. 404. 473. 877 110 489 446 58 130 19 9 10 197 77 9 -- 10 -- 29 -- 4 43 --. 291. 340. 442. 782 70 294 262 37 83 13 3 5 117 35 4 -- 7 -- 21 -- 4 29 10. 317. 376. 447. 823 142 608 559 80 189 42 8 6 265 69 15 -- 13 -- 31 -- 4 62 10. 338. 377. 474. 851 45 177 157 22 42 5 1 4 61 18 3 -- 5 -- 10 -- 5 16 3. 268. 331. 389. 720 62 253 223 36 56 8 3 2 76 22 5 -- 1 -- 27 -- 2 18 2. 251. 337. 341. 678 '35計 107 430 380 58 98 13 4 6 137 40 8 -- 6 -- 37 -- 7 34 5. 258. 335. 361. 695 144 623 567 96 185 29 11 7 257 74 16 -- 7 -- 47 -- 2 67 7. 326. 380. 453. 833 117 449 406 48 110 12 4 0 130 32 10 -- 5 -- 36 -- 2 50 15. 271. 333. 320. 654 82 290 253 45 69 10 8 2 101 23 6 -- 1 -- 34 -- 2 23 6. 273. 363. 399. 321. 386. 474. 860• 各年度の 太字はリーグ最高• 「-」は記録なし• :4回 1926年、1928年 - 1930年 記録 [ ]• 最多:2回 1925年、1926年• 出場:3回 1925年、1929年、1932年• 出場:1回 1934年• :1回 1925年6月4日 脚注 [ ] [].

次の

[B!] 韓国人「日本のノーベル賞の威厳」 : カイカイ反応通信

カイカイは

僕は1996年にカイカイキキの前身となるヒロポンファクトリーを設立しました。 「現代美術」の世界での作品制作の仕事が忙しくなってきたからです。 その当時は数人がボランティアで働いてくれてて、私の絵画と彫刻の制作アシストをしてくれてました。 他にTシャツなどのグッズ制作したり、フリーペーパーで、小さなコミュニティーを造ったりもしてました。 2001年に東京都現代美術館で村上隆の個展が開催された時点ではヒロポンファクトリーは50人を雇用、作品制作をしながらアーティストのマネジメントする組織へと変化しました。 同2001年には組織を法人化。 有限会社カイカイキキと改名。 現在では東京都元麻布に本社を構え、埼玉県三芳町に制作スタジオ、中野ブロードウェイにはカフェとギャラリー、北海道札幌にCGアニメーションスタジオ、京都にもオフィスを一昨年にオープンしました。 NYロングアイランドシティにもオフィス・スタジオがあり、国内外で総勢250名、専属の外注さん達もいれると350人以上が毎日働いております。 そこから、国際的に影響力のある、アート&映像作品制作をしたり、アーティストを発掘育成したりしてる、マネージメントも行ってる会社となってます。 日本では、、、否、世界でも、この規模のアートの事業体はなかなかないと思います。 カイカイキキでは、次世代アーティストの教育・育成にも取り組んでいます。 アートは道のりが長く、終わりが見えない旅です。 この長く険しい道を共に歩んでいく同士を喜んで応援します。 その才能を極限まで引き出して最良の作品を生み出し、彼らがアートの世界で成功していくために、カイカイキキで見出した若いアーティストにはできるだけの機会やマネジメントサポートを与えたいと思っています。 世界中の質の高い展覧会で発表し、良いコレクションに作品を納めさせて頂いたり、大きな芸術的事件となるようなイベントに参加したり、少しずつ規模を拡張させながら、新しい技術や表現分野を彼らアーティストと共に探索していきます。 アートの中で生きていると、激しくパーソナルな部分と他では成し遂げられない深いレベルで他者と共振できる部分があり、その柔軟性が私を幸せにします。 自由をはばむ境界、抑圧、偏見を叩き壊せるアートの力を信じているのです。

次の