つまみ 細工 リース。 つまみ細工の簡単な作り方♪「剣つまみ」のコツと手順を解説!

つまみ細工を使ったインテリア小物。100均のカントリーフレームとリースをアレンジしてみました。 | 帯の仕立て屋 ㈱みつやま

つまみ 細工 リース

つまみ細工は江戸時代から続く工芸品。 七五三や成人式のお祝いなどで結髪を華やかにする飾りとして人気です。 実はこのつまみ細工、アレンジしだいで洋風なアクセサリーになったり、クリスマスリースや正月飾りにもなるすてきなアイテム。 摘まんでできた細工を組み合わせ、花や鳥、ときに魚などに仕上げていきます。 使う布の色や艶、組み合わせ方や布のつまみ方によってできあがりは千差万別。 かわいらしくも美しくもなり、江戸時代から伝わる伝統工芸として海外の人にも人気の手芸なのです。 つまみ細工の基本を作品例から見てみよう はじめに、作品を見ながらつまみ細工の基本となる折り方についてみていきましょう。 つまみ細工できホントなるのは「丸つまみ」と「剣つまみ」という折り方。 この基本の折り方をマスターすれば、いろいろなつまみ細工が作れるようになりますよ。 ふっくら可愛い印象になる丸つまみ つまみ細工の基本となる作り方「丸つまみ」という技法で作られた花です。 花びら一つ一つが「丸つまみ」でできています。 赤い花の中央と右端のふたつの花は、2段重ね。 下の段は2枚の布を重ねて異なるニュアンスをだしています。 葉っぱや大人っぽいデザインに剣つまみ 丸つまみに比べてどこか凛とした印象になるのが「剣つまみ」。 少し大人なイメージをだしたいとき、クールにみせたい時にぴったりの折り方ですが、緑色の布を使って剣つまみをすると葉っぱに見立てることもできる便利な折り方です。 つまみ細工の基本の作り方・はじめの準備 それでは基本の「丸つまみ」と「剣つまみ」の作り方をご紹介していきます。 準備するもの *布(花びらの数と土台をくるむ分を満たす長さを用意) *台紙になる厚紙(今回は牛乳パックを使用) *髪留め、アクセサリーに必要なパーツ(Uピン、パッチン留めなど) *定規 *布切りはさみ *工作はさみ *ボンド(もしくは針と糸) *あればピンセット(なければ手でも作れます) *ペン *洗濯バサミ 布の選び方 初めての方にはレーヨンの入ったちりめんがおすすめです。 正絹やそのほかの素材でも作れますが、ボンドが付きにくかったり形が取れにくかったりします。 違う素材で作りたいときには、レーヨン入りのちりめんで作り方に慣れてから、他の素材を試すとコツがつかみやすいです。 布をカットする つまみ細工は布を小さな正方形にカットして使います。 花を作るときは最低でも5枚の花弁が必要です。 あとはお好みで花びらの数を増やしていきます。 それに加えて、土台となる台紙に張り付ける共布を合わせたサイズが必要な布のサイズとなります。 布は作業を始める前に必要な大きさにカットしておくと便利です。 いろいろな色を組み合わせたり、サイズ違いの花を重ねるたりとデザインに合わせカットしておきましょう。 布をカットするときは厚紙で同じサイズの型を作り…… 布を必要な幅でカットしてリボン状にしたら、作った型紙を乗せて…… 型と同じ大きさ切っていくと簡単です! 土台となる台紙を用意する 丸つまみ、剣つまみともに必要な台紙を作ります。 ここでは厚紙に共布を貼りつける方法でUピンを取りつけ台紙を作る方法をご紹介します。 台紙は作りたいアイテムによって変わってきます。 手芸店や100均にはバレッタやブローチ、髪留めなどいろいろなパーツが売られています。 作りたいものを準備したらそこに共布を貼り付けて台紙にする方法もありますよ。 【台紙の作り方】 1、厚紙(牛乳パック)を丸く切り抜きます。 正方形の布に対して5~8mmほど小さくします。 2cmの台紙を作りました。 ちなみに、ペットボトルのふたのサイズは2. 5cm。 2、厚紙に貼りつける共布にUピンをボンドで貼り付けます。 共布は台紙に張り付けるのりしろを3~5mm残せるサイズの正方形です。 3、厚紙の裏面にもボンドを付け共布と張り合わせます。 4、のりしろを残して共布をカットし、くるみやすいように切り込み(黄色い線)を入れたら、厚紙の縁にボンドをつけ、布で台紙をくるめば完成。 厚紙をくるむときはウェットティッシュを使って密着させると手を汚さずに貼りつけることができます。 つまみ細工の基本の作り方・丸つまみの作り方 1、布の表が外、裏面が内になるように半分に折り三角にします。 それをまた半分に折ります。 2、半分に折ったら角がふたつある方を下になるように持ち、三角の中央をピンセットで挟みます。 3、ピンセットを折り目にして、下にあるそれぞれの角を上にある角に合わせて左右に折りあげます。 上の右のイラストを写真で見た図がこちら。 4、角を合わせた部分にボンドをつけ、洗濯バサミで圧着します。 ボンドで付かない素材の布の場合は、角を縫い合わせて仕上げていきます。 5、角がとまったら形を整えて丸つまみの完成です。 これをボンドで台紙に接着し、花の形に整えていきます。 裏側はこんな感じです。 台紙につけて花のピンになりました! 花を2段にする作り方 1、異なる色と素材、サイズの違いを楽しむ応用編です。 2、上に乗せるデニムの花は後ろをカットして高さを調整、バランスを整えていきます。 花びらの数を多くしたいとき、花が開いた感じを出したいときなど、ボリュームを出したいときにも使える方法です。 3、好きなビーズやボタンなどの飾りをつけて2段重ねの髪飾りの完成です! つまみ細工の基本の作り方・剣つまみの作り方 1、布の表が外、裏面が内になるように半分に折り三角にします。 それをまた半分に折ります。 2、山がふたつの辺が下になるように持ち、三角の中央をピンセットで挟みます。 ここまでは丸つまみと同じ行程です。 3、下にあるふたつの角を一緒に折りあげ、上の角に合わせピンセットを引き抜きます。 上の図を写真で見たところ。 4、しっかり折り目をつけたら形を整えながら重ねた場所にボンドを付けていきます。 ボンドが乾いたら、お好みで後ろをカットし剣つまみの完成です。 5、これを6~7個作りボンドで台紙に接着するときれいな花が仕上がります。 2枚の共布で髪ゴムを挟んでボンドでとめた台紙の上に、剣つまみの花びらをバランスよくつけていきます。 中央にビーズなどの飾りをあしらえば完成! つまみ細工を使ったいろいろな作品例10選 1、和装小物はつまみ細工の王道! いろいろなパーツを組み合わせて、すてきな髪飾りができあがります。 こちらは丸つまみで作った大小の花と、剣つまみの小さな花の細工に丸つまみで作ったタレが揺れて、可憐な華やかさがでている作品。 2、フェルトのボンボンと合わせて洋風アレンジ ちりめんのつまみ細工と異素材の組み合わせも斬新な印象に。 髪型のアレンジや今どきの洋風着物で着こなせるポップ感も魅力です。 3、オーガンジーで作ったつまみ細工 透き通る雪のような透明感が美しいオーガンジー素材のつまみ細工。 印象がグッと変わり、クリスマスパーティやピアノの発表会など洋装ドレスにも合いそうですね。 4、クリスマスツリーのブローチ 丸つまみの作り方で、縁を立てずにモミの木の葉っぱを表現。 かわいいクリスマスツリーができました。 つまみ細工は作りたいものに合わせて自分流が楽しめるのも魅力です。 5、シックな洋風コサージュ 黒い布で作ったつまみ細工の花にブラウンのリボンとレースをあしらって。 シックな装いのコサージュはニット帽との相性も抜群。 ママのおしゃれに最適です。 6、つまみ細工を重ねてバレッタに バレッタの土台の上に剣つまみをバランスよく重ねていくと、華やかなバレッタに。 髪型に合わせていくつも用意したい作品。 ママと子どもとお揃いで作ってみては? 7、ちょうちょ型のスカーフピン 組み合わせ方で花だけではなく、ちょうちょや鳥、魚にもなるつまみ細工。 とくに、つまみ細工で作った鶴はおめでたい席で重宝されている飾りです。 8、雪だるまのクリスマス飾り 溶けない雪だるまサンタなら、子どもにも喜んでもらえそう! 9、クリスマスオーナメントもつまみ細工で 雪の結晶も美しく。 つまみ細工の繊細さが生きて、クリスマスだけに使うのはもったいない仕上がりです。 10、お正月飾りにも華やぎを添えて もともと和装小物のつまみ細工が、お正月飾りを引き立てます。 こんな飾りで新年を迎えれば、福を呼び込めそう。 慣れるまでは布がうまくまとまらなかったり、バランスが悪くなってしまうこともあるかもしれません。 でも慣れてくると、自分流にアレンジできる楽しさにきっとはまってしまうはずですよ。 そして、自分のアクセサリーやお部屋の飾り付けを楽しむのはもちろん、桃の節句、七五三、成人式と成長を重ねていく女の子の髪飾りを、ママの手作りで用意してあげられると素敵だと思いませんか? 夢は娘が結婚式に身につける飾りを母の手で作ってあげること、そうお話するママもいます。 好みやいろいろな事情でつけてもらえるかはわかりませんが、そんな愛情のこもった宝物をプレゼントできたら最高ですね。 クリスマスをハンドメイドで楽しむアイディアはこちらをチェック 大人も子供も待ち遠しいクリスマス。 12月に入ったら、お子さんたちと1日1日をカウントダウンしていきませんか?小さな幸せの詰まったアドベントカレンダーを手作りして、家族みんなでクリスマスまでの日々を楽しみましょう。 手作りならではのアイディアや、簡単に作れる材料選びについてご紹介します。 クリスマス気分を高めてくれるアドベントカレンダーを簡単に手作りしてみませんか?アドベントカレンダーとはクリスマスまでの日数を数えるためのカレンダーです。 12月1日から毎日1つずつ日付の書かれた小窓を開け、すべて開け終わると次の日はいよいよクリスマス! アドベントカレンダーって知っていますか?たくさんの引き出しがついているこの不思議な箱は、クリスマスまでをカウントダウンするためのカレンダーです。 中にお菓子や手紙を入れて、毎日引き出しを開けてクリスマスを楽しみに待つためのアイテム。 今回はアドベントカレンダーのおすすめ10選と簡単手作りアイデアをご紹介します。 クリスマスリースを手作りして、楽しいクリスマスを迎えませんか?見ているだけでクリスマス気分が盛り上がる簡単で可愛いクリスマスリースの作り方をまとめました。 家庭にある物を利用して作るリース台やクリスマスがもっと楽しくなる飾り方もご紹介します。 街を彩るクリスマスイルミネーションも素敵だけど、家を彩る暖かなハンドメイドの飾りは、クリスマスをもっと幸せなものに演出してくれます。 ほっこり簡単に、家族と一緒にクリスマスリースを作ってみませんか? クリスマスリースを飾ると、クリスマスの雰囲気が一気に盛り上がってきますよね。 クリスマス気分を盛り上げてくれるクリスマスリースですが、実はちゃんと意味があるのはご存知でしょうか。 クリスマスリースの色や素材の意味を知ると、今までと違った目線でクリスマスリースを選ぶ事ができるかもしれません。 クリスマス準備はツリーを出すだけ?せっかくだから、今年はオーナメントを手作りしてみませんか?とっても身近なもので簡単にできるアイデアご紹介します。 今年のクリスマスはオーナメントを手作りしてみませんか?手作りのオーナメントをクリスマスツリーに飾れば、今年はいつもと違ったクリスマスになりますよ!今回は、100均グッズを使ってできる、クリスマスオーナメントの作り方をご紹介します。 毎年飾るクリスマスツリーですが、今年はオーナメントを手作りしてクリスマスツリーの雰囲気をガラリと変えてみませんか?簡単で可愛いクリスマスオーナメントの作り方をご紹介しますので、クリスマスツリーの雰囲気をおしゃれに可愛く変身させてみましょう。 クリスマスといえば、やっぱりクリスマスツリー!最近は立派なツリーを飾るおうちが増えてきましたよね。 一方で、手づくりのおしゃれなツリーを飾りつけに使うママも増えているのをご存知ですか?そこで今回は、もみの木を使わないクリスマスツリーのアイディアをご紹介します。 しかし、折り紙で作るクリスマス飾りなら、リーズナブル!折り紙なので、子どもと一緒に楽しく準備することもできますよ。 今回は、折り紙でできるクリスマスの飾りをご紹介します。 クリスマスには、お友達や家族にクリスマスカードを贈りませんか?パソコンやスマホが普及した今、手紙をもらう機会はすごく少なくなっています。 でも時代が変わっても、手紙はもらうと嬉しいものですよね。 今年のクリスマスには、「ありがとう」や「大好き」の気持ちを込めた手作りカードを贈ってみませんか? クリスマスシーズンが近づいてくると、お店に並ぶことの多いスノードーム。 キラキラ光りながら雪やラメが舞い踊るスノードームは、じっと見ていると時間を忘れてしまいますよね。 そんなスノードーム、実はとっても簡単に作れます。 自分好みのスノードーム、作ってみたくありませんか? クリスマスのまとめ記事はこちらをチェック あっという間にクリスマスの季節。 街中がクリスマスムードになってきましたね。 ツリーを飾ったり、パーティーの準備をしたり、プレゼントを考えたりと何かと大変ですが、そんな準備も楽しめるアイデアがいっぱいの記事をまとめました!ぜひこれからの準備の参考にしてみてくださいね。 クリスマスには、クリスマスリースやクリスマスツリーのオーナメントなど、手作りしたい物がたくさんありますね。 今年こそ作りたいという人や、子どもと一緒に作れる簡単な方法が知りたいという人にぴったりな記事をまとめました!ぜひ手作りにチャレンジしてみましょう。 クリスマスプレゼントはもう決まりましたか?サンタさんからのプレゼントはやっぱりクリスマスの当日に渡してあげたいですよね。 子どもが喜ぶプレゼントのおすすめや、プレゼント交換にもぴったりな物をご紹介します!.

次の

つまみ細工の作り方♪「バラの花」を作る手順を写真付きで解説!

つまみ 細工 リース

ちりめんハギレ 定規 はさみ 牛乳パック つまようじ ピンセット 木工用ボンド つまみ細工でリースの作り方 まずは基本の「丸つまみ」を作ってみましょう。 こちらのお花も布の色や大きさ、花びらの枚数を変えることで様々な花を作ることができます。 ちりめんを重ねる1 1.5センチの正方形の布と2センチの布を用意します。 どちらも布の先にボンドを付け三角形にします。 2センチの布の三角形の先端にボンドを付け、その上に1.5センチの三角形をのせ貼り付けます。 1.5センチの三角形の同じ部分にボンドを付け、両側の先端を貼り付け「丸つまみ」を作ります。 丸つまみの先端の両端にボンドを付け、2センチの布の両側の先端をそれぞれ貼り付けます。 ちりめんを重ねる2 さきほど完成した1.5センチと2センチの布を使った丸つまみの花びらに、更に3センチの布を重ねます。 3センチの布の端にボンドを付け、三角形にし、丸つまみします。 丸つまみした両端の先端を一度はがします。 さきほど完成した花びらの裏側にボンドを付け、真ん中に貼り付けます。 今、貼り付けた花びらの先端の両側にボンドを付け、一旦はがした両端の先端を貼り付けます。 これで三枚の布を使った花びらが完成しました。 花びらの先端をつまむ 丸つまみで作る花びら、丸いままも可愛いのですが、ここをつまむと、また違った表情の花を作ることができます。 花びらの中心、外側にボンドを付けつまむと、桜になります。 花びらの中心、内側にボンドを付け外側に引っ張りながらつまむと桔梗になります。 布の大きさや色、花びらの形を変えていろいろな花を作ってみてくださいね。 リースにしてみました 私と一緒で物を作ることが大好きな娘たちと、いろいろとおしゃべりしながら作っていたら、大量の花が出来上がっていました。 せっかくなので100円ショップでリースの土台を買って、グルーガンで次々と貼り付けたら…和の美しさ満開のリースが完成しました。 我が家の女性3人は、日頃は何かともめることも多いのですが…ハンドメイドの時だけは仲良しです。 そんな3人が作った花が満開のリースは我が家に一足早く春を運んできてくれました。 みなさんも、つまみ細工でお部屋に春を呼び込んでみてはいかがでしょうか?.

次の

つまみ細工の簡単な作り方♪「剣つまみ」のコツと手順を解説!

つまみ 細工 リース

つまみ細工の作り方、種類、必要なもの! コツ・レシピについて 日本伝統工芸の1つ、つまみ細工。 その「和」の豪華さや鮮やかさにはあこがれますね。 一見敷居の高そうなつまみ細工ですが、少し根気はいるものの、思ったよりも簡単な作業で出来上がるので、ハンドメイド初心者にはおすすめなのです。 今回は日本伝統工芸の一つで今注目されてきているつまみ細工の種類、作り方やテクニックなどをご紹介していきます。 つまみ細工とは つまみ細工は江戸時代から伝わる日本の工芸で、布を正方形に切り取ってから折り畳み、組み合わせによって様々な形をつくる技法です。 つまみ細工を始める為に必要な用具や資材もシンプルで小型・比較的安価です。 生地としては高価なちりめんですが、最近はお細工用にカット済みの物やリボン状になったものも市販されています。 伝統的な手法や形式にこだわらずに、つまみ細工を日常生活の中で気軽に楽しみたいですね。 プロの職人さんの用いる伝統的な手法がありますが、ハンドメイドとして楽しむにはどれが正しい作り方なのか迷ってしまいます。 形式にこだわらずに自分に一番合った作り方をマスターされるのがいいと思います。 ここでは、少ない分量で接着力の強い工作用ボンドを用いて、手の汚れもほとんどない作り方をご紹介していきます。 花びら1枚つまむごとに上手になっていきます。 一輪のお花が作れるようになったら、イアリング、ペンダント、キーホルダー、ヘアピン、ブローチ、バレッタ、つるし飾りなどなど、活用の幅も広がります。 まずは、最初のひとつから! 一緒に作ってみましょう! 同じ丸つまみでも工程の最後のつまみ方次第で出来上がるお花の表情が色々と変わります。 バラ科の桜や梅の花は5枚の花弁が多いのでリアルな花が出来上がります。 ボンドをつまようじにつけて布端に点々と薄く載せていくので、少し手で持っていればすぐに乾いて留まります。 指にもほとんどボンドが付きませんので、作業がとても早く進みます。 さらに花弁の外側の中心にボンドをつけて内側へ向けてひだをとると桜の花になります。 ペタンとした花びらが出来上がります。 花弁は6~7枚が落ち着きます。 花弁の内側にボンドをつけて、外端をつまんでとがらせると6枚花弁の水仙・5~6枚桔梗のようなお花を作ることができます。 剣つまみの作り方 剣先つまみは、四角のちりめんを3回たたんで、とがった花びらとなる作り方です。 1つのお花にするのに7~8枚の花弁が必要です。 基本の作り方は、こちらの記事に掲載しています。 つまんだ花びらの下端を切り取る角度次第で、花びらの傾きが変えられるので、同じ剣つまみでもその表情が違ってきます。 花芯のつけ方 さあ、いよいよお花が完成しました。 次は花芯として、中心に飾る素材をつけます。 一気に華やかさが加わってなお一層作業が楽しくなるステップです。 花の中心にボンドを少し多めにつけてペップを固定します。 桜や梅のおしべのように長く使って留めていけばリアルに仕上がります。 短く切って中心に密集させて洋風にアレンジできます。 パールとの重ね付けが効果的です。 パール調・金銀と色々な色があるので花の色に合わせて変えてみるのもいいですね。 二重つまみのやり方 さて、お花づくりに慣れてきたら次は二重つまみに挑戦してみましょう。 2枚の花弁を同時につまむのが主流ですが、ここではやはり最小限のボンドで手を汚さず、綺麗につまめる方法をご紹介します。 つまようじにボンドをつけて、写真のように点々とボンドを載せていきます。 3cm四方のちりめんを半分に折りボンドをつけた赤の生地に同じよう作った白を載せて0. 8mmほどずらしてボンドで留めます。 赤いちりめんに合わせ、はみ出している白いちりめんを切り落とし、角をきれいに直角に切りそろえます。 厚みがあるので、花びらの中心側にだけボンドをつけてしっかりと固定するまで指で押さえておきましょう。 クリップや洗濯ばさみで先端だけ押さえておいてもよいです。 幅広の花弁に仕上げます。 あとの作業は一重の時と同じです。 3cm角の赤と白のちりめんをそれぞれ2回たたみます。 赤い方にボンドをつけて白い方を少しずらして貼り付けます。 この時頂点の中心線をきっちり合わせてください。 白い生地のはみ出した部分を切り落とし、白い部分が内側に来るようにして半分に折り、ボンドをつけて花びらを作ります。 折り曲げる時は中心線がずれないようにピンセットでしっかり挟んで折り曲げて花びらを作ります。 布端は8枚も重なっているので厚みがあります。 【POINT! 】 真ん中にボンドをつけてしっかり固まるまで指で押さえるか、洗濯ばさみで押さえておきます。 花びらを重ねて八重咲に 土台のお花を作ってから、その上にひと回り小さい花弁を貼り付けていきます。 二重つまみとはまた違った趣があります。 写真のお花は外輪が3cm角、ない輪が2. 5cm角で作りました。 貼り付け方は単純に土台の花のくぼみごとにはめ込む方法、両方の花にまたがるように載せていく方法などがあります。 花びらを載せる台 作った花びらをのせる台を葺き ふき 台といいます。 屋根の瓦を葺く ふく ように隙間なく花びらを載せていくことからきているのでしょうか。 伝統工芸では白い台紙のままであることが多いそうですが、アクセサリー用のパーツとしてふだんに使うには、丈夫で見た目もきれいにこだわりたいものです。 台紙はお花の数だけ必要なので、エクセルやワードで台紙を作り、厚紙にプリントアウトしておけば大量生産も可能です。 中心点をプリントしておくとさらに効率が良いですね。 紙の厚さでは使用済みはがきやポイントカード・ストッキングの中紙などがちょうどよいようですが、これもみなさんのお好みの厚さで構いません。 ちりめんは一般の生地よりも割高なので裏方に使うのは少しもったいないと思うこともありますね。 便利なのは百円ショップのちりめん風貼れる布です。 剥離紙には方眼が印刷されているので重宝します。 台紙より5~7mmほど大きめに切り取り、剥離紙のまま放射状に切り込みを入れて、中心を合わせてから、剥離紙をはがしながらきれいにくるむように貼り付けていきます。 リリアンやワイヤー入りの細紐・9ピンでループをつけておくと便利です。 下記の材料を揃えておくといいですね。 これだけでも、立派なアクセサリーです。 つまみ細工を使った作品例は次の記事でもごしょうかいしていますのでご参考にしてください。 作り始めの頃は、花弁はねじれ、大きさも不揃い。 葺き台に貼り付けるも、ポジションが決まらずにまがって固定してしまい悪戦苦闘することもあります。 まずは作り方をマスターしてください。 色合わせや形はその後です。 一輪、また一輪と作っていくごとに、自分でもほれぼれするような可憐な花が作れるようになります。 既製品にはない愛着が生まれます。 上達してくると、ちりめんの裁断はていねいに、正確に。 花びらの裏断面もきれいにハサミで始末。 葺き台の包み方もていねいに。 と、欲が出てきます。 花びらの配置、花芯の素材選びにも試行錯誤。 そうしていくとどんどん広がるつまみ細工の奥深さに作業がやめられなくなることでしょう。 見えないところも丁寧に。 極めるほどさらにその先がある。 それこそ日本の古き良き伝統ではないでしょうか。

次の