スマトラ 沖 地震 津波。 スマトラ島沖地震

史上最大・最悪の津波ランキングTOP10

スマトラ 沖 地震 津波

2004年12月26日7時58分(日本時間9時58分)ころ、インドネシア・スマトラ島西方沖で発生した巨大地震、およびこれに伴って発生し、周辺の国々にも甚大な被害をもたらした大津波()。 この地震は、いわゆる海溝型の巨大地震で、規模はきわめて大きく、表面波(M S)9. 1、モーメントマグニチュード(M W)9. 0と求められている(表面波マグニチュード、モーメントマグニチュードについては後述する)。 震源は北緯3. 3度、東経96. 地震に伴って大規模な津波が発生した。 地震および津波による死者・行方不明者は30万人を超えており、きわめて大きな被害が生じた。 津波は海底や沿岸の地形に応じ、屈折したり反射したりしながら伝播 でんぱ するが、岬や島では波が収斂 しゅうれん することによって津波の勢力が強くなるという性質があるので、海岸における津波の高さはかならずしも波源からの距離によらず、場所によってそれぞれ異なる。 この地震による津波では、震源域に近いスマトラ島北部などはもちろん、スリランカ、インド、タイ、東アフリカ諸国、マレーシア、モルジブなど、広くインド洋上および周辺の国々で大きな被害が生じた。 とくに被害がひどかった地域は、インドネシアのナングロ・アチェー州、タイのプーケット島、インドのアンドラ・プラデシュ、タミル・ナド両州、スリランカ北東部のムトゥールなどである。 各国における死者・行方不明者はインドネシア(約17万人)、スリランカ(約4万人)、インド(約2万人)、タイ(約1万人)などとなっている。 また、日本人の犠牲者は40人である。 スマトラ島沖地震のような大規模な地震では、地震の規模を適切に表すのにモーメントマグニチュード(M W)を用いるのが望ましい。 モーメントマグニチュードは、その地震の「震源断層の面積」と「断層面上での平均的なずれの量」および「断層付近の剛性率」の積の対数に比例するように定義されている。 一方、古くから使われているマグニチュードは、地震によって射出された地震波の大きさから求められる実体波マグニチュード(m B)や表面波マグニチュード(M S)などである。 一つの地震についてこれら二つの異なった方法でマグニチュードを求めることはできるが、両者はかならずしも同じような値になるとは限らない。 古くからの方法によるものは、限られた周期の地震計により決められるので、ある程度大きい地震になると、地震の規模は大きくなってもその割にマグニチュードの値は大きくならないような現象、すなわち頭打ちの現象がおこる。 モーメントマグニチュードにはこのような現象はないので、スマトラ島沖地震のような巨大地震の規模を表すにはモーメントマグニチュードによらざるをえないことになる。 地震観測史上最大といわれている1960年のチリ地震のモーメントマグニチュードは9. 5であるが、表面波マグニチュードは8. 5となっている。 2004年のスマトラ島沖地震の後、この地域では、マグニチュードが7から8程度の地震が頻発している。 規模の大きなものとしては、2004年のものと同様、スマトラ島沖のプレート境界で発生した2005年3月28日および2007年9月12日の地震をあげることができる。 前者の震央は、2004年の地震の震央の南東約250キロメートルに位置し、その規模は、M W8. 6である。 後者は、スマトラ島南部で発生し、規模はM W8. 5である。 なお、2012年4月11日にはM W8. 6の地震が、2004年の地震の西方でおきているが、これはインド・オーストラリアプレート内部でおきた横ずれ型のものと考えられている。 2004年のスマトラ島沖地震による津波被害についての教訓から、インド洋に津波警報システムを構築する国際協力プロジェクトが2005年から進められ、2011年10月に津波警報システムの運用が始まった。 太平洋地域で発生する地震・津波については、ハワイ・ホノルルに設置されている太平洋津波警報センター(PTWC:Pacific Tsunami Warning Center)において常時監視されており、必要に応じ津波に関する情報連絡が日本を含む関係各国に対し行われるようになっている。 気象庁は北西太平洋域における津波情報提供の地域センターになっており、たとえば、日本海で発生した地震に伴う津波については、国内に対する津波情報の公表と同時に、関係各国の防災機関へ、予想される津波に関する情報を提供することになっている。 [長宗留男・山下輝夫].

次の

スマトラ沖地震、インド洋大津波、スマトラ島沖津波、津波防災三か条、世界最悪の津波災害、津波対策、tsunami

スマトラ 沖 地震 津波

3万人余りの死者が確認され、2005年3月2日現在で4,200余名がまだ行方不明者とされている。 約8万世帯が家を失い、20万世帯が被害を受けた。 これはスリランカがかつて経験したことのない規模の惨事である。 ツナミの後数日間は連日、死体が行列となって安置されている病院や集会所、家屋の全壊した海岸や町がテレビで報道され、国民全体が、両親や子ども、親類、友人を失った多くの人たちの気持ちを思って喪に服した状態であった。 いつも大晦日には爆竹がにぎやかに鳴るが、今回はひとつたりとも聞こえず、家々の門には弔意を表する白旗が掲げられていた。 夫の出身地であるモラトワ市でも、海岸沿いの零細漁民、労働者の多くが被害にあった。 以前モラトワ市からパーナドゥラ市に行く途中、大通りを車で走ると海側に見えた多くの家屋が全て流されたのを見たときは大変ショックを受けた。 スリランカは地震がほとんどないため、ツナミへの警報体制もまったくなく、予報や避難警告が出ないまま、突然巨大な波が襲ったことがこんなにも沢山の命を一瞬にして奪ってしまった。 人々はツナミの知識もなかったために音に驚いて見に行ったり、もう一度来るとは思わず打ち上げられた魚を採りに行ったりした人々なども犠牲になった。 また逃げきる力のない子どもや女性、お年寄りが多く犠牲になったことは大変悲しいことだ。 ツナミが起こったのはクリスマス休暇中、それも日曜日だったため、海外から送られた多くの警報は一つとしてスリランカに届かなかった。 在コロンボ スリランカ の各国大使館にも何度も警報が発せられたが、あいにくすべて閉館していた。 そういうわけで、地震が起こってからスリランカにツナミが襲うまで約1時間半かかっているにもかかわらず、情報が全くないまま被害を受けることになってしまった。 またスリランカの中でも東部海岸にツナミが到達してから南部海岸に到達するまで約20分間あったにもかかわらず、電話線の破壊などのため、これもまた情報は伝わらなかった。 高度情報化社会にあっても緊急の場合の情報伝達網にはかなり落とし穴があるようだ。 ただし、海岸近くのジャングルの動物たちの死体は一体として発見されなかった。 動物たちは五感を働かして逃げ切ったのだから驚きである。 家計からの出費で450人分の炊き出しをしたほかに、コロンボ在住の日本人家庭から迅速に寄付していただいた衣類・食料品・衛生用品などを被災者に届けた。 届けたのは、モラトゥワ・パーナドゥラ・カルタラ地方で避難所となっている教会・寺院・学校である。 今回、スリランカではツナミの翌日から、我々のような普通のスリランカ人家庭は自家用車に家で作ったお弁当を積んで被災地に向かい、事業家はスーパーで物資を買い込んでトラックで被災地に向かい、といった風に、政府が動き出す前にすぐに救援に乗り出した。 被害は海岸地方のみだったため、ほとんどの被災地には内陸の交通網で到達することが可能であったのが幸いしたようだ。 普段のんびりして見えるスリランカ人だがその行動力とボランティア精神に私は頭が下がる思いがした。 「政府や大きな組織などでは義捐金がどう使われたか判らなくなりそう」「小さなグループのほうが支援が確実に届くと思って」、などのメッセージとともに託された物品や義捐金を受け取り、これをしっかり被災者に届けよう! と我々は決意を新たにした。 また、被災した人々の事を考えると胸が痛くなるというメッセージを頂いたり、忙しいだろうから返事は結構、などと気を使ってくださったりと、暖かいお言葉に我々はとても勇気付けられた。 一方、我々が避難所に通っていて一番問題だと思ったのは、被災者の心理的な不安定さ、いらいら、絶望感が日に日に増していたことだった。 喧嘩したり、お酒が入って暴れたり、という姿も何度か目にした。 海岸線から100m以内は再定住禁止という情報もあり、被災者は、「いったい帰るところがあるのだろうか、いつ帰れるのだろうか、どうやって生活していけばいいのだろうか」、といった不安でいっぱいのようだ。 それに加えて、家族や親類を失ったことによるストレスの大きさは計り知れない。 しかし学校に行くにも、制服もなければ靴もノートもないのでどうしていいか分からない。 スリランカの新学年は1月なので、それにあわせて学用品などを少しずつ買い揃えていたにもかかわらず流されてしまったからである。 我々は、子どもたちが学校へ行けるように支援することが、被災者の不安を少しでも解消し、また子どもたちがドロップアウトせずに済むために必要だと判断した。 そこでモラトゥワ、パーナドゥラ地方の避難所にいる約200名の子どもたちに制服と文房具の「復学セット」の支給をすることにした。 布を支給しても、仕立て屋に持っていく精神力が被災者にあるかどうか不明だったし、父親が布を売ってお酒を買ってしまっては元も子もないので、制服を仕立てて支給できるよう、一人ひとり採寸した。 少しでも被災者の不安が解消できるようにと祈りながらの採寸だった。 このうち一人は被災者だった。 家こそ流されなかったが、作業場のミシンや布などはすべて流され困っていたところだったので、制服の縫製は良い臨時収入になったようである。 裁縫が終わり、文房具を購入し、1月末から2月初めにかけて、予定通り約200名の小中学生に制服と文房具のセットを支給することができた。 制服や文房具をもらった子どもたちのうれしそうな様子!! 特に新一年生は真っ白な制服を初めて着るのにドキドキしていたようだ。 そして、子どもたちは通学をはじめた。 日々の生活に必要な最低限の物資は支給されており、子どもたちは学校に通うようになった。 しかし復興の方針や計画がまだはっきり示されていないため、被災者の不安は解消されていない。 被災地を訪れると、「津波から約1ヶ月半も経っているのにいったいスリランカ政府は何をしているのだ? 早く何とかしないと! 」と言いたくなる事もあるが、政府にもこのような大災害時の復興経験はないので仕方がないのかもしれない。 スリランカでは、2002年まで続いた約20年間に及ぶ民族紛争の経験から、難民キャンプでの生活がいかに人々の自立心をなくさせるか、ということが指摘されている。 働かなくても衣食住が保障される難民キャンプに長くいればいるほど、再定住の時、それほど条件の良くない新天地に赴くリスクを負うことに消極的になる人が多い。 熱帯のスリランカでは、ヤシの葉の屋根で板張りの家でもとりあえず生活はできる。 とにかく一日でも早く具体的な再定住計画が提示され、仮設住居が建てられ、経済活動に必要な漁船や網が入手できれば家族での自立した生活が始められるのに、と思う。 我々は個人レベルで活動しているため、大掛かりなことはできないが、今後も被災者のニーズを見極めて支援を続けていきたいと考えている。 jp Asia-Pacific Human Rights Information Center HURIGHTS OSAKA 8F, CE Nishihonmachi Bldg. , 1-7-7 Nishihonmachi, Nishi-ku,Osaka 550-0005 Japan Phone: 816 6543-7002; Fax: 816 6543-7004; webmail [a] hurights. jp Copyright 1998-2018 HURIGHTS OSAKA. All Rights Reserved.

次の

スマトラ沖地震・津波の震災孤児や女性に対する人身売買・暴力への危惧を相次ぎ表明

スマトラ 沖 地震 津波

震源が海で、海底の浅い所で起きた大きな地震は、断層運動で海底の地盤を隆起させたり、沈降させたりする。 こうした海底地形の変形に伴って、海面が変動し、波となって広がっていくのが津波だ。 日本では南海、東南海、日本海など近海で起きるプレート 岩板 境界型地震で起きることが多い。 専門家によると、スマトラ沖大地震もインド・オーストラリアプレートが、ユーラシアプレートの下に沈み込むプレート境界のスンダ海溝で起きた。 インド・オーストラリアプレートは年6センチの速さで沈み込む。 引き込まれたユーラシアプレートにひずみが蓄積され、耐えきれなくなり跳ね上がる。 図はその新聞から拝借した津波発生メカニズムの解説図です。 ユーラシアプレートが跳ね上がっているのに、なぜ海底が沈降するのか理解に苦しむところです。 確かにタイ側に押し寄せた津波の第一波は引き波であったということですから、陸側が沈降したのは確かなことですが、この解説では矛盾が生じます。 だいいち、断層というのは破壊現象ですが、跳ね上げというのはピンで止まっていたプレートがピンが外れたことによってプレート自身の弾性力によって跳ね上がるのであって、どこにも破壊は生じない筈であります。 断層と跳ね上げという異なる概念が混同されています。 では、スマトラ沖では何が起こっていたのかということですが、次の図は地震爆発論に基づく解説図であります。 爆発は震源付近のマグマ溜りの形状によって左右されるのですが、インド側が上がり、タイ側が下がったような傾斜軸の上で発生したと推定されます。 傾斜が急であるので、押し領域は片方にしか現れません。 つまり、震源における大爆発(爆縮)によって、インド側に押し領域が発生し、海底地盤を隆起させたと考えられます。 一方タイ側には引き領域が発生し、海底地盤を沈降させたものと考えられます。 今後の深浅測量の結果を見ないと正確なことはわかりませんが、概略は上図に示すような隆起と沈降が起こったものと考えられます。 追記:海洋研究開発機構の調査結果では上述した爆発機構とは違う機構が推定できます。 に報告します。 5)の考察は 「スマトラ沖地震のメカニズム再検証」です。 解説文では以下のようになっています。 この巨大地震で、ユーラシアプレートの西端が上方に持ち上がり、海面を激しく突き上げた。 断層が南北に長かったため、津波は主に東西方向に進んだ。 (中略)断層の東側では海底が沈み海面も下がって「引き波」が生じ、タイ、ミャンマー方向に向かった。 西側には「押し波」が伝わり、スリランカ、インドの沿岸を襲った。 (以上) ここで 想定問答を作って見ました。 Q:なぜ西端が持ち上がるのか? 想定A:プレートが跳ね上がるからである。 Q:なぜ跳ね上がるのか? 想定A:固着していたピンの部分が破壊するから、支えが取れて板バネのように跳ねるのである。 Q:では断層が動くから地震になるのではなく、支えが外れてバネが跳ねることが地震なのか。 必然A:境界型地震といわれる地震はそうである。 Q:ではプレートの境界は断層ではないのか? 必然A:当然断層型地震を起こすような断層とは違う。 Q:なぜ海底が沈降して、引き波が出来るのか? 想定A:跳ね上がった分と同量が相殺作用として、下がるのである。 Q:剛体であるプレートがなぜ「こんにゃく板」のように変形するのか? 想定A:わからない。

次の